契約社員 デメリットしかない

 

諒

「事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

相談男性1

契約社員がデメリットしかない理由は?経験者が語る長期勤務のリアルを知りたい!」

相談女性1

契約切りで労働契約更新なしで解雇になる場合は、雇い止め予告はいつ来る?有期or無期雇用派遣で企業雇用保険はいつからもらえる?

相談男性2

自己都合から会社都合理由になる条件は?失業手当給付手続きは何ヶ月貰えて、給付制限期間解除は可能?

相談女性2

厚生労働省への事業休業など経営問題トラブルや、弁護士監修の法律ルール相談など、違法労働トラブルのおすすめ対処解決方法を解説してほしい♪

相談男性3

「転職サイト登録」「転職エージェント」「ハローワーク」など、中途正社員採用求人サービスで探す方法を紹介してください。

相談女性3

クビや人員削減に怯えず、職場勤怠で無理な残業業務を押し付けられない、継続して安定した働き方が実現できる会社に離職・退職して活躍するためのコツや、適職を見つける診断方法を教えてほしい♪

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も契約社員がデメリットしかないと分かりながらも、2回就業した経験があるので、あなたの気持ちが痛いほど分かります…。

 

だからこそ、そんな僕が「契約社員がデメリットしかない理由及び、長期勤務のリアル」を具体的に紹介しています♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心を取り戻し、誇りある人間になる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

適職診断のおすすめ3選(リンク先にて適職診断情報を解説中)

自分の強みを知ることで、快適&幸福な仕事人生に近づける♪

目次

契約社員はデメリットしかない理由

目次

 

諒

ではまずはじめに、契約社員はデメリットしかない理由についてご紹介していきます。

 

正社員並みの責任経験が積めない

錬金術

 

正社員並みの責任経験が積めないのが、一番の問題点です。

 

なぜなら「責任領域が狭いから非正規or収入が低い」ので、それが増えていく挑戦をしない限り、将来の生活維持リスクがどんどん増えます。

 

「契約社員は派遣社員じゃない!」と思うかもしれませんが「正社員と同様の法律で守られていない」「契約更新という定期的なクビリスクがある」のが現実です。

 

同僚

契約社員は正社員に近い雇用形態だ!

諒

いや…、だから正社員じゃないんだって…。正規雇用じゃないんだって…。

 

もちろん「自分は将来独身で、最低限の生活しか求めないし、何かあってもその時は大人しく死ぬ」という達観した考え方なら良いでしょう。

 

しかし「右肩上がりで生活を豊かにしたい」「将来の不安を減らしたい」のであれば、非正規であっても収入や責任領域を増やす努力をしたほうが良いでしょう。

 

簡単な仕事領域しか任されない

目次 2

 

契約社員という働き方は、簡単な仕事領域しか任されないのも問題です。

 

とはいえ、契約社員で働いた経験者から言うと「契約社員でも正社員と同等か?下手すると正社員以上の責任を持たされる」ケースもありました。

 

そのため「契約社員であろうと、職歴として誇れる経験を積む姿勢」は非常に大切です。

 

上司

お前は正社員じゃなかろう?なら格下じゃないか?可哀想になぁ…。

諒

お前はこの会社でしか生きていけず、ろくな能力も無いんだから、アルバイトくらいしか出来ないだろう?スキルを高めてきた俺より、てめぇの方がよっぽどお先真っ暗だぜ?

 

そうすることで「正社員への転職時に職務経歴に書ける」「副業などのスキルに使える」メリットがあるので、自己研鑽するのがおすすめですよ♪

 

正社員より失業リスクが高い

目次 3

 

正社員より失業リスクが高いのもデメリットです。

 

言ってしまえば、契約社員とは「派遣より定着させて働かせやすい」「正社員より人件費を抑圧しやすい」存在です。

 

その為、派遣社員ほど言うことを聞かない存在でも無いようにしておき、人件費圧縮や景気悪化で切りやすい位置で働かされ続けてしまう存在と言えるのです…。

 

汚れ仕事の可能性アリ

目次 5

 

汚れ仕事の可能性アリなのもきつい理由です。

 

なぜなら「たらい回しされるリスクがある」ので「他の人員が嫌がる職場」「使い捨て要因」などの扱いリスクが高いからです。

 

そのため「行く場所がどこも人間関係や職場環境が悪い」「どこに行っても心を許せる仲間が出来ない」という危険性があるのです…。

 

時給や年収が上がらない

目次 8

 

時給や年収が上がらないというデメリットが大きいです。

 

残念ながら、正社員の場合は「昇進・昇格」で飛躍的にアップするケースがありますが、契約社員は現場からステップアップするルートはありません。

 

実際、僕がこの雇用形態で働いていた時に、同じく契約社員の先輩がいましたが、同年代の他の役職責任者より「年収が2〜3割少ない」という状況でしたから…。

 

同僚

ボーナスも無いし、一生懸命働いてるのに、なんで正社員より貧乏なんだ!

諒

悔しいなら、転職するか?副業で稼ぐ力を増やすしかないね♪

 

その為、正社員組よりも年齢を重ねるにつれ「同じことをしているのに、還元が数割少ない」という現実に愕然とするリスクが高いのです!

 

自由度が全然増えない

目次 9

 

自由度が全然増えないというリスクもあります。

 

なぜなら、契約社員は「年収的な面でのUPが少ない」「部下を持つなどの影響力UPが少ない」ので、どこまで行っても変化がないからです。

 

そのため、若いうちは何となくの「ストレス」であっても、年齢を重ねるほど現実が厳しくなっていくと言えるのです…。

 

上昇志向がすり減る

目次 10

 

上昇志向がすり減る問題もあります。

 

ずっと何年も昇進・昇給がない場合は、やる気やモチベーションが徐々に下がっていきます。

 

そのため「契約社員で働き続けて、なおかつ上に上がっていける感覚がどんどん錆び付いていく」リスクは考えておいたほうが良いのです。

 

ちなみに、僕が「契約社員で収入UPなどを得られない時」にやっていた「上昇志向維持のコツ」は以下の通りなので、参考して下さい♪

 

上昇志向を強めるor維持するコツ

職種転換を目指して資格取得や自己学習に励む

正社員を目指して転職活動を行う

副業を見越してスキルを蓄える

 

まとめ
  • 正社員並みの責任経験が積めない
    • 簡単な仕事領域しか任されない
  • 正社員より失業リスクが高い
  • 汚れ仕事の可能性アリ
  • 時給や年収が上がらない
  • 自由度が全然増えない
  • 上昇志向がすり減る

契約社員は将来デメリットしかない理由

目次

 

諒

では次に、契約社員は将来デメリットしかない理由についてご紹介していきます。

 

社会的信用が低いまま

目次 1

 

社会的信用が低いままというデメリットがあります。

 

そもそも社会的信用が低い場合は、以下のようなデメリットがあります。

 

社会的信用が低いデメリット

賃貸の審査に引っかかったり、家を建てる時などにローンを組めない

クレジットカードが与信で落ちる

恋人ができたり結婚する時にご両親挨拶などでトラブルになる

 

このように「一般的に契約社員を含めた、非正規で働いている人は未熟者扱い」されるので、生涯を通して一人前になりきれないのです。

 

恋人・結婚の敷居が高い

目次 5

 

恋人・結婚の敷居が高いというデメリットもあります。

 

あくまで「恋人を作るか?結婚するか?」は選べるのが現代ですが、契約社員で薄給だと「相手の親に拒絶される可能性」が非常に高いです。

 

とはいえ雇用形態や経済状況に関係なく、夫婦二人三脚の田舎暮らしで、都会と真逆の人生を楽しんでいる夫婦がいるのも事実です。

 

そのため「自分にとって何が一番大切にしたいか?」という基準に沿って生きれば、肩書きではない「真の幸福」を生き続けられますよ♪

 

景気の影響でクビになりやすい

目次 2

 

景気の影響でクビになりやすいデメリットもあります。

 

なぜなら会社は一般的に「非正規(パート・アルバイトなど)>非正規(派遣・契約社員など)<正社員」の順でクビにするからです。

 

そのため景気が悪くなったり、売り上げが下がったら真っ先に非正規がクビ候補に挙がります。

 

上司

お前、契約社員だからクビな。

同僚

どういうことだよ?正社員以上に一生懸命働いてきたのに!

 

そもそも「“契約”社員」という呼称の通り、組織の中にいるのが「“契約”=契約の状態」なので、契約変更や将来切り離されても文句が言えないのです。

 

そのため「そもそも切り離されない場所に安定を確立する努力」が必要になりますよ♪

 

良い企業への転職が厳しくなる

目次 3

 

良い企業への転職が厳しくなるというデメリットもあります。

 

基本的に年齢が上がるほど転職は厳しくなりますし、即戦力が求められるものです。

 

そのため、契約社員のまま誇れるスキルや職歴が積み上がっていないと、どんどん良い企業への転職チャンスが難しくなります。

 

求められるスキルが積めていない

目次 4

 

適当に職場や働き方を選んでいた場合ですが、求められるスキルが積めていないというデメリットもあります。

 

僕も事務職契約社員の時は「誰でもできる・機械に取って変わられそうな仕事」で、不安しか感じなかった記憶があります。

 

そのため「自分の生涯のスキルを積んでいる」という自負と覚悟のない職場で働き続けると、結局辛く苦しい未来になってしまう可能性大です。

 

年金・貯金・退職金無しの老後

目次 5

 

年金・貯金・退職金無しの老後というデメリットもあり得ます。

 

例えば退職金や老後と言えば「老後2,000万円問題」という、嘘か本当か分からない「必要な蓄え」が世間を騒然とさせましたが、一昔前なら退職金がおおよそこの金額でした。

 

しかし、貯金のみでこの金額を達成しようとした場合、以下のようになります。

 

貯金2,000万円達成例

40年で年50万円ずつ貯金し続ける(月4万円程度貯金)

30年で年75万円ずつ貯金し続ける(月6万円程度貯金)

20年で年100万円ずつ貯金し続ける(月8万円程度貯金)

10年で年200万円ずつ貯金し続ける(月16万円程度貯金)

 

平均年収が400万円前半になりつつある現代において、本当にこれが正論なのかは疑問が残ります。

 

しかし、貯金で老後を乗り切ろうとした場合、ボーナスや退職金がないor少ない非正規でこの達成は非常に難しいと言わざるを得ません。

 

貧困やホームレスの可能性

目次 6

 

自活していける可能性がドンドン狭まるので、貧困やホームレスの可能性もあります。

 

僕の妹はうつ病になって社会人として生きていける可能性がドンドン狭まり、最終的には自殺して一生を終えました。(享年20代前半)

 

生活保護やホームレスが悪いとは言いませんが、自尊心が基本的にはズタズタにやられるので、なるべく避けたい未来と言えます。

 

まとめ
  • 社会的信用が低いまま
    • 恋人・結婚の敷居が高い
  • 景気の影響でクビになりやすい
  • 良い企業への転職が厳しくなる
  • 求められるスキルが積めていない
  • 年金・貯金・退職金無しの老後
  • 貧困やホームレスの可能性

契約社員はデメリットしかない人の特徴

目次

 

諒

では次に、契約社員はデメリットしかない人の特徴についてご紹介していきます。

 

安定収入・経済基盤が欲しい人

目次 1

 

安定収入・経済基盤が欲しい人は、契約社員はデメリットしかないケースです。

 

なぜなら「“契約”社員」なので、契約が途絶えれば更新されない「非正規」という事実から離れられないからです。

 

もちろん「無期雇用派遣だから」「正社員みたいな待遇だから」という思いもあるかもしれませんが、辛い現実として「正社員ではない」という事実を受け入れた方が良いです。

 

 

残念ながら、何年も契約社員として働けている方でも「正社員>契約社員」という階級は免れられないので、会社が傾いた時にクビになるリスクは契約社員の方が高いのです。

 

そのため「自分の生活を護れる確率の高い場所で働きたい」と思う理由があるなら、契約社員は「派遣以上正社員以下」という事実を受け入れた方が良いでしょう!

 

恋人・子供など守る対象がいる人

目次 2

 

恋人・子供など守る対象がいる人は、契約社員はデメリットしかないケースです。

 

なぜなら、恋人が共働きで関係ないのであれば問題ないですが、経済力がない子供を育てていかなければならない場合は、契約社員はリスキーだからです。

 

もちろん、短期的(数年単位)であれば、契約社員でも大丈夫と思えるかもしれません…。

 

しかし、10年〜20年と「子供が独立するまで家庭維持しなければならない」と考えると、同じ会社の契約社員として働き続けられる確率は非常に低いでしょう。

 

 

その為「結婚相手の経済力が盤石」「実家の経済的支援がとても太いから安心」という、万一の事態に備えられる人以外は、契約社員の延長はどこかで辞めなければなりません!

 

※そもそも、経営が盤石な会社・組織なら、契約社員という雇用形態で雇う必要すらないはずなので、10年単位の未来を考えた行動は必須と言えますよ!

 

奨学金返済などローンがある人

目次 3

 

奨学金返済などローンがある人も、契約社員はデメリットしかないケースです。

 

なぜなら、契約社員はクビのリスクも正社員より高い上に、昇進・昇給幅も少ないので、完済するまで遠回りしてしまうからです。

 

もちろん、世の中には「親の借金が数千万あって引き継いでしまった」など、正社員ですら返せない額と戦っている人もいます。

 

しかし、そういった人は起業や稼げる仕事など、勝負に出ているケースがほとんどなので、まさに「背水の陣=正社員でも死ぬ」という覚悟で生きているレアなタイプです。

 

そのため「数百万円単位の奨学金をコツコツ返していく」には、クビリスクや昇進・昇給幅の少ない契約社員で頑張るより、将来に備えられる正社員などに移った方が良いのです。

 

 

※もしくは、副業などで月収を底上げする挑戦をするのもアリですが、いずれにしても「契約社員をガマンして維持」だけは辞めた方が良いでしょう!

 

年齢的な余裕がない人

目次 4

 

年齢的な余裕がない人も契約社員になってはいけないケースです。

 

実際、僕は「40代〜50代で契約社員の人」をたくさん見てきましたが、定期的にクビリスクが訪れている状況にキツさを感じている人がほとんどでした。

 

しかも、高齢で契約社員をやっている人は「特殊な知識や技術を持っているので、ある程度雇用確保ができている」という努力も欠かしていませんでしたから…。

 

 

その為「このスキルで喰っていける」という自負があるなら契約社員でもOKですが、高齢で誇れるスキルがない契約社員は悲惨なので、絶対避けなければなりませんよ!

 

稼げるスキルを育めてない人

目次 5

 

稼げるスキルを育めてない人も、契約社員になってはいけないケースです。

 

逆に言えば「他の会社・組織で必要とされるスキルを持っていれば、契約社員でも場合によっては正社員より安泰」とも言えます。

 

このように「何らかの金銭的・家庭的ネガティブポイントがある人」「クビになっても稼げるポジティブポイントがない人」は、契約社員を続けていくと、路頭に迷う可能性が高いですよ!

 

まとめ
  • 安定収入・経済基盤が欲しい人
    • 恋人・子供など守る対象がいる人
    • 奨学金返済などローンがある人
    • 年齢的な余裕がない人
  • 稼げるスキルを育めてない人

契約社員で働くメリット

目次

 

諒

では次に、契約社員で働くメリットについてご紹介していきます。

 

給料は安定しやすい

目次 10

 

給料は安定しやすいというメリットが大きいです。

 

派遣社員などの非正規雇用は、基本的に時給が多いですが、契約社員は月給制が一般的なので、休日や欠勤数で収入が変動しない安心感があります。

 

とくに時給制のフルタイムは「お盆」「年末年始」「シルバーウィーク」は、如実に月収が減ってしまうので、これが無いだけでも大きなメリットと言えますよ♪

 

交通費など福利厚生UP

目次 9

 

意外に侮れないのが、交通費など福利厚生UPというメリットです。

 

交通費だけでも「月数千円〜1万円以上」の年収差になりますし、その他の福利厚生も小さくないメリットを与えてくれます。

 

そのため「派遣社員では得られない福利厚生を最大限利用できる」という点でも、契約社員に切り替えるメリットはあります。

 

大手や有名企業で働ける

目次 8

 

大手や有名企業で働けるというメリットも大きいです。

 

しかも、正社員募集では中々入社できないような組織に入れるチャンスは他にないので、このメリットを利用して数年働くのは、おすすめの選択肢と言えます。

 

実際僕も、このメリットを利用して、NTTグループで数年働くことができ「上場企業の最前線で働けるという自尊心」を育めましたからね♪

 

自分の時間を確保しやすい

目次 1

 

自分の時間を確保しやすいのも、契約社員の持つメリットです。

 

フルタイムの「正社員」として勤めると、どうしても「週5日・8時間勤務」以上になってしまいます。

 

しかし、契約社員であれば「残業なしor少なめ」などもあるので、自分の時間を確保しやすいケースが正社員よりは多いです。

 

 

そのため「副業や起業などの副収入確保に時間を使いやすい」というメリットもあるのです。

 

責任が少ないので精神的に楽

目次 2

 

責任が少ないので精神的に楽というメリットもあります。

 

ただし、ずっと責任を持たない人生を選び続けると「より責任を取れる人や組織に振り回される」という危険性もあります。

 

 

そのため、個人的には「契約社員では責任は取らないけれど、何らかの責任を取る経験をしておく」というチャレンジは、おすすめしておきます。

 

※しかし、先ほどお伝えした通り、正社員以上に働かされる契約社員もあるので、その状況からは早めに逃げた方が良いでしょう。

 

副業などに専念しやすい

目次 3

 

責任が少ないという面に付随して、副業などに専念しやすいというメリットもあります。

 

というよりも「本業があって、契約社員を副業にしている」という感覚が正解かもしれませんが(笑)

 

副業ブログや情報発信勉強

目次 4

 

時間に余裕があるうちに副業ブログや情報発信勉強もオススメです。

 

HPを自分で一から作成するのは大変難しいですが、ある程度「整ったパッケージ」も売っていたり「代行依頼」できたりするので、覚えておいて損はないです。

 

もちろん、独学で習得して収入源を作り出すのもありですし、僕のように会社員として「社会で通用するレベル」まで昇華してから、フリーランス化するのもアリですよ♪

 

収入源を確立する選択肢

目次 5

 

個人的に僕がとった選択肢ですが、ネット系で案件受注をしたり、自己HPを確立できる以下のような収入源を確立する選択肢で一定期間働くのもおすすめです。

 

WEB系内勤職

WEBライター・WEBディレクター

WEBデザイナー

WEBマーケター・WEBコンサルタント

プログラマー・システムエンジニア など

 

すでにプログラマーやエンジニアとして活躍しているのであれば、それを自宅で使えるようになれば良いのです。

 

そして、僕はこの中から「WEBライター」に独学・未経験で転職したのですが、物書きの仕事が非常に合っていたようで、とても働きやすくなりましたから♪

 

しかも、強みとして「自分HPを持てるスキルを蓄えられる」ので、副業を始めるのに最適なジャンルだとも思っています。

 

 

HPを持つことができれば、自分が伝えたいことを発信する力や、お金を稼ぐ力も高めていけるので、選択肢として非常におすすめですよ♪

 

※ちなみに「WEBマーケターやWEBコンサルタント」は数値を用いた解析で「プログラマー・システムエンジニア」はプログラミング言語と呼ばれる理系的業務

 

 

※なお、以下のリンク先では、僕が「未経験でWEBライターに職種転換した体験談やノウハウ」を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

 

契約社員がデメリットしかない状況改善

目次

 

諒

では次に、契約社員がデメリットしかない状況改善についてご紹介していきます。

 

高度な資格・スキルを習得する

目次 1

 

高度な資格・スキルを習得することで、市場価値を上げて「価値ある人財」になることができます。

 

高度な資格・スキルを習得する例

エクセルで高度な関数を用いた資料作成・分析ができる

英語が出来て取引先が外資系でも問題なし

HPやチラシなど、デザインもできる

 

このような「+αの付加価値」を持つことで、選択肢は大きく広がりますから♪

 

そのため「これは将来自分のためになる♪」と思えるような資格やスキルを見つけて、その経験を積むことで、将来の安心を高めることができます。

仕事効率を高めて自己評価を上げる

目次 2

 

転職前提でなければ、仕事効率を高めて自己評価を上げるのもおすすめです。

 

なぜなら「あいつは良くやっている」「他を雇っても、同じレベルの仕事は任せられないな…」と周りに思われれば、会社が倒産しない限り安泰だからです。

 

単純に「Aさんが1時間かける仕事を、あなたは30分で出来る」だけでも、2倍の能力を持っているわけですから、それだけ希少性は増します。

 

他にも「●●さんにお願いすると、すごく丁寧に仕事を完遂してくれる」といった質を上げることも、価値ある人財として扱われる評価ポイントになります。

 

このように「仕事のスピードを上げる」「仕事の質を上げる」「人間関係の満足度を上げる」ことで、安心の未来を創造することができますよ♪

景気の影響を受けにくい組織に入る

目次 3

 

景気の影響を受けにくい組織に入るというのも、安泰な将来を創る一つの方法です。

 

具体的には「歴史の長い会社」「大学や学校法人」「病院などの医療事務」「官公庁や独立行政法人」などはその典型です。

 

ただし「応募者も多い組織」になるので、そもそも入るまでが狭き門です(医療事務は資格がいりますし、公務員は高難度の受験が必要)

 

しかし、入ることができれば、他よりは安泰なので、安定性は高いと言えます。

 

※とはいえ、10年〜30年後を考えると、必ずしも安泰とは言い切れないので、自己研鑽・自己投資の必要はあります

 

まとめ
  • 高度な資格・スキルを習得する
  • 仕事効率を高めて自己評価を上げる
  • 景気の影響を受けにくい組織に入る

契約社員のデメリットしかない状況革命

目次

 

諒

では次に、契約社員のデメリットしかない状況革命についてご紹介していきます。

 

転職情報などを物色する

目次 1

 

ある程度暇な時に、転職情報などを物色するのもアリです。

 

例えば「リクナビNEXTに登録して、暇な時に正社員入社可能な転職先情報を見る」などの行動を取ったりできます。

 

そのため「自分がどんな転職先に行きたいか?」「どんな場所なら長く働けるか?」を明確にしておくのは、転職活動前におすすめと言えますよ♪

 

仕事のスキルアップを図る

目次 2

 

今の職種でしっくり来ているなら、仕事のスキルアップを図ることで、次の職場に行く前にレベルアップしておくのもおすすめです。

 

例えば、僕は「更新なしが決まった後、営業アタックリスト1万5千件作成達成」したことがあります。

 

もちろん、直接営業には関係ありませんが、この達成が次の転職先の足がかりとなり、高評価に繋がったことがありますから♪

 

上司

君、1ヶ月でこんなに営業リストをまとめたの?すごいね♪

諒

ありがとうございます♪

 

そのため「任される業務の中でも、次の職場で使えるようなスキルアップに励む」ことで「履歴書や職務経歴書に書ける能力を育む」のもおすすめです♪

 

担当営業に他の勤務先紹介を受ける

目次 6

 

担当営業に他の勤務先紹介を受けるのもオススメです。

 

なぜなら「第三者を介する事で願望が叶う事もある」からです。

 

ただし「泣き言を言う」だけでは、「まぁ頑張れ…」と言われるのがオチです。

 

 

そのため「●●の会社は継続しにくい点(現場リーダーや仕事に問題がある)があるので、他の長く働ける場所に移りたいんです」といった「長く続けたい意思」も合わせて伝えるのがベターです。

 

正社員入社を目指す

目次 7

 

個人的におすすめなのは、正社員入社を目指す選択肢です。

 

これからの時代は「今後も生き残れる会社で働く」「一緒に成長できる会社で、共に成長していく」「自分で稼げる力を育む」の三つしか選択肢がありません。

 

今後も、日本人の貧乏化は避けられないので、将来安泰の企業で働くか?一緒に成長できる環境を勝ち取るか?自分自身で成長するしか選択肢はありません。

 

 

そのため「一生次に入る会社で正社員で居続ける」という必要はありませんが、安定して働ける環境で、自分のスキルを育んでステップアップする必要はありますよ♪!

 

手に職をつけてフリーランス

目次 5

 

僕が取った手段ですが、手に職をつけてフリーランスも、選択肢としてアリです。

 

「WEB系のデザイン・ライター」「システムエンジニア」「イラストレーターや物書き」など、フリーランスで生計を立てられる職種は増えています。

 

そのため「自分親方でやっていく方が楽」という自負があるのであれば、フリーランスを目指すために企業で修行して、独立を目指すというのもアリです。

 

 

もちろん、正社員として勤めていれば「退職金」などのメリットも生まれますが、それを十分に払ってくる企業がドンドン減っているという事実もあります。

 

そのため、フリーランスでは退職金こそもらえませんが「経費で節税対策ができる」などの強力なメリットも生まれるので、将来の選択肢にする価値はありますよ♪

 

まとめ
  • 転職情報などを物色する
  • 仕事のスキルアップを図る
  • 担当営業に他の勤務先紹介を受ける
  • 正社員入社を目指す
  • 手に職をつけてフリーランス
リクナビネクスト無料登録メリット(リンク先にてリクナビNEXT情報を解説中)

退職・転職を思い立ってから急いで準備を始める前に、逃げ先情報を増やして安心をストックできる♪

 

なお、リクナビネクストでは「適職診断を無料で受けられる」「転職先情報収集を行える」メリットもある為、今スグ登録しておくのがおすすめですよ♪

 

諒

ストレスが限界に達する前に、脱出準備は早めに始めたほうが、後々ラクになりますよ♪

 

生涯安定の経済基盤を獲得するコツ

目次

 

諒

では次に、生涯安定の経済基盤を獲得するコツについてご紹介してきます。

 

現状維持は将来10%以上不幸

目次 1

 

まず大切なお知らせからお伝えすると、現状維持は将来10%以上不幸になると断言できます!

 

もっと言うと「将来不安な会社」「今後も成長見込みのない会社」で働いており「稼げる資格や副業スキルも勉強していない」人は、沈没間際の船に乗っているに等しいのです!

 

そしてこれは「過去20年間の日本の年収推移」を理解すると、その現実が見えてきます。

 

会社員平均年収の低下

平均年収

出典:年収ラボ

賃金上昇率

出典:全労連

 

このように、先進国は20年間で「最低15%(アメリカ)〜最高38%(スウェーデン)程度賃金上昇した一方で、日本は11%低下」しており、このままだと日本はさらに10%以上収入低下が想定されるわけです。

 

今後も成長見込みのない会社で働いており、稼げる資格や副業スキルも勉強していない人の悲惨な20年後

現在20歳年上の先輩が得ている年収から10%以上減(50歳前に年収500万円なら、年収450万円以下)

年収は現在20歳年上の先輩と同じでも、サービス残業が10%増(平均40時間なら、毎月44時間)

人件費圧縮により社内の非正規雇用UP、リストラや早期退職勧告UPで居場所が減っていく

 

このような現実な上に「老後2000万円問題」「借金返済の増税」などの懸念材料もある中、今の延長線上で生きるあなたの選択肢は「ガマンして節約して耐える」のみです。

 

※しかも「僕の祖父母は年金生活でも子孫に還元」してくれましたが「両親は退職金と年金で手一杯」なので、僕たち世代は自分で切り拓くしかありません

 

このように、様々な右肩下がりの可能性がありますが、何も行動しない場合あなたの未来は「悪化」しかありません。

 

転職は勇気が必要ですし、新天地に慣れるのは努力が必要ですが、苦痛な現実が増えると分かっているのに今の場所に固執してガマンし続けるよりは、将来的に楽ですよ♪

 

「国のせいだ!親のせいだ!会社のせいだ!」と思って責めていても、このままでは私達の現実が悪化していく事実は変わらないので、具体的な改善策を練って行動しましょう♪

 

今後の安定経済基盤は3つ

目次 2

 

以上の厳しい現実を踏まえた上で、10社転職経験&1000件以上の求人を書いてきた転職WEBライターとして立場から言わせてもらうと、おすすめできる今後の安定経済基盤は3つと断言できます!

 

今後も安定の経済基盤3パターン

1.今後も安泰の業界・会社で働く

2.今後も働き続けたい会社で働く

3.会社や社会情勢に関係なく生きれるように、副業スキルを育む

 

ハッキリ断言させてもらうと、今後も安心して生きていく道はこの3パターンがベストです!

 

そのため、あなたの現実ルートがこれに入れていない場合は、転職情報収集や副業について学び始めたほうが良いのです!

 

今後も安泰の業界・会社で働く

目次 3

 

まず1番目の、今後も安泰の業界・会社で働くパターンとは、言ってしまえば「大型客船に乗ろう」ということです。

 

大型客船

 

そして、具体的な安泰の業界・会社とは「準国営企業(JAL/NTT)」「ライフライン系企業(ガス/電力/水道)」「市場が安泰な会社や、特別な特許技術を持っている会社」などです。

 

まず、準国営企業は「国の威信そのもので根幹」なので、リストラなどはありますが、倒産させないように国費投入などの可能性もあり、存続率は一般企業より高いです。

 

※例え大企業でも「シャープの鴻海(ホンハイ)買収」「ブリヂストンの8000人規模の人員を含む中国企業への売却」など、外資の危機やリストラの危機に晒されるリスクがあります

 

 

そしてライフライン系企業も、人間が生活している限り必須の分野なので、これらが0になることは、人間が肉体を捨てない限りあり得ません。

 

もちろん、そのような企業は「●●電力」「●●ガス」などの大会社もありますし、電気関連商品を扱う会社など、安泰企業もたくさんあります。

 

ただし、問題なのは「これらの企業は、現時点において“高学歴エリート”が新卒入社して活躍している狭き門の世界」ということです。

 

ぶっちゃけて言うと、僕はこの中で「新橋にあるNTTグループの本社で営業マンとして働いていた経験」があるのですが、そこでは「3ヶ月契約更新のある契約社員」でした。

 

そして、2年ほどで会社を辞める時には、正社員の同僚から「僕はしがみ付いてでも働き続けるよ…。羨ましいなぁ…」と言われた位なので、辞めないメリットのほうが大きいわけです。

 

このような「高学歴エリートが新卒で入る会社」は、中途で転職しようとする場合、よほど前職で有能な実績を持っていない限り、ほぼムリと言えるのです。

 

実態は「正社員登用をチラつかせながら、働かない正社員に変わって、クビリスクがある契約社員を働かせていた状況」だったので、クソだなと思って辞めましたから…。

 

そのため、あなたが僕のように「高学歴エリートの会社に正社員として入社ができない」のであれば、このパターンはほぼムリと言えます。

 

今後も働き続けたい会社

目次 4

 

会社の大きさや勤務継続メリットに関係なく、今後も働き続けたい会社で働くという選択肢もおすすめです。

 

なぜなら「会社が潰れない限り、一緒に成長・繁栄していく覚悟ができている」からです。

 

「会社の創業者に惚れている」「居心地が良くて、今後も一緒に働きたい」「特に不満がない」など、人によって今の会社を辞めるつもりがない理由は沢山あります。

 

しかし、このサイトを訪れているあなたは「今の会社や生き方に疑問を感じている」わけですから、このように「働き続けたいと自信を持って言える会社」を探し始める必要性が高いのではないでしょうか?

 

だからこそ、転職サイトに登録して「自分が働き続けたい会社・生き方を引き寄せ始める」ことが必要と言えるでしょう!

 

副業スキルを育む

目次 5

 

僕が転職以外に取った選択肢ですが、副業スキルを育むというのも非常におすすめです。

 

そして、この副業スキルを育むというのは「自分の船を自分の手で作りor買い、大きくしていく」ようなものです。

 

ヨット

 

例えばスキル売買サイトでは、以下のような能力を持っている人には、給料以外で収入を得るチャンスがあります。

 

給料以外で収入を得るチャンス

  • イラスト系=似顔絵や結婚式などで使うウェルカムボードの作成からLINEスタンプまで
  • デザイン系=WEBデザインやロゴデザインからパンフレット資料や写真編集まで
  • 動画系=動画編集やアニメーション制作からミュージックビデオ作成まで
  • 音楽系=譜面作成や自分で歌ってみたから作詞・作曲・編曲まで
  • 文章系=文字起こしや記事作成から小説・シナリオの作成
  • IT・アプリ系=システム開発・ゲーム開発からアプリ開発まで

 

挙げればキリありませんが、このように「趣味?のようなスキルで稼げる」「本業で蓄えたスキルで稼げる」のが現代の良いところです(雑貨販売やネットショップ開設もアリ)

 

 

そして実際に僕の知人にも、副業で生活水準を上げていたり、それが軌道に乗って起業に到達したという成功例が何人もいます。

 

僕の知ってる副業・スキル活用者例

  • 美容部員から30歳でWEBデザイナーに独学転職し、お金が欲しい時に個人案件依頼対応(時には1件で10万円以上貰うことも)
  • プログラマーとして働く傍ら、仕事で論文作成の必要性があり、文章スキルを磨こうと小説を書いていたら、出版社から声がかかり、小説家デビュー(現在では数十万部を売った人気作家)
  • 飲食業界で働く傍ら、お金を貯めた上で一念発起して「好きなコーヒーを自分の好きなようにお客様に提供できる珈琲店」を開業して数年経つ経営者

 

もちろん「絶対起業成功!」と意気込む必要はありませんが、何かあった時に「月数万円でも確保できる収入源」を持てる人間になると、それだけでかなりメンタルが安定しますよ♪

 

ちなみに副業経験を積むには、以下のパターンがおすすめです。

 

僕の知ってる副業・スキル活用者例

  • 転職先自体でレベルUP=自分がワクワクした気持ちで働ける仕事で副業スキルUP(僕がWEBライターとして文章スキルを磨いたやり方)
  • 残業少なめの会社で副業開始=時間確保して副業に挑戦時間を作って、知識と経験を積む
  • 副業OKの会社で副業開始=堂々と副業できる為、転職後に自分の好きor得意なことを始めてみる(リクナビネクストでは400件以上が副業OK)

 

副業OK

 

このようなやり方がありますし、年収20万円以上稼がなければ、副業事実は会社側にバレませんし、適切に対処すれば、転職しなくても副業収入を得ることは可能です♪

 

※なお、以下の記事では「副業禁止企業で副業収入を得るためのコツ」を解説しているので、合わせて参考にしてください♪

 

 

また、以下の記事では「副業ブログの始め方」を以下の記事にて紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

転職準備最大のメリット

目次 6

 

そして、転職準備最大のメリットは「苦痛を感じる会社・上司・生き方から距離を置ける&転職すれば永遠に縁切りできる」点にあります。

 

そもそも「副業スキルを育む」と決意しても、毎日長時間残業だったりストレスフルな状況で生きていると、心身が安定しません。

 

しかし、転職サイトに登録して情報収集を行い、来るべき日に転職した結果、ワークライフバランスが劇的に改善できた例は沢山あります。

 

ワークライフバランスが劇的に改善できた例

  • 「体育会系の周りは敵という会社」から転職して「周りと協力・強調して仲間として働く会社」に転職してストレスが激減
  • 「会社の肩書は良いけど、毎日残業だらけのエンジニア」から転職して「基本的に定時帰り〜月平均20時間程度」でワークライフバランスが劇的に向上
  • 「社歴が長いだけで仕事をしない、老害がイッパイの会社」から「同年代が多い会社に転職」した結果、人間関係ストレスが激減

 

このように転職することで「イヤな現実を縁切りできる」ので、リクナビネクストに登録して情報収集を始めるだけでも、徐々に不快な現実縁切りをスタートできるのです♪

 

 

逆に現代日本では「我慢さえしてればOK」と甘んじて現実を何も変えず、取り返しのつかないレベルで行き場がなくなり、路頭に迷ってしまうリスクがあります!

 

今の会社から放り出されて路頭に迷う将来例

突然のリストラに会い、何も誇れるスキルがなくて転職先が見つからず、路頭に迷う

 

このような絶望的な未来を避ける為にも、今のうちからリクナビネクストに登録して「イヤな会社や人間関係からの縁切り」を始めるべきです!

 

 

1年後〜数年後に「なんであの時チャレンジしなかったんだ?」と後悔する情けない人生が良いですか?

 

それよりも「あの時、現実のルートを少しずつ変え始めてくれて、本当にありがとう俺or私」と自分を誇れる人生が良いですよね♪

 

学生時代は進路を親や周りが決めてくれたかもしれませんが、社会人時代は「どんな人生を生きるのも自己責任」です。

 

もちろん、会社内評価や指導は上司や会社がしてくれますが「あなたの人生の責任」は、あなたしか取れないのです!!

 

そのため「現在の延長線上は、後悔・不安・絶望が増え続ける」のであれば、今すぐリクナビNEXTに登録して「今のクソッタレな現実を拒絶する行動」を起こすべきです!

 

良い大人なんだから、いつまでイヤな毎日にしがみついてるんですか?毎日やりたくないゲームをやるが如き人生はイヤじゃないですか?最悪な現実に腹が立つでしょう?ならいつやるか?今でしょ?

 

\転職参考記事!/

 

まとめ

 

諒

以上が契約社員がデメリットしかない理由19選!経験者が語る長期勤務のリアルのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

自分の適職・天職を知るメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

自分の適職・天職を知らないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたが自尊心を取り戻せるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

\【転職準備】会社を辞めたくなった時に備える関連記事はこちら!/

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

意欲が弱い内からの転職サイト登録利点

転職サイト gif

諒

なお最後に補足として、意欲が弱い内からの転職サイト登録利点についてご紹介していきます。

キツい時は登録意欲すら無くなる

目次 1



キツい時は登録意欲すら無くなるのが、転職意欲が少ない内から登録しておく、一番のメリットです!!



あなたも人生で深く悩んだ時期に「何もできず休みが終わってしまった…」という経験がありますよね?



それと同じ状況が「今勤めている会社」で起こってしまうと、そこから逃げようとする気力すら湧かず、もっときつい現実に発展するリスクがあるのです!



転職サイト登録対策なしorありの例


■突然退職=ストレスが頂点になり辞める→転職活動を始める→アルバイトor貯金を崩しながら転職先を急いで探す!!

0から転職活動開始すると大抵3ヶ月以上かかる為、場合によっては貯金が足らず逃げられません

■転職サイトで情報収集して退職気力に余裕のある内から転職サイト登録→ストレスが頂点の時に退職→安心して転職先確保

僕は退職1ヶ月以内に正社員転職先を勝ち取った為、同じことをすれば最悪状況を回避できますよ♪



このように、意欲が低い内から転職サイト登録しておけば「今の会社を辞めたくなった時の安全対策」が可能ですよ♪

転職サイト登録は一種の保険

目次 8

このように、転職サイト登録は一種の保険と言えます!



保険を利用する安心例


■医療・がん保険高額医療費が発生した時などのリスクを回避

■自動車保険事故や、慰謝料問題などのリスクを回避

■転職保険働き先の倒産リスクや、勤務継続不能リスクを回避



このように「生命保険」「自動車保険」などと同じく「転職サイトは、今の会社に居られなくなった時のリスク回避保険」として利用できるのです!



後ほど紹介する「リクナビネクスト」は、登録利用料無料も大きなメリットです(報酬は求人企業が支払っている為)

\メルアド登録5分+職務経歴書10分でオファーをストック!/

求人ストックで選択肢を増やせる



転職意欲が低い内の登録メリットとして、求人ストックで選択肢を増やせるという利点もあります!



これは「メールアドレス登録+職務経歴書」を入力することで「転職先オファーをストックして、情報収集をシステム化できる」のです♪





例えば、僕がおすすめするリクナビネクストでは「直近3ヶ月で20件ほどのオファー」を受け取りました。



リクナビネクストで職務経歴書入力しておくメリット


オファー メリット

職務経歴書登録で受け取ったオファー例

オファー例



このように、今スグ登録しておけば「上司のパワハラでストレスが頂点に達した時」「ガマンの毎日に嫌気がさした時」の逃げ道確保を、15分もあれば対策できるのです♪



職務経歴書を入力しておいた方が良い理由


オファーやスカウトは採用企業側の追加料金支払いの為、採用本気度が高い

未経験採用であってもオファーを出すほど育成意欲が高いため、採用確率が高い

電話勧誘がない+メールを受け取るだけなので、ストレスフリー



PS.職務経歴書に、雇用形態(正社員/契約社員/派遣/パート/アルバイト)は関係ないので、安心して記入してくださいね♪



\メルアド登録5分+職務経歴書10分でオファーをストック!/

リクナビネクスト登録利点

リクナビネクスト

そして業界最大級の転職サイトである、リクナビネクスト登録利点をご紹介しておきます。



リクナビネクスト登録メリット


就活で誰もが使用した「リクナビ」の転職版なので、使い方が理解しやすい

業界最大級の求人掲載数なので、転職しなくても必ず登録しておきたいサイト

電話や応募催促がキツい転職エージェントより気軽に使える

職務経歴書登録しておけば、自分の市場価値が分かる



このように「転職情報が一番集まっているサイト」なので、転職意欲が弱い内から登録メリットは大きいのです!!



しかも、再補足しておくと「職務経歴書登録でオファーやスカウトメールをストックできる」という利点もあります。



そのため「今の会社に一生勤めるつもりはない」なら、今スグ登録しておくべきサイトと言えます!!!



良い大人なんだから、いつまでイヤな毎日にしがみついてるんですか?毎日やりたくないゲームをやるが如き人生はイヤじゃないですか?最悪な現実に腹が立つでしょう?ならいつやるか?今でしょ?


今スグ人生を変える覚悟を決めてリクナビネクストに登録すれば、理想の未来を引き寄せ始められますよ♪



\メルアド登録5分+職務経歴書10分でオファーをストック!/