契約社員 デメリットしかない2

 

諒

「事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

相談男性1

契約社員はデメリットしかない?経験者が語る長期勤務が危険な理由や状況改善用転職術を知りたい!」

相談女性1

契約切りで労働契約更新なしで解雇になる場合は、雇い止め予告はいつ来る?有期or無期雇用派遣で企業雇用保険はいつからもらえる?

相談男性2

自己都合から会社都合理由になる条件は?失業手当給付手続きは何ヶ月貰えて、給付制限期間解除は可能?

相談女性2

厚生労働省への事業休業など経営問題トラブルや、弁護士監修の法律ルール相談など、違法労働トラブルのおすすめ対処解決方法を解説してほしい♪

相談男性3

「転職サイト登録」「転職エージェント」「ハローワーク」など、中途正社員採用求人サービスで探す方法を紹介してください。

相談女性3

クビや人員削減に怯えず、職場勤怠で無理な残業業務を押し付けられない、継続して安定した働き方が実現できる会社に離職・退職して活躍するためのコツや、適職を見つける診断方法を教えてほしい♪

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も契約社員がデメリットしかないと分かりながらも、2回就業した経験があるので、あなたの気持ちが痛いほど分かります…。

 

 

だからこそ、そんな今のあなたと同じ時期を経験した僕が「契約社員がデメリットしかない理由や、状況改善用転職術」を具体的に紹介しています♪

 

目次 8

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

適職診断を行うメリット

目次



なお最初に補足として、適職診断を行うメリットについてご紹介していきます。



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



毎日のストレスをDOWNできる

目次 1



毎日のストレスをDOWNできるのが、適職に転職する一番のメリットです。



なぜなら「自分が好きor得意な仕事に就いて自尊心を育むことで、思い通りの現実を創造したり、選択する力」を育めるからです♪





例えば嫌いor苦手な仕事で働いている人は「冒険気質なのにガマン中心の仕事」「運動が苦手なのに肉体系労働」など「どうせ自分なんて…」という「自分を苦しませる判断基準」で働いているので苦労します。





しかも不適職で働く人ほど「仕事がサビ残だらけで時間を奪われる」「人間関係がイライラと深いさの毎日で、人や自分のことが嫌いになる」という我慢の現実を生きている可能性が高いのです!



しかし適職に転職することでメンタルが安定し、「苦痛が不適職時代よりはるかに少なく、毎日を過ごせる」「好きなことや楽しいことを楽しめる精神的・経済的余裕が生まれる」というメリットが生まれますよ♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



自尊心UP=幸福度UPできる

目次 2



自尊心UP=幸福度UPできるというメリットもあります。



なぜなら「嫌いor苦手な不適職で働く人ほど、自分を苦しませるクセが強い」一方で「好きor得意な適職で働く人ほど、自分を喜ばせるクセが強い」人間になっていけるからです!





例えば僕は数学などの理系が大嫌いなのに「数学的素養がメインのIT系技術営業」は、ストレスが強すぎて、リボ払いで借金地獄にだったことがあります。



なぜなら「自分を苦しませて、努力しながらお金を稼ぐ毎日」が、お金や人間関係も「努力と我慢の毎日」を引き寄せ続けていたからです。





しかし、適職診断により判明した「本にまつわる仕事=物書き/WEBライター」に転職してからは、自分の得意分野だったので、毎日夢中で働けた上に「プライベートも夢中が増えた」のです。



物書き/WEBライターに転職した後の変化


お金=6年近くリボ払いの借金漬けだったのが、借金0になった上に、毎月それなりに使っているつもりでも、月数万円貯金できる余裕ができた

時間1=メンタルが安定したので「行きたかったレストラン」「ちょっとした旅行」など、我慢していた事も夢中でできる精神的・経済的余裕が生まれた

時間2=定時帰りになった上、年収はIT営業時代より減ったが「副業ブログで月1〜3万円レベルまでは稼げるようになり、収入はほぼ横ばい」に回復したので、結果的にIT営業時代より幸福度が激増した♪

人間関係=自分の得意分野で仕事ができるようになったので「憧れです♪」「あなたのお陰で成果が上がりました♪ありがとうございます♪」と取引先に感謝されたり、社内で褒められる機会が増えた





このように、不適職から適職に転職したことで、不適職時代には考えられなかった幸福度UPを実現できたのです♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



我慢・努力・夢中の生き方

目次 3



そして適職・不適職で思い出すのは、「我慢・努力・夢中の生き方」です。



格言


我慢は努力に勝てず、努力は夢中に勝てない





つまり「我慢している人<努力している人<夢中になってる人が一番稼げたり幸福度が高い」ということです。



それまで「仕事は辛く苦しんだ対価」と思っていた僕にとってはカルチャーショックでしたが「お金は喜びの対価」と価値観を変えてから、お金を受け取ることへのストレスが激減しましたから♪



僕の我慢・努力・夢中時代


我慢ばかりで自己否定と抑圧の毎日=教育関係OA事務職時代の「裏方で無機質に働き続けた時代

努力ばかりでイライラと発狂の毎日=通信IT系営業マンに転職して「設計図や数値を扱う苦手分野でストレスを溜め込み続けた時代

夢中ばかりで快適で安心幸福な毎日=転職系WEBライターに転職して「人の喜怒哀楽を扱い自尊心を復興する、毎日夢中に働く時代





そして僕は今「自分の記事を通して日本人の自尊心を復興することに夢中」なわけですが、あなたが今の人生に「我慢」「努力」しているなら、引き寄せる現実を変える為に、自己投資を行うべきですね♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



適職で収入選択肢が増える例

目次 4



また、適職で収入選択肢が増える例についても補足しておきます。



先ほどお伝えした通り、適職で働くと夢中になってレベルUPできるので、自尊心UPが可能となります。



その結果の一つとして「自分が好きなことor得意なことで稼ぐ現実にOKが出しやすくなる」というメンタルブロックの解除が起こったりするのです。





その結果、僕のように「本業の会社員では収入UPできなくても、副業で稼げるようになる」という選択肢が生まれたりします。



例えば某スキル売買サイトでは、以下のような「自分が社会還元できるスキル」を持っていれば、月5万円程度は稼げるチャンスを得られるのです。



給料以外で収入を得るチャンス


イラスト系=似顔絵や結婚式などで使うウェルカムボードの作成からLINEスタンプまで

デザイン系=WEBデザインやロゴデザインからパンフレット資料や写真編集まで


動画系=動画編集やアニメーション制作からミュージックビデオ作成まで

音楽系=譜面作成や自分で歌ってみたから作詞・作曲・編曲まで
文章系=文字起こしや記事作成から小説・シナリオの作成

IT・アプリ系=システム開発・ゲーム開発からアプリ開発まで

占い系=占い自体から占い師養成まで

勉強系=資格取得アドバイスから就職・転職サポートまで





挙げればキリがありませんが、このように「趣味?と思っているようなスキルで稼げる」「本業で蓄えたスキルで稼げる」のが現代の良いところです。(雑貨販売やネットショップ開設という手もあります)





そして実際に僕の知っている人にも、副業で生活水準を上げていたり、それが軌道に乗って起業に到達したという成功例が何人もいます。



僕の知ってる副業・スキル活用者例


美容部員から30歳でWEBデザイナーに独学転職し、お金が欲しい時に個人案件依頼対応(時には1件で10万円以上貰うことも)

プログラマーとして働く傍ら、仕事で論文作成の必要性があり、文章スキルを磨こうと小説を書いていたら、出版社から声がかかり、小説家デビュー(現在では数十万部を売った人気作家)

飲食業界で働く傍ら、お金を貯めた上で一念発起して「好きなコーヒーを自分の好きなようにお客様に提供できる珈琲店」を開業して数年経つ経営者





もちろん「絶対起業だ!」と意気込む必要はありませんが、何かあった時に「月数万円でも確保できる収入源を持てる適職」で働いていると、それだけでかなり将来の安心度が増しますよ♪



ぜひ、以下のリンク先から「あなたにとって快適&幸福度が高い、好きor得意を活かせる適職」を見つけて、幸福度をレベルUPする参考にしてくださいね♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/



契約社員はデメリットしかない理由

目次

 

諒

ではまずはじめに、契約社員はデメリットしかない理由についてご紹介していきます。

 

正社員並みの責任経験が積めない

目次 1

 

正社員並みの責任経験が積めないのが、一番の問題点です。

 

なぜなら「責任領域が狭いから非正規or収入が低い」ので、それが増えていく挑戦をしない限り、将来の生活維持リスクがどんどん増えます。

 

ひょっとしたら「契約社員は派遣社員じゃない!」と思うかもしれませんが「正社員と同様の法律で守られていない」「契約更新という定期的なクビリスクがある」のが現実です。

 

 

もちろん「自分は将来独身で、最低限の生活しか求めないし、何かあってもその時は大人しく死ぬ」という達観した考え方なら良いでしょう。

 

しかし「右肩上がりで生活を豊かにしたい」「将来の不安を減らしたい」のであれば、非正規であっても収入や責任領域を増やす努力をしたほうが良いでしょう。

 

簡単な仕事領域しか任されない

目次 2

 

契約社員という働き方は、簡単な仕事領域しか任されないのも問題です。

 

とはいえ契約社員で働いた経験者から言うと「契約社員でも正社員と同等か?下手すると正社員以上の責任を持たされる」ケースもありました。

 

 

そのため「契約社員であろうと、職歴として誇れる経験を積む姿勢」は非常に大切です。

 

そうすることで「正社員への転職時に職務経歴に書ける」「副業などのスキルに使える」メリットがあるので、自己研鑽するのがおすすめですよ♪

 

上に登れず上昇志向がすり減る

目次 3

 

上に登れず上昇志向がすり減る問題もあります。

 

ずっと何年も昇進・昇給がない場合は、やる気やモチベーションが徐々に下がっていきます。

 

そのため「契約社員で働き続けて、なおかつ上に上がっていける感覚がどんどん錆び付いていく」リスクは考えておいたほうが良いのです。

 

 

ちなみに僕が「契約社員で収入UPなどを得られない時」にやっていた「上昇志向維持のコツ」は以下の通りなので、参考して下さい♪

 

上昇志向を強めるor維持するコツ

職種転換を目指して資格取得や自己学習に励む

正社員を目指して転職活動を行う

副業を見越してスキルを蓄える

契約社員は将来デメリットしかない理由

目次

 

諒

では次に、契約社員は将来デメリットしかない理由についてご紹介していきます。

 

※派遣の更新にハラハラするより、雇用期間の定めがない働き方にシフトしたほうが、安心してスキルや経験を積めますよ♪

 

社会的信用が低いまま

目次 1

 

社会的信用が低いままというデメリットがあります。

 

そもそも社会的信用が低い場合は、以下のようなデメリットがあります。

 

社会的信用が低いデメリット

賃貸の審査に引っかかったり、家を建てる時などにローンを組めない

クレジットカードが与信で落ちる

恋人ができたり結婚する時にご両親挨拶などでトラブルになる

 

このように「一般的に契約社員を含めた、非正規で働いている人は未熟者扱い」されるので、生涯を通して一人前になりきれないのです。

 

景気の影響でクビになりやすい

目次 2

 

景気の影響でクビになりやすいデメリットもあります。

 

なぜなら会社は一般的に「非正規(パート・アルバイトなど)>非正規(派遣・契約社員など)<正社員」の順でクビにするからです。

 

そのため景気が悪くなったり、売り上げが下がったら真っ先に非正規がクビ候補に挙がります。

 

 

そもそも「“契約”社員」という呼称の通り、組織の中にいるのが「“契約”=契約の状態」なので、契約変更や将来切り離されても文句が言えないのです。

 

そのため「そもそも切り離されない場所に安定を確立する努力」が必要になりますよ♪

 

良い企業への転職が厳しくなる

目次 3

 

良い企業への転職が厳しくなるというデメリットもあります。

 

基本的に年齢が上がるほど転職は厳しくなりますし、即戦力が求められるものです。

 

そのため契約社員のまま誇れるスキルや職歴が積み上がっていないと、どんどん良い企業への転職チャンスが難しくなります。

 

求められるスキルが積めていない

目次 4

 

適当に職場や働き方を選んでいた場合ですが、求められるスキルが積めていないというデメリットもあります。

 

僕も事務職契約社員の時は「誰でもできる・機械に取って変わられそうな仕事」で、不安しか感じなかった記憶があります。

 

そのため「自分の生涯のスキルを積んでいる」という自負と覚悟のない職場で働き続けると、結局辛く苦しい未来になってしまう可能性大です。

 

年金・貯金・退職金無しの老後

目次 5

 

年金・貯金・退職金無しの老後というデメリットもあり得ます。

 

「老後2,000万円問題」という、嘘か本当か分からない「必要な蓄え」が世間を騒然とさせましたが、一昔前なら退職金がおおよそこの金額でした。

 

しかし貯金のみでこの金額を達成しようとした場合、以下のようになります。

 

貯金2,000万円達成例

40年で年50万円ずつ貯金し続ける(月4万円程度貯金)

30年で年75万円ずつ貯金し続ける(月6万円程度貯金)

20年で年100万円ずつ貯金し続ける(月8万円程度貯金)

10年で年200万円ずつ貯金し続ける(月16万円程度貯金)

 

平均年収が400万円前半になりつつある現代において、本当にこれが正論なのかは疑問が残ります。

 

しかし貯金で老後を乗り切ろうとした場合、ボーナスや退職金がないor少ない非正規でこの達成は非常に難しいと言わざるを得ません。

 

貧困やホームレスの可能性

目次 5

 

自活していける可能性がドンドン狭まるので、貧困やホームレスの可能性もあります。

 

僕の妹はうつ病になって社会人として生きていける可能性がドンドン狭まり、最終的には自殺して一生を終えました。(享年20代前半)

 

生活保護やホームレスが悪いとは言いませんが、自尊心が基本的にはズタズタにやられるので、なるべく避けたい未来と言えます。

 

契約社員はデメリットしかない状況改善策

目次

 

諒

では次に、契約社員はデメリットしかない状況改善策についてご紹介していきます。

 

転職情報などを物色する

目次 1

 

ある程度暇な時に、転職情報などを物色するのもアリです。

 

例えば「リクナビNEXTに登録して、暇な時に正社員入社可能な転職先情報を見る」などの行動を取ったりできます。

 

そのため「自分がどんな転職先に行きたいか?」「どんな場所なら長く働けるか?」を明確にしておくのは、転職活動前におすすめと言えますよ♪

 

仕事のスキルアップを図る

目次 2

 

今の職種でしっくり来ているなら、仕事のスキルアップを図ることで、次の職場に行く前にレベルアップしておくのもおすすめです。

 

例えば僕は「更新なしが決まった後、営業アタックリスト1万5千件作成達成」したことがあります。

 

もちろん直接営業には関係ありませんが、この達成が次の転職先の足がかりとなり「情報収集能力がある」「自分でリストを作ってアタックを賭けられる」という高評価に繋がったことがありますから♪

 

 

そのため「任される業務の中でも、次の職場で使えるようなスキルアップに励む」ことで「履歴書や職務経歴書に書ける能力を育む」のもおすすめです♪

 

更新なしで失業保険受給

目次 3

 

貯金にある程度余裕があって少し休みたいのであれば、更新なしで失業保険受給するのもアリでしょう。

 

なぜなら「契約社員は契約期間満了で更新しなくても、“会社都合退職”としてスグ失業保険を貰える」からです。

 

もちろん失業保険受給には一定の条件がありますが、働かずしてお金をもらいながら転職活動できるというのは非常に大きなメリットと言えます。

 

 

もしくは他にも違う勤務先を再び紹介してもらって、長期で働きやすい場所を探してもらうというのも、もちろんアリですよ♪

 

失業保険の受給方法

目次 4

 

ちなみに念のため、失業保険の受給方法についてもご紹介します。

 

一般的に失業保険受給対象は、以下の通り。

 

失業保険受給対象

一般の離職者=離職の日以前2年間に雇用保険の被保険者期間が通算12カ月以上

特定理由離職者=離職の日以前1年間に被保険者期間が通算6カ月以上

特定理由離職者

有期労働契約の更新を希望したが認められず離職した方

出産や育児により離職し受給期間の延長措置を受けた方

父・母の扶養や介護など家庭事情の急変により離職した方

配偶者や扶養親族と別居生活を続けることが困難になり離職した方

特定の理由で通勤が困難になり離職した方

企業の人員整理などで希望退職者の募集に応じて離職した方

 

このような区分けになるわけですが、要するに「正社員=一般の離職者」「派遣・契約社員などで契約更新がある=特定理由離職者」といったイメージです。

 

そして派遣社員の場合は「契約期間満了で退職した場合も、特定理由離職者」に該当するので、「直近1年以内に6ヶ月以上被保険者として働いたことがある」のであれば、失業給付受給できます。

 

この場合は派遣会社から「失業書類をもらう必要がある」のですが、他の派遣会社で仕事を探したり、正社員就職を目指す前提であれば問題ないでしょう。

 

 

ちなみに失業保険は「一般の離職者=申請して約2ヶ月+7日後」「特定理由離職者=申請して7日後」という違いがあります。

 

※7日間とは失業状態などをチェックする審査期間であり、その期間は転職活動なども一切やってはいけない

 

※また、僕の時とは受給資格条件やルールが変わっている可能性があるので、ハローワークに行って最新の正式手続きを確認しておきましょう

 

失業保険受給の注意点

目次 5

 

なお参考として、失業保険受給の注意点についても押さえておきましょう。

 

まず失業保険は「雇用保険」を支払っている期間が一定期間以上ないとNGなので、給与明細に「雇用保険」というお金がキチンと引かれていたかチェックしましょう。

 

※「雇用保険」を支払っていないブラック企業だったり、自分のイメージより支払っていた期間が短くて、受給対象になれないというトラブルもあり得るため

 

 

ちなみに失業保険は「額面給与の約6割程度」しかもらえず、それほど余裕があるわけではないので、ある程度金策に走ったほうが良いかもしれませんね。

 

※しかも失業保険受給を申請してからは、メルカリで物を売ったりしてお金を工面するのはOKですが、アルバイトなどの“労働”は日雇いでもNGです。

 

担当営業に他の勤務先紹介を受ける

目次 6

 

担当営業に他の勤務先紹介を受けるのもオススメです。

 

なぜなら「第三者を介する事で願望が叶う事もある」からです。

 

ただし「泣き言を言う」だけでは、「まぁ頑張れ…」と言われるのがオチです。

 

 

そのため「●●の会社は継続しにくい点(現場リーダーや仕事に問題がある)があるので、他の長く働ける場所に移りたいんです」といった「長く続けたい意思」も合わせて伝えるのがベターです。

 

正社員入社を目指す

目次 7

 

個人的におすすめなのは、正社員入社を目指す選択肢です。

 

これからの時代は「今後も生き残れる会社で働く」「一緒に成長できる会社で、共に成長していく」「自分で稼げる力を育む」の三つしか選択肢がありません。

 

今後も日本人の貧乏化は避けられないので、将来安泰の企業で働くか?一緒に成長できる環境を勝ち取るか?自分自身が成長するしか選択肢はありません。

 

 

そのため「一生次に入る会社で正社員で居続ける」という必要はありませんが、安定して働ける環境で、自分のスキルを育んでステップアップする必要はありますよ♪!

 

契約社員はデメリットしかない?現状利点

目次

 

諒

では次に、契約社員はデメリットしかない?現状利点についてご紹介していきます。

 

自分の時間を確保しやすい

目次 1

 

自分の時間を確保しやすいのが、契約社員の持つ一番のメリットです。

 

フルタイムの「正社員」として勤めると、どうしても「週5日・8時間勤務」以上になってしまいます。

 

しかし契約社員であれば「残業なしor少なめ」などもあるので、自分の時間を確保しやすいケースが正社員よりは多いです。

 

そのため「副業や起業などの副収入確保に時間を使いやすい」というメリットもあるのです。

 

責任が少ないので精神的に楽

目次 2

 

責任が少ないので精神的に楽というメリットもあります。

 

ただしずっと責任を持たない人生を選び続けると「より責任を取れる人や組織に振り回される」という危険性もあります。

 

 

そのため個人的には「契約社員では責任は取らないけれど、なんらかの責任を取る経験をしておく」というチャレンジは、おすすめしておきます。

 

※しかし先ほどお伝えした通り、正社員以上に働かされる契約社員もあるので、その状況からは早めに逃げた方が良いでしょう。

 

副業などに専念しやすい

 

 

責任が少ないという面に付随して、副業などに専念しやすいというメリットもあります。

 

というよりも「本業があって、契約社員を副業にしている」という感覚が正解かもしれませんが(笑)

 

副業ブログや情報発信勉強

目次 3

 

時間に余裕があるうちに副業ブログや情報発信勉強もオススメです。

 

HPを自分で一から作成するのは大変難しいですが、ある程度「整ったパッケージ」も売っていたり「代行依頼」できたりするので、覚えておいて損はないです。

 

もちろん無職期間に独学で習得して収入源を作り出すのもありですし、僕のように会社員として「社会で通用するレベル」まで昇華してから、フリーランス化するのもアリですよ♪

 

収入源を確立する選択肢

目次 4

 

個人的に僕がとった選択肢ですが、ネット系で案件受注をしたり、自己HPを確立できる以下のような収入源を確立する選択肢で一定期間働くのもおすすめです。

 

WEB系内勤職

WEBライター・WEBディレクター

WEBデザイナー

WEBマーケター・WEBコンサルタント

プログラマー・システムエンジニア など

 

すでにプログラマーやエンジニアとして活躍しているのであれば、それを自宅で使えるようになれば良いのです。

 

そして僕はこの中から「WEBライター」に独学・未経験で転職したのですが、物書きの仕事が非常に合っていたようで、とても働きやすくなりましたから♪

 

しかも強みとして「自分HPを持てるスキルを蓄えられる」ので、副業を始めるのに最適なジャンルだとも思っています。

 

 

HPを持つことができれば、自分が伝えたいことを発信する力や、お金を稼ぐ力も高めていけるので、選択肢として非常におすすめですよ♪

 

※ちなみに「WEBマーケターやWEBコンサルタント」は数値を用いた分析・解析で「プログラマー・システムエンジニア」はプログラミング言語と呼ばれる式を記述する仕事で、理系的業務です

 

 

※なお、以下のリンク先では、僕が「未経験でWEBライターに職種転換した体験談やノウハウ」を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

まとめ

 

諒

以上が契約社員はデメリットしかない!経験者が語る長期勤務が危険な理由や状況改善用転職術のご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

自分の適職・天職を知るメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

自分の適職・天職を知らないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

\【転職準備】会社を辞めたくなった時に備える関連記事はこちら!/

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

\メルアド登録5分+職務経歴書10分で貧乏失業地獄を回避する!/

 

適職診断@おすすめ3選

向いてる仕事 適職診断
適職で生きていない時の悩み


今の仕事を一生続けていける自信がない…。

今の仕事が嫌いで苦手な不適職だと感じている…。

もっと好きで得意な仕事で生きることは出来ないのかな?

適職に転職した人の話や体験談を読みたい♪





そんな悩みをお持ちの方向けに、以下のリンク先にて「自分に向いている適職の見つけ方」を紹介しているので、ぜひ参考にしてください♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/