引き寄せワーク

 

僕自身が「末端アルバイト社員→上場企業のビジネスマンから独立」まで導いてもらった年商3億円社長の教えをご紹介します。

 

「人生を変えるにはどうすれば?」「不満・不安のない人生を創りたい!」と心の中で叫んでいた僕を変え導いてくれたワークや体験談をまとめました。

 

「人生このままじゃイヤだ!」「もっと変化・成長したい」と思うのであれば、以下のリンクから読んでみてくださいね♪

 

仕事 ミス 隠す

 

D

どうも!大島諒一(りょうさん)です♪この記事を見て下さり、ありがとうございます♪

今回は仕事でミスばかり!大失敗を隠す辛い自己嫌悪リスク対処法のご紹介です。

 

「仕事でミスばかり!大失敗を隠す辛い自己嫌悪リスク対処法を知りたい「場合によっては、転職すべきか悩んでいる…。」

 

あなたのために、転職サイトのライターとして1,000以上の求人記事を書いた僕の視点・体験談などをまとめました。

 

仕事でミスばかり!大失敗を隠してしまった場合の辛い自己嫌悪リスク

疑問

 

D

ではまずはじめに、仕事でミスばかり!大失敗を隠してしまった場合の辛い自己嫌悪リスクについてご紹介していきます。

発生から時間を空けるほど被害大

ミス 失敗

 

まず仕事のミスを隠蔽する最大のデメリットは、発生から時間を空けるほど被害大という点です。

 

もちろん被害によっては、時間が経っても被害範囲などが変わらない場合があります。

 

しかしそれでも発覚した場合に「スグに報告しなかったという過失」を責められるからです。

 

 

仮に数ヶ月後〜数年後にミスした仕事や企画がなくなれば、時効となって責められる可能性はほぼなくなります。

 

しかしその仕事や企画の名前が話題が出るたびに。「バレるかもしれない」というリスクや恐怖を感じます。

 

そのため「やっぱりスグに報告しておけばよかった…。」と後悔の念が強くなることも多いです。

 

 

実際僕も自分のミスを隠した経験があります。

 

しかし発覚した結果「ミス」1点だけでよかったのが、「ミス+隠蔽」2点叱責を受けることになり散々でした…。

 

そのためそれからは、ミスを迅速に報告するように心がけています。

 

上司や周りからの信頼が減る

会話

 

上司や周りからの信頼が減るというデメリットもあります。

 

ミスが多いのは、経験を積んで成長すれば減る可能性があります。

 

しかしミスを隠す「性格的問題」は治らないと思われやすいので、今後重要な仕事を託してもらえなくなる可能性があります。

 

 

例えば食事の例ですが、中国産の冷凍餃子問題が出た時から、「中国産は怖い」という印象を持った人も多いと思います。

 

これを言い換えると「昇進も見えるような重要な●●の仕事を任せたいけど、A君は過去にミスを隠蔽したな…。

 

そう考えるとミスは多いけどきちんと報告してくれるB君に任そう」となる可能性が高いわけです。

 

 

一度ついてしまったネガティブなイメージというのは、なかなか拭い去ることができません。

 

そのため「ミスを隠蔽したという過去を払拭する」ために愚直に努力して、数年〜数十年後に適切な評価を取り戻す。

 

もしくは転職で自分の評価をリセットして、誠実に仕事に向き合うかのどちらかが対処法になります。

 

勤めてる限り隠し通す必要がある

耐える

 

勤めてる限り隠し通す必要があるのもデメリットです。

 

一人の責任でやっていた仕事のミスであれば、気づかれない限りはそのまま時効を迎えることができたりします。

 

 

しかし複数人でやっていたり、書類など何らかの形で証拠が残り続けている場合は別です。

 

なぜならそれを確認する人がいなくなるか、証拠が無くならない限り隠し続ける必要があるわけです。

 

嘘で良心が痛み続けた例

自己紹介

 

ちなみに嘘で良心が痛み続けた例についてもご紹介しておきます。

 

僕は小学校低学年の時に、母親のお金管理箱から500円を盗んだ罪悪感をずっと抱えていました。(ミスではないですが隠蔽というお話)

 

 

そもそも動機は当時お小遣いが月500円にも関わらず、500円近い月刊コロコロコミックを買っていたのです。

 

しかしある時ミニ四駆のパーツがどうしても欲しかったので、思わず盗んでしまったのです。

 

 

その罪の気持ちを謝罪したのは30歳過ぎだったのですが、約20年間はずっと心の隅で罪悪感を抱え続けていたのです。

 

人間の脳は生まれてからの記憶や出来事を、ずっと覚えているという説もあります。

 

そのためこのように罪悪感をずっと持ち続ける可能性も高いので、隠さず伝える潔さを選んだ方が良いと思いますよ♪

 

転職前に自分の得意・好きを明確にする

DYM就職

 

なお、あなたが転職を考えているなら転職前に自分の得意・好きを明確にする必要もあるので、その点も紹介しておきます。

 

なぜならあなた自身の個性に合った仕事を選べない限り、ずっと苦しい現実が続いてしまうからです。

 

 

そのためどのような職種や業界が最適なのか?が明確になるように、僕の自己分析を参考としてご紹介します。

 

■大島諒一の好き・得意な事

  • アウトドアよりインドア派=室内業務派
  • 読書が好き=WEBライターや出版系向き
  • 芸術やデザインが好き=デザイナー向き
  • 人と情報共有が好きなので話す系向き
  • 自由が好き=IT系やベンチャー向き

■大島諒一の嫌い・苦手な事

  • 肉体労働や体を動かすのは苦手
  • ずっと人と一緒にいる仕事は嫌い
  • 公式通りが苦手=エンジニアに向かない
  • 規則が嫌い=大企業や公務員に向かない

 

以上のように僕は対人関係系とクリエイター系の両方に強みがあると分かりました。

 

そして結果的に「好きで得意」なWEBクリエイターに転職し、文字通り天職にたどり着いたのです。

 

このように自分の個性を棚卸した方が、転職をスムーズに進めることができますよ♪

 

 

そして「強み・弱みを知る」「より良い転職先を見つける」には、転職エージェントの登録がオススメです!

 

実際僕も自分を見つめ直したのは、転職を意識し出して「自分は何が好きか?」をエージェントと話し合ったからです。

 

 

そのため今すぐ転職する気は無くても、とりあえず「自分への求人情報」が手に入るようにしておくのがオススメです!

 

そうすることで、将来の選択肢をもっと広げることができますから♪

 

■第二新卒向けオススメ転職エージェント

 

■一般向けオススメ転職エージェント

 

とくにDYM就職利用には以下のメリットがあり、20代で経験の浅い方でも正社員を勝ち取れるサポート環境があります。

 

「第二新卒・派遣・契約社員・既卒・フリーター・ニート」など就職戦争に敗れた方でも、仕事の経験値をもっと積める環境を勝ち取れますよ♪

 

■DYM就職の主な特徴

  • フリーアナウンサー「宇垣美里さん」がイメージキャラクターを務め認知度UP中!
  • 面接応募先企業は2,000社以上を確保+書類選考無しで直面接可能
  • 最短1週間での入社も実現可能(面接地は全国各地にあり)

■株式会社DYM各相談場所住所

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌のほか以下もアリ

  • 東京=池袋/秋葉原
  • 関東圏=立川/横浜/千葉/大宮
  • 関西圏=京都/神戸
  • 東海圏=静岡
  • 東北圏=仙台
  • 中国圏=岡山/広島
  • 九州圏=北九州

 

■「DYM就職CM 宇垣美里さん主演」(30秒)

仕事でミスばかり!大失敗を隠す辛い自己嫌悪リスクを持ちやすい性格

デメリット

 

D

では次に、仕事でミスばかり!大失敗を隠す辛い自己嫌悪リスクを持ちやすい性格についてご紹介していきます。

自分で抱え込みやすい

ブラック企業

 

自分で抱え込みやすい人は、仕事のミスを隠蔽しやすいです。

 

なぜなら「自分で頑張らなくては!」「人に頼ってはいけない!」といった強迫観念を持っているからです。

 

その結果としてミスを誘発してしまったり、それを隠すことになったりするのです。

 

 

実際僕もこのタイプだったのですが、父親から「長男だろ!」「男の子だろ!」と叱られてきた過去がありました。

 

そのため人に怒られないようにするために、自分だけで頑張ろうとする癖が強くなっていたのです。

 

しかしこういったタイプの人は責任感があるので、正確な報連相をあげれるようになれば、信頼される存在になれるとも言えます。

 

自己嫌悪に陥りやすい

通話

 

自己嫌悪に陥りやすい人も、仕事のミスを隠すことが多いです。

 

なぜなら自己嫌悪に陥りやすい人は自信が無いので、常に「ミスしないかな」「怒られるのが怖いな」と思っているからです。

 

そしてその結果として、ミスや怒られる現象を引き寄せているのです。

 

 

実際僕も20代前半は自己嫌悪に陥りやすい性格で、悪いことはなるべく隠そうと思っていました。

 

しかし徐々に仕事に対する自信がついてきてからはそういった思い込みも減り、ミスも包み隠さず報告できるようになりました。

 

このように自己嫌悪に陥りやすい人は経験を積んで自分に自信をつけること、ミスした自分も許せるようになることが重要です。

 

周りの評価を気にしすぎる

規律

 

周りの評価を気にしすぎる人も、仕事のミスを隠すタイプです。

 

「変なことをしたら評価が下がる」「無能と思われたくない」と普段から恐れているわけですね。

 

そのためミスを犯してしまった時に、それを報告せずに隠蔽しようとするわけです。

 

 

こういった人は周りから出来る子として評価されて頑張ってきた人に多いです。

 

しかも人の期待に応えることが人生の重要テーマになっており、それが結果的に自分を束縛しているのです。

 

 

そのためこういった思考から脱出するためには、「クズでクソッタレで愛らしい自分」を受け入れる必要があります。

 

そんな「自分自身の弱みや醜い部分も受け入られるようになる」ことで、等身大の自分で生きていけるようになりますよ♪

 

ミス報告がクビ直結と思っている

ミス 失敗

 

ミス報告がクビ直結と思っている人も、ミスを隠蔽しやすい性格です。

 

なぜなら「仕事の評価=生存条件」と思っているので、常に良い面だけを見せておきたいと強迫観念を抱えているからです。

 

そのため「ミスを隠蔽した場合のデメリット」を理解して、スグに報告する癖をつけないといけないタイプと言えます。

 

ミスを軽く感じている

プライベート

 

ミスを軽く感じている人も、ミスを隠蔽しやすい性格です。

 

新入社員

まぁバレなきゃ別に良いだろう…。

とミスに対する認識が甘いわけですね。

 

 

そのためミス隠蔽による最悪の結果も、知っておいた方が良いタイプとも言えます。

 

ミス隠蔽処分例1/JTB社員

旅行

 

ちなみにミス隠蔽処分例1/JTB社員の例もご紹介しておきます。

 

例えばJTB社員が自分の高校遠足バス手配ミスに気付き、以下の自殺をほのめかすミス隠しの嘘文を送って中止させようとしました。

 

 

「遠足に行きたくない。遠足に行くのは死ぬよりしんどい。中止してほしい」

 

この手紙が届いた学校は安否確認などに追われた後に警察に被害届を提出し、隠蔽が明るみに出たのです。

 

その結果本人の懲戒免職はもちろん、支店長・営業課長も懲戒免職にされるという重大な損害結果に終わったのです。

 

ミス隠蔽処分例2/ベネッセ委託先社員

基本

 

次にミス隠蔽処分例1/ベネッセ委託先社員の例をご紹介します。

 

ベネッセの会員情報管理を委託されていた先のさらに再委託先の派遣社員が、2億300万件にものぼる名簿データを売却していたのです。

 

結果として逮捕されたのはもちろん、家庭崩壊を招いた痛ましい事件となったのです。

 

 

このようにミス隠蔽は周りを巻き込んだ大炎上になる可能性もあるので、早めに対応して被害拡大を防いだ方が良いのです。

 

仕事でミスばかり!大失敗を隠す辛い自己嫌悪リスク対処法

テク

 

D

では次に、仕事でミスばかり!大失敗を隠す辛い自己嫌悪リスク対処法についてご紹介していきます。

ミスは誰でもすると自覚する

チーム

 

まずはじめにミスは誰でもすると自覚する必要があります。

 

世の中にはお医者さんのように、自分のミスが人の命に直結するようなミスが許されない世界もあります。

 

しかしそこに至るまでには、事前にたくさんのトレーニングを積んできているわけです。

 

 

具体的には大学医学部に一生懸命勉強して入り、研修医で地道なトレーニングを経て、何十年単位で成功確率を高めている世界の話です。

 

だからこそ学生時代に遊んでいる人が、入社後いきなりノーミスで乗り切れることはほぼあり得ません。

 

 

つまり「ミスは誰でもするもの」であり、大事なことは「ミスしてからどう対応するか」の方が重要なわけです。

 

そしてミスを隠蔽する人の方が後々トラブルになることも多いわけです。

 

そのため「ミスは誰にでもあり得ること」そして「ミスしたら誠実に謝罪すること」を意識するのがオススメです。

 

ホ・オポノポノの習得がオススメ

自己紹介

 

なおあなたが人に謝罪したり頼ることにストレスを感じるのであれば、ホ・オポノポノの習得がオススメです。

 

これはハワイの秘術で「ありがとう・ごめんなさい・許してください・愛しています」と4つの言葉を唱え続けるor聞き続けるものです。

 

 

大好きな曲をずっと聞き続けていると、CDを聞かなくても頭の中で聞こえてきますよね?

 

同様にホ・オポノポノもずっと聞き続けることで、ふっとした時に日常生活で言えるようになったりするのです。

 

 

実際僕も「人への謝罪は負けだ!」と思っていた時にこれを習得して、人への謝罪抵抗感が薄れていきましたから♪

 

なお僕がよく聞いているのは以下のYou tube動画ですので、合わせて参考に使ってください。

 

■「(1時間バージョン)聞くだけで浄化☆ポノポノ☆」

報連相の徹底+頼れる部分は頼る

仕事 上司

 

報連相の徹底+頼れる部分は頼るという意識を持つことも必要です。

 

報連相とは「報告=過去の結果を伝える」「連絡=現在の状況を伝える」「相談=未来の不安や懸念点を伝える」という意味です。

 

 

そしてとくに自分で抱え込みやすい人ほど報告しかしておらず、連絡や相談をおろそかにしやすいです。

 

その結果として「すみません、仕事が期日までに終わりませんでした」と事後報告になって炎上するのです。

 

 

そのため「今取り組んでいる●●の進捗が良くないのですが、期日をもう1日もらうことはできませんか?」

 

「これから取り組む●●が正直できるか不安です。サポートメンバーや先輩と一緒に取り組めたりしませんか?」と連絡・相談するのです。

 

 

しかも上司はベストパフォーマンスをあなたが発揮できることを目指しているはずです。

 

そのため連絡や相談に対しては適切に対処してくれます。

 

しかし根性論で「何言ってるんだ!根性でやれ!」と言うなら、そんな組織見限って転職してしまいましょう。

 

謝罪・報連相は簡潔にスグ伝える

通話

 

謝罪・報連相は簡潔にスグ伝える意識を持っておく必要もあります。

 

なぜならミス報告に対してメンタルがパニックになってしまい、色々な情報や発生原因の言い訳を伝えがちだからです。

 

 

そもそも気づいたらスグ、もしくは次の日に迅速に伝える必要があります。

 

そして伝える時は「事実のみ」を伝えるように意識して、対策を教わった場合も余計なことはせずに指示通りに動きましょう。

 

ダブルチェックの癖付けで再発防止

確認 チェック

 

ダブルチェックの癖付けで再発防止するのも、ミスをなくすためにオススメです。

 

とくにミスが多い人は「確認したつもりだった」「急いでいた」という言い訳が多いです。

 

そのため提出・納品前にダブルチェック用シートを作って使用するなど、別視点でチェックできる仕組みを作るのがオススメです。

 

 

とくに「忙しいからダブルチェックなんてムリ」と感じているのなら、考え方を変えたほうが良いです。

 

なぜならミスして余計なロスを生む「余計な忙しさと精神的ストレス」の方が面倒だと、肝に命じた方が良いからです。

 

叱責され続けるなら転職も視野に入れる

転職エージェント

 

最後に叱責され続けるなら転職も視野に入れるのがオススメです。

 

逃げることができない状況で、ずっと怒られることほど嫌なことは無いですからね!

 

 

しかもそもそも会社というのは、各々特徴が全然違ったりします。

 

同じ職種でも会社によって全く違いますし、自分の個性に合う環境に移ると仕事自体が楽しくなることもあるからです。

 

 

そのため「大失敗してもそれを糧に変えていける」と今の仕事で思えないのであれば、それはその仕事が嫌いな証とも言えます。

 

だからこそ「自分の好き嫌いや適性・不適正」を明確にして、転職エージェントに相談するのも大変オススメです。

 

 

実際僕もWEBクリエイターに転職して、毎日働くストレスが激減したタイプです。

 

しかも確信を持って言えるのが、若いうちに色んな業界・職種にチャレンジしてみるのもアリだと思います。

 

その中で「この業界・職種は合ってるな」「毎日ワクワクしながら働ける」というものを見出すのがオススメです!

 

仕事でミスばかり!大失敗を隠す辛い自己嫌悪リスク対処法まとめ

 

以上が仕事でミスばかり!大失敗を隠す辛い自己嫌悪リスク対処法のご紹介でした。

 

ぜひ素敵な天職人生を見つけて楽しんで下さいね。

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

★年商3億円社長★から教わった人生好転ワーク13個を一部無料公開中★

引き寄せワーク

 

最後に、僕自身が「末端アルバイト社員→上場企業のビジネスマンから独立」まで導いてもらった年商3億円社長の教えをご紹介します。

 

「人生を変えるにはどうすれば?」「不満・不安のない人生を創りたい!」と心の中で叫んでいた僕を変え導いてくれたワークや体験談をまとめました。

 

「人生このままじゃイヤだ!」「もっと変化・成長したい」と思うのであれば、以下のリンクから読んでみてくださいね♪