仕事 クビにしてほしい

 

諒さん諒さん

「事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

「会社をクビにしてほしい!」「失業保険手当の貰い方や、転職して再就職する方法を知りたい!」

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も会社をクビにしてほしいと思って無断欠勤した経験などがあるので、あなたの今の悩みが痛いほど分かります…。

 

 

だからこそ、そんな今のあなたと同じ時期を経験した僕が「会社をクビにしてほしい場合の対処法」を具体的に紹介しています♪

 

転職変化

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

仕事をクビにしてほしいを叶える方法

 

では次に、仕事をクビにしてほしいを叶える方法についてご紹介していきます。

 

無断欠勤や遅刻しまくる

残業

 

無断欠勤や遅刻しまくることで、クビになる可能性が生まれます。

 

実際僕も「結婚式場のカメラマン」に転職した時に、無断欠勤してクビになった経験があります。

 

とはいえ「無断欠勤→社長に呼び出し→土下座して謝る→クビ確定」という苦い記憶になったので、あまりオススメしたくない退職方法と言えます。

 

上司に反抗し続ける

上司

 

上司に反抗し続けることで、クビになる可能性が生まれます。

 

とはいえこの場合は大抵「上司との面談」が繰り返されて、性根を叩き直される時間が増えるだけだったという印象です。

 

実際僕もこのパターンをやったことがあるのですが、結局「一回精神科の病院に行ってきて」という話になったのです。

 

 

その後紆余曲折あり「自主退職」という形になりましたが、非常に不愉快な終わり方になったので、正直あまりおすすめできませんね…。

 

勤務継続に問題があると見せる

定時前に帰る

 

仕事能力の欠如やうつ病などの精神的なモチベーション低下など、勤務継続に問題があると見せることでクビになる可能性が生まれます。

 

この場合は非正規雇用なら契約更新無しで終われる可能性が高いですが、正社員なら休職などを勧められる可能性があります。

 

そのため雇用形態によって使い分けるのがベターです。

 

原則正社員はクビになりにくい

適職

 

補足ですが、原則正社員はクビになりにくいということを覚えておきましょう。

 

なぜなら「原則として正社員は会社が雇用し続ける覚悟をしている」ものなので、入社している時点で簡単にはクビにしないからです。

 

実際僕の周りにも「精神を病んで休職」など、クビ以外の選択肢を提供された人がいますから。

 

 

そのため会社が倒産したり整理解雇でもしない限りは、自主退職する方が手っ取り早いと覚えておきましょう。

 

非正規も営業相談の方が早い

非正規 末路

 

また派遣社員や契約社員など、非正規も営業相談の方が早いです。

 

担当営業が「派遣先で継続して働く意欲があるか?」を定期的に聞いてくるのが一般的なので、その時に「これ以上の継続は望みません」と答えれば良いのです。

 

しかも非正規雇用は会社都合扱いになってスグ失業保険をもらえるメリットもあるので、どうしてもイヤなのに無理して継続するより、担当派遣営業に相談した方が良いと思いますよ♪

 

仕事をクビにしてほしい時の転職テク

計画年休

 

では次に、仕事をクビにしてほしい時の転職テクについてご紹介していきます。

 

今の仕事と転職活動を同時進行

転職

 

お金がない状態でも安心して転職するためには、今の仕事と転職活動を同時進行するのが一番安全です。

 

やはり生活費はある程度必要なので、以下のような行動基準がオススメです。

 

転職基準

BEST=転職先が決まった状態で辞める

BETTER=ある程度転職選考が進んだ状態で辞める

最低限=転職したい方向性がある程度決まった状態で辞める

 

もしくはある程度の貯金があれば、それを軸に「余裕がある間はリラックスする」のもアリです。

 

 

ちなみに僕自身も、勢いで会社を辞めて飛び出した経験があるので分かりますが「逃げ道がない状態での生活は非常に不安」なので、できれば避けたほうが良いですよ♪

 

ボーナス受給後に辞める

ボーナス

 

ある程度お金に余裕を持った状態で辞めたいのであれば、ボーナス受給後に辞めるのがオススメです。

 

そもそもボーナスは会社の売り上げによっても左右されますが、勤務態度や成果など「個人の人事評価」で額が変わったりもします。

 

そのため「辞める仕事・会社への忠誠心」はどのみち下がる一方ですし、今後お付き合いのなくなる組織なので「罪悪感なく貰えるものはもらっておく」のがベターです。

 

 

※ただし辞めるからといって「イヤがらせ」など、双方に不快感の残るような行動はせずに「立つ鳥後を濁さず」の気持ちで、最後の日を迎えましょうね♪

 

失業保険受給対象後に辞める

役所

 

失業保険受給対象後に辞めるのもオススメです。

 

一般的に失業保険受給対象は、以下の通り。

 

失業保険受給対象

一般の離職者=離職の日以前2年間に雇用保険の被保険者期間が通算12カ月以上

特定理由離職者=離職の日以前1年間に被保険者期間が通算6カ月以上

特定理由離職者

有期労働契約の更新を希望したが認められず離職した方

出産や育児により離職し受給期間の延長措置を受けた方

父・母の扶養や介護など家庭事情の急変により離職した方

配偶者や扶養親族と別居生活を続けることが困難になり離職した方

特定の理由で通勤が困難になり離職した方

企業の人員整理などで希望退職者の募集に応じて離職した方

 

このような区分けになるわけですが、要するに「正社員=一般の離職者」「派遣・契約社員などで契約更新がある=特定理由離職者」といったイメージです。

 

ちなみに失業保険は「一般の離職者=申請して約2ヶ月+7日後」「特定理由離職者=申請して7日後」という違いがあります。

 

※7日間とは失業状態などをチェックする審査期間であり、その期間は転職活動なども一切やってはいけない

 

 

そのため「正社員はボーナスをもらって辞める」「派遣や契約社員はスグに手続きして失業保険を貰う」という切り分けがオススメです。

 

失業保険受給の注意点

ミス 失敗

 

なお参考として、失業保険受給の注意点についても押さえておきましょう。

 

まず失業保険は「雇用保険」を支払っている期間が一定期間以上ないとNGなので、給与明細に「雇用保険」というお金がキチンと引かれていたかチェックしましょう。

 

※「雇用保険」を支払っていないブラック企業だったり、自分のイメージより支払っていた期間が短くて、受給対象になれないというトラブルもあり得るため

 

 

ちなみに失業保険は「額面給与の約6割程度」しかもらえず、それほど余裕があるわけではないので、ある程度金策に走ったほうが良いかもしれませんね。

 

※しかも失業保険受給を申請してからは、メルカリで物を売ったりしてお金を工面するのはOKですが、アルバイトなどの“労働”は日雇いでもNGです。

 

まとめ

 

以上が仕事をクビにしてほしい人必見!安全に転職・退職する為の参考書のご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

自分の適職・天職を知るメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

自分の適職・天職を知らないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

 

※そして以下のリンク先では、転職サイトに登録「だけ」でもしておくべきメリットを紹介しているので、合わせて参考にしてください♪

 

 

※また、以下のリンク先では、どうしても会社に行きたくない時の休む正当な理由を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

自分だけの適職・天職の見つけ方

向いてる仕事
振り返り



今の仕事が本当に合っているのか?

本当はもっとラクに楽しく働ける場所があるかもしれない…

自分では分からないけど、仕事に使える強みってあるのかな?

頑張って働いてるけど、ずっとこのままは苦しいから、いつかは転職したい…



そんな悩みをお持ちの方向けに、以下のリンク先にて「自分の強みを知り、適性のある仕事の見つけ方」をご紹介します。