仕事 辛い 異動したい

 

諒さん諒さん

「事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

「仕事は辛いだけ…辛いことしかない…もう異動したい!」「この時期の乗り越え方が分からず、頭が回らない…」「朝は吐き気や頭痛、動悸が激しいし、行きたくない、休みたい、行きたくない、笑えない、毎日泣く、助けてって言えない…」

 

「人間関係をどうすれば」「辞められないし休みたい、負の連鎖に入って、仕事がなぜか終わらないしできない、怒られるのももう限界…」

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も自分の適性が全然合っていない仕事をしていた時や、上司と何度もトラブルになっていた時に、あなたと同じ辛さを味わった経験があるので、気持ちが痛いほど分かります…。

 

 

だからこそ、そんな今のあなたと同じ時期を経験した僕が「仕事が辛い時に異動したい気持ちを叶えるテク」を具体的に紹介しています♪

 

転職変化

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

仕事が辛いから異動したい時の対処法

心理学

 

では次に、仕事が辛いから異動したい時の対処法についてご紹介していきます。

 

行動しない限り現実は変わらない

PDCA

 

まず一番大切なことは、行動しない限り現実は変わらないという心構えです。

 

つまり以下のような「自分が悪い」という考え方に囚われすぎるのは、非常に危険ということです。

 

危険な考え方

ガマンしていればそのうち良くなる…

どうせ自分なんて価値がないから、願いなんて叶わない…

具体的な行動を起こしても、誰も助けてくれない…

 

このようなネガティブ思考に囚われて、具体的な行動を起こさないでいると、あなたの自尊心(セルフラブ)はドンドン減っていきます。

 

 

そのため「今の辛く苦しい現状を変えるために、少なくとも“自分は行動を起こす”という覚悟を決める」ことが必要です。

 

「決断」することで、確実に行動と現実は変わっていきますから♪

 

心理学者・ウィリアムジェームスの言葉

心が変われば行動が変わる。

行動が変われば習慣が変わる。

習慣が変われば人格が変わる。

人格が変われば運命が変わる。

まずは同期や同僚・先輩に相談する

友達 シェア

 

仕事が辛いから異動する覚悟を決める上で、まずは同期や同僚・先輩に相談するのがおすすめです。

 

なぜなら同じ境遇で働いている戦友なので、何らかの改善策やアドバイスを持っていたり、気持ちを吐露しあってストレス発散できるからです。

 

実際「自分だけが辛いんだ…」とネガティブになっていても、同僚からもらったアドバイスがきっかけで働き方を変えることができ、異動しなくても済んだケースはけっこうあったりします。

 

 

そのため、気の許せる存在を飲みに誘うなど、異動したい願望実現以外の方法を探るのもアリですよ♪

 

有給取得でリフレッシュする

休むのも仕事

 

有給取得でリフレッシュするのもおすすめです。

 

なぜなら人は「幸福な状態では、悲観的な物事を忘れやすい」からです。

 

そもそも通常の休みでは「TVやYouTubeをぼーっと見て1日が終わる」「家事をしてただけで出勤日になる」など、あまり休めていないケースも多いです。

 

 

そのため「有給を取って、しっかりリフレッシュする機会」を設けることで、仕事が辛いというネガティブな感情から脱出するチャンスにできるのです。

 

そしてリフレッシュ方法は「小旅行」「一日中寝る」など、やり方はいくらでもありますが、個人的におすすめなのは「温泉に行くorスーパー銭湯に行く」というプランです。

 

なぜなら「温泉や入浴ほどリラックス効果の高いもの」は中々ないので、半日お湯に使ったりマッサージや岩盤浴を行うだけでも、かなりリフレッシュできるからです。

 

 

他にも「異動した先はどこが良いか?」「場合によっては転職も考えるために、転職サイトに登録して情報収集を行う」など、リラックス効果によって「今までと違う視点を持てるようになるメリット」もありますよ♪

 

趣味や楽しめるものを作る

趣味

 

趣味や楽しめるものを作るのもおすすめです。

 

なぜなら「●●のために仕事を頑張れる」という対象を持つことで、メリハリをつけて仕事に向き合えるようになる可能性があるからです。

 

「彼女ができてから毎日が楽しくなった」「子供が生まれて仕事に責任感が生まれた」という対人的な目的意識もありますが、それができない場合は趣味などでも十分OKです♪

 

 

そして何か学生時代にハマったものもあるでしょうから「釣りにもう一度チャレンジしてみる」「サバゲーを始めてみる」など、過去を振り返ってみるのもおすすめです♪

 

信頼できるなら上司に相談

上司

 

そしてこれらの対策を行なっても異動したい気持ちが湧き上がるのであれば信頼できるなら上司に相談するのがオススメです。

 

やはりあなたの会社における決定権を一番近くで持っているのは上司なので、OKと言ってくれれば、人事に相談してくれる可能性が高いからです。

 

そのため業務時間内ではなく、プライベートや仕事から離れて飲みに行くなど「終業時間外」で相談するのがオススメです。

 

 

※なお、仕事中は上司も「仕事モード」に入っており、「余裕を持ってあなたの相談を聞ききれない」可能性があるので注意です。

 

僕が別の課長に救われた話

 

ちなみにあなたの「覚悟」の参考になるように、僕が別の課長に救われた話についてもご紹介しておきます。

 

それは準官公庁系の某大手通信企業で営業マンをしていた新人時代の話です(新人といっても27歳頃の話なので、年齢は新人ではなかったです)

 

そもそもその会社は「早稲田・上智・慶應などの一流大学卒業生が、終身雇用でじっくり学んで働く環境」だったので、既卒で入った僕には修羅場でした。

 

覚える必要があったジャンル

新しく生まれてきたクラウドサービス(Office365/AWS)などの知識

インターネット固定回線(光回線/ADSLなど)の知識

モバイル回線(格安SIM/料金プラン)の知識 など

 

そのように膨大な知識が必要だったのです。

 

 

しかし周りは「通信の知識を知っていて、しかも業務が出来て当たり前」という態度で迫ってきました。

 

とはいっても僕は既卒の新人だったので、毎日深夜まで仕事や勉強をしても能力が間に合っていませんでした。

 

そして一生懸命勉強していたけれど、結局数ヶ月後に「言ってることが分からない」という顔をしてしまった時、女上司から強い避難とお叱りを受けたのです!

 

怒られた時の発言

あなたにとって何が分からないか?それがもう私には分からないわ!!

 

これを言われた時は流石に僕もイラッとして「こっちも一生懸命にやっとるんじゃ!」と思い、思わずトイレに駆け込み壁を飛び蹴りしてました。

 

※穴を開けてしまったので、そっと逃げました(翌日シールが貼ってあり直っていたので、良くあることなんだなと不思議と安心しました)

 

 

そもそも今振り返れば、僕にとってこの仕事は「苦手な数式・公式を用いた知識を覚える」という一番「自分に合っていない仕事環境」でした。

 

※数学は200点中0点を取るほど、僕は公式や理屈が苦手

 

さらに万年目標未達という「無能女課長」の下という最悪の状況で働いていたので、ミスが多かった上にメンタルも非常にやられたのです。

 

 

そんな僕の状況を直属のリーダーに相談した結果、別の課長が僕を引っ張ってくださることになりました。

 

そしてその後は「頼れる男の先輩の配下」に回してくれて、丁寧に仕事を教わることができ、安定して仕事できるようになりました。

 

このように「行動すれば願望が叶う」と分かれば、あなたも少しは気持ちが楽になるのではないでしょうか?

 

上司NGなら信頼できる人に相談

人事

 

上司NGなら信頼できる人に相談するのがオススメです。

 

先程の僕にとっての「無能な女上司」に一切相談したくなかったように、今のあなたの上司が「絶対に相談したくないような相手」というケースもあるでしょう。

 

そのため「ある程度キャリアを積んでいる、信頼できる先輩」に相談したり、可能なら「顔見知りの人事担当者」に相談するのがベターです。

 

 

なぜなら「第三者を介する事で願望が叶う事もある」からです。

 

さらに人事担当者であれば、配属を決める決済責任者に近いと言えますから、相談する価値はあるわけです。

 

ただし「泣き言を言う」だけでは、「まぁ頑張れ…」と言われるのがオチです。

 

そのためネガティブな話だけではなく、「●●の課or職種の方が、僕を会社で活かせると思うんです」といった「ポジティブな配属移動理由」も合わせて伝えるのがベターです。

 

異動願いを依頼する時の注意点

NO

 

では次に、異動願いを依頼する時の注意点についてご紹介していきます。

 

異動先の情報も仕入れておく

オフィス 職場

 

まず何よりも大切なことは、異動先の情報も仕入れておくことです。

 

そもそも「どこでも良いから今のチーム(課)or職種(営業/事務)から異動したい」とだけ伝えても、説得力がないからです。

 

異動願いとは、ある意味で「会社内で就職活動する」ようなイメージですから「どこでも良いから入れて下さい」ではブラック職場に入ってしまう危険性大です。

 

 

ある程度会社が大きければ、業務範囲や仕事の仕方に差があるので「すごく快適に働ける環境や仕事orすごく苦痛を感じる仕事」の差も大きいです。

 

そのためあなたが「快適に働けるであろうチームや職種」を明確にした上で、それに見合う場所を探しておくのがベターです。

 

「異動願い理由」を考えておく

 

異動先のチームや職種を見つける上で大切なのが「異動願い理由」を考えておくことです。

 

なぜなら「明確な目的が願望成就を引き寄せる」からです。

 

 

そのため、ある程度「自分は●●のチームで働きたい」「自分は●●の職種に異動したい」に続く「なぜなら…」が必要です。

 

もっと言うと「あなたは何が向いていて何が向いていないのか?」「どんな生活なら苦痛が少ないか?」を明確にするという意味です。

 

適職・天職の例

診断

 

そして具体的な「異動願い理由」を明確にするために、適職・天職の例についても補足しておきます。

 

例えば僕は「センター試験で文系テストの得点は8割」を取った一方で「数学のテストは200点中0点」を取ったほど理系的思考が苦手です。

 

そのため「数式や手順書を最重要視する通信の営業マン」は死ぬほど苦しかったですが「文章を通して人の心を動かす転職ライター」はラクでした。

 

※ちなみに「ラク」というのは、手を抜いていたというわけではなく、それほど苦痛なく仕事に取り組めたという意味です。

 

 

このように、誰しも「得意・不得意」があるので「得意を活かせる仕事」に就ければ、自分がムリなく働き続けられる天職にすることができます

 

得意を生かす例

将棋や囲碁、戦略ゲームが得意=経営企画やマーケティング

快適な人間関係構築が得意=ルート営業や販売・サービス業

自分の意見を通すのが得意=新規開拓営業や顧客折衝型エンジニア

コツコツ継続するのが得意=総務やモノづくり系職種

育成ゲームやRPGゲームが得意=人事や採用担当

 

このように「自分の得意・不得意」が分かっていれば、自分がムリなく働き続けられる人生にシフトできるわけです。

 

そして「自分の適職」を理解していたり、転職願望が強くなる前から転職サイトに登録しておくことは、いざ本当に転職したい時が来ても、焦らず安全に行動に移せるメリットもあります

 

そのため以下のリンク先にて、僕自身が実際に体験した「適職・適正診断」を紹介しているので、ぜひ参考にしてください♪

 

仕事が辛いから異動したい時のリスク

NO

 

では次に、仕事が辛いから異動したい時のリスクについてご紹介してきます。

 

異動後に白い目で見られる可能性

高卒 頭 悪い

 

組織がそれほど大きくない会社で働いているのであれば、異動後に白い目で見られる可能性は覚悟しておきましょう。

 

なぜなら前の職場の風評が異動先に伝わったり、異動理由に関して良くない評判を立てられてしまう可能性もあるからです。

 

しかしそれでも「今のチームよりは良くなる確信がある」のであれば、異動して白い目で見られる数ヶ月を耐え凌げばOKです♪

 

昇進や昇格に響く可能性

成長

 

昇進や昇格に響く可能性も考えておかなければなりません。

 

そもそも異動願いが「明らかに今の職場より難易度が高い異動先を選んでいる」という印象を持ってもらえれば、何の心配はありません。

 

しかし「仕事が辛いから異動したいという動機」は、たいていネガティブに捉えられてしまうので、ある程度「人事評価に響く覚悟」が必要です。

 

 

とはいえ「辞めて逃げずに歯を食いしばった」という印象にもでき、その後の頑張りでいくらでも巻き返せますから、安心して異動願いをだせばOKですよ♪(経験者談)

 

仕事が辛いから異動したい時のNG行動

退職 2ヶ月前 非常識

 

では次に、仕事が辛いから異動したい時のNG行動についてご紹介していきます。

 

ずっと我慢する

ストレス 我慢

 

ずっと我慢するという選択肢はNGです。

 

なぜなら仕事に慣れていないから辛いなどのケースは、努力して習得すれば解決できますが、慢性的な人間関係問題や業務不適正によるストレスはずっと続くからです。

 

しかも人間の心身は意外と繊細なので「我慢してがまんしてガマンした結果」いずれ破裂するかもしれません!

 

 

そのためうつ病や重度の体調不良になってしまう可能性の高い「我慢継続」という選択肢は、早めに捨てておきましょう!

 

無断欠勤する

会社 休む理由 めまい

 

無断欠勤するという行為もNGです。

 

なぜなら経験者の立場から言うと、社内評価が一気に下がるだけでなく、最悪の場合自己都合退職でクビになるからです。

 

「寝坊した」「重度の高熱で倒れていて、連絡できなかった」など、後で取り繕う方法はありますが、それでも評価が下がることは避けられません。

 

 

そのため例えズル休みするとしても「必ず正当な手続き(休暇連絡を入れる)」で休みを取らなければ、後で手痛いしっぺ返しを食らってしまうので、注意が必要です。

 

無断退職する

退職

 

無断退職するのもNG行動です。

 

なぜなら退職するにしても「契約書類の手続き」などが発生するので、必ず会社に出勤するハメになりますし、かなりややこしいことになります。

 

変な話ですが、親に変わって退職手続きをしてもらったり、退職代行を利用して第三者に退職手続きを依頼しない限り、精神的にもかなりやられてしまうので注意が必要です。

 

 

そのため異動が叶わないから転職を希望する場合でも、きちんとした手順を踏まえて辞めることをおすすめします♪

 

仕事が辛いのに異動できない時対策

最終手段

 

では次に、仕事が辛いのに異動できない時対策についてご紹介していきます。

 

休職・精神科相談して休養+将来設計

睡眠

 

異動して働き方を変えられないのであれば、休職・精神科相談して休養+将来設計するのもアリです。

 

正社員であれば「数十年雇用関係を維持する責任」を会社が持っているので、最低限の給与保障or復職確約で休ませてくれるケースもあります。

 

 

じっさい車メーカーに勤めている僕の知り合いにも、このケースで復職した人がいます。

 

具体的にはメンタルがどうしても病んだ時に休職願いを出し、休んでいる間に海外を放浪して精神面を鍛え、その後復職を迎えたという荒療治でしたが…。

 

他にも精神科に相談することで「メンタル的な不調によって数週間〜数ヶ月休みをもらう」ケースもあるので、社内で事例がないか?可能性を探るのもアリです。

 

 

ただし「同じ部署に復職する場合、腫れ物扱いされて肩身の狭い思いをする」というケースもあるので、ある程度退職の覚悟も持っておいた方が良いでしょう。

 

退職代行に依頼

退職代行

 

ちなみに「上司が怖くて退職を切り出せない」「もう会社に行くのは死んでもイヤだ!」と思うのであれば、退職代行に依頼するのもアリです。

 

そもそも僕自身の転職経験から言わせてもらうと「ネガティブな退職理由の場合は、ある程度非難・叱責される覚悟」が必要ということです。

 

 

例えば僕の場合「東京に上京&転職する」「事務職から営業職にチャレンジする」時には、上司や仲間から「頑張って!」と応援されました。

 

※ただし「東京上京」に関しては、周りの友達からボコボコに否定・叱責されまくりましたが…。

 

しかし「この会社が合わない」「言葉では言わずともあなた(上司)がどうしても嫌い」という気持ちで退職を切り出した時は「社会ナメてんのか?」位は言われました。

 

 

そのためこれ以上自分が傷つくことを避けるためには、多少お金を使ってでも「自己防衛して気持ちよく退職する手段」を使った方が良いです。

 

そもそも僕自身何回も転職しましたが、正直に言って「過去に転職した会社や、そこに勤める人」に再び会ったことはありません。

 

そのため「退職代行なんか使って、仕返しされないだろうか…。」と心配することはありませんよ(よほど家と会社が近いとかでない限り)

 

次回の転職を有利に進めるコツ

診断

 

とは言え好き放題やってしまうと「次の転職時に自己PRがネガティブになる」可能性が高いです。

 

そのため以下のような、次回の転職を有利に進めるコツを掴んでおきましょう♪

 

退職代行利用〜その後の流れ

→次回転職時の面接・自己PRには「前の会社を辞めたネガティブな転職理由&ポジティブな転職理由」を軽く伝える

ネガティブ例→「人格否定を伴う人間関係が続いて心が病みつつあったので、先輩などに相談して手は尽くしましたが、改善できる兆しがなかったので、残念ながら退職代行を利用して退職しました」

ポジティブ例→「また、自分が生涯携わる適職を改めてしっかり吟味した上で、御社の●●の仕事がとても魅力的に感じ、応募させていただきました

その他→「今までの自分の経験の●●が、きっとお役に立てると思います」(貢献可能なスキルや経験があれば)

 

感覚としては「相手にポジティブな退職理由の方が強く印象に残る」ようにするのがベターです。

 

ジトっと「俺はスグ辞めるぜ…。」というオーラで履歴書を書いたり、面接で話してしまうと「コイツは我が社に入れたくないな…。」と思われてしまいますから。

 

そのため「なるべく後腐れなく退職して、新天地では新たな気持ちで爽やかに生きる」くらい明るく行くのがオススメです♪

 

まとめ

 

以上が仕事が辛いから異動したいあなたへ!異動経験者が語る安心の日々を得るコツのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

自分の適職・天職を知るメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

自分の適職・天職を知らないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

 

※そして以下のリンク先では、転職サイトに登録「だけ」でもしておくべきメリットを紹介しているので、合わせて参考にしてください♪

 

 

※また、以下のリンク先では、どうしても会社に行きたくない時の休む正当な理由を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

自分だけの適職・天職の見つけ方

向いてる仕事
振り返り



今の仕事が本当に合っているのか?

本当はもっとラクに楽しく働ける場所があるかもしれない…

自分では分からないけど、仕事に使える強みってあるのかな?

頑張って働いてるけど、ずっとこのままは苦しいから、いつかは転職したい…



そんな悩みをお持ちの方向けに、以下のリンク先にて「自分の強みを知り、適性のある仕事の見つけ方」をご紹介します。