仕事 限界を感じる

 

D

どうも!大島諒一(りょうさん)です♪この記事を見て下さり、ありがとうございます♪

今回は仕事に限界を感じる!理由や兆候・打破する為の対処法18選のご紹介です。

 

「仕事に限界を感じるけれど、その理由や兆候のサイン、打破する為の対処法を学びたい「場合によっては、転職すべきか悩んでいる…。」

 

あなたのために、10社を自ら経験し、転職サイトのライターとして1,000以上の求人記事を書いた僕の視点・体験談などをまとめました。

 

仕事に限界を感じる理由

疑問

 

D

ではまずはじめに、仕事に限界を感じる理由についてご紹介していきます。

忙し過ぎて心身が疲弊している

デメリット

 

忙し過ぎて心身が疲弊しているから、「もうムリ…。」と悲鳴をあげているケースが最も多いです。

 

「まだまだ頑張らなきゃ!」と思っていても、体がブレーキを踏むように限界を感じ始めているわけです。

 

 

実際僕も「1日平均12時間を週7(ほぼ毎日)」で仕事に向き合っていた時期があります。

 

そんな時は定期的に立ち上がれないほどの頭痛や体調不良で仕事を休み、1日中寝続けていました。

 

 

しかもこういった時期は「もっと成長したいのに限界を感じている」というジレンマに陥っていたわけです。

 

そのためあなたもこういった状態だとしたら、部署異動依頼したり転職して心身のバランスが取れる企業に行くのがオススメです。

 

 

元気な状態にいれるほど、公私共に充実してくることは間違い無いです。

 

だからこそ「そろそろ人生にゆとりを取り戻すべき時期」が来ており、心身が警鐘を鳴らしているのかもしれません。

 

ノルマやプレッシャーがキツすぎる

会話

 

ノルマやプレッシャーがキツすぎることが原因で、仕事に限界を感じるケースもあります。

 

これも同様に「とにかく頑張らねば」と気持ちが先走っていて、結果的に心がどんどん鉛のように重くなって来ているのです。

 

 

心の感覚というのはとても大切で「自分が好きなものに向き合えている」と夢中になって人生を楽しめます。

 

一方で「自分が嫌いと感じるもの」に向き合っていると、いずれ限界を感じる瞬間がくるのです。

 

そんな状況が続くとスピリチュアルな話で言えば、「病気」「突然会社が倒産」「クビ」になったりして、現実が突然シフトしたりするのです。

 

昇進・昇給の未来が見えない

レベルアップ

 

昇進・昇給の未来が見えないから、仕事というより会社に限界を感じるケースもあります。

 

例えば2019年に流行った話題で、「役職ありで勤続12年目なのに手取り14万て日本終わってますよね?」という投稿が炎上しました。

 

 

実際日本人の平均年収は「2019年で400万円越え」ですが20年で10%下がっていますし、今後もこの傾向が続くと言われています。

■日本の平均年収推移

平均年収

出典:(ManeBee)マネビー

つまり勤続年数を増やすだけではダメで、相対的には多くの企業に勤める会社員の年収が下がっているのです。

 

そのため自己成長・自己投資していくべき時代に入っているのに、今の会社でやりがいを見い出せていないから悪循環なわけです!

 

 

そんな状況打開策は2通りあり、転職して将来性のある企業でキャリアアップを目指すか、副業やフリーランス化で収入源を増やすかです。

 

会社の将来性や傾向

自己紹介

 

実際転職記事のライターとして1,000求人以上を扱ってきた上で、会社の将来性や傾向についいて感じてきたことがあります。

 

具体的には「安定・歴史を前面に出す企業ほど成長性が乏しく、低年収の傾向がある」と感じています。

 

 

もちろん誰もが知る大手企業や歴史ある企業であれば、将来高年収が見えたり手厚い福利厚生があったりします

 

※三菱重工に入社した知り合いは、全国に社員寮があり子供ができても安心と言っていました

 

 

しかしそういった企業はそもそも高学歴対象・新卒一括採用がほとんどです。

 

しかも古い会社特有の「縦割り体質/終身雇用/年功序列」によって無能な人間も役職に就いていたりします。

 

このように歴史がある一方で厄介な点も非常にあり、「苦痛と年収・福利厚生が等価」だったりします。

 

 

一方でベンチャー企業の方が高年収待遇を用意していたり、独自の福利厚生で働きやすかったりします。

 

もちろん変な所に入ってしまうと、超ブラック企業に当たってしまう危険性もあります。

 

しかしブラック企業徹底排除を謳っている若手特化転職エージェントを利用すれば、それも避けられますよ♪

 

人間関係が合っていない

チーム

 

人間関係が合っていないから、仕事に限界を感じるというケースもあります。

 

嘘みたいなクソ話をご紹介すると、ITシステムの効率化を拒否する企業の中にはある一定の拒絶理由があるそうです。

 

 

具体的には「自分と同じ苦しみを若い世代にも味合わせたい」というアホな理由で拒否する会社があると、SNSで話題になりました。

 

これと同様に「才能ある若手を育てない」「単純作業ばかりで成長の芽を摘み取る」というクソ企業も現実にあるわけです。

 

 

そのためもしこのパターンにハマっているなら、そんなクソ上司・クソ企業から一刻も離れた方が良いと思いますよ!

 

日本には400万者(法人は150万以上)以上の会社が存在しており、あなたが働きやすいと感じる企業や環境も必ずありますから♪

 

あなたの適職・天職ではない

好き 天職

 

あなたの適職・天職ではないから、仕事に限界を感じるケースもあります。

 

例えば僕は大きく事務職・営業職・WEBクリエイター職という3職種を経験してきました。

 

 

そして別職種転換時に共通していたのは「このままでも良いけど、どこか納得出来ないな」という感覚がありました。

 

あとは個人としてスキルや能力を向上させる領域が見えなくなったという面もありました。

 

 

そんな時に「自費で受けた研修の気付きで営業に転職」「カウンセリングでWEBクリエイターに転職」を選ぶきっかけを得たのです。

 

とくに国語や美術が昔から好きだった僕にとっては、クリエイターは夢中になってやり続けられる分野でした。

 

そのため記事執筆やデザインは好きなので「適職っていうのはこういうことか!」と徐々に確信していったくらいです。

 

 

そのため「仕事は生きるためにお金を貰うもの」と考えているなら、その生き方が限界にきているのかもしれません。

 

実際僕の昔の後輩は、WEBディレクターから未経験でWEBデザイナーにチャレンジして、ライフスタイルを豊かにしましたから♪

 

転職前に自分の得意・好きを明確にする

ジョブバイブル トップ画像

 

なお、あなたが転職を考えているなら転職前に自分の得意・好きを明確にする必要もあるので、その点も紹介しておきます。

 

なぜならあなた自身の個性に合った仕事を選べない限り、ずっと苦しい現実が続いてしまうからです。

 

 

そのためどのような職種や業界が最適なのか?が明確になるように、僕の自己分析を参考としてご紹介します。

 

■大島諒一の好き・得意な事

  • アウトドアよりインドア派=室内業務派
  • 読書が好き=WEBライターや出版系向き
  • 芸術やデザインが好き=デザイナー向き
  • 人と情報共有が好きなので話す系向き
  • 自由が好き=IT系やベンチャー向き

■大島諒一の嫌い・苦手な事

  • 肉体労働や体を動かすのは苦手
  • ずっと人と一緒にいる仕事は嫌い
  • 公式通りが苦手=エンジニアに向かない
  • 規則が嫌い=大企業や公務員に向かない

 

以上のように僕は対人関係系とクリエイター系の両方に強みがあると分かりました。

 

そして結果的に「好きで得意」なWEBクリエイターに転職し、文字通り天職にたどり着いたのです。

 

このように自分の個性を棚卸した方が、転職をスムーズに進めることができますよ♪

 

 

そして「強み・弱みを知る」「より良い転職先を見つける」には、転職エージェントの登録がオススメです!

 

実際僕も自分を見つめ直したのは、転職を意識し出して「自分は何が好きか?」をエージェントと話し合ったからです。

 

 

そのため今すぐ転職する気は無くても、とりあえず「自分への求人情報」が手に入るようにしておくのがオススメです!

 

そうすることで、将来の選択肢をもっと広げることができますから♪

 

■第二新卒向けオススメ転職エージェント

 

■一般向けオススメ転職エージェント

 

仕事に限界を感じる時のサイン

デメリット

 

D

では次に、仕事に限界を感じる時のサインについてご紹介していきます。

朝から憂鬱・イライラが治らない

朝 都会

 

朝から憂鬱・イライラが治らないなど、メンタル面に不調がでる時は仕事に限界を感じるサインです。

 

例えばステキな海外を旅行してきた時などの休み明けは憂鬱になっても仕方ないです。

 

しかし一方で「仕事が趣味と言い切る人」も世の中には沢山いますし、「好きを仕事に」している人も沢山います。

 

 

例えば僕は文章を書いたりデザインを考えたりするのが好きでWEBクリエイターをやっています。

 

一方で昔は「ウェディングフォトグラファーとして好きを仕事に」しようとして、スグに辞めてしまった経験もあります。

 

この二つの仕事の違いは明白で、「1日中それをやっていても良いと思えるか?」という点が違ったのです。

 

 

この点で分かりやすいのが、作家の村上龍さんが世に送り出した「13歳のハローワーク」です。

 

ここに「カメラマンを目指すべきかは、1日中カメラを首に下げて写真を撮り続けられるか?で決まる」と書かれていました。

 

 

そのため僕は「何日もカメラを持ち続けて写真を撮って練り歩く」という領域までは至っていなかったと気付いたのです。

 

しかし記事執筆やデザインの勉強は、1日中・週7日でもやり続けられるレベルにまでは到達しています。

 

このように適職や天職というのは「それをずっと続けることに対して心がどう感じるか?」が非常に重要です。

 

倦怠感や眠気が続く

睡眠

 

倦怠感や眠気が続くのも、仕事に限界を感じる時のサインです。

 

あなたも学生時代に、興味のない授業は妙な倦怠感を感じたり眠くなったりしたことがありますよね?

 

要するに現在のあなたも、仕事に対して同じような状況に陥っているので、倦怠感や眠気を感じているわけです。

 

 

しかし社会人生活ではそれが生涯続くわけですから、無視しているとどこかで苦痛に変わるわけです。

 

しかも終身雇用世代は「終身雇用=動かない・動けない」と考えていたので、「仕事=苦痛」なまま生きていたわけです。

 

 

しかし令和となった現代では「好きを仕事に」が当たり前になりつつあるので、その状況から抜け出すのがオススメだと思います!

 

そのため改めて自己分析するなど、自分に合った働き方を見つめ直してみると、現状の不満原因が出てくるかもしれませんよ♪

 

暴飲暴食・散財が増える

お金

 

暴飲暴食・散財が増えるのも、仕事に限界を感じる時のサインです。

 

要するに今現在に納得していないと、心がバランスを取ろうと暴飲暴食や散財で不満エネルギーを発散しているわけです。

 

 

振り返れば「デブった時期」「散財した時期」は、メンタルが病んでしまいそうな時期だったのではないでしょうか?

 

つまり今あなたがその行動を取り始めているなら、心の奥底にはストレスやフラストレーションが溜まっているわけなんです。

 

人生が苦痛に満ちてくる

耐える

 

仕事に限界を感じる最も危険なレベルは、人生が苦痛に満ちてくるという感覚です。

 

具体的には「俺ってなんで生きているんだろう?」といった心の声が聞こえ続けていたら要注意です。

 

それは「豊かな人生を生きるレールから外れている証拠」なので、その原因にしっかり向き合った方が良いです。

 

 

個人的には先ほどもお伝えしましたが、自己分析で自らの好き嫌い・得意不得意を棚卸しするのがオススメです。

 

それが自分一人の力では難しいのであれば、プロの転職エージェントに相談して整理するのもオススメです。

 

仕事に限界を感じる時のメンタル対処法

テク

 

D

では次に、仕事に限界を感じる時のメンタル対処法についてご紹介していきます。

美味しいものを食べる

美味しいもの

 

気持ちを切り替えるためには、美味しいものを食べるのがオススメです。

 

もちろんあなた自身が好きな食べ物を食べるのが一番ですが、そうでないなら「牛肉」がベターです。

 

なぜなら牛肉には「幸せホルモン」と呼ばれている「セロトニンを作るトリプトファン」が豊富だからです。

 

 

この「セロトニン」が減ると、人はイライラや疲労感が増えやすいと言われているので、定期的に「トリプトファン」を摂取した方が良いのです。

 

実際僕もこの事を知ってから、週に一回は「いきなりステーキ」「ステーキくに」などのハンバーグorステーキランチを食べるようにしました。

 

結果的にランチ後「幸せオーラムンムン状態」で仕事に取り組む事ができ、とても効果的だったのを覚えています。

 

 

他にも綺麗な女の子と会話しつつ肉やハンバーガーも食べられる、フーターズなども良く行っていました。

■フーターズ

フーターズ

出典:フーターズ

このような自分なりの「定期的に行きたくなる店」を持っておくと、足を運びやすかったりしますよ♪

 

温泉やスーパー銭湯に行く

温泉

 

温泉やスーパー銭湯に行くのもオススメです。

 

なぜなら「お風呂が好き・毎日入る人ほど幸福度が高い」という調査結果が出ているからです。

■「おふろ白書2017」〜おふろと幸福度〜

おふろ白書

出典:NORITZ

僕は昔「時間と水道代が勿体ない」という理由で、毎日シャワーで済ませている時期がありました。

 

 

しかしある時から「毎週日曜日はお風呂の王様で1週間の疲れを取る+エビスビールで自分を労う」という生活習慣を作りました。

■お風呂の王様

お風呂の王様

出典:お風呂の王様

結果的に1週間のメリハリも付くようになったり、幸福なエネルギーも増えてやり気が持つようになりました。

 

 

もちろんただのお風呂も良いですが、高濃度炭酸泉など「温泉の効能」を持ったお風呂に定期的に入る習慣を作ると、幸福度が上がりますよ♪

 

ノートにネガティブな気持ちを殴り書き

ノート

 

ノートにネガティブな気持ちを殴り書きするのも大変効果があります。

 

カラオケで叫んだり、段ボールを破るストレス解消法もありますが、紙に書くのは一番手軽にできるのでオススメです。

 

 

「あんなミスをした自分なんてもうキライだ!」とか、落ちるとこまで気持ちを落とすんです。

 

中途半端に後悔を引きずるより、「もう悩むのやめよう」と切り替えるタイミングを早めて、ミスを忘れることができるからです。

 

この方法はイライラする人がいる場合にも気持ちを吐き出せるので、習得しておくのがオススメですよ♪

 

リラックスする音楽を聴く

プライベート

 

リラックスする音楽を聴く習慣を取り入れるのもオススメです。

 

大好きなアーティストを聴くのもアリですが、Youtubeに上がっているリラックス音楽を聴く、瞑想を取り入れるのもオススメです。

 

 

実際僕も昼の休憩時間には、瞑想CDを10分ほど聴いて心身を落ち着ける習慣を取り入れていました。

 

その結果として、仕事前や仕事中もネガティブな気持ちに囚われないようできましたから♪

 

 

このようにネガティブな気持ちに歯止めが効かないのであれば、音楽の力を借りるのもオススメです!

 

また心のデトックスとして有名なハワイの秘術「オポノポノ」を聴き続けるのもオススメなので、以下に合わせて紹介しておきますね♪

 

■「(1時間バージョン)聞くだけ浄化☆オポノポノ☆」(1時間)

 

仕事に限界を感じる時の対処法

テク

 

D

では次に、仕事に限界を感じる時の対処法についてご紹介していきます。

できる人から今以上の仕事を学ぶ

好き 天職

 

できる人から今以上の仕事を学ぶことで、仕事に限界を感じる現状を打破することができます。

 

例えばTV・スマホゲームでもレベルがずっと上がらずに、同じステージばかりやっていたら飽きますよね?

 

それと同じ状況に陥っていなら、あなた以上にレベルの高い人から「仕事のコツやノウハウ」を学べば良いのです。

 

 

実際「責任ある仕事」を任されるようになって、仕事がドンドン面白くなるケースは良くあります。

 

さらに上司や先輩から習得すれば、仕事を代わりに対応できるようになり、結果的に昇進や昇給が早くなったりするメリットもあります。

 

上司や先輩に相談する

仕事 上司

 

仕事に限界を感じる状況に陥っているのであれば、そのことを率直に上司や先輩に相談するのもアリです。

 

とくに有能な上司や先輩ほどあなたの現在状況を分かってくれたり、その状況を打破する秘訣を教えてくれるものです。

 

その教えを基に仕事をバージョンアップすることで、今までとは違った楽しみややりがいを見出せたりしますよ♪

 

 

しかし一方で無能な上司や先輩ほど「そんなことを言っているお前は甘い!」と、不愉快発言をしてきます。

 

そういう場合はあなたの才能をつみ取るクズな環境なので、転職して生き方を再構築するのがベターです。

 

適職・天職へ転職する

好き 天職

 

仕事に限界を感じる最強の突破法は、適職・天職へ転職することです。

 

実際僕も「この職種で生きてはいけるけど、苦痛も感じ続けるな…」と感じた時に、営業やWEBクリエイターに転職したのです。

 

人によって好き嫌いが全く異なるように、同じ仕事を「ずっと楽しみ続ける人」と「ずっと苦しみ続ける人」がいるものです。

 

 

そのため自己分析をしたり、転職エージェントの担当者に相談しつつ明確にしていかなければ、答えは見つかりません。

 

しかしやる気に満ちている今だからこそ、「自分は生涯何を続けていきたいか?」を見定めるチャンスだと思います!

 

30代以降に「人生は辛く苦しいもの」という腐った大人にならないように、自分の幸せにとことん向き合うのがベストですよ♪

 

仕事に限界を感じるまとめ

 

以上が仕事に限界を感じる!理由や兆候・打破する為の対処法18選のご紹介でした。

 

ぜひ素敵な天職人生を見つけて楽しんで下さいね。

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪