仕事 つまらない 暇

 

D

どうも!大島諒一(りょうちゃん)です♪この記事を見て下さり、ありがとうございます♪

今回は仕事がつまらないし暇!辛い原因や時間の有効活用テク17選のご紹介です。

 

新入社員

「仕事がつまらないし暇だけど、罪悪感の原因や時間を有効活用するテクを知りたい」「場合によっては、転職すべきか悩んでいる…。」

あなたのために、10社を自ら経験し、転職サイトのライターとして1,000以上の求人記事を書いた僕の視点・体験談などをまとめました。

 

仕事がつまらない+暇が辛い原因

デメリット

 

D

ではまずはじめに、仕事がつまらない+暇が辛い原因についてご紹介していきます。

暇に罪悪感を感じている

 

暇に罪悪感を感じているのが、辛い原因になっているケースがあります。

 

日本の社会人は「忙しいことが美徳」と思っている節があるので、暇なことはいけないこと、無能の証と思ってしまう人も多いと感じています。

 

もちろん人によっては魚でいうマグロのように、日夜動き回っていないと気持ち悪いと感じる人がいるのも事実です。

 

 

しかし僕のように、中には本当はまったりベースの時間を作ったり、何もしないでボーッと暇を楽しむ時間が好きな人もいるわけです。

 

にも関わらず、そういった人に限って「自分も忙しくしなくては!あぁ忙しい忙しい!」と、周りの目を気にして忙しくできている状態が当たり前と感じていたりするのです。

 

そんな時に暇な時間ばかりが来てしまうと、「良いのかなぁ。暇なのは嫌いじゃないけど、なんかいけないことしてる気がする…。」と、罪悪感に囚われてしまっているわけです。

 

 

けれど暇なのは仕方がないですし、あなたが実は暇な時間も嫌いじゃないのであれば、その時間自体を楽しむというのも一つの手ですよ♪(暇なのにお金もらえるわけですから)

 

時間を無駄にしている気がする

 

時間を無駄にしている気がするから、仕事がつまらないし暇なことをネガティブに感じているケースもあります。

 

この感覚はとても大事で、自分の身になること・自分のためになることが本当はあるのにそれができていないと、心の奥底で感じているのだと僕は思います。

 

実際僕自身も、OA事務の仕事をしていた時は「この仕事は将来あまり自分の役に立たない気がする」と感じながら働いていたので、暇な時はとくにそのことを強く感じましたから。

 

 

本当は当時の僕と同じように、あなたもまた「自分がやりたい仕事や業種・職種」があるのに、そこがとりあえず安全だからと、ダラダラと続けてしまってはいませんか?

 

もし今「本当は●●をやりたい!」という明確なものがなくても、自己分析を改めてやってみたり、転職エージェントに相談することで、明確になってくるものはきっとあるはずです♪

 

もっと楽しい仕事がないか悩む

 

もっと楽しい仕事がないか悩むという直接的な悩みになっているケースもあります。

 

結論から言えば、あなたが楽しいと感じる仕事はきっとあると思っています。

 

なぜなら走ったりボールを使ったりといったスポーツが好きで得意な人、本を読んだり文章や絵を描いたりといったデザインや文学が好きで得意な人など、人によって何らかの「好きで得意なこと」があるからです。

 

 

しかしそんな「好きで楽しいと感じる個性」に合っていない仕事を続けていると、「お金は苦しんだ結果としてもらえるもの」と思い込んで、全然楽しくない仕事を引き寄せていたりするからです。

 

きっと今の仕事より楽しい仕事が本当はあると薄々感じているのなら、そろそろその気持ちに向き合って、一歩踏み出す時が来ているのだと思いますよ♪

 

仕事がつまらない+暇な時の対処法

仕事 暇なとき スキルアップ テク

 

D

では次に、仕事がつまらない+暇な時の対処法についてご紹介していきます。

周りの仕事を請け負う

 

周りの仕事を請け負うことで、社内スキルアップと信頼獲得を一石二鳥でできます。

 

暇だから何もしないというスタンスを取るのではなく、積極的に成長できる機会を自分で作っていった方が、後々何もしなかった人より大きくスキルアップしていくことができるからです。

 

 

自分の仕事を手伝ってくれると言ってくれる人に対して、気分を悪くする人はあまりいません。

 

そのため、自分のスキルアップと周りへの貢献を一石二鳥で果たすことで、社内の評価も上げる事ができますよ♪

 

スキルアップを図る

 

スキルアップを図るのもベターです。

 

現代では、どの会社も右肩上がりで成長していった高度経済成長時代のような、自然に年収アップしたり、役職に就いてステージアップできるという、上昇気流に乗っていける会社は多くありません。

 

そのため、自ら能動的に動いていきながら、より良いワークライフを実現する人と、動かずに沈んでいく人の二極化がどんどん進行していきます。

 

 

だからこそ、例えば事務系の仕事であれば、専門資格を取ってより上位の仕事に移ったり、責任者を任せてもらえるような会社に転職するなど、率先してレベルアップを図っていく必要があるのです。

 

副業について考える

 

終身雇用がほぼ崩壊している現代だからこそ、暇な時間を使って副業について考えるのもオススメです。

 

そもそも副業が禁止なのは基本的に公務員だけであり、会社法で「業務に支障が出るため禁止」といった努力目標レベルの企業がほとんどです。

 

さらに近年では大手のみずほフィナンシャルグループ副業解禁を発表したなど、自分で稼ぐことがどんどん容認されていっています。

 

 

副業は有名なところではスキルを販売する「ココナラ」や写真素材を用意して収入を得る「ストックフォト」、他にもアフィリエイトや FX、ウーバーイーツやYou tuberなど稼ぎ方はどんどん多様化しています。

 

その中でもあなたの職種と関連した副業を、会社の不利益にならない形で始めたり、趣味を仕事に絡めてみたりすることで、数千円〜数万円アップを目指すことができますし、場合によっては数十万円〜数百万円入ってきて、起業にこぎつけられる可能性もありますよ♪

 

転職して年収や働きやすさをUP

 

転職して年収や働きやすさをUPするのが、最もスキルアップした先の到達点としてオススメです。

 

努力をして自分を磨いている人は、より良い環境に移っていける資格があります。

 

そのため、今の仕事が暇なときを利用して徐々にスキルアップしていったり、自己分析をして適正な仕事に就くようにする事で、より働きやすい未来をゲットできますよ♪

 

 

実際僕自身も営業の仕事をしていた時に、「営業はできるけど、ライフワークにするのはちょっとなぁ」と思っていたあたりから、ブログを書き始めてみたり、SEOなどのWEBに関する知識を学び始めました。

 

もちろん勤務中にブログを書いたというのではなく、帰ってからHPを作ってみたり、ブックカフェでコーヒーを飲みながら学んでいたという流れではあります。

 

そのため、あなた自身も今の仕事をさらにスキルアップしていったり、別の職種に移るチャンスを目指して、心のワクワクに従って行動することをオススメします♪

 

暇な時間にできることチェク

仕事 暇なとき スキルアップ 疑問

 

D

では次に、暇な時間にできることチェクについてご紹介していきます。

何ができるかによって、暇な時間を自分のために有効活用できる幅が変わってきますからね♪

ノートに書くまでならOK

 

ノートに書くまでならOKという職場が、一番多いと思います。

 

とはいえ、暇なときにノートに何か書けるという状態でも、十分将来のためのスキルアップはいっぱいできるので、その時間を有効活用するのがベターです。

 

 

人間時間がある時に何をしているかで、その後の人生が大きく変わってきます。

 

とくに僕たちと違って理系大学出身者は、大学時代に4年間みっちり専門の勉強をして社会に出てきていることが多いので、スタート時点で文系男子より年収が高かったりするわけです。

 

さらに医学部の人間とかであれば、幼少期から勉強に時間を費やしてスキルアップしてきているわけなので、年収が1000万円以上超えるのが当たり前なのも頷けます。

 

 

だからこそ、暇だからといって何もしないでいれば、年収アップや福利厚生の充実した会社への転職を目指せないどころか、無能な社会人というレッテルを貼られかねないので注意が必要です!

 

PCで検索してるまでならOK

 

PCで検索してるまでならOKなら、ネットサーフィンしながら今の仕事をスキルアップするためのノウハウや、転職サイトをのぞいてみるなど、やれることがかなり増えます。

 

ただし社用PCというのは、閲覧履歴などを情報システム部が見抜くこともできるので、あまり変なものを見ていると、ブラックリスト社員として挙げられてしまう危険性もあります。

 

 

実際僕が転職ライターとして勤めていた会社では、それほど縛ることなく締め切り内であれば何も言われなかったので、時間が余った時は心理学のHPを見たり、WEBライティングのHPを見て、記事のより良い書き方を勉強していたりしました。

 

一方で、NTTコミュニケーションズの営業として勤務していた時は、転職サイトに入ろうとするだけでフィルターがかかるなど、かなり規制の厳しい環境下だったので、PCで何か業務系以外のHPを見るというのはほぼムリでした。

 

以上の点から、あなたの会社でPCで何か閲覧していて問題がなくても、閲覧履歴は調べられる可能性があるので、会社の業務関連のものを見ていたという言い訳ができる状態を維持すのがベターです。

 

仕事がつまらない+暇な時間を有効活用

仕事 暇なとき スキルアップ

 

D

では次に、仕事がつまらない+暇な時間を有効活用についてご紹介していきます。

社内資料を読む・見てスキルアップ

 

一番やりやすいのが、社内資料を読む・見てスキルアップする方法です。

 

社内資料を見ているのは完全に怪しくないので、「これに目を通して色々吸収しています」という体裁を取ることができるからです。

 

 

職場にもよりますが、働き方に関する本や資料、まとめられたPDFなどはあったりするものです。

 

そういったものに目を通していると、意外に他の職場でも使えるような面白いテクニックや考え方が書かれていたりするので、転職したとしても役立ったりします。

 

繁忙期向けに業務効率改善+経験値UP

 

今は暇なときだけど、普段はそうでもないのなら、繁忙期向けに業務効率改善+経験値UPするのもアリです。

 

意外に普段はなかなか気づいていないような業務効率改善点などは、時間がある時にじっくり考えてみると、けっこう出てくるものです。

 

「机の荷物の配置にムダなところはないか?」「PCの動きがあまり良くないし、過去のデータを削除して保存容量とか軽くしておくか」といったこともできます。

 

 

ほかにも共通で使えるようなパワーポイントのアイコンを作っておいて、作業効率アップを図ってみたり、エクセルなどで費用計算用のシートを作って、ムダを減らすといったこともできます。

 

またオススメなのが、スキルアップではありませんが、掃除・断捨離も時間がある時にやっておくのがオススメです。

 

仕事机周りが汚いと、個人差はあっても誰でも気分が下がるものなので、暇なうちに綺麗にしておくことで、繁忙期の作業効率を落とさなくて済みますよ♪

 

スキルアップに役立つHPを見る

 

スキルアップに役立つHPを見るのもオススメです。

 

自分の今就いている仕事に関する資格の情報などであれば正当性もありますし、心理学系の話なども意外と応用が利きます。

 

営業であればお客さんの気持ちを知る為ということが言えますし、事務系の仕事でもサポートする観点で人の気持ちや考え方を学んでいるというスタンスをとれます。

 

 

例えば僕の場合は、転職記事のライターをやっていた時は、転職に関するノウハウや転職者インタビューなどの記事を見漁っていました。

 

このように自分の仕事や職種に関連したHPを見ることで、結果的に新しい仕事の仕方や考え方を学ぶことができたりするので、とてもオススメですよ♪

 

自己分析を行ってみる

 

ノートを書くことできるなら、自己分析を行ってみるのもオススメです。

 

社会に出てから改めて自分の強みや弱み、好き嫌いを棚卸する機会というのは、自分で作らないと一生来ないので、仕事が暇な時にやってみるのが大変オススメです。

 

しかも自己分析してノートに書き出すというのは、改めて自分の適性を見つめ直すことができ、「あ、自分で自分のことをこう思ってたんだ」と再理解できます。

 

 

さらに自己分析することで、今働いている職種・職場が本当に自分に合っているか?も見つめ直すことができ、より良い転職先を見つけるきっかけにできたりするので、時間がある時にやるのがオススメです。

 

実際僕自身も仕事が暇なときに、ノートに自分の自己分析を書いて再理解していましたから♪

 

人というのは経験した出来事によって、数ヶ月〜数年経っただけでも考え方が変わったりするので、就職活動の時などに見出した自己分析とは違う結果がでる可能性も高いです。

 

転職前に自分の得意・好きを明確にする

仕事 暇なとき スキルアップ 自己紹介

 

そして参考までに、転職するにあたっては、転職前に自分の得意・好きを明確にする必要もあるので、その点も紹介しておきます。

 

なぜなら人によっては天職と感じる仕事でも、別の人にとっては苦痛と感じることもあるわけなので、要するにあなた自身の個性に合った仕事を選べない限り、ずっとそれが続いてしまうからです。

 

そのため、あなたにとってどのような職種や業界が最適なのか?をイメージしやすいように、僕の自己分析を参考にご紹介します。

 

■大島諒一の好き・得意な事

  • アウトドアよりインドア派なので室内業務に向く
  • 読書が好きで一日中読んでいても飽きないのでWEBライターや出版系向き
  • 芸術やデザインを学んだり勉強したり見るのが好きなのでデザイナー向き
  • 人と話したり情報共有するのが好きなので営業向き
  • 自由が好きで開放的な社風や環境が好きなのでIT系やベンチャー向き

■大島諒一の嫌い・苦手な事

  • 肉体労働や体を動かすのは苦手
  • ずっと人と一緒にいることや体育会系のノリは嫌い
  • 教科書通りや数学や科学などの公式を用いる系は苦手なのでエンジニアに向かない
  • 規律や規則に沿うのが嫌いなので大企業や公務員に向かない

 

以上のように、僕は人と話すのが好きな一方で、1日PCの前に座っていても苦痛ではないので、営業のような対人関係系と、制作などのクリエイター系の両方に強みがあるという両面があると分かりました。

 

しかし結果的に、ある程度はできる営業ではなく、好きで得意という面を持つWEBクリエイターに転職し、文字通り天職にたどり着いたなという確信を今では持っています。

 

このように、自分がどういった個性を持っているかを棚卸した方が、その後転職をスムーズに進めることができますよ♪

 

自分の将来像を明確にする

 

自己分析の派生ではありますが、自分の将来像を明確にするのもオススメです。

 

「海外旅行に行ける回数を年1回、今までよりプラスしたいから、年収30万以上はアップしたい」「将来を考えて投資セミナーとかにも参加したいから、残業は少なめの会社が良い」など、理想を書き出すうちに、より良い働き方を考える機会になるからです。

 

とくに働き方や自分の理想的な生き方と、今の会社での働き方にズレがあることも分かったりするので、やってみる価値はあります。

 

今の職種のレベルアップを考える

 

今の職種のレベルアップを考えるのもオススメです。

 

年収アップに有利な資格を取得したり、より業務効率をアップするためにエクセル講座などに通うなど、あなたの職種に沿ったレベルアップ法がきっとあるはずです。

 

暇なときを何もしないで過ごすというのは勿体無いので、こういったコツコツとレベルアップを図っていくことで、着実に年収アップや働きやすさアップにつなげていくことができますよ♪

 

別の職種へのキャリアチェンジを考える

 

個人的には、今の職種に対して将来性を感じていなかったり、ワクワクを感じていないのであれば、別の職種へのキャリアチェンジを考えるのもオススメです。

 

僕自身も「事務職・営業職・WEBクリエイター職」を経験してきましたが、チャレンジした分より自分の適性に合った、楽で楽しく働ける職種に近づいたという確信があります。

 

もちろん全くの未経験で飛び込んだわけでなく、独学で勉強していたりしてはいました。

 

 

しかし転職することで、前職種であったようなストレスが無くなったりもしたので、自分が本当はやってみたいと思っている職種にチャレンジするのはアリだと思っています。

 

とくにあなたがまだ若いのであれば、第二新卒エージェントであれば、未経験でも働ける求人を出している企業がある可能性も高いですから、登録して相談してみるのもオススメです。

 

仕事がつまらないし暇な時の対処法まとめ

 

以上が仕事がつまらないし暇!辛い原因や時間の有効活用テク17選のご紹介でした。

 

ぜひ素敵な天職人生を見つけて楽しんで下さいね。

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

20代特化転職エージェントに無料登録

転職エージェント

なお最後に、転職を考える上でオススメの転職エージェントについてご紹介していきます。

いざ本当に転職に踏み切ると思った時に、転職サイトやエージェントに登録して動き出していては遅いです!

退職を宣言してから実際に退職するのに最低1ヶ月はかかるので、それから動き出せば大丈夫と思っている人も多いです。


しかし転職先希望先で面接を行うと、一次面接のみの会社でも最低1ヶ月以上は必要ですし、おおよそ2〜3ヶ月は事前に動いていないと、無職・無収入期間が生まれるからです!

僕自身何度も転職経験があるからこそ強くお伝えしますが、手持ちのお金が減っていくという不安を抱えながら転職先を探すのはモノ凄い恐怖感があり、冷静に面接に挑めないのです!

さらに僕自身もハローワークに行って失業保険を受け取った経験があるので分かっていますが、自己都合退職(自分で辞めると宣言した場合)はお金をもらえるのが3ヶ月後です。


一方ですぐに失業保険がもらえる会社都合退職は、会社が自らの非を認める場合に限るので、ほとんど期待薄と言って良いでしょう。

■会社都合退職の例
  • 倒産などのトラブルで解雇せざるをえなかった状況
  • 倒産ではなくとも,賃金未払いや退職奨励を強いられた
  • 医師による認定があるレベルの精神疾患
  • 派遣や契約社員など更新性の契約で,契約更新されなかった(自己宣言による例外はアリ)

そのため、転職というキーワードが頭にチラついているのであれば、まずは転職エージェントに相談して、自分がどんな分野に向いているか?転職するならどの業界か?を明確にするのがオススメです。


そしてその状況を救ってくれるのが、当サイトでオススメしている、「第二新卒エージェントneo」です!


第二新卒エージェントneo

「第二新卒エージェントneo」では、無料登録後にカウンセリングを受けることで、自分の適性が明確になるほか、様々な情報を提供してもらえるようになります。


なお、第二新卒エージェントneoの主な登録・利用メリットは以下の通り。

■第二新卒エージェントneoの主な登録・利用メリット
  • スタッフは全員第二新卒経験者なので,20代の若手転職に理解があって安心♪
  • 平均10時間の手厚いサポートで,面接対策や求人紹介を受けられる(初回は最大2時間)
  • 自己PRの仕方や履歴書の書き方も教われるので,転職の流れやコツがつかめる
  • ブラック企業を徹底排除!高離職率の会社や若手育成環境がない会社は紹介していない!
  • 取引企業は実際に訪問した会社のみで約1万社!さらに就職成功者1万5千人以上!未経験職種募集も5000件以上あり,ハローワークなどより安心
  • 入社前研修もあり,入社後も担当から定期的なフォローアリ


このように、転職への一歩を踏み出すあなたに適切なサポートを揃えているのも大きな魅力です♪

仕事を変えようか悩んでいる段階で踏み出しておいた方が、トラブルも少なくスムーズに転職できるので、ぜひ登録し相談してみてください!

↓第二新卒エージェントneoで楽しい会社探し