転職 3ヶ月 辞めた

 

諒

「事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

相談男性1

転職3ヶ月で辞めた体験談は?転職経験者が語る残留・退職の判断基準や対策を読みたい!」

相談女性1

退職理由は自分の本当の気持ちを言わない方が良い?辞める時に上司に伝える必要言い訳や、同僚などに引き留められない円満な話し方、ポジティブな伝え方やタイミングを知りたい!

相談男性2

職場社員の人間関係トラブル問題・仕事の悩みからの体調不良・家族の病気・家業を継ぐ・などと回りくどいことを言わず、一身上の都合にしておいた方が良い?おすすめは?

相談女性2

会社の転職経験がないけど「転職サイト登録」「転職エージェントサービス」を使って、口コミ人気企業の正社員求人を探す場合の利用活動テクを知りたい♪

相談男性3

スムーズな退社が可能な業界労働時間の少ない仕事に職種転換して、副業生活開始or資格取得して給料(年収/お金)の高い仕事に就きたいけど、キャリアチェンジのメリット・デメリットを知りたい。

相談女性3

面接&面談結果を良くするために、ネガティブな不満の正直な申し出方や、前向きに挑戦したい気持ちの答え方を教えてください♪

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も中途入社から3ヶ月以内で辞めたことがあり、退職経験を練り上げた経験があるので、あなたの今の悩みが痛いほど分かります…。

 

 

だからこそ、そんな今のあなたと同じ時期を経験した僕が「転職3ヶ月で辞めた体験談解説及び、残留・退職の判断基準や対策」を具体的に紹介しています♪

 

目次 8

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

目次

転職後3ヶ月で転職して辞めた体験談

目次

 

諒

ではまずはじめに、転職後3ヶ月で転職して辞めた体験談についてご紹介していきます。

 

※転職後3ヶ月以内に辞めた経験をお伝えしていきます。

 

入社1週間でカメラマン退職

目次 1

 

新卒で入社した車の営業マンを辞めた後に転職先が決まったのですが、その後も転職失敗して入社1週間でカメラマン退職しました。

 

具体的には、趣味のカメラ経験を活かして「結婚式場のカメラマンベンチャー会社」に採用されたのですが、毎日徹夜続きという職場環境にビビって無断欠勤したのです。

 

 

そして案の定、携帯に何回も電話が来て呼び出しがあり、渋々出勤しました。

 

そこで、社長から直接色々罵詈雑言を浴びせられましたが、負い目は完全に僕の方にあったので、土下座して謝りましたが、帰って数時間後に上司から「クビです」と連絡を受けて失職しました。

 

入社2ヶ月で新規開拓営業退職

目次 2

 

入社2ヶ月で新規開拓営業退職もあります。

 

具体的には失業後、お金に困った為「入社がスグ決まると派遣エージェントに勧められて入った新規開拓営業の仕事」に就いたことがあるのですが、入社前に聞いていた話と全然違ったので、2ヶ月で辞めました。

 

聞いた話と実態が全然違ったケース

入社前の事前情報=既にNTT系列で固定通信回線をご利用いただいている企業向けのwi-fiルーター提案営業(既存顧客向けの新商品案内)

入社後の実態=渋谷の飲食店を食べログからリストアップしたリストで、ひたすらローラー作戦(金の●、漫画喫茶マンボ●など、明らかにwi-fi設置点などもお構いなしに強制飛び込み)

 

この職場は「東京オリンピックに向けて、海外旅行者も安心して使えるwi-fiルーターを取り敢えず売り込んでみる」という実験営業部隊だったので、実態が固まっておらずムチャクチャだったのです。

 

そのためあまりのブラック企業振りにストレスがピークに達したので「親の紹介で入社が決まった正社員営業職ができたので、地元名古屋に帰ります」と伝えたのです。

 

派遣担当営業マンも「あまり職場環境が良くない」と分かっていたようで「分かりました。では契約期間を短くしますね」と快く引き受けてくれたのです。

 

 

正直辞めてしまえば二度と会うことは無くなったので、ぶっちゃけ嘘でも辞めることができました。

 

とはいえ「安易な転職は非常に危険」「スグに働けるという企業や組織はブラックの可能性大」と痛感しました。

 

そのため「ある程度ジックリ転職先を考える」「自分の適職・天職を明確にした上で転職活動を行う」「企業分析も行う」必要があると言えるでしょう。

 

転職後3ヶ月で転職して辞めた原因

目次

 

諒

では次に、転職後3ヶ月で転職して辞めた原因についてご紹介していきます。

 

不適職で情熱が湧かない

目次 1

 

不適職で情熱が湧かないと気づいたケースは多いです。

 

例えば、僕の場合「数学的素養が重要視される通信系IT企業のセールスエンジニア」として活躍していた時期がありますが、その時は毎日が地獄でした。

 

なぜなら「高校の数学テストで200点中0点をとるほど理系が苦手」なのに、その才能が必要な仕事に就いていたからです。

 

 

しかしその後紆余曲折あり、文系的才能を活かせるWEBライターに転職してから、仕事もするするとレベルアップできたのです。

 

そのため、今あなたが就いている働き方が問題だと感じるのであれば、転職サイトに登録して情報を集めたり、自己分析し直したほうが良いでしょう♪

 

人生の1/3を投資する仕事が、苦痛で不得意な分野というのは、一種の悲劇ですからね…。

 

年功序列で古臭い会社

目次 2

 

メンタルが病みやすい例として、年功序列で古臭い会社というケースもあります。

 

なぜなら「自分たちが終身雇用・年功序列で生き残るのに必死な会社」なので、必然的に若手に多くの苦労を押し付けているからです。

 

そういう会社勤務経験から言えば「君も頑張って働けば、年収が上がって僕たちのようになれる(と思うよ?責任は取れないけど)」という無責任な態度で、上司や先輩が迫ってきます。

 

 

しかし、現代ではそのような会社は倒産危機を迎えており、大手企業をはじめとして、年功序列を廃止したり、副業解禁して自主的に稼ぐことを奨励し始めています。

 

そのため「歴史の古い会社なら安心と親や周りに言われて入社したのに、若手としてこき使われる一方で、将来が安泰という保証もない絶望的な状況で働いている」という可哀想な状況の人も多いです。

 

社員還元が少ないブラック企業

目次 3

 

社員還元が少ないブラック企業にいるため、メンタルが辛いケースもあります。

 

例えば、社外の人間として聞けば笑い話ですが、社員だったらブチギレているような、以下のようなブラック企業実例があります。

 

ブラック企業実例

給料が永遠に安い会社が事業で大コケして社員の2割が辞めた後に「キャッシュで20億あるから安心してくれ」と社長が残りの社員に伝えた結果、さらに3割辞めた

 

このように「内部留保(会社の貯金)ばかり膨らませているブラック企業」があるのも事実です。

 

そのため、今いる会社で勤め続ける気力が出ないのであれば、第二新卒枠などで転職用情報収集を行なったほうが良いですよ♪

 

※頑張っても還元されない・報われないことほど、ムカつくことはないですからね…。

 

ブラック状況脱出例

目次 4

 

ちなみに参考として、ブラック状況脱出例もご紹介しておきます。

 

例えば僕の場合「10年先輩が小遣い月3,000円(昼食代込み)」という自虐話を聞いた時に、余裕のない未来に絶望して退職した経験があります。

 

 

他にも僕の周りで、勤務後あまりに「会社にいる自分の将来性が絶望的」と思い、転職した例があります。

 

ブラック企業・環境から脱出した例

家族経営の会社で、社長の一存で社員の給料が決まり、自分は有能という自覚があるのに月給20万円以下な一方で、愛人兼秘書は月給60万貰ってた

転職で年収1.5倍(お菓子メーカー勤務で特許を何個も持っていたので、それを評価されて給料UP)

 

某大手IT企業の営業マンになったが、土日出勤が当たり前=月残業平均100時間越えで毎日フラフラ

→大企業なので、一定勤続経験を積んだ後に配置転換・異動願いを提出→承認されて埼玉の支店勤務へ

 

このように、現状に甘んじることなく、転職したり異動願いを受理してもらうことによって、ドン底を脱出したケースもありますよ♪

 

転職後3ヶ月で転職!辞めたい時対策

目次

 

諒

では次に、転職後3ヶ月で転職!辞めたい時対策についてご紹介していきます。

 

休みをとってリフレッシュ

目次 1

 

休みをとってリフレッシュするのはおすすめです。

 

ただし、現実逃避しても「現状は良くならない」ので、現実を少しでも良くする努力をするのがベターです。

 

なぜなら僕も有給休暇を取って、1日ひたすら車で海沿いを走るという「現実逃避」をしたことがありますが、結局は「ただ苦しみを1日伸ばしただけ」でしたから…。

 

 

そのため「今より1mmでも苦痛を取り除く」ためには、ほんのちょっとの勇気と現実を変える努力が必要です。

 

そして、具体的な改善策が無いのであれば、以下のリンク先にて「僕が実践した、仕事に行きたくない毎日を変えるテク」を紹介しているので、ぜひ参考にして下さいね♪

 

運動習慣やスポーツを始める

目次 2

 

運動習慣やスポーツを始めるのもおすすめです。

 

なぜなら「体を動かしたり、体を鍛えることでメンタルを快適状態にしやすくなる」からです。

 

実際、僕も「週2〜3回、毎回1時間程度の筋トレ」を始めてから、メンタルが落ちる傾向がかなり減りました♪(笑)

 

 

そもそも、学生時代の部活は「性欲をはじめとした、有り余るエネルギーを発散する」という側面もありますが、それ以外に「イライラやネガティブな感情を打ち消す」という側面もあるようです。

 

そのため「忙しいから運動している余裕がない」という後ろ向きな考え方を捨てて「運動して心身をリフレッシュする」という意識改革がおすすめですよ♪

 

※「健全な精神は健全な肉体に宿る」とも言いますからね♪

 

旅行に行ってリフレッシュする

目次 3

 

旅行に行ってリフレッシュするのもおすすめです。

 

とくに、独身の女の子に多い傾向ですが「長期連休時の旅行を目的に、日々の仕事を頑張っている」という人はかなりいます。

 

実際「サウナと水風呂のアメとムチ」のように「普段のストレスを旅行で発散してメンタルバランスを取る」のは理に叶っています。

 

 

そのため「●●のために仕事を頑張る」という理由の一つとして、旅行はおすすめの選択肢と言えますよ♪

 

映画やドラマから勇気をもらう

目次 4

 

映画やドラマから勇気をもらうのもおすすめです。

 

そして「完全に男の子大好き系リスト」ですが、個人的なおすすめを紹介しておきます。

 

個人的なおすすめ

■映画

蘇る金狼(昼間はしがない会社員だが、夜は凄腕の殺し屋という主人公が会社を乗っ取る物語)

アベンジャーズ(アメリカのヒーローたちが集結して、悪の組織を崩壊に導くアクション映画)

■ドラマ

半沢直樹(数々のむかつく上司を撃退していき、会社を良くしていく主人公の物語)

不毛地帯(山崎豊子の描く戦後日本の商社を舞台に、社内のむかつく状況を撃退しながら昇進していく)

下町ロケット(弱小下町工場が、大手企業の横暴で会社を潰されそうになりながらも成長していく物語)

■アニメ

進撃の巨人(蹂躙してくる“謎の巨人”を小柄で弱小な人間が倒しながら、世界の真実を暴いていくアニメ)

キングダム(貧乏な孤児でありながら剣の腕を磨き続けた主人公が、後の秦の始皇帝と共に中華統一を果たす大将軍になっていく物語)

■特撮

仮面ライダー(悪の組織から平和を守る、ヒーローの物語)

戦隊シリーズ(仮面ライダーは一人or二人で戦うが、戦隊モノは団結して悪を倒すヒーローの物語)

ウルトラマン(主人公が大きくなって、大きな怪獣を倒すヒーローの物語)

 

癒し系の作品でももちろん良いですが、理不尽でやってられないような状況を乗り越える上で、このような突破劇を見るのはアリですよ♪

 

転職後3ヶ月で転職!辞めた時の危険例

目次

 

諒

では次に、転職後3ヶ月で転職!辞めた時の危険例についてご紹介していきます。

 

スグ辞める危険な印象を与える

目次 1

 

スグ辞める危険な印象を与えるので、3ヶ月の短期離職は好まれません。

 

なぜなら入社させる以上、一定以上の貢献を会社側は期待しており、求人に少なくない費用を投資しているからです。

 

例えば、僕がいた会社でも「求人掲載に最低2週間20万円〜最高60万(オプションを含むと100万越えの場合アリ)」という費用がかかっていたからです。

 

 

さらに、求人情報は1社だけでなく複数依頼する場合もあるので、場合によっては応募者を募集するために数百万円使っている企業もあるわけです。

 

その結果採用を決めたのに、スグ辞められてしまっては「求人掲載に使ったお金をドブに捨てたようなもの」なので、そのリスクを求人元企業は回避したいのです。

 

他に誇れるスキルや実績がない

目次 2

 

他に誇れるスキルや実績がない場合も、3ヶ月の短期離職者は好まれません。

 

要するに「入社させて一から育てなければならない」ので、下手をすると新入社員より年齢を重ねている分「教育費用が余計かかる懸念」があるのです。

 

必然的に「中途であれば即戦力採用」というのが一般的な転職市場の暗黙のルールなので、誇れるスキルや経験がない場合は特殊な転職活動にならざるを得ません。

 

特殊な転職活動の例

学校卒業後3年以内なら第二新卒エージェントを使う

未経験OKなど一から成長できる企業に応募する

 

このような方法で入社しなければ、歴戦の経験者たちの中で未経験から成長していくのはかなり厳しいですよ♪!

 

前職と似た業種・職種で離職を懸念

目次 3

 

短期離職した前の会社と同じような場所へ再転職している場合ですが、前職と似た業種・職種で離職を懸念しているため、3ヶ月の短期離職が好まれないケースもあります。

 

なぜなら、同じような業種・職種に勤める場合は、同じようなトラブルが起こる可能性があり、同様の理由で早期離職される懸念があるのです。

 

そのため「この人は同じ理由で早期離職しそう」と思われる企業に応募した場合は、採用の確率が下がると思っておいた方が良いでしょう。

 

転職後3ヶ月で転職!辞めたい時用診断

目次

 

諒

では次に、転職後3ヶ月で転職!辞めたい時用診断についてご紹介していきます。

 

自己適性の高い職場で働く

目次 1

 

短期離職を防ぐ上で一番おすすめなのは、自己適性の高い職場で働くことです。

 

なぜなら「自分が好きor得意な領域が多い職場のほうが、長く安定して働ける」からです。

 

 

例えば、僕は「毎日テレアポ中心の新規開拓営業」「社内平均年齢が高く、自己裁量で働きにくい職場」は長く続きませんでした。

 

なぜなら「父親ほど歳の離れた人と一緒に働くのが苦痛」「ルールや規則で束縛されるのが苦痛」な人間だからです。

 

 

しかし「同年代や少し年下が多い自由裁量が広い職場」「転職をすすめるWEBライターとして、商材価値を実感している仕事」は、正直一生いても良いかも?とすら思ったほどです。

 

※起業が目標だったので、最終的には辞めましたが…。

 

このように「自分にとっての適性が高い仕事や職場」ほど長期で働ける感覚が強いので、一度自己分析して「安定して働ける環境や働き方」を見つめ直すのがおすすめです♪

 

心が喜ぶ得意な仕事で働く

目次 2

 

自分にあった職場や働き方を実現する上で一番大切なことは、心が喜ぶ得意な仕事で働くことであり「心が喜ぶorストレス・得意or苦手の明確化」が必要です。

 

これを行うことで「自分がストレスを感じる苦手なことを避け、心が喜ぶ得意なことを続けられる基準」が自分の中にできます。

 

そのため以下の図を見て、整理しながら明確化してみてくださいね♪

 

心が喜ぶorストレス・得意or苦手の明確化

リクナビネクストジャーナル

出典:リクナビネクストジャーナル

ストレス×苦手の明確化

目次 3

 

まず自分にとって嫌なことを避けるために、ストレス×苦手の明確化に取り組みましょう。

 

例えば僕にとってのストレス・苦手は以下の通りです。

 

ストレス

人に指示されるだけでオリジナリティのない単調作業

大組織・チームの中で自分の貢献や達成が良く分からない仕事や役割

苦手

数学的な素養を求められる計算作業

厳格なルールや公式を覚えて行う作業や指導

 

自分で書いていて恥ずかしいのですが、僕の職歴の中で「某準官公庁系のIT通信営業をやっていた時」が「苦手でストレスなこと」の全てに当てはまっていました。

 

具体的には、20代後半の時に「スマホや企業向け内線手配・提案営業」をやっていたのですが、営業提案書が設計図や計算図ばかりで、毎日が苦痛の極地だったのです。

 

 

そもそも、この時期は「仕事は辛く苦しいもの」という信念のピークを生きていたので、毎日12時間近く仕事をして、やっと周りと同程度or同程度以下という有様でしたから…。

 

そのため、あなたは何年も苦しい未来を引き寄せないように、この分野を明確にして避けましょうね♪

 

心が喜ぶ×得意の明確化

目次 4

 

心が喜ぶ×得意の明確化にも取り組むことで「自分が快適に生きていける柱」が見えてきます。

 

こちらも僕の例を出すと、心が喜ぶ・得意は以下の通りです。

 

心が喜ぶ

自分のオリジナリティを発揮できる事や仕事

自らが主体的に活動し、人から褒められたり感謝される、ベンチャーor起業家的(個人完結)な仕事

得意

頭の回転が早いので、人に有益な話や情報を話して伝えたり、記事に書いてシェアすること

自らの喜怒哀楽が激しいので、人の喜怒哀楽に焦点を当てた仕事やテーマ

英雄譚や神話、神様や仏様といった「人を無条件に愛する存在の偉大さ」を伝道すること

 

このような「偉大な人の話や、面白い体験・悔しかった過去の乗り越え方といった情報共有」が僕にとって「心が喜び得意とする専門分野」です。

 

そしてこれを活かせる仕事に転職してから、確実に運気が開けていったのです。

 

目的ある転職先を獲得する

目次 5

 

目的ある転職先を獲得するのもおすすめです。

 

例えば、僕は「新卒3ヶ月で自動車営業マンを辞めたトラウマ」を克服したいと思い、その後「27歳から3年間ほど営業畑で“一人前の営業マン”を達成する」という覚悟で再転職しました。

 

 

ぶっちゃけ営業経験3年を達成する間に3社転職したのですが、それでも「俺は一人前の営業マンを誇れるまでリベンジする」という覚悟があったので達成できました。

 

そのためこのように「●●したい!」という明確な目的があれば、覚悟を持って次の転職先で働くことができますよ♪

 

副業・起業の通過点にする

目次 6

 

僕の心の根底にあった信念ですが、副業・起業の通過点にするのもおすすめです。

 

なぜなら「自分で稼げる力を育めるほど、職場で抑圧される現実が減る」からです。

 

 

具体的には「会社以外に自分の力で1円でも稼げる成功体験を得れば、会社員でしか生きていけないという抑圧が減る感覚」になりますし「月5万を越えれば上司や会社に堂々と意見できる」感覚になります。

 

そのため、かつての僕のように「副業OKの会社」に転職準備を始めるのもおすすめです。

 

他にも、会社で能力を育むのは気がひけるのであれば「残業の少ない会社」に転職して、独学でブログやプログラミング、WEBデザインなど「自分で稼げる力を育む」のもおすすめですよ♪

 

転職後3ヶ月で転職!辞めたい報告手順

目次

 

諒

では次に、転職後3ヶ月で転職!辞めたい報告手順についてご紹介していきます。

 

直属の上司に退職意向を伝える

目次 1

 

直属の上司に退職意向を伝えるのが筋です。

 

当然あなたの監督責任者であり、チーム全体の仕事を指揮しているので、上司に退職の意向を伝えるのが一般的です。

 

具体的には「重要な話があると伝えてMTG時間を確保してもらう」など、ある程度まとまった問答時間を確保してもらうのがベターです。

 

 

※よほど嫌いな上司であれば「●月末日を持って辞めたいと思います」と伝えてから、上司の対応を見るのもありですが…。

 

ポジティブな言い方で伝える

目次 2

 

そして上司に退職意思を伝える上で一番大切なことは、ポジティブな言い方で伝えることです。

 

例えば、退職理由で良くある「お金」「勤務時間」「人間関係」に関する問題をポジティブに言い換えると、以下のようにできます。

 

ポジティブな言い方変換例

給料が少ないから辞める→もっとチャレンジして自分の可能性を試したい

残業や休日出勤が多くてストレスで辞める→オンオフを大切にしながら、長く安定して働ける場所に転職が決まった

人間関係トラブルで辞める→長く落ち着いて働ける地元に戻る

 

このような言い方をすれば「上司も反対したり叱責できない」ので、堂々と辞められますよ♪

 

引き継ぎの段取りもしておく

目次 3

 

引き継ぎの段取りもしておくのもおすすめです。

 

具体的には以下のような段取りが必要です。

 

引き継ぎの段取り例

引き継ぐ資料やデータを整理してまとめておく

取引先への連絡準備(メールなどを作成)

必要に応じて引き継ぎの人への指導

 

このようなことが必要となるので、事前に準備しておいたほうがスムーズに退職できますよ♪

 

迷惑をかけずに有休消化する段取り

目次 4

 

迷惑をかけずに有休消化する段取りも必要です。

 

どうせ次の会社に移ってしまうと、有給を引き継ぎすることはできないので、きっちり使っておいた方が良いです。

 

僕は大抵の場合「残りの有給を退職最終日前にまとめて使う」やり方でしたが、人によっては退職前の土日祝に追加して使いたい場合もあるでしょう。

 

 

そのような希望がある時は、上司やチームの状況を見ながら1ヶ月以上前に申告しておけば、上司もイヤとは言えないはずですよ♪

 

転職3ヶ月で転職!辞めた後の面接対策

目次

 

諒

では次に、転職3ヶ月で転職!辞めた後の面接対策についてご紹介していきます。

 

長期勤務経験を強調する

目次 1

 

短期で辞める印象を弱めるためにも、長期勤務経験を強調するのがおすすめです。

 

なぜなら「環境に適応できていれば、しっかり長期で働ける」という安心材料を転職先に提供できるからです。

 

※ただし「新卒3ヶ月以内で辞めた」など、長期勤務経験が全く無いのであれば、第二新卒枠などのデメリット払拭可能な応募方法を利用するのがベターです。

 

問題なのは「経歴詐称」

目次 2

 

問題なのは「経歴詐称」ということを覚えておいた方が良いです。

 

経歴詐称の例

営業経験が1年未満なのに勤務年数を水増しして、3年以上の勤務実績アリの求人に応募

必要なスキル・能力を持っていないのに、それを持っていると報告して応募

 

要するに「あなたが伝えた情報を信じて採用したのに、採用基準に満たない」など、損害を与える経歴詐称は問題です。

 

もちろん「法律で裁かれたり、刑務所行き」ということはありませんが、詐称したことが問題となった上で経歴詐称がバレれば、退職宣告される可能性大です。

 

そのため「明らかに入社後バレるマズイ嘘や経歴詐称」は止めておいた方が、安心して働けますよ♪

 

大切なのは貢献できる経験値

目次 4

 

そして短期離職をネガティブに考えて転職失敗するのではなく、大切なのは貢献できる経験値だと、フォーカスする視点を変えましょう。

 

例えば、僕は先ほどお伝えした通り「新卒入社3ヶ月で自動車営業マンを辞めた」短期離職経験がありますが「大手通信系IT企業でトータル約3年の勤務実績」もあります。

 

そのため「営業に関しては一人前レベルの貢献ができる」という自負があるので、短期離職のネガティブな話はあまりしません。

 

 

そして「長期勤務ほど信頼度が増す根拠」として覚えておいて欲しいのが、「500時間・5,000時間・50,000時間の法則」という普遍の法則です。

 

500時間・5,000時間・50,000時間の法則

500時間=その道で「趣味」程度は名乗れるようになるレベル

5,000時間=その道で「1人前」と名乗れるレベル

50,000時間=その道で「一流」と名乗れるレベル

1日10時間・週5日(約20日/月)で働く場合

500時間=2.5ヶ月が必要(3ヶ月程度で、とりあえずその道の人に見えるレベル)

5,000時間=25ヶ月(約2年)が必要(入社3年目で一人前になるレベル)

50,000時間=250ヶ月(約20年)が必要(40半ば頃でベテランになるレベル)

 

このような「法則」があるので「前職で経験したスキル」が身についているか?の基準として、入社3年は説得力があります。

 

そのため「少なくとも何らかの分野で3年以上の経験がある」のであれば、他の短期離職をネガティブに考える必要はありません。

 

※ただし「短期離職経験しかない」のであれば「どこかの分野で3年以上のスキルや経験を積んで自信をつけた方が良い」という見方もあります。

 

まとめ

 

諒

以上が転職3ヶ月で辞めた体験談!転職経験者が語る残留・退職の判断基準や対策まとめのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

自分の適職・天職を知るメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

自分の適職・天職を知らないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

\【転職準備】会社を辞めたくなった時に備える関連記事はこちら!/

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

適職診断を行うメリット

向いてる仕事 適職診断
不適職で働く人の心の声


■今の仕事が辛く苦しい…もっと幸福で楽しい働き方を実現したい…。

残業ばかりで頑張って働いてるのに、人生が悪くなる一方…。

適職・天職が自分にあるのか?を知りたい!誰か助けて…。



なお最後に補足として、適職診断を行うメリットについてご紹介していきます。



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/

適職を見つける・働くメリット

目次 1

適職で働くメリットは以下の通り。



適職を見つける・働くメリット


■毎日のストレスをDOWNできる
自分が好きor得意なゾーン状態で働けるので、辛く苦しい感情が激減する

■自尊心UP=幸福度UPできる
自分が好きor得意なゾーンで働けるので、仕事が楽しくなり、周りからの評価や自尊心が上がる

■収入UPがしやすくなる
社内評価が上がって収入UPできたり、副業しやすい職種なら自分で稼ぐチャンスが増える





このようなメリットを得られるのです♪





実際僕も「WEBライター」に転職して、以下のような幸福度UPを経験しましたから♪



物書き/WEBライターに転職した後の変化


■お金6年リボ払い借金漬けから「借金0+月数万円貯金できる余裕」ができた

■趣味メンタル安定した結果「行きたかったお店」など、人生を楽しむ余裕が生まれた

■時間「定時帰り」「副業ブログ収入化」出来たので、幸福度&収入が増えた♪

■人間関係「憧れです♪」「あなたのお陰で成果が上がりました♪」感謝される機会が増えた♪





このように「我慢の事務職→努力の営業→夢中のWEBライター」と職種転換して、適職の素晴らしさを確信したのです♪



格言


我慢は努力に勝てず、努力は夢中に勝てない

僕の我慢・努力・夢中時代


我慢の毎日=教育系事務職時代は「裏方で無機質に働き続けた

努力の毎日=通信IT系営業マンに転職して「設計図や数値を扱う“不適職”でストレス

夢中の毎日=転職系WEBライターに転職して「喜怒哀楽を広めて顧客の自尊心を復興する“適職”で幸福



※人によっては、事務職や営業が適職の可能性もありますが、僕はこのようになりました





さらに僕だけでなく、適職で働けるようになった結果、人生の幸福度がUPした例は、僕の周りにも複数います♪



僕の知ってる適職転職者例


■美容部員から30歳でWEBデザイナーに独学転職
→会社員として働きつつ、お金が欲しい時に個人案件対応(時には1件10万円以上)

■文章スキルを磨こうと小説を書いていたら、出版社勧誘を受けて小説家デビュー
現在では数十万部を売った人気作家

■飲食業界で働く傍ら、お金を貯めた上で一念発起して独立
「好きなコーヒーをお客様に提供できる珈琲店」を開業して数年経つ経営者



もちろん「絶対起業!」と意気込む必要はありませんが「この仕事で一生、生きていける♪」という感覚があるだけで、かなり将来の安心度が増しますよ♪



ぜひ、以下のリンク先から「あなたにとって快適&幸福度が高い、好きor得意を活かせる適職」を見つけて、幸福度をレベルUPする参考にしてくださいね♪



\人生のストレス減&幸福度UPできる適職を知る診断はこちら/

【無料配布】残業減・収入UP引き寄せ教科書プレゼント&天職到達のコツ解説

引き寄せレポート日本景気の誇りの柱.800
適職で生きていない時の悩み


今の仕事を一生続けていける自信がない…。

今の仕事が嫌いで苦手な不適職だと感じている…。

もっと好きで得意な仕事で生きることは出来ないのかな?

適職に転職した人の話や体験談を読みたい♪



そんな悩みをお持ちの方向けに、以下のリンク先にて「ストレス浄化&適職発見や副業で稼ぐコツ」を紹介しているので、ぜひ参考にしてください♪



カウントダウンタイマー

\メルマガ特典&プロフィール/