転職サイト登録

 

諒さん諒さん

事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

「ずっと今の会社にいるつもりはないけど、転職サイトの登録は転職する覚悟が決まってから…。」「いつかは転職したいけど、今はまだこのままで良いな…。」

 

そう思っていても、とりあえず転職サイトに登録「だけ」しておくメリットは、実はとても大きいんです♪!

 

なぜなら「今の場所以外では生きていけないという思考」と「自分は別の場所でも生きていけるという思考」では、心の余裕・安定度が段違いだからです♪

 

転職変化

 

そのためあなたに、この記事を通して少しでもラクで安心で快適な人生を作るサポートをするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

転職サイト登録「だけ」でもするメリット

適職

 

では順次、転職サイト登録「だけ」でもするメリットについてご紹介していきます。

 

我慢が減る=逃げ道を確保できる

天職

 

我慢が減る=逃げ道を確保できるのが一番のメリットです。

 

逃げ道と聞くとネガティブに聞こえるかもしれませんが、自分の将来設計のルートが「今の会社にいないと絶対成立しない」という現実では、苦しくありませんか?

 

もちろんあなたが「終身雇用を保証されている公務員」や「他と比肩する会社がないほどの大手優良企業」にお勤めであれば、その人生設計でも行けるでしょう。

 

 

しかしそれでも、一つの会社・人生設計に固執し過ぎてしまうと「どんなパワハラもガマンしなければいけない…」「理不尽に耐えるしかない…」と自分を抑え込んでしまいます。

 

だからこそ「もし自分や会社に何かあっても大丈夫な逃げ道(保険)を漠然とでも持っておく」ことはとても重要です。

 

そんな状態を獲得できれば「時には会社や上司の理不尽にNOと言う」「自分を押し殺し過ぎなくて済む」メンタル状態にシフトしていくことができますよ♪

 

心の余裕=将来の視野が広がる

 

心の余裕=将来の視野が広がるというメリットもあります。

 

そもそもあなたが日々経験を積んでいる仕事のスキルは「今の会社でしか通用しないスキル」と「他の会社でも通用するスキル」があります。

 

そして「他の会社でも通用するスキル」がどのようなものかは、実際の求人票を見る機会がないと、なかなか実感が持てないものです。

 

 

じっさい僕自身が転職求人を作成した中には、以下のような極端な例が数多くありました。

 

極端な求人例

中国系新興ベンチャーで、年収が1.5倍〜2倍に上がったエンジニア

→中国人が主流の会社のため、中国語不要で国内企業と調整できる人材を募集していた。案件獲得後に日本語ができるスタッフ中心で対応

営業経験を生かして、同商材系を扱う企業の部長職にステップアップした営業マン

→仕事のコツや押さえておくべきツボは似ていたので、一般社員転職の予定が部長職待遇を逆提示された

年収・福利厚生のランクをそれほど下げず、残業時間を激減したWEBデザイナー

→自社サイト担当のため、外注対応のような激務にならず、ワークライフバランスを充実できた

 

このように自分が積み上げてきたスキルを軸として、より「ムリなくラクに生きられる環境」を手に入れた方が沢山います。

 

 

しかし転職市場においては、優良求人ほど「一定期間しか掲載されない水商売」の側面もあるのです。

 

そのため転職サイトに登録だけでもしておくことで「今の会社以外ではどんな将来設計が描けるか?」「優良転職求人案件はどんなもの?」をチェックできるので、将来の選択肢が広げられるのです!

 

見える化=自分の市場価値が分かる

確信

 

見える化=自分の市場価値が分かるというメリットもあります。

 

なぜなら転職サイトに登録することで、「あなたが欲しい人材にマッチした人」に該当すると、スカウトメールが届いたりするからです。

 

もちろんある程度詳細な職務経歴などは登録しておかなければなりませんが、スカウトメールを受け取ることで「自分のスキル・キャリアに合う企業」が分かります。

 

 

さらに中には「こんな優良企業が僕に連絡をくれるの?」「福利厚生が今の会社より、すごく良いんだけど…」と驚くスカウトが届くこともあります。

 

なぜなら転職サイト側としても、一人でも多くの「求人企業にマッチした人材からの応募」を確保したい思惑があるからです。

 

そのため一つでも多くの「今あなたが勤めている企業と差別化できるであろう、求人掲載企業への転職メリット(残業少なめ/高年収/低離職率など)」を提示するからです(嘘は書きません)

 

 

もちろんあなた自身は「スカウトメールを読んでポイしてOK」ですが、目を通すだけでも自分の市場価値が分かりますから、もらって損はないわけです。

 

ひょっとしたら将来受け取るスカウトメールの中には、思わず転職したくなるような優良企業スカウトが来る可能性もあるわけですからね♪

 

自己適性が分かる=適職診断がある

リクナビネクスト

 

意外に侮れないのが、自己適性が分かる=適職診断があるというメリットです。

 

就職活動時には「自己分析・他己分析」で自分の長所短所を振り返ったと思いますが、社会に出てからそんな事をした経験はありますか?

 

それに社会に出てから多少なりとも荒波を乗り越えてきていると、学生時代より明確に「自分が苦痛と感じる働き方」「ラクと感じる働き方」が分かってきてると思います。

 

 

そんな自己分析をし直すチャンスを、転職サイト超大手のリクナビNEXTが「無料で」「スグに」「ネットで気軽に」受けられる「グッドポイント診断」として提供してくれています。

 

しかも「天職占いのようにタロットを1枚引いて診断」といったショボいものではなく「最長約45分&約300問解答で、全8,568通りから5つの強みを診断」してくれる有料級テストです。

 

僕の診断例

 

例えば僕の診断例では、「自立」「独創性」「高揚性」「自己信頼」「俊敏性」の5つの強みがあると分かりました。

 

僕の診断例

自立=意見の調和より自らが納得いく結論を求めるタイプ

独創性=オリジナリティ・自分らしさを大切にするタイプ

高揚性=変化や刺激を好むタイプ

自己信頼=自己信頼を軸に周りを引っ張るリーダータイプ

俊敏性=思い立ったら即行動タイプ

 

このような結論を得ましたが、とくに「通信系営業マン」をしていた時は、この強みと全く真逆の仕事人生を歩んでいたことに改めて驚きました。

 

なぜならその会社は、以下のような仕事環境でしたから…。

 

僕の強みに合わなかった仕事環境例

リーダーシップNG=平均年齢44歳で、周りは歳上ばかり

自立NG=厳密な規律と手順書があり、周りとの協調最優先

俊敏性NG=半年以上先の納期までじっくり計画を詰める

 

そのため当時は「仕事=苦痛を我慢してお金をもらうための糧」と割り切っていましたが、その後転職した転職サイトライターでは、この個性が一通り生きて、毎日が楽しくなりました

 

 

このように「メールアドレスの登録だけ」「無料で受けられる」わけですが、そのわりに贅沢すぎる診断結果を得ることができるので、ぜひ取り組んでみてくださいね♪

 

グッドポイント診断が無料でもキッチリしている理由

リクナビNEXT登録者数が増えることで、オファーなどを送れる数も増え、転職希望者の母数も増える→リクナビの価値向上

 

このようにリクナビNEXTが本気で作ったグッドポイント診断を受ければ、今後の人生の指針にできること間違いなしですよ♪!

 

まとめ

 

以上が心の余裕が段違い!転職サイト登録「だけ」でもしておくべき理由4選のご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

自分の適職・天職を知るメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

自分の適職・天職を知らないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

自分だけの適職・天職の見つけ方

向いてる仕事
振り返り



今の仕事が本当に合っているのか?

本当はもっとラクに楽しく働ける場所があるかもしれない…

自分では分からないけど、仕事に使える強みってあるのかな?

頑張って働いてるけど、ずっとこのままは苦しいから、いつかは転職したい…



そんな悩みをお持ちの方向けに、以下のリンク先にて「自分の強みを知り、適性のある仕事の見つけ方」をご紹介します。