転職 失敗 人生 終わり

 

諒さん諒さん

事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

「転職に失敗したらと思うと、怖いしつらい!戻りたいと判断した時点で人生終わり?」「転職に失敗ばかりで辞めるor再転職したあるある体験談や、その後どうするか?末路を知りたい!」

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も転職の失敗が人生終わりと思っていた時があるので、今のあなたの気持ちが痛いほどよく分かります…。

 

 

だからこそ、そんな今のあなたと同じ時期を経験した僕が「転職に失敗しても人生終わりにならない理由や転職体験談、おすすめ職種転換先」を具体的に紹介します♪

 

転職変化

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

転職に失敗したら人生終わり?

 

ではまずはじめに、転職に失敗したら人生終わり?についてご紹介していきます。

 

人生終わりと思うこと自体古い

上司

 

はじめに結論として、人生終わりと思うこと自体古いとお伝えしておきます。

 

なぜなら僕たちの世代は「ほとんど全員が転職を経験する世代」だという理解が足りないからです。

 

 

そのため「ほとんどの人が転職を経験する現代」という現実を知る上で、過去と現在の「企業寿命」を知っておいた方が良いでしょう。

 

1965年〜2030年の企業寿命推移

企業寿命

※出典:リクルートワークス研究所

 

このグラフから分かる通り、1980年頃のバブル崩壊前までに正社員になった僕たちの両親世代にとっては「企業寿命=30年〜40年」です。

 

つまり「20歳前後に新卒入社して55歳以降に定年退職を迎える」のが成立していた世代では終身雇用・年功序列は機能していたわけです。

 

 

しかし一方でバブル崩壊後の21世紀(2000年)以降に社会に出た人にとっては「企業寿命=10年〜20年」です。

 

つまり「20代から働き始めて、60代でリタイアする場合」でも、平均2回〜4回は会社にいられなくなる危機が迫るということです(もしくは実際に倒産)

 

 

とはいえもちろん「歴史ある名門企業」に勤めている人は、一回も転職せずに退職を迎えるかもしれません。

 

しかし「人生100年時代」「1億総活躍社会」と言われる僕たちの世代では、そんな名門企業に勤めていても、65歳以降の「再雇用や第二の人生」で転職経験せざるを得ない可能性も高いのです。

 

このように「転職が成功するか失敗するかは別として、ほぼ全員が経験するもの」という認識はしておいた方が良いでしょう

 

何事も人は過去を美化するもの

カメラ

 

「成功・失敗」という観点で見ると、何事も人は過去を美化するものなので、前の会社の方が良かったと考えてしまい「転職=失敗」と捉える可能性もあります。

 

「残業が増えた」「手取りが減った」「人間関係が悪くなった」など「前の会社のほうが良かったと強調されて“良く感じてしまう錯覚”」は誰にでもあります。

 

とはいえどんな会社・組織でも「プラスとマイナス」「メリット・デメリット」はあるので、見方を変えれば成功したとも言えるのです。

 

 

例えば僕の知り合いに「某財閥系重工業会社を辞めて、東京上京のために中小企業に転職した」人がいます。

 

この人は「超大手企業の福利厚生」「高収入」は手放してしまったのですが、転職した結果「定時近くで帰れる」「大手のストレスから解放」というメリットを代わりに手に入れました。

 

さらに東京上京により「一回り(12歳)年下の女の子と結婚した」という結果も手に入れたので「収入や肩書き」という面では失敗ですが、それ以外に「成功した部分」も沢山得たのです。

 

 

このように「ある人から見れば失敗」と思える部分があっても、自分が「成功した」と思える部分にフォーカスできていれば、それはトータルで成功と言えるではないか?と思います。

 

現代はレールを外れるほど幸福

自由

 

現代はレールを外れるほど幸福という視点も覚えておいたほうが良いです。

 

例えばかつて僕は、上司と度々喧嘩して精神科行きを強制され「ADHD(社会不適合障害)の疑いアリ」という診断を受けそうになったのですが、今振り返ればそれはとても良い診断だったと思っています。

 

なぜなら「社会不適合=自分適合者」とも言うことができ「自分が最も幸福を感じる基準で生きられる人間」だと気づいたからです。

 

 

そしてこの経験から「社会に適応しようとすればするほど、自分らしさから遠のいていく側面もある」と気付きました。

 

そのうえ逆に言えば、転職の失敗が人生終わりと考えている人は「転職した先が自分に合わないことへの恐怖に怯えているだけ」とも言えるです。

 

しかし例えば、どんなに周りが美味しいと言っているお店の料理も、自分が食べてみたらマズイかもしれません…。

 

 

つまり結局は「自分自身が経験してみなければ、成功か失敗か分からない」のです。

 

転職を成功に導く一言

疑うな、信じるな、確かめろ

土の時代から風の時代の到来

風の時代

 

ちなみに補足としてスピリチュアルな話ではありますが、土の時代から風の時代の到来という面でも、転職が比較的良いことであると分かります。

 

土の時代

土の時代=「土着・固定・所有」など、お金を中心とした「物質中心主義」の時代

例=家や車を所有する・会社という集団に所属する・現実的な物質を多く所有するほど幸福

風の時代

風の時代=「手放す・自由・共有」など、心を中心とした「自分らしさ中心主義」の時代

例=家や車もシェア・フリーで自由に生き方を個人が選ぶ・感情を大切に生きて不要なものは手放す

 

風の時代に移行しつつある現代では「テレワーク」「キャッシュレス決済」「定住地を持たないノマドライフ」など、風のような生き方が広がりつつあります。

 

どちらの時代が良い悪いではありませんが、単純に土の時代の生き方はこれからドンドン衰退していくという意味でも、会社に固定され続けるのがオワコンと言わざるを得ないのです。

 

そのため「一つの会社でしか通用しない人は、これからドンドン生き辛い世の中になる」ので、将来が悲惨なことになりかねないのです!

 

転職失敗事例経験・体験談エピソード

日本の誇りの柱

 

では次に、転職失敗事例経験・体験談エピソードについてご紹介していきます。

 

新卒3ヶ月で営業を辞めてフリーター

フリーター メリット

 

僕の社会人デビューは、新卒3ヶ月で営業を辞めてフリーターで始まりました。

 

僕は「地元名古屋で社員200人程度の軽自動車販売会社・ルート営業マン」として働き始めました。

 

 

しかし当時は「実家暮らし・彼女を作った経験なし・自分に自信なし」という無いない尽くしのダメ人間でした。

 

その上「営業先は強面モータース屋社長巡り&値段交渉」「担当エリアの売り上げが良く、受注がドンドン入ったが、社内は皆出払っていて相談相手がいない」というストレスフルな環境だったのです。

 

そして「ある時営業所で先輩から言われた話」が引き金となり、思わず退職を願い出てしまいました…。

 

3ヶ月で退職する気持ちになった引き金

10年上の先輩が毎日カップラーメンを食べている姿を見ていたので、質問したら「俺のお小遣いは月3000円食費込みなんだよ…」と言われ、10年後の将来像に幻滅した

 

このように「その会社での10年後の姿に恐怖を感じた」のが決め手となり、ある時所長に「辞めさせて下さい!」と宣言して、飛び出してしまったのです。

 

入社1週間でカメラマン退職後ニート

カメラ

 

そして勢いで車の営業マンを辞めた後に転職先が決まったのですが、その後も転職失敗して入社1週間でカメラマン退職後ニートになりました。

 

具体的には趣味のカメラ経験を活かして「結婚式場のカメラマンベンチャー会社」に採用されたのですが、毎日徹夜続きという職場環境にビビって無断欠勤したのです。

 

 

そして案の定、携帯に何回も電話が来て呼び出しがあり、渋々出勤しました。

 

そこで社長から直接色々罵詈雑言を浴びせられましたが、負い目は完全に僕の方にあったので、土下座して謝りましたが、帰って数時間後に上司から「クビです」と連絡を受けて失職しました。

 

エージェント紹介後2ヶ月退職の営業

上司 先輩

 

話は飛んで東京上京した後に営業再チャレンジしたのですが、エージェント紹介後2ヶ月退職の営業も転職失敗した経験です。

 

具体的には「入社がスグ決まった新規開拓営業の仕事」に就いたことがあるのですが、入社前に聞いていた話と全然違ったので、2ヶ月で辞めました。

 

聞いた話と実態が全然違ったケース

入社前の事前情報=既にNTT系列で固定通信回線をご利用いただいている企業向けのwi-fiルーター提案営業(既存顧客向けの新商品案内)

入社後の実態=渋谷の飲食店を食べログからリストアップしたリストで、ひたすらローラー作戦(金の●、漫画喫茶マンボ●など、明らかにwi-fi設置点などもお構いなしに強制飛び込み)

 

この職場は「東京オリンピックに向けて、海外旅行者も安心して使えるwi-fiルーターを取り敢えず売り込んでみる」という実験営業部隊だったので、実態が固まっておらずムチャクチャだったのです。

 

このように、募集の仕方に違和感がある会社に入社してしまう人は、転職しても失敗になりやすいのです。

 

そのため「ある程度ジックリ転職先を考える」「自分の適職・天職を明確にした上で転職活動を行う」「企業分析も行う」必要があると言えるでしょう。

 

転職失敗で人生終わりにしない選択基準

診断

 

では次に、転職失敗で人生終わりにしない選択基準についてご紹介していきます。

 

ポジティブな動機がない転職

自由

 

ポジティブな動機がない転職は、失敗しやすいです。

 

例えば僕の場合、ザックリと以下のような目標を持って転職してきました。

 

僕の転職目的

大前提=2011年8月8日に決めた“一流のビジネスマンになる”という目標・目的

工場のライン作業=東京に上京する資金集め+一人暮らしの独立

事務職=東京での生活に慣れる+一人前のビジネスマンになる

営業職=自分の自尊心を高める+新卒3ヶ月で辞めた営業トラウマの克服

WEBライター=自分ビジネスを所有+好きで得意な仕事で起業・独立

※営業職・WEBライターでおおよそ上場企業5年を経験し、ここからはマネージャー以上になるルートor起業の道しかないと確信

 

このような「ポジティブな転職理由」を持って、転職や職種転換を経験してきました。

 

そのため「一つ一つの仕事や職種経験に誇りがある」という自負も蓄え切ったので、転職して良かったと確信しています。

 

 

一方で先ほどご紹介した通り「なんとなく嫌だから辞めた」というふにゃけた理由で辞めた、1〜2回目の手痛い転職失敗経験もあります。

 

その時に「1ヶ月引きこもりになってうつ手前になる」という経験をしてから「二度と同じ過ちを繰り返すもんか!」と腹を決めましたから♪!

 

似た職種・業種を選ばない

営業 セールス

 

似た職種・業種を選ばないことで転職失敗を回避できる確率が上がります。

 

基本的に同じ職種であれば、似たような性格・個性の人が集まっていますし、業種でも同様の傾向が見受けられるのです。

 

例えば僕が経験した職種・業種では、以下のような傾向がありました。

 

僕が経験した職種のメリット・デメリット

事務職=比較的大人しめの良い人が多いので社内人間関係は円滑だが、営業などの他部署から無茶を言われがち

営業職=各個人がプライドが高い上に、どちらが上手を取るか?の世界なので、自分に自信はつくが人間関係が社内外ともに結構疲れる

WEBライター=内勤職でありながら文章を通して利益を上げるので、内勤と営業の中間的感覚だが、クリエイターなので良く言うと各個人が個性的、悪く言うと相性が合わない人は最悪

僕が経験した業種のメリット・デメリット

出版・広告関係=メンツの世界なので、仕事にハイな人が多くて完全実力成果主義!成果必達の人にとっては天国だが、成果が未達の人間にとっては地獄の世界

通信関係=今後も成長が見込める上に無くなることがない業界なので、経験を蓄えておくメリットは大きいが、システム的な知識を扱うため理系的才能も必要+インテリが多い

ベンチャー=良く言うと凝り固まっていないので自由度が高いが、悪く言うと社長やマネージャーの裁量で雰囲気がかなり異なる(というかワガママ)

大手企業=ルールや規律がしっかりしており、福利厚生も充実しているが、悪く言うと「上は絶対」といった縦割り意識が強いうえ、自由裁量も少ないので組織の歯車になりがち

 

このように「営利目的に寄っている会社ほど、自分に力がつく一方で仕事がストレスフル」「公共性・公益性に寄っている会社ほど、規律・ルールが厳しい点でストレスフル」と言えます。

 

そのため似た業種・職種に転職している限り、共通のストレスを感じ続けるので、同じ理由で失敗続きになる可能性が非常に高いと言えるのです。

 

※ただしどんな業種・職種にも「何らかのネガティブなストレス」は必ずあるので、後は「あなたがそれに適応・順応できるか?」次第とも言えます

 

募集の仕方に違和感のある会社

 

募集の仕方に違和感のある会社も避けた方が良いでしょう。

 

なぜなら求人情報を扱っていたプロとして言えるのですが、一般的に以下のような企業は危険です。

 

ブラック企業orブラック企業の可能性があるケース

募集人数が異常に多い(期間限定のスポット採用の可能性や、大量退職が常時出ている可能性が高い)

ずっと求人募集を行い続けている(常態的に人手不足の会社であり、入社後責任がいきなり重い可能性)

採用〜入社期間が短い(入社まで最短1〜2週間は明らかに早すぎで、人材育成を軽んじている可能性)

 

もちろん上記に当てはまる会社が全部ブラック企業とは言いませんが、確率的に多い印象を受けます。

 

ハローワーク経由の応募

役所

 

そしてハローワーク経由の応募も、転職失敗確率が上がります。

 

「失業保険の受給」が出来たりハローワークは頼りになる面も多いですが、元求人サイトの転職ライターという観点から言わせてもらうと、転職利用に関しては以下のようなデメリットがあります。

 

求人サイトや転職エージェントとハローワークの違い

求人サイトや転職エージェント=企業が「お金を払って求人依頼する」ので、売り上げをある程度確保しており、求人掲載依頼ができるレベルの優良企業が多い

ハローワーク=求人掲載料が無料であり、面接者or入社した人が「求人情報と実態が違う」とハローワークに後報告する対応で事前調査も甘く、変な会社も混じっている

 

ここでいう「変な会社」とは、犯罪という意味ではなく「零細企業・一族経営会社が、一般的に見て不思議なルールを社員に課しているケースがある」ということです。

 

ハローワーク経由の痛手体験談

ミス 失敗

 

例えばハローワーク経由の痛手体験談として、事務職時代の同僚に「ハローワークを利用して基本給8万円の正社員として勤務していた経験がある」という女性がいました。

 

当初は「額面で20万円」という話だったので、それを信じて入社したのですが、実態は「基本給8万円+独自の手当で上増しして合計20万円」だったとのこと。

 

そして働いていた時は分からなかったのですが、基本給が異常に低く設定されていたのは「諸々の諸手当などを安く済ませるためのセコい対策」だったとのこと。

 

 

その女性が勤めていたのは「東京の卸問屋街で有名な人形橋にある、小さな零細企業」だったそうですが、ある意味社長のやりたい放題だったようです。

 

このように、ハローワークを経由して転職する時は「求人掲載が無料」「変な零細企業も混じっている」というリスクを考えた方が良いでしょう。

 

そのため「リクナビ」「DODA」といった転職サイトやエージェントを使った方が、しっかりとした会社に転職できる確率は高いと言えるのです。

 

転職失敗=人生終わりにしないコツ

錬金術

 

では次に、転職失敗=人生終わりにしないコツについてご紹介していきます。

 

目的・目標を立てて転職する

診断

 

まず一番大切なことは、目的・目標を立てて転職するという視点です。

 

なぜなら目標は「目的=半年後・1年後・5年後など、一定期間後に得ていたい収入・地位・状態」から、それに必要な数値や行動結果が導き出されるからです。

 

例えば「年に1回は海外旅行に行って、ハワイでリラックスしたい」という目的を決めたら「年末までに●万円貯金+有給●日残す」といった目標が定まるわけです。

 

 

そのため「叶えたい目的から来る目標」という順番を基準に考えることで、目標設定しやすくなりますよ♪

 

僕が立てた計画目的・目標例

日本の誇りの柱

 

そして24歳の時に、僕が立てた計画目的・目標例についてもご紹介しておきます。

 

僕の目的・目標例

月収100万円を達成する

一流のビジネスマンになる

どこでも誰とでも堂々と対等に付き合える

 

今でも鮮烈に覚えている目的・目標設定はこのようなものでした。

 

 

ちなみにこれは当時出会った7歳年上の社長さんがとてもカッコ良くて、実はそこから導き出した目標でもあります。

 

そして当時工場のライン作業でバイトしていたのですが、それを辞めて50万円の貯金で東京に上京し、その後合計上場企業で5年ほど勤め「一流のビジネスマンになった」という自負を得ました。

 

あとは月収100万円の目標引き寄せを実現するために、自分の経験を交えて人々の役に立ちながらお金儲けもできる、このようなサイトを立ち上げているというわけです。

 

目標達成イメージを刷り込む例

錬金術

 

そして、目標達成イメージを刷り込む例についても合わせてご紹介します。

     

    先ほどお伝えした僕の目標「月収100万円」「一流のビジネスマンになる」「どこでも誰とでも堂々と対等に付き合える」を噛み砕いた「イメージ写真・画像」を壁になっています。

    ↓僕の実践例↓

    願望実現1

    願望実現2

     

    これは日々「視界に入る場所に目標達成した後の願望を貼っておく」ことで潜在意識に刷り込み、引き寄せを加速させるためです。

     

    ※「潜在意識」とは普段は意識しない「感情/クセ/習慣」のこと(現実のほとんどはこの意識が“信じていること”をベースに創られている)

     

     

    そもそも人の認識は、以下のように「頭で認識して考えている健在意識10%」「頭で意識せずに考えている行動・クセ・行動基準90%」と言われています。

     

     

    そのため目標を具体的にイメージできるように画像や写真を貼っておくことで、より願望達成に近づきやすくなるというわけです。

     

    お金/時間/人間関係/健康

    仕事 辞めたい お金 ない

     

    また、目標願望のベクトルは「お金/時間/人間関係/健康」の4種類がおすすめです。

     

    お金/時間/人間関係/健康

    お金=何年後までに何万円稼ぎたいか?(住みたい場所の家賃/車の値段など)

    時間=自分の残りの人生をどう使いたいか?(年に1回は海外旅行/子供のイベントは絶対参加など)

    人間関係=家族を持ちたい・子供は何人欲しいか?(結婚相手のイメージ/子供の育て方など)

    健康=体を大切に扱う習慣を取り入れるか?(週に2回はジムor自宅で筋トレ/減量サプリを毎日摂取など)

     

    このような方向性で目標を設定し、さらに成功イメージ写真を部屋に貼ることで、行動が自動的にそちらにシフトしていくようになりますよ♪

     

    自分の強みを明確にする

    転職

     

    さらに自分の強みを明確にすることで、快適な人生を構築できる可能性が上がります。

     

    なぜなら自分の強みを活かせる仕事に就くことで、もっと働きやすく・生きやすくなるからです。

     

     

    例えば僕は「仕事=自分の苦手なことに取り組む」と思って働いていた通信営業マン時代は、「ずっと周りが変な人or敵ばかり」でした。

     

    なぜなら「自分に向いてない仕事の極地」で働いていたので、ハンパじゃなく辛く苦しかったからです。

     

     

    しかし適職診断や色々なアドバイスを貰って「自分に本当に向いている仕事」と分かった物書きに転職してから、人間関係や就業環境も円滑になり、快適に仕事ができるようになったのです。

     

    そのためあなたが「当時の僕」のように「仕事=辛く苦しい環境で働く」と思っているのなら、仕事と人生の方向性を見直す時が来ているのかもしれません。

     

    ちなみに僕の適職診断の指針の一つが、以下のリンク先にて紹介している「個性・適職診断」なので、ぜひ参考に使って下さい♪(転職の自己PRにも使えますよ♪)

     

    転職失敗=人生終わりにしない職種転換

    適職

     

    では次に、転職失敗=人生終わりにしない職種転換についてご紹介していきます。

     

    なぜなら似た業種や職種では同じ転職原因にブチ当たる可能性が高いので、未経験から別職種にチャレンジするのもアリですよ♪(転職した結果、自分に合っていたりもしますから♪)

     

    人前に立つ営業・販売職

    営業 セールス

     

    人前に立つ営業・販売職が、シフトする転職先としてあります。

     

    実際営業職を経験した立場から言わせてもらうと、職種を人前に立つ仕事に変えるメリット・デメリットは以下の通り。

     

    人前に立つ仕事への職種転換メリット

    コミュニケーション能力が確実に上がる

    コミュニケーション能力は人間関係能力であり、時に言うべきことを言う力が付き、自尊心が高まる

    インセンティブがあったり基本給が上がるなど、収入UPの可能性が高い

    個人の仕事能力を上げることで、周りに合わせず早めに帰ったりも出来るようになる(営業)

    人前に立つ仕事への職種転換デメリット

    お金や商品のやり取りをベースとした人間関係で動くので、とにかくストレスが多い

    面倒なことを言ってくる顧客に対してストレスが溜まる

    上司や同僚に気が強い人間が増えるので、内勤職より人間関係問題のレベルが上がる

    仕事ができないとかなり直球でダメ出しや悪口を言われる

     

    このように良くも悪くも「人と関わる良い点と悪い点が思い切り表面化する」のが人前に立つ仕事の全貌です。

     

    そのため離職率も高かったりするので「収入を上げたい!」「自分に自信をつけたい!」という確固とした目的がなければ、そもそも職種転換しない方が良いジャンルとも言えます。

     

    ※とはいえ僕は、事務職から営業職に転職して月収が約10万円ほど上がり、3年ほど苦しかったですが、自分の思い通りに発言できる力を付けられたので、職種転換して良かったと思っています。

     

    経理・税務などの専門分野

    役所

     

    内勤の中でもより専門性の高い、経理・税務などの専門分野にステップアップしていくのもアリです。

     

    とくに「他の人や機械に代替できる業務」は今後どんどんあなたの手を離れていくので、そうならない分野のスキルを蓄えるしかありません。

     

    もちろん経理や税務が「人手のかかる作業からオフィスソフトに置き換わる懸念」もありますが、単純業務よりはもっと先の話です。

     

     

    しかも「FP(ファイナンシャルプランナー)など、個人や企業のお金の悩みを解決する仕事」は、コミュニケーションして問題解決する必要性がある分、あなたにしか出来ない仕事になり得ます。

     

    そのため「自分がずっと価値を提供できる誇りある仕事は何か?」という視点で、こういった内勤職のスペシャリストを目指すのもアリですよ♪

     

    WEB系内勤職

    SEO

     

    個人的に営業や販売ほどストレスを抱えることなく、収入UPなどを目指せるWEB系内勤職がおすすめです。

     

    WEB系内勤職

    WEBライター・WEBディレクター

    WEBデザイナー

    WEBマーケター・WEBコンサルタント

    プログラマー・システムエンジニア など

     

    僕はこの中から「WEBライター」に独学・未経験で転職したのですが、物書きの仕事が非常に合っていたようで、とても働きやすくなりましたから♪

     

    しかも強みとして「自分HPを持てるスキルを蓄えられる」ので、副業を始めるのに最適なジャンルだとも思っています。

     

     

    HPを持つことができれば、自分が伝えたいことを発信する力や、お金を稼ぐ力も高めていけるので、選択肢として非常におすすめですよ♪

     

    ※ちなみに「WEBマーケターやWEBコンサルタント」は数値を用いた分析・解析で「プログラマー・システムエンジニア」はプログラミング言語と呼ばれる式を記述する仕事で、理系的業務です

     

     

    ※なお、以下のリンク先では、僕が「未経験でWEBライターに職種転換した体験談やノウハウ」を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

     

    まとめ

     

    以上が転職失敗したら人生終わり?ずっと右肩上がりの俺が真実を大暴露!のご紹介でした。

     

    自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

     

    自分の適職・天職を知るメリット

    チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

    カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

    ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

    自分の適職・天職を知らないデメリット

    「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

    今の自分から何も変わらず変化ナシ…

    何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

     

    あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

     

     

    ※そして以下のリンク先では、転職サイトに登録「だけ」でもしておくべきメリットを紹介しているので、合わせて参考にしてください♪

     

     

    ※また、以下のリンク先では、どうしても会社に行きたくない時の休む正当な理由を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

     

     

    強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

     

    自分だけの適職・天職の見つけ方

    向いてる仕事
    振り返り



    今の仕事が本当に合っているのか?

    本当はもっとラクに楽しく働ける場所があるかもしれない…

    自分では分からないけど、仕事に使える強みってあるのかな?

    頑張って働いてるけど、ずっとこのままは苦しいから、いつかは転職したい…



    そんな悩みをお持ちの方向けに、以下のリンク先にて「自分の強みを知り、適性のある仕事の見つけ方」をご紹介します。