転職 年収200万 ダウン

 

諒

「転職10回+3職種経験」&「転職サイト企業にて求人500社(1,000件)以上作成」した「強烈な影響力のある男」がまとめました♪

 

相談男性1

「転職で年収200万ダウンしても幸福な理由は?人生をハッピーにするコツを知りたい!」

相談女性3

「大手企業」「給与の良い職種or業界/業種」から転職して年収200万円ダウンしても「仕事が楽しくなる」「生活時間に余裕が出る」など、優先すべき入社基準は?

相談男性3

「目先の待遇・給料アップ」より「スキルアップ・キャリアの可能性」を模索すべき?「市場評価を高める求人の見つけ方~採用獲得方法」は?

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

  • 「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心を取り戻し、誇りある人間になる
  • 辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る
  • 1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

転職後年収200万ダウン【原因】

目次

 

諒

ではまずはじめに、転職後年収200万ダウン【原因】についてご紹介していきます。

 

前職が高給与・高待遇だった

 

前職が高給与・高待遇だった為、年収が下がるケースは多いです。

 

ただし「高給与が適正評価だったか?」はとても大事な転職判断ポイントです。

 

なぜなら「転職してスキル不足などの為“必ず年収が下がる運命”なら、適正評価を受け入れて頑張るチャンスを早めに得た」とも考えられるからです。

 

成長

 

例えば、僕の知り合いに「大手企業エンジニアに入社したが、単調な社内スキルばかりで市場価値のあるスキルを育めず、途中で怖くなって年収DOWNを受け入れ転職した」という人がいました。

 

残念ながら現代では「1社で定年まで勤め上げられる方」は少数の為、40〜50代で転職市場に放り出され、路頭に迷ってしまう人が増えています。

 

その為「前職の給料は良かったが、過大評価だった為、今後は自力を育んで年収UPを獲得してみせる!」と覚悟して、成長するのがベターですよ♪

 

低年収企業/業種/職種への転職

 

低年収企業/業種/職種への転職の為、年収が下がるケースもあります。

 

とは言え、この場合は「自分で決断して転職したのか?」「あまり事前準備せず誤って転職してしまったのか?」で、今後の満足度は全然変わります。

 

適職

 

例えば僕の場合「営業職→WEBライター職」に転職して「50万円以上の年収ダウン」を受け入れた事があります。

 

しかし「ブログ副業で稼ぐ力を育む」「物書きとしてのスキルを適職化していく」という覚悟があった為、結果的に副業で稼げる様になり、お金の問題は上塗りできました。

 

しかも、自分の個性に合う仕事への職種転換「理系素養が必要な通信IT系セールスエンジニア→文系素養を活かせる転職WEBライター」でもあったので、生活の質が劇的に向上しましたから♪

 

天職

 

その為「短期的な年収ダウンより優先したい基準がある!」という明確な目的があれば、長期的にはプラスになる確率が高いですよ♪

 

未経験職種/業種への転職

 

未経験職種/業種への転職の為、今まで積み上げてきたスキル・経験が活かせず、年収ダウンするケースもあります。

 

しかし、こちらも「自分の個性に合った職種/業種へのシフトで“生活の質”が向上する」なら、未経験へのチャレンジは十分メリットがあります♪

 

適職 不適職

 

そしてその実例として、僕が大切にしているのが「3つのプロ領域を持つ」という考え方です。

 

なぜなら「A領域で頂点を極められなくても、A/B/Cの領域でプロとして名乗れるなら、非常に希少価値の高い人材になれる」からです。

 

正直言って、最初からこの考え方で僕は転職10回したわけではないですが、結果的に「(A)経営を学び、(B)営業もできる、(C)制作(WEB担当者)の人間」という3領域を獲得しました。

 

目次 10

 

その為、3つ極められなくても「今いる(A)領域とは違う未経験(B)領域で適応すれば、最悪(A)(B)どちらでも生きていける」というリスクヘッジもできるメリットがあるのです♪

 

給与以外の魅力企業への転職

 

給与以外の魅力企業への転職だった為、年収ダウンするケースもあります。

 

詳しくは後ほど紹介しますが「時間に余裕ができた」「立ち仕事から座り仕事になって、長く働ける環境で安心した」など、給料減以外のメリットを得られるケースですね♪

 

仕事 ミス 隠したことある

 

正直言って「高年収でも不幸な人」もいれば「低年収でも他の満足度が高いから幸福な人」もいる為、あなたなりの「人生で優先すべき選択基準」を見つめ直した上で、転職するのはアリですよ♪

 

転職後年収200万ダウン【満足例】

目次

 

諒

では次に、転職後年収200万ダウン【満足例についてご紹介していきます。

 

前職の不満を解決できた

 

前職の不満を解決できたから、転職に満足できるケースは多いです。

 

「残業過多・休日出勤常態化から脱出できた」「週の半分はリモートワーク可の会社で、出勤ストレスが減った」など、自分らしい生き方にシフトできていれば、多少年収が減っても幸福度は上がります。

 

ハイクラス転職

 

その為「今の会社でストレスの原因が解消できない」と絶望を感じるなら、転職して「今のストレス原因がないor少ない環境で経済基盤を育む」のもアリですよ♪

 

※僕は「10回転職」したから痛感しましたが「会社内のルールや共通価値観」は各々で全然異なる為、転職でストレス改善できる確率は高いです

 

将来性ある企業/業種/職種

 

将来性ある企業/業種/職種に転職できたから、満足度が高いケースもあります。

 

「創業間もないスタートUPで給料減だが、今後の伸び代が大きい」「自分に合った職種という手応えがある為、毎日ワクワク働ける」といった変化を獲得できているわけです。

 

自由

 

こればかりは「自分は何を大切にし、何を妥協できるか?」という個性を明確にしなければ上手くいかない為、後ほど紹介する「適職診断」なども参考に使って、内省してみてください♪

 

転職後年収200万ダウン【後悔例】

目次

 

諒

では次に、転職後年収200万ダウン【後悔例】についてご紹介していきます。

 

ポジティブな動機がない転職

 

ポジティブな動機がない転職は、失敗しやすいです。

 

例えば僕の場合、ザックリと以下のような目標を持って転職してきました。

 

僕の転職目的

日本景気の誇りの柱

  • 大目的=“一流のビジネスマンになる”“年商3億円”という目標を達成する事
  • 工場のライン作業=上京する資金集め+「一人暮らしで独立」する為
  • 事務職=東京での生活に慣れる+「一人前のビジネスマン」になる為
  • 営業職=自尊心を高める+新卒3ヶ月で辞めた「営業トラウマ」を克服する為
  • WEBライター=「自分ビジネス」を所有+「好き&得意な仕事」で起業・独立する為

※「営業職&WEBライター」で上場企業の最前線を5年経験し、ここからは「年商3億円を目指す起業家ルート」しかないと確信し、会社員を完全卒業

 

このような「ポジティブな転職理由」を持って、転職や職種転換を経験してきました。

 

その為「各職種経験に誇りがある」という自尊心も育めた為、転職して良かったと確信しています♪

 

仕事 ミス 隠したことある

 

一方で「なんとなく嫌だから辞めた」というフザけた理由で辞めてしまった、転職失敗経験もあります。(新卒スグの2回の勤務経験)

 

しかしその結果「1ヶ月引きこもりになってうつ手前になる…。」という経験をしてから「二度と同じ過ちを繰り返すもんか!」と覚悟を決めましたから♪

 

その為、いずれにしても「自分の心に正直に従った行動」なら、納得できる人生に出来るとお伝えできますよ♪

 

 

※なお「失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方」「職業訓練のメリット・デメリット」などに関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

失業保険の有効な使い方

  1. 失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方=退職後の不安やモヤモヤがある場合はこちら
  2. 職業訓練のメリット・デメリット=ハローワーク経由で学ぶリスクを知りたい場合はこちら
  3. 職業訓練に落ちた時対策=失業中のスキルUPテクを知りたい場合はこちら
  4. 職業訓練途中退校デメリット=途中で辞めたい場合はこちら

似た職種・業種を選ぶ

 

似た職種・業種を選ぶことで、同じ転職を繰り返してしまうリスクがあります。

 

なぜなら、基本的に同じ職種であれば「似たような性格・個性の人」が集まっていますし、業種でも同様の傾向が見受けられるからです。

 

中途採用 扱い ひどい

 

例えば「僕が経験した職種・業種」では、以下のような傾向がありました。

 

僕が経験した職種のメリット・デメリット

  • 事務職=「大人しい&良い人」が多い為、社内人間関係は円滑だが、営業など他部署から無茶を言われがち

事務職

  • 営業職=「各自プライドが高い&どちらが主導権を握るか?の世界」なので、自分に自信はつくが、人間関係が全体的にストレス

営業職

  • WEBライター=内勤だが文章で利益を上げる為「内勤&営業の中間的感覚」。また、クリエイターの為、社内人間関係は「相性の良い悪い」が激しい印象

天職

僕が経験した業種のメリット・デメリット

  • 出版・広告関係=メンツの世界なので「ハイで陽キャな人が多い&実力主義」。その為、相性により天国or地獄

独創性

  • 通信関係=「今後も成長が見込める&必要とされる業界」なので、勤務メリットは大きいが、システム的知識を扱うため理系才能も必要であり、高学歴なインテリが多い印象

継続力

  • ベンチャー・スタートアップ=創業から若い為「自由度は高い」が、社長やマネージャーの裁量で企業雰囲気がかなり異なる(というかワガママなケースが多い)

幸福

  • 大手企業=「ルールや規律がしっかりしている」「福利厚生も充実している」が、縦割り意識が強い上、自由裁量も少ないので「組織の歯車」になりがち

上司

 

このように「営利目的寄りの会社ほど刺激的だが、ストレスも多い」「公益性寄りの会社ほど規律の安心感はあるが、理不尽も多い」と言えます。

 

その為、似た業種・職種に転職している限り、共通のストレスを感じ続ける為、同じ理由で失敗する可能性が非常に高いのです。

 

※ただし、どんな業種・職種にも「何らかのネガティブなストレス」は必ずある為「あなたがそれに適応・順応できるか?」次第とも言えます

 

 

※なお「年功序列社会の問題点」などを、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

転職前後対策

  1. 年功序列組織から転職すべき理由=“若手を食い潰す”組織構造を知りたい場合はこちら
  2. 中途採用転職後に放置が長い時対策=自発的にやる事を見つけたい場合はこちら
  3. 東京or地元就職・転職の良悪比較=「成長の東京VS安心の地元」を比較したい場合はこちら

募集の仕方に違和感のある会社

 

大前提として、募集の仕方に違和感のある会社に転職してしまった為、後悔するケースもあります。

 

なぜなら、求人情報を扱っていたプロとして言えるのですが、一般的に以下のような企業は危険だからです。

 

ブラック企業orブラック企業の可能性があるケース

パワハラ上司 心理

  • 募集人数が異常に多い(スポット採用や、常に大量退職の可能性が高い)
  • ずっと求人募集が出てる(常態的に人手不足の会社=入社後責任がいきなり重い可能性アリ)
  • 採用〜入社期間が短い(入社まで最短1〜2週間は明らかに早すぎで、人材育成を軽んじている可能性アリ)

 

もちろん、上記に当てはまる会社が全て全部ブラック企業とは言いませんが、確率的に多い印象を受けます。

 

 

※なお「転職先相談相手=転職エージェント」などを以下のリンク先にて紹介している為、合わせてご参考に♪

正社員転職エージェントのおすすめ

  1. リクルートエージェント=非公開求人21万人以上!エージェント希望者に最有力候補のサイト♪
  2. type転職エージェント=関東を中心に求人数2万件以上!IT系に強い+年収UPしたい方におすすめ♪
  3. 転職エージェントがうざい時対策=担当者変更・体験談を知りたい場合はこちら

転職後年収200万ダウン【判断基準】

目次

 

諒

ではまずはじめに、転職後年収200万ダウン【判断基準】についてご紹介していきます。

 

年収で物質的幸福度は変わる

 

まずはじめに、年収で物質的幸福度は変わるのは事実の為、その点は理解しておきましょう。

 

具体的には「300万〜800万までは幸福度UPする」と言われており、それをデータ化したグラフもあります。

 

内閣府 満足度・生活の質に関する調査報告書 2022(10点満点)

内閣府 満足度・生活の質に関する調査報告書 2022

出典:内閣府 満足度・生活の質に関する調査報告書 2022

 

このように「年収300万円(手取り月20万円)〜年収800万円(手取り月50万円)」までは「持ち物・選択肢の質が向上する」と言われており、必然的に生活満足度もアップします。

 

持ち物・選択肢の質が向上する例(年収300万→800万)

貯金 成長

  • ファッション=ファストファッション/プチプラ→有名ブランド
  • 食事=スーパーの割引セール品→成城石井やデパ地下
  • 住居=月6万円以下のアパート→月15万以下のマンション
  • 交通選択肢=徒歩or電車→時にはタクシー

 

このように「お金で買える物の質が上がる」のは間違いありません。

 

 

※なお「年収300万円のライフスタイル年収1,000万円のライフスタイル」に関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

年収別ライフスタイル

  1. 年収300万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  2. 年収400万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  3. 年収500万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  4. 年収800万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  5. 年収1,000万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら

年収300万以下は要注意

 

ちなみに「実家暮らし」などでない限り、年収300万以下は要注意と言われています。

 

具体的には「生活自立できないライン」「生活必需品の何かを我慢しなくてはならないライン」と言われているからです。

 

仕事 ミス 大損害

 

その為「年収200万円ダウン=年収300万円以下になる」場合は、他の選択肢を考えた方が良いでしょう♪

 

仕事を人生の優先順位で決める

 

そして「自分に合った生き方で幸福度アップする」為には、仕事を人生の優先順位で決めるのがおすすめです。

 

具体的には「人生の四大要素」と言われる選択基準のうち「自分が最も大切にしたい価値」を重要視するのがベターです♪

 

お金を最優先

 

お金を最優先するのが、一番分かりやすい基準です。

 

目次 7

 

とは言え「高年収でも、ストレスフルな環境で心身を壊す」くらいなら「年収が低くても安心して長く働ける環境の方が良いケース」も多いです。

 

その為「自分にとって譲れないor達成しておきたい年収基準」をある程度決めておき、あとは他の価値観で選ぶのが良いでしょう♪

 

 

※なお「定時で帰れる位の有能仕事術」「会社をずる休みするコツ」などを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

プライベート時間を増やすコツ

  1. 定時で帰るコツ=効率よく仕事を終わらせたい場合はこちら
  2. 休日出勤を100%断るコツ=休日のプライベート時間を守りたい場合はこちら
  3. 会社をずる休みするコツ=時には有給を使ってマッタリしたい場合はこちら

時間を最優先

 

「時は金なり=タイムイズマネー」とも言うように、時間を最優先する選択肢もアリです。

 

「みなし残業40h→残業平均20h以下」「週休2日制→完全週休2日制(土日祝)」など、プライベート時間を増やす選択肢を選ぶわけですね♪

 

時間

 

しかも、プライベート時間が増えるほど余裕も生まれる為、結果として「スキルアップ」「スクールに通う」「副業を始める」など、経済力UPの挑戦もしやすくなります♪

 

その為「長期的に見て、優先しておく事でリターンが多い価値観の一つ」とも言えますよ♪

 

 

※なお「休みに関する求人記載ルール」を以下に補足しておく為、求人チェックの参考にして下さい

 

休みに関する求人記載ルール

リラックス

  • 週休二日制=月に1回以上週2日休日取得できる(1ヶ月4〜5週の内、1回以上2日休みがあれば該当)
  • 完全週休二日制=毎週必ず2日の休日をどこかで取得できる(週7日の内、各週どこかで2日休めば該当)
  • 完全週休二日制(土日)=毎週必ず土日に休日を取得できる
  • 完全週休二日制(土日祝)=毎週必ず土日に休日を取得+祝日も休める

休みに関する求人記載ルール補足

否定 拒否 NO

  • 最長=「年間休日125日」で、土日祝休み+夏季休暇・年末年始休暇などを含む
  • 一般的=「年間休日110日」で、土日休み+祝日出勤or祝日休みで土曜に出勤変更
  • 最短=「年間休日105日」で、労働基準法ギリギリの働き方

※いずれの休日形態でも「年間休日日数●●日」という合計休日数が記載されている

健康を最優先

 

健康を最優先するのも、価値基準の一つです。

 

例えば「販売職でずっと立ち仕事は続けられない…」「土建屋or配送業で働いているけど、体を壊すリスクがあるから、座り仕事の選択肢も作っていきたい」などですね。

 

天職

 

その為「未経験から職種転換できる求人を探す」「スクールに通って職種転換を実現する」などの選択肢もおすすめですよ♪

 

 

※なお「プログラミング」「WEBデザイン」スクールを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

プログラミングスクールのおすすめ

  1. DMM WEBCAMP=無料WEB面談満足度90%!転職コースは実践アリで転職前提におすすめ♪
  2. テックアカデミー=無料プログラミング体験アリ!適正を確認してから学びたい方におすすめ♪
  3. プログラミングスクールランキング=スクールを一括ランキング比較したい場合はこちら

WEBデザインスクールのおすすめ

  1. DMM WEBCAMP=デザインのみorサイト制作のみも選べる!大手で学びたい方におすすめ♪
  2. デイトラ=他のWEBデザインコースより安く学びたい方におすすめ♪
  3. WEBデザインスクールランキング=スクールを一括ランキング比較したい場合はこちら

 

また、僕はいきなり未経験転職したわけではなく、2年ほどブログ副業を実践していた結果、そのブログを成果物(ポートフォリオ)として転職することに成功しました。

 

その為、できれば職種転換する前に「スクールに通ってある程度基礎を固める」「独学で実力を育む」という期間が必要と言えます。

 

そして、以下のリンク先では、「ブログの始め方」「副業禁止の会社で稼ぐコツ」を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

アフィリエイトブログの始め方!年商3億円社長が教える初心者が月5万円を最速で稼ぐコツ

アフィリエイトブログを副業禁止企業で始めるコツ!絶対バレない為の対策まとめ

     

    人間関係を最優先

     

    人間関係を最優先する価値基準もアリです。

     

    「自分に合った会社の雰囲気・社風の場所に転職する」「家族との時間を多く過ごせるように、家から近い会社に転職するorリモートワーク化」などですね♪

     

    ハイクラス転職

     

    人間関係は幸福度に大きく関わってくる為「自分の周りの人間をステキな人で満たす♪」のも、重要な価値観ですよ♪

     

     

    ※なお「パワハラ上司を成敗するコツ」などに関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

    パワハラ上司の対応方法

    1. パワハラ上司の末路・弱点=心のモヤモヤを晴らしたい場合はこちら
    2. パワハラ上司を追い込む技=実際に退治したい場合はこちら
    3. パワハラ上司に退職で攻撃=退職嫌がらせしたい場合はこちら

    僕の転職・退職体験談

    転職サイト gif

    諒

    では次に、僕の転職・退職体験談についてご紹介していきます。

    将来に不安を感じて営業転職


    僕は26歳の時に、将来に不安を感じて営業転職しました。

    なぜなら、以下のような状況で働いていて、このままでは将来がダメになると感じていたからです。

    事務職で働いていて不安に感じていたこと

    成長

    • 「基礎的なオフィススキル」しか育たなかった為、万一クビになった時に転職できない不安を感じていた
    • 「月給20万+残業代+ボーナス少々」で生活に余裕がなく、昇進・昇給の見込みも薄かった
    • 単純に「上司や先輩で憧れる人」がおらず、数年後はここに居るつもりがなかった


    正直、働き続けやすいホワイト環境でしたが「このような場所に何年も居続けたら将来がヤバい!」と思い、半年前に余裕を持った退職宣言を行い、辞める覚悟を決めたのです!

    そして、退職3ヶ月前からユルユルと転職活動を始めたのですが「営業への職種転換を含む転職活動」を甘く見ていた為、かなり苦戦したのです…。


    具体的には、有給取得しながら転職活動を行っていたのですが、ギリギリ退職3週間前に、何とか滑り込みで転職先が決まりました(苦笑)

    ルート営業 つらい
    このように、かなり余裕を見て「半年前に退職宣言した僕」ですが、3ヶ月前から転職活動開始し始めてみると、意外にギリギリだったのです…。

    そして、この経験から言えるのは「退職決断後に0から情報収集を始めた場合、最低3ヶ月以上は欲しい」ということです。


    しかも、一般的な退職は1ヶ月〜2ヶ月前宣言が多いですから「失業期間が伸びても大丈夫な貯金」「情報収集しておく仕組み」を準備しておかないと、精神的にかなり厳しいです!

    中途採用 放置 退職
    そのため、スムーズな転職を実現する為には「当サイトで紹介しているような転職サイトに無料登録」して、不足の事態に備えておくのがおすすめですよ♪

    失業後に4ヶ月かけて転職


    また別の機会ですが、失業後に4ヶ月かけて転職した経験もあります。

    この時は「失業保険即時受給=3ヶ月間月15万円程度」を受け取っていたのですが、その余裕に甘んじてダラダラ活動してしまい、貯金が底を付いてしまったのです…。

    ※「契約更新がある雇用(派遣/契約社員)は、契約満了後に最速で失業後2週間程度から受給開始できる」「正社員&自己都合退職は2〜3ヶ月給付制限がつく」

    仕事 ミス 大損害
    結局「お盆に実家帰省した折、両親から20万円をサポートを貰う→失業4ヶ月後に転職先決定」して、何とか窮地を脱しました…。

    ※正直言って、イオンのフードコートで両親に泣きながら「転職活動資金がないからお金を下さい…」と悔し涙を流した記憶が、今でも鮮明に残っています…。

    涙 失業
    そして、このように悔しい経験をした僕から言えることは、「自分の乗っている船(会社生活)が危機に陥った時、乗り換える船(転職先/稼ぎ先)を用意しておく」のが非常に大切です!

    その為「転職ライター」「転職経験10回」「三職種以上」を経験した僕が、責任を持って「万一に備えた転職対策」について補足しておきます♪

    辛い時は意欲が完全に0


    まず大前提として、辛い時は意欲が完全に0になってしまうのが「転職意欲が少ない内からサイト登録しておく、一番のメリット」です。

    あなたもストレスで疲れ切ったり、深く悩む出来事があった時に「何もできず休みが終わってしまった…」という経験がありませんか?

    仕事量 少ない人
    それと同じ状況が「勤め先の会社」で起こってしまうと、逃げる気力すら湧かず、もっときつくなるリスクがあるのです。

    転職サイト登録対策なしorありの例

    退職

    • ■対策なし=ストレス爆発して退職→転職活動開始→アルバイトor貯金を崩しながら転職
    • ■対策あり=気力がある内から情報収集→余裕を持って退職→転職


    このように、意欲が低い内から転職サイト登録しておけば「今の会社を辞めたくなった時の安全対策」が施せるのです♪

    転職サイト登録は一種の保険


    このように、転職サイト登録は一種の保険と言えます!

    保険を利用する安心例

    祝日休みじゃない会社

    • 医療・がん保険=「高額医療費が発生」した時などのリスクを回避
    • 自動車保険=「事故や慰謝料問題」などのリスクを回避
    • 転職保険=「働き先の倒産リスク」「勤務継続不能リスク」を回避


    このように「生命保険」「自動車保険」などと同じく「転職サイトは現状が上手くいかなくなった時のリスク回避保険」として、無料で利用できるのです!

    具体的な転職成功例


    そして、僕以外の具体的な転職成功例も補足しておきます。

    具体的な転職成功例

    • 某財閥系大手エンジニアで「毎日終電続きで時間がない」→中小の同業種エンジニアに転職し、年収や企業ブランド価値は減ったが「残業平均20h/月以下でストレス激減」
    リラックス
    • 中小企業の営業職だったが、上のポストがつかえていた→転職エージェント経由で「中小企業の営業部長職待遇」に出世でき「年収も100万円以上UP」
    営業 セールス
    • シフト制の営業職だったが「毎週1日休みで疲れが取れない」→土日祝休みのルート営業に転職し「決まった固定休みがある為、リフレッシュしやすくなった」
    釣り
    • ガツガツ実力主義系の会社で「体育会系に馴染めなかった」→仲間と一緒に和気あいあいな感覚で働きながら「皆で仕事を楽しむスタイルが肌に合い、ストレス激減した」
    転職エージェント おすすめ


    このように「自分がラクに働ける環境をGETした♪」「今より成長できる環境にシフトした!」事で、ストレスが減ったり、やる気が増えたわけです♪

    もちろん、リスクもありますが、「どんな軸で転職したいのか?(残業減/年収UP)を明確にする」「情報収集をキッチリしておく」ことで最悪の事態を回避しやすいです。


    さらに「転職先企業は事前に口コミチェックしておく」事で、納得いく転職先をGETできますよ♪

    転職口コミサイト

    転職会議出典:転職会議enライトハウス出典:enライトハウスopen work出典:open work

    休みに関する求人記載ルール

    リラックス

    • 週休二日制=月に1回以上週2日休日取得できる(1ヶ月4〜5週の内、1回以上2日休みがあれば該当)
    • 完全週休二日制=毎週必ず2日の休日をどこかで取得できる(週7日の内、各週どこかで2日休めば該当)
    • 完全週休二日制(土日)=毎週必ず土日に休日を取得できる
    • 完全週休二日制(土日祝)=毎週必ず土日に休日を取得+祝日も休める

    休みに関する求人記載ルール補足

    否定 拒否 NO

    • 最長=「年間休日125日」で、土日祝休み+夏季休暇・年末年始休暇などを含む
    • 一般的=「年間休日110日」で、土日休み+祝日出勤or祝日休みで土曜に出勤変更
    • 最短=「年間休日105日」で、労働基準法ギリギリの働き方
    ※いずれの休日形態でも「年間休日日数●●日=合計休日数」が記載されている

    残業に関する求人記載ルール補足

    残業 辛い

    • 残業月0〜10時間=定時〜+30分程度で帰れる環境
    • 残業月10〜20時間=定時+30分〜1時間程度で帰れる環境
    • 残業月20〜40時間=定時+1時間〜2時間程度で帰れる環境
    ※「固定残業代」「みなし残業代」は「我が社では●●時間の残業は当たり前の為、固定で先払い」という表記


    また、仮に転職エージェント利用で面談〜転職決定した場合も「転職したい理由をポジティブに言い換えて伝える」事で、OKを貰いやすくなります。

    ポジティブな言い方変換例

    柔軟性

    • 給料が少ないから辞める→もっとチャレンジして「自分の可能性を試したい」
    • 残業や休日出勤が多くてストレスで辞める→オン・オフを大切にしながら「長く安定して働ける場所に転職したい」
    • 人間関係トラブルで辞める→「自分の性格に合った会社」で長く腰を据えて働きたい


    大事なことは「長く働ける会社」「現職と同じストレスを感じる要素がない会社」という視点で探せば、より良い転職先を見つけやすくなりますよ♪

    【転職最大手】リクルートエージェント

    リクルートエージェント リクルートエージェント メリット
    リクルートエージェント」は、転職サイト・エージェントの中でも求人数がダントツ!(非公開求人数21万件&公開求人30万件以上)

    まだ転職意欲が低くても、リクルートエージェントは「会員登録だけしたい」「履歴書/職務経歴書のアドバイスが欲しい」など、幅広い要望に応えてくれる為、エージェント相談したい場合は、こちら一番おすすめです♪

    リクルートエージェントの口コミ・評判!面談手順
    リクルートエージェント公式サイト

    また、以下のリンク先にて「転職エージェント利用失敗体験談〜快適に利用するコツ」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

    大島諒一の転職エージェント利用失敗体験談

    【転職方向性確認に最適】適職診断3選

    向いてる仕事 適職診断
    適職診断」は、性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かるチェック方法です。

    僕は様々な適職診断を利用しましたが、その中でも「非常に役立った3つの適職診断」がある為、以下のリンク先にて詳しく紹介しています♪

    適職診断@おすすめ3選

    【職種転換+副業に最適】アフィリエイトブログ運営

    強烈な影響力のあるブログ TOPアイコン
    また、今の所転職する気はないけれど「自分の力でお金を稼げるようになりたい!」「副業にチャレンジしたい!」方におすすめなのが「アフィリエイトブログ」です。

    「初期投資0円〜3万円以内」「月額数百円〜3,000円以下」で稼ぐ環境を獲得でき、アルバイトの稼ぎでも維持できる為「初心者におすすめな最初の副業」として、自信を持っておすすめできます!

    さらに、稼げるようになれば「会社依存の抑圧感覚を減らせる→上手く軌道に乗れば、会社員から独立できる」「副業収益として節税できる」というメリットもあるので、挑戦しないのは損ですよ♪

    ブログを副業禁止企業で始めるコツ
    アフィリエイトブログの始め方

    おすすめランキング

    転職エージェント登録が必須の理由!

    1. 「沢山の求人情報にアクセスできるようになる」=「リスクに備えられる」
    2. 「年収UPチャンス」「残業時間DOWN」する転職先に出会える確率UP
    3. 「今の環境以外でも生きていける」という自尊心を取り戻せる

    転職サイト/エージェントのおすすめ【PR】

    1. リクルートエージェント
      リクルートエージェント
      実績:
      非公開求人20万件以上!業界TOPクラスの実績+求人数♪
      対応4.5
      求人数5.0
      口コミ・評判4.5
      ★保有求人数=全国公開求人30万件以上&非公開求人20万件以上!
      ★おすすめ理由=求人数・実績は業界TOP!転職を考えるなら必ず登録すべき♪

      もっと詳しく

      公式

    2. Re就活1
      Re就活
      実績:
      20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo,1」!未経験歓迎求人数は全国TOPクラス♪
      対応4.5
      実績4.5
      口コミ・評判4.5
      ★保有求人数=全国1万件以上(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)
      ★おすすめ理由=20代転職希望者向け情報が豊富+無料の「9種類のタイプ判定@適職診断」もアリ♪

      もっと詳しく

      公式

    適職診断

    1. 向いてる仕事 適職診断
      適職診断3選
      料金:
      無料/2,420円/13,000円の3種類紹介♪
      ★診断メリット1=性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かる♪
      ★診断メリット2=自分に合う業種/職種/会社は?という疑問がクリアになる♪

      適職診断3選


    また、以下のリンク先にて「僕自身が転職10回+職種転換4回を達成してきたプロセス=大島諒一年表」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

    大島諒一の自尊心復興体験談

    まとめ

     

    諒

    以上が転職で年収200万ダウンしても幸福な理由!人生をハッピーにするコツのご紹介でした。

     

    自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

     

    挑戦するメリット

    • チャレンジした経験や成功体験ができ、自分に自信がつく
    • 理想の自分を取り戻し、さらに自分が好きになる

    挑戦しないデメリット

    • 今の自分から何も変わらず変化ナシ…
    • 何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

     

    あなたが自尊心を取り戻せるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

     

    強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

     

    \【転職】関連記事はこちら/