IT業界 疲れた

 

諒

「事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

相談男性1

IT業界に疲れた理由や状況改善のコツを知りたい!」

相談男性1

営業事務はきつい?ストレスでイライラする理由や状況改善用転職術を知りたい!」

相談女性1

営業事務職の仕事がきつい理由は?上司のノルマや担当営業マン関係によって支援の大変さや、ストレスの悩み度合いが異なる?会社サービスや商品管理などの問い合わせ対応が厳しい?

相談男性2

職場スタッフのコミュニケーション能力が苦手だし、やり取りやサポートにやりがいに感じるわけじゃない…。社内の信頼構築や、お客様or取引先との電話クレーム対応時間も苦痛…。

相談女性2

退職成功する上で、向いてる企業や業界・必要なスキルや実績・資格やキャリア・職種&職業経験・業務内容を棚卸ししておきたい♪

相談男性3

楽しい幸福な将来人生設計を実現するために、「転職サイト」「転職エージェント」の一般求人(派遣〜正社員採用)を相談するのはどちらがおすすめ?メリット・デメリットや特徴を解説して。

相談女性3

安心して休憩できる余裕あるスケジュールの働き方、デスクワークアシスタントでの残業対策、感謝できるほど高い年収(給料)など、勤務して働くことが好きになれる、適職診断情報や天職アドバイスが欲しい♪

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も通信系のIT大手企業に営業として入りましたが、IT業界で足を洗う行動を実現した人間なので、今のあなたの気持ちが痛いほどよく分かります…。

 

だからこそ、そんな僕が「IT業界に疲れた理由や状況改善のコツ」を具体的に紹介します♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心を取り戻し、誇りある人間になる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

目次

IT業界に疲れた理由

目次

 

諒

ではまずはじめに、IT業界に疲れた理由についてご紹介していきます。

 

僕自身が経験した、IT営業経験からご説明します。

無形商品で現物がない

目次 1

 

無形商品で現物がないのが、IT業界がきつい原因です。

 

車や家電など、手に取って触れるものは五感に訴えることができるので説得力がありますが、IT商品は形がないので「資料やデータ」でしか紹介できません。

 

もちろん「HPやシステム」を見せたり、通信であれば「スマホなどで実際の商品を見せながら伝える」ことが出来るケースもあります。

 

 

しかし、それでも商品を実際に見せられないケースも多いので、その場合は顧客への説得力が心細いと言えるのです。

 

諒

このように、画期的なシステムで業務効率を改善できるようになっております♪

上司

形のないものに、何百万も払う余裕はウチにはないなぁ…。申し訳ないけど不採用で。

諒

(頭の中まで古臭いジジイが!じゃぁ検討前に呼び出さず、決めとけってんだ!)

新商品・サービスの変化が激しい

目次 2

 

新商品・サービスの変化が激しいのも、IT業界がきつい原因です。

 

IT業界は「ドッグイヤー(犬の寿命は人間の1/7で、IT業界は他業界の7倍の速さで進化)」と言われています。

 

そのため、ドンドン新商品やサービスが出てくるので、それを覚えるのも一苦労です。

 

上司

俺たちの時代は、ITなんてもんはなくて、せいぜいFAX位だったよ。

諒

もうFAXは博物館に飾られるような時代ですよ?まだ扱ってる会社も多いですが、世界的にはもう古い機能です。

 

若い世代の時は物覚えも良いので問題ないかもしれませんが、年齢を重ねていくと新商品について行き続けるのはキツいものがあるようです。

 

※ちなみに、僕のいた会社では「年齢を重ねるほど固定回線などの変化が少ない商材部隊」に行くなど、それなりの対処が行われていました。

 

奥深い基礎知識の勉強が必要

目次 3

 

奥深い基礎知識の勉強が必要なのも、IT業界がきつい原因です。

 

とくに「ITはプログラミング言語などの専門知識」「通信系も専門用語のオンパレード」なので、とにかく覚える分野が奥深いです。

 

実際、僕も「セールスエンジニア」として活躍する流れになって行ったのですが、顧客によって知識レベルが異なるので、その対応が大変でしたから…。

 

ITに強い顧客だと知識が大変

目次 4

 

ITに強い顧客だと知識が大変というきつさもあります。

 

なぜなら「情報システム部」「エンジニア」へのプレゼンの場合、かなり奥深くまで突っ込まれるので手に負えない時があるからです。

 

もちろん、こちらも「専門のエンジニア」と同行して来訪できれば良いのですが、それが出来なかった場合の営業はかなり地獄です。

 

ITに疎い顧客だと説明が大変

目次 5

 

ITに疎い顧客だと説明が大変というきつさもあります。

 

歴史の古い会社や情報システム部がない会社だと、IT知識に疎い人しかいないので、かなり初心者レベルから説明しなければならなくなります。

 

さらに、システムやサービスを社内で周知するために「利用の仕方を伝える説明会などが必要になったりする」事もあります。

 

上司

スマホ連携だ、アプリだと言われても、ウチは黒電話に毛が生えた程度しか理解してないからなぁ…。

諒

(こりゃぁ、いくら営業をしても無駄だろうな…。)

 

IT系にある程度知識がある会社や、情報システム部がある会社は、そこが社内説明を巻き取って対応してくれたりしますが、そうでない場合は手間がかかるのです…。

 

競争相手との見積り競争

目次 6

 

競争相手との見積り競争になりやすいのも、IT業界がきつい原因です。

 

独自サービスであれば商品の差別化がしやすいですが、僕のように「大手三社が独占してるスマホサービス」は、どうしても見積もり競争になりがちでした。

 

比較対象も「月額料金」「利用できるパケット通信量上限」など、それほど差別化できるものもないので、比較見積もり競争に流れ込む事も多かったです。

 

女上司

御社より、A社の方が1契約あたり月額100円やすいので、1000個だと10万円あたりの差で、結構大きいのですが?何とかなりませんか?

諒

(また来たよ…。いつもの値引き比較戦争…。)

残業抑制指導でずっと激務

目次 7

 

僕がいた会社の話ですが、残業抑制指導でずっと激務なのもIT企業がきつい原因です。

 

IT業界は創業が浅い企業も多いので、残業が多かったり働き方がメチャクチャな所もありますが、僕の場合は歴史ある会社だったので「残業抑制」にうるさかったです。

 

そのため、1分1秒を争うような働き方だったので、落ち着けるのは電車移動時と休憩時間くらいでした…。

 

 

若い時はそれで良かったですが、大半は「歳をとってきたら、落ち着いて仕事ができる支店配属を望む人が増える」という状況だったので、非常に大変でしたから。

 

まとめ
  • 無形商品で現物がない
  • 新商品・サービスの変化が激しい
  • 奥深い基礎知識の勉強が必要
    • ITに強い顧客だと知識が大変
    • ITに疎い顧客だと説明が大変
  • 競争相手との見積り競争
  • 残業抑制指導でずっと激務

IT業界に疲れた原因

目次

 

諒

では次に、IT業界に疲れた原因についてご紹介していきます。

 

長時間残業・休日出勤など激務

目次 1

 

長時間残業・休日出勤など激務に耐えられなくなるケースは多いです。

 

例えば、IT企業は古い会社でも「1995年のWindows95普及の後に創業したケース」が多いので、創業20年〜30年程度です。

 

そのため、若い会社は創業年数がもっと新しいので、会社のルールがガタガタだったり、社員を酷使する状況のまま改善されてなかったりするのです。

 

だからこそ「残業100時間は当たり前」「休日はほぼない」「会社の机に洗面具を常備している」なんて、非人道的な働かせ方をしている会社もあると友人達から聞きました。

 

そのため「若いうちはいいけれど、勢いだけで働けなくなった時が怖い」という理由から、転職を果たしたり、激務ではない部署や支店異動を画策する人も多いのです。

 

収入に限界を感じる

目次 2

 

長時間残業の激務などに関連していますが、収入に限界を感じるため足を洗う人も多いです。

 

なぜなら、IT業界では「みなし残業制」の働かせ方も多く、無料奉仕を強いる会社も多いからです。

 

具体的には「みなし残業などで、残業がつかない正社員」として働いていた場合、時給換算すると悲惨なケースがあるのです。

 

みなし残業で長時間勤務の場合

年収400万円の例(賞与・みなし残業代含む)

年収400万円÷12ヶ月=月給約33万円

33万円÷22日勤務(土曜日を2回出勤)=日給1万5,000円

1万5,000円÷14時間勤務(残業4h/日)=時給1,071円

 

このように、たとえボーナスを貰って年収400万円でも、残業代なしで22時ごろまで働いている人は、アルバイト並みの時給になっているということです。

 

 

そして出世していき「表面上は年収が上がった場合」でも、時給換算してみるとそれほど増えていなかったりもします。

 

みなし残業で長時間勤務の場合

年収600万円の例(賞与・役職手当含む)

年収600万円÷12ヶ月=月給約50万円

50万円÷24日勤務(土曜日を4回出勤)=日給2万833円

2万833円÷15時間勤務(残業5h/日)=時給1,388円

 

このように正社員で出世していても、時給換算してみると「一緒に働いている派遣社員の方が時給が高い」という現実があったりするのです。

 

IT系の業務や知識が不適職

目次 3

 

IT系の業務や知識が不適職なので、足を洗う人も多いです。

 

例えば僕の場合、数学や理科などの理系分野が苦手なのに、ルート設計図やパケット容量などの計算が必要な通信IT系営業で働いていたことがあります。

 

必然的に「自分が不得意だと分かっている仕事」で働き続けていたので、毎日夜遅くまで勉強していても半人前を克服できませんでした…。

 

諒

すげー頑張っても、0.8人前程度しか活躍できんやん…。

 

しかし、文系大卒で国語や日本史が大得意な僕は、WEBライターという文系職業に転職してから優秀な人間に返り咲くことができたのです。

 

諒

文章は得意分野だし、転職経験豊富だから一流と自負できる働き方ができてるぜ♪

 

このように「IT系が自分の仕事能力に合っていない」という状況に限界を感じて、離れるケースもあるわけですね♪

 

ブラック企業にハマった

目次 4

 

先ほどお伝えしたことに関連しますが、ブラック企業にハマったからIT業界を離れるケースもあります。

 

例えば、IT業界は「ITゼネコン」と呼ばれるほど「一次請け・二次請け・三次請け」など、上下関係の組織図で下に行くほど過酷な就業環境になると言われています。

 

そのため、下のほうに行くほど「未経験からITプログラマ募集をし続けており、長時間残業などで社員を酷使して使い捨てているブラック企業」もあったりするのです。

 

 

そのため「未経験からとにかくIT知識や経験を吸収したい」などのフワフワした転職動機で会社を選んでしまった人が、苦しい状況に追い込まれて辞めていくケースは多いのです。

 

老害が仕事せず丸投げ

目次 5

 

ちなみに若い会社とは逆で、僕の勤めたIT企業のように、歴史のある会社ほど「上が新しい知識を覚えず下に押し付ける傾向」がある、老害が仕事せず丸投げが多いと感じています。

 

50歳を超えたおっさんでは「新しいサービスやIT知識」に付いていけないので、それを若手にやらせており、能力不足者が多いのです。

 

このように労働組合などがあり、歴史がある大手IT企業ほど「仕事能力が低いのに、指示ばかりしてくる給料が高い年上」が多い印象です。

 

僕の場合は、終身雇用正社員で入っていなかったので、2年ほどスキルと経験を付けた後に辞めましたが、同年代の正社員組に「離れられて良いな?」と羨ましがられた位でしたから…。

 

それほど腐っている会社の中でも、一定の給料保証と福利厚生があることで、我慢していく人が多いんだなと感じさせられました。

 

まとめ
  • 長時間残業・休日出勤など激務
    • 収入に限界を感じる
  • IT系の業務や知識が不適職
  • ブラック企業にハマった
  • 老害が仕事せず丸投げ

IT業界に疲れた!老害遭遇体験談

目次

 

諒

では次に、IT業界に疲れた!老害遭遇体験談についてご紹介していきます。

 

会議満載で職場放棄のジジイ幹部達

目次 1

 

IT業界で思い出すのが、会議満載で職場放棄のジジイ幹部達です。

 

そこは「誰もが知る大手有名ビジネス雑誌の営業部隊兼デジタルコンテンツ推進部隊」だったのですが、部長以上はほとんど一日中席にいませんでした。

 

なぜなら、ひたすら会議・会議・会議!で、スケジュールが埋まっていたからです。

 

しかも、具体的に何か意思決定しているわけでもなく「景気が悪いなぁ…」「どんな商品なら売れるか分からんなぁ…」といった、成果無し丸出しの呟きを自席でしている始末です。

 

上司

今日も会議で有益なアイデアが出なかったなぁ…。

諒

(そんな非生産的な時間の使い方してたら、会社潰れるぞ!穀潰しが!)

 

結果的に、若手が頑張って売り上げを上げて「会議という名の時間潰し」をしているジジイ幹部達の給料を稼いでくる構図だったので、とにかく苦痛しかない組織でしたね…。

 

能力がないのに課長になったババア

目次 2

 

能力がないのに課長になったババアの記憶も鮮明です。

 

具体的には、準官公庁系の某大手通信企業で営業マンをしていた頃の話です。

 

そもそも、その会社は「早稲田・上智・慶應などの一流大学卒業生が、終身雇用でじっくり学んで働く環境」だったので、既卒で入った僕には修羅場でした。

 

覚える必要があったジャンル

新しく生まれてきたクラウドサービス(Office365/AWS)などの知識

インターネット固定回線(光回線/ADSLなど)の知識

モバイル回線(格安SIM/料金プラン)の知識 など

 

そのように膨大な知識が必要だったのです。

 

しかし、周りは「通信の知識を知っていて、しかも業務が出来て当たり前」という態度で迫ってきました。

 

と言っても僕は既卒の新人だったので、毎日深夜まで仕事や勉強をしても能力が間に合っていませんでした。(会社の残業は月20時間程度だが、自宅学習の毎日)

 

そして、一生懸命勉強していたけれど、結局数ヶ月後に「言ってることが分からない」という顔をしてしまった時、女上司から強い避難とお叱りを受けたのです!

 

女上司

あなたにとって何が分からないか?それがもう私には分からないわ!!

諒

(怒!)

 

これを言われた時は流石に僕もイラッとして「こっちも一生懸命にやっとるんじゃ!」と思い、思わずトイレに駆け込み壁を飛び蹴りしてました。

 

※穴を開けてしまったので、そっと逃げました(翌日シールが貼ってあり直っていたので、良くあることなんだなと不思議と安心しました)

 

そもそも今振り返れば、僕にとってこの仕事は「苦手な数式・公式を用いた知識を覚える」という一番「自分に合っていない仕事環境」でした。

 

※数学は200点中0点を取るほど、僕は公式や理屈が苦手

 

さらに、万年目標未達という「無能女課長」の下という最悪の状況で働いていたので、ミスが多かった上にメンタルも非常にやられたのです。

 

※ちなみにその後見かねた別の課長が僕を引っ張ってくださり、落ち着いて仕事できるようになったのは感謝しかありませんでした。

 

上司

大変やったな♪大島ちゃん♪

諒

助けていただき、ありがとうございます♪

 

そしてその後「WEBライターという物書き」に転職しましたが、こちらは一日中取り組んでいても苦痛なく仕事できる環境だったのです!♪

 

このように、働く環境によってきつさは変わるということが分かれば、あなたも少しは気持ちが楽になるのではないでしょうか?

 

定年退職前で仕事をしないジジイ

目次 3

 

同じく準官公庁系のIT企業での話ですが、定年退職前で仕事をしないジジイもいました。

 

その企業は中途で入ってきた人間がぼこぼこ辞めていくのですが、僕は踏ん張って継続していたのです。(2年目の頃には、後輩は10人ほど辞めました)

 

そして、そんなタフさも買われたのか、組織内でも最難関レベルの商材を扱う部署に配属されたのです。

 

しかし、そこは「定年退職前の人ばかりが集まる、平均年齢50歳近い墓場部署」だったのです…。

 

しかも定年退職前ジジイは、面倒なことを任されたくないので、仕事をどんどん僕のような若手に振ってきたわけです。

 

会社としては「僕に“定年退職組の能力を吸収”して欲しい」という魂胆だったと思いますが、あまりの理不尽さに腹がったので、結局辞めました。

 

そもそも、僕は契約社員で入社でしたが「ボーナスなし」「昇給確約なし」など、正社員組より明らかに待遇が悪かったのです。

 

つまり「年功序列で働かない正社員組の穴埋めに若手契約社員を入社させて、人件費をケチりながら働かせる」という構図だったわけですね…。

 

上司

じゃあ大島くん、後を頼むね…。

諒

はい…。(高齢正社員が働かない、高級取りなのに仕事ができない…。年功序列は負の温床やな…。F●CK!)

 

辞める時に、正社員組の数人から「辞めるなんて羨ましいなぁ…。」と言われましたから、その会社で腐らなくて本当に良かったと思います♪

 

まとめ
  • 会議満載で職場放棄のジジイ幹部達
  • 能力がないのに課長になったババア
  • 定年退職前で仕事をしないジジイ

IT業界に疲れた時のメンタル対策例

目次

 

諒

では次に、IT業界に疲れた時のメンタル対策例についてご紹介していきます。

 

休みをとってリフレッシュ

目次 1

 

休みをとってリフレッシュするのはおすすめです。

 

ただし、現実逃避しても「現状は良くならない」ので、現実を少しでも良くする努力をするのがベターです。

 

なぜなら、僕も有給休暇を取って、1日ひたすら車で海沿いを走るという「現実逃避」をしたことがありますが、結局は「ただ苦しみを1日伸ばしただけ」でしたから…。

 

諒

はぁ…、仕事って楽しくないねぇ…。

同僚

そうだねぇ…。

 

そのため「今より1mmでも苦痛を取り除く」ためには、ほんのちょっとの勇気と現実を変える努力が必要です。

 

そして、具体的な改善策が無いのであれば、以下のリンク先にて「仕事に行きたくない毎日を変えるテク」を紹介しているので、ぜひ参考にして下さいね♪

 

運動習慣やスポーツを始める

目次 2

 

運動習慣やスポーツを始めるのもおすすめです。

 

なぜなら「体を動かしたり、体を鍛えることでメンタルを快適状態にしやすくなる」からです。

 

実際、僕も「週2〜3回、毎回1時間程度の筋トレ」を始めてから、メンタルが落ちる傾向がかなり減りました♪(笑)

 

諒

俺!最強♪

 

そもそも、部活は「性欲をはじめとした、有り余るエネルギーを発散する」という側面や「イライラやネガティブな感情を打ち消す」というメリットもあるようです。

 

そのため「忙しいから運動している余裕がない」という後ろ向きな考え方を捨てて「運動して心身をリフレッシュする」という意識改革がおすすめですよ♪

 

※「健全な精神は健全な肉体に宿る」とも言いますからね♪

 

旅行に行ってリフレッシュする

目次 3

 

旅行に行ってリフレッシュするのもおすすめです。

 

とくに独身の女の子に多い傾向ですが「長期連休時の旅行を目的に、日々の仕事を頑張っている」という人はかなりいます。

 

実際「サウナと水風呂のアメとムチ」のように「普段のストレスを旅行で発散してメンタルバランスを取る」のは理に叶っています。

 

 

そのため「●●のために仕事を頑張る」という理由の一つとして、旅行はおすすめの選択肢と言えますよ♪

 

映画やドラマから勇気をもらう

目次 4

 

映画やドラマから勇気をもらうのもおすすめです。

 

そして「完全に男の子大好き系リスト」ですが、個人的なおすすめを紹介しておきます。

 

個人的なおすすめ

■映画

蘇る金狼(昼間はしがない会社員だが、夜は凄腕の殺し屋という主人公が会社を乗っ取る物語)

蘇る金狼

アベンジャーズ(アメリカのヒーローたちが集結して、悪の組織を崩壊に導くアクション映画)

■ドラマ

半沢直樹(数々のクズ上司を撃退していき、会社を良くしていく主人公の物語)

半沢直樹

不毛地帯(山崎豊子の描く戦後日本の商社を舞台に、社内のクズ上司を撃退しながら昇進していく)

下町ロケット(弱小下町工場が、大手企業の横暴で会社を潰されそうになりながらも成長していく物語)

■アニメ

進撃の巨人(蹂躙してくる“謎の巨人”を小柄で弱小な人間が倒しながら、世界の真実を暴いていくアニメ)

進撃の巨人

キングダム(貧乏な孤児でありながら剣の腕を磨き続けた主人公が、後の秦の始皇帝と共に中華統一を果たす大将軍になっていく物語)

■特撮

仮面ライダー(悪の組織から平和を守る、ヒーローの物語)

仮面ライダー

戦隊シリーズ(仮面ライダーは一人or二人で戦うが、戦隊モノは団結して悪を倒すヒーローの物語)

ウルトラマン(主人公が大きくなって、大きな怪獣を倒すヒーローの物語)

出典:Amazon.jp

 

癒し系の作品でももちろん良いですが、理不尽でやってられないような状況を乗り越える上で、このような突破劇を見るのはアリですよ♪

 

まとめ
  • 休みをとってリフレッシュ
  • 運動習慣やスポーツを始める
  • 旅行に行ってリフレッシュする
  • 映画やドラマから勇気をもらう

IT業界に疲れた時の将来設計例

目次

 

諒

では次に、IT業界に疲れた時の将来設計例についてご紹介してきます。

 

IT業界の何が合わないか?を考える

目次 1

 

まず10社転職して、4職種経験してきた立場から言わせてもらうと、IT業界の何が合わないか?を考えるのがおすすめです。

 

なぜなら「業界を変えて改善できるもの」「会社を変えて改善できるもの」「職種を変えて改善できるもの」があるからです。

 

そのため「本来会社を変えて改善できるストレスなのに、業界ごと変えて“今まで蓄えたIT知識を失う”のは遠回りしすぎる」と言えます。

 

 

例えば僕は「体育会系のIT企業で医療系WEBライター」をやっていた時は、毎日「怒号とノルマを威圧してくる社風」に飽き飽きして、半年で辞めました。

 

諒

うわ…、毎日きっつ…。

 

しかし「共助を軸とした転職系WEBライター」をやっていた時は、そのままずっと働き続けても良いと思ったくらいです。

 

諒

適職で働くと、こんなにストレスが減るんだなぁ♪

 

このように「IT業界での知識や経験自体は割と好き」なのであれば、かつての僕のように「会社を変える」「職種を変える」という選択肢もアリなのです♪

 

業界を変えて変わるのは社風

目次 2

 

このように、業界を変えて変わるのは社風がメインです。

 

IT業界は基本的に「若い会社が多い」「老舗のオジイ・オバアが多くて働きにくい会社が少ない」というメリットがあるので、社風さえ違う場所に転職すれば、快適度が上がったりします。

 

もちろん「スピーディーな業界」など、どこにいっても「IT業界特有のあなたと合わない個性」もあるので、それがイヤなら業種or職種転換準備がベターですよ♪

 

同職種だとストレス自体は同じ

目次 3

 

同職種だとストレス自体は同じという事実も覚えておきましょう。

 

例えば「通信IT系の営業」は、変化の早い新商品・サービスを把握するのが大変というデメリットなどは共通します。

 

しかし「新規開拓中心のIT営業からルート営業中心のIT営業」に転職した結果、少なくとも「顧客を説得する労力とストレスは激減した」という体験が僕にはあります。

 

さらに「人間関係は好きだけど苦手」という思いもあったので、最終的には「内勤中心のWEBライター」に転職して、ストレスをさらに激減できた体験もあります。

 

これらは「営業は対人関係メインで疲れた」一方で「内勤PC作業は一日中こなせる業務であり、理系のプログラミングより文系物書きのほうが得意だった」のが僕に合っていたとも言えます。

 

そのため「あなた自身が合っていると感じる業種・職種・会社」を自己分析して情報収集することで、より働きやすい生き方へシフトできますよ♪

 

業界自体は成長軌道

目次 4

 

業界自体は成長軌道なので、IT業界内で転職するという視点もおすすめです。

 

正直言って古臭い企業は、若い企業とは違うデメリットやネガティブな面も多かったりします。

 

古臭い企業への転職デメリット

そもそも中途採用のハードルが高い

老害ばかりで人間関係ストレスが増す

ルールや規律にがんじがらめになっていることも多く、周りの目を気にするレベルが若い企業より上がる

単純に会社の成長力が落ちていて、倒産確率が上がっている

 

このようなデメリットもあり得るので、IT系の若い企業がイヤだからと極端に反対の企業に転職してしまい、後々後悔する可能性もあると覚えておきましょう♪

 

まとめ
  • IT業界の何が合わないか?を考える
    • 業界を変えて変わるのは社風
  • 同職種だとストレス自体は同じ
  • 業界自体は成長軌道

IT業界に疲れた時の転職選択肢

目次

 

諒

では次に、IT業界に疲れた時の転職選択肢についてご紹介していきます。

 

IT系ホワイト企業を探す

目次 1

 

一番シンプルな転職選択肢は、IT系ホワイト企業を探すという方法です。

 

なぜなら、一口にIT業界・IT系企業と言っても沢山あるので、あなたの不満を解消できる働き方を提供している会社も沢山あるからです。

 

そのため「超過勤務がイヤなら残業少なめ」「収入少なめがイヤならインセンティブや基本給UP」が可能な会社情報を集めれば良いわけです♪

 

 

今の会社と全く同じような仕事をする環境でも、驚くほど快適になるケースもあるので、転職サイトで情報収集する価値はありますよ♪

 

他の業界自体を探す

目次 2

 

他の業界自体を探すという方法もおすすめです。

 

IT系のスピーディーな働き方に不満があるのであれば、堅実に働けるお堅い業界にシフトすれば、悩みを解決できる可能性も高いです。

 

もちろん、転職先でも新しい悩みが発生するかもしれませんが、少なくともあなたの適正に合っている場所を選ぶことで、ストレスを減らせる可能性は高いですしね(笑)

 

未経験から職種転換を目指す

目次 4

 

IT業界ではなく、今の業務に問題があると分かったのであれば、未経験から職種転換を目指すのもおすすめです。

 

例えば僕は、どこまで行っても「営業職」はどことなく得意ではなかったのですが、物書きになってから「あぁ、これなら一流を名乗れる」と思えるほど自分に合っていました♪

 

そのため、あなたも「本当は自分の適正に合った働き方がある」と思える場合には、職種転換自体を目指すのもアリですよ♪

 

フリーランスを目指す

目次 5

 

業界や職種ではなく、組織集団で働くこと自体に適性がないと感じているのであれば、フリーランスを目指すのもアリです。

 

もちろん、フリーランスは個人事業主なので、自己責任領域が増えるデメリットがありますが、その分個人の裁量で自由度が増すメリットも大きいです。

 

さらに、他の組織から「個人として需要を感じてもらえるスキルや経験」を蓄えておく必要もあるので、ある程度企業で修行しておく必要もあります。

 

 

そのため「長期的に数年後はフリーランス化を目指す」といった、長期計画で行動することをおすすめします♪

 

まとめ
  • IT系ホワイト企業を探す
  • 他の業界自体を探す
  • 未経験から職種転換を目指す
  • フリーランスを目指す
適職診断のおすすめ3選(リンク先にて適職診断情報を解説中)

自分の強みを知ることで、快適&幸福な仕事人生に近づける♪

IT業界に疲れた時の職種転換例

目次

 

諒

では次に、IT業界に疲れた時の職種転換例についてご紹介していきます。

 

なぜなら、似た業種や職種では同じ転職原因にブチ当たる可能性が高いので、未経験から別職種にチャレンジするのもアリですよ♪

人前に立つ営業・販売職

目次 1

 

人前に立つ営業・販売職がシフトする転職先としてあります。

 

改めて営業を経験した立場から言わせてもらうと、職種を人前に立つ仕事に変えるメリット・デメリットは以下の通り。

 

人前に立つ仕事への職種転換メリット

コミュニケーション能力が確実に上がる

コミュニケーション能力は人間関係能力であり、時に言うべきことを言う力が付き、自尊心が高まる

インセンティブがあったり基本給が上がるなど、収入UPの可能性が高い

個人の仕事能力を上げることで、周りに合わせず早めに帰ったりも出来るようになる(営業)

人前に立つ仕事への職種転換デメリット

お金や商品のやり取りをベースとした人間関係で動くので、とにかくストレスが多い

面倒なことを言ってくる顧客に対してストレスが溜まる

上司や同僚に気が強い人間が増えるので、内勤職より人間関係問題のレベルが上がる

仕事ができないとかなり直球でダメ出しや悪口を言われる

 

このように良くも悪くも「人と関わる良い点と悪い点が思い切り表面化する」のが人前に立つ仕事の全貌です。

 

とはいえ、得意であれば選択肢の一つにできますよ♪

 

経理・税務などの専門分野

目次 2

 

内勤の中でもより専門性の高い、経理・税務などの専門分野に転職してステップアップしていくのもアリです。

 

とくに「他の人や機械に代替できる業務」は今後どんどんあなたの手を離れていくので、そうならない分野のスキルを蓄えるしかありません。

 

もちろん、経理や税務が「人手のかかる作業からオフィスソフトに置き換わる懸念」もありますが、単純業務よりはもっと先の話です。

 

 

しかも「FP(ファイナンシャルプランナー)など、個人や企業のお金の悩みを解決する仕事」は、コミュニケーションして問題解決する必要性がある分、あなたにしか出来ない仕事になり得ます。

 

そのため「自分がずっと価値を提供できる誇りある仕事は何か?」という視点で、こういった内勤職のスペシャリストを目指すのもアリですよ♪

 

WEB系内勤職

目次 3

 

個人的に在宅勤務やリモートワークが実現可能なWEB系内勤職がおすすめです。

 

WEB系内勤職

WEBライター・WEBディレクター

WEBデザイナー

WEBマーケター・WEBコンサルタント

プログラマー・システムエンジニア など

 

僕はこの中から「WEBライター」に独学・未経験で転職したのですが、物書きの仕事が非常に合っていたようで、とても働きやすくなりましたから♪

 

しかも、強みとして「自分HPを持てるスキルを蓄えられる」ので、副業を始めるのに最適なジャンルだとも思っています。

 

HPを持つことができれば、自分が伝えたいことを発信する力や、お金を稼ぐ力も高めていけるので、選択肢として非常におすすめですよ♪

 

※ちなみに「WEBマーケターやWEBコンサルタント」は数値解析で「プログラマー・システムエンジニア」はプログラミング言語記述で、理系的業務

 

 

※なお、以下のリンク先では、僕が「未経験でWEBライターに職種転換した体験談やノウハウ」を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

職種未経験から経験を積む

目次 4

 

他にもこれらに共通する知識として、ある程度思い切ったやり方ですが、職種未経験から経験を積むのもアリです。

 

実際、僕の転職系WEBライター時代の後輩は「25歳の時(入社3年目)に第二新卒枠転職で、地元京都で未経験からWEBデザイナーに転職」していきました。

 

同僚

先輩♪俺、地元で転職決まりました♪未経験からWEBデザイナーをやります♪

諒

入社3年目だし、能力もあるから大丈夫じゃない♪次の職場も楽しんでね♪

 

年齢が若い時しかこのようなチャレンジができないか?と言えばそうではなく、僕自身も30歳の時に営業職からWEBライターに転職したので、やりようはありますよ♪

 

独学で勉強する

目次 5

 

一番簡単に実践できるのは、独学で勉強するという方法です。

 

実際僕も、社会人就業中に独学で運営していたブログを元にして「営業マンからWEBライターに転職」を果たしました。

 

他にも「エステティシャンから独学で勉強してWEBデザイナーになった」という女の子もいましたし、プログラミング言語を学べばシステムエンジニアになれる道もあります。

 

 

もちろん「●●勤務経験1年以上」などの経歴が必要な中途採用求人には応募できませんが、時間がある内にスキルアップする上で、独学は必須とも言えますよ♪

 

職業訓練を受ける

目次 6

 

ヒューマンアカデミーなどの「資格取得・社会人学校」に行ったり、ハローワークなどで職業訓練を受けるのもアリです。

 

僕もヒューマンアカデミーには「WEBデザイナーに関する資料請求&入校相談」に行きましたが、数十万円払って専門スキルを学べる魅力があります。

 

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミー

出典:ヒューマンアカデミー

 

またハローワークでは、一定の条件を満たせば受講料無料で、なおかつお金をもらいながら受けられる制度があるのも魅力です。

 

支援制度の区分け

「失業保険を受給できない対象者=求職支援訓練(10万円程度の給付金を受け取りながら職業訓練が受けられる)」

「失業保険受給対象者=公共職業訓練(訓練期間中は失業保険延長給付対象になる)」

職業訓練の例

プログラミング言語

WEBアプリエンジニア

建築系CAD

保育士

介護福祉士

調理師

自動車整備

溶接技術

トラックドライバー

WEBデザイナー

電気設備

ネイリスト など

 

このように非常に幅広い訓練が用意されています。

 

ただしこの制度は以下のように、利用にあたって多くのボトルネックがあります。

 

職業訓練の問題点

応募者が多い為、人気講座ほどスグ埋まって受講しにくい

実家暮らしでもない限り、一定の受講期間(2ヶ月〜2年)がかかるので、ある程度貯金が必要

国や地域からの支援金で行われている訓練なので、社会で通用する「最低限レベル」のケースが多い

 

個人的にはこのような理由から、一度もこの制度を使ったことはありませんが、職種自体を変えたいのであれば、ハローワークで相談してみるのもアリでしょう。

 

職種未経験歓迎に入社する

目次 7

 

職種未経験歓迎に入社するという方法もおすすめです。

 

なぜなら「1から成長していける環境だと会社側が提示している」ので、独学して学ぶより早いからです。

 

さらに「講座受講でお金を払いながら成長する」より「入社すればお金をもらいながら成長できる」ので、真剣に学んで習得できるメリットもあります。

 

まとめ
  • 人前に立つ営業・販売職
  • 経理・税務などの専門分野
  • WEB系内勤職
  • 職種未経験から経験を積む
    • 独学で勉強する
    • 職業訓練を受ける
    • 職種未経験歓迎に入社する

 

なお、リクナビネクストでは「適職診断を無料で受けられる」「転職先情報収集を行える」メリットもある為、今スグ登録しておくのがおすすめですよ♪

 

諒

ストレスが限界に達する前に、脱出準備は早めに始めたほうが、後々ラクになりますよ♪

 

生涯安定の経済基盤を獲得するコツ

目次

 

諒

では次に、生涯安定の経済基盤を獲得するコツについてご紹介してきます。

 

現状維持は将来10%以上不幸

目次 1

 

まず大切なお知らせからお伝えすると、現状維持は将来10%以上不幸になると断言できます!

 

もっと言うと「将来不安な会社」「今後も成長見込みのない会社」で働いており「稼げる資格や副業スキルも勉強していない」人は、沈没間際の船に乗っているに等しいのです!

 

そしてこれは「過去20年間の日本の年収推移」を理解すると、その現実が見えてきます。

 

会社員平均年収の低下

平均年収

出典:年収ラボ

賃金上昇率

出典:全労連

 

このように、先進国は20年間で「最低15%(アメリカ)〜最高38%(スウェーデン)程度賃金上昇した一方で、日本は11%低下」しており、このままだと日本はさらに10%以上収入低下が想定されるわけです。

 

今後も成長見込みのない会社で働いており、稼げる資格や副業スキルも勉強していない人の悲惨な20年後

現在20歳年上の先輩が得ている年収から10%以上減(50歳前に年収500万円なら、年収450万円以下)

年収は現在20歳年上の先輩と同じでも、サービス残業が10%増(平均40時間なら、毎月44時間)

人件費圧縮により社内の非正規雇用UP、リストラや早期退職勧告UPで居場所が減っていく

 

このような現実な上に「老後2000万円問題」「借金返済の増税」などの懸念材料もある中、今の延長線上で生きるあなたの選択肢は「ガマンして節約して耐える」のみです。

 

※しかも「僕の祖父母は年金生活でも子孫に還元」してくれましたが「両親は退職金と年金で手一杯」なので、僕たち世代は自分で切り拓くしかありません

 

このように、様々な右肩下がりの可能性がありますが、何も行動しない場合あなたの未来は「悪化」しかありません。

 

転職は勇気が必要ですし、新天地に慣れるのは努力が必要ですが、苦痛な現実が増えると分かっているのに今の場所に固執してガマンし続けるよりは、将来的に楽ですよ♪

 

「国のせいだ!親のせいだ!会社のせいだ!」と思って責めていても、このままでは私達の現実が悪化していく事実は変わらないので、具体的な改善策を練って行動しましょう♪

 

今後の安定経済基盤は3つ

目次 2

 

以上の厳しい現実を踏まえた上で、10社転職経験&1000件以上の求人を書いてきた転職WEBライターとして立場から言わせてもらうと、おすすめできる今後の安定経済基盤は3つと断言できます!

 

今後も安定の経済基盤3パターン

1.今後も安泰の業界・会社で働く

2.今後も働き続けたい会社で働く

3.会社や社会情勢に関係なく生きれるように、副業スキルを育む

 

ハッキリ断言させてもらうと、今後も安心して生きていく道はこの3パターンがベストです!

 

そのため、あなたの現実ルートがこれに入れていない場合は、転職情報収集や副業について学び始めたほうが良いのです!

 

今後も安泰の業界・会社で働く

目次 3

 

まず1番目の、今後も安泰の業界・会社で働くパターンとは、言ってしまえば「大型客船に乗ろう」ということです。

 

大型客船

 

そして、具体的な安泰の業界・会社とは「準国営企業(JAL/NTT)」「ライフライン系企業(ガス/電力/水道)」「市場が安泰な会社や、特別な特許技術を持っている会社」などです。

 

まず、準国営企業は「国の威信そのもので根幹」なので、リストラなどはありますが、倒産させないように国費投入などの可能性もあり、存続率は一般企業より高いです。

 

※例え大企業でも「シャープの鴻海(ホンハイ)買収」「ブリヂストンの8000人規模の人員を含む中国企業への売却」など、外資の危機やリストラの危機に晒されるリスクがあります

 

 

そしてライフライン系企業も、人間が生活している限り必須の分野なので、これらが0になることは、人間が肉体を捨てない限りあり得ません。

 

もちろん、そのような企業は「●●電力」「●●ガス」などの大会社もありますし、電気関連商品を扱う会社など、安泰企業もたくさんあります。

 

ただし、問題なのは「これらの企業は、現時点において“高学歴エリート”が新卒入社して活躍している狭き門の世界」ということです。

 

ぶっちゃけて言うと、僕はこの中で「新橋にあるNTTグループの本社で営業マンとして働いていた経験」があるのですが、そこでは「3ヶ月契約更新のある契約社員」でした。

 

そして、2年ほどで会社を辞める時には、正社員の同僚から「僕はしがみ付いてでも働き続けるよ…。羨ましいなぁ…」と言われた位なので、辞めないメリットのほうが大きいわけです。

 

このような「高学歴エリートが新卒で入る会社」は、中途で転職しようとする場合、よほど前職で有能な実績を持っていない限り、ほぼムリと言えるのです。

 

実態は「正社員登用をチラつかせながら、働かない正社員に変わって、クビリスクがある契約社員を働かせていた状況」だったので、クソだなと思って辞めましたから…。

 

そのため、あなたが僕のように「高学歴エリートの会社に正社員として入社ができない」のであれば、このパターンはほぼムリと言えます。

 

今後も働き続けたい会社

目次 4

 

会社の大きさや勤務継続メリットに関係なく、今後も働き続けたい会社で働くという選択肢もおすすめです。

 

なぜなら「会社が潰れない限り、一緒に成長・繁栄していく覚悟ができている」からです。

 

「会社の創業者に惚れている」「居心地が良くて、今後も一緒に働きたい」「特に不満がない」など、人によって今の会社を辞めるつもりがない理由は沢山あります。

 

しかし、このサイトを訪れているあなたは「今の会社や生き方に疑問を感じている」わけですから、このように「働き続けたいと自信を持って言える会社」を探し始める必要性が高いのではないでしょうか?

 

だからこそ、転職サイトに登録して「自分が働き続けたい会社・生き方を引き寄せ始める」ことが必要と言えるでしょう!

 

副業スキルを育む

目次 5

 

僕が転職以外に取った選択肢ですが、副業スキルを育むというのも非常におすすめです。

 

そして、この副業スキルを育むというのは「自分の船を自分の手で作りor買い、大きくしていく」ようなものです。

 

ヨット

 

例えばスキル売買サイトでは、以下のような能力を持っている人には、給料以外で収入を得るチャンスがあります。

 

給料以外で収入を得るチャンス

  • イラスト系=似顔絵や結婚式などで使うウェルカムボードの作成からLINEスタンプまで
  • デザイン系=WEBデザインやロゴデザインからパンフレット資料や写真編集まで
  • 動画系=動画編集やアニメーション制作からミュージックビデオ作成まで
  • 音楽系=譜面作成や自分で歌ってみたから作詞・作曲・編曲まで
  • 文章系=文字起こしや記事作成から小説・シナリオの作成
  • IT・アプリ系=システム開発・ゲーム開発からアプリ開発まで

 

挙げればキリありませんが、このように「趣味?のようなスキルで稼げる」「本業で蓄えたスキルで稼げる」のが現代の良いところです(雑貨販売やネットショップ開設もアリ)

 

 

そして実際に僕の知人にも、副業で生活水準を上げていたり、それが軌道に乗って起業に到達したという成功例が何人もいます。

 

僕の知ってる副業・スキル活用者例

  • 美容部員から30歳でWEBデザイナーに独学転職し、お金が欲しい時に個人案件依頼対応(時には1件で10万円以上貰うことも)
  • プログラマーとして働く傍ら、仕事で論文作成の必要性があり、文章スキルを磨こうと小説を書いていたら、出版社から声がかかり、小説家デビュー(現在では数十万部を売った人気作家)
  • 飲食業界で働く傍ら、お金を貯めた上で一念発起して「好きなコーヒーを自分の好きなようにお客様に提供できる珈琲店」を開業して数年経つ経営者

 

もちろん「絶対起業成功!」と意気込む必要はありませんが、何かあった時に「月数万円でも確保できる収入源」を持てる人間になると、それだけでかなりメンタルが安定しますよ♪

 

ちなみに副業経験を積むには、以下のパターンがおすすめです。

 

僕の知ってる副業・スキル活用者例

  • 転職先自体でレベルUP=自分がワクワクした気持ちで働ける仕事で副業スキルUP(僕がWEBライターとして文章スキルを磨いたやり方)
  • 残業少なめの会社で副業開始=時間確保して副業に挑戦時間を作って、知識と経験を積む
  • 副業OKの会社で副業開始=堂々と副業できる為、転職後に自分の好きor得意なことを始めてみる(リクナビネクストでは400件以上が副業OK)

 

副業OK

 

このようなやり方がありますし、年収20万円以上稼がなければ、副業事実は会社側にバレませんし、適切に対処すれば、転職しなくても副業収入を得ることは可能です♪

 

※なお、以下の記事では「副業禁止企業で副業収入を得るためのコツ」を解説しているので、合わせて参考にしてください♪

 

 

また、以下の記事では「副業ブログの始め方」を以下の記事にて紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

転職準備最大のメリット

目次 6

 

そして、転職準備最大のメリットは「苦痛を感じる会社・上司・生き方から距離を置ける&転職すれば永遠に縁切りできる」点にあります。

 

そもそも「副業スキルを育む」と決意しても、毎日長時間残業だったりストレスフルな状況で生きていると、心身が安定しません。

 

しかし、転職サイトに登録して情報収集を行い、来るべき日に転職した結果、ワークライフバランスが劇的に改善できた例は沢山あります。

 

ワークライフバランスが劇的に改善できた例

  • 「体育会系の周りは敵という会社」から転職して「周りと協力・強調して仲間として働く会社」に転職してストレスが激減
  • 「会社の肩書は良いけど、毎日残業だらけのエンジニア」から転職して「基本的に定時帰り〜月平均20時間程度」でワークライフバランスが劇的に向上
  • 「社歴が長いだけで仕事をしない、老害がイッパイの会社」から「同年代が多い会社に転職」した結果、人間関係ストレスが激減

 

このように転職することで「イヤな現実を縁切りできる」ので、リクナビネクストに登録して情報収集を始めるだけでも、徐々に不快な現実縁切りをスタートできるのです♪

 

 

逆に現代日本では「我慢さえしてればOK」と甘んじて現実を何も変えず、取り返しのつかないレベルで行き場がなくなり、路頭に迷ってしまうリスクがあります!

 

今の会社から放り出されて路頭に迷う将来例

突然のリストラに会い、何も誇れるスキルがなくて転職先が見つからず、路頭に迷う

 

このような絶望的な未来を避ける為にも、今のうちからリクナビネクストに登録して「イヤな会社や人間関係からの縁切り」を始めるべきです!

 

 

1年後〜数年後に「なんであの時チャレンジしなかったんだ?」と後悔する情けない人生が良いですか?

 

それよりも「あの時、現実のルートを少しずつ変え始めてくれて、本当にありがとう俺or私」と自分を誇れる人生が良いですよね♪

 

学生時代は進路を親や周りが決めてくれたかもしれませんが、社会人時代は「どんな人生を生きるのも自己責任」です。

 

もちろん、会社内評価や指導は上司や会社がしてくれますが「あなたの人生の責任」は、あなたしか取れないのです!!

 

そのため「現在の延長線上は、後悔・不安・絶望が増え続ける」のであれば、今すぐリクナビNEXTに登録して「今のクソッタレな現実を拒絶する行動」を起こすべきです!

 

良い大人なんだから、いつまでイヤな毎日にしがみついてるんですか?毎日やりたくないゲームをやるが如き人生はイヤじゃないですか?最悪な現実に腹が立つでしょう?ならいつやるか?今でしょ?

 

\転職参考記事!/

 

まとめ

 

諒

以上がIT業界に疲れた?営業経験者が語る疲れる理由や状況改善のコツのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

自分の適職・天職を知るメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

自分の適職・天職を知らないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたが自尊心を取り戻せるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

\【転職準備】会社を辞めたくなった時に備える関連記事はこちら!/

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

リクナビネクスト無料登録メリット(リンク先にてリクナビNEXT情報を解説中)

退職・転職を思い立ってから急いで準備を始める前に、逃げ先情報を増やして安心をストックできる♪

意欲が弱い内からの転職サイト登録利点

転職サイト gif

諒

なお最後に補足として、意欲が弱い内からの転職サイト登録利点についてご紹介していきます。

キツい時は登録意欲すら無くなる

目次 1



キツい時は登録意欲すら無くなるのが、転職意欲が少ない内から登録しておく、一番のメリットです!!



あなたも人生で深く悩んだ時期に「何もできず休みが終わってしまった…」という経験がありますよね?



それと同じ状況が「今勤めている会社」で起こってしまうと、そこから逃げようとする気力すら湧かず、もっときつい現実に発展するリスクがあるのです!



転職サイト登録対策なしorありの例


■突然退職=ストレスが頂点になり辞める→転職活動を始める→アルバイトor貯金を崩しながら転職先を急いで探す!!

0から転職活動開始すると大抵3ヶ月以上かかる為、場合によっては貯金が足らず逃げられません

■転職サイトで情報収集して退職気力に余裕のある内から転職サイト登録→ストレスが頂点の時に退職→安心して転職先確保

僕は退職1ヶ月以内に正社員転職先を勝ち取った為、同じことをすれば最悪状況を回避できますよ♪



このように、意欲が低い内から転職サイト登録しておけば「今の会社を辞めたくなった時の安全対策」が可能ですよ♪

転職サイト登録は一種の保険

目次 8

このように、転職サイト登録は一種の保険と言えます!



保険を利用する安心例


■医療・がん保険高額医療費が発生した時などのリスクを回避

■自動車保険事故や、慰謝料問題などのリスクを回避

■転職保険働き先の倒産リスクや、勤務継続不能リスクを回避



このように「生命保険」「自動車保険」などと同じく「転職サイトは、今の会社に居られなくなった時のリスク回避保険」として利用できるのです!



後ほど紹介する「リクナビネクスト」は、登録利用料無料も大きなメリットです(報酬は求人企業が支払っている為)

\メルアド登録5分+職務経歴書10分でオファーをストック!/

求人ストックで選択肢を増やせる



転職意欲が低い内の登録メリットとして、求人ストックで選択肢を増やせるという利点もあります!



これは「メールアドレス登録+職務経歴書」を入力することで「転職先オファーをストックして、情報収集をシステム化できる」のです♪





例えば、僕がおすすめするリクナビネクストでは「直近3ヶ月で20件ほどのオファー」を受け取りました。



リクナビネクストで職務経歴書入力しておくメリット


オファー メリット

職務経歴書登録で受け取ったオファー例

オファー例



このように、今スグ登録しておけば「上司のパワハラでストレスが頂点に達した時」「ガマンの毎日に嫌気がさした時」の逃げ道確保を、15分もあれば対策できるのです♪



職務経歴書を入力しておいた方が良い理由


オファーやスカウトは採用企業側の追加料金支払いの為、採用本気度が高い

未経験採用であってもオファーを出すほど育成意欲が高いため、採用確率が高い

電話勧誘がない+メールを受け取るだけなので、ストレスフリー



PS.職務経歴書に、雇用形態(正社員/契約社員/派遣/パート/アルバイト)は関係ないので、安心して記入してくださいね♪



\メルアド登録5分+職務経歴書10分でオファーをストック!/

リクナビネクスト登録利点

リクナビネクスト

そして業界最大級の転職サイトである、リクナビネクスト登録利点をご紹介しておきます。



リクナビネクスト登録メリット


就活で誰もが使用した「リクナビ」の転職版なので、使い方が理解しやすい

業界最大級の求人掲載数なので、転職しなくても必ず登録しておきたいサイト

電話や応募催促がキツい転職エージェントより気軽に使える

職務経歴書登録しておけば、自分の市場価値が分かる



このように「転職情報が一番集まっているサイト」なので、転職意欲が弱い内から登録メリットは大きいのです!!



しかも、再補足しておくと「職務経歴書登録でオファーやスカウトメールをストックできる」という利点もあります。



そのため「今の会社に一生勤めるつもりはない」なら、今スグ登録しておくべきサイトと言えます!!!



良い大人なんだから、いつまでイヤな毎日にしがみついてるんですか?毎日やりたくないゲームをやるが如き人生はイヤじゃないですか?最悪な現実に腹が立つでしょう?ならいつやるか?今でしょ?


今スグ人生を変える覚悟を決めてリクナビネクストに登録すれば、理想の未来を引き寄せ始められますよ♪



\メルアド登録5分+職務経歴書10分でオファーをストック!/