IT業界 向いている人

 

諒さん諒さん

「事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

「IT業界に向いている人・向いていない人を知りたい!」「IT業界ではプログラミングができないしパソコンが苦手だから、営業や事務などを軸に、転職する面接の自己PR用志望動機を作る参考が欲しい!」

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も通信系のIT大手企業に営業として入りましたが、IT業界が向いている人ではないと確信して転職した人間なので、今のあなたの気持ちが痛いほどよく分かります…。

 

 

だからこそ、そんな今のあなたと同じ時期を経験した僕が「IT業界が向いている人やおすすめ転職方法・職種選択」を具体的に紹介します♪

 

転職変化

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

IT業界に向いている人

メリット

 

では次に、IT業界に向いている人についてご紹介していきます。

 

スピーディーな業界変化

スマホ SNS

 

スピーディーな業界変化に対応できる人は、IT業界に向いている人です。

 

IT業界は「ドッグイヤー(犬の寿命は人間の1/7と言われており、IT業界は他業界の7倍の速さで進化)」と言われています。

 

そのためドンドン新商品やサービスが出てくるので、それを楽しめる人にとってはこの上なく刺激的な業界と言えるのです。

 

奥深い知識習得

本

 

奥深い知識習得が好きか得意なら、IT業界に向いている人です。

 

とくに「ITはプログラミング言語などの専門知識」「通信系も専門用語のオンパレード」なので、とにかく覚える分野が奥深いです。

 

そのため入社年数が上がるほど「難易度の高い知識」を習得していくので、レベルアップしていくのが好きな人にとっては非常に楽しめる業界です。

 

自主的に学ぶのが得意

レベルアップ

 

自主的に学ぶのが得意な人も、IT業界に向いている人です。

 

先ほどまででお伝えした通り「知識の変化が早い」「知識が奥深い」ので、自分から主体的に学んでいける人なら問題なしです。

 

しかもレベルアップしていけば、収入UPや独立などのフリーランス化も見えてくるのでおすすめです。

 

 

実際僕の知り合いにはSEとしてフリーランス化した人が何人もいますし、営業職でも「提携子会社」のように独立して社長になった人もいます。

 

もちろん社内で出世して行って豊かになるのもアリですけどね♪

 

交渉能力のレベルを上げられる

適職

 

営業やセールスエンジニアの話にはなりますが、交渉能力のレベルを上げられるので、その点にやりがいを感じられるならIT業界に向いている人です。

 

なぜなら「ITに強い顧客だと、専門知識の応酬になる」「ITに疎い顧客だと、基礎知識からの説明を求められる」からです。

 

保険や車のように「全く0ベースの人にのみ教える一環業務」とは異なるので、相手に合わせて説明レベルや伝え方を変えていくやりがいがあるのです。(面倒くさいとも言えますが…。)

 

IT業界に向いてない人向け職種転換

適職

 

では次に、IT業界に向いてない人向け職種転換についてご紹介していきます。

 

なぜなら似た業種や職種では同じ転職原因にブチ当たる可能性が高いので、未経験から別職種にチャレンジするのもアリですよ♪(転職した結果、自分に合っていたりもしますから♪)

 

人前に立つ営業・販売職

営業 セールス

 

人前に立つ営業・販売職がシフトする転職先としてあります。

 

改めて営業職を経験した立場から言わせてもらうと、職種を人前に立つ仕事に変えるメリット・デメリットは以下の通り。

 

人前に立つ仕事への職種転換メリット

コミュニケーション能力が確実に上がる

コミュニケーション能力は人間関係能力であり、時に言うべきことを言う力が付き、自尊心が高まる

インセンティブがあったり基本給が上がるなど、収入UPの可能性が高い

個人の仕事能力を上げることで、周りに合わせず早めに帰ったりも出来るようになる(営業)

人前に立つ仕事への職種転換デメリット

お金や商品のやり取りをベースとした人間関係で動くので、とにかくストレスが多い

面倒なことを言ってくる顧客に対してストレスが溜まる

上司や同僚に気が強い人間が増えるので、内勤職より人間関係問題のレベルが上がる

仕事ができないとかなり直球でダメ出しや悪口を言われる

 

このように良くも悪くも「人と関わる良い点と悪い点が思い切り表面化する」のが人前に立つ仕事の全貌です。

 

そのため離職率も高かったりするので「収入を上げたい!」「自分に自信をつけたい!」という確固とした目的がなければ、そもそも職種転換しない方が良いジャンルとも言えます。

 

経理・税務などの専門分野

役所

 

内勤の中でもより専門性の高い、経理・税務などの専門分野にステップアップしていくのもアリです。

 

とくに「他の人や機械に代替できる業務」は今後どんどんあなたの手を離れていくので、そうならない分野のスキルを蓄えるしかありません。

 

もちろん経理や税務が「人手のかかる作業からオフィスソフトに置き換わる懸念」もありますが、単純業務よりはもっと先の話です。

 

 

しかも「FP(ファイナンシャルプランナー)など、個人や企業のお金の悩みを解決する仕事」は、コミュニケーションして問題解決する必要性がある分、あなたにしか出来ない仕事になり得ます。

 

そのため「自分がずっと価値を提供できる誇りある仕事は何か?」という視点で、こういった内勤職のスペシャリストを目指すのもアリですよ♪

 

WEB系内勤職

SEO

 

個人的に営業や販売ほどストレスを抱えることなく、収入UPなどを目指せるWEB系内勤職がおすすめです。

 

WEB系内勤職

WEBライター・WEBディレクター

WEBデザイナー

WEBマーケター・WEBコンサルタント

プログラマー・システムエンジニア など

 

僕はこの中から「WEBライター」に独学・未経験で転職したのですが、物書きの仕事が非常に合っていたようで、とても働きやすくなりましたから♪

 

しかも強みとして「自分HPを持てるスキルを蓄えられる」ので、副業を始めるのに最適なジャンルだとも思っています。

 

 

HPを持つことができれば、自分が伝えたいことを発信する力や、お金を稼ぐ力も高めていけるので、選択肢として非常におすすめですよ♪

 

※ちなみに「WEBマーケターやWEBコンサルタント」は数値を用いた分析・解析で「プログラマー・システムエンジニア」はプログラミング言語と呼ばれる式を記述する仕事で、理系的業務です

 

 

※なお、以下のリンク先では、僕が「未経験でWEBライターに職種転換した体験談やノウハウ」を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

まとめ

 

以上がIT業界に向いている人!向いてない場合の働き方シフト用最強転職術のご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

自分の適職・天職を知るメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

自分の適職・天職を知らないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

 

※そして以下のリンク先では、転職サイトに登録「だけ」でもしておくべきメリットを紹介しているので、合わせて参考にしてください♪

 

 

※また、以下のリンク先では、どうしても会社に行きたくない時の休む正当な理由を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

自分だけの適職・天職の見つけ方

向いてる仕事
振り返り



今の仕事が本当に合っているのか?

本当はもっとラクに楽しく働ける場所があるかもしれない…

自分では分からないけど、仕事に使える強みってあるのかな?

頑張って働いてるけど、ずっとこのままは苦しいから、いつかは転職したい…



そんな悩みをお持ちの方向けに、以下のリンク先にて「自分の強みを知り、適性のある仕事の見つけ方」をご紹介します。