地元で就職すればよかった

 

諒

「転職10回+3職種経験」&「転職サイト企業にて求人500社(1,000件)以上作成」した「強烈な影響力のある男」がまとめました♪

 

相談男性1

「地元で就職すればよかった…後悔した時に出戻るコツを読みたい!」

相談女性1

転職活動するなら地元が一番?それとも「東京に上京」した方が「大手採用/正社員」を紹介してもらえる可能性が高いから後悔する?

相談男性3

「辞める理由の作り方」「転職先への応募面接テク」「希望業種で働く為の、内定獲得のコツ」などを知りたい!

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も「地元で就職すればよかったと後悔した事がある」為、あなたにその経験をシェアできます。

 

 

だからこそ、そんな僕が「地元で就職すればよかったと思う時対策」を具体的に紹介しています♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

地元で就職すればよかった【地元利点】

地元で就職すればよかった 後悔 地元利点

 

諒

ではまずはじめに、地元で就職すればよかった【地元利点】についてご紹介していきます。

 

※「名古屋→東京に上京した人間の体験談」をお伝えします

 

家賃や生活費が安い

 

家賃や生活費が安いのが、地元で就職すればよかったと思う理由です。

 

とにかく都会は「あらゆる物にお金がかかる」為、生活だけでかなり大変なのです。

 

 

例えば、住む場所を東京都内にこだわったら「1Rでも月10万円近い」為、月収20万円ではほぼムリです。

 

さらに日常生活費も高いですし、ファッションもブランド物なら「Tシャツ1枚1万円」位します。(安い所で買えば良いですが…)

 

諒

嘘やん…。このブランドコート、20万円もするの?俺の給料やん(苦笑)

同僚

Tシャツ1枚1万円だって…。ユニクロなら、2,000円あれば買えるのに…。

 

他にも、個人的に「東京の水道水は不味いと感じた」為、ミネラルウォーター購入が当たり前になったのも、地味に痛手でした(品川区は不味かったですが、他は知りません)

 

その為「お金の使い方・管理能力を上げる」必要があるのも、東京の辛く苦しい点と言えるのです(修行といえばメリットになりますが…。)

 

お金を貯めやすい

 

総じて言えるのが、地元の方がお金を貯めやすいです。

 

もちろん「やりくりで対処できる部分」もありますが、やはり東京などの超都会は「家賃や生活費が高い為、金持ちほど快適+過ごしやすい街」です。

 

※東京の方が給与UPの可能性は高いですが、同額収入の場合は「地元の方が生活費を下げられるケースが多い」です

 

地元で就職すればよかった 龍が如く0

出典:龍が如く0

 

とくに僕は「東京屈指の高所得エリア・港区寄りの品川区」で生活していた為、露骨にお金持ちとの差を意識させられました。(自分で意図的に選んだのですが…。)

 

※「東京・港区=平均年収1,200万円超え」の為、タワーマンションや高級車が当たり前のエリア

 

 

その為、簡単にタクシー乗車する人を見たり、高級車に乗るセレブを見る度「なんだこの街は?!」と腹が立った事を覚えています。

 

諒

ゲ!六本木に来たら「ランボルギーニ・フェラーリ・ロールスロイス」が一気に停まってる…。地元なら1台見るのも珍しいのに(苦笑)エグいな…マジで…。

 

ちなみに僕は、この感情を「野心を育めるメリット」として利用していました♪

 

しかし同時に「貧乏人として、イヤでも意識させられる」というデメリット面も強かったです(苦笑)

 

人間関係の繋がりがある

 

人間関係の繋がりがあるのも、地元で就職すればよかったと思う理由です。

 

例えば僕の場合、名古屋にいた時は「ご近所さんは顔見知り+挨拶が当たり前」でしたが、東京では隣近所の顔をほぼ知りませんでした。

 

 

もちろん「戸建て購入など、永住前提者の場合」は違うでしょうが、賃貸暮らしだと「周りは見ず知らずの他人」というケースがほとんどです。

 

さらに「社内メンバーの仲が良い」場合を除き「社外で上司や同僚と会わない」のが普通です(新卒で同期がいるなら別ですが…。)

 

 

その為「地元が関東の人or大学から上京して友達がいる人」以外は、積極的な友達作りをしなければ、人間関係が希薄になりやすいです。

 

※「シェアハウス住みで固定費削減+人間関係構築する人」も増えていますが、この場合も「積極的な縁作り」の一つと言えます

 

 

その一方、地元なら「学生時代の友達」「同じor似た価値観で育ってきた趣味友」などを見つけやすい為、安心感は大きいと言えます。

 

※なお「失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方」「職業訓練のメリット・デメリット」などに関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

失業保険の有効な使い方

  1. 失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方=退職後の不安やモヤモヤがある場合はこちら
  2. 職業訓練のメリット・デメリット=ハローワーク経由で学ぶリスクを知りたい場合はこちら
  3. 職業訓練に落ちた時対策=失業中のスキルUPテクを知りたい場合はこちら
  4. 職業訓練途中退校デメリット=途中で辞めたい場合はこちら

満員電車ストレスが少ない

 

地元であれば、満員電車ストレスが少ないという原因もあります。

 

東京では「物件購入or駐車場を借りる+車購入」する場合を除き、満員電車生活が日常になります。

 

 

そして、通勤ラッシュは「ぎゅうぎゅう詰めが当たり前」な為、毎日それが続くと「僕は奴隷船に乗っているの?」と凹んできます…。

 

もちろん、車移動は「購入+維持費」などのストレスがありますが、やはり選択肢は少ない方が辛いです…。

 

地元で就職すればよかった【体験談】

地元で就職すればよかった 後悔 体験談

 

諒

では次に、地元で就職すればよかった【体験談】についてご紹介していきます。

 

都会はとにかくシンドいし疲れる

 

都会はとにかくシンドいし疲れるというのが、東京に約8年住んだ僕の結論です。

 

僕は元々「名古屋城近くで24年間育った人間」なので、どちらかと言えば「都会育ち」です。

 

 

しかし「地元より都会は疲れる」という点は、誰もが「共通で感じる気持ち」だと思います。

 

もちろん、20代の頃は「東京って楽しい〜!」「都会って刺激に溢れてる〜♪」というワクワクと興奮で生きていましたが、それも数年経験すれば大抵飽きます。

 

諒

渋谷やべー!六本木ガチャガチャ♪ブランド一杯!ひょー(笑)

↓数年後

 

諒

今の自分で行ける所は、大体行ったんだよなぁ…。

 

その為僕のように、ある程度都会を楽しんだ結果「やっぱり地元が一番…」と感じる人は多いです。

 

大手は地元に戻りたい人多数

 

そして「社員数2万人の会社に入って直面した事実」ですが、大手は地元に戻りたい人多数でした。

 

実際、その会社は全国に支店を持っていた為、先輩のほとんどは「関東出身者or持ち家の人以外は、ほぼ全員地元支店に移りたがっていた」のです。

 

※その会社は「支店・本社勤務とも収入は同じ」だった為「固定費が減る上に、地元の方が落ち着く」という側面もあったのですが…。

 

 

その為「東京や都心に居続けるのは、何らかの束縛理由がある」人が非常に多いわけです。

 

地元で就職すればよかった カイジ ブレイブメンロード

出典:カイジ

※もっと言うと「上京した人の大半は“忙しい生き方”にどこかのタミングで疲れて、地元に帰りたがってる」のです。

 

地元で就職すればよかった【地元後悔】

地元で就職すればよかった 地元後悔

 

諒

では次に、地元で就職すればよかった【地元後悔】についてご紹介していきます。

 

仕事の選択肢が減る

 

仕事の選択肢が減るデメリットがあります。

 

そもそも、主要企業の大半は都心に集中している上、沢山の関連企業もある為、転職先候補も多いです。

 

 

その上「東京1,000万人・関東圏3,000万人=日本の1/4人は関東在住」の為、他の主要都市圏と比べても、求人量は全然違います。

 

その為「在宅勤務などで距離が関係ない働き方」を選ばない限り、キャリアの伸び代が少ない可能性は高いです。

 

収入UPのチャンスが減る

 

収入UPのチャンスが減るのもデメリットです。

 

東京は「物価や生活費」も高いですが、その分平均所得・最低賃金も上がる為、間違いなく地元より年収は上がります。(仕事の選択肢が広いのも要因)

 

 

実際、僕のSE(システムエンジニア)の知り合いには「名古屋では月収25万程だったが、東京上京後2.5倍になった」という話を聞きました。

 

他にも「運送業・正社員から独立&個人事業主になったら、月収20万→90万円になった」という知り合いもいました。

 

同僚

俺?運送会社の社員時代は20万そこそこだったけど、個人事業化したら月収90万になった♪

諒

マジで!すげー♪

 

もちろんこれは「かなり優秀な人+上京後に飛躍した“極端な例”」ですが、いずれにしても地元生活の場合「このようなチャンスすら得られない」可能性もあるのです…。

 

仕事のレベルが上がらない

 

勤める会社に左右されますが、仕事のレベルが上がらないのもデメリットです。

 

そもそも「有名企業の大半は東京にある」為、そのどこかで働けるチャンスを得られれば、仕事レベルを大きく成長できます。

 

地元で就職すればよかった Fate/Zero アイオニオンヘタイロイ

出典:Fate/Zero

 

実際僕も、「準官公庁系・通信系IT企業」に契約社員で勤められた結果「一流のビジネスマンとしての自尊心育成経験」を得られました。

 

※とくに、そこでお世話になった課長は「●●営業本部に●●課長あり」と言われるほど、圧倒的な成果を誇る方で、大きな刺激と影響を与えて戴きましたから♪

 

 

その為、地元で一生を過ごす場合、日本TOPクラスの仕事レベルに触れられない可能性は高いです。

 

地元で就職すればよかった【Uターン利点例】

地元で就職すればよかった Uターン利点例

 

諒

では次に、地元で就職すればよかった【Uターン利点例】についてご紹介していきます。

 

前向きな地元就職で後悔が少ない

 

「前向きな地元就職で後悔が少ない」という利点があります。

 

最初から地元で就職していると「本当は都会に出たかった…」という後悔が付き纏う人も一定数いますが、既に1度出ている場合はそれが少なくなります。

 

呪術廻戦 天上天下唯我独尊

出典:呪術廻戦

 

その為「自分は都会暮らしを満喫しきったから、堂々と地元に再就職できるぞ♪」と思えるのが、Uターン転職のメリットと言えるのです♪

 

地元人材より市場価値が高い可能性大

 

「地元人材より市場価値が高い可能性大」という利点もあります。

 

例えば僕の場合、地元の同大学卒業生の友達と10年ぶりに電話で会話した時に「本当に同じ10年を過ごしたのか?」と驚いたことがあります。

 

同僚

MVなんとか?っていうスマホの商品売らないといけなくなって…

諒

(まじか…MVNOの事やろ?そんなん東京なら、もうとっくに売れ終わりつつある商品やん)

 

このように、都心で働いている人はビジネスのメインストリームに触れているケースが多い為、地元に帰った時に「自分が既に対応した商品や知識が、地元では今がトレンド」だったりするのです。

 

必然的に「都心でバリバリ働いて来た経験が活きて、地元では楽なスタイルに落ち着く」というケースもあるのです。

 

地元で就職すればよかった【Uターン後悔】

地元で就職すればよかった Uターン後悔例

 

諒

では次に、地元で就職すればよかった【Uターン後悔例】についてご紹介していきます。

 

再度都会に出るのは厳しい

 

「再度都会に出るのは厳しい」という問題点があります。

 

例えば僕が東京再上京を画策する場合、以下の覚悟を固めなければなりません。

 

東京再上京に必要な覚悟

  • 収入基盤を確保しなければならない(転職の場合は、対面面接などで東京上京して最終面談を受ける手間などが再発生する)
  • 上京資金を用意して再引越し先などを検討しなければならない(少なく見ても50万円以上は必要)
  • 年齢を重ねたことにより「勢いで上京するモチベーション」は20代前半の頃のように出ない

 

このように「経済面・金銭面・精神面」がうまく機能しないと、中々再々上京という覚悟は固めにくいのです…。

 

給料・福利厚生低下リスク大

 

都心より地元の会社に転職する為「給料・福利厚生低下リスク大」という懸念もあります。

 

特に、零細企業に転職してしまうと「上場企業などの勤務ルールとは別世界の家族経営環境」で、驚くような劣悪環境に陥ってしまうリスクもあります。

 

地元で就職すればよかった Fate/stay night 無限の剣製

出典:Fate/stay night

 

その為「地元ハローワークに行って勢い転職」「知人のつてで安易に零細企業転職」などで焦って転職先を見つけず、しっかり情報収集しないと後悔可能性大ですよ!

 

転職先選択肢が減る可能性大

 

転職先選択肢が減る可能性大というリスクもあります。

 

例えば僕のような「WEBライター」だと、地元は転職選択肢が確実に減りました。

 

※それでも名古屋のIT企業が一定数ある為、就職選択肢自体はありますが、体感として「1/10程度に求人数が減った」と感じました

 

 

このように「地元で就職先が見つかりにくいキャリア」だと、転職選択肢が減ってUターン転職活動長期化のリスクもあります。

 

その為「自分のキャリアで求人はどれくらいあるか?」「めぼしい転職先が見つかりそうか?」などを、転職サイトに登録+情報収集してから、地元に帰るか考えるのもアリでしょう。

 

地元で就職すればよかった【UターンNG例】

東京就職移住はやめとけ UターンNG例

 

諒

では次に、地元で就職すればよかった【UターンNG例】についてご紹介していきます。

 

Uターン目的が不明確な人

 

Uターン目的が不明確な人は、一度考え直した方が良いでしょう。

 

なぜなら「明確にUターンする理由がない場合、再びOターンしたくなるのがほとんど」だからです。

 

例えば「忙しい都会暮らしに疲れたから」という理由で超田舎の地元に再転職した結果「ゆるすぎて耐えられない」という理由で都会への再転職を希望し出したりします。

 

 

このようなパターンであれば「Jターン=地元にも帰りやすい近隣の都会に転職する」という方法もあり、深く考えれば遠回りする必要がなかったりします。

 

その為「現状維持ではダメか?Uターンが本当に良いのか?」を明確にしてから、行動に移すのが賢明ですよ♪

 

確かな職歴がない人

 

確かな職歴がない人は結構きついです。

 

当然ながら「都会の方が転職選択肢が多い為、都会で培ったキャリアを持って地元に帰らないと、再転職に苦労するリスクがある」のです。

 

その為「地元に勤め先がなくて、上手くいかないリスク」もある為、目的を明確にするか?東京で通用するキャリアを育んでから引っ越すか?を考えた方が良いでしょう。

 

現住所に土着しすぎた人

 

現住所に土着しすぎた人も、帰る事をじっくり考えた方が良いでしょう。

 

例えば「恋人がいて遠慮離恋愛化」「結婚相手が地元について来てくれるか不明」などで失恋したり、離婚沙汰になるリスクは十分あります。

 

 

実際、僕の知り合いには「地元が兵庫だが東京で結婚した為、そのままイマイチ地元帰省に踏ん切りがつかず東京に残っている人」がいます。

 

勿論、将来的には奥さんを説得して地元に帰るかもしれませんが、いずれにしても恋人や結婚相手を説得してでも地元に帰りしたい理由が必要と言えるでしょう。

 

東京 就職 移住 やめとけ 頭文字D スキ

出典:頭文字D

地元で就職すればよかった【UターンOK例】

地元で就職すればよかった UターンOK例

 

諒

では次に、地元で就職すればよかった【UターンOK例】についてご紹介していきます。

 

Uターン目的が明確な人

 

Uターン目的が明確な人は、帰る準備を始めても良いでしょう。

 

実際僕は「32歳で上場企業勤務5年を達成し、一流のビジネスマンという自尊心を達成した」と感じてから、地元に帰る覚悟が固まりました。

 

このように「地元でも食っていけるキャリアを育てられた」などの強みを確立できているなら、Uターンしてもやっていけるでしょう♪

 

都会の喧騒に疲れた人

 

都会の喧騒に疲れた人も、Uターンを選択肢に加えるのもアリでしょう。

 

正直言って、都会の満員電車を40代〜50代以降も続けるのは、人生の幸福度を著しく下げる要因です。

 

もちろん「今の会社でリモートワークや遠方勤務ができないか?」「地方支店に異動願いを出せないか?」を模索するのもありですが、その手がなければUターン転職もアリでしょう♪

 

ローンなどがないor少ない人

 

ローンなどがないor少ない人も、Uターンを検討しても良いでしょう。

 

なぜなら「借金を抱えて地元に帰るのは、単純に勿体ない」からです。

 

クレヨンしんちゃん ローンが32年

出典:クレヨンしんちゃん

 

もちろん「土地や家を売って、資産価値が上がってたからプラスになって却ってくる」など、良い売買を成立できる人もいるでしょう。

 

しかし「郊外に土地を買った為、全然価値がないどころか、ローンがまだ数百万〜数千万も残っている」とかだと、地元に帰って年収が激減した場合、リスクがデカすぎます。

 

その為「身軽に地元Uターン転職ができる」のであれば、気軽に帰るのもアリですよ♪

 

地元で就職すればよかった【転職準備】

地元で就職すればよかった 後悔 転職準備

 

諒

では次に、地元で就職すればよかった【転職準備】についてご紹介していきます。

 

※なおUターン、Jターンは以下の通りです。

 

Uターン、Jターンの違い

  • Uターン=地元→他の地域(主に都会)→再び地元に戻る
  • Jターン=地元→他の地域(主に都会)→転職先対策などの為、地元から近い地域に住む

なぜ引っ越したいか?を明確にする

 

一番大切なのは、なぜ引っ越したいか?を明確にする事です。

 

なぜなら「引っ越した後、シッカリ考えなかった事を後悔する可能性が高い」からです。

 

実際、僕も東京から名古屋に帰って半年は「やっぱり、東京楽しかったなぁ…。」「帰ってくるんじゃなかった…。」と悩みましたから…。

 

諒

東京は楽しかったな…。

同僚

地元はやる事少ないし、やっぱりつまらないな…。

 

例えば僕は、地元帰省を決めた理由として「固定費減=副業の起業化」「両親に堂々と意見できる現実を創る」という目的があった為、後悔を乗り越えられました。

 

とは言えもちろん、人によって住む場所を変える理由は様々な為、あなたなりの「地元に帰る理由」を明確にすれば、後悔が減らせますよ♪

 

地元の転職先情報を集める

 

地元の転職先情報を集める必要もあります。

 

もちろん、地元の転職フェアなどに参加するのもアリですが、転職サイトに登録すれば「どこからでも簡単に求人票をチェック」できます。

 

その為「リクルートエージェント」「専門職なら専門サイト」などを利用して、求人情報を集めるのがおすすめですよ♪

正社員転職エージェントのおすすめ

  1. リクルートエージェント=非公開求人21万人以上!エージェント希望者に最有力候補のサイト♪
  2. type転職エージェント=関東を中心に求人数2万件以上!IT系に強い+年収UPしたい方におすすめ♪
  3. 転職エージェントがうざい時対策=担当者変更・体験談を知りたい場合はこちら

引越し転職を成功させるコツ

地元で就職すればよかった 後悔 引越し転職を成功させるコツ

 

諒

では次に、引越し転職を成功させるコツについてご紹介していきます。

 

在宅勤務OKな企業が増加

 

在宅勤務OKな企業が増加している為、引っ越しせずに理想を叶えやすくなっています。

 

もちろん「週一〜月一は出勤アリ」の場合は引っ越す必要性がありますが、中にはフルリモートOKの会社もあったりします。

 

その為「ある程度、住む場所と働く場所を切り離して考える」という選択肢もアリですよ♪

 

若い会社ほど融通が利く

 

正直言って「社内平均年齢が高い&頭の硬い人が多い会社」より、若い会社ほど融通が利くと言えます。

 

とくに「IT系業種&職種は在宅勤務実現率が高い」為、引っ越さず働けるようにしたり、転職実現しやすいと言えるのです。

 

さらに「現代は転職が当たり前になりつつある状況」の為、転職回数を1回増やして、引越し先の仕事環境を手に入れるのもアリですよ♪

 

引越し先求人がある職種経験を積む

 

引越し先求人がある職種経験を積むのもアリです。

 

例えば僕の場合、東京のほうが「求人=名古屋の約10倍近くある」と判断していた為、東京で2年間「WEBライターとしての経験」を積みました。

 

その結果「WEBライター勤務経験2年以上」という能力を持ち、どこでも通用する経歴を確立したわけです。

 

 

このように、急激な変化が難しいのであれば「予め今の場所で準備しておき、数ヶ月〜数年単位で拠点を移す」という考え方もアリですよ♪

 

※なお「プログラミング・WEBデザイン・動画編集」スクールを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

スキルUPスクールのおすすめ

  1. DMM WEBCAMP=無料WEB面談満足度90%!転職コースは転職前提におすすめ♪
  2. テックアカデミー=無料プログラミング体験アリ!適正確認してから学びたい方におすすめ♪
  3. プログラミングスクールランキング=スクールを一括比較したい場合はこちら
  4. WEBデザインスクールランキング=スクールを一括比較したい場合はこちら
  5. 動画編集スクールランキング=スクールを一括比較したい場合はこちら

僕の転職・退職体験談

適職 不適職

諒

では次に、僕の転職・退職体験談についてご紹介していきます。

将来に不安を感じて営業転職


僕は26歳の時に、将来に不安を感じて営業転職しました。

なぜなら、以下のような状況で働いていて、このままでは将来がダメになると感じていたからです。

事務職で働いていて不安に感じていたこと

  • 「基礎的なオフィススキル」しか育たなかった為、万一クビになった時に転職できない不安を感じていた
  • 「月給20万+残業代+ボーナス少々」で生活に余裕がなく、昇進・昇給の見込みも薄かった
  • 単純に「上司や先輩で憧れる人」がおらず、数年後はここに居るつもりがなかった


正直、働き続けやすいホワイト環境でしたが「このような場所に何年も居続けたら将来がヤバい!」と思い、半年前に余裕を持った退職宣言を行い、辞める覚悟を決めたのです!

そして、退職3ヶ月前からユルユルと転職活動を始めたのですが「営業への職種転換を含む転職活動」を甘く見ていた為、かなり苦戦したのです…。

具体的には、有給取得しながら転職活動を行っていたのですが、ギリギリ退職3週間前に、何とか滑り込みで転職先が決まりました(苦笑)

カイジ 覚悟出典:カイジ



このように、かなり余裕を見て「半年前に退職宣言した僕」ですが、3ヶ月前から転職活動開始し始めてみると、意外にギリギリだったのです…。

そして、この経験から言えるのは「退職決断後に0から情報収集を始めた場合、最低3ヶ月以上は欲しい」ということです。

しかも、一般的な退職は1ヶ月〜2ヶ月前宣言が多いですから「失業期間が伸びても大丈夫な貯金」「情報収集しておく仕組み」を準備しておかないと、精神的にかなり厳しいです!


そのため、スムーズな転職を実現する為には「当サイトで紹介しているような転職サイトに無料登録」して、不足の事態に備えておくのがおすすめですよ♪


辛い時は意欲が完全に0


まず大前提として、辛い時は意欲が完全に0になってしまうのが「転職意欲が少ない内からサイト登録しておく、一番のメリット」です。

あなたもストレスで疲れ切ったり、深く悩む出来事があった時に「何もできず休みが終わってしまった…」という経験がありませんか?

カイジ 無気力出典:カイジ



それと同じ状況が「勤め先の会社」で起こってしまうと、逃げる気力すら湧かず、もっときつくなるリスクがあるのです。

転職サイト登録対策なしorありの例

  • ■対策なし=ストレス爆発して退職→転職活動開始→アルバイトor貯金を崩しながら転職
  • ■対策あり=気力がある内から情報収集→余裕を持って退職→転職


このように、意欲が低い内から転職サイト登録しておけば「今の会社を辞めたくなった時の安全対策」が施せるのです♪


転職サイト登録は一種の保険


このように、転職サイト登録は一種の保険と言えます!

保険を利用する安心例

  • 医療・がん保険=「高額医療費が発生」した時などのリスクを回避
  • 自動車保険=「事故や慰謝料問題」などのリスクを回避
  • 転職保険=「働き先の倒産リスク」「勤務継続不能リスク」を回避


このように「生命保険」「自動車保険」などと同じく「転職サイトは現状が上手くいかなくなった時のリスク回避保険」として、無料で利用できるのです!

【転職最大手】リクルートエージェント

リクルートエージェント
「リクルートエージェント」は、転職サイト・エージェントの中でも求人数がダントツ!(非公開求人数21万件&公開求人30万件以上)

まだ転職意欲が低くても、リクルートエージェントは「会員登録だけしたい」「履歴書/職務経歴書のアドバイスが欲しい」など、幅広い要望に応えてくれる為、エージェント相談したい場合は、こちらが一番おすすめです♪

リクルートエージェントの口コミ・評判!面談手順
リクルートエージェント公式サイト


また、以下のリンク先にて「転職サイト・エージェントおすすめランキング〜利用失敗体験談」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

転職サイトおすすめランキング+利用失敗体験談


【20代職種転換に最適】Re就活

Re就活1
「短期離職で誇れるキャリアがない…」「就活失敗したから、職種転換を含めて未経験OK企業に転職したい」なら、Re就活がおすすめです。

Re就活は「全国1万件以上の求人アリ(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)」「未経験からの職種転換OK企業多数」「転職博でイベント参加できる」など「20代の就活やり直しを徹底サポート」してくれるサイト。

登録するだけなら「スカウトなどは来ても、エージェントからの連絡なし」「情報収集のみに使える」為、キャリアのやり直しを考えるなら、登録必須のサイトと言えますよ♪

Re就活の口コミ・評判
Re就活公式サイト


【転職方向性確認に最適】適職診断3選

向いてる仕事 適職診断
「適職診断」は、性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かるチェック方法です。

僕は様々な適職診断を利用しましたが、その中でも「非常に役立った3つの適職診断」がある為、以下のリンク先にて詳しく紹介しています♪

適職診断@おすすめ3選


また、以下のリンク先にて「僕自身が転職10回+職種転換4回を達成してきたプロセス=大島諒一年表」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

大島諒一の自尊心復興体験談

テニスの王子様 俺が王様だ

出典:テニスの王子様