休日出勤したくない

 

諒さん諒さん

「事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

「休日出勤したくない!嫌でむかつく!ファックユー!」「休日出勤が連続常態化しててきついし、つらい…。」

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も毎週土曜日は休日出勤が常態化している会社で、休日出勤したくないと決意して断った経験があるので、あなたの気持ちが痛いほど分かります…。

 

 

だからこそ、そんな今のあなたと同じ時期を経験した僕が「休日出勤したくない時の休むメリット・デメリットや断り方テク」を具体的に紹介しています♪

 

転職変化

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

目次

転職10回経験者が語る!意欲が少ない内から転職サイト登録が絶対必要な理由

今スグ転職サイト登録すべきただ1つの理由

転職サイト登録



最初に補足として、今スグ転職サイト登録すべきただ1つの理由についてご紹介していきます。





転職先が不明確な退職は死に直結

会社員 向いていない どうすれば



今スグ転職サイト登録すべきただ1つの理由は、転職先が不明確な退職は死に直結するからです。



なぜなら「勢いで退職した結果、非常に苦しい極貧生活を経験した僕」から言わせてもらうと「本当に退職したいタイミングで転職活動開始するのは、かなり遅い!」と断言できるからです!




もちろんかつての僕のように「失業保険を貰いながらで良いじゃないか…。」と思うかもしれませんが、以下のように「ダラダラ転職活動をしていられないケースのほうが多い」からです!



★1、自己都合退職扱いで3ヶ月間給付なしになる可能性も高く、バイトしながら転職活動はかなりキツい

★2、失業保険を貰えても月給の6割支給(月給20万なら12万支給)で、しかも支給中はバイトなどの小銭稼ぎも出来ないので、貯金がないとかなりキツい




だからこそ「将来自分が過労で倒れたり、会社が倒産・縮小になっても大丈夫な逃げ道(保険)を漠然とでも知っておくこと」はとても重要です!



さらに転職サイトに登録しておくことで、在職中でも以下のような4つのメリットを得られます。



★1、我慢が減る=逃げ道を確保できる

→逃げ道があるという心理状態を獲得できれば「自分を押し殺し過ぎなくて済む」メンタル状態にシフトできますよ♪

★2、心の余裕=将来の視野が広がる

→「年収が上がった」「残業激減できた」などの成功例も多数あり「職務経歴書登録によって優良求人情報をGET」することで、もしものチャンスやリスクに備えられるのです!

★3、見える化=無料で市場価値が分かる

→転職サイト登録及び職務経歴書を記載しておくことで「転職メリットが分かる情報」を受け取ることができ、今の会社よりホワイト企業に移れるチャンスが生まれる。

★4、自己適性が分かる=適職診断がある

→リクナビNEXTには「全8,568通りから5つの強みを診断」してくれる有料級テストがあり、自己分析や転職用履歴書に使える評価を受けられる。



このように、無料登録で得られるには十分すぎる利用メリットを提供してくれています♪



そのため「就職活動でリクナビに登録して情報収集」したように、不測の事態に備えて登録して情報収集しておくのがおすすめですよ♪




リクナビNEXT診断の正確性

診断

ちなみにリクナビNEXT診断の正確性が分かるように、僕自身の「キツかった仕事・楽しかった仕事との照らし合わせ」も紹介しておきます。



まず僕の診断結果では、「自立」「独創性」「高揚性」「自己信頼」「俊敏性」の5つの強みがあると分かりました。




日本の誇りの柱
★1、自立=意見の調和より自らが納得いく結論を求めるタイプ

★2、独創性=オリジナリティ・自分らしさを大切にするタイプ

★3、高揚性=変化や刺激を好むタイプ

★4、自己信頼=自己信頼を軸に周りを引っ張るリーダータイプ

★5、俊敏性=思い立ったら即行動タイプ



とくに「通信系営業マン時代」は、この強みと全く真逆で「毎日が苦痛でストレスフル」だったことからも、この診断の正確性に驚きました。



なぜならその会社は、以下のような仕事環境でしたから…。



ルート営業 怖い
★1、リーダーシップNG=平均年齢44歳で、周りは歳上ばかり

★2、自立NG=厳密な規律と手順書があり、周りとの協調最優先

★3、俊敏性NG=半年以上先の納期までじっくり計画を詰める



そのため当時は「死なないために毎日仕事を頑張る」というネガティブモチベーションで動いていたことも事実です…。




しかしその後転職したWEBライターでは「グッドポイント診断にて診断された個性を活用できる環境」だったので、毎日のストレスが激減しました♪





WEBライター 独学
★1、リーダーシップ=平均年齢30歳で、後輩を指導・育成する機会が多い

★2、自立=原則として責任者が顧客の方向性を元に執筆するので自由裁量が大きい

★3、俊敏性=誤字・脱字はNGだが、期日までの納期に向けてスピーディに対応



このように自分にとって働きやすい環境に変わったので、通信IT系営業職の時と比べたら「毎日のモチベーションやストレスが圧倒的に改善されました」から♪



このような「履歴書にも書ける強み診断が可能な贅沢診断サービス」「メールアドレス登録だけすれば、無料で受けられる」ので、ぜひ取り組んでみてくださいね♪





職務経歴書が絶対必要な理由

診断



また、職務経歴書も登録しておくことで、スカウトやオファーメールを受け取れる恩恵も増えるので、ぜひおトクに享受しておきましょう♪



なぜなら「元転職サイトのWEBライター」という立場から言わせてもらうと「せっかく転職サイトに登録したのに、オファーやスカウトメールを受けないのは、非常にもったいない」からです!



具体的には以下のような理由があるからです。



★1、オファーやスカウトは追加料金支払いケースが多いので、企業側の採用本気度が高い

★2、未経験採用への応募であってもオファーを出すほど採用・育成意欲が高いため、漠然と調べて応募した会社より採用確率+マッチ度が高い

★3、しつこい電話勧誘がない+メールを一方的に受け取るだけなのでストレスが少ない



そして無料登録+職務経歴書入力で、以下のようなメリットを享受できるので「職務経歴書を登録せずに放っておく人は、ハッキリ言ってアホ」ですよ!♪




★1、登録した職歴・経歴にマッチしたオファーやスカウトを受けられる

★2、自分の職歴・経歴でどのようなオファーが来るのか?漠然と自分の市場価値が分かる

★3、定期的にあなたにマッチした新規募集企業のおすすめメールを受け取れる

★4、理想の働き方5問回答があるので、自分の理想の働き方に近い会社を調べやすくなる



このように「自分で探す事なく、自動的にマッチした求人を受け取れる仕組み」を作れるため、忙しくて転職サイトを見る暇がない時でも、便利に活用できるメリットは大きいので、ぜひ登録しておいて下さいね♪



PS.職務経歴書の経験業務に、雇用形態(正社員/契約社員/派遣/パート/アルバイト)は関係ないので、安心して記入してくださいね♪




そして繰り返しますが「もうこんなクソ上司の部下は辞めてやらぁ!」「心が殺さ続けるブラック企業から、もういい加減逃げるぞ!」と退職が決まった後に、転職活動を始めるのは遅すぎます!」



※実際僕はこのパターンを何回もやって「日雇いバイト地獄」「前職以上のクズ会社へ飛び込み就職して短期離職」「転職先が見つからずに親から金銭的支援」という情けない現実を味わいましたからね…。




そのため僕と同じような苦い経験をあなたも味合わないように「事前の保険・防衛策」として「今の理不尽な現実からの脱出先」をイメージしておいたり、情報収集しておくことを強くおすすめするのです!



ぜひ「リクナビNEXTに登録+職務経歴書登録」で、今スグ「より快適な未来を作る準備」を始めておいてくださいね♪







休日出勤したくない!断るメリット

メリット

 

ではまずはじめに、休日出勤したくない!断るメリットについてご紹介していきます。

 

自分の時間を確保できる

残業

 

自分の時間を確保できるのが、休日出勤を断る一番のメリットです。

 

自分の時間を確保できれば「オフを楽しむ」「資格や仕事スキルUPなどの自己投資」など、選択肢を持つことができます。

 

さらに「しっかりと睡眠時間を確保」「運動して健康状態を維持」など、メンタル面での安定にも寄与できます。

 

 

こういった「回り回ってメリハリをつけられるようになったり、仕事の効率UP」につながるので、自由時間を持つメリットは非常に大きいのです。

 

目標達成し続け自尊心が高まる

愛

 

目標達成し続け自尊心が高まるというメリットもあります。

 

「決めた時間に決めたことをやり、それ以外は拒絶する」というのは、継続できるほど「自分はできる人間だという自尊心」が高まるのです。

 

実際僕も「土曜の休日出勤常態化を断る」とコミットして、それを継続達成できるようになってから、どんどん「自分を大切にする心」が高まっていきましたから♪

 

休日前提の仕事を拒否しやすくなる

ニート 脱却

 

休日前提の仕事を拒否しやすくなるというメリットもあります。

 

休日出勤の話ではないですが、例えば僕は「定時後に会議や打ち合わせと称して、残業代を稼ぐ上司」にぶち当たったことがあり、1時間近くも拘束されてイヤだった頃があります。

 

しかしそういった人ほど「定時後も残っている人とつるむ」ので、早く帰る人には声をかけなかったのです。(もしくは必要な場合、定時前に打ち合わせしていました)

 

 

この頃は僕もダラダラと会社に残っていたので仕事や打ち合わせを断れなかったのですが、今なら「定時前に打ち合わせしてもらえますか?」と逆提案できる位の自信はあります。

 

このように「時間内に仕事を完結する人は、そもそも勤務時間外の仕事を頼みにくい雰囲気を持っているし、実際断る」ことができるようになるメリットもあるのです。

 

両質転換を果たす秘密の法則

残業

 

とはいえ長時間仕事をすることが悪いわけではない証として、両質転換を果たす秘密の法則である「500時間・5,000時間・50,000時間の法則」があります。

 

500時間・5,000時間・50,000時間の法則

500時間=その道で「趣味」程度は名乗れるようになるレベル

5,000時間=その道で「1人前」と名乗れるレベル

50,000時間=その道で「一流」と名乗れるレベル

1日10時間・週5日(約20日/月)で働く場合

500時間=2.5ヶ月が必要(3ヶ月程度で、とりあえずその道の人に見えるレベル)

5,000時間=25ヶ月(約2年)が必要(入社3年目で一人前になるレベル)

50,000時間=250ヶ月(約20年)が必要(40半ば頃でベテランになるレベル)

 

このような「法則」があるので、仕事のできる人ほどこの階段を駆け上がるスピードが早くなりがちです。

 

結果として「収入や時間・働き方のコントロールもより早く上手くなる」ので「仕事のできる人レベルにはなっておいた方が良い」というのが、僕の持論です。

 

休日出勤したくない!断るデメリット

不幸

 

では次に、休日出勤したくない!断るデメリットについてご紹介していきます。

 

周りと違う行動は嫌われる

 

周りと違う行動は嫌われるという理由が一番大きいです

 

例えば僕が土日出勤状態化拒絶を実現したのは「もうこれ以上、こんな会社の言いなりになるもんか!卒業だボケ!」と決意したからです。

 

もちろん最初は断りきれずに「弱いなぁ自分…」と思うこともありましたが、人の脳みそは優秀なので「休日出勤はあり得ない」という現実に段々シフトしていきました♪

 

 

とはいえその過程には「アイツばかり休みやがって!」と妬まれることもあり、何度か殴りかかりそうなイラッとした場面もありましたが、仕事はこなしていたのでその内受け入れられました。

 

その後結果的にその職場から転職したので「休日出勤がないのが当たり前の環境」を引き寄せることができたのも、最初の「覚悟」の引き寄せ結果だと思っています。

 

古い会社ほど昇進から遠のく

 

古い会社ほど昇進から遠のくという、デメリットもあります。

 

なぜなら「会社に居た時間・勤続年数が会社への貢献度」と勘違いしている古臭い会社ほど「休日出勤を断る人=忠誠心が低い」というレッテルを貼りがちだからです。

 

しかも休日出勤を断る人ほど「協調性がない」「周りに合わせていない」という人事マイナス査定を喰らうケースもあるので、昇進から遠のく可能性大です。

 

 

しかしあなたが退職するまで必ずしも「今の会社が存続しているとは限らない」ので、さっさと帰って自己投資・スキルアップに励んだ方が良いですよ♪

 

休日出勤手当なしの問題点

 

ちなみに休日出勤手当なしの問題点もあります。

 

そもそも「みなし残業などで、残業がつかない正社員」として働いていた場合、時給換算すると悲惨なケースがあるのです。

 

みなし残業で長時間勤務の場合

年収400万円の例(賞与・みなし残業代含む)

年収400万円÷12ヶ月=月給約33万円

33万円÷22日勤務(土曜日を2回出勤)=日給1万5,000円

1万5,000円÷14時間勤務(残業4h/日)=時給1,071円

 

このようにたとえボーナスを貰って年収400万円でも、残業代なしで22時ごろまで働いていたり休日出勤している人は、アルバイト並みの時給になっているということです。

 

もちろん月給制には安定して同額が入ってくるという安心感がありますが、残業が多すぎる場合はまだ派遣社員のほうが良かったりする職場も多いのです。

 

休日出勤したくない!断る方法

当日

 

では次に、休日出勤したくない!断る方法についてご紹介していきます。

 

体調不良

頭痛

 

一番オーソドックスな断り方は、体調不良です。

 

何度も同じ理由で休んでしまうと「バカタレ!仕事舐めとんのか!」と叱られるかもしれませんが、どうしてもという時にはやむを得ないでしょう。

 

 

例えば僕は「偏頭痛持ち」なので、時々出勤していてもフラフラになっていることがあり、上司や同僚はその特徴を理解してくれていました。

 

そのため朝起きて頭痛が本当に酷かった時に「頭痛がどうしても治らないので、お休みを頂きます」という休み方をしていましたから…。

 

 

このように「●●君が●●で休む」となった時に「まぁ、仕方ないか…。」と、自分自身にも周りにも正当化できる理由にしておいた方が賢明です。

 

人は「嘘」に敏感なので、突然「腹が痛いので休みます」なんて言っても、後で「本当に腹が痛かったのか?」と聞かれてドギマギしたら、キツいお叱りを受けますからね…。

 

風邪やインフルエンザ

風邪

 

風邪やインフルエンザも、休む理由として正当です。

 

ただしインフルエンザや新型コロナウイルスなど「会社に持ち込まれるとヤバいウイルス」は上司や社内に過剰反応されてしまう可能性が大です。

 

しかも「PCR検査」「インフルエンザの予防接種」など「具体的な病院受診のアクション」を強制される可能性もあります。

 

 

そのため「仮病として使うなら突っ込まれる可能性大のグレーゾーン」「本当に風邪などであれば、しっかり病院の診察を受ける」想定が必要です。

 

家族の体調不良

家族

 

実家暮らしや子供や結婚相手がいる場合には、家族の体調不良で休みたいと言えるケースもあります。

 

ただし基本的には「年端もいかない子供or介護が多少必要なレベルな親」でなければ、叱られる可能性が高いです。

 

とはいえ有給休暇など「正当な休む理由」を持っていれば、家族を大事にしたいという姿勢で堂々としてれば良いでしょう。

 

病院での受診

病院

 

病院での受診を理由に、休みを申請することも可能です。

 

理由

持病の検診が必要な病院受診

健康診断や人間ドック

メンタル的な相談(精神科医) など

 

ただし受診理由によっては上司や会社に報告する必要があるので、本当に病院受診した証明「問診票」などを受け取って帰りましょう。

 

※ちなみに僕は上司と大ゲンカしてた結果、精神科医受診を強制されて問診票をもらった経験があります。

 

その時は、30分程度のヒアリングで「3,000円」を払って、問診票を貰って帰りました(話した程度でこれは、ちょっと値段高くないですかね?)

 

旅行やお出かけ

お風呂

 

旅行やお出かけを計画している場合に、休みをもらうのは自然です。

 

しかも旅行や温泉旅といった「自分を労る時間」を作ることは、自尊心を高めることができるので、非常におすすめです。

 

その上「仕事詰めの人生」より「メリハリのついた人生」のほうが、結果的に生産性が上がるという真理もあります。

 

 

そのため、そのことを良く分かっている上司や職場環境であれば、とてもあなたのことを大切にしてくれている会社・コミュニティと言えますよ♪

 

結婚式や法事

結婚

 

結婚式や法事で休みを申請することも自然です。

 

遠方の結婚式であれば、前日入りしておきたいという理由に正当性がありますし、葬式で急遽呼ばれた場合は「忌引き休暇」を使える可能性もあります。

 

 

とはいえ僕も今まで「祖父の危篤」「妹の自殺」で忌引きを取得したことがありますが、身内が死んだ時のメンタルは相当落ち込むものです…。

 

そのため「忌引き休暇」を申請した後の復職後には、「それ相応にメンタルが落ち込んでいる自分」になっていないと、不自然に思われてしまいますよ。

 

実家帰省

実家

 

両親の顔を見に行くなど、実家帰省を理由として休み申請するのも自然です。

 

気軽に帰れる距離の実家であれば、日帰りでも可能かもしれませんが、1日〜数日必要な距離であれば、あと何回会えるか分かりませんからね…。

 

そのため1ヶ月以上前の申請であれば、深く理由を話すこともなく「実家帰省するのでお休みをもらいます」程度で大丈夫でしょう。

 

休日出勤したくない!断る方法NG例

NO

 

では次に、休日出勤したくない!断る方法NG例についてご紹介していきます。

 

疲れている

ストレス 我慢

 

体調不良などの明確な症状がなく、疲れているという理由はNGです。

 

なぜなら休日出勤を上司もしている場合「俺も疲れとるわ!大人なんだから、甘えたこと言わずにさっさと来い!」と言いくるめられる可能性大だからです。

 

そのため「立ち上がって通常業務が出来ないレベルの状態」という断り方でなければ、まず間違いなく叱られて終わるだけでしょう…。

 

遊びに行きたい

趣味

 

遊びに行きたいという理由もNGです。

 

なぜなら「休日出勤している全員が、遊びに行きたいに決まっているから」です。

 

そのため「お前だけ遊びに行きたいなんてガキっぽい理由で、休めるなんて思うなよ!」と叱られるのがオチなのです。

 

チケット購入済みなどはOK

仕事 辞めたい お金 ない

 

ただし「好きなバンドのLIVEに行くことを決めてた」「既にチケット代も払い終わった」といった、チケット購入済みなどはOKです。

 

なぜなら「その日以外遊びに行けない」「既に身銭を切っているのに、それを辞めてまで出勤するのは理不尽」だからです。

 

 

しかし世の中には「そんなものより仕事のほうが大事だろ!チケットなんてドブに捨てて、さっさと出勤しろ!」なんてことを言う、クズ上司やブラック企業も残念ながら存在します。

 

そのため、そのような「自分が何ヶ月も前から楽しみにしていた一大行事をクズ扱いする上司や会社」であれば、さっさと見限って転職したほうが賢明ですよ♪!

 

自宅や図書館で勉強

適職診断

 

自宅や図書館で勉強という理由もNGです。

 

なぜなら「今日やらなくても、後日やればいいだろ?」と言いくるめられる可能性が高いからです。

 

例えそれが会社に必要な資格取得な勉強などであっても、休日出勤を優先しろと言われるでしょうから、辞めておいたほうが良いですよ♪

 

受験日などならOK

スケジュール 日程

 

ただしこちらもライブチケット購入済みなどと同じく、受験日などならOKです。

 

既に予定が組まれており、他に代替日が無いのであれば、外しようが無いですからね。

 

そのため「●●資格の試験日なので出勤できません!」と断れば、筋が通りますよ♪

 

休日出勤したくない!断り方の作法

心理学

 

では次に、休日出勤したくない!断り方の作法についてご紹介していきます。

 

直属の上司など「責任者」に伝える

上司

 

直属の上司など「責任者」に伝えるのが筋です。

 

なぜなら「あなたが休んだ場合のフォロー体制」を整えるのは上司の役目なので、人事や先輩に相談しても「イヤ、上司に言ってよ…」となるからです。

 

そのためどれだけ怖い上司であろうと、責任者の部下である以上、他の人に伝えて逃げようとするのは止めましょう。

 

メール連絡は電話が来る可能性アリ

メール

 

メール連絡は電話が来る可能性アリという覚悟も持っておきましょう。

 

じっさい僕も経験がありますが、メールだけでは誠実さが足りないと思われていたり、体調を気遣ってくれて連絡をくれることがあるからです。

 

そのため「メール連絡は電話が来た場合にしっかり対応する」「そもそも電話連絡して完結させる」という姿勢にしておいた方が良いのです。

 

 

ちなみによほど近しい存在であっても、プライベートで使うような上司のメルアド宛メールやLINE連絡は「舐めとるんか!」と不快にさせる危険性があります。

 

そのため「公私をキッチリと分ける」という意味でも、休日申請連絡は上司の社用メールアドレスに連絡するようにしましょう。

 

※ただし「直属の先輩・チームリーダー」がいて、そちらに連絡すればOKなのであれば、課長などの「組織単位の上司」に伝えなくてもOKだったりします。

 

体調不良なら診断書を貰う

病院

 

ちなみに体調不良で休むのであれば、必要に応じて病院での受診もしておいたほうが良いです。

 

それにたとえ仮病であっても、本当に病院受診した証明「問診票」などを受け取って帰れば筋は通りますから♪

 

 

※ちなみに僕は上司と大ゲンカしてた結果、精神科医受診を強制されて問診票をもらった経験があります。

 

その時は、30分程度のヒアリングで「3,000円」を払って、問診票を貰って帰りました(話した程度でこれは、ちょっと値段高くないですかね?)

 

仕事の引き継ぎは入念に

上司 先輩

 

仕事の引き継ぎは入念にしておいたほうが安心です。

 

自分が出勤しなくても問題ないのであれば何もしなくてOKですが、以下のような仕事がある場合には、しっかり報連相しておかないと危険です。

 

報連相しておくべき例

期日の迫っている案件や顧客対応の必要なもの

期日内に提出しなければならない契約書・申込書・稟議書

出社している人でなければ対応できない仕事や対応業務 など

 

リモートワークで対応できる範囲のものであれば良いですが、実際に顧客連絡や対応が必要なものなどは、場合によって先輩や仲間の力を借りなければなりません。

 

そのため必要に応じて「申し訳ないのですが、●●の件で●●の対応を代わりにお願いできないでしょうか?」などと相談する必要があるのです。

 

下手に未対応のままで顧客などからクレームが来るより、メンバー内で振り分けた方が仕事も炎上せず、上司やチームとしても万々歳ですからね♪

 

必要に応じてテレワーク対応

天職

 

どうしても自分が対応しなければならない状況が発生するなら、必要に応じてテレワーク対応する姿勢も必要です。

 

転職する覚悟ができていて、会社の評価に全く未練がないのであれば別ですが、ある程度仕事に気を配っている「姿勢」は持っておいた方が良いです。

 

必ずしも「休みでも仕事してますよアピール」する必要はありませんが、「これ対応して!」と言われた時に「YES」と対応できる状況は作っておいた方が安全です。

 

無断欠勤はクビになる可能性大

退職

 

無断欠勤はクビになる可能性大なうえ、メンタルへのダメージも大きいので止めておきましょう!

 

僕も実は一度これをやったことがあるのですが、それはもう心に深く傷が残るトラウマになったのです。

 

 

ある時僕は「結婚式場のカメラマン」に転職したのですが、毎日24時頃退勤という激務を目の当たりにし、就業2週間目に無断欠勤をしたのです。

 

その結果「無断欠勤→携帯に数十回電話が来る→家に上司が来る(当時実家暮らし)→社長面談になる→土下座する→クビ決定」という流れになりました。

 

この経験から言えることは、無断欠勤・退職は会社に迷惑をかけるだけでなく、その後1ヶ月は自尊心がズタズタになったので、この選択肢は絶対に辞めておいた方が良いですよ!

 

 

ただしどうしてもという場合には、退職代行などのサービスを利用し、第三者の力を借りて穏便に済ましましょう…。

 

休日出勤したくない!断り方注意点

ミス 失敗

 

では次に、休日出勤したくない!断り方注意点についてご紹介していきます。

 

絶対断るという覚悟で伝える

パワハラ上司 仕返し

 

絶対断るという覚悟で伝える必要があります。

 

なぜなら「どのような理由であっても、断り切れないかも?と気持ちが揺らいでいると、這ってでも来い!と言われてしまう可能性が高い」からです。

 

例え体調不良や事前に旅行を計画していても「そんなことより会社の仕事のほうが大事だ!バカタレ!いいから出勤しろ!」というクズ上司やブラック企業はあるものです。

 

 

そのためどんな理由であっても「自分は絶対に断って今日は会社や上司から離れる!」という覚悟を固めて伝えなければ、どれほど筋の通る理由で断っても意味がないのです…。

 

イヤなことはキッパリ断る練習

NO

 

ちなみに上司に対してNOという力を育むために、イヤなことはキッパリ断る練習をするのがオススメです。

 

なぜなら「受け入れること」と「拒絶すべきこと」を分けれるようにならないと、上司に押しつぶされてしまうからです。

 

 

ちなみに普段から人に対してイヤミを言ったり、NOを言えない場合には、それを口に出すトレーニングを始めるのが一番です。

 

そこでオススメなのが「TVを見ている時にツッコミやイヤミを入れる」という練習がオススメです。

 

■TVへのツッコミやイヤミ例

クロちゃん本当に気持ち悪いなぁ…。

こんな犯罪者、死刑にすれば良いのに…。

ギャル系芸能人ってノリばっかりでうるさいなぁ…。

 

こういったネガティブに感じた気持ちも、自然に吐き出すクセを付けていくわけですね。

 

 

そしてこれを3週間も続けると、人に対して自然とネガティブな事を言えるようになってきます。

 

諒さん諒さん

やめてください。今の言葉不愉快です

 

このようにイヤなことはイヤと言えないと、どんどんイヤな仕事や人を引き寄せますから、勇気を持って練習してみてください!

 

受け入れた後断るのはNG

パワハラ フラッシュバック

 

受け入れた後断るのはNGです。

 

例えば「朝一の連絡で行きますと答えた後で、やっぱり行きたくないです…。」と言ってしまう場合ですね…。

 

これをやってしまった時点で「じゃあ、最初のOKは何だったんだ?」という上司からの叱責理由を作ってしまうからです。

 

 

そのため「体調不良で本当に立って歩けない」「身内の急病で、今日対処しなければ死んでしまう」などの急変事態でない限り、諦めて出勤しましょう。

 

明確な理由を必ず提示する

パワハラ上司に物申す

 

明確な理由を必ず提示する必要もあります。

 

上司も「明確な理由があって休日出勤を依頼している」ので、あなたも「明確な理由で断る」のが筋です。

 

 

そして一番良くないのは、以下のようなゴニョゴニョとした理由です。

 

ゴニョゴニョとした理由

でも…、プライベートで予定があって…。

今日はちょっと厳しいです…。

 

こんなものは上司の一喝で終わってしまうので、明確な理由でハッキリ断ったほうが、スパッと休みを獲得維持できますよ♪

諒さん諒さん

今日は彼女とイチャイチャしたいので、休日出勤はお断りします!

こう言う理由はNGです(笑)

 

同じ言い訳を何度も使わない

PDCA

 

同じ言い訳を何度も使わない必要もあります。

 

例えば体調不良で何回も休むと「お前はいつも休日に体調が悪くなるな?平日は問題ないのに、たるんでるぞ?!」と別の叱責理由を作ってしまうからです。

 

そのため仮にウソで休日出勤を断るとしても、同じ理由を何回も使うのは辞めましょう!?

 

 

※僕のお世話になった師匠は猛者なので、ある時期どうしても休日出勤を断りたくて「身内や家族の葬式理由」で断り続けたら、身内が全員死んだと言っていましたが(苦笑)

 

休日出勤したくない!正当防衛心理術

新卒2年目 メンタル

 

では次に、休日出勤したくない!正当防衛心理術についてご紹介していきます。

 

そもそも休暇は社員の権利

睡眠

 

自分が休むことを「堂々と宣言する」ためには、「そもそも休暇は社員の権利」という認識が必要です。

 

休む時のメンタルバランス

自分を万全に保つ会社・社会に貢献する=自己犠牲が強過ぎる

自分を万全に保つ会社・社会に貢献する=傲慢すぎて上司に叱られる

自分を万全に保つ会社・社会に貢献する=何事もなく終わる

 

そもそもこの記事にたどり着いているあなたは「普段から必要以上に頑張り過ぎる性格」なので「ちょっと自分に甘い」くらいがちょうど良いのです(笑)

 

そのため「僕は今回休日出勤したくないので、休ませてくれて、愛してくれてありがとうございます」くらいのイメージでいましょう♪

 

 

※ただし「重要な会議の前に、当てつけのようにズル休みする」といった「イヤがらせ休み」は仕返しが来るので、気をつけましょうね…。

 

良い休暇は良い仕事の源泉

心理テク

 

良い休暇は良い仕事の源泉というマインドも必要です。

 

そもそもしっかりとした休息・休暇には以下のようなメリットがあります。

 

しっかりとした休息・休暇のメリット

体の疲れを取ることができ、生き生きした健康状態で仕事ができる

心の鬱憤を発散することができ、ワクワクした気持ちで仕事ができる

休みで新しい発見やアイデアを得るチャンスが手に入り、仕事や人生のステージUPの可能性が広がる

 

ダラダラ休みすぎるのはナンセンスですが、緊張(仕事)と弛緩(休み)をしっかり使い分けることで、ベストパフォーマンスを維持できるのです。

 

 

しかし「社員や部下を長時間働かせることで、売り上げも増える」と考えているアホ経営者やクズ上司は、これが分かっていないのです。

 

そのため、あまりに「労働時間=売り上げUP」と考えているブラック企業やブラック上司の部下なのであれば、そこから逃げ出したほうが賢明ですよ♪

 

※なお、以下の記事にて心身をリフレッシュするコツを紹介しているので、合わせて参考にしてください♪

 

平日の仕事でやり切っておく

残業 辛い

 

平日の仕事でやり切っておく必要もあります。

 

なぜなら「あいつはいつもダラダラ仕事をしてるから、休日出勤させて丁度良い」という、呼び出し正当化の口実を作ってしまうからです。

 

そのため、平日はキッチリ仕事に全力で取り組んでいれば「あいつは頑張ってるから、休日呼び出さなくても、きっと平日に挽回してくれるだろう」という信頼を積むことができますよ♪

 

休日出勤常態化の会社は将来危険

会社員 向いていない どうすれば

 

休日出勤常態化の会社は将来危険と言えます。

 

なぜなら「会社の売上の根幹は、社員たちの意欲で支えられている」という当たり前のことが分かっていないか?忘れ去ってしまっているからです。

 

 

例えば一時期一緒に働いた知り合いは、休日出勤常態化の会社から転職して自分の休みを確保しました。

 

誰もが知る大手企業を退職した人の話

誰もが知る大手飲料系メーカーのルート営業正社員になったが、土日出勤も常態化しており、直属の上司が「子供の運動会に参加しながら、PCでリモート業務をしていた」という話に絶望した

 

このように「給与・福利厚生面では良いと言われる大手企業に勤めたにも関わらず、ワークライフバランスが崩壊していた」という理由で、そのレールを外れたのです。

 

 

しかも一昔前までは「企業戦士」「24時間戦えますか?」という、全てを会社の時間に捧げるのが一般的でした。

 

しかしそのような時代を支えた一角である「電化製品業界の会社」の多くは、倒産や縮小に歯止めがかかっていません。

 

高度経済成長期を支えた電化製品業界の会社

東芝=物言う株主と内輪揉めしてトラブっている

パナソニック=早期退職者を募った結果、優秀な社員がドンドン辞めている

SHARP=台湾企業・鴻海に買収されて国営企業ではなくなった

 

そして現在は主に電化製品系の会社を中心に縮小傾向ですが、他の業種も「対岸の火事」と他人事ではいられません。

 

現在崩壊危機の例

自動車業界=テスラをはじめとした電気自動車化の波に対応するため、各企業が社内改革に乗り出す

※トヨタは2020年に年功序列制(定額昇給)完全廃止・成果主義移行を決定

銀行業界=みずほ銀行の副業奨励など、自社のみでの勤続経験以外のキャリアUPを解禁

 

このように「就職できれば生涯安心・安泰」と言われてきた大企業から、徐々に「会社がサラリーマンを守り続けれられない」という方針に舵を切り始めているのです。

 

そして当然「大企業の方針は徐々に中小零細企業に波及していく」ので、遅かれ早かれ地方や小さな会社も同様の流れに乗っていくわけですね…。

 

全部断りたいなら転職も視野に

転職

 

全部断りたいなら転職も視野に入れるのがおすすめです。

 

先ほどお伝えしたように「大企業から順に“自分の身は自分で護ってね”“自力で稼いでね”」という方針に舵を切っているのが、日本の現状です。

 

 

実際「50代前後で年収1000万円あった人が突如解雇され、他の働き先が見つからず路上生活堕ち」などという悲しい現実例も増えています。

 

他にも「定年退職前に起業する人が増えている」という事実からも、今後人生100年時代を生きる上で「会社にいれば安心・安全」という人ほど死が身近にあるのです。

 

そのため「休日出勤で振り回す、倒産リスクを抱えた会社」から転職して「自分で身を護っていく力を蓄える人生」にシフトするのがおすすめですよ♪

 

休日健全化で身を護る力を育む

日本の誇りの柱

 

休日健全化で身を護る力を育むのもおすすめです。

 

もちろん「休むのは自己の権利」なので、休日出勤のない会社でリフレッシュできるようするのは賢明です。

 

 

しかしそもそも「完全週休二日制とは、パナソニックが“休業日”“教養日”として社員をしっかり休ませてあげる制度」として確立したものです。

 

つまりそれまでは「週休1日が当たり前の世の中で、あえて社員に自己研鑽の余裕を提供した」所から端を発しています。

 

そのため「休みをきっちり取るのは、2日〜3日(祝日アリの週)の間に、自己研鑽してレベルUPする余裕」も含まれているわけです。

 

 

だからこそ「人生100年時代を豊かに生きるため、教養日もしっかり取れる会社に転職して、自力で稼ぐ力を育む」のは、これから生きる人間の必須条件と言っても良いわけです♪(やり方は後述)

 

休日出勤したくない状況の原因

頭痛

 

では次に、休日出勤したくない状況の原因についてご紹介していきます。

 

上司のマネジメントが下手

上司

 

上司のマネジメントが下手なのが、一番の理由と言えるでしょう。

 

とくにマネジメント経験が未熟だったり、年功序列の会社で「勤続年数だけで上司になった能力のない人」などは、この傾向が強いです。

 

他にも「プレーヤーとしては優秀だけれど、人を管理指導・育成するマネージャーとしては無能」という人もいます。

 

 

いずれにしてもその人の部下でいる限りは、不幸な状態が続くだけなので、適切な行動をとって現実を変えるのがオススメです。

 

上司が人柄で不公平に割り振る

厳しい親

 

上司が人柄で不公平に割り振るという理由もあります。

 

全員が休日出勤になるわけではなく、YESマンほど仕事の割り振りが増えてしまって、結果として休日出勤で帳尻合わせしなければならなくなるのです。

 

つまり「A君は不満があるとスグ言ってくるから、良い顔してくれるB君に休日出勤になっても大丈夫なくらい仕事を振ろう」という、しょぼい上司がやりがちな行動です…。

 

 

こういったショボショボ上司には、時にこちら側が「毅然とした態度で不公平是正依頼」をしないと、残念ながら今の不愉快な現実は変わりませんよ。

 

ブラック企業で前提がおかしい

 

上司や直属のリーダーに問題がなく、そもそもブラック企業で前提がおかしいという理由もあります。

 

なんでも根性論で切り抜けている会社や、社員のメンバーを「自分が儲かるためだけに酷使しても痛くもない」クソッタレ社長の会社などですね。

 

こういった組織にいるという自覚があるのなら、四の五の言わずに転職して早めに見切りをつけた方が良いと思います。

 

休日出勤したくない状況の問題点

 

では次に、休日出勤したくない状況の問題点についてご紹介していきます。

 

自分時間が減って人生が楽しくない

プレッシャー

 

自分時間が減って人生が楽しくないのが、一番の問題点です。

 

もちろん「仕事=人生」という感覚で楽しめていれば良いですが、それでも自由な時間が無いというのは、それだけでストレスになります。

 

 

例えば大手IT企業に勤めている僕の知り合いは、営業職で土日接待当たり前の環境だったので「月給が残業代で基本給の2倍以上になってる」と言っていました。

 

しかし残業が月平均100時間を超えており、プライベートの時間がほぼない毎日を過ごしていたので、使い道がなくて暴飲暴食に注ぎ込んでいたとのこと。

 

このように残業代が入ってくる人でも、結局散財して使ってしまうケースも多いので、結果的に人生を楽しめなくなってしまうのです。

 

体力的・精神的に病む

仕事 行きたくない 朝 泣く

 

体力的・精神的に病むという問題点もあります。

 

まず体力面で言えば、営業職などで動き回る業務でも無い限り、ずっと同じ体勢で仕事し続けるので「太る」「運動不足」が顕著になります(営業でもテレワークなら同様)

 

さらに自分の時間が削られたり無くなるので、睡眠時間が削られたり、炊事・洗濯・家事・掃除などの色んなことが煩雑になり、どんどん自尊心が低下してしまいます。

 

 

そのため、ある程度「自分の人生と会社の発展」を分けて考えられるようにならないと、自分の人生の充実度がどんどん低下してしまうのです…。

 

仕事の能率が落ちてミスが増える

ミス 失敗

 

仕事の能率が落ちてミスが増えるという問題点もあります。

 

睡眠不足や体調管理が上手くいっていない時ほど、簡単なチェックミスやコミュニケーションエラーでトラブルを呼び寄せてしまうものです。

 

そのためメリハリのある日常生活を確立できないと「長時間働いているにもかかわらず、仕事の生産性はどんどん落ちる」というジレンマにハマるのです。

 

 

実際日本は「GDP世界TOPクラスなのに、時間単位当たりの労働生産性が低い」ということが昔から指摘されています。

 

要するに「長時間働いているのが当たり前」という国の風土が、昔からあるわけですね…。

 

休日出勤したくない状況の会社体験談

日本の誇りの柱

 

では次に、休日出勤したくない状況の会社体験談についてご紹介していきます。

 

休日出勤が当たり前の会社

ニート 親が死んだら

 

僕が工場の期間工として働いていた時は、土曜日は休日出勤が当たり前の会社でした。

 

ラインのリーダーが金曜日の午後に「土曜日出勤できない?」と、全員に順番に声をかけて回っていたのです。

 

ラインは2つあり「最低でも半分以上の人が出勤しないと機能しない」と分かっているので、断れない人ほど休日出勤していたのです。

 

 

無論僕も当時は「断れないYESマン良い子ちゃん」だったので「分かりました…。出勤します…。」と言って受け入れていました。

 

しかし能力開発の研修に参加したことがきっかけとなり「東京に上京して一流のビジネスマンになる!」とコミットしてから、土曜日出勤を断る覚悟ができたのです。

 

結果として休日出勤を断り始めて半年後にその仕事を辞めて、50万円の貯金を持って東京に上京しました。

 

このように「これ以上!言いなりになったたまるかクソ野郎!」という覚悟が固まってから転職したのですが、結果的にその決意が引き金となり、その後「休日出勤」は一度もしたことがありません。

 

休日出勤は絶対ない会社

中卒 ニート 末路

 

その次に休日出勤は絶対ない会社で事務職として働き始めたのですが、今度は「残業30〜80時間は当たり前」の環境に入ってしまいました。

 

土日祝日は完全休みなのですが、平日がかなり遅くまで仕事になってしまうので、週5日はほとんど何もできなかったのです。

 

そのためその頃から「仕事術や効率を意識した働き方」を実践し、勤めている2年の間に20時間程度までは、残業を減らせるようになりました。

 

 

また勤務し始めてから1年半後に「24万円+平日4日間の能力開発の研修を受けた」こともあり、その会社を退職する決意を固めたのです。

 

※具体的には「一流のビジネスマンに到達するには、営業職にチャレンジして商品を売る自信をつけなければならない」という結論を導き出し、事務職から離れる決意をしたわけですね♪

 

休日出勤なし+残業少なめの会社

残業 無能

 

営業職に転職してからは、休日出勤なし+残業少なめの会社で勤めることになりました。

 

そこで「通称:吉田商会」と呼ばれる課長のチームに配属されたのですが、「五営本(第五営業本部)に吉田あり」と言われるほど敏腕チームだったのです。

 

そのため仕事量やスピードは、本当に半端なかったのですが「休日出勤はあり得ない+遅くとも20時には皆帰る」というテンポで仕事ができました。

 

 

最初はついていくのに必死でしたが、1年ほど経つとそのペースにも慣れることができ、それ以後は「残業や休日出勤なんかするかボケ!」という自信を育むことができましたよ♪

 

休日出勤は当たり前ではない

NO

 

このように休日出勤は当たり前ではないですし、会社によって働き方や「残業・休日出勤」に関する考え方、企業風土は全く異なるのです。

 

そのためもし今あなたがいる会社の環境が「休日出勤は当たり前+長時間残業も当たり前」という価値観なのであれば、それは異常と思った方が良いです。

 

 

実際、僕が転職サイトライターをやっていた経験から言っても「会社の歴史は浅いけれど、本当に働きやすいと感じる会社」もたくさんありましたから♪

 

そのため「今の生き方がどうしても合わない」のであれば、今の会社で休日出勤を断る力を育むのもアリですし、数年後に転職するという選択肢もアリですよ♪

 

日本には400万法人以上の会社・環境があるので、今の会社に一生を捧げる必要はありませんよ♪

 

休日出勤したくない時の革命術

残業 怒られる

 

では次に、休日出勤したくない時の革命術についてご紹介していきます。

 

信頼できる相談先に申告

上司 先輩

 

今の仕事を続けていくことに不安や強いストレスを感じているのなら、信頼できる相談先に申告がベターです。

 

信頼できる相談先

会社の相談窓口に内部通報

人事の責任者に訴える

上司を頼る

 

なぜなら「第三者を介する事で願望が叶う事もある」からです。

 

人事担当者や上司であれば、配属を決める決済責任者に近いと言えますから、相談する価値はあるわけです。

 

異動願いを試みる

人事

 

理想の組織や働き方が他の部署にあるのであれば、異動願いを試みるのもアリです。

 

具体的には先ほどと同じく「上司」「ある程度キャリアを積んでいる、信頼できる先輩」「顔見知りの人事担当者」に相談するのがベターです。

 

 

ただし「泣き言を言う」だけでは、「まぁ頑張れ…」と言われるのがオチです。

 

そのためネガティブな話だけではなく、「●●の課or職種の方が、僕を会社で活かせると思うんです」といった「ポジティブな配属移動理由」も合わせて伝えるのがベターです。

 

僕が別の課長に救われた話

 

ちなみにあなたの「覚悟」の参考になるように、僕が別の課長に救われた話についてもご紹介しておきます。

 

それは準官公庁系の某大手通信企業で営業マンをしていた新人時代の話です(新人といっても27歳頃の話なので、年齢は新人ではなかったです)

 

そもそもその会社は「早稲田・上智・慶應などの一流大学卒業生が、終身雇用でじっくり学んで働く環境」だったので、既卒で入った僕には修羅場でした。

 

覚える必要があったジャンル

新しく生まれてきたクラウドサービス(Office365/AWS)などの知識

インターネット固定回線(光回線/ADSLなど)の知識

モバイル回線(格安SIM/料金プラン)の知識 など

 

そのように膨大な知識が必要だったのです。

 

 

しかし周りは「通信の知識を知っていて、しかも業務が出来て当たり前」という態度で迫ってきました。

 

とはいっても僕は既卒の新人だったので、毎日深夜まで仕事や勉強をしても能力が間に合っていませんでした。

 

そして一生懸命勉強していたけれど、結局数ヶ月後に「言ってることが分からない」という顔をしてしまった時、女上司から強い避難とお叱りを受けたのです!

 

怒られた時の発言

あなたにとって何が分からないか?それがもう私には分からないわ!!

 

これを言われた時は流石に僕もイラッとして「こっちも一生懸命にやっとるんじゃ!」と思い、思わずトイレに駆け込み壁を飛び蹴りしてました。

 

※穴を開けてしまったので、そっと逃げました(翌日シールが貼ってあり直っていたので、良くあることなんだなと不思議と安心しました)

 

 

そもそも今振り返れば、僕にとってこの仕事は「苦手な数式・公式を用いた知識を覚える」という一番「自分に合っていない仕事環境」でした。

 

※数学は200点中0点を取るほど、僕は公式や理屈が苦手

 

さらに万年目標未達という「無能女課長」の下という最悪の状況で働いていたので、ミスが多かった上にメンタルも非常にやられたのです。

 

 

そんな僕の状況を直属のリーダーに相談した結果、別の課長が僕を引っ張ってくださることになりました。

 

そしてその後は「頼れる男の先輩の配下」に回してくれて、丁寧に仕事を教わることができ、安定して仕事できるようになりました。

 

このように「行動すれば願望が叶う」と分かれば、あなたも少しは気持ちが楽になるのではないでしょうか?

 

迷惑に関することわざ

本

 

ちなみに僕の「迷惑に関する考え方」が変わった、迷惑に関することわざについてもご紹介しておきます。

 

世間一般的には「人様には迷惑をかけるな」「世の中には迷惑をかけてはいけない」という人も多いです。

 

 

しかし究極的に迷惑をかけない生き方を実践するには「いつも100%、100人中100人が“ありがとう”と言ってくれる行動と結果だけをし続ける」必要があるのです。

 

そんなことは絶対にあり得ないし、ムリだということが分かるでしょう。

 

 

例えば僕の知り合いに「日本でも有名なNPOに勤め、日本や海外の慈善事業に貢献する仕事」をしていた人がいます。

 

しかし彼女は「どれだけ良いことをしていても“人からの寄付という善意で飯を食ってる悪い奴ら”と非難される」と言っていました。

 

つまり「“善行”という大義名分のある慈善団体でも、見方を変えれば“他の組織の売り上げになっていたかもしれない寄付金”というお金を貰う迷惑を、社会にかけている」とも言えるのです。

 

 

以上の点から分かることは「人は生きている限り、誰かに迷惑をかけている一方で、誰かに迷惑をかけられている」とも捉えられるわけです。

 

そしてこの真理を突いているのが、僕の大好きなインドのことわざです。

 

インドのことわざ

あなたは他人に迷惑をかけて生きているのだから、他人のことも許してあげなさい

 

このように「迷惑をかけるというネガティブな現象」は、言い換えれば「人の迷惑を受け入れる器の広さ」になるのです。

 

 

だからこそ「人に頼るチャレンジの時が来た」と思って、人に悩みを相談してみるのもアリですよ♪

 

相田みつをの言葉

つまづいたっていいじゃないか にんげんだもの

くるしいことだってあるさ 人間だもの

まようときだってあるさ 凡夫だもの

あやまちだってあるよ おれだもの

愚痴をこぼしたっていいがな

弱音をはいたっていいがな 人間だもの

たまには涙をみせたっていいがな 生きているんだもの

休職・精神科相談で休養+将来設計

睡眠

 

所属部署を変えるだけでは改善できず、一定期間の休養が欲しいのであれば、休職・精神科相談で休養+将来設計するのもアリです。

 

正社員であれば「数十年雇用関係を維持する責任」を会社が持っているので、最低限の給与保障or復職確約で休ませてくれるケースもあります。

 

 

じっさい車メーカーに勤めている僕の知り合いにも、このケースで復職した人がいます。

 

具体的にはメンタルがどうしても病んだ時に休職願いを出し、休んでいる間に海外を放浪して精神面を鍛え、その後復職を迎えたという荒療治でしたが…。

 

他にも精神科に相談することで「メンタル的な不調によって数週間〜数ヶ月休みをもらう」ケースもあるので、社内で事例がないか?可能性を探るのもアリです。

 

 

ただし「同じ部署に復職する場合、腫れ物扱いされて肩身の狭い思いをする」というケースもあるので、ある程度退職の覚悟も持っておいた方が良いでしょう。

 

退職代行に依頼

退職代行

 

ちなみに「上司が怖くて退職を切り出せない」「もう会社に行くのは死んでもイヤだ!」と思うのであれば、退職代行に依頼するのもアリです。

 

そもそも僕自身の転職経験から言わせてもらうと「ネガティブな退職理由の場合は、ある程度非難・叱責される覚悟」が必要ということです。

 

 

例えば僕の場合「東京に上京&転職する」「事務職から営業職にチャレンジする」時には、上司や仲間から「頑張って!」と応援されました。

 

※ただし「東京上京」に関しては、周りの友達からボコボコに否定・叱責されまくりましたが…。

 

しかし「この会社が合わない」「言葉では言わずともあなた(上司)がどうしても嫌い」という気持ちで退職を切り出した時は「社会ナメてんのか?」位は言われました。

 

 

そのためこれ以上自分が傷つくことを避けるためには、多少お金を使ってでも「自己防衛して気持ちよく退職する手段」を使った方が良いです。

 

そもそも僕自身何回も転職しましたが、正直に言って「過去に転職した会社や、そこに勤める人」に再び会ったことはありません。

 

そのため「退職代行なんか使って、仕返しされないだろうか…。」と心配することはありませんよ(よほど家と会社が近いとかでない限り)

 

休日出勤したくない時の転職術

退職

 

では次に、休日出勤したくない時の転職術についてご紹介していきます

 

転職先を明確にしてから転職

転職

 

今の業種・職種や会社が合っていないとどうしても感じられるのであれば、転職先を明確にしてから転職がおすすめです。

 

とはいえ転職10回経験した僕から言わせてもらうと「今の会社・今の働き方以外!」という考え方で、勢いのみで辞めてから転職活動を行うと手痛いことになります。

 

なぜなら「目的地が不明確なので、不満や“こんなはずじゃなかったという後悔”が生まれやすい」からです。

 

 

例えば旅行に行く前は、事前に「どこを観光するか?」「乗り物や移動手段は?」「どの程度のコストがかかるか?」などを調査してから行きますよね?

 

転職もそれと同じで「どんな業種・職種の会社に行けば満足度が高いか?」「働きがい重視か?ワークライフバランス重視か?」など、自分と転職先イメージを明確化しておく方が成功確率が上がります♪

 

さらに直前になって色々決めるよりも、今から転職サイトに登録しておいて「漠然でも転職先イメージを考え始めておく」ことで、本当に転職したい時に備えられるのです。

 

 

そのためあなたが就職活動でも利用したであろう「リクナビ」の転職版「リクナビNEXT」などに登録して情報収集しておくことは、非常にメリットが大きいですよ♪

 

例えば「休みがシフト制で不規則」「休暇が少ない」のであれば「年間休日120日以上」「完全週休2日制」「土日祝休み」の会社に転職すれば良いのです。

 

 

他にも会社を早めに退社したいのであれば「定時退社」「月平均残業時間20時間以内」の方が安心です♪

 

※リクナビNEXTには「完全週休2日制」「土日祝休み」「定時退社」「月平均残業時間20時間以内」という検索方法もあるので、願望に沿った会社を見つける選択肢を得られますよ♪

 

完全週休2日制

リクナビネクスト 定時退社 残業少なめ

 

副業・起業を見据えた転職

SEO

 

個人的に僕が取った選択肢ですが、副業・起業を見据えた転職をするのもおすすめです。

 

なぜなら「会社員としての収入UPや安定が確保されにくくなっている現代」では、自分で稼ぐ力を蓄える必要があるからです。

 

 

そしてその上でおすすめなのが「数年間は副業・起業を見据えられる職種で働いて、そこからステップアップしていく」という方法です。

 

おすすめの方法

第一段階=派遣社員・契約社員・正社員で未経験職種転換でも良いので、副業・起業と親和性の高い職種で経験を積む

第二段階=ある程度経験を積んだら「長く安定して働ける会社で現状維持or昇進を目指す」「副業を開始する」

第三段階=副業が軌道に乗ったらフリーランス化したりしてもOKだし、勤務し続けて収入源を複数もつのもOK

※ただしお金最優先ではなく、自分が「生涯続けてもOKと感じる適職」にしておいたほうが良いです

 

このようなプロセスを僕は辿りましたし、あなたにもおすすめしておきます。

 

 

そして個人的におすすめな「副業・起業を見据えた職種」は主に以下の通りです。(とくに座り仕事の苦痛が少ない僕のようなタイプの方)

 

WEB系内勤職

WEBライター・WEBディレクター

WEBデザイナー

WEBマーケター・WEBコンサルタント

プログラマー・システムエンジニア など

 

僕はこの中から「WEBライター」に独学・未経験で転職したのですが、物書きの仕事が非常に合っていたようで、とても働きやすくなりましたから♪

 

しかも強みとして「自分HPを持てるスキルを蓄えられる」ので、副業を始めるのに最適なジャンルだとも思っています。

 

 

HPを持つことができれば、自分が伝えたいことを発信する力や、お金を稼ぐ力も高めていけるので、選択肢として非常におすすめですよ♪

 

※ちなみに「WEBマーケターやWEBコンサルタント」は数値を用いた分析・解析で「プログラマー・システムエンジニア」はプログラミング言語と呼ばれる式を記述する仕事で、理系的業務です

 

 

※なお、以下のリンク先では、僕が「未経験でWEBライターに職種転換した体験談やノウハウ」を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

職種未経験転職を成功させる対処法

リモート

 

では次に、職種未経験転職を成功させる対処法についてご紹介していきます。

 

独学で勉強する

天職

 

一番簡単に実践できるのは、独学で勉強するという方法です。

 

実際僕も、社会人就業中に独学で運営していたブログを元にして「営業マンからWEBライターに転職」を果たしました。

 

他にも「エステティシャンから独学で勉強してWEBデザイナーになった」という女の子もいましたし、プログラミング言語を学べばシステムエンジニアになれる道もあります。

 

 

もちろん「●●勤務経験1年以上」などの経歴が必要な中途採用求人には応募できませんが、時間がある内にスキルアップする上で、独学は必須とも言えますよ♪

 

職業訓練を受ける

役所

 

ヒューマンアカデミーなどの「資格取得・社会人学校」に行ったり、ハローワークなどで職業訓練を受けるのもアリです。

 

僕もヒューマンアカデミーには「WEBデザイナー」に関する資料請求と入校相談に行きましたが、数十万円払って専門スキルを学べる魅力があります。

 

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミー

出典:ヒューマンアカデミー

 

またハローワークでは、一定の条件を満たせば受講料無料で、なおかつお金をもらいながら受けられる制度があるのも魅力です。

 

支援制度の区分け

「失業保険を受給できない対象者=求職支援訓練(10万円程度の給付金を受け取りながら職業訓練が受けられる)」

「失業保険受給対象者=公共職業訓練(訓練期間中は失業保険延長給付対象になる)」

職業訓練の例

プログラミング言語

WEBアプリエンジニア

建築系CAD

保育士

介護福祉士

調理師

自動車整備

溶接技術

トラックドライバー

WEBデザイナー

電気設備

ネイリスト など

 

このように非常に幅広い訓練が用意されています。

 

ただしこの制度は以下のように、利用にあたって多くのボトルネックがあります。

 

職業訓練の問題点

応募者が多い為、人気講座ほどスグ埋まって受講しにくい

実家暮らしでもない限り、一定の受講期間(2ヶ月〜2年)がかかるので、ある程度貯金が必要

国や地域からの支援金で行われている訓練なので、社会で通用する「最低限レベル」のケースが多い

 

個人的にはこのような理由から、一度もこの制度を使ったことはありませんが、職種自体を変えたいのであれば、ハローワークで相談してみるのもアリでしょう。

 

職業訓練以外はハロワNG

役所

 

そして個人的には、職業訓練以外はハロワNGとお伝えしておきます。

 

なぜなら「失業保険の受給」など頼りになる面も多いですが、転職ライターという観点から言わせてもらうと、転職利用に関しては以下のデメリットがあるからです。

 

求人サイトや転職エージェントとハローワークの違い

求人サイトや転職エージェント=企業が「お金を払って求人依頼する」ので、売り上げをある程度確保しており、求人掲載依頼ができるレベルの優良企業が多い

ハローワーク=求人掲載料が無料であり、面接者or入社した人が「求人情報と実態が違う」とハローワークに後報告する対応で事前調査も甘く、変な会社も混じっている

 

ここでいう「変な会社」とは、犯罪という意味ではなく「零細企業・一族経営会社が、一般的に見て不思議なルールを社員に課しているケースがある」ということです。

 

ハローワーク経由の痛手体験

ミス 失敗

 

例えばハローワーク経由の痛手体験として、事務職時代の同僚に「ハローワークを利用して基本給8万円の正社員として勤務していた経験がある」という女性がいました。

 

当初は「額面で20万円」という話だったので、それを信じて入社したのですが、実態は「基本給8万円+独自の手当で上増しして合計20万円」だったとのこと。

 

そして働いていた時は分からなかったのですが、基本給が異常に低く設定されていたのは「諸々の諸手当などを安く済ませるためのセコい対策」だったとのこと。

 

 

その女性が勤めていたのは「東京の卸問屋街で有名な人形橋にある、小さな零細企業」だったそうですが、ある意味社長のやりたい放題だったようです。

 

このように、ハローワークを経由して転職する時は「求人掲載が無料」「変な零細企業も混じっている」というリスクを考えた方が良いでしょう。

 

そのため「リクナビNEXT」などの転職サイトを使ったほうが、しっかりとした会社に転職できる確率は高いと言えるのです。

 

職種未経験歓迎に応募・入社する

新人 放置 辞める

 

職種未経験歓迎に応募・入社するという方法もおすすめです。

 

なぜなら「1から成長していける環境だと会社側が提示している」ので、独学して学ぶより早いからです。

 

さらに「講座受講でお金を払いながら成長する」より「入社すればお金をもらいながら成長できる」ので、真剣に学んで習得できるメリットもあります。

 

 

ちなみに僕はこのパターンを使って転職したタイプであり、リクナビNEXTでは「職種未経験歓迎」という応募検索もできますよ♪

 

リクナビネクスト 職種未経験歓迎

 

まとめ

 

以上が休日出勤したくない!転職10回経験者が語る断るメリット・デメリットやきちんと休める会社への転職術のご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

自分の適職・天職を知るメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

自分の適職・天職を知らないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

 

※そして以下のリンク先では、転職サイトに登録「だけ」でもしておくべきメリットを紹介しているので、合わせて参考にしてください♪

 

 

※また、以下のリンク先では、どうしても会社に行きたくない時に辞める正当な理由を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

転職サイト登録「だけ」でも今スグすべきただ1つの理由

転職サイト登録



最後に補足として、転職サイト登録「だけ」でも今スグすべきただ1つの理由についてご紹介していきます。





転職先が不明確な退職は死に直結

会社員 向いていない どうすれば



転職サイトに登録「だけ」でも今スグすべきただ1つの理由は、転職先が不明確な退職は死に直結するからです。



なぜなら「勢いで退職した結果、非常に苦しい極貧生活を経験した僕」から言わせてもらうと「本当に退職したいタイミングで転職活動開始するのは、かなり遅い!」と断言できるからです!



もちろんかつての僕のように「失業保険を貰いながらで良いじゃないか…。」と思うかもしれませんが、以下のように「ダラダラ転職活動をしていられないケースのほうが多い」からです!



退職前に何も準備していない人の転職活動が切羽詰まる理由


自己都合退職扱いで3ヶ月間給付なしになる可能性も高く、バイトしながら転職活動はかなりキツい(バイトも日雇いなどになることも多く、毎日勤務先が変わって精神的ストレスが大きい)

失業保険を貰えても月給の6割支給(月給20万なら12万支給)で、しかも支給中はバイトなどの小銭稼ぎも出来ないので、貯金がないとかなりキツい





だからこそ「将来自分が過労で倒れたり、会社が倒産・縮小になっても大丈夫な逃げ道(保険)を漠然とでも知っておくこと」はとても重要です!



転職サイト登録する4つのメリット

錬金術



また合わせて、転職サイト登録する4つのメリットもご紹介していきます。



我慢が減る=逃げ道を確保できる

天職



我慢が減る=逃げ道を確保できるのが一番のメリットです。



逃げ道と聞くとネガティブに聞こえるかもしれませんが「自分の将来設計が今の会社にいないと絶対成立しない」のでは、何かあった時非常に苦しくありませんか?



もちろんあなたが「終身雇用を保証されている公務員」や「今後も安泰の超大手優良企業」に勤めていれば、その人生設計でも行けるでしょう。




しかしそれでも、一つの会社・人生設計に固執し過ぎてしまうと「どんなパワハラもガマンしなければいけない…」「理不尽に耐えるしかない…」と自分を抑え込んでしまいます。



しかし実際に転職しなくても、逃げ道があるという心理状態を獲得できれば「時には会社や上司の理不尽にNOと言う」「自分を押し殺し過ぎなくて済む」メンタル状態にシフトできますよ♪





心の余裕=将来の視野が広がる





心の余裕=将来の視野が広がるというメリットもあります。



そもそもあなたが日々経験を積んでいる仕事のスキルには「今の会社でしか通用しないスキル」と「他の会社でも通用するスキル」の2種類があります。



2種類のスキル例


今の会社でしか通用しないスキル=社内専用システムの使い方、社内の人脈、他の会社にはない独自技術や能力など

他の会社でも通用するスキル=営業経験3年以上など「対象求人」に該当できるスキルや経験、仕事術など





そして「他の会社でも通用するスキル」がどのようなものか?は、実際の求人票を見る機会がないと、なかなか実感が持てないものです。




ちなみに僕自身が転職求人を作成した中には、転職者自身が驚くような年収UPやワークライフバランスUPを果たしたケースもあります♪



幸福が大きく向上した求人例


中国系新興ベンチャーで、年収が1.5倍〜2倍に上がったエンジニア

→中国人が主流の会社のため、中国語不要で国内企業と調整できる人材を募集していた。案件獲得後に日本語ができるスタッフ中心で対応

営業経験を生かして、同商材系を扱う企業の部長職にステップアップした営業マン

→仕事のコツや押さえておくべきツボは似ていたので、一般社員転職の予定が部長職待遇を逆提示された

年収・福利厚生のランクをそれほど下げず、残業時間を激減したWEBデザイナー

→自社サイト担当のため、外注対応のような激務にならず、ワークライフバランスを充実できた





このように自分が積み上げてきたスキルを軸として、より「ムリなくラクに生きられる環境」を手に入れた方が沢山います。




しかし転職市場においては、優良求人ほど「一定期間しか掲載されない水商売」の側面もあるのです。



そのため転職サイトに登録だけでもしておくことで「自分が受け取れるオファーの傾向が分かる」「漠然とでも希望転職先情報をストックしておくことで、もしものリスクに備えられる」のです!



その結果「今の会社以外ではどんな将来設計が描けるか?」「優良転職求人案件はどんなものか?」をチェックでき、将来の選択肢が広げられますよ♪





見える化=無料で市場価値が分かる

確信



見える化=無料で市場価値が分かるというメリットもあります。



なぜなら転職サイトに登録することで、「あなたが欲しい人材にマッチした人」に該当すると、スカウトメールが届いたりするからです。



もちろん「ある程度詳細な職務経歴などは登録」しておかなければなりませんが、スカウトメールを受け取ることで「自分のスキル・キャリアに合う企業」が分かるようになるメリットは大きいです!




さらに中には「こんな優良企業が僕に連絡をくれるの?」「福利厚生が今の会社より、すごく良いんだけど…」と驚くスカウトが届くこともあります。



なぜなら転職サイト側としても、一人でも多くの「求人企業にマッチした人材からの応募」を確保したい思惑があるからです。



そのため一つでも多くの「他企業と大きく差別化できる、求人掲載企業への転職メリット(残業少なめ/高年収/低離職率など)を提示する」からです♪




もちろんあなた自身は「スカウトメールを読んでポイしてOK」ですが、目を通すだけでも自分の市場価値が分かりますから、もらって損はないわけです。



ひょっとしたら将来受け取るスカウトメールの中には、思わず転職したくなるような優良企業スカウトが来る可能性もあるわけですからね♪



そのため「今スグ転職する」わけではなくても「思わぬ優良求人からのスカウトに備えて転職サイトに無料登録と職務経歴書記載だけしておく」のは大きなメリットになるのです!





自己適性が分かる=適職診断がある

リクナビネクスト



意外に侮れないのが、自己適性が分かる=適職診断があるというメリットです。



就職活動時には「自己分析・他己分析」で自分の長所短所を振り返ったと思いますが、社会に出てからそんな事をした経験がある人は少ないでしょう。



しかし社会に出てから多少なりとも荒波を乗り越えてきていると、学生時代より明確に「苦痛orラクな働き方」が分かってきていると思いますから、改めて自己分析に取り組むことで「将来設計がより明確化できる」というメリットがあります。




そしてそんな自己分析チャンスを、転職サイト大手のリクナビNEXTが「無料で」「スグに」「ネットで気軽に」受けられる「グッドポイント診断」というサービスとして提供してくれています。



しかも「天職占いのようにタロットを1枚引いて診断」といったショボいものではなく「最長約45分&約300問解答で、全8,568通りから5つの強みを診断」してくれる有料級テストです。





僕の診断例





例えば僕の診断例では、「自立」「独創性」「高揚性」「自己信頼」「俊敏性」の5つの強みがあると分かりました。



僕の診断例


日本の誇りの柱
自立=意見の調和より自らが納得いく結論を求めるタイプ

独創性=オリジナリティ・自分らしさを大切にするタイプ

高揚性=変化や刺激を好むタイプ

自己信頼=自己信頼を軸に周りを引っ張るリーダータイプ

俊敏性=思い立ったら即行動タイプ





このような結論を得ましたが、とくに「通信系営業マン」をしていた時は、この強みと全く真逆の仕事人生を歩んでおり「毎日が苦痛で非常にストレスフル」だったことからも、この診断の正確性に改めて驚きました。



なぜならその会社は、以下のような仕事環境でしたから…。



僕の強みに合わなかった仕事環境例


ルート営業 怖い
リーダーシップNG=平均年齢44歳で、周りは歳上ばかり

自立NG=厳密な規律と手順書があり、周りとの協調最優先

俊敏性NG=半年以上先の納期までじっくり計画を詰める





そのため当時は「死なないために毎日仕事を頑張る」というネガティブモチベーションで動いていたことも事実です…。



しかしその後転職したWEBライターでは「グッドポイント診断にて診断された個性を活用できる環境」だったので、毎日のストレスが激減しました♪




僕の強みに合った仕事環境例


WEBライター 独学
リーダーシップ=平均年齢30歳で、後輩を指導・育成する機会が多い

自立=原則として責任者が顧客の方向性を元に執筆するので自由裁量が大きい

俊敏性=誤字・脱字はNGだが、期日までの納期に向けてスピーディに対応





このように自分にとって働きやすい環境に変わったので、通信IT系営業職の時と比べたら「毎日のモチベーションやストレスが圧倒的に改善されました」から♪



このような「履歴書にも書ける強み診断が可能な贅沢診断サービス」「メールアドレス登録だけすれば、無料で受けられる」ので、ぜひ取り組んでみてくださいね♪



グッドポイント診断が無料でもキッチリしている理由

リクナビNEXT登録者数が増える→オファーなどを送れる数も増える→転職希望者の母数も増える→リクナビの価値向上





このようにリクナビNEXTが本気で作ったグッドポイント診断を受ければ、今後の人生の指針にできること間違いなしですよ♪!





職務経歴書が絶対必要な理由

診断



また、職務経歴書も登録しておくことで、スカウトやオファーメールを受け取れる恩恵も増えるので、ぜひおトクに享受しておきましょう♪



なぜなら「元転職サイトのWEBライター」という立場から言わせてもらうと「せっかく転職サイトに登録したのに、オファーやスカウトメールを受けないのは、非常にもったいない」からです!



具体的には以下のような理由があるからです。



職務経歴書を入力しておいた方が良い理由


オファーやスカウトは追加料金支払いケースが多いので、企業側の採用本気度が高い

未経験採用への応募であってもオファーを出すほど採用・育成意欲が高いため、漠然と調べて応募した会社より採用確率+マッチ度が高い

しつこい電話勧誘がない+メールを一方的に受け取るだけなのでストレスが少ない





そして無料登録+職務経歴書入力で、以下のようなメリットを享受できるので「職務経歴書を登録せずに放っておく人は、ハッキリ言ってアホ」ですよ!♪



職務経歴書入力メリット


登録した職歴・経歴にマッチしたオファーやスカウトを受けられる

自分の職歴・経歴でどのようなオファーが来るのか?漠然と自分の市場価値が分かる

定期的にあなたにマッチした新規募集企業のおすすめメールを受け取れる

理想の働き方5問回答があるので、自分の理想の働き方に近い会社を調べやすくなる

職務経歴書 メリット1 職務経歴書 メリット2 ■職務経歴書入力後にあなたがマッチしやすい求人紹介メール スカウトメール例1 スカウトメール例1 2 ■定期的に受け取れるオファー・スカウトメール例 スカウトメール例2 スカウトメール例3 スカウトメール例4 スカウトメール例5





このように「自分で探す事なく、自動的にマッチした求人を受け取れる仕組み」を作れるため、忙しくて転職サイトを見る暇がない時でも、便利に活用できるメリットは大きいので、ぜひ登録しておいて下さいね♪







PS.職務経歴書の経験業務に、雇用形態(正社員/契約社員/派遣/パート/アルバイト)は関係ないので、安心して記入してくださいね♪



※なお、以下の記事にて「グッドポイント診断をやってみた体験談+職務経歴書入力」を紹介しているので、不安解消の参考に使ってください♪







日本の誇りの柱の関連記事