引き寄せワーク

 

僕自身が「末端アルバイト社員→上場企業のビジネスマンから独立」まで導いてもらった年商3億円社長の教えをご紹介します。

 

「人生を変えるにはどうすれば?」「不満・不安のない人生を創りたい!」と心の中で叫んでいた僕を変え導いてくれたワークや体験談をまとめました。

 

「人生このままじゃイヤだ!」「もっと変化・成長したい」と思うのであれば、以下のリンクから読んでみてくださいね♪

 

営業以外の仕事 文系

 

D

どうも!大島諒一(りょうさん)です♪この記事を見て下さり、ありがとうございます♪

今回は営業以外の仕事@文系!第二新卒で転職@営業以外の職種のご紹介です。

 

「営業以外の仕事@文系!第二新卒で転職@営業以外の職種を知りたい」

 

あなたのために、転職サイトのライターとして1,000以上の求人記事を書いた僕の視点・体験談などをまとめました。

 

営業以外の仕事で文系は選択肢がない?

文系 仕事 ない 疑問

 

D

ではまずはじめに、営業以外の仕事で文系は選択肢がない?についてご紹介していきます。

文系の仕事は対人関係中心

好き 天職

 

そもそも文系の仕事は対人関係中心になります。

 

なぜなら大学入試でも「国語・英語・歴史」など、コミュニケーションにまつわるものを中心に才能がある人間だからです。

 

そのため必然的に「数学・化学・生物」など、研究能力に才能ある学生とは違う道になるわけです。

 

 

よく文系に国語の印象を聞くと「作者の意図や思いを汲み取る方が、公式を覚えるより簡単」というケースが多いです。

 

一方で理系に聞くと「公式の方が確実なのに、国語は一々正解が不安定」といった答えになりがちです。

 

 

つまり言い換えると「文系は人の気持ちを読んだり汲んだりする仕事の方が簡単」と捉えているわけです。

 

一方で「理系は公式や理論を覚えてそれを書き出す(作り出す)方が簡単」という才能の違いというわけです。

 

営業・接客能力は生涯どこでも活きる

仕事

 

僕は昔文系を選んで後悔しましたが、営業・接客能力は生涯どこでも活きると気づいてから、文系で良かったと思えるようになりました。

 

なぜなら営業・接客はビジネスの基本であるWin-Winの関係(どちらも幸せになる)を作る仕事だからです。

 

そのため「家族・恋人・友人」に至るまで、どんな人間関係でもWin-Winの関係を意識できるようになるからです。

 

 

そしてもっと言えば「営業や接客に感じるネガティブなイメージ=あなたの弱点」だからです。

 

つまり「営業・接客コンプレックス」を乗り越えることは、人生に大きな恵みを与えてくれるのです。

 

営業系へのネガティブイメージ例

自己紹介

 

分かりやすく営業系へのネガティブイメージ例についてご紹介します。

 

僕は昔「営業や接客=お客さんの言いなりになる」と考えていて、ずっとネガティブな印象を持っていました。

 

しかし実態は「NOが言えない自分・人の言いなりになって人生を決めていた自分」を潜在的に嫌っていたからでした!

 

 

実際実力ある営業なら、イヤな態度の顧客に対して「自分から買わないで下さい」と断ったりします。

 

他にも業務スケジュールを自分の裁量で決めていたりするので、自分の考え方が偏見だったと気づいたのです。

 

 

もちろん「一流の営業・接客を習得しなければならない」とまでは言いません。

 

しかし個人的には1年〜3年営業・接客系業務を経験しておくことは、人間関係面にとてもプラスになると思っています。

 

なぜなら「より良い交渉」「自分や相手の望むことを叶える力」を給料をもらいながら磨けるわけだからです!

 

 

そのためストレスも大きい分野ですが、得る物も多いです。

 

とはいえ会社の社風や働き方によっては、あなたに合わない環境ももちろんあります。

 

そういった「会社や上司への不信感」が拭い切れない場合は、早めに転職するのもアリでしょう。

 

パソコン仕事は対人人気が高いことも

副業

 

ITエンジニア系転職記事を扱った経験から、パソコン仕事は対人人気が高いことも多いと感じました。

 

そもそも事務職やエンジニアは、一日中PCの前に座ってプログラミングやら諸々の作業を続けているわけです。

 

 

しかも厄介なのが、自分の携わったものが「本当に喜ばれているか分かりにくい仕事」なのです。

 

そのため「顧客との交渉や要件定義(顧客が望むシステムのヒアリング)を行いたい」という人が一定層いたのです。

 

※営業事務や社内SEなどに移る人もそういった「感謝が目に見える環境に行きたい」という動機が多かったです

 

 

つまり「一日中人に会っているのがイヤという人」もいれば、「会社で1日中作業して帰るのがイヤという人」もいるわけです。

 

そして以上の点から分かるのは、「対人:対人以外の割合」がどの程度なら心地よいかを考えた方が良いと思います。

 

 

実際僕の場合は「対人4:制作6」くらいで、自分やチームで作ったものを自分の言葉でセールスするくらいが好きです。

 

そのため職種で言えば「フォロー営業や前線に立つクリエイター」がベストだと感じています。

 

給料高収入ほど対人能力が必要

お金

 

営業以外の仕事であっても、給料高収入ほど対人能力が必要になってくる点も要チェックです!

 

なぜなら部下ができたりチームを率いるようになれば、どうしても対人関係能力が必要になってくるからです。

 

 

具体的には副店長・支店長や、課長・部長といった責任者ポジションのことですね。

 

つまり高いポストに就けるほど、高収入になるわけです。(保険や不動産など個人で稼げる高収入セールスは除く)

 

実際知り合いの話ですが、30代半ばで部長待遇での転職ケースもあったので、対人関係能力の高さは後々生きてきます。

 

 

もちろん部下育成やチームリーダーがイヤで、現場のスペシャリストとして活躍する人もいます。

 

しかしよほど希少価値が高い資格・スキルを持たない限りは、生涯一兵卒です。

 

とはいえ自由に働きたい人は、フリーランスになって高収入・自由を選ぶケースもありますけどね。

 

将来マーケティングや企画にも移れる

成長

 

営業で経験を積んでいけば、将来マーケティングや企画にも移れるというメリットもあります。

 

これは営業経験を積んで行って「1対1→1対1以上〜何十万」にステップアップするイメージですね。

 

文系仕事@楽しい仕事発見のコツ

性格

 

また文系仕事@楽しい仕事発見のコツについてもご紹介しておきます。

 

要点は「あなたが文系に進んだ理由」「得意とする教科・科目」にあります。

 

 

そもそも文系と一括りに言っても、大まかに以下の学部があるわけです。

 

■主な文系学部

  • 経営学部
  • 経済学部
  • 法学部
  • 文学部・人文学部
  • 教育学部
  • 外国語学部 など

 

この中であなたが通学した学部は「自らが選んだ学問」だったわけです。

 

もちろんたまたま受かった学部に入っただけと思うかもしれませんが、少なくとも「選ばなかった学部」もありますよね?

 

 

つまり本能的に「自分に向いていない学部を除外し、自分に向いている学部を受験した」わけです。

 

そのため「あなたが学ぶ学部を選んだ理由」を明確にすることで、自らが楽しいと思える働き方・生き方に近づけるのです!

 

文系仕事@楽しい仕事発見のコツ例

文系 仕事 楽しい 自己紹介

 

そして文系仕事@楽しい仕事発見のコツ例についても、僕の体験談を交えてご紹介します。

 

まず僕が学生期間に選び、学んだものは以下の通りです。

 

■大島諒一の通った道

  • 大学は経営学部・情報システムコース
  • 卒業論文は「日本人の外国人に対する非積極性」
  • 得意科目は「日本史・国語(特に現文)」
  • 「経営・経済・心理」を中心に受験
  • アルバイトはゲームショップのみを経験

 

そして大学卒業から10年を経て、通ってきている道は以下の通りです。

 

■大島諒一の通った道

  • 通信業界や広告業界を中心に従事
  • 転職サイト=新境地開拓サポートに従事
  • ライティングなど「ストーリーを伝える」仕事に従事
  • 心理学・人間行動学を日々学習し実践
  • 仕事は「営業・ライターなどのストーリーを伝える仕事」が中心

 

このように文系を選んで歩んできた道にリンクするように、自らの知識・経験を伸ばしてきています。

 

しかも「アルバイトは飲食業界未経験なので、飲食系への興味は薄い」「外国語学部では無いので対外国興味は薄い」ことも分かります。

 

 

つまり社会人10年という期間を通して「学生時代に無意識に選んだことを育んできた」と言えるのです。

 

そのためあなたが通ってきた文系学部の道にも、「好き・得意」が隠れている可能性が非常に高いと思います。

 

だからこそ「楽しい仕事は学生時代に無意識に自覚していた」という観点を持って、自己分析してみるのがオススメです!

 

転職前に自分の得意・好きを明確にする

DYM就職

 

なお、あなたが転職を考えているなら転職前に自分の得意・好きを明確にする必要もあるので、その点も紹介しておきます。

 

なぜならあなた自身の個性に合った仕事を選べない限り、ずっと苦しい現実が続いてしまうからです。

 

 

そのためどのような職種や業界が最適なのか?が明確になるように、僕の自己分析を参考としてご紹介します。

 

■大島諒一の好き・得意な事

  • アウトドアよりインドア派=室内業務派
  • 読書が好き=WEBライターや出版系向き
  • 芸術やデザインが好き=デザイナー向き
  • 人と情報共有が好きなので話す系向き
  • 自由が好き=IT系やベンチャー向き

■大島諒一の嫌い・苦手な事

  • 肉体労働や体を動かすのは苦手
  • ずっと人と一緒にいる仕事は嫌い
  • 公式通りが苦手=エンジニアに向かない
  • 規則が嫌い=大企業や公務員に向かない

 

以上のように僕は対人関係系とクリエイター系の両方に強みがあると分かりました。

 

そして結果的に「好きで得意」なWEBクリエイターに転職し、文字通り天職にたどり着いたのです。

 

このように自分の個性を棚卸した方が、転職をスムーズに進めることができますよ♪

 

 

そして「強み・弱みを知る」「より良い転職先を見つける」には、転職エージェントの登録がオススメです!

 

実際僕も自分を見つめ直したのは、転職を意識し出して「自分は何が好きか?」をエージェントと話し合ったからです。

 

 

そのため今すぐ転職する気は無くても、とりあえず「自分への求人情報」が手に入るようにしておくのがオススメです!

 

そうすることで、将来の選択肢をもっと広げることができますから♪

 

■第二新卒向けオススメ転職エージェント

 

■一般向けオススメ転職エージェント

 

とくにDYM就職利用には以下のメリットがあり、20代で経験の浅い方でも正社員を勝ち取れるサポート環境があります。

 

「第二新卒・派遣・契約社員・既卒・フリーター・ニート」など就職戦争に敗れた方でも、仕事の経験値をもっと積める環境を勝ち取れますよ♪

 

■DYM就職の主な特徴

  • フリーアナウンサー「宇垣美里さん」がイメージキャラクターを務め認知度UP中!
  • 面接応募先企業は2,000社以上を確保+書類選考無しで直面接可能
  • 最短1週間での入社も実現可能(面接地は全国各地にあり)

■株式会社DYM各相談場所住所

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌のほか以下もアリ

  • 東京=池袋/秋葉原
  • 関東圏=立川/横浜/千葉/大宮
  • 関西圏=京都/神戸
  • 東海圏=静岡
  • 東北圏=仙台
  • 中国圏=岡山/広島
  • 九州圏=北九州

 

■「DYM就職CM 宇垣美里さん主演」(30秒)

文系の転職で営業以外の仕事@文系職種

文系 仕事 ない 仕事

 

D

では次に、文系の転職で営業以外の仕事@文系職種についてご紹介していきます。

資格を取得して事務系

ノート

 

人と接することが苦手であれば事務系の仕事もあります。

 

ただし事務系の場合は一般事務や営業事務などより、経理・人事など専門資格・経験を積める職種の方が安泰だと思います。

 

 

厳しいことを言えば一般事務や営業事務は「営業や他の部署の人間をサポートする業務」です。

 

そのためキャリアアップしにくく、場合によっては「必要ない」と言われてしまいやすいキャリアだと感じるからです。

 

 

もちろん経理・人事・総務も人件費削減の一環として縮小される可能性もあります。

 

実際僕が勤めた自動車ディーラーの会社では、各営業所にいた総合事務職(総務・経理など)を削減し、本社一括管理にしましたから。

 

 

しかし資格や専門的な能力を持てば、能力を伸ばして希少価値を高めることができ、転職する強みにすることが可能です!

 

実際僕はOA事務という「手に職になりにくい職種」を2年ほど続けた後に営業に戻ったくらいです。

 

そのため「自分への自信とキャリアへの自信が持てる」ことが、仕事においてはとても重要だと思いますよ♪

 

デザイン・編集を学んでクリエイター系

副業

 

モノ作りや裏方が好きだと感じる場合には、クリエイター系もオススメです。

 

実際僕は営業時代に独学で学んでいた「HP作成スキルやWEBライティングスキル」を活かして転職したタイプです。

 

それにIT・WEB業界は今後も成長が見込める将来も明るい業種だと感じています。

 

 

そのため完全未経験OKで求人を探すか、独学でブログを書いたり講座受講しながらWEBスキルを学んでおくのが良いと感じています。

 

ちなみに職種としても、クリエイターは以下のように様々なものがあります。

 

■クリエイター例

  • 美的センスを活かせるWEBデザイナー
  • 文章を通して動かせるWEBライター
  • HPの成長を促せるWEBマーケター
  • HP全般を管理するWEBディレクター など

 

とはいえクリエイター系はどうしても東京や大阪などの大都市圏の方が圧倒的に求人数が多いです。

 

そのため大都市圏が遠方であれば、まずは地元である程度落ちついて仕事ができる会社に転職するのがオススメです。

 

その上で専門講座を受講しながらレベルアップし、後々都心に出ていくというパターンもあります。

 

 

さらにWEBデザイナーなどはフリーランスを目指せますし、一通りできるようになれば副業でアフィリエイトなどもスタートできます。

 

そのため自分で稼ぐ力を手に入れることもでき、独立・自由業にしていきやすい職種だとも思います。

 

IT言語を学んでITエンジニア系

エンジニア

 

ITエンジニア系も、意外に文系からいける職種の一つとして将来有望です。

 

とくに高齢の人はITに抵抗感も持ってますし、IT業界は就業年齢層が若い会社も多いので、古臭い会社より働きやすい可能性も高いです。

 

 

そしてステップアップとしても、以下のようなケースがあり得ます。(主に未経験からでも募集がある職種) 

 

■インフラエンジニア

  • システム稼働を維持・管理・設計する仕事
  • 保守・運用=システムの安定稼働を担当
  • 設計・構築=システムを一から構築
  • キャリアアップ=保守・運用→設計・構築

■SE(システムエンジニア)・PG(プログラマー)

  • アプリや会社のシステムを作る仕事
  • PG=設計に基づいた開発のみ
  • SE=設計・開発・テストまで実施可能
  • キャリアアップ=PG→SE

※どちらもチームを率いる「PL(プロジェクトリーダー)/PM(プロジェクトマネージャー)」に昇格していける

 

エンジニアはプログラムを作る言語(C#やらJava)やルールを覚えていく必要があるので、懐の深い職種ではあります。

 

しかしその分覚えて使いこなせるようになれれば、着実に収入UPと経済的安定をレベルアップしてくことができます。

 

 

言語習得に抵抗がなければ、給与水準も高く求人も多いITエンジニアを将来的なキャリアにしていくのもアリです。

 

ステップアップしていけばリーダー格に昇格できますし、フリーランスとして働く場所を選ばずに働く選択肢を持てるのも、IT系の魅力ですから♪

 

分析を学びWEBコンサル・マーケター系

マーケティング

 

数字に向き合うのが得意であれば、分析を学びWEBコンサル・マーケター系を目指すのもアリです。

 

HP運営においては「ユーザー訪問数を増やす」「商品を買ってもらう」など、データを基にした改善業務はとても重要です。

 

そのためその分野で必要な知識・ノウハウを習得したり、資格を取得することで文系卒でも分析業務に携わることが可能です。

 

 

ちなみにWEBマーケティング関連の資格は、以下のようなものがあります。

 

■WEBマーケティング関連の資格

  • ウェブ解析士
  • 統計検定
  • Google広告認定資格
  • Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)
  • Webアナリスト検定
  • マーケティング・ビジネス実務検定
  • IMA検定
  • Webディレクター試験

 

「成長させたり改善するのが好き」「データや数字での改善業務に興味がある」のであれば、有力な転職先になり得ます。

 

文系の転職で営業以外の仕事@文系職種転職方法

文系 仕事 ない 仕事

 

D

では次に、文系の転職で営業以外の仕事@文系職種転職方法についてご紹介していきます。

未経験から転職

キャリア

 

一番シンプルな方法は、未経験から転職を狙う方法です。

 

とくに第二新卒枠(卒業後3年以内)であれば、未経験でもOKなポテンシャル採用を行っている会社も多いです。

 

そのため「自分は●●の職種でキャリアアップしていきたい」という思いが明確なら、早い方が良いです。

 

 

実際転職サイトでWEBディレクターをしていた後輩は、未経験でWEBデザイナーに転職していきました。

 

写真の編集などでPhotoshopなどを扱っていたので、仕事柄全く未経験というわけではありませんでした。

 

しかし専門業務を行なってはいなかったので、ポテンシャル採用になったようです。

 

 

とはいえ僕も職種転換期は営業職26歳、WEBライター30歳だったので、年齢で制限をかける必要はないと思っています。

 

※ただし僕の場合は、どちらも過去経験があったり独学勉強していたので、未経験ではありませんでした

 

専門学校で学んで転職

学校

 

専門学校で学んで転職するのが最も手堅いです。

 

現在ではWEBデザインやプログラミングを学べる講座を扱っている場所もあります(ヒューマンアカデミーなど)

 

とはいえ受講費に数万円〜数十万円、期間も数ヶ月かかるという面もあります。

 

 

そのためじっくりプロのサポートを受けて成長したいのであれば、このパターンが一番オススメです!

 

ただし転職する時には「実務経験アリ」の求人には応募できない点には注意が必要です。

 

 

実際僕がWEBデザイナーコースの相談に行った時には、以下の流れになるだろうと言われました。

 

■WEBデザイナーへの流れ

  1. コースを受講して勉強(数ヶ月)
  2. 派遣などで未経験から就業
  3. 実務経験募集の正社員へ転職
  4. (その後フリーや独立も目指せる)

 

このようなルートを辿るイメージになるわけですね。

 

ハローワークの公的職業訓練

政府 国会

 

条件は厳しいですが、「ハローワークの公的職業訓練」という制度もあります。

 

これは各地で「職業訓練」を委託された民間教育訓練機関にて格安・無料で学べる制度です。

 

 

ちなみに公的職業訓練については、以下のような条件・ルールになっています(詳細は各所管ハローワークにて確認が必要)

 

■公的職業訓練

  • 該当者=失業保険受給者の受給を延長

■求職者支援訓練

  • 該当者=失業保険対象外の方
  • 収入=職業訓練受講手当10万円
  • 交通費=所定の額(上限あり)

 

生活費に回せる貯金にある程度余裕があるなら、この選択肢を用いるのもアリです。

 

 

なぜなら失業保険は「勤務時の月給×60%を3ヶ月程度」なので、少なからず赤字になるからです。

 

とはいえ実質無料で受講できるので、専門の学校に受講費を払うよりは安く済む可能性が高いです。

 

しかし受講人数が満杯になりやすいので「確実に利用できるか定かでない」というデメリットもあります。

 

独学で学んで転職

ノート

 

独学で学んで転職するのもアリです。

 

エンジニアやHP作成、記事執筆は独学でブログ運営して学べたりするので、ハードルも低めです。

 

ただし自分で目標設定して能力を磨けなければ、途中で挫折して終わる可能性も高いです!

 

 

さらに「独学で勉強していました」という口頭レベルではなく、「ポートフォリオ」を見せれるようにする必要もあります。

 

ポートフォリ音は自分で作ったプログラムやデザインなどの事ですね。

 

実際僕も自分で作ったHPを見せて転職が決まったタイプなので、独学であってもある程度形にしておいた方が良いです。

 

営業以外の仕事@文系!第二新卒で転職@営業以外の職種まとめ

 

以上が営業以外の仕事@文系!第二新卒で転職@営業以外の職種のご紹介でした。

 

ぜひ素敵な天職人生を見つけて楽しんで下さいね。

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

★年商3億円社長★から教わった人生好転ワーク13個を一部無料公開中★

引き寄せワーク

 

最後に、僕自身が「末端アルバイト社員→上場企業のビジネスマンから独立」まで導いてもらった年商3億円社長の教えをご紹介します。

 

「人生を変えるにはどうすれば?」「不満・不安のない人生を創りたい!」と心の中で叫んでいた僕を変え導いてくれたワークや体験談をまとめました。

 

「人生このままじゃイヤだ!」「もっと変化・成長したい」と思うのであれば、以下のリンクから読んでみてくださいね♪