休日出勤 当たり前

 

諒さん諒さん

事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

「休日出勤って当たり前?」「休日出勤が多すぎ!こんな理不尽な状況を乗り越えた人の話が読みたい!」

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も休日出勤が当たり前という会社から、最終的には残業がない会社にステップアップした経験があるので今のあなたの気持ちが痛いほど分かります…。

 

 

だからこそ、そんな今のあなたと同じ時期を経験した僕が「休日出勤が当たり前になっている原因や、そこから抜け出るコツや体験談」を具体的に紹介しています♪

 

転職変化

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

休日出勤が当たり前の原因

頭痛

 

ではまずはじめに、休日出勤が当たり前の原因についてご紹介していきます。

 

上司のマネジメントが下手

上司

 

上司のマネジメントが下手なのが、一番の理由と言えるでしょう。

 

とくにマネジメント経験が未熟だったり、年功序列の会社で「勤続年数だけで上司になった能力のない人」などは、この傾向が強いです。

 

他にも「プレーヤーとしては優秀だけれど、人を管理指導・育成するマネージャーとしては無能」という人もいます。

 

 

いずれにしてもその人の部下でいる限りは、不幸な状態が続くだけなので、適切な行動をとって現実を変えるのがオススメです。

 

上司が人柄で不公平に割り振る

厳しい親

 

上司が人柄で不公平に割り振るという理由もあります。

 

全員が休日出勤になるわけではなく、YESマンほど仕事の割り振りが増えてしまって、結果として休日出勤で帳尻合わせしなければならなくなるのです。

 

つまり「A君は不満があるとスグ言ってくるから、良い顔してくれるB君に休日出勤になっても大丈夫なくらい仕事を振ろう」という、しょぼい上司がやりがちな行動です…。

 

 

こういったショボショボ上司には、時にこちら側が「毅然とした態度で不公平是正依頼」をしないと、残念ながら今の不愉快な現実は変わりませんよ。

 

ブラック企業で前提がおかしい

 

上司や直属のリーダーに問題がなく、そもそもブラック企業で前提がおかしいという理由もあります。

 

なんでも根性論で切り抜けている会社や、社員のメンバーを「自分が儲かるためだけに酷使しても痛くもない」クソッタレ社長の会社などですね。

 

こういった組織にいるという自覚があるのなら、四の五の言わずに転職して早めに見切りをつけた方が良いと思います。

 

休日出勤が当たり前の問題点

 

では次に、休日出勤が当たり前の問題点についてご紹介していきます。

 

自分時間が減って人生が楽しくない

プレッシャー

 

自分時間が減って人生が楽しくないのが、一番の問題点です。

 

もちろん「仕事=人生」という感覚で楽しめていれば良いですが、それでも自由な時間が無いというのは、それだけでストレスになります。

 

 

例えば大手IT企業に勤めている僕の知り合いは、営業職で土日接待当たり前の環境だったので「月給が残業代で基本給の2倍以上になってる」と言っていました。

 

しかし残業が月平均100時間を超えており、プライベートの時間がほぼない毎日を過ごしていたので、使い道がなくて暴飲暴食に注ぎ込んでいたとのこと。

 

このように残業代が入ってくる人でも、結局散財して使ってしまうケースも多いので、結果的に人生を楽しめなくなってしまうのです。

 

体力的・精神的に病む

仕事 行きたくない 朝 泣く

 

体力的・精神的に病むという問題点もあります。

 

まず体力面で言えば、営業職などで動き回る業務でも無い限り、ずっと同じ体勢で仕事し続けるので「太る」「運動不足」が顕著になります(営業でもテレワークなら同様)

 

さらに自分の時間が削られたり無くなるので、睡眠時間が削られたり、炊事・洗濯・家事・掃除などの色んなことが煩雑になり、どんどん自尊心が低下してしまいます。

 

 

そのため、ある程度「自分の人生と会社の発展」を分けて考えられるようにならないと、自分の人生の充実度がどんどん低下してしまうのです…。

 

仕事の能率が落ちてミスが増える

ミス 失敗

 

仕事の能率が落ちてミスが増えるという問題点もあります。

 

睡眠不足や体調管理が上手くいっていない時ほど、簡単なチェックミスやコミュニケーションエラーでトラブルを呼び寄せてしまうものです。

 

そのためメリハリのある日常生活を確立できないと「長時間働いているにもかかわらず、仕事の生産性はどんどん落ちる」というジレンマにハマるのです。

 

 

実際日本は「GDP世界TOPクラスなのに、時間単位当たりの労働生産性が低い」ということが昔から指摘されています。

 

要するに「長時間働いているのが当たり前」という国の風土が、昔からあるわけですね…。

 

休日出勤が当たり前の会社体験談

日本の誇りの柱

 

では次に、休日出勤が当たり前の会社体験談についてご紹介していきます。

 

休日出勤が当たり前の会社

ニート 親が死んだら

 

僕が工場の期間工として働いていた時は、土曜日は休日出勤が当たり前の会社でした。

 

ラインのリーダーが金曜日の午後に「土曜日出勤できない?」と、全員に順番に声をかけて回っていたのです。

 

ラインは2つあり「最低でも半分以上の人が出勤しないと機能しない」と分かっているので、断れない人ほど休日出勤していたのです。

 

 

無論僕も当時は「断れないYESマン良い子ちゃん」だったので「分かりました…。出勤します…。」と言って受け入れていました。

 

しかし能力開発の研修に参加したことがきっかけとなり「東京に上京して一流のビジネスマンになる!」とコミットしてから、土曜日出勤を断る覚悟ができたのです。

 

結果として休日出勤を断り始めて半年後にその仕事を辞めて、50万円の貯金を持って東京に上京しました。

 

このように「これ以上!言いなりになったたまるかクソ野郎!」という覚悟が固まってから転職したのですが、結果的にその決意が引き金となり、その後「休日出勤」は一度もしたことがありません。

 

休日出勤は絶対ない会社

中卒 ニート 末路

 

その次に休日出勤は絶対ない会社で事務職として働き始めたのですが、今度は「残業30〜80時間は当たり前」の環境に入ってしまいました。

 

土日祝日は完全休みなのですが、平日がかなり遅くまで仕事になってしまうので、週5日はほとんど何もできなかったのです。

 

そのためその頃から「仕事術や効率を意識した働き方」を実践し、勤めている2年の間に20時間程度までは、残業を減らせるようになりました。

 

 

また勤務し始めてから1年半後に「24万円+平日4日間の能力開発の研修を受けた」こともあり、その会社を退職する決意を固めたのです。

 

※具体的には「一流のビジネスマンに到達するには、営業職にチャレンジして商品を売る自信をつけなければならない」という結論を導き出し、事務職から離れる決意をしたわけですね♪

 

休日出勤なし+残業少なめの会社

残業 無能

 

営業職に転職してからは、休日出勤なし+残業少なめの会社で勤めることになりました。

 

そこで「通称:吉田商会」と呼ばれる課長のチームに配属されたのですが、「五営本(第五営業本部)に吉田あり」と言われるほど敏腕チームだったのです。

 

そのため仕事量やスピードは、本当に半端なかったのですが「休日出勤はあり得ない+遅くとも20時には皆帰る」というテンポで仕事ができました。

 

 

最初はついていくのに必死でしたが、1年ほど経つとそのペースにも慣れることができ、それ以後は「残業や休日出勤なんかするかボケ!」という自信を育むことができましたよ♪

 

休日出勤は当たり前ではない

NO

 

このように休日出勤は当たり前ではないですし、会社によって働き方や「残業・休日出勤」に関する考え方、企業風土は全く異なるのです。

 

そのためもし今あなたがいる会社の環境が「休日出勤は当たり前+長時間残業も当たり前」という価値観なのであれば、それは異常と思った方が良いです。

 

 

実際、僕が転職サイトライターをやっていた経験から言っても「会社の歴史は浅いけれど、本当に働きやすいと感じる会社」もたくさんありましたから♪

 

そのため「今の生き方がどうしても合わない」のであれば、今の会社で休日出勤を断る力を育むのもアリですし、数年後に転職するという選択肢もアリですよ♪

 

日本には400万法人以上の会社・環境があるので、今の会社に一生を捧げる必要はありませんよ♪

 

休日出勤の具体的な断り方

当日

 

では次に、休日出勤の具体的な断り方についてご紹介していきます。

 

体調不良

頭痛

 

一番オーソドックスな断り方は、体調不良です。

 

何度も同じ理由で休んでしまうと「バカタレ!仕事舐めとんのか!」と叱られるかもしれませんが、どうしてもという時にはやむを得ないでしょう。

 

 

例えば僕は「偏頭痛持ち」なので、時々出勤していてもフラフラになっていることがあり、上司や同僚はその特徴を理解してくれていました。

 

そのため朝起きて頭痛が本当に酷かった時に「頭痛がどうしても治らないので、お休みを頂きます」という休み方をしていましたから…。

 

 

このように「●●君が●●で休む」となった時に「まぁ、仕方ないか…。」と、自分自身にも周りにも正当化できる理由にしておいた方が賢明です。

 

人は「嘘」に敏感なので、突然「腹が痛いので休みます」なんて言っても、後で「本当に腹が痛かったのか?」と聞かれてドギマギしたら、キツいお叱りを受けますからね…。

 

風邪やインフルエンザ

風邪

 

風邪やインフルエンザも、休む理由として正当です。

 

ただしインフルエンザや新型コロナウイルスなど「会社に持ち込まれるとヤバいウイルス」は上司や社内に過剰反応されてしまう可能性が大です。

 

しかも「PCR検査」「インフルエンザの予防接種」など「具体的な病院受診のアクション」を強制される可能性もあります。

 

 

そのため「仮病として使うなら突っ込まれる可能性大のグレーゾーン」「本当に風邪などであれば、しっかり病院の診察を受ける」想定が必要です。

 

家族の体調不良

家族

 

実家暮らしや子供や結婚相手がいる場合には、家族の体調不良で休みたいと言えるケースもあります。

 

ただし基本的には「年端もいかない子供or介護が多少必要なレベルな親」でなければ、叱られる可能性が高いです。

 

とはいえ有給休暇など「正当な休む理由」を持っていれば、家族を大事にしたいという姿勢で堂々としてれば良いでしょう。

 

病院での受診

病院

 

病院での受診を理由に、休みを申請することも可能です。

 

理由

持病の検診が必要な病院受診

健康診断や人間ドック

メンタル的な相談(精神科医) など

 

ただし受診理由によっては上司や会社に報告する必要があるので、本当に病院受診した証明「問診票」などを受け取って帰りましょう。

 

※ちなみに僕は上司と大ゲンカしてた結果、精神科医受診を強制されて問診票をもらった経験があります。

 

その時は、30分程度のヒアリングで「3,000円」を払って、問診票を貰って帰りました(話した程度でこれは、ちょっと値段高くないですかね?)

 

旅行やお出かけ

お風呂

 

旅行やお出かけを計画している場合に、休みをもらうのは自然です。

 

しかも旅行や温泉旅といった「自分を労る時間」を作ることは、自尊心を高めることができるので、非常におすすめです。

 

その上「仕事詰めの人生」より「メリハリのついた人生」のほうが、結果的に生産性が上がるという真理もあります。

 

 

そのため、そのことを良く分かっている上司や職場環境であれば、とてもあなたのことを大切にしてくれている会社・コミュニティと言えますよ♪

 

結婚式や法事

結婚

 

結婚式や法事で休みを申請することも自然です。

 

遠方の結婚式であれば、前日入りしておきたいという理由に正当性がありますし、葬式で急遽呼ばれた場合は「忌引き休暇」を使える可能性もあります。

 

 

とはいえ僕も今まで「祖父の危篤」「妹の自殺」で忌引きを取得したことがありますが、身内が死んだ時のメンタルは相当落ち込むものです…。

 

そのため「忌引き休暇」を申請した後の復職後には、「それ相応にメンタルが落ち込んでいる自分」になっていないと、不自然に思われてしまいますよ。

 

実家帰省

実家

 

両親の顔を見に行くなど、実家帰省を理由として休み申請するのも自然です。

 

気軽に帰れる距離の実家であれば、日帰りでも可能かもしれませんが、1日〜数日必要な距離であれば、あと何回会えるか分かりませんからね…。

 

そのため1ヶ月以上前の申請であれば、深く理由を話すこともなく「実家帰省するのでお休みをもらいます」程度で大丈夫でしょう。

 

休日出勤の具体的な断り方@注意点

 

では次に、休日出勤の具体的な断り方@注意点についてご紹介していきます。

 

平日になるべく仕事を完結

残業 辛い

 

そもそも休日出勤を常態化させないためには、平日になるべく仕事を完結させる必要があります。

 

そうすれば「いや、僕の分の仕事は平日にキッチリ終えてるんで」という気持ちで断りやすくなります。

 

チームで割り振られている場合にも「自分はキッチリ平日に仕事をこなし切っている」という達成感があれば「休日出勤しないと悪いな…」という罪悪感も減らせます。

 

 

そのため、そもそもあなたの心の中にある「休日出勤で取り戻せば良いや」「どうせ休日出勤断れないしな…」という後ろめたさを、平日の業務をしっかり完遂して打ち消しておくのです!

 

明確な覚悟で伝える

残業 無能

 

明確な覚悟で伝えるのも必要です。

 

なぜなら「上司にお伺いを立てて、ダメなら休日出勤するしかない…」という弱気な逃げ道を心の中に持っていると、そこを突かれて根負けしてしまうからです!

 

そのため「自分は●日の休日出勤は必ず断り通す!」という覚悟を持って伝えれば、隙のないオーラのあなたを見て「それは仕方ないな…」と言わせられますよ♪

 

イヤなことはキッパリ断る練習

NO

 

イヤなことはキッパリ断る練習をするのもオススメです。

 

なぜなら「出来ること」と「出来ないこと」を分けれるようにならないと、仕事に押しつぶされてしまうからです。

 

 

ちなみに普段から人に対してイヤミを言ったり、NOを言えない場合には、それを口に出すトレーニングを始めるのが一番です。

 

そこでオススメなのが「TVを見ている時にツッコミやイヤミを入れる」という練習がオススメです。

 

■TVへのツッコミやイヤミ例

  • クロちゃん本当に気持ち悪いなぁ…。
  • こんな犯罪者、死刑にすれば良いのに…。
  • ギャル系芸能人ってノリばっかりでうるさいなぁ…。

 

こういったネガティブに感じた気持ちも、自然に吐き出すクセを付けていくわけですね。

 

 

そしてこれを3週間も続けると、人に対して自然とネガティブな事を言えるようになってきます。

 

諒さん諒さん

やめてください。今の言葉不愉快です

 

このようにイヤなことはイヤと言えないと、どんどんイヤな仕事や人を引き寄せますから、勇気を持って練習してみてください!

 

状況によって出勤する

 

とはいえ本当に納期に間に合わずに「自分の会社の存続自体が危ない」など、状況によって出勤する必要があるケースもあります。

 

意地を貫き通しすぎて、会社での立場が危うくなってしまっては元も子もありませんからね…。

 

とはいえ転職を想定した場合であれば、堂々と休日出勤を断ったり定時帰りができたりもするので「この会社自体にもういるつもりがない」のであれば、休日出勤全拒否もアリでしょう。

 

 

※僕は会社を辞めると上司に報告してからは「強制残業・休日出勤」は全断りして、本当に気持ちよかったですからね♪

 

同じ理由は繰り返さない

会社 休む理由 めまい

 

たとえ嘘で使う場合であっても、同じ理由は繰り返さない方が良いです。

 

例えば毎週「家族が病気で…」と休んでいたら、どれだけ面倒見の良い上司や会社でも「こいつ嘘言ってるんじゃないか?」と疑われてしまいます。

 

「嘘がバレた時ほど信頼が失われる」ことはないので、それが発覚した後はその職場自体に居づらくなります。

 

 

そのため「同じ理由で休日出勤を断るのは辞めておく」のがベターです。

 

※とはいえ本当に「2週に渡って親族が死んで葬式がある」などが現実化した場合は、堂々と休めば良いのです。

 

休日出勤常態化なら適職を再考

転職

 

そして休日出勤常態化なら適職を再考するのがオススメです。

 

なぜなら、どれだけ頑張っても「仕事が終わらない環境」なのであれば「あなた自身にとって働きにくい、適職ではない環境にいる可能性」が高いからです。

 

 

例えば僕は「仕事=自分の苦手なことに取り組む」と思って働いていた通信営業マン時代は、周りが「仕事ができてきつい人」ばかりで「ずっと半人前」でした。

 

なぜなら「自分に向いてない仕事の極地」で働いていたので、ハンパじゃなく辛く苦しかったからです。

 

 

しかし適職診断や色々なアドバイスを貰って「自分に本当に向いている仕事」と分かった物書きに転職してから、劣等感を感じることなく、快適に仕事ができるようになったのです。

 

そのためあなたが「当時の僕」のように「仕事=辛く苦しい環境で働く」と思っているのなら、仕事と人生の方向性を見直す時が来ているのかもしれません。

 

ちなみに僕の適職診断の指針の一つが、以下のリンク先にて紹介している「個性・適職診断」なので、ぜひ参考に使って下さい♪(転職の自己PRにも使えますよ♪)

 

休日出勤の具体的な断り方@補足

メール

 

では次に、休日出勤の具体的な断り方@補足についてご紹介していきます。

 

直属の上司など「責任者」に伝える

上司

 

直属の上司など「責任者」に伝えるのが筋です。

 

なぜなら「あなたが休んだ場合のフォロー体制」を整えるのは上司の役目なので、人事や先輩に相談しても「イヤ、上司に言ってよ…」となるからです。

 

そのためどれだけ怖い上司であろうと、責任者の部下である以上、他の人に伝えて逃げようとするのは止めましょう。

 

メール連絡は電話が来る可能性アリ

メール

 

メール連絡は電話が来る可能性アリという覚悟も持っておきましょう。

 

じっさい僕も経験がありますが、メールだけでは誠実さが足りないと思われていたり、体調を気遣ってくれて連絡をくれることがあるからです。

 

そのため「メール連絡は電話が来た場合にしっかり対応する」「そもそも事前に直接報告しておくor電話連絡して完結させる」という姿勢にしておいた方が良いのです。

 

 

ちなみによほど近しい存在であっても、プライベートで使うような上司のメルアド宛メールやLINE連絡は「舐めとるんか!」と不快にさせる危険性があります。

 

そのため「公私をキッチリと分ける」という意味でも、休日申請連絡は上司の社用メールアドレスに連絡するようにしましょう。

 

※ただし「直属の先輩・チームリーダー」がいて、そちらに連絡すればOKなのであれば、課長などの「組織単位の上司」に伝えなくてもOKだったりします。

 

まとめ

 

以上が休日出勤なんか当たり前じゃねぇ!自分時間を護る為の英雄的拒絶物語のご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

自分の適職・天職を知るメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

自分の適職・天職を知らないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

 

※そして以下のリンク先では、転職サイトに登録「だけ」でもしておくべきメリットを紹介しているので、合わせて参考にしてください♪

 

 

※また、以下のリンク先では、どうしても会社に行きたくない時に辞める正当な理由を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

自分だけの適職・天職の見つけ方

向いてる仕事
振り返り



今の仕事が本当に合っているのか?

本当はもっとラクに楽しく働ける場所があるかもしれない…

自分では分からないけど、仕事に使える強みってあるのかな?

頑張って働いてるけど、ずっとこのままは苦しいから、いつかは転職したい…



そんな悩みをお持ちの方向けに、以下のリンク先にて「自分の強みを知り、適性のある仕事の見つけ方」をご紹介します。