高卒 負け組

 

諒さん諒さん

事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

「高卒は負け組で生きていけない?」「高卒はみじめでオワコンだから、人生終了でエリートにはなれない?」

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も高卒ではなく大卒ニートですが、職歴という点では「学歴不問の飛び込み営業」などをやってきたので、高卒は負け組で生きていけない?と心配する、あなたの気持ちが痛いほど分かります…。

 

 

だからこそ、そんな今のあなたと同じ時期を経験した僕が「高卒は負け組で生きていけない?という原因及び安心・安定の人生を築く方法」を具体的に紹介しています♪

 

転職変化

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

高卒は負け組で生きていけない?

新人に厳しい

 

ではまずはじめに、高卒は負け組で生きていけない?についてご紹介していきます。

 

大卒より求人選択肢が狭い

出世欲 ない

 

転職サイトWEBライターの立場から言わせてもらうと、大卒より求人選択肢が狭いのはネガティブポイントです。

 

実際転職サイトにて紹介される求人は「大卒以上」と設定されているものが多いので、選択肢は大卒より数割減ります。

 

しかも「学歴不問などのタフなメンタルや体力が求められる求人」が多くなるので、離職率が高いケースも多いです。

 

学歴による扱いの差

大卒=ひとまず「大卒以上」の全ての求人に応募できる

高卒=「高卒以上」の求人にしか応募できないので、かなり応募に制限がかかってしまう

中卒=「学歴不問」のみしか応募できないので、新規開拓や肉体労働系などの「精神or肉体に自信がある求人」しかないケースが多い

 

ただしそんなタフな求人の会社で成長できれば、学歴コンプレックスを吹っ飛ばせるくらいの高収入に到達する人もいるので、決してネガティブではありません。

 

僕がお世話になった「準官公庁系の通信IT企業営業課長」は高卒でしたが、他の大卒社員より数倍カッコ良くて、売り上げをバリバリ上げて稼いでいましたからね♪

 

大卒より生涯年収が3割少ない

仕事 辞めたい お金 ない

 

大卒より生涯年収が3割少ないというネガティブポイントもあります。

 

中卒・高卒・大卒の生涯年収

生涯年収

出典:年収ラボ

※カッコ内は転職無しで勤め切れた場合の値

 

このように「生涯年収で高卒と大卒は5000万円差」「40年勤めた場合は平均125万円/年の差」になるわけです。

 

大学進学には「国公立200万円以上」「私立300万円以上」がかかるわけですが、生涯年収で10倍位のリターンがあると言えるのです。

 

そのため「学歴社会の中で戦う」という意味では、大卒より年収が厳しくなると言わざるを得ません…。

 

都会の方がチャンスは広がる

会社

 

ただし高卒・大卒に関係なく、都会の方がチャンスは広がるという視点も覚えておきましょう。

 

例えば僕は「名古屋で大卒フリーターとして生活していた所から東京に上京し、職歴・スキルが大幅に向上した」という自負があります。

 

人口が多くて企業数が増えれば、必然的に優良求人も増えるので、高卒フリーターでも成り上がるチャンスはUPします。

 

 

もちろん東京でなくても「各地の主要都市(東京/大阪/名古屋/福岡/札幌/仙台など)」であれば求人数は増えますが、やはり首都圏の求人数は段違いです。

 

そのため地元でレベルアップするチャンスが見えないのであれば、僕のように住む場所を変えてチャレンジするのもアリかもしれませんね?

 

※ただし全くツテがない中で上京するのはかなりキツいので、友人や親戚がいないのであれば、最終手段程度に思っておきましょう

 

高卒負け組脱却用職業訓練

研修

 

では次に、高卒負け組脱却用職業訓練についてご紹介していきます。

 

独学で勉強する

天職

 

一番簡単に実践できるのは、独学で勉強するという方法です。

 

実際僕もフリーター期間ではありませんが、社会人就業中に独学で運営していたブログを元にして「営業マンからWEBライターに転職」を果たしました。

 

他にも「エステティシャンから独学で勉強してWEBデザイナーになった」という女の子もいましたし、プログラミング言語を学べばシステムエンジニアになれる道もあります。

 

 

もちろん「●●勤務経験1年以上」などの経歴が必要な中途採用求人には応募できませんが、時間がある内にスキルアップする上で、独学は必須とも言えますよ♪

 

職業訓練を受ける

役所

 

ヒューマンアカデミーなどの「資格取得・社会人学校」に行ったり、ハローワークなどで職業訓練を受けるのもアリです。

 

僕もヒューマンアカデミーには「WEBデザイナー」に関する資料請求と入校相談に行きましたが、数十万円払って専門スキルを学べる魅力があります。

 

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミー

出典:ヒューマンアカデミー

 

またハローワークでは、一定の条件を満たせば受講料無料で、なおかつお金をもらいながら受けられる制度があるのも魅力です。

 

支援制度の区分け

「失業保険を受給できない対象者=求職支援訓練(10万円程度の給付金を受け取りながら職業訓練が受けられる)」

「失業保険受給対象者=公共職業訓練(訓練期間中は失業保険延長給付対象になる)」

職業訓練の例

プログラミング言語

WEBアプリエンジニア

建築系CAD

保育士

介護福祉士

調理師

自動車整備

溶接技術

トラックドライバー

WEBデザイナー

電気設備

ネイリスト など

 

このように非常に幅広い訓練が用意されています。

 

ただしこの制度は以下のように、利用にあたって多くのボトルネックがあります。

 

職業訓練の問題点

応募者が多い為、人気講座ほどスグ埋まって受講しにくい

実家暮らしでもない限り、一定の受講期間(2ヶ月〜2年)がかかるので、ある程度貯金が必要

国や地域からの支援金で行われている訓練なので、社会で通用する「最低限レベル」のケースが多い

 

個人的にはこのような理由から、一度もこの制度を使ったことはありませんが、職種自体を変えたいのであれば、ハローワークで相談してみるのもアリでしょう。

高卒負け組脱却用目標設定

錬金術

 

では次に、高卒負け組脱却用目標設定についてご紹介していきます。

 

焦って就職しない

新卒2年目 メンタル

 

まず一番大切なことは、焦って就職しないことです。

 

なぜなら採用までの期間が短い会社にはブラック企業も多く、焦って転職するほど変なところに入ってしまう可能性があるのです。

 

そのため焦って「どこでも良いからとにかく仕事先を見つけなければ!」という気持ちを抑えたほうが良いです。

 

目的・目標を立てて転職する

診断

 

そして気持ちを落ち着けて取り組むべきは、目的・目標を立てて転職するという視点です。

 

なぜなら「設定した目的・目標に沿って、あなたの脳みそは行動を開始する」ので「安月給でも良いから、とにかく働きたい」という設定だと、その通りの現実を引き寄せるのです。

 

 

そのため「自分は3年後・5年後・10年後にどうなっていたいか?」を見つめ直したほうが良いのです。

 

例えば「年に1回は海外旅行に行って、ハワイでリラックスしたい」という目的を決めたら「年末までに●万円貯金+有給●日残す」といった目標が定まるわけです。

 

 

そのため「叶えたい目的から来る目標」という順番を基準に考えることで、目標設定しやすくなりますよ♪

 

僕が立てた計画目的・目標例

日本の誇りの柱

 

そして24歳の時に、僕が立てた計画目的・目標例についてもご紹介しておきます。

 

僕の目的・目標例

月収100万円を達成する

一流のビジネスマンになる

どこでも誰とでも堂々と対等に付き合える

 

今でも鮮烈に覚えている目的・目標設定はこのようなものでした。

 

 

ちなみにこれは当時出会った7歳年上の社長さんがとてもカッコ良くて、実はそこから導き出した目標でもあります。

 

そして当時工場のライン作業でバイトしていたのですが、それを辞めて50万円の貯金で東京に上京し、その後合計上場企業で5年ほど勤め「一流のビジネスマンになった」という自負を得ました。

 

あとは月収100万円の目標引き寄せを実現するために、自分の経験を交えて人々の役に立ちながらお金儲けもできる、このようなサイトを立ち上げているというわけです。

 

目標達成イメージを刷り込む例

錬金術

 

そして、目標達成イメージを刷り込む例についても合わせてご紹介します。

     

    先ほどお伝えした僕の目標「月収100万円」「一流のビジネスマンになる」「どこでも誰とでも堂々と対等に付き合える」を噛み砕いた「イメージ写真・画像」を壁になっています。

    ↓僕の実践例↓

    願望実現1

    願望実現2

     

    これは日々「視界に入る場所に目標達成した後の願望を貼っておく」ことで潜在意識に刷り込み、引き寄せを加速させるためです。

     

    ※「潜在意識」とは普段は意識しない「感情/クセ/習慣」のこと(現実のほとんどはこの意識が“信じていること”をベースに創られている)

     

     

    そもそも人の認識は、以下のように「頭で認識して考えている健在意識10%」「頭で意識せずに考えている行動・クセ・行動基準90%」と言われています。

     

     

    そのため目標を具体的にイメージできるように画像や写真を貼っておくことで、より願望達成に近づきやすくなるというわけです。

     

    お金/時間/人間関係/健康

    仕事 辞めたい お金 ない

     

    また、目標願望のベクトルは「お金/時間/人間関係/健康」の4種類がおすすめです。

     

    お金/時間/人間関係/健康

    お金=何年後までに何万円稼ぎたいか?(住みたい場所の家賃/車の値段など)

    時間=自分の残りの人生をどう使いたいか?(年に1回は海外旅行/子供のイベントは絶対参加など)

    人間関係=家族を持ちたい・子供は何人欲しいか?(結婚相手のイメージ/子供の育て方など)

    健康=体を大切に扱う習慣を取り入れるか?(週に2回はジムor自宅で筋トレ/減量サプリを毎日摂取など)

     

    このような方向性で目標を設定し、さらに成功イメージ写真を部屋に貼ることで、行動が自動的にそちらにシフトしていくようになりますよ♪

     

    転職先での希望優先項目を明確化

    自由

     

    そして転職先での希望優先項目を明確化しておく必要もあります。

     

    ちなみに僕が会社員時代に設定していた希望優先項目は以下の通りです。

     

    転職で求める希望優先順位

    企業状況=「一流のビジネスマンになる」という大目的達成のために、有名企業で目一杯働く

    勤務時間=終業後は独学勉強やセミナー・研修に行く、起業準備時間が欲しかったので低残業最優先

    お金=とにかく年収UPも大事だが、「仕事に関する自信をつける」ことが最優先

     

    とにかく「一流のビジネスマンにならなければ、一人前の起業家にステップアップできない」と確信していたので、大看板のある会社への就職を引き寄せました。

     

    ※もちろん大看板の有名企業に中途で入る選択だったので、雇用形態は契約社員や派遣社員でしたが、正社員と同等かそれ以上の貢献をしてきたという自負があります!

     

    このように「次の転職先では何を得たいか?」を明確にしておくことで、それを実現する職場を引き寄せることができますよ♪

     

    あなたが将来必要とされ続ける方法

    天職

     

    では次に、あなたが将来必要とされ続ける方法についてご紹介していきます。

     

    運命はあなたを幸福に導く

    無職 不安

     

    まず何よりも、運命はあなたを幸福に導くという視点が大切です。

     

    そしてこの視点を理解するために必要なのが「宿命・運命・天命・使命の違い」についてです。

     

    宿命・運命・天命・使命の違い

    宿命(ありのままの姿)=前世・過去のトラウマや親・先祖から引き継いだ能力や因縁(カルマ)

    運命(シナリオ)=あなたがこの世に生まれた天命に近づくために“命”を“運”んでいく過程

    天命(あるべき姿)=自分が目指し続ける到達点であり、生き続けるべき姿

    使命(ミッション)=宿命を乗り越えて天命を生きる過程で歩んだ、あなただけの生き様

    天命

    出典:オンラインジャーナル/PMプロの知恵コーナー

     

    このように「あなたが生まれてきた意味と、これから生きていく過程」は「世界であなただけが歩んでいる道(人生)」であり、その柱はあなたに安寧をもたらすのです。

     

    我が天命「日本の誇りの柱」

    日本の誇りの柱

     

    ちなみに我が天命「日本の誇りの柱」についても、参考としてご紹介しておきます。

     

    大島諒一の宿命・運命・天命・使命

    宿命(ありのままの姿)=愛媛県の山守豪族(父方家系)と愛知県の農業一族(村社会)に生まれて、「パワフルな父方」と「安定の母方」のメンタルが違いすぎて非常に精神不安定な前半生を過ごす

    運命(シナリオ)=「年商3億の社長」に弟子入りして、工場のライン作業から始まり、東京に上京して5年ほど上場企業で勤め、起業家を志す

    天命(あるべき姿)=「日本の誇りの柱」として「誇りある日本人の育成」「神国日本の復興」に生きる

    使命(ミッション)=「自信がない」ところから「誇りの象徴」にまでなったエネルギーを社会還元

    天命

    出典:オンラインジャーナル/PMプロの知恵コーナー

     

    26歳の時に、25万円ほど払って平日4日間に受講した研修にて「私は強烈な影響力のある男です」という生き様を、自分自身と契約しました。

     

    「強烈な影響力のある男」とは即ち「ものすごく現実を変える力のある存在」であり、親や上司、社会の言いなりだった僕からしたら、人生観を180度変えるほどの大転換決意でした。

     

    しかしその過程で歩んできた「自らの自尊心を最優先する決断」を誰よりもしてきた誇りがあるので「あなたには大きな存在価値がある」と伝える仕事に生きられるようになったのです。

     

     

    このように「あなただけが歩んでいる人生や過程」は唯一無二のものですから、それは機械やAIがどれだけ進化しても、あなたを支え続ける力になってくれますよ♪

     

    適職・天職は必要とされ続ける

    錬金術

     

    以上の点から、適職・天職は必要とされ続けると断言できます。

     

    なぜなら「あなたがこの世に生まれてきた理由であり存在意義」なので、これを生き続けている限りあなたは最強なのです。

     

    ちなみに「分からないなりに歩んでいる過程」もまた運命なので、迷う事自体に意味があるのです。

     

     

    そして天命を生きるのは「あなたの求めているものは何ですか?」と自分に問い続けるのです。

     

    僕は8年間そうやって歩んできた結果「日本の誇りの柱」という生き方を実践する覚悟ができたので、ぜひ同じことをやってみてください♪

     

    そして「今働いている環境から、もう一歩チャレンジしたい」という思いで、何回も職種転換したり転職してきました。

     

    その結果、こうして「自己決断して成長してきた自負」をシェアできるようになったので、今いる場所に違和感を感じているなら、進化の時が来ているのかもしれませんね♪

     

    高卒負け組脱却用働き方

    レベルアップ

     

    では次に、高卒負け組脱却用働き方についてご紹介していきます。

     

    高卒特化エージェントを使う

    診断

     

    高卒特化エージェントを使うというのもアリでしょう。

     

    正直大卒入社ではない状態で一般的な求人に応募しても、非常に厳しい現実があります。

     

    だからこそ「そもそもフリーターを一から育てていく前提を持っている会社に入社する」選択肢もアリなのです。

     

    手に職をつけてフリーランス

    天職

     

    手に職をつけてフリーランスも、選択肢としてアリです。

     

    「WEB系のデザイン・ライター」「システムエンジニア」「イラストレーターや物書き」など、フリーランスで生計を立てられる職種は増えています。

     

    そのため「自分親方でやっていく方が楽」という自負があるのであれば、フリーランスを目指すために企業で修行して、独立を目指すというのもアリです。

     

     

    もちろん正社員として勤めていれば「退職金」などのメリットも生まれますが、それを十分に払ってくる企業がドンドン減っているという事実もあります。

     

    そのためフリーランスでは退職金こそもらえませんが「経費で節税対策ができる」などの強力なメリットも生まれるので、将来の選択肢にする価値はありますよ♪

     

    派遣やバイトで仕事以外重視の人生

    リゾート

     

    派遣やバイトで仕事以外重視の人生というのもアリです。

     

    僕の親族でも「モルディブに行ったら“ここで働かない?”とヘッドハントされて、事務職から転職した」ケースがあります。

     

    このように「●●で生きていきたいから、そこで仕事を探して生活基盤を確立する」というケースはあります。

     

     

    他に僕が工場のライン作業で働いていた時も「劇団がメインで仕事はサブ」「バンド趣味が生き甲斐で、仕事は最低限」という人もいました。

     

    プライドさえ邪魔をしなければ「仕事よりも大事な生き方を優先する」という人も一定数いるので、正社員に固定されず風任せに生きるのも一興です。

     

    主夫・主婦化で家事専業

    主夫

     

    相手を見つけなければなりませんが、主夫・主婦化で家事専業という生き方もアリです。

     

    「高収入の結婚相手を探して、なおかつ家庭に入る許可を得る」必要があるので、ハードルは正直高いです。

     

    しかし一定数この生き方を実践してる男性・女性はいるので「炊事・洗濯・家事・掃除を担う」必要はありますが、現状から脱却する選択肢の一つにはなります。

     

    自分の強みの生かし方を学ぶ

    転職

     

    自分の強みの生かし方を学ぶのもおすすめです。

     

    なぜなら「自分の強みが分かっていなければ、落ち着いて安定した働き方」が実現できないからです。

     

     

    例えば僕は「仕事=自分の苦手なことに取り組む」と思って働いていた通信営業マン時代は、「ずっときつい仕事と上下関係」でした。

     

    なぜなら「自分に向いてない仕事の極地」で働いていたので、ハンパじゃなく辛く苦しかったからです。

     

     

    しかし適職診断や色々なアドバイスを貰って「自分に本当に向いている仕事」と分かった物書きに転職してから、人間関係も円滑になり、快適に仕事ができるようになったのです。

     

    そのためあなたが「当時の僕」のように「仕事=辛く苦しい環境で働く」と思っているのなら、仕事と人生の方向性を見直す時が来ているのかもしれません。

     

    ちなみに僕の適職診断の指針の一つが、以下のリンク先にて紹介している「個性・適職診断」なので、ぜひ参考に使って下さい♪(転職の自己PRにも使えますよ♪)

     

    ※さらに今スグ転職しなくても、自分には他にも居場所があるという安心感は強烈なので、登録しておいて損はありません

     

    まとめ

     

    以上が高卒は負け組で生きていけない?勝ち組として幸福に生きる秘密の方法のご紹介でした。

     

    自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

     

    自分の適職・天職を知るメリット

    チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

    カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

    ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

    自分の適職・天職を知らないデメリット

    「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

    今の自分から何も変わらず変化ナシ…

    何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

     

    あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

     

     

    ※そして以下のリンク先では、転職サイトに登録「だけ」でもしておくべきメリットを紹介しているので、合わせて参考にしてください♪

     

     

    ※また、以下のリンク先では、どうしてもお金がない時に「スグお金を作る方法」を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

     

     

    強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

     

    自分だけの適職・天職の見つけ方

    向いてる仕事
    振り返り



    今の仕事が本当に合っているのか?

    本当はもっとラクに楽しく働ける場所があるかもしれない…

    自分では分からないけど、仕事に使える強みってあるのかな?

    頑張って働いてるけど、ずっとこのままは苦しいから、いつかは転職したい…



    そんな悩みをお持ちの方向けに、以下のリンク先にて「自分の強みを知り、適性のある仕事の見つけ方」をご紹介します。