高卒 人生終わり1

 

諒

「事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

相談男性1

高卒が人生終わりの例は?生きていけない・死ぬしかないリアルや状況改善テクを知りたい!」

相談女性1

中学or高校卒業・大学中退・大卒資格取得後に新卒内定就職したけど、転職して勝ち組が多い業界業種・職業職種・職場の人間関係が円満なホワイト環境の会社に移りたい!

相談男性2

学歴や実績がない人間が、スキル経験やキャリアを武器に働けるのは、大手企業で仕事する勤務経験があり、一流のプログラミング知識があるプロのエンジニアだけ?公務員事務職などの人気が高い理由は?

相談女性2

フリーターや無職ニートでも正社員を目指す働き方対策として「無料転職サイト」「転職エージェント」などおすすめ求人サポートサービスの中で、口コミで評価・評判が高い活動支援比較情報を紹介してほしいです。

相談男性3

ブラックを避けるための非公開求人情報収集や募集応募〜選考エントリー〜面接採用までのアドバイスを下さい♪

相談女性3

ストレスの少ない優良企業や残業のない在宅ワーク、副業・起業成功して稼ぐなど、退職してお金の収入問題を減らして、将来安定の人生を獲得するための適職診断活用方法を知りたい!

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心を取り戻し、誇りある人間になる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

目次

適職診断のおすすめ

向いてる仕事 適職診断
不適職で働く人の心の声


■今の仕事が辛く苦しい…もっと幸福で楽しい働き方を実現したい…。

残業ばかりで頑張って働いてるのに、人生が悪くなる一方…。

適職・天職が自分にあるのか?を知りたい!誰か助けて…。



なお最初に補足として、適職診断のおすすめを以下のリンク先にて紹介しているので、合わせて参考にしてください♪





また、以下のリンク先にて「一般転職・第二新卒転職サイト&エージェントの口コミや各HPの利用メリット」をまとめているので、こちらも合わせて参考にしてください♪





高卒が生きていけない人生終わりの理由

目次

 

諒

ではまずはじめに、高卒が生きていけない人生終わりの理由についてご紹介していきます。

 

大卒より求人選択肢が狭い

目次 1

 

転職サイトWEBライターの立場から言わせてもらうと、大卒より求人選択肢が狭いのがネガティブポイントです。

 

実際、転職サイトの紹介求人は「大卒以上基準」が多いので、選択肢は大卒より数割減ります。

 

しかも「学歴不問などのタフなメンタルや体力が求められる求人」が増えるので、離職率が高いケースも多いです。

 

学歴による扱いの差

大卒=ひとまず「大卒以上」の全ての求人に応募できる

高卒=「高卒以上」の求人にしか応募できないので、かなり応募に制限がかかってしまう

中卒=「学歴不問」のみしか応募できないので、新規開拓や肉体労働系などの「精神or肉体に自信がある求人」しかないケースが多い

 

正直言ってこのような現実があると言わざるを得ません。

 

しかし逆に言えば、「学歴不問の土建屋にて、気合で20代半ばの年収1,000万超え」「新規開拓営業で記録を打ち立て、社内No1の中卒」という圧倒的な人も数多くいます。

 

同僚

俺は大卒じゃないけど、30代前半で年収1000万達成したよ?

諒

マジかよ?すげ〜な♪

 

そのため、社会人にとって「学歴はあくまで入る時の指標」でしかないので、会社に入ってからの頑張り次第で、全然上に登って行けますよ♪

 

大卒より生涯年収が3割少ない

目次 2

 

大卒より生涯年収が3割少ないというネガティブポイントもあります。

 

中卒・高卒・大卒の生涯年収

生涯年収

出典:年収ラボ

※カッコ内は転職無しで勤め切れた場合の値

 

このように「生涯年収で高卒と大卒は5000万円差」になるわけです。

 

例えば高校進学には「国公立45万以上」「私立90万円以上」で、大学進学には「国公立200万円以上」「私立300万円以上」がかかります。

 

しかし、この生涯年収で投資分を計算すると、最終的に10倍のリターンがあると言えるのです。

 

 

そのため「学歴社会の中で戦う」という意味では、大卒より年収が厳しくなると言わざるを得ません…。

 

社会的な信用が低い

目次 4

 

社会的な信用が低いというデメリットもあります。

 

「ローン」などが最たる例ですし、審査の入るクレジットカードも「低収入すぎるとNG」「クレジットや金融ブラックリスト入りでは信用がない」などの理由で拒否されるケースもあります。

恋人・結婚の敷居が高い

目次 5

 

恋人・結婚の敷居が高いというデメリットもあります。

 

あくまで「恋人を作るか?結婚するか?」は選べるのが現代ですが、低学歴で薄給だと「相手の親に拒絶される可能性」が非常に高いです。

 

とはいえ学歴や経済状況に関係なく、夫婦二人三脚の田舎暮らしで、都会と真逆の人生を楽しんでいる夫婦がいるのも事実です。

 

そのため「自分にとって何が一番大切にしたいか?」という基準に沿って生きれば、肩書きではない「真の幸福」を生き続けられますよ♪

 

まとめ
  • 大卒より求人選択肢が狭い
  • 大卒より生涯年収が3割少ない
  • 社会的な信用が低い
    • 恋人・結婚の敷居が高い
適職診断のおすすめ3選(リンク先にて適職診断情報を解説中)

自分の強みを知ることで、快適&幸福な仕事人生に近づける♪

高卒が生きていけない将来理由

目次

 

諒

では次に、高卒が生きていけない将来理由についてご紹介していきます。

 

大卒よりクビになりやすい

目次 1

 

大卒よりクビになりやすいのが、一番のデメリットです。

 

とくに、現代日本では「院卒・大卒>高卒>中卒」という構図があるので、不景気ほど影響を強く受けやすいです。

 

そのため「雇用に守られる優先度が低い」という意味では、高卒は非常に厳しいと言えるのです。

 

外国人労働者が高卒求人を喰う

目次 3

 

外国人労働者が高卒求人を喰うというネガティブポイントもあります。

 

高卒求人はどうしても「単純作業や知的熟練をあまり求められない仕事」が多いのですが、そこは外国人労働者でも対応しやすいジャンルなのです。

 

極端な言い方をすれば「別企業に一括外注したり、最悪の場合は国外の人件費が安い所に頼める」ので、秘密契約保持を行えば「日本人雇用維持の必要がない」のです。

 

そのため「日本人の雇用に1人当たり年300万払う」より「発展途上国での雇用に1人当たり年30万払う」方が、コストが10分の1で済むわけです。

 

実際、ニトリやユニクロなどをはじめ、大手の工場は軒並み海外に移転して行っており、高卒求人が減る要因の一つになっています。

 

このように、替えのきく働き方ほど「人件費が安い方に流れる」ので、簡単な業務はドンドン安く対応してくれる場所にシフトして行っているわけです。

 

機械化が高卒求人を喰う

目次 4

 

機械化が高卒求人を喰うという、ネガティブポイントもあります。

 

そもそも、単純業務は「機械化・自動化」しやすいので「機械を上回る高度な人財」にならない限り、機械に変わられる可能性が非常に高いです。

 

しかも、ヒューマンエラーがない分、一定の同じ作業は機械の方が優れている為、人件費を払うより機械を導入した方がコストが低くなるケースもあるわけです。

 

 

必然的に「取って変わられるレベルの業務」を続けていくと、将来的に経験を活かせる生き方が減っていき、機械に未来を潰されるリスクもあるのです!

 

スキルアップがしにくい

目次 4

 

スキルアップがしにくいというデメリットもあります。

 

先程の「大卒>高卒>中卒」で扱いが分かれるのは、同時に「人に誇れる経験やスキルが学歴上位者より積めない」というデメリットにもなるわけです。

 

もちろん、僕のように副業を学び始めて「物書きとしてのスキル」を高めるなど、会社組織で努力するより、自分で稼ぐ力を伸ばしていくというプロセスもあります。

 

 

しかし「高卒で努力もしないままの人生」だけでは説得力が弱いので、自分なりの「これなら誰とでも対等以上に活躍できる」という分野を持つのがおすすめです。

 

社会人で独立し続けにくい

目次 1

 

社会人で独立し続けにくいという末路もあり得ます。

 

なぜなら、高卒正社員を獲得できなければ、生活を安定的に運営していく基盤としては弱いからです(夢追い人が続ける分には構いませんが…。)

 

 

そもそも、社会人といっても「正社員になって結婚して、35年ローンを組んで家を建てて、65歳で定年退職する」といった、旧時代の生き方でなくても構いません。

 

大切なことは「自分で何だかんだ生きていける術を持つ」ことであり、それができればフリーターでもニートでも肩書きはなんでも良いです。

 

将来の選択肢がどんどん減る

目次 4

 

将来の選択肢がどんどん減るという末路もあります。

 

なぜなら、日本社会は「高学歴」「若手」「経験豊富」な人材を求める傾向があるので「低学歴&経験未熟」な高卒が「高齢」になるほど、取り返しがつかないからです!

 

そのため、少なくとも「若いうちに経験を積んで選択肢を広げる」という、学歴以外の選択肢を増やす努力をした方が良いですよ!

 

まとめ
  • 大卒よりクビになりやすい
  • 外国人労働者が高卒求人を喰う
  • 機械化が高卒求人を喰う
  • スキルアップがしにくい
  • 社会人で独立し続けにくい
  • 将来の選択肢がどんどん減る

高卒が死ぬしかない人生終わり末路例

目次

 

諒

では次に、高卒が死ぬしかない人生終わり末路例についてご紹介していきます。

 

貧困やホームレスの可能性

目次 6

 

自活していける可能性がドンドン狭まるので、クビになった場合は貧困やホームレスの可能性があります。

 

なぜなら、収入源がないニートは「生活保護突入」「住む家がないなど、状況が悪いとホームレス化」のリスクが高いからです。

 

その結果、自尊心が基本的にはズタズタにやられるので、なるべく避けたい未来と言えます。

 

生活保護などで生きる

目次 5

 

生活保護などで生きるという末路もありますが、生きてる分にはチャンスがあると言えます。

 

生きてさえいれば「現状を良くしたい!」と奮い立つチャンスはありますし、日本社会のセーフティネットは優秀なので、頼る先は必ずあります♪

 

もちろん「生活保護はあくまで最低限の保証」「世間体が悪い」などの面もありますが、死ぬよりはマシですよ♪!

 

せっかく生まれてきたのだし、あなたは「生かされている価値ある存在」でもあるわけですから、その尊い命を大切にしましょうね♪

 

自殺や犯罪に手を染める

目次 6

 

自殺や犯罪に手を染めるという末路が、一番最悪です。

 

実際僕の妹は、大学時代にうつ病をわずらい、そこから就職活動に取り組むことができず、ニート期間2年を経て自殺しました。

 

理由は「うつ病により社会人化への抵抗が強い」ことに悩み続けた末、煉炭自殺で命を断ちました。

 

 

もちろん「人はいつか必ず死ぬ」のですが、世の中には楽しいことや「生きてて良かったと思う充実感」を感じられるチャンスがたくさんあるのも、また事実です。

 

そのため「今を越えたら、楽しいことも経験できるチャンスがある」という視点は、覚えておいてほしいと思います…。

 

まとめ
  • 貧困やホームレスの可能性
    • 生活保護などで生きる
    • 自殺や犯罪に手を染める

高卒でおすすめの職業例

目次

 

諒

では次に、高卒でおすすめの職業例についてご紹介していきます。

 

試験を受験して公務員

目次 4

 

年齢制限以下で資格があったり、経験者採用枠に入れるようなスキルを持っていれば、試験を受験して公務員という選択肢はアリです。

 

現状の日本で数少ない「終身雇用」の働き方ですし、景気の増減に左右されない安定した経済的基盤の代表例とも言えます。

 

ただし「公務員受験経験者」として言わせて貰えば「偏差値60以上の有名大学に入学するような難易度」なので、大学受験より勉強難易度が高いと感じています。

 

諒

数理・経済・社会学・民放・憲法・行政法…。勉強すること多すぎ…。

 

もちろん、入庁する地域によって難易度は変わりますが、いずれにしても「学生時代以上の勉強」をクリアしなければ、公務員採用はかなり厳しいと言えますよ!

 

料理人・伝統工芸・大工など職人系

目次 5

 

料理人・伝統工芸・大工など職人系などで技術を磨き、その仕事で無くてはならない人物になるのもアリです。

 

どんな仕事でも極めれば「なくてはならない人」になることはできるので、そこまでレベルUPすれば地獄は抜けられます。

 

ただし「その仕事が数十年必ずあり続ける保証はない」ので、あまり「他の人や機械に替えがきかない分野」に精通しておいた方が良いとも言えます。

 

営業職・販売職系

目次 6

 

人前に立って話したりするのが得意なら、営業職・販売職系もシフトする転職先としてあります。

 

改めて「営業職を経験した立場」から言わせてもらうと、職種を人前に立つ仕事に変えるメリット・デメリットは以下の通り。

 

人前に立つ仕事への職種転換メリット

コミュニケーション能力が確実に上がる

コミュニケーション能力は人間関係能力であり、時に言うべきことを言う力が付き、自尊心が高まる

インセンティブがあったり基本給が上がるなど、収入UPの可能性が高い

個人の仕事能力を上げることで、周りに合わせず早めに帰ったりも出来るようになる(営業)

人前に立つ仕事への職種転換デメリット

お金や商品のやり取りをベースとした人間関係で動くので、とにかくストレスが多い

面倒なことを言ってくる顧客に対してストレスが溜まる

上司や同僚に気が強い人間が増えるので、内勤職より人間関係問題のレベルが上がる

仕事ができないとかなり直球でダメ出しや悪口を言われる

 

このように良くも悪くも「人と関わる良い点と悪い点が思い切り表面化する」のが人前に立つ仕事の全貌です。

 

そのため、離職率も高いので「営業職で収入を上げたい!」「自分に自信をつけたい!」という確固とした目的がなければ、職種転換しない方が良いとも言えます。

 

学歴不問の業界で天下を取る

目次 7

 

このように、学歴不問の業界で天下を取るのもアリです。

 

とくに「営業などのメンタルタフネスを求められる仕事」は学歴不問も多く、インセンティブでガシガシ稼いでいる人も多いです。

 

実際僕も「モノを売って稼ぐ」という「どんな仕事でも必要な価値観」を、学歴不問の新規開拓営業などで訓練できましたから♪

 

 

そのため「学歴の劣等感をバネにする」ことで、昔ちょっと頑張った程度の「過去の遺物」も、数年で追い越せるかもしれまんよ?(笑)

 

諒

はぁ?何は無くとも、俺、凄いじゃんね♪

肉体を使う運送・土木系

目次 8

 

体力に自信があるなら、肉体を使う運送・土木系という方法があります。

 

実際、僕の知り合いには「高卒入社で運送会社に10年ほど勤務した後、個人事業主化した結果、年収1,000万円超えを達成した」という例もあります。

 

彼は「1運送辺りにお金が支払われる歩合給」で稼いでおり、しかも「運ぶ速度や能力」を高めてきていたので、他の個人事業主より3倍近く稼いでいるそうです。

 

※さらに、メルカリや在宅による通販利用者増などもあり、運送業の個人事業は右肩上がりと言っていました

 

もちろん「肉体労働系で生涯同じ仕事が出来るか?」は不安ですが、若い内からしっかり稼いでおいて、余裕のある資金を増やしておくのは大変おすすめですよ♪

経理・税務などの専門分野

目次 9

 

内勤の中でもより専門性の高い、経理・税務などの専門分野にステップアップしていくのもアリです。

 

とくに「既に何らかの資格系内勤職」で働いているのであれば、それを生かして別業界に転職するのもアリです。

 

しかも、現在はそんな働き方をしていなくても「FP(ファイナンシャルプランナー)などの仕事」は、勉強して仕事に昇華するチャンスもあります。

 

そのため「自分がずっと価値を提供できる誇りある仕事は何か?」という視点で、こういった内勤職のスペシャリストを目指すのもアリですよ♪

 

WEB系内勤職

目次 10

 

個人的に僕がとった選択肢ですが、収入UPなどを目指せるWEB系内勤職もおすすめです。

 

WEB系内勤職

WEBライター・WEBディレクター

WEBデザイナー

WEBマーケター・WEBコンサルタント

プログラマー・システムエンジニア など

 

すでにプログラマーやエンジニアとして活躍しているのであれば、それを自動車業界以外の場所で使えるようになれば良いのです。

 

そして、僕は「WEBライター」に独学・未経験で転職したのですが、物書きの仕事が非常に合っていたようで、とても働きやすくなりましたから♪

 

しかも、強みとして「自分HPを持てるスキルを蓄えられる」ので、副業を始めるのに最適なジャンルだとも思っています。

 

HPを持つことができれば、自分が伝えたいことを発信する力や、お金を稼ぐ力も高めていけるので、選択肢として非常におすすめですよ♪

 

※ちなみに「WEBマーケターやWEBコンサルタント」は数値を用いた解析で「プログラマー・システムエンジニア」はプログラミング言語を扱う仕事で、理系的業務

 

※なお、以下のリンク先では、僕が「未経験でWEBライターに職種転換した体験談やノウハウ」を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

まとめ
  • 試験を受験して公務員
  • 料理人・伝統工芸・大工など職人系
  • 営業職・販売職系
    • 学歴不問の業界で天下を取る
  • 肉体を使う運送・土木系
  • 経理・税務などの専門分野
  • WEB系内勤職
適職診断のおすすめ3選(リンク先にて適職診断情報を解説中)

自分の強みを知ることで、快適&幸福な仕事人生に近づける♪

高卒でおすすめの社内昇進方法

目次

 

諒

では次に、高卒でおすすめの社内昇進方法についてご紹介していきます。

 

高度な資格・スキルを習得する

目次 1

 

高度な資格・スキルを習得することで、市場価値を上げて「価値ある人財」になることができます。

 

高度な資格・スキルを習得する例

エクセルで高度な関数を用いた資料作成・分析ができる

英語が出来て取引先が外資系でも問題なし

HPやチラシなど、デザインもできる

 

このような「+αの付加価値」を持つことで、選択肢は大きく広がりますから♪

 

そのため「これは将来自分のためになる♪」と思えるような資格やスキルを見つけて、その経験を積むことで、将来の安心を高めることができます。

 

仕事効率を高めて自己評価を上げる

目次 2

 

転職前提でなければ、仕事効率を高めて自己評価を上げるのもおすすめです。

 

なぜなら「あいつは良くやっている」「他の人を雇っても、同じレベルの仕事は任せられないな…」と周りに思われれば、会社が倒産しない限り安泰だからです。

 

単純に「Aさんが1時間かける仕事を、あなたは30分で出来る」だけでも、2倍の能力を持っているわけですから、それだけ希少性は増します。

 

他にも「●●さんにお願いすると、すごく丁寧に仕事を完遂してくれる」といった質を上げることも、価値ある人財として扱われる評価ポイントになります。

 

諒

●●さん、仕事も丁寧だし本当に助かるよ♪

同僚 女性

ありがとうございます♪

 

このように「仕事のスピードを上げる」「仕事の質を上げる」「人間関係の満足度を上げる」ことで、安心の未来を創造することができますよ♪

 

景気の影響を受けにくい組織に入る

目次 3

 

景気の影響を受けにくい組織に入るというのも、安泰な将来を創る一つの方法です。

 

具体的には「歴史の長い会社」「大学や学校法人」「病院業務」「官公庁や独立行政法人」などはその典型です。

 

ただし「応募者も多い組織」になるので、そもそも入るまでが狭き門です(医療事務は資格がいりますし、公務員は高難度の受験が必要)

 

しかし、入ることができれば、他よりは安泰なので、安定性は高いと言えます。

 

※とはいえ、10年〜30年後を考えると、必ずしも安泰とは言い切れないので、自己研鑽・自己投資の必要はあります

 

まとめ
  • 高度な資格・スキルを習得する
  • 仕事効率を高めて自己評価を上げる
  • 景気の影響を受けにくい組織に入る

高卒でおすすめの収入UP方法

目次

 

諒

では次に、高卒でおすすめの収入UP方法についてご紹介していきます。

 

都会の方がチャンスは広がる

目次 1

 

まず前提知識として、都会の方がチャンスは広がるという視点を覚えておきましょう。

 

例えば、僕は「名古屋で大卒フリーターとして生活していた所から東京に上京し、職歴・スキルが大幅に向上した」という自負があります。

 

人口が多くて企業数が増えれば、必然的に優良求人も増えるので、学歴や職歴に関係なく成り上がるチャンスはUPるのです。

 

 

もちろん、東京でなくても「各地の主要都市(東京/大阪/名古屋/福岡/札幌/仙台など)」であれば求人数は増えますが、やはり首都圏の求人数は段違いです。

 

そのため、地元でレベルアップするチャンスが見えないのであれば、僕のように住む場所を変えてチャレンジするのもアリかもしれませんね♪

 

※さらに、近年では「在宅勤務OK」「リモートワークOK」の会社も多いので、都心で働く為に引っ越す必要がない時代になったのもメリットですね(笑)

 

今の職業で勝ち組になる

目次 2

 

転職などしなくても、今の職業で勝ち組になるという方法もあります。

 

もちろん「大卒・院卒」の方が高収入・高待遇になる可能性が高いですが「実績評価」が高ければ、昇進・昇給の道もあるからです。

 

とくに「古臭い学歴至上主義の会社」では、50代〜60代になっても「どの大学出身か?」が一生つきまといます。

 

しかし「ベンチャーや人柄重視の会社」なら、それほど学歴は重要ではなくなります。

 

そのため「今いる会社・経済基盤を勝ち組職業にしていくには?」という考え方もアリですよ♪

 

管理職にステップアップ

目次 3

 

管理職にステップアップするのもおすすめです。

 

マネジメントは、どんな会社でも必要とされるスキルなので、その経験を積むのは職務経歴上も大きなプラスにできます。

 

そのため「人を動かして管理するマネジメント経験」を積める将来像があるのであれば、その会社でステージUPしていくのもアリでしょう♪

 

正社員+副業で収益安定

目次 1

 

個人的に一番おすすめなのは、正社員+副業で収益安定という生き方です。

 

もちろん「就業規定には副業禁止」としている会社も多いですが、今後も副業OKの会社は増加の一途を辿るでしょう。

 

とはいえ、僕にビジネスを教えてくれた師匠は、副業禁止の会社で月収20万円以上稼いでしまい、会社にバレて独立した経緯がありました。

 

つまり「副業が軌道に乗ったら独立したり、副業OKの会社に転職」「副業を軌道に乗せて起業」という考えで、積極的に「自分で稼ぐ能力」を高めるもアリということです♪

 

※ただし、年収20万円以上(月2〜3万円)稼げるようになると、会社と税金精査がズレる可能性があるので、副業に関しては事前に勉強しておきましょう

副業ブログや情報発信勉強

目次 2

 

僕がフリーランスになるまでに会社員と並行していたやり方ですが、副業ブログや情報発信勉強もオススメです。

 

HPを自分で一から作成するのは大変難しいですが、ある程度「整ったパッケージ」も売っていたり「代行依頼」できたりするので、覚えておいて損はないです。

 

もちろん、独学で習得して収入源を作り出すのもありですし、僕のように会社員として「社会で通用するレベル」まで昇華してから、フリーランス化するのもアリですよ♪

 

起業・フリーランス

目次 3

 

いきなりは難しいですが、会社員として稼ぐ実力を付けてから起業・フリーランスが、選択肢として一番強力です。

 

「WEB系のデザイン・ライター」「システムエンジニア」「イラストレーターや物書き」など、フリーランスで生計を立てられる職種は増えています。

 

そのため「自分親方でやっていく方が楽」という自負があるのであれば、フリーランスを目指すために企業で修行して、独立を目指すというのもアリです。

 

諒

俺の人生の責任は、俺が取る♪!

 

もちろん、会社員として勤めていれば「退職金」などのメリットも生まれますが、それを十分に払ってくる企業がドンドン減っているという事実もあります。

 

そのため、フリーランスでは退職金こそもらえませんが「経費で節税対策」などの強力なメリットも生まれるので、将来の選択肢にする価値はありますよ♪

 

独学で勉強する

目次 4

 

副業で稼げる職種転換を一番簡単に実践できるのは、独学で勉強するという方法です。

 

実際僕も、社会人就業中に独学で運営していたブログを元にして「営業マンからWEBライターに転職」を果たしました。

 

他にも「エステティシャンから独学で勉強してWEBデザイナーになった」という女の子もいましたし、プログラミング言語を学べばシステムエンジニアになる道もあります。

 

 

もちろん「●●勤務経験1年以上」などの経歴が必要な中途採用求人には応募できませんが、時間がある内にスキルアップする上で、独学は必須とも言えますよ♪

 

職業訓練を受ける

目次 6

 

ヒューマンアカデミーなどの「資格取得・社会人学校」に行ったり、ハローワークなどで職業訓練を受けるのもアリです。

 

僕もヒューマンアカデミーには「WEBデザイナーに関する資料請求&入校相談」に行きましたが、数十万円払って専門スキルを学べる魅力があります。

 

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミー

出典:ヒューマンアカデミー

 

またハローワークでは、一定の条件を満たせば受講料無料で、なおかつお金をもらいながら受けられる制度があるのも魅力です。

 

支援制度の区分け

「失業保険を受給できない対象者=求職支援訓練(10万円程度の給付金を受け取りながら職業訓練が受けられる)」

「失業保険受給対象者=公共職業訓練(訓練期間中は失業保険延長給付対象になる)」

職業訓練の例

プログラミング言語

WEBアプリエンジニア

建築系CAD

保育士

介護福祉士

調理師

自動車整備

溶接技術

トラックドライバー

WEBデザイナー

電気設備

ネイリスト など

 

このように非常に幅広い訓練が用意されています。

 

ただしこの制度は以下のように、利用にあたって多くのボトルネックがあります。

 

職業訓練の問題点

応募者が多い為、人気講座ほどスグ埋まって受講しにくい

実家暮らしでもない限り、一定の受講期間(2ヶ月〜2年)がかかるので、ある程度貯金が必要

国や地域からの支援金で行われている訓練なので、社会で通用する「最低限レベル」のケースが多い

 

個人的にはこのような理由から、一度もこの制度を使ったことはありませんが、職種自体を変えたいのであれば、ハローワークで相談してみるのもアリでしょう。

 

職種未経験歓迎に入社する

目次 7

 

職種未経験歓迎に入社するという方法もおすすめです。

 

なぜなら「1から成長していける環境だと会社側が提示している」ので、独学して学ぶより早いからです。

 

さらに「講座受講でお金を払いながら成長する」より「入社すればお金をもらいながら成長できる」ので、真剣に学んで習得できるメリットもあります。

 

まとめ
  • 都会の方がチャンスは広がる
  • 今の職業で勝ち組になる
    • 管理職にステップアップ
  • 正社員+副業で収益安定
    • 副業ブログや情報発信勉強
  • 起業・フリーランス
    • 独学で勉強する
    • 職業訓練を受ける
    • 職種未経験歓迎に入社する
リクナビネクスト無料登録メリット(リンク先にてリクナビNEXT情報を解説中)

退職・転職を思い立ってから急いで準備を始める前に、逃げ先情報を増やして安心をストックできる♪

まとめ

 

諒

以上が高卒は人生終わりの例13選!生きていけない・死ぬしかないリアルや状況改善テクのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

挑戦するメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

理想の自分を取り戻し、さらに自分が好きになる

挑戦しないデメリット

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたが自尊心を取り戻せるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

\【転職準備】会社を辞めたくなった時に備える関連記事はこちら!/

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

適職診断のおすすめ

向いてる仕事 適職診断
不適職で働く人の心の声


■今の仕事が辛く苦しい…もっと幸福で楽しい働き方を実現したい…。

残業ばかりで頑張って働いてるのに、人生が悪くなる一方…。

適職・天職が自分にあるのか?を知りたい!誰か助けて…。



なお最後に補足として、適職診断のおすすめを以下のリンク先にて紹介しているので、合わせて参考にしてください♪



低意欲からの転職サイト登録利点

転職サイト gif

諒

また合わせて、意欲が弱い内からの転職サイト登録利点についてご紹介していきます。

辛い時は意欲が完全に0

目次 1

辛い時は意欲が完全に0になってしまうのが、転職意欲が少ない内から登録しておく、一番のメリットです。



あなたも人生で深く悩んだ時期に「何もできず休みが終わってしまった…」という経験がありますよね?



それと同じ状況が「今勤めている会社」で起こってしまうと、そこから逃げようとする気力すら湧かず、もっときつい現実に発展するリスクがあるのです。



転職サイト登録対策なしorありの例

転職

  • ■対策なしで退職=ストレス爆発して辞める→転職活動を始める→アルバイトor貯金を崩しながら転職先を急いで探す
  • ■対策ありで退職=気力に余裕のある内から情報収集→準備を整えて退職→安心して転職先確保



このように、意欲が低い内から転職サイト登録しておけば「今の会社を辞めたくなった時の安全対策」が可能ですよ♪

転職サイト登録は保険

目次 8

このように、転職サイト登録は保険と言えます。



保険を利用する安心例

会社 休む理由 事前

  • ■転職保険=働き先の倒産リスクや、勤務継続不能リスクを回避
  • ■自動車保険=事故や、慰謝料問題などのリスクを回避
  • ■医療・がん保険高額医療費が発生した時などのリスクを回避



このように「転職を感がせる選択肢」は「生命保険」「自動車保険」などと同じく「転職サイトは、今の生き方に限界が来た時のリスク軽減策」として利用できるのです!

ストックで選択肢を増やす



転職意欲が低い内の登録メリットとして、ストックで選択肢を増やすという利点もあります。



具体的には「転職先のオファー/スカウトをストックして、移動先選択肢の情報収集をシステム化」しておけるのです♪





例えば、僕がおすすめするリクナビネクストでは「3ヶ月で20件ほどのオファー」を受け取りました。



リクナビネクストで職務経歴書入力しておくメリット


オファー メリット

職務経歴書登録で受け取ったオファー例

オファー例



このように、職務経歴書なども登録しておけば「上司のパワハラでストレスが頂点に達した時」「ガマンの毎日に嫌気がさした時」の今後の選択肢を、15分もあれば対策できるのです♪



オファー・スカウトを仕組み化しておいた方が良い理由

ルート営業 つらい

  • オファーやスカウトは採用企業側の追加料金支払いの為、採用本気度が高い
  • 未経験採用であってもオファーを出すほど育成意欲が高いため、採用確率が高い
  • 電話勧誘がない+メールを受け取るだけなので、ストレスフリー



なお最後に、様々な情報収集先として「適職診断/転職サイト」「転職&第二新卒専門エージェント」「退職代行サービス」も紹介しておきますので、自尊心を取り戻す参考に使ってください♪



適職診断/転職サイトおすすめランキング

転職サイト登録

  1. Re就活
    Re就活
    実績:
    20代が選ぶ20代向け転職サイトNo1!20代未経験歓迎の求人数では全国TOPクラス!
    対応 4.5
    実績 4.5
    口コミ・評判 4.5
    ★保有求人数=全国1万件以上
    ★おすすめ理由=20代転職希望者登録必須のサイト♪「9種類のタイプ判定適職診断」も無料で利用できる♪
    ★デメリット=20代未経験者歓迎求人が多い為、ベンチャー・IT系求人が多い傾向

    Re就活の口コミ・評判へ

  2. リクナビネクスト
    リクナビネクスト
    実績:
    転職サイト全国TOPクラスの求人数・実績
    対応 4.0
    実績 5.0
    口コミ・評判 4.5
    ★保有求人数=全国8万件以上
    ★おすすめ理由=全国TOPレベルの求人サイト♪「18種類のタイプから5つの強み判定適職診断」も無料で利用できる♪
    ★デメリット=求人数が多い為、オファー・スカウトなどのメール連絡が多い傾向

    リクナビネクストの口コミ・評判へ

転職エージェントおすすめランキング

転職

  1. リクルートエージェント
    リクルートエージェント
    実績:
    非公開求人20万件以上!業界TOPクラスの実績+求人数♪
    対応 4.5
    求人数 5.0
    口コミ・評判 4.5
    ★保有求人数=全国公開求人30万件以上&非公開求人20万件以上
    ★おすすめ理由=求人数・実績は業界TOP!転職を考えるなら必ず登録すべき♪
    ★デメリット=グイグイ営業が多い印象の為、嫌なら担当変更依頼or別で探すのがおすすめ

    リクルートエージェントの口コミ・評判へ

  2. マイナビ エージェント ひどい
    マイナビエージェント
    実績:
    就活で有名なマイナビの転職版!20代満足度No,1♪
    対応 5.0
    求人数 4.0
    口コミ・評判 4.5
    ★保有求人数=全国5万件以上
    ★おすすめ理由=求人数・実績はリクルートに劣るが、親切・丁寧な高評価が多い為、量より質を求める方におすすめ♪
    ★デメリット=悪く言えば淡白な営業が多いと口コミに散見される為、転職意欲が高い場合は他も併用した方が良い

    マイナビエージェントの口コミ・評判へ

  3. doda
    doda転職エージェント
    実績:
    転職満足度No1!全国12拠点&求人数10万件保有♪
    対応 4.5
    求人数 4.5
    口コミ・評判 4.5
    ★保有求人数=全国10万件以上
    ★おすすめ理由=年齢理由のお断りがない(少ない)+求人詳細がキチンとしている+良い担当者にサポートしてもらえたという高評価が多い♪
    ★デメリット=専門性に乏しい、転職対策サポートが手薄い、選考が進みにくいなどの低評価がある為、不満を感じたら他を利用すべき

    doda転職エージェントの口コミ・評判へ

  4. type転職エージェント
    type転職エージェント
    実績:
    年収UP成功者71%!関東1都3県でのIT系企業に強い♪
    対応 4.5
    求人数 4.0
    口コミ・評判 4.5
    ★保有求人数=関東2万件以上
    ★おすすめ理由=IT系企業求人に強く年収UP例多数♪担当者の高評価も多い為「関東勤務のIT系企業で年収UPしたい方」におすすめ♪
    ★デメリット=求人が関東IT系に偏る為、地方希望者・幅広い業種を探したい方は他で登録すべき

    type転職エージェントの口コミ・評判へ

  5. ヒューレックス
    ヒューレックス
    実績:
    利用者満足度95.9%!地方求人を多数保有♪
    対応 4.5
    求人数 3.5
    口コミ・評判 4.0
    ★保有求人数=全国1万件以上
    ★おすすめ理由=東北・仙台に本社を置き、東京/大阪/名古屋/福岡に支店アリ!地方求人も多数保有している為、U・Iターン希望者や地方転職者向け♪
    ★デメリット=都市部の求人数は他に大きく劣る為、都市部で仕事を探したい方は他で登録すべき

    ヒューレックスの口コミ・評判へ



また、以下のリンク先(ドロップボックス)にて、僕が12年間で習得した「理想の人生を育む引き寄せテクPDFレポート(118P/約4万5千文字)」を無料でお配りしているので、こちらもぜひお役立てください♪(ドロップボックスを含め、何も登録する必要はありません)



自尊心を取り戻すコツPDF無料プレゼント

引き寄せレポート日本景気の誇りの柱.800

\理想の人生を育む引き寄せテクを無料プレゼント/





※なお、ダウンロード方法(パソコン/スマホ)は、以下のリンク先にて手順解説しているので、不明な場合の参考に使って下さい♪





さらに、以下のリンク先にて「一般転職/第二新卒転職サイト・エージェントの口コミや各HPの利用メリット」をまとめているので、こちらも合わせて参考にしてください♪