引き継ぎ 後任 態度

 

諒

「転職10回+3職種経験」&「転職サイト企業にて求人500社(1,000件)以上作成」した「強烈な影響力のある男」がまとめました♪

 

相談男性1

「引き継ぎ1ヶ月コンプリートは無理?経験者が語るスムーズに継承するコツを知りたい!」

相談女性3

業務の後任が仕事できない…。「LINE/スマホトーク/電話番号」に頻繁に連絡が来る事態は避けたい…。

相談男性3

前任が転職した後に「重要資料」に作成不備があったり「手順が曖昧」な場合は、連絡してもOK

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も「引き継ぎ後任の態度が悪い…」と悩んだ経験がある為、あなたの悩みが痛いほど分かります…。

 

 

だからこそ、そんな僕が「引き継ぎ後任の態度が悪くても押し通すコツ」を具体的に紹介しています♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

  • 「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心を取り戻し、誇りある人間になる
  • 辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る
  • 1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

引き継ぎ後任の態度【考え方】

目次

 

諒

ではまずはじめに、引き継ぎ後任の態度【考え方】についてご紹介していきます。

 

自分の社内知識・経験は引き継ぐ

 

まず何よりも、自分の社内知識・経験は引き継ぐという考え方が重要です。

 

なぜなら「あなたが会社で得た社内知識・経験は、会社に還元する義務がある」からです。

 

会社で得た社内知識・経験

社内ニート 過ごし方

  • 社内システムの使い方・個人に割り振られた資料・データ など
  • 取引先の顧客情報・関わり方・気を付けておきたい重要事項 など
  • 業務に関わるマニュアル・資料や保管場所&手順 など

 

とくに「後任者に前任者として継承すべき注意点、やりかけのプロジェクト」などは、キッチリ引き継がないと、電話で頻繁に確認催促が来たりする為、やり切る努力をしましょうね♪

 

残しすぎ&残さなすぎは後任に迷惑

 

残しすぎ&残さなすぎは後任に迷惑という考え方も重要です。

 

具体的には、どちらも「残しすぎor残さなすぎで後任が把握しきれず困る」という「過ぎたるは猶(なお)及ばざるが如し」という考え方です。

 

事務職 やめとけ

 

ちなみに、残さなすぎで後任が困るのは想像できると思いますが「資料や手順が膨大すぎて覚えきれず困らせる人」というケースも意外といます。

 

その為「あくまで重要事項&要点をシッカリ簡潔に伝える」という視点で、後任に関わるのがベターですよ♪

 

引き継ぎを嬉しがる後任は稀

 

ちなみに残酷な真実ですが、引き継ぎを嬉しがる後任は稀な為「嫌な顔をされながら、最低限前任者として責任を取り切るスタンス」で関わるしかありません。

 

なぜなら「新しくやる事が増えるのを喜べる人は少ない」為、基本的にネガティブ反応を見ながら引き継ぐ感覚になるからです。

 

転職エージェント おすすめ

 

とは言え、あまり重く考えずに「自分は教えるべき事はキッチリ教え切ったから終わり♪と思える感覚」くらいまで引き継げれば、十分OKですよ♪

 

責任範囲は退職後連絡が来ないレベル

 

ちなみに前任者として関わる場合、責任範囲は退職後連絡が来ないレベルでイメージしておくのが良いでしょう。

 

なぜなら「連絡すれば取り合ってもらえると後任or前の職場の上司に思われると、いつまでも依存される」からです。

 

仕事 ミス 大損害

 

その為「自分は責任を全うして引き継ぎを十分行なったから、これ以上は職場のメンバーで何とかして!」という意識まで持っていくのがベターですよ♪

 

最終的には残った人が何とかする

 

「全く引き継ぎしない=多大な迷惑を後任にかけてしまう」のはNGですが、最終的には残った人が何とかするという考え方も必要です。

 

なぜなら「あなたが異動・転職した以上、前任の職場・会社が潰れても、あなたにはもう関係なくなる」からです。

 

仕事 ミス 隠したことある

 

とは言え、繰り返しますが「社内で得た知識/経験/資料などは会社の財産」であり、キッチリ引き継がないと「居させて貰った場所に迷惑をかける事になる」為、やるべき事はやり切りましょうね♪

 

 

※なお「年収300万円のライフスタイル年収1,000万円のライフスタイル」に関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

年収別ライフスタイル

  1. 年収300万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  2. 年収400万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  3. 年収500万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  4. 年収800万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  5. 年収1,000万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら

引き継ぎ後任の態度【体験談】

目次

 

諒

では次に、引き継ぎ後任の態度【体験談】についてご紹介していきます。

 

身勝手前任から引き継いだ自動車営業

 

引き継ぎに関する苦い思い出として、身勝手前任から引き継いだ自動車営業の経験が僕にはあります。

 

具体的には「“前任がムチャクチャやった担当区域”を、何も教えられず引き継ぎされた為、結局新卒入社3ヶ月で早期退職した悔しい経験」があるのです。

 

前任にムチャクチャな状態で引き継ぎされた具体例

ディーラー 就職 負け組

  1. 前任者が前所長と組んで「会社の規定値引き下限を下回る値段で卸していた+その情報が一切引き継がれていなかった」
  2. リーマンショックの煽りを受け、各取引先がキツい値引きを持ちかけてくる状況に陥り「値引き額を係長に相談するたび、値引き交渉値段が規定値より遥かに下回ってる事に、なぜか僕が毎度激怒された」

 

このように「ムチャクチャな取引先ネットワーク」をそのまま引き継がされた僕は、どこに行っても理不尽にキレられる毎日に絶望し、3ヶ月で新卒早期退職したのです(他にも色々理由はありますが…)

 

その為「歪んだ状態で後任に引き継ぐのはクズのやる事だ!」と思ってしまった出来事ともなったのです。

 

 

※なお「パワハラ上司を成敗するコツ」などに関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

パワハラ上司の対応方法

  1. パワハラ上司の末路・弱点=心のモヤモヤを晴らしたい場合はこちら
  2. パワハラ上司を追い込む技=実際に退治したい場合はこちら
  3. パワハラ上司に退職で攻撃=退職嫌がらせしたい場合はこちら

半年間伴走して教え込んだOA事務

 

半年間伴走して教え込んだOA事務の経験もあります。

 

具体的には「営業再転職を覚悟して退職申請した後、後輩にリーダー業務を半年間実戦で引き継いだ」という出来事になりました。

 

ちなみに、彼とは比較的親しく関わっていた為「ランチに行った時に不明点を聞く」「業務中に疑問点・不安点が出たら解消する」という関わり方をしたのです。

 

土下座

 

最終的には、じっくり時間をかけて引き継げた事もあり「ありがとうございました♪」と感謝されて終われたのは、非常に気持ちの良い経験でした♪

 

先輩に1年同行させた貰ったIT営業

 

先輩に1年同行させた貰ったIT営業の経験もあります。

 

その先輩は有能社員のため「自分でしかできない業務・取引先」などを多数抱えていたのですが、その一部を僕が引き継いだのです。

 

転職エージェント おすすめ

 

営業の場合は「丸投げで放置する前任者」もいたりしますが「通信IT系の繊細な情報を取り扱う業界柄&面倒見の良い先輩」だった為、きっちり教えてもらった事に感謝を感じました♪

 

 

※なお、以下のリンク先にて「退職作法・手順」「即日退職&諸手続きをプロに依頼できる退職代行サービス」を紹介している為、必要に応じてご参考に♪

退職作法・手順

  1. 退職理由+作法・手順=具体的な退職知識が欲しい場合はこちら
  2. 退職事前告知の段取り=早めに宣言して円満退職したい場合はこちら

退職代行のおすすめ

  1. 退職代行ガーディアン=合同労働組合対応で法的介入できる+29,800円と安価で一番おすすめ♪
  2. 弁護士法人みやびの退職代行=「残業代/退職金などお金トラブル」がある場合におすすめ♪
  3. 退職代行ランキング=退職代行を一括ランキング比較したい場合はこちら

不明点は同僚に聞いたWEBライター

 

不明点は同僚に聞いたWEBライターの経験もあります。

 

そこは「転職サイトのWEBディレクション企業」だったのですが「良くも悪くも各担当者の自主裁量に任せている」為、入社当初は結構てんやわんやでした…。

 

残業 辛い

 

そこで、数ヶ月前に入社している先輩(年齢は年下)と一緒にランチに行ったりしながら「Aの時はどうしてますか?」「Bの時ってどうやってます?」と都度都度疑問点を解消させてもらったのです。

 

そのお陰もあって、3ヶ月程度で問題なく仕事をこなせるようになった為「まぁ、最悪引き継ぎがあまりない場合、できる人に聞くしかないわな…」という成功体験にもなりました♪

 

 

※なお「失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方」「職業訓練のメリット・デメリット」などに関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

失業保険の有効な使い方

  1. 失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方=退職後の不安やモヤモヤがある場合はこちら
  2. 職業訓練のメリット・デメリット=ハローワーク経由で学ぶリスクを知りたい場合はこちら
  3. 職業訓練に落ちた時対策=失業中のスキルUPテクを知りたい場合はこちら
  4. 職業訓練途中退校デメリット=途中で辞めたい場合はこちら

引き継ぎ後任の態度【手順】

目次

 

諒

では次に、引き継ぎ後任の態度【手順】についてご紹介していきます。

 

引き継ぎ方法を会社・上司に確認

 

大前提として、引き継ぎ方法を会社・上司に確認しておくのがベターです。

 

なぜなら「引き継いだ仕事は後任が受け継ぐが、その責任を取るのは会社、とくに上司」だからです。

 

上司

 

その為、上司に引き継ぎ手順や必要な事を聞いておき、その通りにやるか?「お前に任せる」と言われた場合、独自で手順を作ったり、後任が来たら教えれば良いでしょう。

 

 

※なお「仕事のミスの謝罪術」などを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

仕事のミス対策

  1. 仕事のミスの隠し方&謝罪方法=ミスを隠し通したいor穏便に報告したい場合はこちら
  2. 試用期間でクビになる確率+対策=試用期間をキッチリ乗り切りたい場合はこちら
  3. 転職後自信喪失した時対策=早く一人前になりたい場合はこちら

業務内容・手順・必要書類を書き残す

 

複雑な工程があったり、口頭で伝えにくい場合は、業務内容・手順・必要書類を書き残すのも必要です。

 

具体的に引き継ぎマニュアルがあれば、それに沿って作ったり「パワーポイント/PDF」で残しておくのも良いですし、PC作業が苦手なら「手書きノートなどで要点をまとめて渡す」などもアリです。

 

チェックリスト

 

いずれにしても「自分が0の状態で引き継がれた場合、一通り理解できるマニュアルがあると助かる」という感覚で残しておくのがベターですよ♪

 

 

※なお「年功序列社会の問題点」などを、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

転職前後対策

  1. 年功序列組織から転職すべき理由=“若手を食い潰す”組織構造を知りたい場合はこちら
  2. 中途採用転職後に放置が長い時対策=自発的にやる事を見つけたい場合はこちら
  3. 東京or地元就職・転職の良悪比較=「成長の東京VS安心の地元」を比較したい場合はこちら

後任がいたら自分がやって見せる

 

退職する前に後任がいたら自分がやって見せるのもベターです。

 

当然ながら「実際のやり方・手順を実体験イメージで理解できる」のが、一番記憶に定着しやすいです。

 

ニート 末路

 

その為「営業職なら、実際に取引先周りして空気感を見せる」「エンジニアや内勤職なら、作業して見せる」などで、後任にイメージを刷り込んであげるのがベターですよ♪

 

後任にやらせて疑問点を是正

 

一方的に見せるだけで終わりではなく、後任にやらせて疑問点を是正する必要もあります。

 

そもそも、後輩指導・育成で大切なのが「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ。(日本連合艦隊司令長官・山本五十六氏)」という関わり方です。

 

転職エージェント おすすめ

 

その為、時間の許す限り後任の疑問質問不安に答えていき、引き継ぎ継承していけば、スムーズに辞めていく事も可能ですよ♪

 

 

※なお「転職先相談相手=転職エージェント」などを以下のリンク先にて紹介している為、合わせてご参考に♪

正社員転職エージェントのおすすめ

  1. リクルートエージェント=非公開求人21万人以上!エージェント希望者に最有力候補のサイト♪
  2. type転職エージェント=関東を中心に求人数2万件以上!IT系に強い+年収UPしたい方におすすめ♪
  3. 転職エージェントがうざい時対策=担当者変更・体験談を知りたい場合はこちら

僕の転職・退職体験談

転職サイト gif

諒

では次に、僕の転職・退職体験談についてご紹介していきます。

将来に不安を感じて営業転職


僕は26歳の時に、将来に不安を感じて営業転職しました。

なぜなら、以下のような状況で働いていて、このままでは将来がダメになると感じていたからです。

事務職で働いていて不安に感じていたこと

成長

  • 「基礎的なオフィススキル」しか育たなかった為、万一クビになった時に転職できない不安を感じていた
  • 「月給20万+残業代+ボーナス少々」で生活に余裕がなく、昇進・昇給の見込みも薄かった
  • 単純に「上司や先輩で憧れる人」がおらず、数年後はここに居るつもりがなかった


正直、働き続けやすいホワイト環境でしたが「このような場所に何年も居続けたら将来がヤバい!」と思い、半年前に余裕を持った退職宣言を行い、辞める覚悟を決めたのです!

そして、退職3ヶ月前からユルユルと転職活動を始めたのですが「営業への職種転換を含む転職活動」を甘く見ていた為、かなり苦戦したのです…。


具体的には、有給取得しながら転職活動を行っていたのですが、ギリギリ退職3週間前に、何とか滑り込みで転職先が決まりました(苦笑)

ルート営業 つらい
このように、かなり余裕を見て「半年前に退職宣言した僕」ですが、3ヶ月前から転職活動開始し始めてみると、意外にギリギリだったのです…。

そして、この経験から言えるのは「退職決断後に0から情報収集を始めた場合、最低3ヶ月以上は欲しい」ということです。


しかも、一般的な退職は1ヶ月〜2ヶ月前宣言が多いですから「失業期間が伸びても大丈夫な貯金」「情報収集しておく仕組み」を準備しておかないと、精神的にかなり厳しいです!

中途採用 放置 退職
そのため、スムーズな転職を実現する為には「当サイトで紹介しているような転職サイトに無料登録」して、不足の事態に備えておくのがおすすめですよ♪

失業後に4ヶ月かけて転職


また別の機会ですが、失業後に4ヶ月かけて転職した経験もあります。

この時は「失業保険即時受給=3ヶ月間月15万円程度」を受け取っていたのですが、その余裕に甘んじてダラダラ活動してしまい、貯金が底を付いてしまったのです…。

※「契約更新がある雇用(派遣/契約社員)は、契約満了後に最速で失業後2週間程度から受給開始できる」「正社員&自己都合退職は2〜3ヶ月給付制限がつく」

仕事 ミス 大損害
結局「お盆に実家帰省した折、両親から20万円をサポートを貰う→失業4ヶ月後に転職先決定」して、何とか窮地を脱しました…。

※正直言って、イオンのフードコートで両親に泣きながら「転職活動資金がないからお金を下さい…」と悔し涙を流した記憶が、今でも鮮明に残っています…。

涙 失業
そして、このように悔しい経験をした僕から言えることは、「自分の乗っている船(会社生活)が危機に陥った時、乗り換える船(転職先/稼ぎ先)を用意しておく」のが非常に大切です!

その為「転職ライター」「転職経験10回」「三職種以上」を経験した僕が、責任を持って「万一に備えた転職対策」について補足しておきます♪

辛い時は意欲が完全に0


まず大前提として、辛い時は意欲が完全に0になってしまうのが「転職意欲が少ない内からサイト登録しておく、一番のメリット」です。

あなたもストレスで疲れ切ったり、深く悩む出来事があった時に「何もできず休みが終わってしまった…」という経験がありませんか?

仕事量 少ない人
それと同じ状況が「勤め先の会社」で起こってしまうと、逃げる気力すら湧かず、もっときつくなるリスクがあるのです。

転職サイト登録対策なしorありの例

退職

  • ■対策なし=ストレス爆発して退職→転職活動開始→アルバイトor貯金を崩しながら転職
  • ■対策あり=気力がある内から情報収集→余裕を持って退職→転職


このように、意欲が低い内から転職サイト登録しておけば「今の会社を辞めたくなった時の安全対策」が施せるのです♪

転職サイト登録は一種の保険


このように、転職サイト登録は一種の保険と言えます!

保険を利用する安心例

祝日休みじゃない会社

  • 医療・がん保険=「高額医療費が発生」した時などのリスクを回避
  • 自動車保険=「事故や慰謝料問題」などのリスクを回避
  • 転職保険=「働き先の倒産リスク」「勤務継続不能リスク」を回避


このように「生命保険」「自動車保険」などと同じく「転職サイトは現状が上手くいかなくなった時のリスク回避保険」として、無料で利用できるのです!

具体的な転職成功例


そして、僕以外の具体的な転職成功例も補足しておきます。

具体的な転職成功例

  • 某財閥系大手エンジニアで「毎日終電続きで時間がない」→中小の同業種エンジニアに転職し、年収や企業ブランド価値は減ったが「残業平均20h/月以下でストレス激減」
リラックス
  • 中小企業の営業職だったが、上のポストがつかえていた→転職エージェント経由で「中小企業の営業部長職待遇」に出世でき「年収も100万円以上UP」
営業 セールス
  • シフト制の営業職だったが「毎週1日休みで疲れが取れない」→土日祝休みのルート営業に転職し「決まった固定休みがある為、リフレッシュしやすくなった」
釣り
  • ガツガツ実力主義系の会社で「体育会系に馴染めなかった」→仲間と一緒に和気あいあいな感覚で働きながら「皆で仕事を楽しむスタイルが肌に合い、ストレス激減した」
転職エージェント おすすめ


このように「自分がラクに働ける環境をGETした♪」「今より成長できる環境にシフトした!」事で、ストレスが減ったり、やる気が増えたわけです♪

もちろん、リスクもありますが、「どんな軸で転職したいのか?(残業減/年収UP)を明確にする」「情報収集をキッチリしておく」ことで最悪の事態を回避しやすいです。


さらに「転職先企業は事前に口コミチェックしておく」事で、納得いく転職先をGETできますよ♪

転職口コミサイト

転職会議出典:転職会議enライトハウス出典:enライトハウスopen work出典:open work

休みに関する求人記載ルール

リラックス

  • 週休二日制=月に1回以上週2日休日取得できる(1ヶ月4〜5週の内、1回以上2日休みがあれば該当)
  • 完全週休二日制=毎週必ず2日の休日をどこかで取得できる(週7日の内、各週どこかで2日休めば該当)
  • 完全週休二日制(土日)=毎週必ず土日に休日を取得できる
  • 完全週休二日制(土日祝)=毎週必ず土日に休日を取得+祝日も休める

休みに関する求人記載ルール補足

否定 拒否 NO

  • 最長=「年間休日125日」で、土日祝休み+夏季休暇・年末年始休暇などを含む
  • 一般的=「年間休日110日」で、土日休み+祝日出勤or祝日休みで土曜に出勤変更
  • 最短=「年間休日105日」で、労働基準法ギリギリの働き方
※いずれの休日形態でも「年間休日日数●●日=合計休日数」が記載されている

残業に関する求人記載ルール補足

残業 辛い

  • 残業月0〜10時間=定時〜+30分程度で帰れる環境
  • 残業月10〜20時間=定時+30分〜1時間程度で帰れる環境
  • 残業月20〜40時間=定時+1時間〜2時間程度で帰れる環境
※「固定残業代」「みなし残業代」は「我が社では●●時間の残業は当たり前の為、固定で先払い」という表記


また、仮に転職エージェント利用で面談〜転職決定した場合も「転職したい理由をポジティブに言い換えて伝える」事で、OKを貰いやすくなります。

ポジティブな言い方変換例

柔軟性

  • 給料が少ないから辞める→もっとチャレンジして「自分の可能性を試したい」
  • 残業や休日出勤が多くてストレスで辞める→オン・オフを大切にしながら「長く安定して働ける場所に転職したい」
  • 人間関係トラブルで辞める→「自分の性格に合った会社」で長く腰を据えて働きたい


大事なことは「長く働ける会社」「現職と同じストレスを感じる要素がない会社」という視点で探せば、より良い転職先を見つけやすくなりますよ♪

【転職最大手】リクルートエージェント

リクルートエージェント リクルートエージェント メリット
リクルートエージェント」は、転職サイト・エージェントの中でも求人数がダントツ!(非公開求人数21万件&公開求人30万件以上)

まだ転職意欲が低くても、リクルートエージェントは「会員登録だけしたい」「履歴書/職務経歴書のアドバイスが欲しい」など、幅広い要望に応えてくれる為、エージェント相談したい場合は、こちら一番おすすめです♪

リクルートエージェントの口コミ・評判!面談手順
リクルートエージェント公式サイト

また、以下のリンク先にて「転職エージェント利用失敗体験談〜快適に利用するコツ」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

大島諒一の転職エージェント利用失敗体験談

【転職方向性確認に最適】適職診断3選

向いてる仕事 適職診断
適職診断」は、性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かるチェック方法です。

僕は様々な適職診断を利用しましたが、その中でも「非常に役立った3つの適職診断」がある為、以下のリンク先にて詳しく紹介しています♪

適職診断@おすすめ3選

【職種転換+副業に最適】アフィリエイトブログ運営

強烈な影響力のあるブログ TOPアイコン
また、今の所転職する気はないけれど「自分の力でお金を稼げるようになりたい!」「副業にチャレンジしたい!」方におすすめなのが「アフィリエイトブログ」です。

「初期投資0円〜3万円以内」「月額数百円〜3,000円以下」で稼ぐ環境を獲得でき、アルバイトの稼ぎでも維持できる為「初心者におすすめな最初の副業」として、自信を持っておすすめできます!

さらに、稼げるようになれば「会社依存の抑圧感覚を減らせる→上手く軌道に乗れば、会社員から独立できる」「副業収益として節税できる」というメリットもあるので、挑戦しないのは損ですよ♪

ブログを副業禁止企業で始めるコツ
アフィリエイトブログの始め方

おすすめランキング

転職エージェント登録が必須の理由!

  1. 「沢山の求人情報にアクセスできるようになる」=「リスクに備えられる」
  2. 「年収UPチャンス」「残業時間DOWN」する転職先に出会える確率UP
  3. 「今の環境以外でも生きていける」という自尊心を取り戻せる

転職サイト/エージェントのおすすめ【PR】

  1. リクルートエージェント
    リクルートエージェント
    実績:
    非公開求人20万件以上!業界TOPクラスの実績+求人数♪
    対応4.5
    求人数5.0
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国公開求人30万件以上&非公開求人20万件以上!
    ★おすすめ理由=求人数・実績は業界TOP!転職を考えるなら必ず登録すべき♪

    もっと詳しく

    公式

  2. Re就活1
    Re就活
    実績:
    20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo,1」!未経験歓迎求人数は全国TOPクラス♪
    対応4.5
    実績4.5
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国1万件以上(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)
    ★おすすめ理由=20代転職希望者向け情報が豊富+無料の「9種類のタイプ判定@適職診断」もアリ♪

    もっと詳しく

    公式

適職診断

  1. 向いてる仕事 適職診断
    適職診断3選
    料金:
    無料/2,420円/13,000円の3種類紹介♪
    ★診断メリット1=性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かる♪
    ★診断メリット2=自分に合う業種/職種/会社は?という疑問がクリアになる♪

    適職診断3選


また、以下のリンク先にて「僕自身が転職10回+職種転換4回を達成してきたプロセス=大島諒一年表」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

大島諒一の自尊心復興体験談

まとめ

 

諒

以上が引き継ぎ後任の態度がBADでも無視OK!一生現職からオサラバするコツのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

挑戦するメリット

  • チャレンジした経験や成功体験ができ、自分に自信がつく
  • 理想の自分を取り戻し、さらに自分が好きになる

挑戦しないデメリット

  • 今の自分から何も変わらず変化ナシ…
  • 何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたが自尊心を取り戻せるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

\【転職】関連記事はこちら/