一般事務 きつい

 

諒さん諒さん

事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

「一般事務はきつい?」「一般事務以外のおすすめ職種や働き方を知りたい!」

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も一般事務は収入面・将来面できついと思って職種転換を果たし、月収が10万円以上上がった経験があるので今のあなたの悩みが痛いほど分かります…。

 

 

だからこそ、そんな今のあなたと同じ時期を経験した僕が「一般事務がきついか?に関して経験者が語る見解と、職種転換する場合のおすすめ職業を具体的に紹介します♪

 

転職変化

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

一般事務がきつい理由

 

ではまずはじめに、一般事務がきつい理由についてご紹介していきます。

 

単調な毎日で飽きる

中卒 ニート 末路

 

単調な毎日で飽きるのが、一般事務がきつい一番の原因です。

 

営業などのストレスフルな仕事と比べて、働きやすく楽な部分も多いのですが、その一方でやることに変化が少なく、飽きてくるデメリットもあったのです。

 

そのため先ほどもお伝えした通り、実際僕も事務職勤務2年が経った頃「このままじゃいけないという危機感」「収入UPしたい向上心」で職種転換を果たしましたから♪!

 

 

だからこそあなたも「そろそろ飽きてきたし、もっとチャレンジしたい」という気持ちが溢れてきているのであれば、それを実行に移した方が良いと思いますよ♪

 

残業が多いなどの勤務問題

残業

 

残業が多いなどの勤務問題で、一般事務がきついケースもあります。

 

一口に事務職と言っても「残業0時間〜月80時間」まで、会社によって勤務時間に幅があります。

 

実際僕が事務職で働いていた時は、企業向けの研修会社だったので「9月頃&4月頃の繁忙期」はめちゃくちゃ忙しくて、月80時間近く残業していました。

 

 

しかしその前月は閑散期となり、定時上がりが当たり前ではあったのですが、仕事のムラが大きすぎてストレスだったのは間違いありません。

 

給料が安いor上がらない

仕事 辞めたい お金 ない

 

給料が安いor上がらないのも、一般事務がきついケースです。

 

実際僕が事務職から営業職に転職した時は、平均月収が10万円近く上がり「職種を変えるだけで、こんなに貰えるんだ♪」と驚きましたから♪

 

とはいえ営業職に移ってからは、2年〜3年ほど「毎日半泣きor悔しがりながら帰る」など、ストレスも半端なく上がりました。

 

 

しかし営業職からさらにWEBライターに職種転換した時は、給料は多少下がりましたが内勤職だったので、営業ほどストレスを感じることなく快適に仕事ができました♪

 

そのため収入を増やすのであれば「営業転職などで給料UPとストレスが増える」or「副業や内勤転職で、今のままの働き方で給料UP」のどちらかになります。

 

周りとの人間関係に問題アリ

 

周りとの人間関係に問題アリで、一般事務職がきついケースもあります。

 

内勤職は基本的に就業時間中ずっと社内にいるので、周りとの人間関係がギクシャクしているとストレスが続くのです。

 

とはいえ会社によって人間関係や社内の雰囲気は全然違うので、同じ職種で転職したら「ビックリするくらい居心地が良くなった」というケースはあります。

 

 

実際僕も「成果至上主義で周りは皆ライバルという会社」にいた時は毎日ストレスフルでしたが、「社会に喜びを提供する理念で周りはみんな仲間という会社」にいた時はとても居心地が良くなったのです。

 

このように働く場所を変えるだけでも、毎日会社に行く苦痛が大きく軽減されることはあるので、経験を積んで将来同職種で転職するのもアリですよ♪

 

一般事務が将来きつい理由

 

では次に、一般事務が将来きつい理由についてご紹介していきます。

 

働きやすさという意味ではメリットが多い事務職ですが、それを「将来を豊かにするライフキャリア」としてみると、非常にリスクが大きい職種と言えるのです。

 

事務職求人は減る一方で応募者増

派遣切り 当たり前

 

事務職求人は減る一方で応募者増というのが、一般事務が将来きつい理由を反映しています

 

なぜなら「企業=なるべく事務職を維持or減らしたいVS求職者側=安定した事務職求人に採用されたい」というバランスがドンドン崩れているからです。

 

実際ハローワークなどでは「事務職採用予定1名に対して、100人単位の応募があった」など、アイドルコンテスト並みの状態になりつつあります。

 

 

そのため派遣に流れて事務をやっている人も増えていますが、景気が悪くなると結局派遣切りにあったりするので、非常に不安定な働き方とも言えるのです。

 

外注しやすく雇用必要性が薄い

海外旅行

 

そして一般事務は、外注しやすく雇用必要性が薄いという点でも将来きついと言われやすい働き方です。

 

極端な言い方をすれば「別企業に一括外注したり、最悪の場合は国外の人件費が安い所に頼める」ので、秘密契約保持などをしっかり行えば「正社員事務職雇用を維持する必要がない」のです。

 

そのため「日本人の雇用に1人当たり年300万払う」より「発展途上国での雇用に1人当たり年30万払う」方が、コストが10分の1で済むわけです。

 

 

このように替えのきく働き方ほど「人件費が安い方に流れる」ので、簡単な業務はドンドン安く対応してくれる場所にシフトして行っているわけです。

 

機械化による自動化影響リスク

機械

 

機械化による自動化影響リスクという点でも、一般事務が将来きつい働き方になる理由です。

 

そもそも補助的業務は「機械化・自動化」しやすいので「機械を上回る高度な人財」にならない限り、機械に変わられる可能性が非常に高いのです。

 

しかもヒューマンエラーがない分、一定の同じ作業を淡々と繰り返すのは機械の方が優れていることが多い上、人件費を払うより機械を導入した方がコストが低くなるケースもあるわけです。

 

 

必然的に取って変わられるようなレベルの業務を続けていくと、将来的に何もスキルや経験を活かせる生き方がなく、機械に未来を潰されてしまうリスクもあるのです!

 

僕の一般事務@きつい体験談

日本の誇りの柱

 

では次に、僕の一般事務@きつい体験談についてご紹介していきます。

 

僕の事務職体験談1年目

仕事 ミス 落ち込む 新人

 

僕の事務職体験談1年目は、六本木一丁目にある「企業向け教育研修サービスを行う会社の営業・講師サポート」で始まりました。

 

仕事は主に以下のようなもので、まさに営業・講師のサポートそのものでした。

 

僕の事務職の仕事経験

研修で使用する本のデータ加工

製本作業

研修教室のセットアップ など

 

そして入った当初は「室長とベテランヤンキー姉さんが毎日カリカリしながら仕事してる一室」に入ったのですが、まぁヤンキー姉さんの罵詈雑言が酷かったです。

 

※とはいえ室長が「仕事しない・スグ無茶な案件引き受ける」など、人柄は良いけど仕事能力的にダメダメだったので、ヤンキー姉さんの言うこともごもっともでしたが…。

 

そして業務は完全な内勤作業で、毎日がとにかくあっという間だったという半年間を過ごしました。

 

 

その後先輩ヤンキー姉さんが他の部署に異動になるということで、僕にリーダー格としての白羽の矢が立ち、後輩が2人入ってきました。

 

しかし後輩とは言っても「50代&20代後半の歳上+外注先企業のパートナー」が入ってきたので、とにかくケンカになったり、意見の食い違いでトラブルになった記憶があります。

 

結果としてその人たちも半年後にはいなくなり、新たに本当の後輩が1人入ってきて、円滑に仕事ができるようになりました。

 

僕の事務職体験談2年目

新人に厳しい

 

そして僕の事務職体験談2年目は、室長との格闘から幕を開けました。

 

基本的に作業部屋には室長はほとんどおらず、別部屋で仕事をしていたのですが「製本に必要な用紙の配置」などが全て室長の頭の中にあり、一々聞きにいくのが面倒くさかったのです。

 

そこで本社の担当営業の方がこちらに来た時に「部屋の中を掃除して、誰もが分かる配置にしたいんですけど?」と直談判したのです。

 

 

その結果「確かに仕事効率が悪くなってるし、改善に着手しよう」という話になり、作業部屋内の大掃除を行いました。

 

室長もバツが悪く「そこまでしなくても…。」と言っていましたが、作業場が汚い上に各資材の置き場が分かりにくかったので、徹底的にやりました。

 

おかげで作業部屋も綺麗になったし、周りからも感謝されたので、やって良かったなと思いました。

 

 

とはいえ勤務開始から1年半が経った頃「給料が少ない(月給20万円+ボーナスなし)」「今の仕事は今後のキャリアとして将来が不安」というモヤモヤも、僕は心の奥底に持っていました。

 

そして個人で約25万円を払って受けてきた研修で「自尊心を高めるには“3ヶ月で辞めてトラウマになった営業職”に再チャレンジしなければ!」という気づきを得たのです。

 

その勢いもあって、思い切って退職を室長に切り出した後、半年後に退職する運びとなり、実際に営業職への再転職を成功させたのです!

 

 

このような一般事務職が楽すぎと思いながらも、もっとステージアップした経験が僕にはあり、今でもあの職場で働いていたら「給料が少ない」「自分に自信がない」という、諦めの人生を送っていたと感じています…。

 

そのためあなたが「事務職は楽だけど、将来が不安」という感覚を感じ始めているのであれば、かつて僕が転職を決断したようなタイミングが来ているのかもしれませんね?♪

 

一般事務@きつい以外のメリット

 

では次に、一般事務@きつい以外のメリットについてご紹介していきます。

 

一般事務職は精神的に楽

自由

 

まず結論からお伝えすると、一般事務職は精神的に楽というメリットがあります。

 

今まで複数の職種を経験してきた僕から言っても、一般事務職は「営業のような無理難題を吹っかける面倒な顧客ストレスはない」「WEBライターのように主責任者としてカツカツ動く効率重視さはない」です。

 

 

もちろんどの職種の問題も、慣れてしまえば適応できるのですが、淡々と「人から振られた仕事に向き合い続けるだけ」で済む一般事務職は、精神的なダメージをそれほど受けません。

 

そもそも顧客が直接こちらにダメ出ししてくることも無ければ、顧客折衝が続いて長時間残業常態化なんてあまりありませんからね♪(笑)

 

 

そしてここからは、そんな一般事務職の「精神的に楽な具体的理由」をご紹介します。

 

簡単業務が多くて難易度が低い

派遣社員 メリット

 

簡単業務多くて難易度が低いのが、一番楽な理由です。

 

例えば僕の場合は「東京での生活に慣れるため+オフィスワーク慣れ」を目的として、一般事務職で2年働きました。

 

実際「言われた作業を淡々と繰り返し続ける仕事」なので、一度慣れてしまえば簡単ですし、ある意味「誰でもできる仕事」と言えます。

 

 

そのため「営業などのストレスフルな仕事は嫌だし、いきなり難易度の高い仕事に就くのにはハードルを感じる人」にとっては、おすすめの職業と言えます。

 

人間関係ストレスが少なくて楽

ストレス

 

人間関係ストレスが少なくて楽なのも楽な理由です。

 

そもそも仕事自体、社内の人間から仕事を振られて作業を続けるだけなので、取引先のクレームやトラブルを直接責められることはなく、責任範囲は狭いです

 

そのため「責任が重くて怒られる機会が多い仕事はイヤだ!」という人にとっては、この働き方は精神衛生上とても良いです。

 

比較的早く帰れる職場が多い

残業 多すぎ

 

比較的早く帰れる職場が多いのも楽な理由です。

 

一般的な営業職など「責任をメインで被る仕事」は、どうしても担当業務によって「残業が常態化しやすい」ですが、一般事務職は「超過残業しまくりや休日出勤を強制される機会は少ない」です。

 

そのため「残業少なめでオフも大切にできる」店でも、楽すぎと言える働き方です(事務・営業・WEBライターを経験した僕自身の見解・結論)

 

メンタルを安定させる方法

原因

 

では次に、メンタルを安定させる方法についてご紹介していきます。

 

チョコレートを摂取する

チョコレート

 

子供の頃は午後3時になると「おやつタイム」があったと思いますが、その時間にチョコレートを摂取するのはオススメです。

 

なぜならカカオポリフェノールを多く含むカカオ製品を摂取すると、以下の効果が確認されているからです。

 

■一般的なチョコレート摂取による効果

  • 脳血流量が上昇する
  • 記憶・学習能力に関連するBDFN増加を確認(BDFN=Brain-derived neurotrophic factor:脳由来神経栄養因子)

 

つまりチョコレートを食べる事で、脳を活性化できるというわけです。

 

■チョコレート摂取による健康効果

チョコレート効果

出典:meiji

■GABAチョコレート

GABAチョコレート

出典:グリコ

 

さらにその中でも個人的にオススメなのが、上記の「GABAチョコレート」です。

 

心理的ストレスを低減する「GABA」が含まれているので、精神面でとても良い感じだと個人的に感じています。

 

100円チョコよりはちょっと高いのですが、精神的に不安定だと感じる日は良くこれを食べていました。

 

 

もちろん毎日食べると健康を害する可能性もあるので、「精神的に不安定な日」「脳を活性化せたい時」に食べるようにしましょう♪

 

リラックスする音楽を聴く

音楽

 

リラックスする音楽を聴く習慣を取り入れるのもオススメです。

 

大好きなアーティストを聴くのもアリですが、Youtubeに上がっているリラックス音楽を聴く、瞑想を取り入れるのもオススメです。

 

 

じっさい僕も昼の休憩時間には、瞑想CDを10分ほど聴いて心身を落ち着ける習慣を取り入れていました。

 

その結果として、仕事前や仕事中もネガティブな気持ちに囚われないようできましたから♪

 

 

このようにネガティブな気持ちに歯止めが効かないのであれば、音楽の力を借りるのもオススメです!

 

また心のデトックスとして有名なハワイの秘術「オポノポノ」を聴き続けるのもオススメなので、以下に合わせて紹介しておきますね♪

 

■「(1時間バージョン)聞くだけ浄化☆オポノポノ☆」(1時間)

昼寝を取り入れる

睡眠

 

睡眠不足を解消するために昼寝を取り入れるのもオススメです。

 

僕は昼の食事後10分〜15分程度仮眠をとるようになってから、メンタルバランス安定に大きく貢献することに気付きました。

 

 

実際ある研究によると、以下の図のように「昼寝をした方が記憶力・正解率共に高かった」という結果も出ています。

 

■英語圏の学生に漢字を覚える実験を行った結果

仮眠結果

出典:本説伝

他にも厚生労働省の研究によって「昼寝の1分は夜の3倍の効果がある」とも発表されています。

 

実際「シエスタ制度(スペイン語でお昼寝)」を導入しているベンチャー企業も増えているくらいです。

 

そのため寝不足が多かったりして、仕事に行きたくないケースが多いなら、一度試してみてください♪

 

昼寝の効果的な取り方

 

ちなみに昼寝の効果的な取り方ですが、「20分以内が良い」と言われています。

 

実際それ以上寝ると逆にボーッとしてしまうので、10分〜20分程度でアラーム設定して起きるのが良いです(周りが気になるならバイブ設定)

 

さらに静かに座っていられる場所を探したり、リフレッシュルームで目を閉じているだけでもだいぶ違いますよ!

 

定期的に肉を食べる

肉

 

気持ちを切り替えるためには、美味しいものを食べるのもオススメです。

 

もちろん好きな食べ物を食べるのが一番ですが、そうでないなら「牛肉」がベターです。

 

なぜなら牛肉には「幸せホルモン」と呼ばれている「セロトニンを作るトリプトファン」が豊富だからです。

 

 

この「セロトニン」が減ると、人はイライラや疲労感が増えやすいと言われているので、定期的に「トリプトファン」を摂取した方が良いのです。

 

実際僕もこの事を知ってから、週に一回は「いきなりステーキ」「ステーキくに」などのハンバーグorステーキランチを食べるようにしました。

 

結果的にランチ後「幸せオーラムンムン状態」で仕事に取り組む事ができ、とても効果的だったのを覚えています。

 

お風呂に入るor温泉に行く

お風呂

 

お風呂に入るor温泉に行くのもオススメです。

 

なぜなら「お風呂が好き・毎日入る人ほど幸福度が高い」という調査結果が出ているからです。

 

■「おふろ白書2017」〜おふろと幸福度〜

お風呂白書

出典:NORITZ

 

僕は昔「時間と水道代が勿体ない」という理由で、毎日シャワーで済ませている時期がありました。

 

 

しかしお風呂が「緊張状態を緩和する・体をゆるませる・深呼吸する」というリラックス効果がひじょうに高いことを知り、入浴を習慣化しました。

 

結果的に1週間のメリハリも付くようになったり、幸福エネルギーも増えて、やる気が維持できるようになりました。

 

そのため、かつての僕のように「忙しいからシャワーで済ます生活」を続けているなら、2日に1回でもOKなので、入浴習慣を取り入れるのがベターです♪

 

片付け・断捨離

断捨離

 

部屋などの余計なものを減らす「片付け・断捨離」に取り組むのもオススメです。

 

なぜなら心理学の世界では、部屋の中の状態と心・頭の状態は同じ」と言われているからです。

 

 

そのため部屋が汚いほど、心が汚れていて悩みやネガティブな考えが残りやすい一方で、部屋が綺麗なほど、心もキレイでスッキリした精神状態を維持しやすいです。

 

※言い換えると、「いつか使う物」が多い人ほど「やらなきゃいけないこと」が頭の中に多い一方、「必要十分な物だけ」揃えてる人ほど、シンプルな思考でラクに生きています。

 

 

例えばあなたも試験勉強前には、やたらと部屋掃除や机掃除をしたくなりませんでしたか?

 

あれは問題を解くという「問題を解く(キレイにする)」前に、現実的な周りの空間からキレイにして、問題に向き合っているのだと僕は思います。

 

汚部屋

 

また本人が部屋をキレイにするのが苦手でも、現代では家事代行という部屋掃除のプロに、月1回程度のスパンで依頼するという手もあります。(5,000円程度で頼めるようです)

 

ノートにネガティブな気持ちを書く

適職診断

 

ノートにネガティブな気持ちを書くのも大変効果があります。

 

カラオケで叫んだり、段ボールを破るストレス解消法もありますが、紙に書くのは一番手軽にできるのでオススメです。

 

 

「あんなミスをした自分なんてもうキライだ!」とか、落ちるとこまで気持ちを落とすんです。

 

中途半端に後悔を引きずるより、「もう悩むのやめよう」と切り替えるタイミングを早めて、ミスを忘れることができるからです。

 

この方法はイライラする人がいる場合にも気持ちを吐き出せるので、習得しておくのがオススメですよ♪

 

 

そこでオススメなのが「紙に怒りや悲しみといったネガティブな気持ちを吐き出して燃やす」という、書き出しワークです。

 

■怒りや悲しみを書き出す例

もっと俺のことちゃんと考えて仕事振れよ!クソ上司!!

クソみたいに残業させやがって!いつでも辞めてやるぞブラック企業め!!

こんな俺をずっと受け入れ続けてくれるとは思えない…どうせ俺なんて愛される価値がない…

 

このような思いつく限りの「出来事に対するネガティブ感情」を紙に正直に書き出して、それを「グルグル黒く塗りつぶしながら吐き出す」ことで、キレイサッパリBYEBYEできます。

 

ストレスケア1

 

その後書き出したネガティブな感情を「火で燃やして浄化(宗教でいう供養のお焚き上げ)」することで、その気持ちがスーッと無くなると感じられます。

 

ストレスケア2

 

深く染み付いた感情は、1回で全て浄化できないので、その場合は翌日も同じトラウマを紙に書き出すのがオススメです♪

 

できれば毎日、もしくは週1回やるだけでも心のトラウマが減っていくので、イヤな上下関係や人間関係がラクになっていく可能性が上がりますよ♪(火は100円ライターで十分ですから♪)

 

一般事務がきつい時の職種転換

適職

 

では次に、一般事務がきつい時の職種転換についてご紹介していきます。

 

人前に立つ営業・販売職

営業 セールス

 

人前に立つ営業・販売職が、事務職からシフトする転職先としてあります。

 

実際営業職を経験した立場から言わせてもらうと、職種を人前に立つ仕事に変えるメリット・デメリットは以下の通り。

 

人前に立つ仕事への職種転換メリット

コミュニケーション能力が確実に上がる

コミュニケーション能力は人間関係能力であり、時に言うべきことを言う力が付き、自尊心が高まる

インセンティブがあったり基本給が上がるなど、収入UPの可能性が高い

個人の仕事能力を上げることで、周りに合わせず早めに帰ったりも出来るようになる(営業)

人前に立つ仕事への職種転換デメリット

お金や商品のやり取りをベースとした人間関係で動くので、とにかくストレスが多い

面倒なことを言ってくる顧客に対してストレスが溜まる

上司や同僚に気が強い人間が増えるので、内勤職より人間関係問題のレベルが上がる

仕事ができないとかなり直球でダメ出しや悪口を言われる

 

このように良くも悪くも「人と関わる良い点と悪い点が思い切り表面化する」のが人前に立つ仕事の全貌です。

 

そのため離職率も高かったりするので「収入を上げたい!」「自分に自信をつけたい!」という確固とした目的がなければ、そもそも職種転換しない方が良いジャンルとも言えます。

 

※とはいえ僕は、事務職から営業職に転職して月収が約10万円ほど上がり、3年ほど苦しかったですが、自分の思い通りに発言できる力を付けられたので、職種転換して良かったと思っています。

 

経理・税務などの専門分野

役所

 

内勤の中でもより専門性の高い、経理・税務などの専門分野にステップアップしていくのもアリです。

 

先ほどもお伝えした通り「他の人や機械に代替できる業務」は今後どんどんあなたの手を離れていくので、そうならない分野のスキルを蓄えるしかありません。

 

もちろん経理や税務が「人手のかかる作業からオフィスソフトに置き換わる懸念」もありますが、事務作業などの単純業務よりはもっと先の話です。

 

 

しかも「FP(ファイナンシャルプランナー)など、個人や企業のお金の悩みを解決する仕事」は、コミュニケーションして問題解決する必要性がある分、あなたにしか出来ない仕事になり得ます。

 

そのため「自分がずっと価値を提供できる誇りある仕事は何か?」という視点で、こういった内勤職のスペシャリストを目指すのもアリですよ♪

 

WEB系内勤職

SEO

 

個人的に営業や販売ほどストレスを抱えることなく、収入UPなどを目指せるWEB系内勤職がおすすめです。

 

WEB系内勤職

WEBライター・WEBディレクター

WEBデザイナー

WEBマーケター・WEBコンサルタント

プログラマー・システムエンジニア など

 

僕はこの中から「WEBライター」に独学・未経験で転職したのですが、物書きの仕事が非常に合っていたようで、とても働きやすくなりましたから♪

 

しかも強みとして「自分HPを持てるスキルを蓄えられる」ので、副業を始めるのに最適なジャンルだとも思っています。

 

 

HPを持つことができれば、自分が伝えたいことを発信する力や、お金を稼ぐ力も高めていけるので、選択肢として非常におすすめですよ♪

 

※ちなみに「WEBマーケターやWEBコンサルタント」は数値を用いた分析・解析で「プログラマー・システムエンジニア」はプログラミング言語と呼ばれる式を記述する仕事で、理系的業務です

 

 

※なお、以下のリンク先では、僕が「未経験でWEBライターに職種転換した体験談やノウハウ」を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

事務職以外の道へ進む

転職

 

最後に転職を考える上で、今後も事務職が自分の適職だと思えないのであれば事務職以外の道に進むのがオススメです。

 

なぜなら先ほどもお伝えした通り、事務職は外注や機械に奪われやすい「キャリアとしての安定性が不安定」な仕事なので、生涯の仕事にするにはリスクが高いからです。

 

 

そのため僕はオフィスワークの経験を積んでいき「事務・営業・WEBライター」と職種転換を行ってきました。

 

そしてその経験から言えることは「自分に合った適職で経験を積み、誇れる経験やスキルを積み上げること」こそが、これからの生き方に大きな影響を与えると確信しています!

 

 

そして僕は、適職診断や色々なアドバイスを貰って「自分に本当に向いている仕事」と分かった物書きに転職してから、劣等感を感じることなく、快適に仕事ができるようになったのです。

 

そのためあなたが「当時の僕」のように「仕事=辛く苦しい環境で働く」と思っているのなら、仕事と人生の方向性を見直す時が来ているのかもしれません。

 

ちなみに僕の適職診断の指針の一つが、以下のリンク先にて紹介している「個性・適職診断」なので、ぜひ参考に使って下さい♪(転職の自己PRにも使えますよ♪)

 

まとめ

 

以上が一般事務はきつい?経験者が教える楽なメリットと厳しいデメリットのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

自分の適職・天職を知るメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

自分の適職・天職を知らないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

 

※そして以下のリンク先では、転職サイトに登録「だけ」でもしておくべきメリットを紹介しているので、合わせて参考にしてください♪

 

 

※また、以下のリンク先では、どうしても会社に行きたくない時の休む正当な理由を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

自分だけの適職・天職の見つけ方

向いてる仕事
振り返り



今の仕事が本当に合っているのか?

本当はもっとラクに楽しく働ける場所があるかもしれない…

自分では分からないけど、仕事に使える強みってあるのかな?

頑張って働いてるけど、ずっとこのままは苦しいから、いつかは転職したい…



そんな悩みをお持ちの方向けに、以下のリンク先にて「自分の強みを知り、適性のある仕事の見つけ方」をご紹介します。