正社員 向いてない

 

諒さん諒さん

「事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

「正社員に向いてない!」「正社員以外の生き方や、必要な天啓を授けて欲しい!

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も正社員に向いてないと実感し、東京に上京して正社員じゃない生き方をしている人に沢山出会い、色々な生き方をたくさん模索した経験があるので、あなたの悩みが痛いほど分かります…。

 

 

だからこそ、そんな今のあなたと同じ時期を経験した僕が「正社員に向いてない人が生きやすいライフスタイル構築法」を具体的に紹介しています♪

 

転職変化

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

正社員に向いてない人の特徴

天職

 

では次に、正社員に向いてない人の特徴についてご紹介していきます。

 

マイペースで協調が嫌いな人

確信

 

マイペースで協調が嫌いな人は、正社員に向いてないタイプです。

 

正社員は「組織の歯車として、円滑に業務を遂行する一員」でなければならないので、自分勝手にやりたい人にとっては苦痛です。

 

そのため「自分親方」「一匹狼」「虎や猫のような性格」の人は、正社員以外か、正社員でも自由度の高い仕事を選んだ方が長続きします。

 

人間関係が面倒くさい人

自由

 

人間関係が面倒くさい人も、正社員に向いてないタイプです。

 

正社員は大抵の場合「40数年同じ仲間と、同じ会社という船で生活し続ける」わけなので、円滑な人間関係が築けない人は向いてないのです。

 

もちろんエンジニアなどで「必要最低限しか話さない」というタイプの職種もありますが、基本的には「イヤな人がいてもある程度目を瞑れる人」でなければストレスフルです。

 

指図されず自由に取り組みたい人

会社 休む理由 事前

 

指図されず自由に取り組みたい人も、正社員に向いてないタイプです。

 

世の中には「誰かに言ってもらった事を遂行するのが好きな人」と「自分で決めた事を遂行するのが好きな人」がいます。

 

そして「自分で決めた事を遂行するのが好きな人」は、上司や先輩の指示を受けて行動するのが嫌いなので、正社員は向いてないと言えるのです。

 

正社員に向いている人の特徴

オフィス 職場

 

では次に、正社員に向いている人の特徴についてご紹介していきます。

 

周りに合わせて生きるのが好きな人

社会人2年目 あるある

 

周りに合わせて生きるのが好きな人は、正社員に向いています。

 

正社員は「全社員一丸となって業績維持・向上に取り組む」ので、同じ生き方を周りと協調するのが好きな人にとっては天国と言えます。

 

逆に僕のように「派手好きで自分らしく生きたい」という人にとっては、地獄とも言えますが…。

 

ルールに守られるのが安心な人

法律

 

ルールに守られるのが安心な人にとっても、正社員は向いています。

 

なぜならすでに決められたレールがあるので、そこに沿っていくことができ「将来設計がしやすい」のです。

 

しかし僕のように「人生は思いもよらない波瀾万丈に満ちている」ようなギャンブラータイプには、それが合わないんですよね…。

 

人間関係にある程度妥協できる人

 

人間関係にある程度妥協できる人も、正社員に向いています。

 

先ほどお伝えした通り、正社員は「40数年同じ仲間と、同じ会社という船で生活し続ける」わけなので、円滑な人間関係が築けない人は向いていません。

 

そのため多少イラつく人間や肌に合わない人も、我慢・妥協して生きていける人にとっては、正社員はとても良い選択肢と言えます。

 

正社員に向いてない人の選択肢

レベルアップ

 

では次に、正社員に向いてない人の選択肢についてご紹介していきます。

 

手に職をつけてフリーランス

天職

 

手に職をつけてフリーランスが一番堅実です。

 

「WEB系のデザイン・ライター」「システムエンジニア」「イラストレーターや物書き」など、フリーランスで生計を立てられる職種は増えています。

 

そのため「自分親方でやっていく方が楽」という自負があるのであれば、フリーランスを目指すために企業で修行して、独立を目指すというのもアリです。

 

 

もちろん正社員として勤めていれば「退職金」などのメリットも生まれますが、それを十分に払ってくる企業がドンドン減っているという事実もあります。

 

そのためフリーランスでは退職金こそもらえませんが「経費で節税対策ができる」などの強力なメリットも生まれるので、将来の選択肢にする価値はありますよ♪

 

派遣やバイトで仕事以外重視の人生

リゾート

 

派遣やバイトで仕事以外重視の人生というのもアリです。

 

僕の親族でも「モルディブに行ったら“ここで働かない?”とヘッドハントされて、事務職から転職した」ケースがあります。

 

このように「●●で生きていきたいから、そこで仕事を探して生活基盤を確立する」というケースはあります。

 

 

他に僕が工場のライン作業で働いていた時も「劇団がメインで仕事はサブ」「バンド趣味が生き甲斐で、仕事は最低限」という人もいました。

 

プライドさえ邪魔をしなければ「仕事よりも大事な生き方を優先する」という人も一定数いるので、正社員に固定されず風任せに生きるのも一興です。

 

主夫・主婦化で家事専業

主夫

 

相手を見つけなければなりませんが、主夫・主婦化で家事専業という生き方もアリです。

 

「高収入の結婚相手を探して、なおかつ家庭に入る許可を得る」必要があるので、ハードルは正直高いです。

 

しかし一定数この生き方を実践してる男性・女性はいるので「炊事・洗濯・家事・掃除を担う」必要はありますが、現状から脱却する選択肢の一つにはなります。

 

正社員+副業で収益安定

ボーナス

 

正社員+副業で収益安定という生き方もアリでしょう。

 

そもそも「就業規定には副業禁止」としている会社も多いですが、今後も副業OKの会社は増加の一途を辿るでしょう。

 

 

実際僕に仕事術やビジネスを教えてくれた師匠は、副業禁止の会社にいたにも関わらず月収20万円以上稼いでしまい、会社にバレて独立した経緯がありました。

 

つまり「副業が軌道に乗ってしまえば独立したり、副業OKの会社に転職してしまえば良い」という考えで、積極的に「自分で稼ぐ能力」を高めるもアリということです♪

 

※ただし年収20万円以上(月2〜3万円)稼げるようになってくると、場合によって会社と税金精査がズレてくる可能性があるので、副業に関しては事前に勉強しておきましょう

 

まとめ

 

以上が正社員に向いてない人の特徴!正社員以外でも安定を得る生き方まとめのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

自分の適職・天職を知るメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

自分の適職・天職を知らないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

 

※そして以下のリンク先では、転職サイトに登録「だけ」でもしておくべきメリットを紹介しているので、合わせて参考にしてください♪

 

 

※また、以下のリンク先では、どうしても会社に行きたくない時の休む正当な理由を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

自分だけの適職・天職の見つけ方

向いてる仕事
振り返り



今の仕事が本当に合っているのか?

本当はもっとラクに楽しく働ける場所があるかもしれない…

自分では分からないけど、仕事に使える強みってあるのかな?

頑張って働いてるけど、ずっとこのままは苦しいから、いつかは転職したい…



そんな悩みをお持ちの方向けに、以下のリンク先にて「自分の強みを知り、適性のある仕事の見つけ方」をご紹介します。