光回線営業 きつい

 

諒

「転職10回+3職種経験」&「転職サイト企業にて求人500社(1,000件)以上作成」した「強烈な影響力のある男」がまとめました♪

 

相談男性1

「光回線営業はきつい?経験者が語る状況改善のコツを知りたい!」

相談女性3

「性格・強み」を活かす適職診断のおすすめは?質問回答後に正社員の働き方提案してくれる「無料情報」を知りたい!

相談男性3

「転職サイト登録」「転職エージェント」のどちらを利用するのが良い?

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も「光回線系営業はきつい」と感じて退職した為、あなたの気持ちを諒解(心を理解)できます…。

 

 

だからこそ、そんな僕が「光回線営業がきつい理由や状況改善のコツ」を具体的に紹介します♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

光回線営業【きつい理由】

光回線営業 きつい理由

 

諒

ではまずはじめに、光回線営業【きつい理由】についてご紹介していきます。

 

無形商品で現物がない

 

無形商品で現物がないのがきつい原因です。

 

車や家電など「手に取って触れるものは五感に訴えられる」ので説得力がありますが、IT商品は形がないので「資料やデータ」でしか紹介できません。

 

光回線 営業 きつい 鬼滅の刃 責任

出典:鬼滅の刃

 

もちろん「HPやシステム」を見せたり、回線を契約する事でどのようなメリットが生まれるか?をデータ上で見せられるケースもあります。

 

しかし、それでも商品を実際に見せられないケースも多い為、その場合は顧客への説得力が心細いと言えるのです。

 

諒

このように、画期的な通信速度で快適にインターネットを利用いただけると思います♪

上司

形のないものに、高い金を払う余裕はウチにはないなぁ…。申し訳ないけど不採用で。

諒

(頭の中まで古臭いジジイが!じゃぁ事前に決めとけってんだ!)

断られ続けるストレス

 

断られ続けるストレスが重なってくると、病む瞬間が訪れます。

 

諒

全然売れる気配がない…。

同僚

「お断りします」ばかりで、自分を否定されているみたいに感じてきた…。

 

このような気持ちが心の中に芽生え始めたら要注意です。

 

暴言やきついクレーム

 

暴言やきついクレームに遭遇して、病む瞬間もあります。

 

実際、僕も新規開拓経験の中で、様々な暴言やクレームを経験してきました。

 

上司

お前んところからもう商品買ってるわ!ちゃんと情報確認してから連絡してこい!

女上司

そんな商品買っても金の無駄!もうかけてくるな!

 

こういったお叱りの言葉を戴いた時に「あ〜あ〜、俺何やってるんだろう…。」と悩み苦しんだことは、数え切れないほどあります…。

 

成約までのストレス

 

成約までのストレスで、病むケースもあります。

 

個人的な経験則ですが「新規開拓は、ある程度ターゲットを絞れた上で、成約を獲得できるのは4/100件程度」と感じました。

 

これはあくまで「需要があるターゲットを選別できたリストがある前提」の為、無作為に飛び込む場合、さらに成約率が下がります。

 

 

さらに、繋がれた相手が決裁権者ではなく「長話したいだけの老人」「買う気はない、ただの受付」などにハマると、成果が出ないのに時間膨張します。

 

女上司

%#”(&’$)%”%$’”%&”$

諒

(1時間も話したし♪手応えは良いだろう)では、来週また確認で訪問させていただきますね♪

↓1週間後

 

上司

部下に聞いたけど、それいらないから、もうこないで。

諒

(あの女!決裁権者じゃなかったんかい!)

 

必然的に「何百件飛び込んでも成約が獲得できない」ケースも多い為「いつまでやっても地獄…」と感じる人は、転職を考えたほうが良いでしょう。

 

諒

この仕事を続けていける自信がない…。

同僚

この仕事は自分に合っていない…。

 

このような気持ちが出始めていたら要注意です。

 

職場が監獄・電話がバーベル

 

テレアポでアタックをかける場合、職場が監獄・電話がバーベルという気持ちが強くなって、病む瞬間もあります。

 

「成約が取れない」「上司に叱責されるのが怖い」「仕事自体が辛く苦しい」という感覚が強くなってくると、犯罪者のような気持ちになってきます。

 

ぶっちゃけて言うと「1件成約が取れる」「ある程度社内で堂々としてられる成約獲得軌道に乗る」までは、監獄に感じる毎日が続きます。

 

光回線 営業 きつい ドラゴンボール おもり

出典:ドラゴンボール

 

その為、かつての僕のように「頑張って乗り越えるまでは継続する」という選択肢もアリです。

 

しかし不得意なことを無理して続けるのではなく、思い切って見限ってしまうのもアリです。

 

世の中には「これ以上伸ばす必要はないと感じる能力」も沢山あるので、心を壊してしまう前に逃げてしまうのも手ですよ♪

 

 

※なお、以下のリンク先にて「即日退職&諸手続きをプロに依頼できる退職代行サービス」を紹介している為、必要に応じてご参考に♪

退職作法・手順

  1. 退職理由+作法・手順=具体的な退職知識が欲しい場合はこちら
  2. 退職事前告知の段取り=早めに宣言して円満退職したい場合はこちら

退職代行のおすすめ

  1. 退職代行ガーディアン=合同労働組合対応で法的介入できる+29,800円と安価で一番おすすめ♪
  2. 弁護士法人みやびの退職代行=「残業代/退職金などお金トラブル」がある場合におすすめ♪
  3. 退職代行ランキング=退職代行を一括ランキング比較したい場合はこちら

光回線営業はきつい【メリット】

光回線 営業 きつい メリット

 

諒

では次に、光回線営業はきつい【メリット】についてご紹介していきます。

 

メンタルが鍛えられる

 

メンタルが鍛えられるはあります。

 

当然ながら「いきなり顧客先に飛び込んで、仲良くなって契約を獲得する」という流れは、基本的に嫌われる前提のスタイルです。

 

逆に言えば、そのような「嫌われる前提で仕事を毎日する」というのは、それだけメンタルを鍛え上げるチャンスとも言えるのです。

 

呪術廻戦 天上天下唯我独尊

出典:呪術廻戦

 

当然ながら、営業以外でも「度胸が問われる瞬間」というのは必ずある為、今の内に頑張っておくと「後々どんな職種・業種でも通用するメンタルを作れるチャンス」と言えますよ♪

 

営業力・プレゼン力が上がる

 

営業力・プレゼン力が上がるというメリットもあります。

 

言ってしまえば「興味が少しでもある人を見つける→興味・関心度合いを高める→契約を得る」という流れを成功できれば、何でも売れるようになります。

 

しかも、光回線は「顧客に分かりやすく説明できる能力」も確実に上がる為、営業能力を鍛える上では良い環境と言えるのです。

 

どこでもやっていける自信が付く

 

どこでもやっていける自信が付くというメリットもあります。

 

究極的には「新規開拓で売り上げを上げられる人材」は、どこでも雇いたいと思われる実力者と言えます。

 

その為数ヶ月〜数年は辛いですが、光回線営業でメンタルを鍛え上げることができれば、後々楽に働けるようになるとも言えるのです♪

 

光回線営業はきつい【改善策】

光回線 営業 きつい 改善策

 

諒

では次に、光回線営業はきつい【改善策】についてご紹介していきます。

 

自分のメンタルケア習慣を作る

 

自分のメンタルケア習慣を作るのはおすすめです。

 

なぜなら「気合や根性論だけで、負の感情は消せない」からです。

 

光回線 営業 きつい テニスの王子様 デカすぎ

出典:テニスの王子様

 

その為「自分を労う」「自分を大切にする時間や習慣を持つ」事で、ストレス緩和が可能です。

 

そして、経験者の僕が習得した「メンタルケア習慣」に関しては、以下の記事にて詳しく紹介している為、合わせて参考にしてください♪

仕事に行きたくない毎日を変える!今スグ現実を変えるマル秘対処法

 

趣味や支えになる分野を得る

 

ストレス発散という意味では、趣味や支えになる分野を得るのもおすすめです。

 

なぜなら「自分は●●のために仕事を頑張る」という明確な目的意識が手に入るからです。

 

「毎年豪遊する海外旅行の為」「結婚相手や子供の為」「欲しい車や時計を買う為」など、モチベーションの向かう先を持った方が頑張れますからね♪

 

 

その為「自分にとっての頑張る意味」を見つけて、その為に継続するのはアリですよ♪

 

成功体験を早く作る

 

成功体験を早く作るのもおすすめです。

 

なぜなら「1件受注を取れたら、営業ストレスは減る」からです。

 

その為、まだ受注成功体験がないのであれば、成功体験を作るために努力して、早く慣れるのがおすすめですよ♪

 

そもそも新規開拓営業が苦手と諦める

 

僕のように、そもそも新規開拓営業が苦手と諦めるのもアリです。

 

例えば、僕の場合は「最低限新規開拓営業できるという成功体験」を達成してから、新規開拓営業を含む営業から離れました。

 

 

具体的には、僕は「勝つまでやるタイプ」ですが、新規開拓営業が不適職と分かっていた為、それ以降はルート営業に転職したのです。

 

その為「光回線の新規開拓営業を生涯続けるのはムリだ」と感じるのであれば、ある程度のレベルまで頑張ったら見切りをつけて、転職準備を始めるのアリですよ♪

 

僕は飛び込みより文章が得意だった

 

ちなみに参考として、僕は飛び込みより文章が得意だったという情報も共有しておきます。

 

実際、世の中には「テレアポや飛び込みが得意な営業マン」もいれば「セールスレターが得意な営業マン」もいたりします。

 

その為「営業は好きだけど、もう少し違う働き方のほうが合ってる気がする」なら、転職を検討するのもアリかもしれませんね♪

 

ルート営業は飛び込み率激減

 

ルート営業は飛び込み率激減という面がある為、転職でおすすめの選択肢と言えます。

 

ルート営業は「顧客の要求難易度が上がる」「商材知識の難易度が増える」というデメリットがあります。

 

 

しかし「ある程度商材購入を検討している方」がメインとなる為「飛び込み的な強気さ」はかなり不要となります。

 

その為「気は弱いけど、顧客満足度を高める自信はある」なら、ルート営業転職検討もおすすめですよ♪

 

光回線営業はきつい【社内対策】

光回線営業 きつい 社内対策

 

諒

では次に、光回線営業はきつい【社内対策】についてご紹介していきます。

 

信頼できる相談先に申告

 

今の仕事を続けていくことに不安や強いストレスを感じているのなら、信頼できる相談先に申告がベターです。

 

信頼できる相談先

  • 会社の相談窓口に内部通報
  • 人事の責任者に訴える
  • 上司を頼る

 

なぜなら「第三者を介する事で願望が叶う事もある」からです。

 

人事担当者や上司であれば、配属を決める決済責任者に近いと言えますから、相談する価値はあるわけです。

 

異動願いを試みる

 

理想の組織や働き方が他の部署にあるのであれば、異動願いを試みるのもアリです。

 

具体的には「上司」「ある程度キャリアを積んでいる、信頼できる先輩」「顔見知りの人事担当者」に相談するのがベターです。

 

 

ただし「泣き言を言う」だけでは、「まぁ頑張れ…」と言われるのがオチです。

 

その為ネガティブな話だけではなく「●●の課or職種の方が、僕を会社で活かせると思うんです」といった「ポジティブな配属移動理由」も合わせて伝えるのがベターです。

 

諒

前線の営業で活躍するよりも、フォロー側の制作業務のほうが自分を活かせると思います!

上司

そうか…。じゃあ検討してみるか♪

休職相談・精神科相談

 

所属部署を変えるだけでは改善できず、一定期間の休養が欲しいのであれば、休職相談・精神科相談するのもアリです。

 

正社員であれば「数十年雇用関係を維持する責任」を会社が持っているので、最低限の給与保障or復職確約で休ませてくれるケースもあります。

 

 

実際車メーカーに勤めている僕の知り合いにも、このケースで復職した人がいます。

 

具体的には、メンタルがどうしても病んだ時に休職願いを出し、その間に海外放浪して精神面を鍛え、その後復職を迎えたという荒療治でしたが…。

 

 

他にも、精神科に相談することで「メンタル的な不調によって数週間〜数ヶ月休みをもらう」ケースもあるので、社内で事例がないか?可能性を探るのもアリです。

 

ただし「同じ部署に復職する場合、腫れ物扱いされて肩身の狭い思いをする」というケースもあるので、ある程度退職の覚悟も持っておいた方が良いでしょう。

 

退職代行に依頼

 

ちなみに「上司が怖くて退職を切り出せない」「もう会社に行くのは死んでもイヤだ!」と思うのであれば、退職代行に依頼するのもアリです。

 

そもそも、僕の転職経験から言わせてもらうと「ネガティブな退職理由の場合は、ある程度非難・叱責される覚悟」が必要です。

 

 

例えば、僕の場合「東京に上京&転職する」「事務職から営業職にチャレンジする」時には、上司や仲間から「頑張って!」と応援されました。

 

※ただし「東京上京」に関しては、周りの友達からボコボコに否定・叱責されまくりましたが…。

 

しかし「この会社が合わない」「言葉では言わずともあなた(上司)がどうしても嫌い」という気持ちで退職を切り出した時は「社会ナメてんのか?」位は言われました。

 

 

その為、これ以上自分が傷つくことを避けるためには、多少お金を使ってでも「自己防衛して気持ちよく退職する手段」を使った方が良いです。

 

そもそも僕は何回も転職しましたが、正直に言って「過去に転職した会社や、そこに勤める人」に再び会ったことはありません。

 

その為「退職代行なんか使って、仕返しされないだろうか…。」と心配することはありませんよ(よほど家と会社が近いとかでない限り)

 

 

なお、以下のリンク先にてそんな「退職代行おすすめランキング」を紹介しているので、必要に応じて参考に使ってください♪

退職代行のおすすめ

  1. 退職代行ガーディアン=合同労働組合対応で法的介入できる+29,800円と安価で一番おすすめ♪
  2. 弁護士法人みやびの退職代行=「残業代/退職金などお金トラブル」がある場合におすすめ♪
  3. 退職代行ランキング=退職代行を一括ランキング比較したい場合はこちら

転職準備を始める

 

転職準備を始めるのも非常におすすめです。

 

なぜなら、自分の強みを活かせたり、自分に適した環境にシフトできれば、快適・幸福度がだいぶ上がるからです♪

 

 

例えば、同じ学校に通っていても「数学が好き」「理科が得意」「国語なら任せて♪」「日本史なら自信がある」など、好きor得意な傾向は異なるわけです。

 

仕事もこれと同じで「自分が好きor得意な業種・職種・会社」にマッチしているほど、ストレス少なく現場に向き合えるわけです。

 

実際僕は、文系大学・経営学部卒にも関わらず、IT系通信営業のセールスエンジニアとして働いていた時は、毎日が地獄のような苦痛でした。

 

 

なぜなら「配線図やルート設計図の制作」「通信料配分の計算」など、自分が嫌い&苦手で拒否したはずの「数学&理系的業務」ばかりだったからです。

 

諒

毎日夜遅くまで働いているのに、半人前レベルから抜けられない…。

 

しかし、本来自分の適正に合っていたWEBライターに転職してからは、通信営業時代のストレスが嘘のように快適な仕事人生を確立できたのです♪

 

諒

あ〜♪仕事って楽しいぜ♪

 

このように「自分の長所・強み」を見つめ直すのも大切ですし、今の辛い環境から脱出するために、転職サイトで情報収集を始めるのもおすすめですよ♪

 

僕の転職・退職体験談

適職 不適職

諒

では次に、僕の転職・退職体験談についてご紹介していきます。

将来に不安を感じて営業転職


僕は26歳の時に、将来に不安を感じて営業転職しました。

なぜなら、以下のような状況で働いていて、このままでは将来がダメになると感じていたからです。

事務職で働いていて不安に感じていたこと

  • 「基礎的なオフィススキル」しか育たなかった為、万一クビになった時に転職できない不安を感じていた
  • 「月給20万+残業代+ボーナス少々」で生活に余裕がなく、昇進・昇給の見込みも薄かった
  • 単純に「上司や先輩で憧れる人」がおらず、数年後はここに居るつもりがなかった


正直、働き続けやすいホワイト環境でしたが「このような場所に何年も居続けたら将来がヤバい!」と思い、半年前に余裕を持った退職宣言を行い、辞める覚悟を決めたのです!

そして、退職3ヶ月前からユルユルと転職活動を始めたのですが「営業への職種転換を含む転職活動」を甘く見ていた為、かなり苦戦したのです…。

具体的には、有給取得しながら転職活動を行っていたのですが、ギリギリ退職3週間前に、何とか滑り込みで転職先が決まりました(苦笑)

カイジ 覚悟出典:カイジ



このように、かなり余裕を見て「半年前に退職宣言した僕」ですが、3ヶ月前から転職活動開始し始めてみると、意外にギリギリだったのです…。

そして、この経験から言えるのは「退職決断後に0から情報収集を始めた場合、最低3ヶ月以上は欲しい」ということです。

しかも、一般的な退職は1ヶ月〜2ヶ月前宣言が多いですから「失業期間が伸びても大丈夫な貯金」「情報収集しておく仕組み」を準備しておかないと、精神的にかなり厳しいです!


そのため、スムーズな転職を実現する為には「当サイトで紹介しているような転職サイトに無料登録」して、不足の事態に備えておくのがおすすめですよ♪


辛い時は意欲が完全に0


まず大前提として、辛い時は意欲が完全に0になってしまうのが「転職意欲が少ない内からサイト登録しておく、一番のメリット」です。

あなたもストレスで疲れ切ったり、深く悩む出来事があった時に「何もできず休みが終わってしまった…」という経験がありませんか?

カイジ 無気力出典:カイジ



それと同じ状況が「勤め先の会社」で起こってしまうと、逃げる気力すら湧かず、もっときつくなるリスクがあるのです。

転職サイト登録対策なしorありの例

  • ■対策なし=ストレス爆発して退職→転職活動開始→アルバイトor貯金を崩しながら転職
  • ■対策あり=気力がある内から情報収集→余裕を持って退職→転職


このように、意欲が低い内から転職サイト登録しておけば「今の会社を辞めたくなった時の安全対策」が施せるのです♪


転職サイト登録は一種の保険


このように、転職サイト登録は一種の保険と言えます!

保険を利用する安心例

  • 医療・がん保険=「高額医療費が発生」した時などのリスクを回避
  • 自動車保険=「事故や慰謝料問題」などのリスクを回避
  • 転職保険=「働き先の倒産リスク」「勤務継続不能リスク」を回避


このように「生命保険」「自動車保険」などと同じく「転職サイトは現状が上手くいかなくなった時のリスク回避保険」として、無料で利用できるのです!

【転職最大手】リクルートエージェント

リクルートエージェント
「リクルートエージェント」は、転職サイト・エージェントの中でも求人数がダントツ!(非公開求人数21万件&公開求人30万件以上)

まだ転職意欲が低くても、リクルートエージェントは「会員登録だけしたい」「履歴書/職務経歴書のアドバイスが欲しい」など、幅広い要望に応えてくれる為、エージェント相談したい場合は、こちらが一番おすすめです♪

リクルートエージェントの口コミ・評判!面談手順
リクルートエージェント公式サイト


また、以下のリンク先にて「転職サイト・エージェントおすすめランキング〜利用失敗体験談」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

転職サイトおすすめランキング+利用失敗体験談


【20代職種転換に最適】Re就活

Re就活1
「短期離職で誇れるキャリアがない…」「就活失敗したから、職種転換を含めて未経験OK企業に転職したい」なら、Re就活がおすすめです。

Re就活は「全国1万件以上の求人アリ(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)」「未経験からの職種転換OK企業多数」「転職博でイベント参加できる」など「20代の就活やり直しを徹底サポート」してくれるサイト。

登録するだけなら「スカウトなどは来ても、エージェントからの連絡なし」「情報収集のみに使える」為、キャリアのやり直しを考えるなら、登録必須のサイトと言えますよ♪

Re就活の口コミ・評判
Re就活公式サイト


【転職方向性確認に最適】適職診断3選

向いてる仕事 適職診断
「適職診断」は、性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かるチェック方法です。

僕は様々な適職診断を利用しましたが、その中でも「非常に役立った3つの適職診断」がある為、以下のリンク先にて詳しく紹介しています♪

適職診断@おすすめ3選


また、以下のリンク先にて「僕自身が転職10回+職種転換4回を達成してきたプロセス=大島諒一年表」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

大島諒一の自尊心復興体験談

テニスの王子様 俺が王様だ

出典:テニスの王子様