派遣 営業 底辺

 

諒

「転職10回+3職種経験」&「転職サイト企業にて求人500社(1,000件)以上作成」した「強烈な影響力のある男」がまとめました♪

 

相談男性1

「派遣の営業は底辺?リアル実態や状況改善するコツを知りたい!」

相談女性1

「派遣切り&労働契約更新なし」で解雇の場合、雇い止め予告はいつ?「有期or無期雇用派遣」は失業保険をいつからもらえる?

相談男性3

「転職サイト登録」「転職エージェント」「ハローワーク」など、「おすすめ求人サービス」を知りたい♪

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

派遣の営業は底辺【問題原因】

派遣 営業 底辺 原因

 

諒

ではまずはじめに、派遣の営業は底辺【問題原因】についてご紹介していきます。

 

人を右から左に受け流すだけ

 

派遣会社の業態上仕方ない面ですが、人を右から左に受け流すだけの為、仕事にプライドが持ちにくいのです。

 

そもそも、商品を売る絶対条件の一つに「心の底から、自分の仕事と商品を愛する」というものがあります。

 

上司

「我が社の商品は日本一」「この製品は人々の未来を明るくする!」

 

このような「仕事と商品への愛」が、仕事へのプライド(誇り)へと繋がるわけです。

 

 

ところが、派遣営業の場合は「商品=派遣社員」ですが、派遣社員を数十人も担当していて「一人一人に愛を持てる人」は非常に少ないわけです。

 

※学校のように数年かけて毎日関われば愛情も育ちますが「月に1回、数十分程度の付き合い」の中で、愛情が出てくるとは思えませんよね?

 

その為、プライドもクソもない「右から左に流すだけ」という、死んだ目の営業マンになってしまう問題を孕んでいるのです。

 

取引先とスタッフの板挟み

 

取引先とスタッフの板挟みの為、やる気を無くしているケースもあります。

 

例えば「派遣先が一番の顧客の為、先方のムチャな要望も受け入れなければならない」という状況になり、それを派遣社員に強要した結果「バックれられてトラブル対応」になったりします。

 

つまり「派遣先企業の機嫌を損ねれば取引を切られる」「派遣社員に強要しすぎるとトラブルを起こされる」という、爆弾を二つ抱える結果、やる気のないクズ営業化するのです。

 

スタッフのトラブル対応は大変

 

スタッフのトラブル対応は大変であり、他の営業職よりかなり高ストレスです。

 

例えば「人材派遣営業の知り合い」は、ストレスで体を壊しそうになるほどのヘビースモーカーでした。

 

なぜなら、以下のような就業環境でギリギリのメンタル状態だったからです。

 

同僚

担当の派遣社員から、毎日寝る前に電話がかかってくる…。

同僚

突然バックれられた時には、派遣先担当者からのお叱りばかりで疲れる…。

同僚

人手が足りなくて、毎日深夜帰りだし、休日出勤対応も日常茶飯事…。

 

彼はベンチャーの人材派遣営業として働いていましたが、聞いている限りでも「相当なブラック勤務状態」だと感じたくらいです。

 

超過業務・休日対応も多い

 

人材派遣会社営業の中には「みなし残業制」のケースもあり、超過業務・休日対応も多い為、やる気のないクズ営業化している原因もあります。

 

これがなぜ問題か?と言えば「みなし残業などで、残業代がつかない正社員」として働いていた場合、時給換算すると悲惨なケースがあるのです。

 

みなし残業で長時間勤務の場合

  • 年収400万円の例(賞与・みなし残業代含む)
  • 年収400万円÷12ヶ月=月給約33万円
  • 33万円÷22日勤務(土曜日を2回出勤)=日給1万5,000円
  • 1万5,000円÷14時間勤務(残業4h/日)=時給1,071円

 

このように、たとえボーナスを貰って年収400万円でも「残業代なしで22時ごろまで働いている人」は、アルバイト並みの時給になっているということです。

 

そして、仮に出世し「表面上は年収が上がった場合」でも、時給換算してみると、それほど変化なしだったりします。

 

みなし残業で長時間勤務の場合

  • 年収600万円の例(賞与・役職手当含む)
  • 年収600万円÷12ヶ月=月給約50万円
  • 50万円÷24日勤務(土曜日を4回出勤)=日給2万833円
  • 2万833円÷15時間勤務(残業5h/日)=時給1,388円

 

このように正社員で出世していても、時給換算してみると「派遣社員の方が高時給」という現実があったりするのです。

 

派遣 営業 底辺 カイジ

出典:カイジ

 

その為人材派遣営業で昇進しても、結果的に「右肩下がりの状況で身動きが取れなくなってしまう絶望未来」の可能性もあり、クズ営業化しているケースもあるのです。

 

派遣の営業は底辺【社長・業界原因】

派遣 営業 底辺 業界原因

 

諒

では次に、派遣の営業は底辺【社長・業界原因】についてご紹介していきます。

 

人材派遣会社が多いので過当競争

 

人材派遣会社が多いので過当競争という側面が、派遣営業マンのやる気を奪っています。

 

今後も「高い契約金額」「何らかの勤務メリット」を提供できる会社は生き残っていけますが、それができない会社の営業は、かなり辛いです。

 

 

そもそも、営業職全体の特徴として「あぁ、●●会社の営業さん」と認識してもらえてない場合、取引先への契約交渉ハードルがかなり上がります。

 

必然的に「あぁ、おたくのような派遣会社とはもう●●さんと契約してるから来なくて良いよ?」と断られたり、他に喰われてしまう可能性も高いのです…。

 

他社との差別化が難しい

 

「派遣社員が複数派遣会社に登録しているケース」も多い為、他社との差別化が難しいという問題もあり、結果として現場営業マンを疲弊させています。

 

必然的に「契約を考えている会社との競争になった場合、勝てる見込みが少ない」「他の人を人選しようとしても、被るケースがある」などの問題が発生します。

 

 

実際僕も、NTT系の営業職で「“全く同じ求人案件”を、他の派遣会社から同時提案されたケース」がありました。

 

つまり、このようなケースは日常茶飯事の為「取引先&派遣社員から選ばれ続けなければならない“過当競争環境”」のデメリットは、非常に大きいと言えます…。

 

派遣は単なる人件費の中抜き業界

 

派遣は単なる人件費の中抜き業界なので、プライドが育ちにくいというデメリットも大きいです。

 

なぜなら、自社サービスと言っても「自社登録者を派遣先に派遣する」だけであり、中間マージンを搾取しているだけだからです。

 

実際僕は「派遣会社10社登録&6社派遣社員勤務」しましたが「僕or私はこの派遣営業という仕事に誇りがあります!」という人は、一度も見ませんでした。

 

諒

仕事に対するプライドはありますか?

同僚

いえ…、上司から言われたことを日々こなす毎日なので、そんな事考えたこともありません…。

 

このようなことを、実際に言われたこともあります。

 

※もちろん僕が出会っていないだけで、中には「誇り高い派遣会社営業」はいるかもしれませんが、見たことないのだから仕方ありませんね…。

 

派遣 営業 底辺 ONE PIECE

出典:ONE PIECE

 

つまり「人件費をケチりたい企業の穴埋めとして、立場の弱い労働者を送り込むだけの組織」の為、クズ会社ばかりと言えるのです。

 

派遣会社が大切なのは自社

 

そして覚えておいて欲しいのが、派遣会社が大切なのは自社という視点です。

 

つまり「派遣社員は派遣会社にとって、大切と思っていない」のと同時に「社員も使い捨ての駒扱い」している組織も多いです(表面上は思っているように見せていますが…)

 

 

例えば、僕の社会人経験には「1年しか一緒に働けなかったが、真剣に育ててくれた課長」「自由に働かせてくれた部長」など、理解ある素晴らしい上司にも沢山恵まれてきました。

 

しかし、派遣会社や派遣担当営業で「仕事能力UPを提案してきた人」「派遣先の理不尽に怒ったり、派遣先に苦情を言ってくれた人」は一人もいませんでした。

 

諒

%#&”$%’$%(%$”$&”(怒!)

同僚

大島さん、すみませんが、派遣先の環境に妥協してください…。

諒

(ダメだ…、派遣社員を護ろうとか、環境を良くしようという意志が微塵もない…。)

 

なぜなら「派遣営業マンも、自分が大切にされていると思えているケースが少ない」為、そのような行動に出る人が皆無だったと思っています。

 

 

もちろん「私たちは、派遣社員を大切に育てる責任があります!」という、志の高い組織はあるかもしれませんが、かなりの数を見た僕の経験で皆無の為、大半の人は出会えないと思います…。

 

その為、そんな生き方のループにハマり続けていると、どこかで取り返しのつかない状況に陥り、引き返せなくなる可能性も高いです。

 

派遣の営業は底辺【改善対策】

派遣 営業 底辺 改善対策

 

諒

では次に、派遣の営業は底辺【改善対策】についてご紹介していきます。

 

信頼できる相談先に申告

 

今の仕事を続けていくことに不安や強いストレスを感じているのなら、信頼できる相談先に申告がベターです。

 

信頼できる相談先

  • 会社の相談窓口に内部通報
  • 人事の責任者に訴える
  • 上司を頼る

 

なぜなら「第三者を介する事で願望が叶う事もある」からです。

 

人事担当者や上司であれば、配属を決める決済責任者に近いと言えますから、相談する価値はあるわけです。

 

異動願いを試みる

 

理想の組織や働き方が他の部署にあるのであれば、異動願いを試みるのもアリです。

 

具体的には「上司」「ある程度キャリアを積んでいる、信頼できる先輩」「顔見知りの人事担当者」に相談するのがベターです。

 

 

ただし「泣き言を言う」だけでは、「まぁ頑張れ…」と言われるのがオチです。

 

その為ネガティブな話だけではなく「●●の課or職種の方が、僕を会社で活かせると思うんです」といった「ポジティブな配属移動理由」も合わせて伝えるのがベターです。

 

諒

前線の営業で活躍するよりも、フォロー側の制作業務のほうが自分を活かせると思います!

上司

そうか…。じゃあ検討してみるか♪

 

休職相談・精神科相談

 

所属部署を変えるだけでは改善できず、一定期間の休養が欲しいのであれば、休職相談・精神科相談するのもアリです。

 

正社員であれば「数十年雇用関係を維持する責任」を会社が持っているので、最低限の給与保障or復職確約で休ませてくれるケースもあります。

 

 

実際車メーカーに勤めている僕の知り合いにも、このケースで復職した人がいます。

 

具体的には、メンタルがどうしても病んだ時に休職願いを出し、その間に海外放浪して精神面を鍛え、その後復職を迎えたという荒療治でしたが…。

 

 

他にも、精神科に相談することで「メンタル的な不調によって数週間〜数ヶ月休みをもらう」ケースもあるので、社内で事例がないか?可能性を探るのもアリです。

 

ただし「同じ部署に復職する場合、腫れ物扱いされて肩身の狭い思いをする」というケースもあるので、ある程度退職の覚悟も持っておいた方が良いでしょう。

 

退職代行に依頼

 

ちなみに「上司が怖くて退職を切り出せない」「もう会社に行くのは死んでもイヤだ!」と思うのであれば、退職代行に依頼するのもアリです。

 

そもそも、僕の転職経験から言わせてもらうと「ネガティブな退職理由の場合は、ある程度非難・叱責される覚悟」が必要です。

 

 

例えば、僕の場合「東京に上京&転職する」「事務職から営業職にチャレンジする」時には、上司や仲間から「頑張って!」と応援されました。

 

※ただし「東京上京」に関しては、周りの友達からボコボコに否定・叱責されまくりましたが…。

 

 

しかし「この会社が合わない」「言葉では言わずともあなた(上司)がどうしても嫌い」という気持ちで退職を切り出した時は「社会ナメてんのか?」位は言われました。

 

その為、これ以上自分が傷つくことを避けるためには、多少お金を使ってでも「自己防衛して気持ちよく退職する手段」を使った方が良いです。

 

 

そもそも僕は何回も転職しましたが、正直に言って「過去に転職した会社や、そこに勤める人」に再び会ったことはありません。

 

その為「退職代行なんか使って、仕返しされないだろうか…。」と心配することはありませんよ(よほど家と会社が近いとかでない限り)

 

 

なお、以下のリンク先にてそんな「退職代行おすすめランキング」を紹介しているので、必要に応じて参考に使ってください♪

退職代行のおすすめ

  1. 退職代行ガーディアン=合同労働組合対応で法的介入できる+29,800円と安価で一番おすすめ♪
  2. 弁護士法人みやびの退職代行=「残業代/退職金などお金トラブル」がある場合におすすめ♪
  3. 退職代行ランキング=退職代行を一括ランキング比較したい場合はこちら

転職準備を始める

 

転職準備を始めるのも非常におすすめです。

 

なぜなら、自分の強みを活かせたり、自分に適した環境にシフトできれば、快適・幸福度がだいぶ上がるからです♪

 

派遣 営業 底辺 僕のヒーローアカデミア

出典:僕のヒーローアカデミア

 

例えば、同じ学校に通っていても「数学が好き」「理科が得意」「国語なら任せて♪」「日本史なら自信がある」など、好きor得意な傾向は異なるわけです。

 

仕事もこれと同じで「自分が好きor得意な業種・職種・会社」にマッチしているほど、ストレス少なく現場に向き合えるわけです。

 

実際僕は、文系大学・経営学部卒にも関わらず、IT系通信営業のセールスエンジニアとして働いていた時は、毎日が地獄のような苦痛でした。

 

 

なぜなら「配線図やルート設計図の制作」「通信料配分の計算」など、自分が嫌い&苦手で拒否したはずの「数学&理系的業務」ばかりだったからです。

 

諒

毎日夜遅くまで働いているのに、半人前レベルから抜けられない…。

 

しかし、本来自分の適正に合っていたWEBライターに転職してからは、通信営業時代のストレスが嘘のように快適な仕事人生を確立できたのです♪

 

諒

あ〜♪仕事って楽しいぜ♪

 

このように「自分の長所・強み」を見つめ直すのも大切ですし、今の辛い環境から脱出するために、転職サイトで情報収集を始めるのもおすすめですよ♪

 

派遣の営業は底辺【職種転換例】

派遣 営業 底辺 職種転換例

 

諒

では次に、派遣の営業は底辺【職種転換例】についてご紹介していきます。

 

なぜなら「似た業種・職種では、同じ原因にブチ当たる可能性が高い」為、未経験から別でチャレンジするのもアリだからです♪

 

人前に立つ営業・販売職

 

人前に立つ営業・販売職がシフトする転職先としてあります。

 

改めて営業を経験した立場から言わせてもらうと、職種を「人前に立つ仕事」に変えるメリット・デメリットは以下の通り。

 

人前に立つ仕事への職種転換メリット

  • コミュニケーション能力が確実に上がる
  • 「コミュニケーション能力=人間力」であり、自尊心が高まる
  • 「インセンティブがある」「基本給が上がる」など、収入UPの可能性が高い
  • 個人の仕事能力を上げることで、働き方の自由度が上がりやすい(営業)

人前に立つ仕事への職種転換デメリット

  • お金のやり取りをベースとした人間関係で動く為、とにかくストレスが多い
  • 面倒なことを言ってくる顧客に対して、ストレスが溜まる
  • 上司や同僚に気が強い人間が増える為、内勤職より人間関係問題レベルが上がる
  • 仕事ができない場合、直球でダメ出し・悪口を言われる

 

このように、良くも悪くも「人と関わる良い点と悪い点が思い切り表面化する」のが人前に立つ仕事の全貌です。

 

とはいえ、得意であれば選択肢の一つにできますよ♪

 

経理・税務などの専門分野

 

内勤の中でも専門性の高い、経理・税務などの専門分野に転職し、ステップアップしていくのもアリです。

 

とくに「機械・AIに代替できる業務」は、今後どんどん衰退していく為、そうならない分野のスキルを蓄えるしかありません。

 

 

もちろん、経理・税務が「人手のかかる作業から、オフィスソフトに置き換わる懸念」もありますが、単純業務よりはもっと先の話です。

 

しかも「FP(ファイナンシャルプランナー)など、お金の悩み解決する仕事」は、コミュニケーションしながら問題解決する必要性がある為、あなたにしか出来ない仕事になり得ます。

 

その為「自分がずっと価値を提供できる、誇りある仕事は何か?」という視点でキャリアプランを考え直し、こういった内勤職のスペシャリストを目指すのもアリですよ♪

 

WEB系内勤職

 

個人的に、在宅勤務やリモートワークが実現可能なWEB系内勤職がおすすめです。

 

WEB系内勤職

  • WEBライター・WEBディレクター
  • WEBデザイナー
  • WEBマーケター・WEBコンサルタント
  • プログラマー・システムエンジニア など

 

僕はこの中から「WEBライター」に独学&未経験で転職したのですが、物書きの仕事が非常に合っていた為、とても働きやすくなりました♪

 

しかも、強みとして「自分でHPを育てるスキルを蓄えられる」為、副業を始めるのに最適なジャンルだとも思っています。

 

 

その上、HPを持てば「自分が伝えたいことを発信する力」「お金を稼ぐ力」も高めていける為、選択肢として非常におすすめです♪

 

※ちなみに「WEBマーケターやWEBコンサルタント」は数値解析で「プログラマー・システムエンジニア」はプログラミング言語記述で、理系的業務

 

 

なお、僕はいきなり未経験転職したわけではなく、2年ほどブログ副業を実践していた結果、そのブログを成果物(ポートフォリオ)として転職することに成功しました。

 

その為、できれば職種転換する前に「スクールに通ってある程度基礎を固める」「独学で実力を育む」という期間が必要と言えます。

 

そして、以下のリンク先では、「ブログの始め方」「副業禁止の会社で稼ぐコツ」を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

アフィリエイトブログの始め方

アフィリエイトブログを副業禁止企業で始めるコツ

 

職種未経験から経験を積む

 

これらに共通する考え方として、職種未経験から経験を積むのもアリです。

 

実際、僕のWEBライター時代の後輩は「25歳の時(入社3年目)に第二新卒枠を利用し、東京から地元京都にて“未経験歓迎WEBデザイナー”に転職」していきました。

 

同僚

先輩♪俺、地元で転職決まりました♪未経験からWEBデザイナーをやります♪

諒

入社3年目だし、WEB制作に携わってきた能力もあるから大丈夫じゃない♪次の職場も楽しんでね♪

 

そして「年齢が若い時しかこのようなチャレンジができない」わけではなく、僕自身も30歳の時に営業職からWEBライターに転職したので、やりようはありますよ♪

 

独学で勉強する

 

一番簡単に実践できるのは、独学で勉強するという方法です。

 

実際僕も、社会人就業中に独学で運営していたブログを元にして「営業マンからWEBライターに転職」を果たしました。

 

 

他にも「エステティシャンから独学で勉強してWEBデザイナーになった」という女の子もいましたし、プログラミング言語を学べばシステムエンジニアになれる道もあります。

 

もちろん「●●勤務経験1年以上」などの経歴が必要な求人には応募できませんが、スキルアップする上で、独学は必須とも言えますよ♪

 

職業訓練を受ける

 

職業訓練を受けられるスクールに通ったり、ハローワークなどで職業訓練を受けるのもアリです。

 

現在では「プログラミング」「WEBデザイン」などを10・20万円程度〜受講できるスクールも増えており、半年程度で基礎学習を終えることができます。

 

※なお「プログラミング・WEBデザイン・動画編集」スクールを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

スキルUPスクールのおすすめ

  1. DMM WEBCAMP=無料WEB面談満足度90%!転職コースは転職前提におすすめ♪
  2. テックアカデミー=無料プログラミング体験アリ!適正確認してから学びたい方におすすめ♪
  3. プログラミングスクールランキング=スクールを一括比較したい場合はこちら
  4. WEBデザインスクールランキング=スクールを一括比較したい場合はこちら
  5. 動画編集スクールランキング=スクールを一括比較したい場合はこちら

 

またハローワークでは、一定の条件を満たせば受講料無料で、なおかつお金をもらいながら受けられる制度があるのも魅力です。

 

支援制度の区分け

  • 「失業保険を受給できない対象者=求職支援訓練(10万円程度の給付金を受け取りながら職業訓練が受けられる)」
  • 「失業保険受給対象者=公共職業訓練(訓練期間中は失業保険延長給付対象になる)」

職業訓練の例

  • プログラミング言語
  • WEBアプリエンジニア
  • 建築系CAD
  • 保育士
  • 介護福祉士
  • 調理師
  • 自動車整備
  • 溶接技術
  • トラックドライバー
  • WEBデザイナー
  • 電気設備
  • ネイリスト など

 

このように、非常に幅広い訓練が用意されています。

 

 

ただしこの制度は以下のように、利用にあたって多くのボトルネックがあります。

 

職業訓練の問題点

  • 応募者が多い為、人気講座ほどスグ埋まって受講しにくい
  • 実家暮らしでもない限り、一定の受講期間(2ヶ月〜2年)がかかるので、ある程度貯金が必要
  • 国や地域からの支援金で行われている訓練なので、社会で通用する「最低限レベル」のケースが多い

 

個人的にはこのような理由から、一度もこの制度を使いませんでしたが、職種自体を変えたいなら、ハローワーク相談もアリでしょう。

 

職種未経験歓迎に入社する

 

職種未経験歓迎に入社するという方法もおすすめです。

 

なぜなら「1から成長していける環境だと、会社側が提示している」為、独学より成長速度が速いからです。

 

さらに「講座受講でお金を払いながら成長する」より「入社すればお金をもらいながら成長できる」ので、真剣に学んで習得できるメリットもありますよ♪

 

派遣 営業 底辺 Fate/stay night

出典:Fate/stay night

 

なお、そのような「未経験歓迎企業」を探す上では、幅広い業種・職種を閲覧できる転職サイト利用がおすすめです。

 

※そして「転職先相談相手=転職エージェント」などを以下のリンク先にて紹介している為、合わせてご参考に♪

正社員転職エージェントのおすすめ

  1. リクルートエージェント=非公開求人21万人以上!エージェント希望者に最有力候補のサイト♪
  2. type転職エージェント=関東を中心に求人数2万件以上!IT系に強い+年収UPしたい方におすすめ♪
  3. 転職エージェントがうざい時対策=担当者変更・体験談を知りたい場合はこちら

僕の転職・退職体験談

適職 不適職

諒

では次に、僕の転職・退職体験談についてご紹介していきます。

将来に不安を感じて営業転職


僕は26歳の時に、将来に不安を感じて営業転職しました。

なぜなら、以下のような状況で働いていて、このままでは将来がダメになると感じていたからです。

事務職で働いていて不安に感じていたこと

  • 「基礎的なオフィススキル」しか育たなかった為、万一クビになった時に転職できない不安を感じていた
  • 「月給20万+残業代+ボーナス少々」で生活に余裕がなく、昇進・昇給の見込みも薄かった
  • 単純に「上司や先輩で憧れる人」がおらず、数年後はここに居るつもりがなかった


正直、働き続けやすいホワイト環境でしたが「このような場所に何年も居続けたら将来がヤバい!」と思い、半年前に余裕を持った退職宣言を行い、辞める覚悟を決めたのです!

そして、退職3ヶ月前からユルユルと転職活動を始めたのですが「営業への職種転換を含む転職活動」を甘く見ていた為、かなり苦戦したのです…。

具体的には、有給取得しながら転職活動を行っていたのですが、ギリギリ退職3週間前に、何とか滑り込みで転職先が決まりました(苦笑)

カイジ 覚悟出典:カイジ



このように、かなり余裕を見て「半年前に退職宣言した僕」ですが、3ヶ月前から転職活動開始し始めてみると、意外にギリギリだったのです…。

そして、この経験から言えるのは「退職決断後に0から情報収集を始めた場合、最低3ヶ月以上は欲しい」ということです。

しかも、一般的な退職は1ヶ月〜2ヶ月前宣言が多いですから「失業期間が伸びても大丈夫な貯金」「情報収集しておく仕組み」を準備しておかないと、精神的にかなり厳しいです!


そのため、スムーズな転職を実現する為には「当サイトで紹介しているような転職サイトに無料登録」して、不足の事態に備えておくのがおすすめですよ♪


辛い時は意欲が完全に0


まず大前提として、辛い時は意欲が完全に0になってしまうのが「転職意欲が少ない内からサイト登録しておく、一番のメリット」です。

あなたもストレスで疲れ切ったり、深く悩む出来事があった時に「何もできず休みが終わってしまった…」という経験がありませんか?

カイジ 無気力出典:カイジ



それと同じ状況が「勤め先の会社」で起こってしまうと、逃げる気力すら湧かず、もっときつくなるリスクがあるのです。

転職サイト登録対策なしorありの例

  • ■対策なし=ストレス爆発して退職→転職活動開始→アルバイトor貯金を崩しながら転職
  • ■対策あり=気力がある内から情報収集→余裕を持って退職→転職


このように、意欲が低い内から転職サイト登録しておけば「今の会社を辞めたくなった時の安全対策」が施せるのです♪


転職サイト登録は一種の保険


このように、転職サイト登録は一種の保険と言えます!

保険を利用する安心例

  • 医療・がん保険=「高額医療費が発生」した時などのリスクを回避
  • 自動車保険=「事故や慰謝料問題」などのリスクを回避
  • 転職保険=「働き先の倒産リスク」「勤務継続不能リスク」を回避


このように「生命保険」「自動車保険」などと同じく「転職サイトは現状が上手くいかなくなった時のリスク回避保険」として、無料で利用できるのです!

【転職最大手】リクルートエージェント

リクルートエージェント
「リクルートエージェント」は、転職サイト・エージェントの中でも求人数がダントツ!(非公開求人数21万件&公開求人30万件以上)

まだ転職意欲が低くても、リクルートエージェントは「会員登録だけしたい」「履歴書/職務経歴書のアドバイスが欲しい」など、幅広い要望に応えてくれる為、エージェント相談したい場合は、こちらが一番おすすめです♪

リクルートエージェントの口コミ・評判!面談手順
リクルートエージェント公式サイト


また、以下のリンク先にて「転職サイト・エージェントおすすめランキング〜利用失敗体験談」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

転職サイトおすすめランキング+利用失敗体験談


【20代職種転換に最適】Re就活

Re就活1
「短期離職で誇れるキャリアがない…」「就活失敗したから、職種転換を含めて未経験OK企業に転職したい」なら、Re就活がおすすめです。

Re就活は「全国1万件以上の求人アリ(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)」「未経験からの職種転換OK企業多数」「転職博でイベント参加できる」など「20代の就活やり直しを徹底サポート」してくれるサイト。

登録するだけなら「スカウトなどは来ても、エージェントからの連絡なし」「情報収集のみに使える」為、キャリアのやり直しを考えるなら、登録必須のサイトと言えますよ♪

Re就活の口コミ・評判
Re就活公式サイト


【転職方向性確認に最適】適職診断3選

向いてる仕事 適職診断
「適職診断」は、性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かるチェック方法です。

僕は様々な適職診断を利用しましたが、その中でも「非常に役立った3つの適職診断」がある為、以下のリンク先にて詳しく紹介しています♪

適職診断@おすすめ3選


また、以下のリンク先にて「僕自身が転職10回+職種転換4回を達成してきたプロセス=大島諒一年表」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

大島諒一の自尊心復興体験談

テニスの王子様 俺が王様だ

出典:テニスの王子様