派遣 契約更新されない 予兆

 

諒さん諒さん

「事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

「派遣の更新連絡がないから更新できないまま、最終日が近づいてる…」「安心して給料が入ってくる状態を確保したい!」

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も派遣で契約更新されない予兆を感じて不安を感じたり、実際に派遣切りにあって修羅場を何度も経験したことがあるので、あなたの今の悩みが痛いほど分かります…。

 

 

だからこそ、そんな今のあなたと同じ時期を経験した僕が「派遣で契約更新されない予兆がある場合と、それへの対処法」を具体的に紹介しています♪

 

転職変化

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

派遣で契約更新されない予兆

会社

 

では次に、派遣で契約更新されない予兆についてご紹介していきます。

 

不景気による人件費削減

不景気

 

不景気による人件費削減が、一番多い契約更新されないパターンです。

 

そもそも経済世界には「70年周期説」という「好景気・不景気のバイオリズム」があるとされており、10年〜20年に1回は不景気が来ます。

 

※70年周期説=70年ごとに「制度破壊」や「価値観崩壊」が起こり、経済も上下を繰り返す

 

日本の70年周期説例

2020年=新型コロナウイルス蔓延

↓75年前

1945年=日本軍敗戦(帝国主義の崩壊)

↓78年前

1867年=大政奉還(徳川幕府体制の崩壊)

↓267年(70年×3-13年)

1600年=関ヶ原の戦い(戦国時代の終焉)

 

このように「70年後の±10年」の間に、今まで「主流」とされてきた生き方が終焉を迎えているわけです。

 

個人的には2020年からのコロナウイルスが「会社に依存する“終身雇用時代の崩壊”」だと思っていますが、不景気が来るたびに派遣社員はその渦中に巻き込まれやすいと言えます。

 

会社自体の人員削減や規模縮小

オフィス 職場

 

世の中の景気自体とは関係なく、会社自体の人員削減や規模縮小で更新されないケースもあります。

 

大きな組織ほどこの傾向があり、一番最初に人員削減対象にされるのは「派遣やパートなどの非正規雇用労働者」です。

 

僕も某大手工場のライン作業でアルバイトしてた時に、前年に派遣切りを喰らった方達が「再雇用せよ!」と横断幕を広げて、会社の前で叫んでいたことを覚えています。

 

 

個人的には「誰でもできる仕事を続けるほど、今後不安的な仕事はない」と思っているので、あなたも似た境遇であれば、手に職をつけるなり正社員を目指した方が良いでしょう。

 

繁忙期などのスポット採用

繁忙期

 

繁忙期などのスポット採用で契約更新されないケースもあります。

 

僕も大手ビジネス誌の営業マンに派遣で転職した時は「全国にある大学の図書課を訪問して契約更新のお伺いを立てる」という仕事をしていました。

 

※「半年後に契約社員登用もあった派遣契約」でしたが、僕の能力不足によりクビになったしだいです。

 

 

このように「忙しい時期に人手が足りないから派遣を増員し、閑散期に入ったら派遣切りする」というケースは良くあります。

 

あなた個人に対する面談・クビ勧告

社内ニート 転職

 

あなた個人に対する面談・クビ勧告というケースもあります。

 

「上司や同僚との折り合いが悪い」「勤務態度や仕事能力の水準に問題がある」「単純なチームの人員削減」など、理由は千差万別です。

 

予兆としては「振ってもらう仕事が減ってくる」「引継ぎ要望が来る」など「あなたが居ない状態で仕事が回る手はず」を整えようとするものです。

 

 

そのためこのような予兆を感じたなら、次の勤務先に目星をつけ始めた方が良いでしょう。

 

派遣で契約更新されない予兆対策

レベルアップ

 

では次に、派遣で契約更新されない予兆対策についてご紹介していきます。

 

次の仕事を担当営業に相談

上司 先輩

 

次の仕事を担当営業に相談するのが一番オススメです。

 

契約期間満了であれば正直どんな理由でも、十分正当性がありますからね。

 

そのため担当営業に迷惑をかけると思わず「次の職場を紹介してください」という積極的なアプローチを仕掛ければ良いでしょう。

 

他の派遣会社に登録・相談

研修

 

失業保険を受給してジックリ転職活動を行いたいのであれば、他の派遣会社に登録・相談もアリです。

 

たいてい「派遣会社に求人依頼を出す場合、大手ならどこでも似たような求人が出ているもの」なので、派遣会社を変えてもそれほど問題はないでしょう。

 

とはいえ腐るほどたくさん派遣会社はありますが、多少同じ勤務先の求人でも、時給などが異なるケースがあるので、その点はチェックしてから求人をもらうようにしましょう♪

 

失業保険の受給方法

役所

 

ちなみに念のため、失業保険の受給方法についてもご紹介します。

 

一般的に失業保険受給対象は、以下の通り。

 

失業保険受給対象

一般の離職者=離職の日以前2年間に雇用保険の被保険者期間が通算12カ月以上

特定理由離職者=離職の日以前1年間に被保険者期間が通算6カ月以上

特定理由離職者

有期労働契約の更新を希望したが認められず離職した方

出産や育児により離職し受給期間の延長措置を受けた方

父・母の扶養や介護など家庭事情の急変により離職した方

配偶者や扶養親族と別居生活を続けることが困難になり離職した方

特定の理由で通勤が困難になり離職した方

企業の人員整理などで希望退職者の募集に応じて離職した方

 

このような区分けになるわけですが、要するに「正社員=一般の離職者」「派遣・契約社員などで契約更新がある=特定理由離職者」といったイメージです。

 

そして派遣社員の場合は「契約期間満了で退職した場合も、特定理由離職者」に該当するので、「直近1年以内に6ヶ月以上被保険者として働いたことがある」のであれば、失業給付受給できます。

 

この場合は派遣会社から「失業書類をもらう必要がある」のですが、他の派遣会社で仕事を探したり、正社員就職を目指す前提であれば問題ないでしょう。

 

 

ちなみに失業保険は「一般の離職者=申請して約2ヶ月+7日後」「特定理由離職者=申請して7日後」という違いがあります。

 

※7日間とは失業状態などをチェックする審査期間であり、その期間は転職活動なども一切やってはいけない

 

※また、僕の時とは受給資格条件やルールが変わっている可能性があるので、ハローワークに行って最新の正式手続きを確認しておきましょう

 

失業保険受給の注意点

ミス 失敗

 

なお参考として、失業保険受給の注意点についても押さえておきましょう。

 

まず失業保険は「雇用保険」を支払っている期間が一定期間以上ないとNGなので、給与明細に「雇用保険」というお金がキチンと引かれていたかチェックしましょう。

 

※「雇用保険」を支払っていないブラック企業だったり、自分のイメージより支払っていた期間が短くて、受給対象になれないというトラブルもあり得るため

 

 

ちなみに失業保険は「額面給与の約6割程度」しかもらえず、それほど余裕があるわけではないので、ある程度金策に走ったほうが良いかもしれませんね。

 

※しかも失業保険受給を申請してからは、メルカリで物を売ったりしてお金を工面するのはOKですが、アルバイトなどの“労働”は日雇いでもNGです。

 

ハローワークで転職活動

役所

 

ハローワークで転職活動する方法もあります。

 

しかも一定の条件を満たせば、受講料無料で、なおかつお金をもらいながら受けられる制度があるのも魅力です。

 

支援制度の区分け

「失業保険を受給できない対象者=求職支援訓練(10万円程度の給付金を受け取りながら職業訓練が受けられる)」

「失業保険受給対象者=公共職業訓練(訓練期間中は失業保険延長給付対象になる)」

職業訓練の例

プログラミング言語

WEBアプリエンジニア

建築系CAD

保育士

介護福祉士

調理師

自動車整備

溶接技術

トラックドライバー

WEBデザイナー

電気設備

ネイリスト など

 

このように非常に幅広い訓練が用意されています。

 

 

ただしこの制度は以下のように、利用にあたって多くのボトルネックがあります。

 

職業訓練の問題点

応募者が多い為、人気講座ほどスグ埋まって受講しにくい

実家暮らしでもない限り、一定の受講期間(2ヶ月〜2年)がかかるので、ある程度貯金が必要

国や地域からの支援金で行われている訓練なので、社会で通用する「最低限レベル」のケースが多い

 

個人的にはこのような理由から、一度もこの制度を使ったことはありませんが、職種自体を変えたいのであれば、ハローワークで相談してみるのもアリでしょう。

 

正社員入社を目指す

診断

 

正社員入社を目指すというのもアリでしょう。

 

正直派遣社員は「働く場所を選びやすい」などのメリットがある一方で、逐一失業のリスクと不安がつきまとうデメリットがあります。

 

だからこそ「正社員で一度腰を落ち着けて、スキルや経験を積む」選択肢もアリでしょう。

 

 

一生勤めるかどうかは別として、安定的に給料が入ってくるのは大きな安心材料ですからね♪

 

実家に帰ってジックリ仕事探し

実家

 

正社員を探すにはある程度時間がかかるので、実家に帰ってジックリ仕事探しも、選べるなら一考の余地ありです。

 

僕の実体験でもありますが「派遣社員という不安定な仕事を選んでいる人ほど、親や社会を頼る“他力”を使った方が良い」と思います。

 

 

そして地元が田舎すぎて仕事がないのであれば、Jターンなど「実家に戻って仕事を見つける方法」など、働き先の選び方はいくらでもあります。

 

※「Uターン=故郷に戻る」「Jターン=地元に仕事は少ないので、近隣の大型都市に移って地元近隣で生活する」

 

そのため「親に迷惑をかける」「情けない」と自分を責めずに、安定の未来を勝ち取るチャンスと思えば良いですよ♪

 

迷惑に関することわざ

本

 

ちなみに僕の「迷惑に関する考え方」が変わった、迷惑に関することわざについてもご紹介しておきます。

 

世間一般的には「人様には迷惑をかけるな」「世の中には迷惑をかけてはいけない」という人も多いです。

 

 

しかし究極的に迷惑をかけない生き方を実践するには「いつも100%、100人中100人が“ありがとう”と言ってくれる行動と結果だけをし続ける」必要があるのです。

 

そんなことは絶対にあり得ないし、ムリだということが分かるでしょう。

 

 

例えば僕の知り合いに「日本でも有名なNPOに勤め、日本や海外の慈善事業に貢献する仕事」をしていた人がいます。

 

しかし彼女は「どれだけ良いことをしていても“人からの寄付という善意で飯を食ってる悪い奴ら”と非難される」と言っていました。

 

つまり「“善行”という大義名分のある慈善団体でも、見方を変えれば“他の組織の売り上げになっていたかもしれない寄付金”というお金を貰う迷惑を、社会にかけている」とも言えるのです。

 

 

以上の点から分かることは「人は生きている限り、誰かに迷惑をかけている一方で、誰かに迷惑をかけられている」とも捉えられるわけです。

 

そしてこの真理を突いているのが、僕の大好きなインドのことわざです。

 

インドのことわざ

あなたは他人に迷惑をかけて生きているのだから、他人のことも許してあげなさい

 

このように「迷惑をかけるというネガティブな現象」は、言い換えれば「人の迷惑を受け入れる器の広さ」になるのです。

 

 

だからこそ「人に頼るチャレンジの時が来た」と思って、人に悩みを相談してみるのもアリですよ♪

 

相田みつをの言葉

つまづいたっていいじゃないか にんげんだもの

くるしいことだってあるさ 人間だもの

まようときだってあるさ 凡夫だもの

あやまちだってあるよ おれだもの

愚痴をこぼしたっていいがな

弱音をはいたっていいがな 人間だもの

たまには涙をみせたっていいがな 生きているんだもの

まとめ

 

以上が派遣や契約社員で契約更新されない予兆!3ヶ月ごとの更新しないで半年で辞める・契約更新したくない時などの安全対策のご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

自分の適職・天職を知るメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

自分の適職・天職を知らないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

 

※そして以下のリンク先では、転職サイトに登録「だけ」でもしておくべきメリットを紹介しているので、合わせて参考にしてください♪

 

 

※また、以下のリンク先では、どうしてもお金がない時に「スグお金を作る方法」を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

自分だけの適職・天職の見つけ方

向いてる仕事
振り返り



今の仕事が本当に合っているのか?

本当はもっとラクに楽しく働ける場所があるかもしれない…

自分では分からないけど、仕事に使える強みってあるのかな?

頑張って働いてるけど、ずっとこのままは苦しいから、いつかは転職したい…



そんな悩みをお持ちの方向けに、以下のリンク先にて「自分の強みを知り、適性のある仕事の見つけ方」をご紹介します。