みなし残業 やめたほうがいい

 

諒

「転職10回+3職種経験」&「転職サイト企業にて求人500社(1,000件)以上作成」した「強烈な影響力のある男」がまとめました♪

 

相談男性1

「みなし残業企業=やめたほうがいい?クソブラック企業を見抜くコツを知りたい」

相談女性2

「みなし残業=固定残業代」の会社だと45時間はかなりやばい?労働基準法違反のサービス残業未払いブラック企業よりマシ?

相談男性3

「従業員の時間外労働時間」は基本給に手当計算されてない方が良い?企業転職する場合「残業40時間~60時間」あっても、割増賃金支給される会社の方がホワイト?

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も「みなし残業はやめたほうがいいと感じた経験がある」為、あなたの悩みが痛いほど分かります…。

 

 

だからこそ、そんな僕が「みなし残業はやめたほうがいい理由&対処法」を具体的に紹介しています♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

  • 「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心を取り戻し、誇りある人間になる
  • 辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る
  • 1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

転職情報収集は複数利用がおすすめの理由

  1. 「多くの求人情報を確認できる」=「選択肢を増やせる」
  2. 「相性の良いサイトorアドバイザー」に出会える確率UP
  3. 「各サイトorエージェントの良い点」を網羅して利用できる

転職サイト/エージェントのおすすめ【PR】

  1. リクルートエージェント
    リクルートエージェント
    実績:
    非公開求人20万件以上!業界TOPクラスの実績+求人数♪
    対応4.5
    求人数5.0
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国公開求人30万件以上&非公開求人20万件以上!
    ★おすすめ理由=求人数・実績は業界TOP!転職を考えるなら必ず登録すべき♪

    もっと詳しく

    公式

  2. Re就活1
    Re就活
    実績:
    20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo,1」!未経験歓迎求人数は全国TOPクラス♪
    対応4.5
    実績4.5
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国1万件以上(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)
    ★おすすめ理由=20代転職希望者向け情報が豊富+無料の「9種類のタイプ判定@適職診断」もアリ♪

    もっと詳しく

    公式

適職診断

  1. 向いてる仕事 適職診断
    適職診断3選
    料金:
    無料/2,420円/13,000円の3種類紹介♪
    ★診断メリット1=性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かる♪
    ★診断メリット2=自分に合う業種/職種/会社は?という疑問がクリアになる♪

    適職診断3選

みなし残業やめたほうがいい【一般知識】

目次

 

諒

ではまずはじめに、みなし残業やめたほうがいい【一般知識】についてご紹介していきます。

 

残業に関する一般知識データ

 

まず参考として、残業に関する一般知識データをご紹介しておきます。

 

残業に関する一般知識データ

\下記データの事前結論/

  • 残業時間は「20代後半〜30代半ばまで」がピークで、その後減少傾向
  • 全体の約4割が「残業2h/日」以下
  • 年収が増えるほど残業時間も増加傾向(年収2,000万円がピークで、そこから再び下降)
  • 「コンサル/広告/建築系が残業多め(70h以上)」「メーカー/金融/IT系が残業少なめ(50h以下)」

残業時間データ1

残業時間データ2

残業時間データ3

残業時間データ4

残業時間データ5

残業時間データ6

残業時間データ7

出典:Open Work

 

このように「年収・業界・職種・年齢」などで残業時間イメージは異なる為、残業を減らしたいなら、逆に「業界・職種・年収などを見直す」のもアリですよ♪

 

 

※なお「年収300万円のライフスタイル年収1,000万円のライフスタイル」に関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

年収別ライフスタイル

  1. 年収300万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  2. 年収400万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  3. 年収500万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  4. 年収800万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  5. 年収1,000万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら

45時間が労働基準法の限度

 

合わせて大前提として、45時間が労働基準法の限度です。

 

必然的に「みなし残業45時間と設定している企業は、労働基準法の限界まで従業員を働かせる思惑がある」と思っておけば良いでしょう。

 

仕事 ミス 大損害

 

もちろん「一定期間修行と思って、成長できる企業に入る」「ハードワークも大歓迎」なら、入社するメリットもあるでしょう。

 

そもそも、近年では「みなし残業労働制=予め想定残業代を月給に加算して支払う」という企業が増えています。

 

しかし、残念ながら「みなし残業45h分含む」などと書かれている場合「残業月45h以下で帰っても良いが、大抵は45hOVERになる会社」と言えるのです。

 

残業 辛い

 

例えば「実質月平均残業80h」の会社だと「80h÷平日出勤日数20日=平均4h/日は残業している」というわけです。

 

その為「9時〜18時勤務+4h=毎日22時帰宅のイメージ」になるわけですが、定時帰りを2回やると8h足りなくなるわけです。

 

必然的に「休日出勤や自宅仕事を1回/8h分行って、帳尻を合わせるケース」も出てくる為、このような働き方の場合は「会社の仕事がプライベートを圧迫する」と言えるのです。

 

みなし残業制のリスク

 

また合わせて、みなし残業制のリスクについても補足しておきます。

 

具体的には「みなし残業などで、残業代がつかない正社員」として働いていた場合、時給換算すると悲惨なケースがあるのです。

 

みなし残業で長時間勤務の場合

借金 リボ払い

  • 年収400万円の例(賞与・みなし残業代含む)
  • 年収400万円÷12ヶ月=月給約33万円
  • 33万円÷22日勤務(土曜日を2回出勤)=日給1万5,000円
  • 1万5,000円÷14時間勤務(残業4h/日)=時給1,071円

 

このように、たとえボーナスを貰って年収400万円でも「残業代なしで22時ごろまで働いている人」は、アルバイト並みの時給になっているのです。

 

もちろん月給制には「安定して同額が入ってくる安心感」がありますが、残業が多すぎる場合は「派遣社員のほう時給が高いケースも多い」のです。

 

 

そして出世していき「表面上は年収が上がった場合」でも、時給換算してみるとそれほど増えていないケースもあります。

 

みなし残業で長時間勤務の場合

否定 拒否 NO

  • 年収600万円の例(賞与・役職手当含む)
  • 年収600万円÷12ヶ月=月給約50万円
  • 50万円÷24日勤務(土曜日を4回出勤)=日給2万833円
  • 2万833円÷15時間勤務(残業5h/日)=時給1,388円

 

このように正社員で出世していても「一緒に働いている派遣社員の方が時給が高い」という現実があるのです。

 

 

※なお、以下のリンク先にて「退職作法・手順」「即日退職&諸手続きをプロに依頼できる退職代行サービス」を紹介している為、必要に応じてご参考に♪

退職作法・手順

  1. 退職理由+作法・手順=具体的な退職知識が欲しい場合はこちら
  2. 退職事前告知の段取り=早めに宣言して円満退職したい場合はこちら

退職代行のおすすめ

  1. 退職代行ガーディアン=合同労働組合対応で法的介入できる+29,800円と安価で一番おすすめ♪
  2. 弁護士法人みやびの退職代行=「残業代/退職金などお金トラブル」がある場合におすすめ♪
  3. 退職代行ランキング=退職代行を一括ランキング比較したい場合はこちら

みなし残業やめたほうがいい【問題点】

目次

 

諒

では次に、みなし残業やめたほうがいい【問題点】についてご紹介していきます。

 

高給与求人と間違えやすい

 

高給与求人と間違えやすい問題点があります。

 

転職サイトなどでは「年収●万円以上」という検索で求人を探す事も多い為、必然的に「みなし残業アリの高給与っぽい求人」も混ざってきます。

 

目次 7

 

しかし、そもそも「残業代を含んでいる為、含んでいない企業と比べても、基本給は一緒or場合によっては低い」というケースも多いです。

 

その為「高給与だと思って応募したら、物凄い残業だらけのブラック企業に入ってしまい、短期離職してしまった…」という不幸に陥りやすいのです。

 

 

※なお「失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方」「職業訓練のメリット・デメリット」などに関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

失業保険の有効な使い方

  1. 失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方=退職後の不安やモヤモヤがある場合はこちら
  2. 職業訓練のメリット・デメリット=ハローワーク経由で学ぶリスクを知りたい場合はこちら
  3. 職業訓練に落ちた時対策=失業中のスキルUPテクを知りたい場合はこちら
  4. 職業訓練途中退校デメリット=途中で辞めたい場合はこちら

残業当然の社内雰囲気がある

 

残業当然の社内雰囲気がある問題点もあります。

 

そもそも「みなし残業代を貰っている=残業して当たり前」という価値観が社内に蔓延している為、必然的に「早く帰れない雰囲気」に支配されているケースも多いです。

 

年間休日125日 嘘

 

実際僕も、一時期「空気を読まずに早めに帰るチャレンジ」をした経験がありますが「周りと違う行動をし続ける」というのは、大変勇気がいるし、批判もされました。

 

その為「そもそも、みなし残業が少ないorない企業」であれば悩む必要がないです。

 

しかし残念ながら、みなし残業企業に入ってしまったせいで「プライベートを抑圧するのが仕事」と勘違いしやすい問題もあるのです。

 

定時以降の仕事が組まれやすい

 

定時以降の仕事が組まれやすいという問題点もあります。

 

例えば僕は、みなし残業制企業勤務時に「定時後にダラダラ会議を入れる部長」に苦しめられた経験があります。

 

 

部長としては「早めに帰る理由がない(家庭に居場所がない)」という本音があったようですが「たいして生産性のない話し合いの為に、部長のお守りをする感覚」で非常に鬱陶しかったです。

 

モラハラ上司 追い込む

 

このように、みなし残業制に慣れてしまっている組織にいると「皆夜遅くまでいるのが当たり前=ずるずる帰宅時間を伸ばしてしまう危険性」もあるのです。

 

残業代前払いが負い目になる

 

残業代前払いが負い目になるという問題点もあります。

 

日本人は自己犠牲精神が強めの傾向がある為、例えば「残業代40h分を貰っていて申し訳ないから、60h程度までは我慢しよう」と思ったりします。

 

IT業界から足を洗う

 

実際、体感的にも「みなし残業企業で働いた時は、求人に記載されている時間の、1.5〜2倍は残業しているイメージ」でした。

 

さらには「会社に居られなくなれば、サービス残業/自主的な休日出勤/持ち帰り仕事」などで対応していたケースも、残念ながらあります。

 

その為、個人的には「みなし残業制はなるべく避けたい働き方の一つ」と感じています。

 

 

※なお「定時で帰れる位の有能仕事術」「会社をずる休みするコツ」などを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

プライベート時間を増やすコツ

  1. 定時で帰るコツ=効率よく仕事を終わらせたい場合はこちら
  2. 休日出勤を100%断るコツ=休日のプライベート時間を守りたい場合はこちら
  3. 会社をずる休みするコツ=時には有給を使ってマッタリしたい場合はこちら

みなし残業やめたほうがいい【状況例】

目次

 

諒

では次に、みなし残業やめたほうがいい【状況例】についてご紹介していきます。

 

仕事量・責任範囲が多すぎ

 

仕事量・責任範囲が多すぎで「仕事持ち帰りが日常」「激務すぎる」などのケースがあります。

 

実際僕も営業職時代に、周りとの営業能力の差が大きなプレッシャーとなり、朝は泣きながら出勤していたので、気持ちは痛いほど分かります…。

 

 

しかも現場に入ってから、以下のような経験もしました。

 

現場に入って得た経験

涙 失業

  • 初アポが取れた訪問先で泣き出す(訪問先は優しい人だったので、頑張れと励まされました)
  • 飛び込み営業先でド叱られ、昼飯で入った吉野家で思わず号泣

 

しかし、この時は「早く一人前の営業マンになる」と決意して転職したので、業務時間外は以下のような行動をとって、ドン底を脱出しました!

 

プレッシャーを克服した実体験

成長

  • 読みたいと思った一流の営業マンの本を、新刊・中古問わず手に入れて読み漁った
  • テレアポ・仕事のマナー・成功哲学などの知識・ノウハウ本を読みまくった
  • 突出して優秀な人のセミナーや講習会に参加して、一挙手一投足を目に焼き付けた
  • 信頼できる先輩や、プライベートでお付き合いのある「仕事のできる方」に相談に乗ってもらった

 

こように「未熟で激務すぎる」のであれば、速く成長するのが一番ですよ♪

 

不適職で情熱が湧かない

 

不適職で情熱が湧かないケースもあります。

 

例えば、僕の場合「理系能力が重要視される“通信系IT企業のセールスエンジニア”」として活躍していた時期は、毎日が地獄でした。

 

 

なぜなら「高校の数学テストで“200点中0点をとる”ほど理系が苦手」なのに、その才能が必要な仕事に就いていたからです。

 

涙 失業

 

しかしその後「文系的才能を活かせるWEBライター」に転職してから、仕事も楽しくなった上に、グングンレベルUPできたのです。

 

その為、働き方が問題だと感じるのであれば、転職サイトに登録して情報を集めたり、自己分析し直したほうが良いでしょう♪

 

 

※なお「幸福度の高い業種/職種/働き方が分かる適職診断」「WEBライターなど、僕が経験した職種のリアル」を以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

職種別体験談

  1. 適職診断@おすすめ3選=適正職種・自分の個性を知りたい場合はこちら
  2. WEBライターの働き方リアル=IT系WEB職種を知りたい場合はこちら
  3. 営業の働き方リアル=新規開拓orルート営業職種を知りたい場合はこちら
  4. 事務職の働き方リアル=事務職種を知りたい場合はこちら

年功序列から実力主義転換中の会社

 

年功序列から実力主義転換中の会社に入社してしまい、きついケースもあります。

 

なぜなら「上の世代は、自分たちが終身雇用・年功序列を生きるのに必死な会社&メンバー」の為、価値観が合わずに働きにくいからです。

 

 

そんな会社経験者として言わせてもらうと「君も頑張って働けば♪年収が上がって僕たちのようになれるかもよ♪」という無責任な態度で、上司や先輩が迫って来る為、正直言ってイライラします。

 

仕事覚えられないおばさん

 

しかし、現代ではそのような会社は倒産危機を迎えており、大手企業をはじめとして「年功序列を廃止」「副業解禁して、自主的に稼ぐことを奨励」し始めています。

 

それなのに「歴史ある会社なら安心だと思って入社したのに、上世代が働かない環境で、将来絶望的な状況」なのに、何も行動せず右肩下がりの人も多くいます。

 

だからこそ、一緒に沈没してしまう前に「共に成長したいと思える環境」「成長を望める仕事への職種転換」を果たすべきなのです!

 

社員還元が少ないブラック企業

 

社員還元が少ないブラック企業に入ってしまったケースもあります。

 

例えば「社内の人間だったらブチギレている」ような、以下のようなブラックジョーク(実例)があります。

 

ブラック企業実例

派遣社員 クズばっか

  • 薄給のブラック企業が事業で大失敗した結果「社員の2割が辞めた」
  • 社長が残った人を鼓舞する為に「キャッシュでまだ20億あるから安心してくれ♪」と伝えた結果「それ社員に還元してなかった金やろ!」と怒りが拡散し、さらに3割=合計5割辞めた

 

このように「社員還元せずに奴隷扱いで働かせ続け、内部留保(会社の貯金)ばかり膨らませているブラック企業」があるのも事実です。

 

その為、今いる会社で勤め続ける気力が出ないなら、転職先の情報収集を行なったほうが良いですよ♪

 

ブラック状況脱出例

 

ちなみに参考として、ブラック状況脱出例もご紹介しておきます。

 

例えば、僕は自動車営業マン時代に「10年先輩が、小遣い月3,000円(昼食代込み)」という自虐話を聞いた時、未来に絶望した退職経験があります。

 

仕事 ミス 大損害

 

他にも僕の周りで、勤務している会社がとても理不尽だった為「転職」「異動」を実現して「クソな現実を変えた成功例」もあります。

 

ブラック企業・環境から脱出した例1

成長

  • ある知り合いは「家族経営の零細お菓子メーカー勤め」だったが、社員の給料は「社長の独断と偏見」で決まっていた為、強い違和感を感じていた。
  • 具体的には、知り合いは「数々の特許を獲得してきたエース社員」なのに「月給20万円以下」。一方で、社内で特に何もしていない「愛人兼秘書は月給60万」を貰ってた
  • 最悪な状況を変える為に転職を決断した結果、転職先では年収1.5倍以上UPした(特許を何個も持っていた点を評価され「同お菓子メーカー勤務&給料UP」を獲得)

ブラック企業・環境から脱出した例2

リラックス

  • 知り合いは「某大手IT企業の営業マン・本社勤務」になったが「接待などで休日出勤が当たり前=残業平均月100時間越え」で毎日フラフラ
  • 大手の為、残業手当が付いて「20代半ばで月給が倍=高年収」だったが、ストレスで暴飲暴食・散財が止められず、生活もカツカツ
  • 結婚&出産を機に「これでは生活が保たない!」と一念発起し「配置転換・異動願いを提出→承認されて埼玉の支店勤務」となり、生活リズムを整えられるようになった

 

このように「新卒・中途組」のどちらであっても「現実を変える努力」に取り組めば、ドン底を脱出できますよ♪

 

その為、今から具体的な「退職作法・手順」を理解しておく事で、スムーズな転職を実現できます♪

 

 

※なお、以下のリンク先にて「即日退職&諸手続きをプロに依頼できる退職代行サービス」を紹介している為、必要に応じてご参考に♪

退職作法・手順

  1. 退職理由+作法・手順=具体的な退職知識が欲しい場合はこちら
  2. 退職事前告知の段取り=早めに宣言して円満退職したい場合はこちら

退職代行のおすすめ

  1. 退職代行ガーディアン=合同労働組合対応で法的介入できる+29,800円と安価で一番おすすめ♪
  2. 弁護士法人みやびの退職代行=「残業代/退職金などお金トラブル」がある場合におすすめ♪
  3. 退職代行ランキング=退職代行を一括ランキング比較したい場合はこちら

みなし残業やめたほうがいい【見抜き方】

目次

 

諒

では次に、みなし残業やめたほうがいい【見抜き方】についてご紹介していきます。

 

求人票の罠をチェック

 

求人票の罠をチェックするのはおすすめです。

 

まず「みなし残業制で、残業時間が多め(40h以上)」は、基本的に休日出勤の可能性が高い企業と言えます。

 

 

実際「残業過多&ハードワークで有名な企業」がこの求人記載をしていて、休日出勤なども多めだった為、比較的他の企業も同様のケースが多いと思います(断定はできませんが…。)

 

会社員 向いていない どうすれば

 

また「みなし残業制(20h)」などもありますが、個人的経験から言うと「実態は約倍=40h程度」と思う為、休日出勤1回くらいはありそうな雰囲気です。

 

とは言え、個別で異なってくる為「あまりにもみなし残業時間が多い会社」は「成長できそう♪」「年収や福利厚生が非常に良い」など、転職メリットを感じない場合、避けた方が良いですよ♪

 

 

※なお「失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方」「職業訓練のメリット・デメリット」などに関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

失業保険の有効な使い方

  1. 失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方=退職後の不安やモヤモヤがある場合はこちら
  2. 職業訓練のメリット・デメリット=ハローワーク経由で学ぶリスクを知りたい場合はこちら
  3. 職業訓練に落ちた時対策=失業中のスキルUPテクを知りたい場合はこちら
  4. 職業訓練途中退校デメリット=途中で辞めたい場合はこちら

転職口コミをチェック

 

転職口コミをチェックして、実態を把握しておくのもおすすめです。

 

公式HPや求人票は、どうしても「企業側の都合優先」で書かれているケースが多いです。

 

 

その為「実際の希望企業で勤務経験がある方or職種・業種の勤務経験がある方の不平・不満も見る」事で、バランスの取れた情報収集が可能ですよ♪

 

※なお、参考情報収集サイトを、以下に記載しておきます

 

転職口コミサイト

転職会議

出典:転職会議

enライトハウス

出典:enライトハウス

open work

出典:open work

お悩みサイト

Yahoo!知恵袋

出典:Yahoo!知恵袋

教えて!goo

出典:教えて!goo

OKwave

出典:OKwave

転職エージェント経由で転職

 

転職エージェント経由で転職するのもおすすめです。

 

なぜなら「転職先企業に訪問して実態を把握しているケースが多い」からです。

 

転職エージェント おすすめ

 

もちろん「全く把握しておらず、求人票の情報が全て」というケースもありますが、そういう場合は正直に言って貰えば良いのです。

 

その為「怪しい求人票応募は避けたい」なら、転職エージェント経由の応募がおすすめですよ♪

 

 

※なお「転職先相談相手=転職エージェント」などを以下のリンク先にて紹介している為、合わせてご参考に♪

正社員転職エージェントのおすすめ

  1. リクルートエージェント=非公開求人21万人以上!エージェント希望者に最有力候補のサイト♪
  2. type転職エージェント=関東を中心に求人数2万件以上!IT系に強い+年収UPしたい方におすすめ♪
  3. 転職エージェントがうざい時対策=担当者変更・体験談を知りたい場合はこちら

みなし残業やめたほうがいい【体験談】

目次

 

諒

では次に、みなし残業やめたほうがいい【体験談】についてご紹介していきます。

 

月7日シフト+残業1.0h/日=月約40h

 

僕の社会人デビューは、月7日シフト+残業1.0h/日=月約40hで始まりました。

 

具体的には「地元・名古屋で社員200人程度の軽自動車ディーラー・ルート営業マン」として働き始めました。

 

 

しかし、当時の僕は「実家暮らし・彼女を作った経験なし・自分に自信なし」という無いない尽くしのダメ人間でした…。

 

その上、以下のようなストレスフルな環境だった為、弱々メンタルでは全然やっていけなかったのです。

 

自動車営業がストレスフルだった理由

涙 失業

  • 営業先は強面モータース屋社長巡り&値段交渉
  • 担当エリアの売り上げが良く、受注がドンドン入ったが、営業所は皆出払っており、相談相手がいなかった
  • 「休みはシフト制で販売店は正月三ヶ日以外ほぼオープン」「1日休みばかりで休んだ気がしない」

 

そして「ある時営業所で10年先輩から言われた話」が引き金となり、思わず退職を願い出てしまいました…。

 

同僚

俺のお小遣いは月3,000円食費込みなんだよ…

諒

え?…マジっすか?

 

このように「その会社での10年後の姿に恐怖を感じた」のが決め手となり、ある時所長に「辞めさせて下さい!」と宣言して、飛び出してしまったのです。

 

土曜出社+残業1.5h/日=月約60h

 

僕が工場の期間工として働いていた時は、土曜出社+残業1.5h/日=月約60hの会社でした。

 

製造業 求人サイト

 

ラインのリーダーが金曜日の午後に「土曜日出勤できない?」と、全員に順番に声をかけて回っていたのです。

 

ラインは2つあり「最低でも半分以上の人が出勤しないと機能しない」と分かっているので、断れない人ほど休日出勤していたのです。

 

涙 失業

 

無論僕も、当時は「断れないYESマン良い子ちゃん」だったので「分かりました…。出勤します…。」と言って受け入れていました。

 

しかし、能力開発の研修に参加したことがきっかけとなり「東京に上京して一流のビジネスマンになる!」とコミットしてから、土曜日出勤を断る覚悟ができたのです。

 

結果として、休日出勤を断り始めて半年後にその仕事を辞めて、50万円の貯金を持って東京に上京しました。

 

東京

 

このように「これ以上!言いなりになったたまるかクソ野郎!」という覚悟が固まってから転職したわけです。

 

とは言え、その決意が引き金となり、その後「休日出勤」は一度もしたことがありません。

 

残業3h/日=月約60h

 

その次に、残業3h/日=月約60hの会社で事務職として働き始めました。

 

土日祝日は完全休みなのですが、平日がかなり遅くまで仕事になってしまうので、週5日はほとんど何もできなかったです。

 

その為、その頃から「仕事術や効率を意識した働き方」を実践し、勤めている2年の間に20時間程度までは、残業を減らせるようになりました。

 

事務職

 

また、勤務し始めてから1年半後に「24万円+平日4日間の能力開発の研修を受けた」こともあり、その会社を退職する決意を固めたのです。

 

※具体的には「一流のビジネスマンに到達するには、営業職にチャレンジして商品を売る自信をつけなければならない」という結論を導き出し、事務職から離れる決意をしたわけですね♪

 

残業1.5h/日=月約30h

 

営業職に転職してからは、残業1.5h/日=月約30hで勤めることになりました。

 

そこで「通称:吉田商会」と呼ばれる課長のチームに配属されたのですが「五営本(第五営業本部)に吉田あり」と言われるほど敏腕チームだったのです。

 

その為、仕事量やスピードは本当に半端なかったですが「休日出勤はあり得ない+遅くとも20時には皆帰る」というテンポで仕事ができました。

 

俊敏性

 

そして、1年ほど経つとそのペースにも慣れることができ、それ以後は「残業や休日出勤なんかするかボケ!」という自信を育むことができましたよ♪

 

残業ほぼ月約0h

 

最終的には、転職サイトのWEBライターとして残業ほぼ月約0hで働いていた時が、ほぼ毎日定時帰りでした。

 

転職サイトは広告分野の一つなので、決して楽ではないのですが、僕は「転職経験豊富&文章が得意」だったので、スピーディーに業務遂行できたのです。

 

天職

 

あとは「時間ごとに案件割り振り」が決まっているので、余分なイレギュラーが挟まりにくかったというのも幸いしました。

 

残業・休日出勤は会社で異なる

 

このように残業・休日出勤は会社で異なるわけですし、会社によって働き方や「残業・休日出勤」に関する考え方、企業風土は全く異なるのです。

 

その為、もし今の会社が「休日出勤は当たり前+長時間残業も当たり前」という価値観なのであれば、それは異常と思った方が良いです。

 

減少

 

実際、僕が転職サイトライターをやっていた経験から言っても「会社の歴史は浅いけれど、本当に働きやすいと感じる会社」もたくさんありましたから♪

 

その為「今の生き方がどうしても合わない」のであれば、今の会社で休日出勤を断る力を育むのもアリですし、数年後に転職するという選択肢もアリですよ♪

 

日本には400万法人以上の会社・環境があるので、今の会社に一生を捧げる必要はありませんよ♪

 

 

なお、そんな将来の働き方を考える上でおすすめなのが「転職サイトに登録しておき、情報収集しておく」という予防策です。

 

実際、余裕を持って情報を見ておいた方が、いざという時にスムーズに動くことが可能ですから♪

 

そして、中でも特におすすめな「20代未経験転職の味方=RE就活「全転職希望者の味方=リクナビNEXT」を以下のリンク先にて詳しく紹介している為、参考にご活用ください♪

Re就活の求人口コミ・評判!適職診断体験談などまとめ

リクナビネクストの口コミ・評判!適職診断体験談まとめ

 

僕の転職・退職体験談

転職サイト gif

諒

では次に、僕の転職・退職体験談についてご紹介していきます。

将来に不安を感じて営業転職



僕は26歳の時に、将来に不安を感じて営業転職しました。


なぜなら、以下のような状況で働いていて、このままでは将来がダメになると感じていたからです。


事務職で働いていて不安に感じていたこと

成長

  • 「基礎的なオフィススキル」しか育たなかった為、万一クビになった時に転職できない不安を感じていた
  • 「月給20万+残業代+ボーナス少々」で生活に余裕がなく、昇進・昇給の見込みも薄かった
  • 単純に「上司や先輩で憧れる人」がおらず、数年後はここに居るつもりがなかった



正直、働き続けやすいホワイト環境でしたが「このような場所に何年も居続けたら将来がヤバい!」と思い、半年前に余裕を持った退職宣言を行い、辞める覚悟を決めたのです!


そして、退職3ヶ月前からユルユルと転職活動を始めたのですが「営業への職種転換を含む転職活動」を甘く見ていた為、かなり苦戦したのです…。




具体的には、有給取得しながら転職活動を行っていたのですが、ギリギリ退職3週間前に、何とか滑り込みで転職先が決まりました(苦笑)


ルート営業 つらい

このように、かなり余裕を見て「半年前に退職宣言した僕」ですが、3ヶ月前から転職活動開始し始めてみると、意外にギリギリだったのです…。


そして、この経験から言えるのは「退職決断後に0から情報収集を始めた場合、最低3ヶ月以上は欲しい」ということです。




しかも、一般的な退職は1ヶ月〜2ヶ月前宣言が多いですから「失業期間が伸びても大丈夫な貯金」「情報収集しておく仕組み」を準備しておかないと、精神的にかなり厳しいです!



中途採用 放置 退職

そのため、スムーズな転職を実現する為には「当サイトで紹介しているような転職サイトに無料登録」して、不足の事態に備えておくのがおすすめですよ♪

失業後に4ヶ月かけて転職



また別の機会ですが、失業後に4ヶ月かけて転職した経験もあります。


この時は「失業保険即時受給=3ヶ月間月15万円程度」を受け取っていたのですが、その余裕に甘んじてダラダラ活動してしまい、貯金が底を付いてしまったのです…。


※「契約更新がある雇用(派遣/契約社員)は、契約満了後に最速で失業後2週間程度から受給開始できる」「正社員&自己都合退職は2〜3ヶ月給付制限がつく」


仕事 ミス 大損害

結局「お盆に実家帰省した折、両親から20万円をサポートを貰う→失業4ヶ月後に転職先決定」して、何とか窮地を脱しました…。


※正直言って、イオンのフードコートで両親に泣きながら「転職活動資金がないからお金を下さい…」と悔し涙を流した記憶が、今でも鮮明に残っています…。


涙 失業

そして、このように悔しい経験をした僕から言えることは、「自分の乗っている船(会社生活)が危機に陥った時、乗り換える船(転職先/稼ぎ先)を用意しておく」のが非常に大切です!


その為「転職ライター」「転職経験10回」「三職種以上」を経験した僕が、責任を持って「万一に備えた転職対策」について補足しておきます♪

辛い時は意欲が完全に0



まず大前提として、辛い時は意欲が完全に0になってしまうのが「転職意欲が少ない内からサイト登録しておく、一番のメリット」です。


あなたもストレスで疲れ切ったり、深く悩む出来事があった時に「何もできず休みが終わってしまった…」という経験がありませんか?


仕事量 少ない人

それと同じ状況が「勤め先の会社」で起こってしまうと、逃げる気力すら湧かず、もっときつくなるリスクがあるのです。



転職サイト登録対策なしorありの例

退職

  • ■対策なし=ストレス爆発して退職→転職活動開始→アルバイトor貯金を崩しながら転職
  • ■対策あり=気力がある内から情報収集→余裕を持って退職→転職



このように、意欲が低い内から転職サイト登録しておけば「今の会社を辞めたくなった時の安全対策」が施せるのです♪

転職サイト登録は一種の保険



このように、転職サイト登録は一種の保険と言えます!


保険を利用する安心例

祝日休みじゃない会社

  • 医療・がん保険=「高額医療費が発生」した時などのリスクを回避
  • 自動車保険=「事故や慰謝料問題」などのリスクを回避
  • 転職保険=「働き先の倒産リスク」「勤務継続不能リスク」を回避



このように「生命保険」「自動車保険」などと同じく「転職サイトは現状が上手くいかなくなった時のリスク回避保険」として、無料で利用できるのです!


【転職最大手】リクルートエージェント

リクルートエージェントがおすすめな理由

リクルートエージェント リクルートエージェント メリット



リクルートエージェント」は、転職サイト/エージェントの中でも求人数がダントツ!(非公開求人数21万件&公開求人30万件以上)


まだ転職意欲が低くても「会員登録だけしたい」「履歴書/職務経歴書のアドバイスが欲しい」など、幅広い要望に応えてくれる為、エージェント相談したい場合は、こちら一番おすすめです♪


\転職成功実績No,1&非公開求人数21万件以上!完全無料で相談する/




【転職方向性確認に最適】適職診断3選

適職診断

向いてる仕事 適職診断



適職診断」は、性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かるチェック方法です。


僕は様々な適職診断を利用してきましたが、その中でも「これは非常に役立った」という3つの適職診断がある為、以下のリンク先にて詳しい情報を紹介しています♪


\適職診断3選/




【職種転換+副業に最適】アフィリエイトブログ運営

アフィリエイトブログ

強烈な影響力のあるブログ TOPアイコン



また、今の所転職する気はないけれど「自分の力でお金を稼げるようになりたい!」「副業にチャレンジしたい!」方におすすめなのが「アフィリエイトブログ」です。


「初期投資0円〜3万円以内」「月額数百円〜3,000円以下」で稼ぐ環境を獲得でき、アルバイトの稼ぎでも維持できる為「初心者におすすめな最初の副業」として、自信を持っておすすめできます!


さらに、稼げるようになれば「会社依存の抑圧感覚を減らせる→上手く軌道に乗れば、会社員から独立できる(経験者談)」というメリットもあるので、挑戦しないのは損ですよ♪


\アフィリエイトブログの副業ノウハウはこちら/




転職情報収集は複数利用がおすすめの理由

  1. 「多くの求人情報を確認できる」=「選択肢を増やせる」
  2. 「相性の良いサイトorアドバイザー」に出会える確率UP
  3. 「各サイトorエージェントの良い点」を網羅して利用できる

転職サイト/エージェントのおすすめ【PR】

  1. リクルートエージェント
    リクルートエージェント
    実績:
    非公開求人20万件以上!業界TOPクラスの実績+求人数♪
    対応4.5
    求人数5.0
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国公開求人30万件以上&非公開求人20万件以上!
    ★おすすめ理由=求人数・実績は業界TOP!転職を考えるなら必ず登録すべき♪

    もっと詳しく

    公式

  2. Re就活1
    Re就活
    実績:
    20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo,1」!未経験歓迎求人数は全国TOPクラス♪
    対応4.5
    実績4.5
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国1万件以上(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)
    ★おすすめ理由=20代転職希望者向け情報が豊富+無料の「9種類のタイプ判定@適職診断」もアリ♪

    もっと詳しく

    公式

適職診断

  1. 向いてる仕事 適職診断
    適職診断3選
    料金:
    無料/2,420円/13,000円の3種類紹介♪
    ★診断メリット1=性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かる♪
    ★診断メリット2=自分に合う業種/職種/会社は?という疑問がクリアになる♪

    適職診断3選

まとめ

 

諒

以上がみなし残業企業=やめたほうがいい!クソブラック企業を見抜くコツのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

挑戦するメリット

  • チャレンジした経験や成功体験ができ、自分に自信がつく
  • 理想の自分を取り戻し、さらに自分が好きになる

挑戦しないデメリット

  • 今の自分から何も変わらず変化ナシ…
  • 何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたが自尊心を取り戻せるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

\【転職】関連記事はこちら/