休む勇気

 

諒さん諒さん

事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

「休む勇気をもらいたい!」「休むメリットや自分の為になる理由を知りたい!」

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も休む勇気が欲しいと思って、師匠をはじめ影響力のある人から真意を学んだので、あなたの悩みが痛いほど分かります…。

 

 

だからこそ、そんな今のあなたと同じ時期を経験した僕が「休む勇気を得る考え方」を具体的に紹介しています♪

 

転職変化

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

休む勇気を持つ考え方

 

ではまずはじめに、休む勇気を持つ考え方についてご紹介していきます。

 

仕事は人の為ならず

天職

 

まず一番大切なことは、仕事は人の為ならずという視点です。

 

「仕事は会社の為?」「上司や先輩の為?」「家族を養う為?」など、視点は色々ありますが、「自分の為」という視点がとても大事です。

 

 

そもそも人がこの世に生を受けて、一番楽しいと感じられるものが、本来「仕事」であるべきだと僕は思います。

 

そのため、そんな「人生の最大幸福である仕事」をベストパフォーマンスで取り組む為にも、休むのも仕事のうちと思えば良いのです。

 

働くのは本来楽しいこと

日本の誇りの柱

 

そして合わせてあなたに知っていて欲しいのが、働くのは本来楽しいことという視点です。

 

なぜなら誰しも必ず「ずっとやり続けてしまう“得意なこと”」はあるからです。

 

 

例えば僕にとっては「計算や表計算、分析」などの理系的仕事は死ぬほど苦手ですが、一方で「言葉や文章という自分の影響力を通して、人の感情を動かして行動を促すこと」は超得意です。

 

そのため多い時には月に10冊近い本を読んだりするので、累計1000冊以上(最新のトレンド漫画〜聖書や古事記などの古文書まで)読破した経験があり、一つの誇りとなっています。

 

しかし人によっては「本は読み始めて3分で諦める自信がある」という人もおり、僕にとっては得意な才能でも、その人にとっては苦痛でしかないという事実があるのです。

 

楽しい生き方・働き方は千差万別

天職

 

このように楽しい生き方・働き方は千差万別であり、誰しも「得意・不得意」があるので「得意を活かせる仕事」に就ければ、自分がムリなく働き続けられる天職にすることができます

 

得意を生かす例

将棋や囲碁、戦略ゲームが得意=経営企画やマーケティング

快適な人間関係構築が得意=ルート営業や販売・サービス業

自分の意見を通すのが得意=新規開拓営業や顧客折衝型エンジニア

コツコツ継続するのが得意=総務やモノづくり系職種

育成ゲームやRPGゲームが得意=人事や採用担当

 

僕も「仕事=ムリして辛く苦しいことに取り組んだ対価」と思っていた頃の通信営業マン時代は、本当に毎日が「生きるのに必死」でした。

 

なぜなら「自分に向いてない仕事の極地」で働いていたので、ハンパじゃなく辛く苦しかったからです。

 

 

しかし適職診断や色々なアドバイスを貰って「自分に本当に向いている仕事」と分かった物書きに転職してから、ムリなく快適に仕事ができるようになったのです。

 

そのためあなたが「当時の僕」のように「仕事=辛く苦しんだ対価」と思って働いているのなら、仕事と人生の方向性を見直す時が来ているのかもしれません。

 

楽しくない働き方が諸悪の根源

上司

 

そのため、楽しくない働き方が諸悪の根源だと断言できます!

 

そして楽しくない働き方を続けている原因は、親や世間から聞いた「仕事に対する信念や価値観」が問題です。

 

あなたも以下のような言葉を聞かされた経験はありませんか?

 

親から聞かされてきた信念や価値観

仕事は辛く苦しいもの

石の上にも三年

若い頃の苦労は買ってでもしろ

生きていくためには嫌なことも向き合わなければいけない

 

このように「仕事=苦痛」という価値観を刷り込まれてしまっていると、どうしても「自分が苦痛を感じやすい仕事」を引き寄せてしまうのです。

 

 

しかし僕は、人生を心底楽しんでいる師匠と出会い、親からは聞いたことがないような価値観を学び、今では以下のような信念を脳みそにすり込んだのです。

 

師匠から聞かされてきた信念や価値観

仕事は楽しいリアル人生ゲーム

自分が生涯付き合いたいスキル・人脈・経験には全身全霊をかけるが、嫌なことや人はなる早で拒絶

若い頃から得意な「個性」を伸ばした方が、人生は楽しい

豊かで幸福に生きていくためには好きで楽しいことを極める必要がある

 

このように「自分がずっと続けていくのが楽しい、楽だと思える事を仕事にする」ことで、働いているのが楽しい人生を引き寄せられるようになりますよ♪

 

休む勇気を持てる休息メリット

メリット

 

では次に、休む勇気を持てる休息メリットについてご紹介していきます。

 

心身に余裕が生まれる

パワハラ上司 仕返し

 

心身に余裕が生まれるのが、休息する一番のメリットです。

 

季節や気温に変動があるように、人間の心身にも当然変動があるわけですが、その不安定さをコントロールできなければ、安定した生活は送れません。

 

さらにどれだけ急速を取れている人でも、精神にストレスが溜まれば健康を崩しやすくなりますし、逆もまた然りです。

 

 

逆に言えば「休息もキチッと取れており、なおかつ精神にも余裕がある状態」を自己管理することで、あらゆることに余裕を持って対処できるのです。

 

毎日の幸福度上昇

錬金術

 

毎日の幸福度上昇というメリットもあります。

 

なぜなら心身に余裕が生まれる結果、大抵のことはストレスを感じずに取り組むことができ、最終的に「良い一日だった」と自己評価しやすくなるからです。

 

 

逆に休息が取り切れておらずにいつも体が怠ければ、どれだけステキな場所にいてもイライラしやすくなりますし、心にストレスが溜まっていれば、小さなことでも癪に触るわけです。

 

そのためしっかり休息をとれることで、万全な状態で仕事や恋人とのデート、家族とのコミュニケーションに臨むことができ、良い結果や経験を積み重ねることができるわけです♪

 

ストレスの低減

ストレス

 

ストレスの低減というメリットもあります。

 

例えば「睡眠時間」などを管理するのは「一時の努力・修行」というストレスがかかりますが、その何倍もの「快適な日常生活」というリターンが発生します。

 

結果的に心身に余裕を持った生活を継続できるので、多少のストレスに動じることなく、幸福で爽やかな人生を維持できるのです。

 

休む勇気を持てる休息不十分デメリット

不幸

 

では次に、休む勇気を持てる休息不十分デメリットについてご紹介していきます。

 

自尊心が低下する

愛

 

休息不十分な一番のデメリットは、自尊心が低下することです。

 

体調が悪いまま働くほど、ネガティブな気持ちに囚われる機会が多くなり、必然的に「自分を大切に扱えない時間」が増えます。

 

体調不良時の自尊心低下によるネガティブ例

こんなに気分が悪くなるなんて、なんて自分はダメな奴なんだ…。

このまま死んじゃったらどうしよう…。なんかもっとやりたいことあったよな…。

周りに迷惑かけてしまって、ダメな奴だなと罵られそうだな…。

 

体調を崩していると、このような「ネガティブ思考が頭の中をグルグル駆け巡り続けた経験」がありますよね?

 

つまりこのような状態が多いほど、自分の快適で幸福な人生を脅かし、自尊心を低下させる原因となってしまうのです!

 

周りからの信頼残高が減る

上司 先輩

 

仕事のパフォーマンスが下がることで、周りからの信頼残高が減るというデメリットもあります。

 

あなたも「いつも元気がない人」「ネガティブな事ばかり言ってる人」を見て、気分が良くはないですよね?

 

もちろん人間「絶対無敵」ではないのですが、他の人よりそれが多いと「どうしても評価を下げざるを得ない」のです。

 

 

そのため大事なことを任せてもらえなかったり、窓際族に行ってしまいやすいのも、休む事をしっかりできずにダラダラ生きている人と言わざるを得ません。

 

休む勇気以外に見直すべきもの

転職

 

では次に、休む勇気以外に見直すべきものについてご紹介していきます。

 

自分の心を最優先

日本の誇りの柱

 

まず最も重要な視点として、自分の心を最優先するというマインドを持つのがおすすめです。

 

具体的には以下のように「それぞれ快適と思う質や量は異なる」ので、自分に合った生活リズムを確立すべきなのです。

 

僕の快適な体調管理の方法やリズム

睡眠時間は8時間で、理想は「26時(深夜2時)就寝〜朝10時起き

マラソンや水泳などの長期運動は嫌いだが、週3日・各1時間程度の筋トレなら快適

営業などのチームプレーより、個人で黙々と仕事を続けるPC作業が得意

プログラミングで仕組みを作る理系的作業よりも、物書きで人の心を動かす文系的作業の方が好き

体調管理チェックシートをエクセルなどに書いて継続は嫌いな一方で、直感を信じて体調管理するのが好き

 

例えば毎日「健康管理チェックシート」を書いて心身を維持するのが得意な人もいれば、僕のように「最近肉食べてないから元気出ないな?」という発想で体調管理するのが得意な人もいるのです。

 

このように「自分にとっての理想的な働き方や生活リズム」だと一番ストレスが少なく、快適な毎日を過ごせるのです♪

 

働き方・生き方を見直すことも必要

転職

 

そして働き方・生き方を見直すことも必要です。

 

なぜなら繰り返しますが「快適と感じる理想の働き方や生き方」のリズムに乗れていれば、ストレスも少なくオンオフのメリハリも楽だからです。

 

 

例えば僕は「仕事=自分の苦手なことに取り組む」と思って働いていた通信営業マン時代は、体調もメンタルも毎日ズタズタな生活を送っていました。

 

なぜなら「自分に向いてない仕事の極地」で働いていたので、ハンパじゃなく辛く苦しかったからです。

 

 

しかし適職診断や色々なアドバイスを貰って「自分に本当に向いている仕事」と分かった物書きに転職してから、ストレスもかなり減って体調のリズムも整い、快適に仕事ができるようになったのです。

 

そのためあなたが「当時の僕」のように「仕事=辛く苦しい環境で働く」と思っているのなら、仕事と人生の方向性を見直す時が来ているのかもしれません。

 

ちなみに僕の適職診断の指針の一つが、以下のリンク先にて紹介している「個性・適職診断」なので、ぜひ参考に使って下さい♪(転職の自己PRにも使えますよ♪)

 

まとめ

 

以上が休む勇気を手に入れる方法!メリハリが人生を幸福にすると知る教科書のご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

自分の適職・天職を知るメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

自分の適職・天職を知らないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

 

※そして以下のリンク先では、転職サイトに登録「だけ」でもしておくべきメリットを紹介しているので、合わせて参考にしてください♪

 

 

※また、以下のリンク先では、どうしても会社に行きたくない時の休む正当な理由を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

自分だけの適職・天職の見つけ方

向いてる仕事
振り返り



今の仕事が本当に合っているのか?

本当はもっとラクに楽しく働ける場所があるかもしれない…

自分では分からないけど、仕事に使える強みってあるのかな?

頑張って働いてるけど、ずっとこのままは苦しいから、いつかは転職したい…



そんな悩みをお持ちの方向けに、以下のリンク先にて「自分の強みを知り、適性のある仕事の見つけ方」をご紹介します。