会社 帰りづらい 新人

 

諒

「転職10回+3職種経験」&「転職サイト企業にて求人500社(1,000件)以上作成」した「強烈な影響力のある男」がまとめました♪

 

相談男性1

「会社が定時で仕事なくても帰りづらい…新人が堂々と早く帰るコツを知りたい!」

相談女性3

定年廃止や年金低下が検討される今、副業成功&幸福な人生を構築するために「適職診断関連情報」を知りたい!

相談男性3

新人や新卒は、自己意見を我慢しなきゃいけない?将来のリスクを低下させる為に、解雇以外の辞め方や退職作法を学びたい。

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

  • 「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心を取り戻し、誇りある人間になる
  • 辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る
  • 1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

転職情報収集は複数利用がおすすめの理由

  1. 「多くの求人情報を確認できる」=「選択肢を増やせる」
  2. 「相性の良いサイトorアドバイザー」に出会える確率UP
  3. 「各サイトorエージェントの良い点」を網羅して利用できる

転職サイト/エージェントのおすすめ【PR】

  1. リクルートエージェント
    リクルートエージェント
    実績:
    非公開求人20万件以上!業界TOPクラスの実績+求人数♪
    対応4.5
    求人数5.0
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国公開求人30万件以上&非公開求人20万件以上!
    ★おすすめ理由=求人数・実績は業界TOP!転職を考えるなら必ず登録すべき♪

    もっと詳しく

    公式

  2. Re就活1
    Re就活
    実績:
    20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo,1」!未経験歓迎求人数は全国TOPクラス♪
    対応4.5
    実績4.5
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国1万件以上(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)
    ★おすすめ理由=20代転職希望者向け情報が豊富+無料の「9種類のタイプ判定@適職診断」もアリ♪

    もっと詳しく

    公式

適職診断

  1. 向いてる仕事 適職診断
    適職診断3選
    料金:
    無料/2,420円/13,000円の3種類紹介♪
    ★診断メリット1=性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かる♪
    ★診断メリット2=自分に合う業種/職種/会社は?という疑問がクリアになる♪

    適職診断3選

会社が帰りづらい@新人【原因】

目次

 

諒

ではまずはじめに、会社が帰りづらい@新人【原因】についてご紹介していきます。

 

新人が上司より早く帰るのは怖い

 

新人が上司より早く帰るのは怖いという感覚が、帰る決意を鈍らせます。

 

ある程度経験を積み、上司や職場の雰囲気を掴めていれば「もう帰っても良いかな?」という感覚が掴めますが、新人の頃は「もう帰って良いよ♪」と言われないと、正直なかなか帰りにくいです。

 

上司

 

その為、後ほどご紹介しますが「上司や先輩から“もう帰ったら?”と言ってもらえるように誘導する」なども、一つのテクニックと言えるでしょう。

 

新人だから頑張ってるアピールしたい

 

新人だから頑張ってるアピールしたいという原因もあります。

 

日本の悪しき風潮ですが「長時間働いている人ほど偉い」という考え方が根強く浸透しています。

 

その為「残業が少ない人ほど頑張ってない」という風に見られがちな為、必然的に新人時代も「長く会社にいて貢献している“風”を装いたい」と思ってしまうわけですね。

 

残業 辛い

 

本当は「早く帰る人ほど有能で高評価になるべき」なのですが、会社内が「長時間労働者ほど偉い」という雰囲気なら「新人が空気を読まず早帰り」は難しいでしょう…。

 

周りに嫌われたくない

 

周りに嫌われたくないという同調意識が原因のケースもあります。

 

例えば、僕が定時上がりを実現したのは「何がなんでも19時には退社する!!」と決意したからです。(厳密には小一時間は残業してましたが…)

 

その時は「30代前半」「仕事の経験値や影響力もある程度ある」「転職してしばらく経った頃」だから出来た行動です。

 

 

その頃は、もちろん会議が長引いたりした事もありますが、人の脳は優秀なので「19時に帰るのが当たり前」という現実に段々シフトしていきました♪

 

諒

じゃぁ、お先に失礼しま〜す♪

上司

(あいつはしっかりやってるから、まぁ早く帰るのも当然だろう…。)

 

とはいえ、その過程には「アイツばかり早く帰りやがって!」と妬まれることもありましたが、仕事はこなしていたので、その内受け入れられました。

 

その後、その職場から転職して「早く帰るのが当たり前の環境」を引き寄せたのも「最初の覚悟」の引き寄せ結果だと思っています。

 

しかし、言い換えると「頼れる先輩が早く帰ってるから新人の自分も帰れる」という雰囲気が醸成されていない限り、新人から空気を変えていくのは難しいかもしれません。

 

嫌味を言う上司・同僚の視点

 

ちなみにこのような時に直面したら忘れないでいて欲しいのが、嫌味を言う上司・同僚の視点です。

 

嫌味を言う上司・同僚の視点

パワハラ上司 心理

上司or同僚が本当はやりたい「早く帰る現実」をあなたがしているのでイラついている

要するに「妬み・嫉み・嫉妬・憧れ」といった負の感情で引き止めている

 

残業をやめてすぐ帰ることにイラついているということは「自分は出来ないことをして羨ましい・ムカつく」という感情が根底にあるのです。

 

 

とはいえ、企業風土によって「早く帰るのが当たり前」という会社も多いです。

 

その為「あなたが今いる環境で“当たり前とされている価値観”によって、上司や同僚の態度が異なる」ということも覚えておきましょう♪

 

※なお「パワハラ上司を成敗するコツ」などを、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

パワハラ上司の対応方法

  1. パワハラ上司の末路・弱点=心のモヤモヤを晴らしたい場合はこちら
  2. パワハラ上司を追い込む技=実際に退治したい場合はこちら
  3. パワハラ上司に退職で攻撃=退職嫌がらせしたい場合はこちら

会社の人事評価を下げたくない

 

会社の人事評価を下げたくないと感じている原因もあります。

 

なぜなら「会社に居た時間・勤続年数が会社への貢献度」という古い会社ほど「早く帰る人=忠誠心が低い」というレッテルを貼りがちだからです。

 

減少

 

しかも、早く帰る人ほど「協調性がない」「周りに合わせていない」という人事マイナス査定を喰らうケースもあるので、昇進から遠のく可能性大なのです。

 

 

※なお「年功序列社会の問題点」などを、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

転職前後対策

  1. 年功序列組織から転職すべき理由=“若手を食い潰す”組織構造を知りたい場合はこちら
  2. 中途採用転職後に放置が長い時対策=自発的にやる事を見つけたい場合はこちら
  3. 東京or地元就職・転職の良悪比較=「成長の東京VS安心の地元」を比較したい場合はこちら

会社が帰りづらい@新人【帰るコツ】

目次

 

諒

では次に、会社が帰りづらい@新人【帰るコツ】についてご紹介していきます。

 

上司・先輩に根回しする

 

上司・先輩に根回しする事で、早く帰れます。

 

なぜなら「人は自分と違う価値観や行動を取る人を嫌う傾向がある」ので、それを逆手にとって「あなたの価値観に合わせます(本当は自分の欲しい答えを貰う)」と誘導すれば良いのです。

 

 

その為「上司や先輩に、何か手伝えることはないか?(暗に帰ってOKか?)を確認している」など、根回しする事で、堂々と帰れるわけです。

 

諒

お先に失礼します〜♪

同僚 女性

あの子だけ、定時に上がってるけど良いんですか?

同僚

あぁ、●●君は優秀だし、他に仕事もないから、問題ないよ(笑)

 

※なお「失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方」「職業訓練のメリット・デメリット」などに関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

失業保険の有効な使い方

  1. 失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方=退職後の不安やモヤモヤがある場合はこちら
  2. 職業訓練のメリット・デメリット=ハローワーク経由で学ぶリスクを知りたい場合はこちら
  3. 職業訓練に落ちた時対策=失業中のスキルUPテクを知りたい場合はこちら
  4. 職業訓練途中退校デメリット=途中で辞めたい場合はこちら

やり残しの雰囲気を排除する

 

ちなみに、やり残しの雰囲気を排除する事で、早く帰れます。

 

なぜなら「机が汚く書類が散乱していると“こいつを帰らせて本当に大丈夫か?”と疑われてしまう」からです。

 

その為「整理整頓された書類&PCデータ・ファイル」「引き出しの中も一瞬で判断できるレイアウト」など、徹底した無駄削減を実施しておけば、上司や先輩も安心して早く帰せるわけですね♪

 

勤務終了前に帰宅準備を始める

 

勤務終了前に帰宅準備を始めることも必要です。

 

ここで大切なことは「さぁ!帰るぞぉ!」と勢いよく片付け始めると、周りで定時後も仕事をする予定の人をイラッとさせます。

 

 

その為、定時30分前頃になったら、徐々にカバンの中に荷物などをちょこちょこ入れていくのです。

 

そして、定時になったら「そんじゃ、お先に失礼します〜。」くらい軽い雰囲気で、申し訳なさと堂々とした気持ち半々で帰るのがおすすめです♪

 

元々の荷物はなるべく減らしておく

 

元々の荷物はなるべく減らしておくのもおすすめです。

 

なぜなら「上司に仕事が残ってると思われにくい」のはもちろん「片付ける無駄時間が省ける」というメリットもあるからです。

 

パソコン

 

具体的には、先ほどお伝えした「書類やファイルを散乱させておかない」の他「PCに付箋を貼りまくっている」「PC画面のファイルが異常に多い」なども、タスク未完了の匂いがプンプンするので断捨離すべきです。

 

その為「自分の机周りやカバンの中の荷物」はなるべく減らしておき、スムーズに定時帰りを決められるようにしておきましょう♪

 

同僚

先輩の机っていつもキレイですよね?スゲーな♪

諒

1日5分探し物をしたら、1ヶ月で100分、1年で1,200分だ。つまり20時間だから、約1日損してることになるぜ♪ムダは省けよ♪

定時後の予定を入れておく

 

定時後の予定を入れておく場合も、早く帰れます。

 

例えば「毎週水曜はジムに行って鍛えている」「スクールに通って会社で使えるスキルも学んでる」など「●●君は早く帰る必要がある」という覚悟と予定を周知するわけです。

 

スケジュール 日程

 

もちろん、会社の業務重要度によっては帰れない時もあるでしょうが、少なくとも「彼or彼女が早く帰る事は、会社やチームの為にもなる理由」を提示できていれば、比較的すんなり受け入れてくれますよ♪

 

出産後に変化した先輩

 

新人ではないですが、定時帰りを始めたケースとして、出産後に変化した先輩の例を補足しておきます。

 

その人は課長手前の勤続15年程のベテランでしたが、普段は夜遅くまで働いている残業型人間でした。

 

 

しかし、初めての子供が生まれてから、奥さんとの子育て分担や、何よりも息子の成長を見守りたいという思いで、週に1回〜2回は定時帰りするようになったのです。

 

営業職

 

元々優秀な人でしたから、周りも「そりゃ当然でしょ?」というスタンスで、定時帰宅日はなるべくMTG依頼などをしないように配慮したのです。

 

このように、周りが定時帰りも当然と思える理由があれば明確に帰れますし、そうでなくても努力と実力で定時帰り実現は十分可能ですよ♪

 

 

なお、時には「ずる休み」したり、自分のリラックス時間を「多少強引にでも作り出す練習実践」する事で、ワークライフバランスを自主的に上げられるようになったりします。

 

なぜなら「周りからの同調抑圧より、自分の快適感情を優先させられるようになる」からです。

 

そして、以下のリンク先にてそんな「会社をずる休みするコツ」について詳しく紹介しているので、合わせて参考に使ってください♪

仕事をずる休みする正当防衛理由+対策24選

 

定時退社デーなら正々堂々帰れる

 

ちなみに定時退社デーなら正々堂々帰れるというメリットもあります。

 

会社の中には「定時退社デーとは名ばかりで、実際はみんな残業している」という場所もあったリします。

 

 

しかし、それは「波風立てずに皆で残業しているだけ」なので「自分は今日他にやれる事もないですし、定時退社デーなので帰ります♪」と一言言って帰れば良いのです。

 

親密性

 

実際、定時退社デーに帰る人が増えれば「俺も帰るかな」という風潮が出来て、実は居残っていただけの人も帰り始めたりしますから♪

 

上司

俺も今日は定時で帰らせてもらうわ…。お、お疲れ〜。

諒

あぁ、部長。お疲れ様で〜す♪

 

その為「誰もやらないからやれない」ではなく「ルール上可能だから、誰もやらないならまず自分がやる」という覚悟を持てば、定時退社デーに帰ることは簡単です。

 

その上、その雰囲気が高まってくれば「定時退社デーではない普通の日に定時ダッシュを決める」ことも簡単になりますよ♪

 

 

とは言え、残念ながら「周りと違うことをする人間を糾弾・批判・除外しようとする会社」が沢山あるのも事実です。

 

しかし、そのような会社に居続けると、確実にあなたの自尊心や人生の幸福度を奪われ続けることになる為、いずれ離れることをおすすめします。

 

その為、以下のリンク先にて「転職成功実績No1=リクルートエージェント」を紹介しているので、将来の選択肢を広げてみて下さい♪

正社員転職エージェントのおすすめ

  1. リクルートエージェント=非公開求人21万人以上!エージェント希望者に最有力候補のサイト♪
  2. type転職エージェント=関東を中心に求人数2万件以上!IT系に強い+年収UPしたい方におすすめ♪
  3. 転職エージェントがうざい時対策=担当者変更・体験談を知りたい場合はこちら

僕の転職・退職体験談

転職サイト gif

諒

では次に、僕の転職・退職体験談についてご紹介していきます。

将来に不安を感じて営業転職



僕は26歳の時に、将来に不安を感じて営業転職しました。


なぜなら、以下のような状況で働いていて、このままでは将来がダメになると感じていたからです。


事務職で働いていて不安に感じていたこと

成長

  • 「基礎的なオフィススキル」しか育たなかった為、万一クビになった時に転職できない不安を感じていた
  • 「月給20万+残業代+ボーナス少々」で生活に余裕がなく、昇進・昇給の見込みも薄かった
  • 単純に「上司や先輩で憧れる人」がおらず、数年後はここに居るつもりがなかった



正直、働き続けやすいホワイト環境でしたが「このような場所に何年も居続けたら将来がヤバい!」と思い、半年前に余裕を持った退職宣言を行い、辞める覚悟を決めたのです!


そして、退職3ヶ月前からユルユルと転職活動を始めたのですが「営業への職種転換を含む転職活動」を甘く見ていた為、かなり苦戦したのです…。




具体的には、有給取得しながら転職活動を行っていたのですが、ギリギリ退職3週間前に、何とか滑り込みで転職先が決まりました(苦笑)


ルート営業 つらい

このように、かなり余裕を見て「半年前に退職宣言した僕」ですが、3ヶ月前から転職活動開始し始めてみると、意外にギリギリだったのです…。


そして、この経験から言えるのは「退職決断後に0から情報収集を始めた場合、最低3ヶ月以上は欲しい」ということです。




しかも、一般的な退職は1ヶ月〜2ヶ月前宣言が多いですから「失業期間が伸びても大丈夫な貯金」「情報収集しておく仕組み」を準備しておかないと、精神的にかなり厳しいです!



中途採用 放置 退職

そのため、スムーズな転職を実現する為には「当サイトで紹介しているような転職サイトに無料登録」して、不足の事態に備えておくのがおすすめですよ♪

失業後に4ヶ月かけて転職



また別の機会ですが、失業後に4ヶ月かけて転職した経験もあります。


この時は「失業保険即時受給=3ヶ月間月15万円程度」を受け取っていたのですが、その余裕に甘んじてダラダラ活動してしまい、貯金が底を付いてしまったのです…。


※「契約更新がある雇用(派遣/契約社員)は、契約満了後に最速で失業後2週間程度から受給開始できる」「正社員&自己都合退職は2〜3ヶ月給付制限がつく」


仕事 ミス 大損害

結局「お盆に実家帰省した折、両親から20万円をサポートを貰う→失業4ヶ月後に転職先決定」して、何とか窮地を脱しました…。


※正直言って、イオンのフードコートで両親に泣きながら「転職活動資金がないからお金を下さい…」と悔し涙を流した記憶が、今でも鮮明に残っています…。


涙 失業

そして、このように悔しい経験をした僕から言えることは、「自分の乗っている船(会社生活)が危機に陥った時、乗り換える船(転職先/稼ぎ先)を用意しておく」のが非常に大切です!


その為「転職ライター」「転職経験10回」「三職種以上」を経験した僕が、責任を持って「万一に備えた転職対策」について補足しておきます♪

辛い時は意欲が完全に0



まず大前提として、辛い時は意欲が完全に0になってしまうのが「転職意欲が少ない内からサイト登録しておく、一番のメリット」です。


あなたもストレスで疲れ切ったり、深く悩む出来事があった時に「何もできず休みが終わってしまった…」という経験がありませんか?


仕事量 少ない人

それと同じ状況が「勤め先の会社」で起こってしまうと、逃げる気力すら湧かず、もっときつくなるリスクがあるのです。



転職サイト登録対策なしorありの例

退職

  • ■対策なし=ストレス爆発して退職→転職活動開始→アルバイトor貯金を崩しながら転職
  • ■対策あり=気力がある内から情報収集→余裕を持って退職→転職



このように、意欲が低い内から転職サイト登録しておけば「今の会社を辞めたくなった時の安全対策」が施せるのです♪

転職サイト登録は一種の保険



このように、転職サイト登録は一種の保険と言えます!


保険を利用する安心例

祝日休みじゃない会社

  • 医療・がん保険=「高額医療費が発生」した時などのリスクを回避
  • 自動車保険=「事故や慰謝料問題」などのリスクを回避
  • 転職保険=「働き先の倒産リスク」「勤務継続不能リスク」を回避



このように「生命保険」「自動車保険」などと同じく「転職サイトは現状が上手くいかなくなった時のリスク回避保険」として、無料で利用できるのです!


【転職最大手】リクルートエージェント

リクルートエージェントがおすすめな理由

リクルートエージェント リクルートエージェント メリット



リクルートエージェント」は、転職サイト/エージェントの中でも求人数がダントツ!(非公開求人数21万件&公開求人30万件以上)


まだ転職意欲が低くても「会員登録だけしたい」「履歴書/職務経歴書のアドバイスが欲しい」など、幅広い要望に応えてくれる為、エージェント相談したい場合は、こちら一番おすすめです♪


\転職成功実績No,1&非公開求人数21万件以上!完全無料で相談する/




【転職方向性確認に最適】適職診断3選

適職診断

向いてる仕事 適職診断



適職診断」は、性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かるチェック方法です。


僕は様々な適職診断を利用してきましたが、その中でも「これは非常に役立った」という3つの適職診断がある為、以下のリンク先にて詳しい情報を紹介しています♪


\適職診断3選/




【職種転換+副業に最適】アフィリエイトブログ運営

アフィリエイトブログ

強烈な影響力のあるブログ TOPアイコン



また、今の所転職する気はないけれど「自分の力でお金を稼げるようになりたい!」「副業にチャレンジしたい!」方におすすめなのが「アフィリエイトブログ」です。


「初期投資0円〜3万円以内」「月額数百円〜3,000円以下」で稼ぐ環境を獲得でき、アルバイトの稼ぎでも維持できる為「初心者におすすめな最初の副業」として、自信を持っておすすめできます!


さらに、稼げるようになれば「会社依存の抑圧感覚を減らせる→上手く軌道に乗れば、会社員から独立できる(経験者談)」というメリットもあるので、挑戦しないのは損ですよ♪


\アフィリエイトブログの副業ノウハウはこちら/




転職情報収集は複数利用がおすすめの理由

  1. 「多くの求人情報を確認できる」=「選択肢を増やせる」
  2. 「相性の良いサイトorアドバイザー」に出会える確率UP
  3. 「各サイトorエージェントの良い点」を網羅して利用できる

転職サイト/エージェントのおすすめ【PR】

  1. リクルートエージェント
    リクルートエージェント
    実績:
    非公開求人20万件以上!業界TOPクラスの実績+求人数♪
    対応4.5
    求人数5.0
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国公開求人30万件以上&非公開求人20万件以上!
    ★おすすめ理由=求人数・実績は業界TOP!転職を考えるなら必ず登録すべき♪

    もっと詳しく

    公式

  2. Re就活1
    Re就活
    実績:
    20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo,1」!未経験歓迎求人数は全国TOPクラス♪
    対応4.5
    実績4.5
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国1万件以上(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)
    ★おすすめ理由=20代転職希望者向け情報が豊富+無料の「9種類のタイプ判定@適職診断」もアリ♪

    もっと詳しく

    公式

適職診断

  1. 向いてる仕事 適職診断
    適職診断3選
    料金:
    無料/2,420円/13,000円の3種類紹介♪
    ★診断メリット1=性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かる♪
    ★診断メリット2=自分に合う業種/職種/会社は?という疑問がクリアになる♪

    適職診断3選

まとめ

 

諒

以上が会社が定時で仕事なくても帰りづらい…新人が堂々と早く帰るコツのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

挑戦するメリット

  • チャレンジした経験や成功体験ができ、自分に自信がつく
  • 理想の自分を取り戻し、さらに自分が好きになる

挑戦しないデメリット

  • 今の自分から何も変わらず変化ナシ…
  • 何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたが自尊心を取り戻せるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

\【転職】関連記事はこちら/