会社 クビ 前兆

 

諒さん諒さん

「事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

「会社をクビになる前兆って?」「会社をクビになりそう…。PC紛失のミスとか悪口とか、クビを宣告される条件って?」

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も会社を何回もクビになってきた経験があるので、どんな前兆があるか体感でお伝えできる自信があります!(そんな自信欲しくなかったですが…)

 

 

だからこそ、そんな今のあなたと同じ時期を経験した僕が「会社をクビになる前兆や、それへの対処法」を具体的に紹介しています♪

 

転職変化

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

会社をクビになる前兆【個人】

上司 嫌い 細かい

 

では次に、会社をクビになる前兆【個人】についてご紹介していきます

 

上司や周りがヨソヨソしい

上司

 

上司や周りがヨソヨソしい態度を取り始めたら、会社をクビになる前兆の可能性が高いです。

 

なぜなら「あなたはもうここにはいなくなる人」という認識が周りに浸透しているので、どう関わって良いか分からないのです。

 

実際僕もこのパターンに遭ってから、急に「周りが他人行儀になって困惑した」という経験があります。

 

 

そのため「なんか“同じ仲間”という扱いじゃなくなってきた気がする」のであれば、それはあなたがクビになる前兆の可能性があるのです。

 

仕事の割り振りが減った

 

仕事の割り振りが減った時も、会社をクビになる前兆と言えます。

 

なぜなら「これから中長期の仕事を降っても、あなたは会社からいなくなる」と分かっているので、振れる仕事がどんどん減っていくからです。

 

実際僕も営業マンの仕事をクビになった時は、クビを宣告される前に「営業なのに、内勤の訪問先リスト作成を言い渡された」経験があります。

 

 

普通に考えれば外回り営業なので、内勤で1ヶ月近くかかる仕事を振られるのはおかしいのですが、クビを宣告されてから「取引先に顔を出したらマズイんだな…」と悟りましたから…。

 

そのため変な仕事を振られる場合にも、もうあまり今の会社に長くいれないという「宣告通知というケース」もあるのです。

 

周りにクビになる人が出てきた

社内ニート 邪魔

 

個人というより複数人の解雇が行われる場合ですが、周りにクビになる人が出てきた場合も会社をクビになる前兆と言えます。

 

とくに会社の経営悪化でまとめてクビになるケースというのはあるので、よほどあなたが「他より会社への貢献度が高い」のでなければ、その対象になる可能性は高いです。

 

そのため選択肢は「会社への貢献度を今から高めておく」「今の会社に依存しなくても十分生きていけるスキルと経験を育む」しかありません!

 

人事異動の命が下った

異動 配置転換

 

あなたや周りで人事異動の命が下った場合も、会社をクビになる前兆と言えます。

 

実際僕も「半年間で2度の人事異動・配置転換」を言い渡されたことがあるのですが、ある意味自主退職を宣告された感覚でした。

 

その時も、元々外回りのルート営業だったのに「社内の契約書類作成サポート部隊」に配属され、その後1ヶ月と経たずに「企業向け電話回線のセールスエンジニア部隊」に異動させられました。

 

 

その時には「PBX(会社内の内線割振機械)の知見」を持っていたので、それを活かせる部隊に再配属したとのことでしたが、そこは定年退職前の人たちが集まる墓場部署だったのです(怒)

 

結局1年と経たずに、僕を含めてチーム全体の1/4が辞めたのですが、今思えばやはり「自主退職を促された出来事」だったなと感じています。

 

会社をクビになる前兆【会社】

会社

 

では次に、会社をクビになる前兆【会社】についてご紹介していきます。

 

不景気による人件費削減

不景気

 

不景気による人件費削減が、会社をクビになる前兆として一番多いケースです。

 

そもそも経済世界には「70年周期説」という「好景気・不景気のバイオリズム」があるとされており、10年〜20年に1回は不景気が来ます。

 

※70年周期説=70年ごとに「制度破壊」や「価値観崩壊」が起こり、経済も上下を繰り返す

 

日本の70年周期説例

2020年=新型コロナウイルス蔓延

↓75年前

1945年=日本軍敗戦(帝国主義の崩壊)

↓78年前

1867年=大政奉還(徳川幕府体制の崩壊)

↓267年(70年×3-13年)

1600年=関ヶ原の戦い(戦国時代の終焉)

 

このように「70年後の±10年」の間に、今まで「主流」とされてきた生き方が終焉を迎えているわけです。

 

個人的には2020年からのコロナウイルスが「会社に依存する“終身雇用時代の崩壊”」だと思っていますが、不景気が来るたびに派遣社員はその渦中に巻き込まれやすいと言えます。

 

会社自体の人員削減や規模縮小

オフィス 職場

 

世の中の景気自体とは関係なく、会社自体の人員削減や規模縮小で会社をクビになる前兆もあります。

 

大きな組織ほどこの傾向があり、「派遣切り>早期定年退職者の募集>人員整理」の順番で行われていくイメージです。

 

僕も某大手工場のライン作業でアルバイトしてた時に、前年に派遣切りを喰らった方達が「再雇用せよ!」と横断幕を広げて、会社の前で叫んでいたことを覚えています。

 

 

個人的には「誰でもできる仕事を続けるほど、今後不安的な仕事はない」と思っているので、あなたも似た境遇であれば、手に職をつけるなり会社への貢献度を増した方が良いでしょう。

 

繁忙期などのスポット採用

繁忙期

 

派遣などの非正規労働者の場合ですが、繁忙期などのスポット採用であれば、一定期間経過後に会社をクビになる前兆が訪れます。

 

僕も大手ビジネス誌の営業マンに派遣で転職した時は「全国にある大学の図書課を訪問して契約更新のお伺いを立てる」という仕事をしていました。

 

※「半年後に契約社員登用もあった派遣契約」でしたが、僕の能力不足によりクビになったしだいです。

 

 

このように「忙しい時期に人手が足りないから派遣を増員し、閑散期に入ったら派遣切りする」というケースは良くあります。

 

まとめ

 

以上が会社をクビになる前兆!クズで理不尽な解雇理由や最強の転職・退職術のご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

自分の適職・天職を知るメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

自分の適職・天職を知らないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

 

※そして以下のリンク先では、転職サイトに登録「だけ」でもしておくべきメリットを紹介しているので、合わせて参考にしてください♪

 

 

※また、以下のリンク先では、どうしてもお金がない時に「スグお金を作る方法」を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

自分だけの適職・天職の見つけ方

向いてる仕事
振り返り



今の仕事が本当に合っているのか?

本当はもっとラクに楽しく働ける場所があるかもしれない…

自分では分からないけど、仕事に使える強みってあるのかな?

頑張って働いてるけど、ずっとこのままは苦しいから、いつかは転職したい…



そんな悩みをお持ちの方向けに、以下のリンク先にて「自分の強みを知り、適性のある仕事の見つけ方」をご紹介します。