公務員 辞めた 後悔

 

諒

「転職10回+3職種経験」&「転職サイト企業にて求人500社(1,000件)以上作成」した「強烈な影響力のある男」がまとめました♪

 

相談男性1

「公務員辞めなきゃよかった?辞めたメリット・デメリットを知りたい!」

相談女性1

「地方公務員の役場・自治体職員」でも、部署・組織によっては住民からのクレーム満載でストレス問題が発生しまくり?

相談男性3

退職して民間に転職すべき?民間の方が「職場の残業時間」などが大変なイメージだけど、実際の状況は?

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

公務員辞めなきゃよかった【ネガティブ末路例】

目次

 

諒

ではまずはじめに、公務員辞めなきゃよかった【ネガティブ末路例】についてご紹介していきます。

 

安定した給料制度が無くなった

 

安定した給料制度が無くなったのは、公務員勤務を辞める最大のデメリットと言えます。

 

公務員は基本的に「終身雇用制度」が維持されている数少ない組織ですし、ある程度「生涯年収が定年まで可視化できる」のも魅力です。

 

目次 7

 

その為「人生がしっかり見通せる環境で働き続けたい」「安心感ある環境で勤務したい」という方にとっては、非常に魅力的な環境と言えるのです。

 

社会的信用が下がった

 

安定した給料に関連して、社会的信用が下がったのも公務員退職のデメリットです。

 

良く言われるのが「年収数千万の個人事業主(経営者)より、安定した給料実績がある公務員の方が住宅ローンなどを組みやすい」というリアルです。

 

なぜなら「支払い能力が公務員の方が上(確実に払ってもらえる)」という意味で、社会的信用度が高いからです。

 

転職エージェント おすすめ

 

他にも、恋愛・結婚などでご両親挨拶になった場合も「職業・公務員」というのは、気に入られやすい要素だったりするので、それを手放してしまうデメリットはあるのです。

 

 

※なお「年収300万円のライフスタイル年収1,000万円のライフスタイル」に関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

年収別ライフスタイル

  1. 年収300万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  2. 年収400万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  3. 年収500万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  4. 年収800万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  5. 年収1,000万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら

利益追求に追われる

 

利益追求に追われるのも、公務員を辞めるデメリットです。

 

そもそも、民間だと「この商品が売上目標に届かないと我が社は潰れる!」「当組織は1年後に潰れるかもしれない…」といった「組織崩壊の危機感」が常にあります。

 

減少

 

しかし、公務員の場合は「最悪財政破綻=超緊縮財政で給料激減」はありますが、組織崩壊恐怖や利益追求のノルマ叱責はあまり考えなくて済みます。

 

その為「安心して働きたいなら公務員」「成長したいなら民間」という側面はあると言えるのです。

 

クビ・倒産リスクが伴う

 

クビ・倒産リスクが伴うのも、公務員退職の大きなデメリットです(ただし、公務員も財政破綻による超緊縮リスクなどはある為、0%とは言えません)

 

そもそも、民間の場合は「継続勤務何十年」でも、倒産したら一気に社内キャリアが吹っ飛びますし、自社持ち株などで投資していたら、大損する可能性もあります。

 

仕事 ミス 大損害

 

とは言え「失敗するリスクもあるが、挑戦&成長するやりがい&リターンもある」と言えるので、どちらに魅力を感じるか?によって、メリットにもデメリットにもなります♪

 

 

※なお「仕事のミスの謝罪術」などを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

仕事のミス対策

  1. 仕事のミスの隠し方&謝罪方法=ミスを隠し通したいor穏便に報告したい場合はこちら
  2. 試用期間でクビになる確率+対策=試用期間をキッチリ乗り切りたい場合はこちら
  3. 転職後自信喪失した時対策=早く一人前になりたい場合はこちら

税金泥棒批判からは解放される

 

デメリットの反対にはなりますが「利益追求が必要な倒産リスクがある民間企業」は、一方で税金泥棒批判からは解放されるという側面もあります。

 

民間であれば「自社で稼いだ利益再分配」の為、直接的なクレームを言ってくるのは「商品購入者の顧客・取引先」が中心です。

 

しかし、公務員の場合「地域住民、場合によっては全国民が顧客」となっている上、税金は「市民・国民からの自動天引き」で受け取っています(事業者なら法人税・確定申告)

 

目次 7

 

必然的に「公務員として勤務している間は、老若男女あらゆる人から税金泥棒とクレームを受ける状況」になっている為、そのストレスから解放されるのはメリットと言えます。

 

※「公務員がコンビニに立ち寄っていた」「行政の職員がタバコを吸っていた」など、変な風評被害に晒されたりすることもありますから…

 

福利厚生が落ちる

 

福利厚生が落ちるのも、公務員退職のデメリットです。

 

もちろん「超大手企業」など、相当羨ましがられる福利厚生の民間企業なら公務員より上でしょうが、大抵の場合は民間の方が下です。

 

減少

 

特に「終身雇用で、大抵の状況から守ってもらえる」「景気の影響を受けにくいので、安定した生活を送れる」というのは、公務員最大のメリットと言える為、これを手放すのは大きなデメリットと言えるのです。

 

 

※なお「失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方」「職業訓練のメリット・デメリット」などに関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

失業保険の有効な使い方

  1. 失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方=退職後の不安やモヤモヤがある場合はこちら
  2. 職業訓練のメリット・デメリット=ハローワーク経由で学ぶリスクを知りたい場合はこちら
  3. 職業訓練に落ちた時対策=失業中のスキルUPテクを知りたい場合はこちら
  4. 職業訓練途中退校デメリット=途中で辞めたい場合はこちら

公務員辞めなきゃよかった【ポジティブ末路例】

目次

 

諒

では次に、公務員辞めなきゃよかった【ポジティブ末路例】についてご紹介していきます。

 

働き方の選択肢が広がった

 

公務員時代からレベルが変わらなくても、民間転職した結果、働き方の選択肢が広がったという末路があります。

 

逆に、公務員の場合は「●●県・市の職員になる」「国家公務員になる」など、ザックリと「どの枠組み内で活躍するか?」で入庁しています(土木経験者採用など、特定専門家ケースもありますが)

 

その為、民間であれば「物書きの才能を伸ばしていきたい!」「営業を極めたい!」「大好きな車業界で活躍したい!」など、スペシャリスト化していきやすいメリットは大きいのです♪

 

 

※なお「年収300万円のライフスタイル年収1,000万円のライフスタイル」に関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

年収別ライフスタイル

  1. 年収300万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  2. 年収400万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  3. 年収500万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  4. 年収800万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  5. 年収1,000万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら

部署で残業レベルが異なる

 

公務員の場合、部署で残業レベルが異なるという問題点もあります。

 

一般的に「公務員といえば定時帰り」というイメージもありますが、部署によっては「毎日終電まで働く長時間残業部署」も多いです。

 

固定残業代45時間 やばい

 

実際、僕の知り合いにも「土地区画関連の部署」「ITシステム関連の部署」に配属されている人は、毎日ヒーヒーだと言っていましたから(苦笑)

 

一方で民間企業であれば、転職・就職の際に「想定残業時間などの働き方イメージ」が、求人票からある程度分かる為、公務員ほど「ガチャ配属」のリスクは減ります。

 

このように「人口数千人〜数十万人を管轄する組織」の為、異動・配属先によっては「民間以上の地獄を見る確率が高い」とも言えるのです。

 

理不尽な人事異動・転勤

 

さらに公務員には、理不尽な人事異動・転勤があるのも問題点です。

 

定期的に「自分が精通してきた業務から引き剥がされるケース」もありますし、国家公務員など「広範囲に転勤させられるケース」もあります。

 

海外旅行

 

もちろん「全国支店があるような大手企業」なら、同様の状況に陥ったりしますが、それでも「働く場所・会社を転職で選べる」というメリットがあります(A市役所からB市役所への公務員間転職はレアですよね?)

 

※さらに近年では「職務制=職種によって評価される制度」も増えている為「営業なら営業」「エンジニアならエンジニア」など、変に職種異動されないケースも民間は多いです

 

このように、30〜40代以降も全国津々浦々に飛ばされまくったり、精通した業務から引き剥がされるのは、結構辛いものがあるのです。

 

主体的に働きやすくなった

 

組織にもよりますが、主体的に働きやすくなったという末路もあります。

 

そもそも、民間は「世の中の困り事を解決できる“画期的な商品・価値観・サービス”を広めていく=成長・拡張していく」という前提を持っています。

 

必然的に、公務員のように「前例主義で同じ事を繰り返していく」「基本的に維持最優先」という前提とは全く異なります。

 

貯金 成長

 

その為「挑戦心・チャレンジ精神が満たされるような環境で働きたい♪」という場合、将来的には民間転職も一つの選択肢になると言えるのです♪

 

前例主義でのやらされ感

 

そもそも公務員には、前例主義でのやらされ感というつらさがあります。

 

基本的に公務員は「法律・規律・ルール・前例に則った“判子を押したような行動”」が前提となる為「自分で何かを変える」「新しい事に挑戦する」とは真逆の環境です。

 

仕事 ミス 大損害

 

その為「自分の力で何かを成し遂げる達成感」「新しい行動で改革・改善する楽しさ」を、民間ほど味わえないつらさがあるのです(0ではありませんが…、民間の方が遥かに多いです)

 

 

※なお「幸福度の高い業種/職種/働き方が分かる適職診断」「WEBライターなど、僕が経験した職種のリアル」を以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

職種別体験談

  1. 適職診断@おすすめ3選=適正職種・自分の個性を知りたい場合はこちら
  2. WEBライターの働き方リアル=IT系WEB職種を知りたい場合はこちら
  3. 営業の働き方リアル=新規開拓orルート営業職種を知りたい場合はこちら
  4. 事務職の働き方リアル=事務職種を知りたい場合はこちら

成長・やりがいを実感しやすくなった

 

成長・やりがいを実感しやすくなったという末路もあります。

 

民間では「新しい商品を発売して大ヒットした♪」「世の中の悩みを改善する画期的サービスを世に広めている♪」など、直接的な貢献が見やすいです。

 

仕事 ミス 隠したことある

 

その為「してもらって当たり前の公務員業務」より、劇的な変化を世の中に与えてインパクトを残せる可能性があるのも、民間勤務のメリットと言えます。

 

 

※なお「定時で帰れる位の有能仕事術」「会社をずる休みするコツ」などを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

プライベート時間を増やすコツ

  1. 定時で帰るコツ=効率よく仕事を終わらせたい場合はこちら
  2. 休日出勤を100%断るコツ=休日のプライベート時間を守りたい場合はこちら
  3. 会社をずる休みするコツ=時には有給を使ってマッタリしたい場合はこちら

公務員はやりがいが見えにくい

 

所属する部署などにもよりますが、公務員はやりがいが見えにくいというつらさがあります。

 

直接国民・県民・市民・村民に関わる部署であれば、喜ばれるのが見えたりしますが、大半は「事務関連の書類仕事部署」です。

 

転職後 ミスばかり

 

その為「自分の仕事が目の前の人を喜ばせている」「大きく売り上げを上げて、社会の役に立っている実感を得る」という見返りが、民間ほど見えないのです…。

 

年功序列でやる気が削がれる

 

さらに、年功序列でやる気が削がれる問題点もあります。

 

そもそも、年功序列とは「誰もが勤務年数に応じて、一律昇給・昇進していく制度」ですが、逆に言うと「早く出世・成長できない制度」でもあります。

 

しかも、終身雇用で大半の面々が居残っていますから「全然憧れないダサい上司・先輩がウジャウジャしている光景」を毎日見続けるわけです。

 

派遣 営業 クズ

 

その為、残念ながらその光景に染まっていく場合、年功序列の公務員を続けると「憧れないダサい上司・先輩になっていく可能性が高い」と言えるのです…。

 

※なお「年功序列社会の問題点」などを、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

転職前後対策

  1. 年功序列組織から転職すべき理由=“若手を食い潰す”組織構造を知りたい場合はこちら
  2. 中途採用転職後に放置が長い時対策=自発的にやる事を見つけたい場合はこちら
  3. 東京or地元就職・転職の良悪比較=「成長の東京VS安心の地元」を比較したい場合はこちら

副業を始めて成長できるようになった

 

副業OK企業に転職するなど、副業を始めて成長できるようになった末路もあります。

 

例えば僕は、公務員経由ではないですが「通信IT系営業時代」に副業ブログを独学で始めてから、結果的に2年経過後にWEB制作の道に転職しました。

 

 

しかも、副業は「確定申告で売上計上」出来るようになれば、副業禁止企業でもバレないように調整できますし、何より「自力で稼ぐ経験=大きな財産」になります♪

 

適職 不適職

 

※実際、僕が参加したブログ塾では「FX投資副業8年目に月収を超えて独立&その後FXブログで月収100万達成」という猛者もいた為、稼げる魅力大です♪

 

その為、このような経験を持つ僕が、以下のリンク先にて「ブログの始め方」「副業禁止の会社で稼ぐコツ」を紹介しているので、自尊心UPの参考にご活用ください♪

アフィリエイトブログの始め方!月収100万社長が教える初心者が月5万円を最速で稼ぐコツ

アフィリエイトブログを副業禁止企業で始めるコツ

 

また、独学での成長が難しいと思われるのであれば、成長業界のIT企業で働ける「プログラミング」「WEBデザイン」をスクールで学ぶのもアリです。

 

※なお「プログラミング・WEBデザイン・動画編集」スクールを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

スキルUPスクールのおすすめ

  1. DMM WEBCAMP=無料WEB面談満足度90%!転職コースは転職前提におすすめ♪
  2. テックアカデミー=無料プログラミング体験アリ!適正確認してから学びたい方におすすめ♪
  3. プログラミングスクールランキング=スクールを一括比較したい場合はこちら
  4. WEBデザインスクールランキング=スクールを一括比較したい場合はこちら
  5. 動画編集スクールランキング=スクールを一括比較したい場合はこちら

行事付き合いや奉仕活動で休日が潰れる

 

「民間企業転職なら副業に取り組みやすくなる話」の派生として、小さな市町村などになると、行事付き合いや奉仕活動で休日が潰れるケースもあります。

 

実際、僕の知り合いは「地元消防団に参加必須」「何らかの行事ごとに朝4時起きで参加させられている」など、古くからの地縁無料奉仕が組み込まれているそうです。

 

試用期間 クビになる確率

 

その為、それらを楽しめたり、素直に受け入れられる人なら良いですが「お金にならない事を、何で休日を潰してやらなきゃいけないの?」という葛藤が出てしまう側面もあるのです。

 

※なお「転職先相談相手=転職エージェント」などを以下のリンク先にて紹介している為、合わせてご参考に♪

正社員転職エージェントのおすすめ

  1. リクルートエージェント=非公開求人21万人以上!エージェント希望者に最有力候補のサイト♪
  2. type転職エージェント=関東を中心に求人数2万件以上!IT系に強い+年収UPしたい方におすすめ♪
  3. 転職エージェントがうざい時対策=担当者変更・体験談を知りたい場合はこちら

僕の転職・退職体験談

適職 不適職

諒

では次に、僕の転職・退職体験談についてご紹介していきます。

将来に不安を感じて営業転職


僕は26歳の時に、将来に不安を感じて営業転職しました。

なぜなら、以下のような状況で働いていて、このままでは将来がダメになると感じていたからです。

事務職で働いていて不安に感じていたこと

  • 「基礎的なオフィススキル」しか育たなかった為、万一クビになった時に転職できない不安を感じていた
  • 「月給20万+残業代+ボーナス少々」で生活に余裕がなく、昇進・昇給の見込みも薄かった
  • 単純に「上司や先輩で憧れる人」がおらず、数年後はここに居るつもりがなかった


正直、働き続けやすいホワイト環境でしたが「このような場所に何年も居続けたら将来がヤバい!」と思い、半年前に余裕を持った退職宣言を行い、辞める覚悟を決めたのです!

そして、退職3ヶ月前からユルユルと転職活動を始めたのですが「営業への職種転換を含む転職活動」を甘く見ていた為、かなり苦戦したのです…。

具体的には、有給取得しながら転職活動を行っていたのですが、ギリギリ退職3週間前に、何とか滑り込みで転職先が決まりました(苦笑)

カイジ 覚悟出典:カイジ



このように、かなり余裕を見て「半年前に退職宣言した僕」ですが、3ヶ月前から転職活動開始し始めてみると、意外にギリギリだったのです…。

そして、この経験から言えるのは「退職決断後に0から情報収集を始めた場合、最低3ヶ月以上は欲しい」ということです。

しかも、一般的な退職は1ヶ月〜2ヶ月前宣言が多いですから「失業期間が伸びても大丈夫な貯金」「情報収集しておく仕組み」を準備しておかないと、精神的にかなり厳しいです!


そのため、スムーズな転職を実現する為には「当サイトで紹介しているような転職サイトに無料登録」して、不足の事態に備えておくのがおすすめですよ♪


辛い時は意欲が完全に0


まず大前提として、辛い時は意欲が完全に0になってしまうのが「転職意欲が少ない内からサイト登録しておく、一番のメリット」です。

あなたもストレスで疲れ切ったり、深く悩む出来事があった時に「何もできず休みが終わってしまった…」という経験がありませんか?

カイジ 無気力出典:カイジ



それと同じ状況が「勤め先の会社」で起こってしまうと、逃げる気力すら湧かず、もっときつくなるリスクがあるのです。

転職サイト登録対策なしorありの例

  • ■対策なし=ストレス爆発して退職→転職活動開始→アルバイトor貯金を崩しながら転職
  • ■対策あり=気力がある内から情報収集→余裕を持って退職→転職


このように、意欲が低い内から転職サイト登録しておけば「今の会社を辞めたくなった時の安全対策」が施せるのです♪


転職サイト登録は一種の保険


このように、転職サイト登録は一種の保険と言えます!

保険を利用する安心例

  • 医療・がん保険=「高額医療費が発生」した時などのリスクを回避
  • 自動車保険=「事故や慰謝料問題」などのリスクを回避
  • 転職保険=「働き先の倒産リスク」「勤務継続不能リスク」を回避


このように「生命保険」「自動車保険」などと同じく「転職サイトは現状が上手くいかなくなった時のリスク回避保険」として、無料で利用できるのです!

【転職最大手】リクルートエージェント

リクルートエージェント
「リクルートエージェント」は、転職サイト・エージェントの中でも求人数がダントツ!(非公開求人数21万件&公開求人30万件以上)

まだ転職意欲が低くても、リクルートエージェントは「会員登録だけしたい」「履歴書/職務経歴書のアドバイスが欲しい」など、幅広い要望に応えてくれる為、エージェント相談したい場合は、こちらが一番おすすめです♪

リクルートエージェントの口コミ・評判!面談手順
リクルートエージェント公式サイト


また、以下のリンク先にて「転職サイト・エージェントおすすめランキング〜利用失敗体験談」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

転職サイトおすすめランキング+利用失敗体験談


【20代職種転換に最適】Re就活

Re就活1
「短期離職で誇れるキャリアがない…」「就活失敗したから、職種転換を含めて未経験OK企業に転職したい」なら、Re就活がおすすめです。

Re就活は「全国1万件以上の求人アリ(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)」「未経験からの職種転換OK企業多数」「転職博でイベント参加できる」など「20代の就活やり直しを徹底サポート」してくれるサイト。

登録するだけなら「スカウトなどは来ても、エージェントからの連絡なし」「情報収集のみに使える」為、キャリアのやり直しを考えるなら、登録必須のサイトと言えますよ♪

Re就活の口コミ・評判
Re就活公式サイト


【転職方向性確認に最適】適職診断3選

向いてる仕事 適職診断
「適職診断」は、性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かるチェック方法です。

僕は様々な適職診断を利用しましたが、その中でも「非常に役立った3つの適職診断」がある為、以下のリンク先にて詳しく紹介しています♪

適職診断@おすすめ3選


また、以下のリンク先にて「僕自身が転職10回+職種転換4回を達成してきたプロセス=大島諒一年表」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

大島諒一の自尊心復興体験談

テニスの王子様 俺が王様だ

出典:テニスの王子様