職業訓練 落ちた

 

諒

「転職10回+3職種経験」&「転職サイト企業にて求人500社(1,000件)以上作成」した「強烈な影響力のある男」がまとめました♪

 

相談男性1

「WEBデザインのデザイナー職業訓練校で落ちた…不採用後の選択肢まとめを知りたい!」

相談女性3

職業訓練校に通って「WEBデザイン&プログラミングスキルの受講学習」は、知識がない未経験者におすすめ?「ハローワーク経由で基礎授業」を受けても、キャリアメリットは薄い?

相談男性3

WEBデザイナーなどのパソコン仕事」を希望するなら、20代は無料コースで学ぶより「有料スクール」「エージェント経由で職種未経験OK企業求人への転職」の方が将来性は高い?

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

  • 「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心を取り戻し、誇りある人間になる
  • 辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る
  • 1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

転職情報収集は複数利用がおすすめの理由

  1. 「多くの求人情報を確認できる」=「選択肢を増やせる」
  2. 「相性の良いサイトorアドバイザー」に出会える確率UP
  3. 「各サイトorエージェントの良い点」を網羅して利用できる

転職サイト/エージェントのおすすめ【PR】

  1. リクルートエージェント
    リクルートエージェント
    実績:
    非公開求人20万件以上!業界TOPクラスの実績+求人数♪
    対応4.5
    求人数5.0
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国公開求人30万件以上&非公開求人20万件以上!
    ★おすすめ理由=求人数・実績は業界TOP!転職を考えるなら必ず登録すべき♪

    もっと詳しく

    公式

  2. Re就活1
    Re就活
    実績:
    20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo,1」!未経験歓迎求人数は全国TOPクラス♪
    対応4.5
    実績4.5
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国1万件以上(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)
    ★おすすめ理由=20代転職希望者向け情報が豊富+無料の「9種類のタイプ判定@適職診断」もアリ♪

    もっと詳しく

    公式

適職診断

  1. 向いてる仕事 適職診断
    適職診断3選
    料金:
    無料/2,420円/13,000円の3種類紹介♪
    ★診断メリット1=性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かる♪
    ★診断メリット2=自分に合う業種/職種/会社は?という疑問がクリアになる♪

    適職診断3選

WEBデザイン職業訓練落ちた【原因】

目次

 

諒

ではまずはじめに、WEBデザイン職業訓練落ちた【原因】についてご紹介していきます。

 

※なお、これらの情報は「2023年(令和5年)時点のデータ」を基に作成しており、金額やルールが変わっている可能性もある為、あくまで「手続きの参考」としてご理解下さい

 

※また「職業訓練受講手続きの流れ」は以下の通りです

 

職業訓練受講時(ハロートレーニング)の手順

ハロートレーニング

  1. ハローワークへの求職申し込みの後「希望職業訓練の説明会&見学会参加」
  2. 訓練受講申込書を提出して「受講申し込み」
  3. 筆記&面接による「選考」(原則スーツで参加)
  4. 選考結果通知「受け取り」
  5. ハローワークで「受講斡旋手続き」
  6. 「受講開始」

出典:厚生労働省

高倍率の人気コースで落ちた

 

高倍率の人気コースで落ちたケースが一番多いです。

 

職業訓練はハローワークにて概要パンフレットが置かれており、様々なコースを受講申し込みできますが、人気のコースほど選考落ちする可能性が高いです。

 

 

具体的には、近年人気の高い職種である「IT系(WEBデザイナー・プログラミング)」「女性の手に職系(医療系)」など、埋まりやすいコースは選考落ちするケースもあります。

 

東京都/委託訓練応募倍率(令和5年7月)の例

TOKYOはたらくネット1

TOKYOはたらくネット2

出典:TOKYOはたらくネット

 

その為「職業訓練を見込んで退職&手続きまでやったけど、選考に落ちて望むコースを受講できなかった」というパターンに陥るリスクは大きいのです。

 

定員が少ないor開催スパンが長い

 

人気コースという以外にも、定員が少ないor開催スパンが長い為「需要>供給」になっており、高倍率になってしまっているケースもあります。

 

例えば「同じ定員数でも、有名スクール委託講座の方が無名スクールより人気が高い」「3ヶ月講座より6ヶ月講座の方が、失業保険を延長して受け取れる」などで、倍率が上がってしまうわけですね。

 

離職者の多い時期

 

離職者の多い時期で、倍率が上がってしまっているケースは多いです。

 

一般的には、人事異動・整理解雇が行われやすい時期や、ボーナスを受け取った後など「3月頃or12月頃or会社の期末」に離職者が増える傾向はあります。

 

その為、残念ながらタイミングが被ってしまうと、職業訓練受講希望者も増えてしまう為、結果として職業訓練で選考落ちしてしまう確率も上がってしまうのです。

 

 

※なお「年収300万円のライフスタイル年収1,000万円のライフスタイル」に関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

年収別ライフスタイル

  1. 年収300万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  2. 年収400万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  3. 年収500万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  4. 年収800万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  5. 年収1,000万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら

見学会不参加

 

見学会不参加の場合も、面接選考落ちしやすくなるケースです。

 

そもそも、参加者の選別優先度は「卒業後、ちゃんと社会復帰してくれる確率が高いと感じる人」を選ぶわけです。

 

必然的に「受講コースの概要を参加して見に来た“参加&就業意欲が高い人”」を優先して、コース参加者に選ぶのは当然です。

 

ハイクラス転職

 

その為、希望コース受講意欲を前向きに表明する為にも、見学会参加しておいて「私は受講意欲があります!」とアピールしておいた方が良いのです♪

 

応募書類をギリギリに提出

 

応募書類をギリギリに提出した場合も、面接&選考落ちしてしまうケースです。

 

職業訓練には応募期間があり、当然ながら「ギリギリで応募する人ほど、本気度が低い」と取られかねません。

 

その為、職業訓練の希望コースが決まったら「なるべく早く応募書類を用意して“受講意思を示す”」のも、非常に重要と言えますよ♪

 

WEBデザイン職業訓練落ちた【選択肢】

目次

 

諒

では次に、WEBデザイン職業訓練落ちた【選択肢】についてご紹介していきます。

 

他の通える区・市で受講する

 

自分の通っているハローワークで希望する該当職業訓練の倍率が高かったり、落ちてしまったなら、他の通える区・市で受講するのもアリです。

 

どうしても通うハローワークによって「希望する職業訓練コースが無いor募集人数が少ないor倍率が高い」という差は出てきます。

 

その為「他の通えそうな近隣地域」で希望コース募集している場合、そちらで受講開始するのもアリでしょう。

 

仕事 ミス 隠したことある

 

ただし、一般的には「該当のハローワーク管轄内で職業訓練を受けるのが一般的」な為、ハローワーク担当者に相談の上、許可を取らなければ諦めざるを得ないケースもあります。

 

その為、以下の3点をベースに「許可を取る根回し」が必要になる可能性は高いです。

 

他地域の職業訓練コース参加の許可を貰うコツ

転職エージェント おすすめ

  1. 他地域で受ける理由=「このハローワークで希望コースに落ちたから」「●月開始がここにないから」
  2. 希望コースが良い理由=「どうしても●月中に●●コースを卒業して●●に転職したいから」
  3. 現実的に通える理由=「●●エリアは電車で●分の為、早起きすれば対応可能」

 

このように、ある程度「他のハローワークで参加するしか無い理由」を固めて説明するのが良いでしょう。

 

※そもそも「既に自分がいるハローワーク経由の職業訓練で落ちている」為、他の場所でも同じ結果になる可能性も高いので、正直あまりおすすめはしませんが…。

 

 

※なお「失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方」「職業訓練のメリット・デメリット」などに関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

失業保険の有効な使い方

  1. 失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方=退職後の不安やモヤモヤがある場合はこちら
  2. 職業訓練のメリット・デメリット=ハローワーク経由で学ぶリスクを知りたい場合はこちら
  3. 職業訓練に落ちた時対策=失業中のスキルUPテクを知りたい場合はこちら
  4. 職業訓練途中退校デメリット=途中で辞めたい場合はこちら

他のコースを選ぶ

 

「自己都合退職による給付制限解除が最優先」「希望コースに似た類似コースが他にもある」なら、他のコースを選ぶのもアリです。

 

職業訓練の例

成長

  • プログラミング言語
  • WEBアプリエンジニア
  • 建築系CAD
  • 保育士
  • 介護福祉士
  • 調理師
  • 自動車整備
  • 溶接技術
  • トラックドライバー
  • WEBデザイナー
  • 電気設備
  • ネイリスト など

 

このように、非常に幅広い訓練が用意されています。

 

正直言って、職業訓練でメチャメチャ実力がUPするわけではない為「独学メインで希望の実力を育みながら、類似コースで周辺知識を育む」のも、一つの立派な戦略ですよ♪

 

自己都合退職でも失業保険即受給

 

ちなみに補足ですが、職業訓練受講の大きなメリットとして、自己都合退職でも失業保険即受給できるという点もあります。

 

本来の場合「会社の倒産・解雇」「有期雇用契約による更新なし(契約社員/派遣)」などでなければ「自らの意思で退職=自己都合退職」となり、2ヶ月〜3ヶ月の失業保険給付制限が付きます。

 

 

しかし、職業訓練に申し込んで訓練開始すれば「受講開始と同時に失業保険受給をスタートできる」のです♪

 

失業保険受給中の手当受給イメージ

動画クリエイタースクール

  1. 自己都合退職の例=「給付制限2ヶ月の失業保険90日」対象者で「3ヶ月コース(90日)の訓練受講開始」=90日分の受講期間分失業保険をスグ受け取れる(受取り前倒しできたイメージ)
  2. 会社都合退職の例=失業保険30日受取後、残り60日で「3ヶ月コース(90日)の訓練受講開始」=30日+90日=120日分受け取れる(60日分が90日分に変換されたイメージ)

※なお、離職者訓練(雇用保険受給中の方)を受講する場合「失業保険残日数が1/3以上ある状態で申請」が必要

→例:90日支給対象者の場合「失業保険残日数31日以上ある状態で受講開始」しなければ、この制度対象者になれない

\その他受講サポート手当/

離職者訓練手当

出典:厚生労働省

  1. 受講手当=「500円/日」支給(40日=2万円上限)
  2. 通所手当=ハローワークor委託施設から片道2km以上離れている場合「必要金額分支給」(4万2,500円/月上限)

 

このように、失業保険を実質前倒しで受け取れたり、長い期間受け取れるようになるのです♪

 

とは言え、残念ながら失業保険は「在職中直近半年の月収×0.6倍程度」の為「ある程度貯金がある」「実家暮らしor共働きで一定期間支えて貰える」状態でない限り、余裕がなかったりします。

 

その為「長期間の職業訓練ほど受給期間が増えるが、十分な貯金or支給金額がない場合は辛くなる為、短期間コースにするor金策に走る必要がある」点は注意が必要です!

 

 

※なお、以下のリンク先にて「失業保険金額の計算方法」「職業訓練受講しない場合の転職活動+お金調達方法」を紹介している為、必要に応じて参考に使って下さい。
失業保険を賢くGETする裏ワザ!バイトなどで軍資金をシッカリ稼ぐコツ

 

求職者支援訓練で再挑戦

 

求職者支援訓練で再挑戦という選択肢もあります。

 

そもそも職業訓練とは、厳密には「失業保険受給中の人=離職者訓練」「失業保険が関係ない困窮者=求職者支援訓練」があります(他にも在職者/学卒者/障害者訓練もあるがここでは割愛)

 

その為「失業保険満額受給後“求職者支援訓練”対象者になってから、希望コースのジャンルを再申請する」のもアリですよ♪

 

求職者支援訓練の注意点

 

なお、求職者支援訓練の注意点についても補足しておきます。

 

具体的には、求職者支援訓練中は「月10万円程度の経済支援(職業訓練受講給付金)」が貰えますが、それを受け取るには、以下のような制限がある為、アルバイトなどを行う時には注意が必要です。

 

職業訓練受講給付金受取時の注意点

職業訓練受講給付金受取金額

職業訓練受講給付金

  1. 職業訓練受講手当=「月額10万円」支給
  2. 通所手当=ハローワークor委託施設から片道2km以上離れている場合「必要金額分支給」(4万2,500円/月上限)
  3. 寄宿手当=「往復所要時間4h以上」「訓練所まで交通の便が著しく悪い」「特殊訓練でスグ近くに一時的に住む必要がある」場合、対象者に1万700円/月を支給

職業訓練受講給付金受取時の注意点

職業訓練受講給付金 注意点

出典:厚生労働省

 

このように「月10万円+α」が受け取れる為、失業保険がない+一人暮らしなどで生活費が少ない場合「支給要件に抵触しないレベルでアルバイトする(月8万円以下)」のもアリでしょう。

 

 

なお「月8万円以下&世帯月収30万円以下」は「給与支払いタイミングによる支給単位期間」で判断される為、うまく調整しないと超過リスクがあります。

 

例えば「5月14日開講&8月10日終了の3ヶ月コース」で受講した場合、以下のような判断基準となります。

 

支給単位期間

時間

  1. 支給単位期間1=5月14日〜6月13日
  2. 支給単位期間2=6月14日〜7月13日
  3. 支給単位期間3=7月14日〜8月10日

 

これはあくまでイメージですが、例えば「日雇いで6月中に土日6回=6万円稼いだ(7月末支払い)+単発在宅勤務で7月頭に2万稼いだ(7月末支払い)=支給単位期間3で8万稼いだ」場合、支給違反になるわけです。

 

※たとえ2ヶ月間で働いて稼いだお金でも「支給単位期間で8万円を超えた場合」は、支給違反となり「10万円などの支払い対象から外れてしまう」のです

 

 

このようになってしまう為、判断としては「職業訓練手当以外なしor貯金で対応」「バイトする場合は、支給単位期間に注意する」のどちらかになるでしょう。

 

※そもそも、職業訓練中は「勉強して働き先を見つける為のスキルを育むor稼ぎ方を習得する期間」の為、バイトに傾倒しすぎるのは良くありません!

 

離職者訓練/求職者支援訓練の就職率

 

また合わせて、離職者訓練/求職者支援訓練の就職率も補足しておきます。

 

職業訓練後の就職率

\離職者訓練(雇用保険受給中の方)就職率/

離職者訓練就職率

\求職者訓練(雇用保険を受給できない方/受給満了の方)就職率/

求職者訓練就職率

出典:厚生労働省

 

このように「失業保険受給中の離職者=70%〜80%」「失業保険受給者以外の求職者=50%〜60%」が、受講後3ヶ月以内に就職先決定しているわけです(喫緊の就職緊急性が異なるとも言えますが)

 

ただし、残念ながら「ハローワーク経由の斡旋はブラックの確率が高い」です。

 

その為、出来るだけ「自分で転職サイトorエージェントを活用する」「派遣で実務経験を積んでから、正社員ステップアップする」などがおすすめですよ♪

 

ブラック企業斡旋リスクがある

 

ハローワークは求人掲載料無料という仕組み上の問題で、ブラック企業斡旋リスクがあるというデメリットがあります。

 

求人サイトや転職エージェントとハローワークの違い

役所

  • 転職サイト・エージェント=企業が「お金を払って求人依頼する」為「求人掲載依頼できる程度に稼げている優良企業」が多い
  • ハローワーク=「求人掲載料が無料」であり「面接者or入社した人がハローワークに問題点を事後報告する形式」の為、変な会社も混じっている

 

このように「求人掲載企業が“身銭を払うリスクを取らずに求人募集している”為、ブラック企業や変な企業が一定数混じっている」のです。

 

そしてここでいう「変な会社」とは、犯罪ではなく「零細企業・一族経営会社が、一般的に見て不思議なルールを社員に課しているケースがある」ということです。

 

ブラック企業のチェック体制問題

 

ブラック企業のチェック体制問題もあります。

 

ブラック企業のチェック問題

チェックリスト

  • ハローワーク=求人情報は基本的に企業から貰ったものを掲載し、就職者から「求人情報と違う!」問題があった!」と報告を受けてから是正勧告を行う
  • 転職サイト・エージェント=担当営業が企業視察しているケースが多く、ある程度ブラックを排除している

 

このように「後出しでブラック企業に注意喚起する」為、事前に就業状況を見ている転職サイト・エージェントに比べ、ブラック企業入社に陥ってしまうリスクが高いのです。

 

ハローワーク経由の痛手体験

 

例えばハローワーク経由の痛手体験として、事務職時代の同僚に「ハローワーク経由で転職した結果、基本給8万円の正社員になった」という女性がいました。

 

具体的には、当初は「額面20万円」という話だったので、それを信じて入社したのですが、実態は「基本給8万円+独自の手当で上増しして合計20万円」だったとのこと。

 

 

そして、退職後に発覚したのは「基本給が異常に低かったのは、諸手当を安く済ませる為のセコい対策」だったという事実です。

 

その為「失業保険は基本給×60%の為、失業保険が5万円程度しか貰えない」という緊急事態に直面し、失業保険頼みの転職活動を断念したそうです…。

 

同僚 女性

失業保険が月5万ですよ?それで3ヶ月生活しろって言われても無理な話よ!

諒

それは最悪でしたね…。

 

その女性が勤めていたのは「東京の卸問屋街で有名な人形橋にある、小さな零細企業」だったそうですが、ある意味「創業一族のやりたい放題」だったようです。

 

このように、ハローワークを経由して転職する時は「求人掲載が無料」「変な零細企業も混じっている」というリスクを考えた方が良いでしょう。

 

その為「リクルートエージェント」などの転職サイトを使ったほうが、しっかりした会社に転職できる確率は高いと言えるのです。

 

 

※なお「転職先相談相手=転職エージェント」などを以下のリンク先にて紹介している為、合わせてご参考に♪

正社員転職エージェントのおすすめ

  1. リクルートエージェント=非公開求人21万人以上!エージェント希望者に最有力候補のサイト♪
  2. type転職エージェント=関東を中心に求人数2万件以上!IT系に強い+年収UPしたい方におすすめ♪
  3. 転職エージェントがうざい時対策=担当者変更・体験談を知りたい場合はこちら

WEBデザイン職業訓練落ちた【他の選択肢】

目次

 

諒

では次に、WEBデザイン職業訓練落ちた【他の選択肢】についてご紹介していきます。

 

独学で勉強する

 

一番簡単に実践できるのは、独学で勉強するという方法です。

 

実際僕も、社会人就業中に独学で運営していたブログを元にして「営業マンからWEBライターに転職」を果たしました。

 

 

他にも「エステティシャンから独学で勉強してWEBデザイナーになった」という女の子もいましたし、プログラミング言語を学べばシステムエンジニアになれる道もあります。

 

IT転職サイト おすすめ

 

もちろん「●●勤務経験1年以上」などの経歴が必要な求人には応募できませんが、スキルアップする上で、独学は必須とも言えますよ♪

 

 

なお、僕はいきなり未経験転職したわけではなく、2年ほどブログ副業を実践していた結果、そのブログを成果物(ポートフォリオ)として転職することに成功しました。

 

その為、できれば職種転換する前に「スクールに通ってある程度基礎を固める」「独学で実力を育む」という期間が必要と言えます。

 

そして、以下のリンク先では、「ブログの始め方」「副業禁止の会社で稼ぐコツ」を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

アフィリエイトブログの始め方!年商3億社長が教える初心者が月5万円を最速で稼ぐコツ

アフィリエイトブログを副業禁止企業で始めるコツ!絶対バレない為の対策まとめ

 

小銭稼ぎで経験を積む

 

ある程度経験値が貯まったら、小銭稼ぎで経験を積むのもアリです。

 

具体的には「ランサーズ/クラウドワークス」など、依頼を受けられるサイトがある為、そちらで記事orWEBサイト作成・プログラミング案件などを受注して「実力UP&知名度獲得」するわけです。

 

クラウドソーシング

ランサーズ

出典:ランサーズ

クラウドワークス

出典:クラウドワークス

 

このような「クラウドソーシング会社」がある為、登録して「WEBサイト作成案件」「プログラミング案件」などに取り組むのもアリです。

 

ただし、例えばWEBライティングの場合、1件300円(2,000文字)などで、時給にするとアルバイトより低い可能性もある為、あくまで「練習+お小遣い」として取り組むのがベターです。

 

とはいえ、経験を積んでランクを上げれば単価UPできるので、レベルアップの要領で取り組むのもアリですよ♪

 

有料職業訓練スクールに通う

 

無料のハローワーク経由ではなく、有料職業訓練スクールに通うのもアリです。

 

現在では「プログラミング」「WEBデザイン」などを10・20万円程度〜受講できるスクールも増えており、半年程度で基礎学習を終えることができます。

 

また「職業斡旋コース」は、50万円以上と高額になったりしますが、その分IT系企業への転職サポート確約になったりもする為、安心して未経験から転職したい場合は、その受講方法もおすすめですよ♪

 

 

※なお「プログラミング」「WEBデザイン」スクールを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

プログラミングスクールのおすすめ

  1. DMM WEBCAMP=無料WEB面談満足度90%!転職コースは実践アリで転職前提におすすめ♪
  2. テックアカデミー=無料プログラミング体験アリ!適正を確認してから学びたい方におすすめ♪
  3. プログラミングスクールランキング=スクールを一括ランキング比較したい場合はこちら

WEBデザインスクールのおすすめ

  1. DMM WEBCAMP=デザインのみorサイト制作のみも選べる!大手で学びたい方におすすめ♪
  2. デイトラ=他のWEBデザインコースより安く学びたい方におすすめ♪
  3. WEBデザインスクールランキング=スクールを一括ランキング比較したい場合はこちら

IT系職種の成長ルート

 

また、WEBデザイン・プログラミングスクール入校から先を想像していただくために、IT系職種の成長ルートも補足しておきます。

 

■IT系職種の成長ルート全体像

ITエンジニア ルート

■システム開発系エンジニアルート

システム開発系エンジニア

  • システム開発系エンジニア=開発主体がプログラマーで、企画から全体統括するのがシステムエンジニア
  • C言語/PHP/Rubyなどを用いる
  • 業界・業種な多種多様なため、選択肢は多いが、自分に合った場所を選ぶ重要性が高い

■通信インフラ系エンジニア

通信インフラ系エンジニア

  • 通信インフラ系エンジニア=運用・保守が機能チェック担当で、設計・構築が企画から全体を統括
  • Cisco技術者認定資格(CCNAなど)などを用いる
  • インフラ業界自体は今後も安泰だが、現場対応は夜間・休日対応などのトラブル対処もあるのがデメリット

■WEB系クリエイター

WEB系クリエイター

  • WEB系クリエイター=WEBサイトを作る各担当者が在籍し、WEBディレクター/プロデューサー/プランナーが全体の方向性を統括
  • HTMLやJavaScriptなどを用いる
  • ライター/イラストレーターのような右脳系業務から、コーダーなどの左脳系業務まで幅広いが、各企業のHP担当者になるケースが多い

■機械系エンジニア

機械系エンジニア

家電/自動車/半導体業界など、大型機械を動かすプログラムを作成するエンジニアであり、各企業・各業界で活躍できる能力になる

出典:ネットビジョンアカデミー

 

おおまかに、このような将来性になっており、僕は「WEBライター+HPの自主制作能力を伸ばしたタイプ」ですが、どの分野に精通していきたいか?をざっくりとでも考えながら学んでいくのがおすすめですよ♪

 

職種未経験歓迎に入社する

 

職種未経験歓迎に入社するという方法もおすすめです。

 

なぜなら「1から成長していける環境だと、会社側が提示している」為、独学より成長速度が速いからです。

 

さらに「講座受講でお金を払いながら成長する」より「入社すればお金をもらいながら成長できる」ので、真剣に学んで習得できるメリットもあります。

 

 

なお、どのような会社で働くか?を明確にする為にも「適職診断」を受けるのは非常におすすめです。

 

実際僕は「通信IT系営業」では苦痛続きだったのに「WEB制作者」に職種転換してから、毎日の幸福度が激増しました♪

 

※なお「幸福度の高い業種/職種/働き方が分かる適職診断」「WEBライターなど、僕が経験した職種のリアル」を以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

職種別体験談

  1. 適職診断@おすすめ3選=適正職種・自分の個性を知りたい場合はこちら
  2. WEBライターの働き方リアル=IT系WEB職種を知りたい場合はこちら
  3. 営業の働き方リアル=新規開拓orルート営業職種を知りたい場合はこちら
  4. 事務職の働き方リアル=事務職種を知りたい場合はこちら

実務未経験OKの派遣利用

 

「無料職業訓練」「有料職業訓練スクールの職業斡旋ではないコース」「独学」で実務経験がなく、正社員獲得が難しい場合は、実務未経験OKの派遣利用もおすすめです。

 

派遣社員採用の場合「面談1回&2週間程度で勤務スタート」も可能な為、正社員より経済安定スピードは早いですし、正社員ほど入社ハードルは高くありません。

 

残業 辛い

 

ただし「定期的な契約更新(クビ)リスクがある」「未経験OK求人は、正社員より給料は低い傾向がある」などのデメリットも、受け入れる必要があります。

 

その為「実務経験●年以上を達成したら、正社員転職活動を開始する」など、一定期間の修行&踏み台期間と捉えるのが良いでしょう♪

 

※なお、以下のリンク先にて「派遣転職サイトおすすめランキング」を紹介している為、必要に応じて参考に使って下さい♪

派遣転職サイト@比較おすすめランキング!口コミで評判のHPまとめ

 

僕の転職・退職体験談

転職サイト gif

諒

では次に、僕の転職・退職体験談についてご紹介していきます。

将来に不安を感じて営業転職



僕は26歳の時に、将来に不安を感じて営業転職しました。


なぜなら、以下のような状況で働いていて、このままでは将来がダメになると感じていたからです。


事務職で働いていて不安に感じていたこと

成長

  • 「基礎的なオフィススキル」しか育たなかった為、万一クビになった時に転職できない不安を感じていた
  • 「月給20万+残業代+ボーナス少々」で生活に余裕がなく、昇進・昇給の見込みも薄かった
  • 単純に「上司や先輩で憧れる人」がおらず、数年後はここに居るつもりがなかった



正直、働き続けやすいホワイト環境でしたが「このような場所に何年も居続けたら将来がヤバい!」と思い、半年前に余裕を持った退職宣言を行い、辞める覚悟を決めたのです!


そして、退職3ヶ月前からユルユルと転職活動を始めたのですが「営業への職種転換を含む転職活動」を甘く見ていた為、かなり苦戦したのです…。




具体的には、有給取得しながら転職活動を行っていたのですが、ギリギリ退職3週間前に、何とか滑り込みで転職先が決まりました(苦笑)


ルート営業 つらい

このように、かなり余裕を見て「半年前に退職宣言した僕」ですが、3ヶ月前から転職活動開始し始めてみると、意外にギリギリだったのです…。


そして、この経験から言えるのは「退職決断後に0から情報収集を始めた場合、最低3ヶ月以上は欲しい」ということです。




しかも、一般的な退職は1ヶ月〜2ヶ月前宣言が多いですから「失業期間が伸びても大丈夫な貯金」「情報収集しておく仕組み」を準備しておかないと、精神的にかなり厳しいです!



中途採用 放置 退職

そのため、スムーズな転職を実現する為には「当サイトで紹介しているような転職サイトに無料登録」して、不足の事態に備えておくのがおすすめですよ♪

失業後に4ヶ月かけて転職



また別の機会ですが、失業後に4ヶ月かけて転職した経験もあります。


この時は「失業保険即時受給=3ヶ月間月15万円程度」を受け取っていたのですが、その余裕に甘んじてダラダラ活動してしまい、貯金が底を付いてしまったのです…。


※「契約更新がある雇用(派遣/契約社員)は、契約満了後に最速で失業後2週間程度から受給開始できる」「正社員&自己都合退職は2〜3ヶ月給付制限がつく」


仕事 ミス 大損害

結局「お盆に実家帰省した折、両親から20万円をサポートを貰う→失業4ヶ月後に転職先決定」して、何とか窮地を脱しました…。


※正直言って、イオンのフードコートで両親に泣きながら「転職活動資金がないからお金を下さい…」と悔し涙を流した記憶が、今でも鮮明に残っています…。


涙 失業

そして、このように悔しい経験をした僕から言えることは、「自分の乗っている船(会社生活)が危機に陥った時、乗り換える船(転職先/稼ぎ先)を用意しておく」のが非常に大切です!


その為「転職ライター」「転職経験10回」「三職種以上」を経験した僕が、責任を持って「万一に備えた転職対策」について補足しておきます♪

辛い時は意欲が完全に0



まず大前提として、辛い時は意欲が完全に0になってしまうのが「転職意欲が少ない内からサイト登録しておく、一番のメリット」です。


あなたもストレスで疲れ切ったり、深く悩む出来事があった時に「何もできず休みが終わってしまった…」という経験がありませんか?


仕事量 少ない人

それと同じ状況が「勤め先の会社」で起こってしまうと、逃げる気力すら湧かず、もっときつくなるリスクがあるのです。



転職サイト登録対策なしorありの例

退職

  • ■対策なし=ストレス爆発して退職→転職活動開始→アルバイトor貯金を崩しながら転職
  • ■対策あり=気力がある内から情報収集→余裕を持って退職→転職



このように、意欲が低い内から転職サイト登録しておけば「今の会社を辞めたくなった時の安全対策」が施せるのです♪

転職サイト登録は一種の保険



このように、転職サイト登録は一種の保険と言えます!


保険を利用する安心例

祝日休みじゃない会社

  • 医療・がん保険=「高額医療費が発生」した時などのリスクを回避
  • 自動車保険=「事故や慰謝料問題」などのリスクを回避
  • 転職保険=「働き先の倒産リスク」「勤務継続不能リスク」を回避



このように「生命保険」「自動車保険」などと同じく「転職サイトは現状が上手くいかなくなった時のリスク回避保険」として、無料で利用できるのです!


【転職最大手】リクルートエージェント

リクルートエージェントがおすすめな理由

リクルートエージェント リクルートエージェント メリット



リクルートエージェント」は、転職サイト/エージェントの中でも求人数がダントツ!(非公開求人数21万件&公開求人30万件以上)


まだ転職意欲が低くても「会員登録だけしたい」「履歴書/職務経歴書のアドバイスが欲しい」など、幅広い要望に応えてくれる為、エージェント相談したい場合は、こちら一番おすすめです♪


\転職成功実績No,1&非公開求人数21万件以上!完全無料で相談する/




【転職方向性確認に最適】適職診断3選

適職診断

向いてる仕事 適職診断



適職診断」は、性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かるチェック方法です。


僕は様々な適職診断を利用してきましたが、その中でも「これは非常に役立った」という3つの適職診断がある為、以下のリンク先にて詳しい情報を紹介しています♪


\適職診断3選/




【職種転換+副業に最適】アフィリエイトブログ運営

アフィリエイトブログ

強烈な影響力のあるブログ TOPアイコン



また、今の所転職する気はないけれど「自分の力でお金を稼げるようになりたい!」「副業にチャレンジしたい!」方におすすめなのが「アフィリエイトブログ」です。


「初期投資0円〜3万円以内」「月額数百円〜3,000円以下」で稼ぐ環境を獲得でき、アルバイトの稼ぎでも維持できる為「初心者におすすめな最初の副業」として、自信を持っておすすめできます!


さらに、稼げるようになれば「会社依存の抑圧感覚を減らせる→上手く軌道に乗れば、会社員から独立できる(経験者談)」というメリットもあるので、挑戦しないのは損ですよ♪


\アフィリエイトブログの副業ノウハウはこちら/




転職情報収集は複数利用がおすすめの理由

  1. 「多くの求人情報を確認できる」=「選択肢を増やせる」
  2. 「相性の良いサイトorアドバイザー」に出会える確率UP
  3. 「各サイトorエージェントの良い点」を網羅して利用できる

転職サイト/エージェントのおすすめ【PR】

  1. リクルートエージェント
    リクルートエージェント
    実績:
    非公開求人20万件以上!業界TOPクラスの実績+求人数♪
    対応4.5
    求人数5.0
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国公開求人30万件以上&非公開求人20万件以上!
    ★おすすめ理由=求人数・実績は業界TOP!転職を考えるなら必ず登録すべき♪

    もっと詳しく

    公式

  2. Re就活1
    Re就活
    実績:
    20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo,1」!未経験歓迎求人数は全国TOPクラス♪
    対応4.5
    実績4.5
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国1万件以上(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)
    ★おすすめ理由=20代転職希望者向け情報が豊富+無料の「9種類のタイプ判定@適職診断」もアリ♪

    もっと詳しく

    公式

適職診断

  1. 向いてる仕事 適職診断
    適職診断3選
    料金:
    無料/2,420円/13,000円の3種類紹介♪
    ★診断メリット1=性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かる♪
    ★診断メリット2=自分に合う業種/職種/会社は?という疑問がクリアになる♪

    適職診断3選

まとめ

 

諒

以上がWEBデザインのデザイナー職業訓練校で落ちた…不採用後の選択肢まとめのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

挑戦するメリット

  • チャレンジした経験や成功体験ができ、自分に自信がつく
  • 理想の自分を取り戻し、さらに自分が好きになる

挑戦しないデメリット

  • 今の自分から何も変わらず変化ナシ…
  • 何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたが自尊心を取り戻せるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

\【転職】関連記事はこちら/