空白期間 ごまかし方

 

諒

「転職10回+3職種経験」&「転職サイト企業にて求人500社(1,000件)以上作成」した「強烈な影響力のある男」がまとめました♪

 

相談男性1

「空白期間にOKしてもらえるごまかし方は?1年経験者が語る正当防衛テクを知りたい!」

相談女性3

空白期間のブランク理由は?転職活動でニートの書き方はデメリットになる?「離職・退職経験の自己PR方法」をキャリアエージェントに相談すべき?

相談男性3

資格orスキル勉強」「家族の病気療養or介護付き添い」など「職歴として履歴書に書けない内容」で企業面接アピールすべき?

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も「空白期間にOKしてもらえるごまかし方は?」と悩んだ経験者の為、あなたの気持ちが痛いほどよく分かります…。

 

 

だからこそ、そんな僕が「空白期間にOKしてもらえるごまかし方+転職活動のコツ」を具体的に紹介します♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

  • 「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心を取り戻し、誇りある人間になる
  • 辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る
  • 1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

転職情報収集は複数利用がおすすめの理由

  1. 「多くの求人情報を確認できる」=「選択肢を増やせる」
  2. 「相性の良いサイトorアドバイザー」に出会える確率UP
  3. 「各サイトorエージェントの良い点」を網羅して利用できる

転職サイト/エージェントのおすすめ【PR】

  1. リクルートエージェント
    リクルートエージェント
    実績:
    非公開求人20万件以上!業界TOPクラスの実績+求人数♪
    対応4.5
    求人数5.0
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国公開求人30万件以上&非公開求人20万件以上!
    ★おすすめ理由=求人数・実績は業界TOP!転職を考えるなら必ず登録すべき♪

    もっと詳しく

    公式

  2. リクナビネクスト
    リクナビネクスト
    実績:
    転職最大手&全国TOPクラスの求人数!転職希望者は必ず登録すべき♪
    対応4.0
    実績5.0
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国8万件以上
    ★おすすめ理由=全国TOPレベルの求人サイト♪「18種類のタイプから5つの強み判定適職診断」も無料で利用できる♪

    もっと詳しく

    公式

  3. Re就活1
    Re就活
    実績:
    20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo,1」!未経験歓迎求人数は全国TOPクラス♪
    対応4.5
    実績4.5
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国1万件以上(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)
    ★おすすめ理由=20代転職希望者向け情報が豊富+無料の「9種類のタイプ判定@適職診断」もアリ♪

    もっと詳しく

    公式

適職診断

  1. 向いてる仕事 適職診断
    適職診断3選
    料金:
    無料/2,420円/13,000円の3種類紹介♪
    ★診断メリット1=性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かる♪
    ★診断メリット2=自分に合う業種/職種/会社は?という疑問がクリアになる♪

    適職診断3選

空白期間のごまかし方【参考例】

目次

 

諒

ではまずはじめに、空白期間のごまかし方【参考例】についてご紹介していきます。

 

長期離職は面接で説明が必要

 

まず大前提として、長期離職は面接で説明が必要と心がけておきましょう。

 

一般的には「3ヶ月以内であれば、離職期間は特に気にされない」ですが「半年〜一年以上の空白期間がある」場合、面接時に何らかの質問をされる可能性があります。

 

 

そして、当然「遊んでました」「やる気がなくて」という後ろ向きな回答は、確実に面接で悪印象を与えてしまいます。

 

パワハラ上司 心理

 

その為、少なくとも「色々比較検討しながら選考を受けていて、長引きました」「自主学習を兼ねていました」など、何らかの大義名分を立てておいた方が良いですよ♪

 

 

※なお「仕事のミスの謝罪術」などを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

仕事のミス対策

  1. 仕事のミスの隠し方&謝罪方法=ミスを隠し通したいor穏便に報告したい場合はこちら
  2. 試用期間でクビになる確率+対策=試用期間をキッチリ乗り切りたい場合はこちら
  3. 転職後自信喪失した時対策=早く一人前になりたい場合はこちら

前職以外は多少誤魔化せる

 

ちなみに、前職以外は多少誤魔化せるという視点もアリです。

 

なぜなら、基本的には「前職までしか源泉徴収票・企業問い合わせなどでチェックされないケースがほとんど」だからです。

 

転職エージェント おすすめ

 

例えば「A社で1年勤めた→1年間空白期間→B社で1年勤めた→転職活動中」なら「A社で2年勤めた」と言っても、そのまま通る可能性が高いです。

 

その為「空白期間は自分がポジティブに伝えられる言い方があれば、それほど大きな問題にならない」と気軽に捉えてOKですよ♪

 

履歴書記載できない話をする

 

また、前々職で上書きして喋りにくい場合は、履歴書記載できない話をするのがおすすめです。

 

そもそも、履歴書とは「中/高/大卒など学歴を記載」「社会保険加入していたレベルの”会社(組織)勤め”を記載」するものです。

 

大卒フリーター 末路

 

その為、そこに該当しない情報はどうしても「空白期間扱い」になる為、その話で帳尻を合わせればOKなのです♪

 

※ただし「完全に嘘をつく」のは、人を見るプロである人事担当者に見抜かれる為「離職期間中多少でもやった事」で話すのがベターです

 

 

※なお「パワハラ上司を成敗するコツ」などに関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

パワハラ上司の対応方法

  1. パワハラ上司の末路・弱点=心のモヤモヤを晴らしたい場合はこちら
  2. パワハラ上司を追い込む技=実際に退治したい場合はこちら
  3. パワハラ上司に退職で攻撃=退職嫌がらせしたい場合はこちら

資格勉強・独学勉強してた

 

資格勉強・独学勉強してたという誤魔化し方が最も有力です。

 

「前職でもっと実力をつけたいと思い、仕事を辞めてスクールに通っていた」「独学でブログを作成し、HP作成の練習&訓練を行っていた」といった言い方ですね♪

 

天職

 

実際、僕の1年離職期間は「9ヶ月程度公務員予備校に通いながら、新聞配達アルバイトをしていた」という建前があった為「既卒の苦学生」というイメージで伝えていました。

 

他にも「ITスキルを磨く為、ブログを作ったり、プログラミング勉強してました」と言えば「IT系・HP系の企業に転職する動機にできる」というメリットもあります(営業/事務などでも知識は使えますから♪)

 

その為、現在あなたが空白期間中なら「小銭稼ぎでブログを始めてみて、空白期間埋めに利用する」のはアリですよ♪

 

 

※なお以下のリンク先では、「ブログの始め方」「副業禁止の会社で稼ぐコツ」を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

アフィリエイトブログの始め方!年商3億社長が教える初心者が月5万円を最速で稼ぐコツ

アフィリエイトブログを副業禁止企業で始めるコツ!絶対バレない為の対策まとめ

 

ボランティアに従事していた

 

ボランティアに従事していたという空白期間もあります。

 

「無給でNPO・NGO団体に所属していた」など、社会保険手続きされていない働き方は「履歴書に書けない空白期間」として伝えることが可能です。

 

ただし「1年の間に数回近所のゴミ拾い活動に従事していた程度」では、他の暇な時間に説得力がない為、別の誤魔化し方を使うのがベターですよ♪

 

 

※なお「定時で帰れる位の有能仕事術」「会社をずる休みするコツ」などを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

プライベート時間を増やすコツ

  1. 定時で帰るコツ=効率よく仕事を終わらせたい場合はこちら
  2. 休日出勤を100%断るコツ=休日のプライベート時間を守りたい場合はこちら
  3. 会社をずる休みするコツ=時には有給を使ってマッタリしたい場合はこちら

家族の介護・看護をしてた

 

家族の介護・看護をしてたという誤魔化し方もあります。

 

ただし、これは「本当に多少でも介護・看護をしていた」「親や結婚相手など“介護・看護対象と口裏を合わせる”などの根回しが必要」というハードルがあります。

 

しかも、面接企業側としては「今後も介護・看護で抜けると言われる懸念がある」と思われる可能性もあります。

 

転職後 ミスばかり

 

その為、正直「本当に介護・看護に専念していた」と堂々と言える人以外は、辞めておくべき伝え方と言えるでしょう…。

 

 

※なお「年功序列社会の問題点」などを、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

転職前後対策

  1. 年功序列組織から転職すべき理由=“若手を食い潰す”組織構造を知りたい場合はこちら
  2. 中途採用転職後に放置が長い時対策=自発的にやる事を見つけたい場合はこちら
  3. 東京or地元就職・転職の良悪比較=「成長の東京VS安心の地元」を比較したい場合はこちら

空白期間のごまかし方【伝え方】

目次

 

諒

では次に、空白期間のごまかし方【伝え方】についてご紹介していきます。

 

頑張ってたとポジティブに伝える

 

まず何よりも、どのような空白期間であっても、頑張ってたとポジティブに伝える必要があります。

 

なぜなら「面接企業は”求人募集費”をかけて、会社に長く&多く貢献してくれる人材を探している」為「スグ辞める・ダラダラして貢献度が低い印象の求職者は落としやすい傾向がある」からです。

 

否定 拒否 NO

 

その為「一生懸命勉強していました」「ボランティアで社会貢献してました」など、多少怠けていた期間があったとしても、トータルで「頑張ってました!」とポジティブに伝えた方が良いのです。

 

ネガ印象は相手に伝わる

 

ちなみに補足として、ネガ印象は相手に伝わるという視点も大切です。

 

なぜなら「自分の考えている事は、基本的に面接のプロに伝わる」からです。

 

圧迫面接 面白い

 

そもそも、空白期間ができてしまったのは「心が疲れて社会人生活から離れたかったから」「就活or転職が上手くいかず、ずるずる怠けてしまったから」という後ろめたい理由が大半です…。

 

しかし、それをそのまま伝えてしまっては「この人はまたスグ辞めるんじゃないか?ウチの仕事に耐えれないのでは?」というネガティブイメージを持たれてしまいます。

 

その為「空白(充電)期間を経て、自分は一回り責任を取れる人間になれました♪」というように、空白期間を恥ではなく「心を整えた期間」として伝えれば、それほど悪印象を持たれず済みますよ♪

 

 

※なお「失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方」「職業訓練のメリット・デメリット」などに関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

失業保険の有効な使い方

  1. 失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方=退職後の不安やモヤモヤがある場合はこちら
  2. 職業訓練のメリット・デメリット=ハローワーク経由で学ぶリスクを知りたい場合はこちら
  3. 職業訓練に落ちた時対策=失業中のスキルUPテクを知りたい場合はこちら
  4. 職業訓練途中退校デメリット=途中で辞めたい場合はこちら

学卒3年以内なら第二新卒枠

 

ちなみに、学卒3年以内なら第二新卒枠も使えるので「就活スグから空白期間ができている人」も心配ありません。

 

第二新卒採用なら「準新卒扱い」で就活再チャレンジができますし、20代であれば「第二新卒専門転職エージェント」を利用して、正社員就職チャレンジできたりします。

 

成長

 

個人的に一番勿体無いと思うのは「完璧なホワイト企業を探し続けて実社会経験が積めない=完璧主義に陥って時間をムダにするケース」です。

 

それよりも「若いうちは1日でも多くスキル・経験を積んでいき、勤め先企業がキツくなったら転職する」位の気持ちでいた方が、結果的に市場価値の高い人財に成長しやすいです。

 

その為「空白期間のブランクを埋める位、スキルアップできる環境で働きたいです♪」という言い方にして、それを受け入れて貰いやすい企業に転職するのもアリですよ♪

 

 

そして「20代であれば現状(非正規/既卒/ニート/フリーター)に関わらず第二新卒転職エージェントを利用できる」為、以下のリンク先情報も合わせてご参考に♪

第二新卒/ニート/フリーター/既卒のおすすめ

  1. 第二新卒エージェントneo未経験1万人以上&18〜28歳22,500人支援実績で一番おすすめ♪
  2. UZUZ=平均12時間サポートで手厚く支援!アドバイザーは全員第二新卒or既卒経験者♪
  3. 第二新卒転職エージェントランキング=エージェントを一括ランキング比較したい場合はこちら

空白期間のごまかし方【面接企業視点】

目次

 

諒

では次に、空白期間のごまかし方【面接企業視点】についてご紹介していきます。

 

求人は即来て欲しいのが前提

 

求人は即来て欲しいのが前提という側面があります。

 

例えば、僕が勤めていた転職サイト企業では、求人情報を掲載する上で「数週間=数十万円」を払ってもらい、掲載する契約になっていました。

 

言い換えれば「長期掲載しているほど、求人掲載企業にとっては赤字が膨らむ」為、なるべく早めに人材確保を終えたいのです。

 

転職エージェント おすすめ

 

その為「空白期間アリの求職者」「空白期間なしの求職者」で、大きな区別を引いている求人掲載企業は少ないと言えるのです。

 

※ただし「社会人経験なし&学校卒業後ずっとニートで数年以上」などの場合「ご縁がありませんでした…」と断られても仕方ありませんが…。

 

急募は人材が現状不足してる

 

急募は人材が現状不足してるという側面もあります。

 

急募で人材募集するケース

新人 放置 辞める

  • 前任が退職するまで期間がなく、後釜人材をスグに発掘&補充したい
  • 売上に対して人材不足となっており、スグにでも入社して欲しい

 

このように【急募】と掲載されているような企業は、スグにでも入社して欲しいという気持ちがある為「採用基準を満たしていれば誰でもOK」という状況のケースも多いです。

 

その為、空白期間でネガティブに考えているより、少しでも採用確率の高い所にアプローチしまくる位攻め気で行くのもアリですよ♪

 

 

※なお「年収300万円のライフスタイル年収1,000万円のライフスタイル」に関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

年収別ライフスタイル

  1. 年収300万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  2. 年収400万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  3. 年収500万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  4. 年収800万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  5. 年収1,000万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら

離職期間より良質人材優先

 

離職期間より良質人材優先という側面もあります。

 

つまり「ずっと経歴があるレベル50の人」より「空白期間があってもレベル80の人」なら、大半の求人掲載企業はレベル80の人材を望みます。

 

※レベルというのは「スキル・資格・業務能力」はもちろん「人柄・コミュニケーション能力」など「一緒に働きたいと思えるレベル」も含みます

 

高卒 底辺

 

その為「必要以上に空白期間に負い目を感じる」というのは間違いですし、あなたなりのスキル・キャリア・挑戦心で転職活動に望むのがベターですよ♪

 

 

※なお、以下のリンク先にて「退職作法・手順」「即日退職&諸手続きをプロに依頼できる退職代行サービス」を紹介している為、必要に応じてご参考に♪

退職作法・手順

  1. 退職理由+作法・手順=具体的な退職知識が欲しい場合はこちら
  2. 退職事前告知の段取り=早めに宣言して円満退職したい場合はこちら

退職代行のおすすめ

  1. 退職代行ガーディアン=合同労働組合対応で法的介入できる+29,800円と安価で一番おすすめ♪
  2. 弁護士法人みやびの退職代行=「残業代/退職金などお金トラブル」がある場合におすすめ♪
  3. 退職代行ランキング=退職代行を一括ランキング比較したい場合はこちら

空白期間のごまかし方【適職診断】

目次

 

諒

では次に、空白期間のごまかし方【適職診断】についてご紹介していきます。

 

自分のキャリア設計を明確化

 

現状がストレスと感じながら、現実を変えられないのは「目指したい未来が不明確」だからであり、自分のキャリア設計を明確化するのがおすすめです。

 

なぜなら「自分の5年後〜10年後にどうなりたいか?が明確になれば、転職活動に勇気を持って歩み出せる」からです。

 

 

例えば僕は、27歳の時に事務職から営業職に職種転換しましたが、以下のような目標があった為、転職しても辛い時期を乗り越えられました♪

 

僕が事務職→営業職に転職した時

日本景気の誇りの柱

  • 一流のビジネスマンになりたい
  • 営業コンプレックスを克服したい

 

シンプルにこの二つを掲げて転職した為「現職より会社知名度が上」「新規開拓もあるバキバキの営業会社」に入りました。

 

そして、シンドい時期も沢山ありましたが、転職前に覚悟した目標があったからこそ「トータル3年ほど営業職で働いた」後に再転職し、適職と分かったWEB系制作職にシフトしました♪

 

その為、あなたも「そもそも何の為に転職するのか?」「現状より内定先企業でどうメリットが生まれるか?」を明確にするのがおすすめです。

 

転職する理由例

適職 不適職

  • 現職が残業50h以上の為、プライベート時間に自由が欲しい(もっとオフを優先できる組織がないか?探す)
  • 体育会系の社風に馴染めず、もっとアットホームな職場で働きたい(アットホームな職場と銘打つ求人を探す)
  • 今の職種に疑問を感じており、職種転換/業種転換を含めて検討している(適職診断で自分の適正を見つめ直す)

 

このように「一生勤めるという考え方」ではなく「自分が短期/中期/長期でメリットを感じる会社か?」を明確にすれば、内定企業に入社すべきか?が明確になりますよ♪

 

適職診断で自己適正見極め

 

なお「どんな方向性で転職活動すれば良いか?」という悩みをスパッと解決したいなら、適職診断で自己適正見極めが一番おすすめです。

 

なぜなら「自分の性格傾向/好みの職場/働き方」が、質問回答形式で明確になるからです♪

 

チェックリスト

 

例えば僕は、適職診断結果を参考にして、以下のような企業は「自分に合ってないと判断=内定が仮に出ても断る」ようにしています。

 

大島諒一の不適職・職場例

日本復興の誇りの柱

  • 僕に合っていない職場例=ルール・規律重視で社員自由度が低い会社
  • 僕に合っていない働き方例=スピード感がなく、根回しなどでジックリと事を進める働き方

 

実はこの不適職にドンピシャな仕事を2年ほどしていましたが、何度も新橋で電車を待っている時「線路に飛び降りたら楽になるかな…。」と思うほど辛かったです(苦笑)

 

その為「適職診断結果によって、内定先企業が不適職・不適正職場と分かった」場合は、迷わずお断りした方が良いでしょう♪

 

 

※なお「幸福度の高い業種/職種/働き方が分かる適職診断」を以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

職種別体験談

  1. 適職診断@おすすめ3選=適正職種・自分の個性を知りたい場合はこちら

空白期間のごまかし方【活動対策】

目次

 

諒

では次に、空白期間のごまかし方【活動対策】についてご紹介していきます。

 

20代は第二新卒転職エージェント

 

20代は第二新卒転職エージェントがおすすめです。

 

なぜなら「過去・現在の職歴に関係なく、20代であれば転職先を斡旋・サポートしてくれる」からです。

 

そして「20代であれば現状(非正規/既卒/ニート/フリーター)に関わらず第二新卒転職エージェントを利用できる」為、以下のリンク先情報も合わせてご参考に♪

第二新卒/ニート/フリーター/既卒のおすすめ

  1. 第二新卒エージェントneo未経験1万人以上&18〜28歳22,500人支援実績で一番おすすめ♪
  2. UZUZ=平均12時間サポートで手厚く支援!アドバイザーは全員第二新卒or既卒経験者♪
  3. 第二新卒転職エージェントランキング=エージェントを一括ランキング比較したい場合はこちら

転職サイトで数打ち

 

転職サイトで数打ちするのもおすすめです。

 

なぜなら「応募上限がない為、比較の意味を兼ねてたくさん応募できる」ので、良い転職先と出会いやすいからです。

 

このように「転職先情報収集を転職サイトでしておく」のもおすすめな為、以下のリンク先情報も合わせてご参考に♪

正社員転職サイトのおすすめ

  1. Re就活20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo,1」!20代転職希望者は登録必須レベル♪
  2. リクナビネクスト=「職務経歴書登録してオファーDMチェック」で市場調査におすすめ♪
  3. 転職サイトランキング=サイトを一括ランキング比較したい場合はこちら

スキルを学んでから転職

 

スキルを学んでから転職するのもおすすめです。

 

なぜなら「スキルを持っておけば、即戦力orある程度基礎能力があるレベルで転職できる=転職選択肢が広がる」からです。

 

自由

 

また、ハローワークにも就職支援の職業訓練がありますが、あれは「素人+αレベル」が多い為、やはり転職前提なら、身銭を切って学ぶべきです。

 

それでも「10万円〜」スクール受講できる場所もある為、貯金した後で受講し、その後転職活動に活かすのは十分現実的ですよ♪

 

※なお「プログラミング」「WEBデザイン」スクールを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

プログラミングスクールのおすすめ

  1. DMM WEBCAMP=無料WEB面談満足度90%!転職コースは実践アリで転職前提におすすめ♪
  2. テックアカデミー=無料プログラミング体験アリ!適正を確認してから学びたい方におすすめ♪
  3. プログラミングスクールランキング=スクールを一括ランキング比較したい場合はこちら

WEBデザインスクールのおすすめ

  1. DMM WEBCAMP=デザインのみorサイト制作のみも選べる!大手で学びたい方におすすめ♪
  2. デイトラ=他のWEBデザインコースより安く学びたい方におすすめ♪
  3. WEBデザインスクールランキング=スクールを一括ランキング比較したい場合はこちら

 

なお、僕はいきなり未経験転職したわけではなく、2年ほどブログ副業を実践していた結果、そのブログを成果物(ポートフォリオ)として転職することに成功しました。

 

その為、できれば職種転換する前に「スクールに通ってある程度基礎を固める」「独学で実力を育む」という期間が必要と言えます。

 

そして、以下のリンク先では、「ブログの始め方」「副業禁止の会社で稼ぐコツ」を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

アフィリエイトブログの始め方!年商3億円社長が教える初心者が月5万円を最速で稼ぐコツ

アフィリエイトブログを副業禁止企業で始めるコツ!絶対バレない為の対策まとめ

 

転職エージェントでジックリ相談

 

転職エージェントでジックリ相談するのもおすすめです。

 

やはり「対面orWEB面談で、自分の転職希望条件を伝えて求人を教えてもらう」「履歴書/職務経歴書の書き方や面接アドバイスをもらう」だけでも、転職成功率は激増しますから♪

 

※なお「転職先相談相手=転職エージェント」などを以下のリンク先にて紹介している為、合わせてご参考に♪

正社員転職エージェントのおすすめ

  1. リクルートエージェント=非公開求人21万人以上!エージェント希望者に最有力候補のサイト♪
  2. doda=求人数10万件以上!エージェント相談+自主的に活動したい方におすすめ♪
  3. 転職エージェントがうざい時対策=担当者変更・体験談を知りたい場合はこちら

まとめ

 

諒

以上が空白期間にOKしてもらえるごまかし方!1年経験者が語る正当防衛テクのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

挑戦するメリット

  • チャレンジした経験や成功体験ができ、自分に自信がつく
  • 理想の自分を取り戻し、さらに自分が好きになる

挑戦しないデメリット

  • 今の自分から何も変わらず変化ナシ…
  • 何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたが自尊心を取り戻せるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

\【転職】関連記事はこちら/

低意欲からの転職サイト登録利点

目次

諒

なお最後に補足として、低意欲からの転職サイト登録利点についてご紹介していきます。


辛い時は意欲が完全に0



辛い時は意欲が完全に0になってしまうのが「転職意欲が少ない内からサイト登録しておく、一番のメリット」です。


あなたもストレスで疲れ切ったり、深く悩む出来事があった時に「何もできず休みが終わってしまった…」という経験がありませんか?


涙 失業

それと同じ状況が「勤め先の会社」で起こってしまうと、逃げる気力すら湧かず、もっときつくなるリスクがあるのです。



転職サイト登録対策なしorありの例

退職

  • ■対策なし=ストレス爆発して退職→転職活動開始→アルバイトor貯金を崩しながら転職
  • ■対策あり=気力がある内から情報収集→余裕を持って退職→転職



このように、意欲が低い内から転職サイト登録しておけば「今の会社を辞めたくなった時の安全対策」が施せるのです♪

転職サイト登録は一種の保険



このように、転職サイト登録は一種の保険と言えます。


保険を利用する安心例

休むのも仕事

  • 転職保険=働き先の倒産リスクや、勤務継続不能リスクを回避
  • 自動車保険=事故や、慰謝料問題などのリスクを回避
  • 医療・がん保険=高額医療費が発生した時などのリスクを回避



例えば実際に「事故った時」「病気になった時」に「どこに相談すれば良いか分からない…。」「何をすれば安心を取り戻せるか不明…。」だと、メチャクチャ不安ですよね?


しかし「少なくとも相談先が分かっている」「実際にどんな行動を取れば良いかイメージできている」なら、その不安が実際に訪れても、スグ安心を取り戻せるわけです♪


その為「転職サイト」も同じく「過労で倒れる」「ストレスが頂点に達する」「クビになる」など「不測の事態に備える為の保険」として利用できるのです♪

登録だけしておく利点



また、登録だけしておく利点も大きいです。



登録だけしておく利点

適職 不適職

  • 「希望業種・職種」に沿った求人情報を受け取れる&閲覧できるようになり「自分の市場価値が分かる」「転職先イメージが明確になる」
  • 転職エージェントに登録&相談すれば「具体的な応募書類添削&面接対策サポート」「転職相談先」が手に入る



このように「実際に登録しておくだけでも、今より確実に現実が良くなる」と言えるのです♪


しかも「無料で利用&情報収集できる」「市場価値&転職イメージが明確になる」為、とりあえず「今スグ登録」しておいて損はないですよ♪

【転職最大手】リクルートエージェント

リクルートエージェントがおすすめな理由

リクルートエージェント リクルートエージェント メリット



リクルートエージェント」は、転職サイト/エージェントの中でも求人数がダントツ!(非公開求人数21万件&公開求人30万件以上)


まだ転職意欲が低くても「会員登録だけしたい」「履歴書/職務経歴書のアドバイスが欲しい」など、幅広い要望に応えてくれる為、エージェント相談したい場合は、こちら一番おすすめです♪


\転職成功実績No,1&非公開求人数21万件以上!完全無料で相談する/




【全年齢+適職診断】リクナビネクスト

リクナビネクストがおすすめな理由

リクナビネクスト



リクナビネクスト」は、最大手の転職サイトであり、就活生なら誰もが利用した「リクナビ」の転職版情報媒体です。


こちらは「エージェント連絡が来ないから気楽」「適職診断がある」「経歴登録でDMを受け取れる」などのメリットがある為、とりあえず登録しておく価値がありますよ♪


\メルアド登録5分+職務経歴書10分でオファーをストック!/




【20代転職+適職診断】Re就活

Re就活がおすすめな理由

Re就活



Re就活」は20代専門転職サイトであり「フリーター/既卒/ニート」「就活失敗した若手の"第二新卒枠“就活再挑戦」「未経験職種転換」など、20代の転職をサポートしてくれるサイトです。


さらに「WEBセミナー」「累計1万社以上が参加+年間2万人が参加する転職博」「個性を明確にできる適職診断」なども利用できる為「20代なら必ず登録しておきたいサイト」と言えますよ♪


\20代が選ぶ、20代向け転職サイトNo.1!無料登録して求人を探す/




【転職方向性確認に最適】適職診断3選

適職診断

向いてる仕事 適職診断



適職診断」は、性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かるチェック方法です。


僕は様々な適職診断を利用してきましたが、その中でも「これは非常に役立った」という3つの適職診断がある為、以下のリンク先にて詳しい情報を紹介しています♪


\適職診断3選/




転職情報収集は複数利用がおすすめの理由

  1. 「多くの求人情報を確認できる」=「選択肢を増やせる」
  2. 「相性の良いサイトorアドバイザー」に出会える確率UP
  3. 「各サイトorエージェントの良い点」を網羅して利用できる

転職サイト/エージェントのおすすめ【PR】

  1. リクルートエージェント
    リクルートエージェント
    実績:
    非公開求人20万件以上!業界TOPクラスの実績+求人数♪
    対応4.5
    求人数5.0
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国公開求人30万件以上&非公開求人20万件以上!
    ★おすすめ理由=求人数・実績は業界TOP!転職を考えるなら必ず登録すべき♪

    もっと詳しく

    公式

  2. リクナビネクスト
    リクナビネクスト
    実績:
    転職最大手&全国TOPクラスの求人数!転職希望者は必ず登録すべき♪
    対応4.0
    実績5.0
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国8万件以上
    ★おすすめ理由=全国TOPレベルの求人サイト♪「18種類のタイプから5つの強み判定適職診断」も無料で利用できる♪

    もっと詳しく

    公式

  3. Re就活1
    Re就活
    実績:
    20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo,1」!未経験歓迎求人数は全国TOPクラス♪
    対応4.5
    実績4.5
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国1万件以上(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)
    ★おすすめ理由=20代転職希望者向け情報が豊富+無料の「9種類のタイプ判定@適職診断」もアリ♪

    もっと詳しく

    公式

適職診断

  1. 向いてる仕事 適職診断
    適職診断3選
    料金:
    無料/2,420円/13,000円の3種類紹介♪
    ★診断メリット1=性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かる♪
    ★診断メリット2=自分に合う業種/職種/会社は?という疑問がクリアになる♪

    適職診断3選