体育会系 苦手

 

諒

「転職10回+3職種経験」&「転職サイト企業にて求人500社(1,000件)以上作成」した「強烈な影響力のある男」がまとめました♪

 

相談男性1

「体育会系がマジで苦手…経験者が語る波動の合わない人から離れるコツを知りたい!」

相談女性1

体育会系の人たちのノリが苦手…。「職場の上司」は上下関係に厳しいし、仕事は「根性論&精神論」ばかりで、考え方や価値観が合わない…。

相談男性3

学校の部活が「集団スポーツ」じゃなかったから「暴力的な問題行動心理」が分からない。「挨拶や飲み会」を絶対命令で強要してくるから、対処法を解説してほしい。

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も「体育会系がマジで苦手…」と思った経験がある為、あなたの気持ちが痛いほど良くわかります…。

 

 

その為、そんな僕が「体育会系がマジで苦手な時の対処法」を具体的に紹介しています♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

  • 「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心を取り戻し、誇りある人間になる
  • 辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る
  • 1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

転職情報収集は複数利用がおすすめの理由

  1. 「多くの求人情報を確認できる」=「選択肢を増やせる」
  2. 「相性の良いサイトorアドバイザー」に出会える確率UP
  3. 「各サイトorエージェントの良い点」を網羅して利用できる

転職サイト/エージェントのおすすめ【PR】

  1. リクルートエージェント
    リクルートエージェント
    実績:
    非公開求人20万件以上!業界TOPクラスの実績+求人数♪
    対応4.5
    求人数5.0
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国公開求人30万件以上&非公開求人20万件以上!
    ★おすすめ理由=求人数・実績は業界TOP!転職を考えるなら必ず登録すべき♪

    もっと詳しく

    公式

  2. リクナビネクスト
    リクナビネクスト
    実績:
    転職最大手&全国TOPクラスの求人数!転職希望者は必ず登録すべき♪
    対応4.0
    実績5.0
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国8万件以上
    ★おすすめ理由=全国TOPレベルの求人サイト♪「18種類のタイプから5つの強み判定適職診断」も無料で利用できる♪

    もっと詳しく

    公式

  3. Re就活1
    Re就活
    実績:
    20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo,1」!未経験歓迎求人数は全国TOPクラス♪
    対応4.5
    実績4.5
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国1万件以上(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)
    ★おすすめ理由=20代転職希望者向け情報が豊富+無料の「9種類のタイプ判定@適職診断」もアリ♪

    もっと詳しく

    公式

適職診断

  1. 向いてる仕事 適職診断
    適職診断3選
    料金:
    無料/2,420円/13,000円の3種類紹介♪
    ★診断メリット1=性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かる♪
    ★診断メリット2=自分に合う業種/職種/会社は?という疑問がクリアになる♪

    適職診断3選

体育会系が苦手【問題点】

目次

 

諒

ではまずはじめに、体育会系が苦手【問題点】についてご紹介していきます。

 

上下関係に厳しい

 

上下関係に厳しいから嫌というケースは多いです。

 

そもそも、体育会系とは「上に媚びへつらい、下にマウントを取る」という歪んだ根性論が生きている場所も多いです。

 

その為、必然的に「部下・後輩・同期の格下とみなした相手」には高圧的になるケースが多いです。

 

仕事 ミス 生きた心地 しない

 

しかし、こういう相手は「言い返すほど興奮して反抗してくるタイプ(マウントを取る依存型)」なので、無視したり「凄いねー」とあしらっていたら、その内来なくなったりしますよ♪

 

自分より目下をこき使う

 

自分より目下をこき使うというケースで嫌と感じる事もあります。

 

大抵の体育会系は「1年=雑用」「2年=中間管理職」「3年=神・王様」のような環境になっているケースも多い為「目下は奴隷のように使って良い」と勘違いしたままの人も一定数います。

 

必然的に「パシリに使う」「イベントなどの雑用&諸業務を押し付ける」などの横柄な態度が当たり前と思っていたり、体育会系企業は「それ自体が正義」と錯覚しているケースもあります。

 

体育会系あるある

自由

  • 飲み会の幹事・イベントの取りまとめなどを押し付けてくる
  • 「仲間のよしみで♪」と言って、仕事やサポート依頼をしてくる(奪う思考の同期)

 

しかし、そもそも「あなたが先に相手に恩を感じるような事をしてもらっている」なら話は別ですが、相手が特に何もしてくれていないのに責任を押し付けてくるなら、断っても良いでしょう。

 

もしくは「じゃあ、次回同じような事があったら、お前はちゃんと引き受けてくれるんだろうな?約束だぞ?」と念を押しておくのもアリですよ。

 

また、最悪の場合は「こんな奴と一緒に働き続けても、何も面白くないと諦める」「イヤな環境は転職してバイバイする」など、リスク回避策は準備しておた方が良いでしょう

 

挨拶や礼儀作法にうるさい

 

挨拶や礼儀作法にうるさいから、イヤというケースもあります。

 

もちろん「社会人として一定の礼儀作法・マナーを覚えておく」のは重要ですが「大声で挨拶を強要される」「お辞儀の角度で叱責される」などはやり過ぎです。

 

※接客業の仕事や「一流ホテル・料理店のスタッフ」ならいざ知らず、そこまでを求められるような環境でない場合は、やり過ぎと言っても差し支えないでしょう

 

転職 半年 ミスばかり

 

その為、あまりにやり過ぎと思う場合は「そこまでやる必要は無いのではないでしょうか?」など、付け入る隙をブロックする必要もあるでしょう。

 

悪口・愚痴がヒドい

 

「上下関係で抑圧される価値観の人」の場合、悪口・愚痴がヒドいケースもあります。

 

なぜなら「人の脳は“主語を理解できない=自分と他人を区別できない”」為、他者否定が多い人ほど自己否定も多いからです(上司にボコボコにされるから、部下をボコボコにしようとする)

 

パワハラ上司 心理

 

その為、飲み会などに行って「ひたすら上司や先輩の愚痴で終わるケース」も多いですが、ハッキリ言ってどこかで辞めた方が良いでしょう!

 

なぜなら「あなたがストレスの溜まる歪んだ働き方に染まっていっている証」だからです。

 

パワハラ トラウマ

 

実際、僕は「転職サイトのWEBライター」に適職転職してから、愚痴に染まり切ったストレス解消の飲み会を断るようになりました。

 

具体的には「適職・天職で日々楽に働けるようになった為、他でストレス発散する必要がなくなった」為です。

 

その為、愚痴ばかりのネガティブ人間集団だとしたら、それに嫌悪感を持っているあなたも「ある程度ネガティブに染まっている」ので、長期的には転職を視野に入れた方が良いでしょう♪

 

頭が悪くてイライラする

 

肉体派でバリバリといった印象とは裏腹に、頭が悪くてイライラするというケースもあります。

 

例えば「同じ事を何度言っても失敗を繰り返す」「何でも頼ってくる」など「頭を使えない自分を正当化して、周りに依存している」などです。

 

仕事 ミス 大損害

 

とは言え「無視する」「ある程度波長を合わせずに、適当に関わる」などで、自然と一定の距離を取れるようになりますよ♪

 

滅私奉公を美徳とする

 

頭の悪い上司や体育会系企業に入ってしまった場合、滅私奉公を美徳とする環境で嫌気がさしているケースもあります。

 

滅私奉公とはつまり「サービス残業・休日出勤を強制してくる環境」という事です。

 

 

例えば「みなし残業などで、残業代がつかない正社員」として働いていた場合、責任を過剰に引き受けず、早めに帰らないと「時給換算で悲惨なケース」があるのです。

 

みなし残業で長時間勤務の場合

借金 リボ払い

  • 年収400万円の例(賞与・みなし残業代含む)
  • 年収400万円÷12ヶ月=月給約33万円
  • 33万円÷22日勤務(土曜日を2回出勤)=日給1万5,000円
  • 1万5,000円÷14時間勤務(残業4h/日)=時給1,071円

 

このように、たとえボーナスを貰って年収400万円でも「残業代なしで22時ごろまで働いている人」は、アルバイト並みの時給になっているのです。

 

もちろん月給制には「安定して同額が入ってくる安心感」がありますが、残業が多すぎる場合は「派遣社員のほう時給が高いケースも多い」のです。

 

 

そして出世していき「表面上は年収が上がった場合」でも、時給換算してみるとそれほど増えていないケースもあります。

 

みなし残業で長時間勤務の場合

否定 拒否 NO

  • 年収600万円の例(賞与・役職手当含む)
  • 年収600万円÷12ヶ月=月給約50万円
  • 50万円÷24日勤務(土曜日を4回出勤)=日給2万833円
  • 2万833円÷15時間勤務(残業5h/日)=時給1,388円

 

このように正社員で出世していても「一緒に働いている派遣社員の方が時給が高い」という現実があるのです。

 

その為「残業代無しの会社なら、責任もそこそこに早めに帰ったほうがコスパ・タイパが良い」と言えるのです♪

 

 

※なお「定時で帰れる位の有能仕事術」「会社をずる休みするコツ」などを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

プライベート時間を増やすコツ

  1. 定時で帰るコツ=効率よく仕事を終わらせたい場合はこちら
  2. 休日出勤を100%断るコツ=休日のプライベート時間を守りたい場合はこちら
  3. 会社をずる休みするコツ=時には有給を使ってマッタリしたい場合はこちら

気性が激しく喧嘩っ早い

 

頭が悪い体育会系メンバーや企業の場合、気性が激しく喧嘩っ早いという面倒くさい状況ケースもあります。

 

具体的には「精神論・根性論で怒鳴るだけ」という状況が当たり前になっていたり、上司が理不尽に部下にキレている営業組織などですね…。

 

パワハラ上司 心理

 

残念ながら、こういうクソ環境は一定数ある為、早めに転職したり、職種転換して離れる事をおすすめします(経験者談)

 

イベント強制参加を促す

 

頭を使わない体育会系集団によくあるのが、イベント強制参加を促すという面倒くささです。

 

つまり「理論・理屈でキッチリ働く組織形態」では組織を維持できない為「飲み会などで感情的つながりを太くしておく一蓮托生の組織形態」を築いているわけです。

 

パワハラ 訴える デメリット

 

もちろん、コミュニケーションや飲みュニケーションはある程度必要ですが、体育会系のように「辞退は絶対許さない=強制参加!」となると、非常に厄介です。

 

逆に言うと、こういう組織ほど「会社やチームが傾いた時、ロジカルに立て直す存在がいない」とも言える為、ノリと勢いだけの環境からは早めに逃げた方が良いでしょう!

 

 

※なお「年収300万円のライフスタイル年収1,000万円のライフスタイル」に関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

年収別ライフスタイル

  1. 年収300万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  2. 年収400万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  3. 年収500万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  4. 年収800万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  5. 年収1,000万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら

単純に波長が合わない

 

「特定のメンバーorチーム・組織全体」に関わらず、単純に波長が合わないというケースもあります。

 

「文化系なのに体育会系に入ってしまった」など、あなたの個性と異なる環境に入ってしまった場合、ハッキリ言って地獄が続く可能性は高いです!

 

家族経営 うんざり

 

その為「間違った環境に居続けるストレス」から離れる為にも、自分の適職傾向を把握し始めたり、転職準備を始めておいた方が、低ストレスで毎日過ごせるでしょう♪

 

 

※なお「幸福度の高い業種/職種/働き方が分かる適職診断」「WEBライターなど、僕が経験した職種のリアル」を以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

職種別体験談

  1. 適職診断@おすすめ3選=適正職種・自分の個性を知りたい場合はこちら
  2. WEBライターの働き方リアル=IT系WEB職種を知りたい場合はこちら
  3. 営業の働き方リアル=新規開拓orルート営業職種を知りたい場合はこちら
  4. 事務職の働き方リアル=事務職種を知りたい場合はこちら

体育会系が苦手【対処法】

目次

 

諒

では次に、体育会系が苦手【対処法】についてご紹介していきます。

 

程々で現状維持する

 

今の状況で定年まで勤め上げる予定であれば、程々で現状維持するのはアリです。

 

なぜなら「有能過ぎると責任がドンドン振ってきて、潰されるリスクがある」からです。

 

仕事 ミス 大損害

 

もちろん「もっと出世するんだ!」と燃えるなら、出世競争を勝ち上がっていくのもアリでしょう。

 

しかし、そうで無いなら「クビにならない程度に“そこそこ出来ない奴レベル”を継続して、バランス良く生きていく」のは、一つの立派な生存戦略と言えますよ♪

 

※なお「年功序列社会の問題点」などを、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

転職前後対策

  1. 年功序列組織から転職すべき理由=“若手を食い潰す”組織構造を知りたい場合はこちら
  2. 中途採用転職後に放置が長い時対策=自発的にやる事を見つけたい場合はこちら
  3. 東京or地元就職・転職の良悪比較=「成長の東京VS安心の地元」を比較したい場合はこちら

最低限以外は無視して距離を取る

 

また、特定の体育会系メンバーが鬱陶しい場合、一番手っ取り早いのは、最低限以外は無視して距離を取る方法がおすすめです。

 

「触らぬ神に祟りなし」という諺(ことわざ)があるように、面倒事や不快感はなるべくNOタッチにすれば良いのです。

 

 

とはいえ、仲間である以上「どうしても関わらなければならないシチュエーション」は発生します。

 

しかし、なるべくそれ以外は「拒否したりストレス減のコツを掴んでしまう」ことで、快適な毎日をゲットできますよ♪

 

ストレス減習慣を獲得する

 

ストレス減習慣を獲得するのは、大変おすすめです。

 

なぜなら、仕事や人間関係で病む人は「自分が我慢する選択肢」しか持っていないからです。

 

 

誰でも毎日の中で「イライラすることや、嫌なことは必ず起きる」のですが、ストレス解消の習慣を持っている人ほど、毎日の否定感情を浄化して生きられるのです。

 

リラックス

 

その為「自分の生活にムリなく取り入れることができ、ストレスを減らせる習慣を持つこと」は、とてもおすすめですよ♪

 

 

※なお「失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方」「職業訓練のメリット・デメリット」などに関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

失業保険の有効な使い方

  1. 失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方=退職後の不安やモヤモヤがある場合はこちら
  2. 職業訓練のメリット・デメリット=ハローワーク経由で学ぶリスクを知りたい場合はこちら
  3. 職業訓練に落ちた時対策=失業中のスキルUPテクを知りたい場合はこちら
  4. 職業訓練途中退校デメリット=途中で辞めたい場合はこちら

リラックスする音楽を聴く

 

リラックスする音楽を聴く習慣を取り入れるのもオススメです。

 

大好きなアーティストを聴くのもアリですが、Youtubeに上がっているリラックス音楽を聴く、瞑想を取り入れるのもオススメです。

 

 

実際僕も昼の休憩時間には「瞑想CDを10分ほど聴き、心身を落ち着ける習慣」を取り入れていました。

 

そしてその結果として、仕事前や仕事中もネガティブな気持ちに囚われないようできましたから♪

 

諒

今日も幸福で快適な1日やな♪

 

このようにネガティブな気持ちに歯止めが効かないのであれば、音楽の力を借りるのもオススメです!

 

また、心のデトックスとして有名なハワイの秘術「オポノポノ」を聴き続けるのもオススメなので、以下に合わせて紹介しておきますね♪

 

■「(1時間バージョン)聞くだけ浄化☆オポノポノ☆」(1時間)

趣味や支えになる分野を得る

 

ストレス発散するという意味では、趣味や支えになる分野を得るのもおすすめです。

 

なぜなら「自分は●●のために仕事を頑張る」という明確な目的意識が手に入るからです。

 

「毎年海外旅行に行くため」「結婚相手や子供のため」「欲しい車や時計を買うため」など、モチベーションがあったほうが頑張れますからね♪

 

海外旅行

 

その為「自分にとって価値ある対象」を見つけて、その為に頑張るのはアリですよ♪

 

一生の関わりではないと割り切る

 

一生の関わりではないと割り切るのもおすすめです。

 

そもそも、よほど近しい人間関係でない限り、3年以上同じような付き合いが続くことは非常に少ないです。

 

 

会社であれば異動や配置転換、転職などもありますし、波長が合わない関係ならいつまでも続かないように画策(転職や異動願い)すれば良いのです。

 

女上司

#”%$&#$%’(&%)

諒

コイツとも、あと数年の付き合いか…、コイツから離れたら、いつか懐かしい気持ちになるのかな?

 

その為「このウザい奴も、あと1〜2年で別れるだろうから、今のうちだけ付き合ってやるか♪」くらいのメンタルにしておけば、心のバランスを取れますよ♪

 

※また、いざという時の「退職作法・手順」も以下のリンク先にて紹介しているので、必要に応じてご参考に♪

退職作法・手順

  1. 退職理由+作法・手順=具体的な退職知識が欲しい場合はこちら
  2. 退職事前告知の段取り=早めに宣言して円満退職したい場合はこちら

働きやすい適職・ホワイト企業に転職

 

働きやすい適職・ホワイト企業に転職するのもアリです。

 

例えば「アットホームなルート営業」などは、体育会系メンバーも新規開拓や広告営業系などより少なくなる可能性も高い為、働きやすさUPできます。

 

他にも「営業系から内勤職(ITクリエイター系など)に職種転換する事で、幸福度が劇的にUPするケース」もあります(経験者談)

 

仕事 ミス 隠したことある

 

その為「もっと楽に働ける会社に転職したい!」「職種転換して体育会系からオサラバしたい!」という選択肢もアリですよ♪

 

 

※なお「幸福度の高い業種/職種/働き方が分かる適職診断」「WEBライターなど、僕が経験した職種のリアル」を以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

職種別体験談

  1. 適職診断@おすすめ3選=適正職種・自分の個性を知りたい場合はこちら
  2. WEBライターの働き方リアル=IT系WEB職種を知りたい場合はこちら
  3. 営業の働き方リアル=新規開拓orルート営業職種を知りたい場合はこちら
  4. 事務職の働き方リアル=事務職種を知りたい場合はこちら

副業を始めて成長する

 

今すぐ転職までは考えていないが、今の状況をいずれ抜け出したいなら、副業を始めて成長するのもおすすめです。

 

実際、僕は「通信IT系営業時代」に副業ブログを独学で始めてから、結果的に2年経過後にWEB制作の道に転職しました。

 

 

しかも、副業は「確定申告で売上計上」出来るようになれば、副業禁止でもバレないように調整できますし、何より「自分の力で稼ぐ経験」というのは、大きな財産になります♪

 

適職 不適職

 

※実際、僕が参加したブログ塾では「FX投資を副業で始めて8年目に公務員月収を超えた為独立&その後FXブログを開始して月収100万達成」という猛者もいた為、お小遣い稼ぎ以上の可能性もあります

 

その為、このような経験を持つ僕が、以下のリンク先にて「ブログの始め方」「副業禁止の会社で稼ぐコツ」を紹介しているので、自尊心UPの参考にご活用ください♪

アフィリエイトブログの始め方!月収100万社長が教える初心者が月5万円を最速で稼ぐコツ

アフィリエイトブログを副業禁止企業で始めるコツ!絶対バレない為の対策まとめ

 

また、独学での成長が難しいと思われるのであれば、成長業界のIT企業で働ける「プログラミング」「WEBデザイン」をスクールで学ぶのもアリです。

 

※なお「プログラミング」「WEBデザイン」スクールを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

プログラミングスクールのおすすめ

  1. DMM WEBCAMP=無料WEB面談満足度90%!転職コースは実践アリで転職前提におすすめ♪
  2. テックアカデミー=無料プログラミング体験アリ!適正を確認してから学びたい方におすすめ♪
  3. プログラミングスクールランキング=スクールを一括ランキング比較したい場合はこちら

WEBデザインスクールのおすすめ

  1. DMM WEBCAMP=デザインのみorサイト制作のみも選べる!大手で学びたい方におすすめ♪
  2. デイトラ=他のWEBデザインコースより安く学びたい方におすすめ♪
  3. WEBデザインスクールランキング=スクールを一括ランキング比較したい場合はこちら

体育会系が苦手【適職診断】

目次

 

諒

では次に、体育会系が苦手【適職診断】についてご紹介していきます。

 

自分のキャリア設計を明確化

 

現状の環境がストレスと思いながら動けないのは「目指したい未来が不明確」だからであり、自分のキャリア設計を明確化するのがおすすめです。

 

なぜなら「自分の5年後〜10年後にどうなりたいか?が明確になれば、転職活動に勇気を持って歩み出せる」からです。

 

 

例えば僕は、27歳の時に事務職から営業職に職種転換しましたが、以下のような目標があった為、転職しても辛い時期を乗り越えられました♪

 

僕が事務職→営業職に転職した時

日本景気の誇りの柱

  • 一流のビジネスマンになりたい
  • 営業コンプレックスを克服したい

 

シンプルにこの二つを掲げて転職した為「現職より会社知名度が上」「新規開拓もあるバキバキの営業会社」に入りました。

 

そして、シンドい時期も沢山ありましたが、転職前に覚悟した目標があったからこそ「トータル3年ほど営業職で働いた」後に再転職し、適職と分かったWEB系制作職にシフトしました♪

 

その為、あなたも「そもそも何の為に転職するのか?」「現状より内定先企業でどうメリットが生まれるか?」を明確にするのがおすすめです。

 

転職する理由例

適職 不適職

  • 現職が残業50h以上の為、プライベート時間に自由が欲しい(もっとオフを優先できる組織がないか?探す)
  • 体育会系の社風に馴染めず、もっとアットホームな職場で働きたい(アットホームな職場と銘打つ求人を探す)
  • 今の職種に疑問を感じており、職種転換/業種転換を含めて検討している(適職診断で自分の適正を見つめ直す)

 

このように「一生勤めるという考え方」ではなく「自分が短期/中期/長期でメリットを感じる会社か?」を明確にすれば、内定企業に入社すべきか?が明確になりますよ♪

 

適職診断で自己適正見極め

 

なお「どんな方向性で転職活動すれば良いか?」という悩みをスパッと解決したいなら、適職診断で自己適正見極めが一番おすすめです。

 

なぜなら「自分の性格傾向/好みの職場/働き方」が、質問回答形式で明確になるからです♪

 

チェックリスト

 

例えば僕は、適職診断結果を参考にして、以下のような企業は「自分に合ってないと判断=内定が仮に出ても断る」ようにしています。

 

大島諒一の不適職・職場例

日本復興の誇りの柱

  • 僕に合っていない職場例=ルール・規律重視で社員自由度が低い会社
  • 僕に合っていない働き方例=スピード感がなく、根回しなどでジックリと事を進める働き方

 

実はこの不適職にドンピシャな仕事を2年ほどしていましたが、何度も新橋で電車を待っている時「線路に飛び降りたら楽になるかな…。」と思うほど辛かったです(苦笑)

 

その為「適職診断結果によって、内定先企業が不適職・不適正職場と分かった」場合は、迷わずお断りした方が良いでしょう♪

 

 

※なお「幸福度の高い業種/職種/働き方が分かる適職診断」を以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

職種別体験談

  1. 適職診断@おすすめ3選=適正職種・自分の個性を知りたい場合はこちら

体育会系が苦手【情報収集】

目次

 

諒

では次に、体育会系が苦手【情報収集】についてご紹介していきます。

 

20代は第二新卒転職エージェント

 

20代は第二新卒転職エージェントがおすすめです。

 

なぜなら「過去・現在の職歴に関係なく、20代であれば転職先を斡旋・サポートしてくれる」からです。

 

そして「20代であれば現状(非正規/既卒/ニート/フリーター)に関わらず第二新卒転職エージェントを利用できる」為、以下のリンク先情報も合わせてご参考に♪

第二新卒/ニート/フリーター/既卒のおすすめ

  1. 第二新卒エージェントneo=未経験1万人以上&18〜28歳22,500人支援実績で一番おすすめ♪
  2. UZUZ=平均12時間サポートで手厚く支援!アドバイザーは全員第二新卒or既卒経験者♪
  3. 第二新卒転職エージェントランキング=エージェントを一括ランキング比較したい場合はこちら

転職サイトで数打ち

 

転職サイトで数打ちするのもおすすめです。

 

なぜなら「応募上限がない為、比較の意味を兼ねてたくさん応募できる」ので、良い転職先と出会いやすいからです。

 

このように「転職先情報収集を転職サイトでしておく」のもおすすめな為、以下のリンク先情報も合わせてご参考に♪

正社員転職サイトのおすすめ

  1. Re就活=20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo,1」!20代転職希望者は登録必須レベル♪
  2. リクナビネクスト=「職務経歴書登録してオファーDMチェック」で市場調査におすすめ♪
  3. 転職サイトランキング=サイトを一括ランキング比較したい場合はこちら

転職エージェントでジックリ相談

 

転職エージェントでジックリ相談するのもおすすめです。

 

やはり「対面orWEB面談で、自分の転職希望条件を伝えて求人を教えてもらう」「履歴書/職務経歴書の書き方や面接アドバイスをもらう」だけでも、転職成功率は激増しますから♪

 

※なお「転職先相談相手=転職エージェント」などを以下のリンク先にて紹介している為、合わせてご参考に♪

正社員転職エージェントのおすすめ

  1. リクルートエージェント=非公開求人21万人以上!エージェント希望者に最有力候補のサイト♪
  2. doda=求人数10万件以上!エージェント相談+自主的に活動したい方におすすめ♪
  3. 転職エージェントがうざい時対策=担当者変更・体験談を知りたい場合はこちら

まとめ

 

諒

以上が体育会系がマジで苦手…経験者が語る波動の合わない人から離れるコツのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

挑戦するメリット

  • チャレンジした経験や成功体験ができ、自分に自信がつく
  • 理想の自分を取り戻し、さらに自分が好きになる

挑戦しないデメリット

  • 今の自分から何も変わらず変化ナシ…
  • 何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたが自尊心を取り戻せるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

\【転職】関連記事はこちら/

低意欲からの転職サイト登録利点

目次

諒

なお最後に補足として、低意欲からの転職サイト登録利点についてご紹介していきます。


辛い時は意欲が完全に0



辛い時は意欲が完全に0になってしまうのが「転職意欲が少ない内からサイト登録しておく、一番のメリット」です。


あなたもストレスで疲れ切ったり、深く悩む出来事があった時に「何もできず休みが終わってしまった…」という経験がありませんか?


涙 失業

それと同じ状況が「勤め先の会社」で起こってしまうと、逃げる気力すら湧かず、もっときつくなるリスクがあるのです。



転職サイト登録対策なしorありの例

退職

  • ■対策なし=ストレス爆発して退職→転職活動開始→アルバイトor貯金を崩しながら転職
  • ■対策あり=気力がある内から情報収集→余裕を持って退職→転職



このように、意欲が低い内から転職サイト登録しておけば「今の会社を辞めたくなった時の安全対策」が施せるのです♪

転職サイト登録は一種の保険



このように、転職サイト登録は一種の保険と言えます。


保険を利用する安心例

休むのも仕事

  • 転職保険=働き先の倒産リスクや、勤務継続不能リスクを回避
  • 自動車保険=事故や、慰謝料問題などのリスクを回避
  • 医療・がん保険=高額医療費が発生した時などのリスクを回避



例えば実際に「事故った時」「病気になった時」に「どこに相談すれば良いか分からない…。」「何をすれば安心を取り戻せるか不明…。」だと、メチャクチャ不安ですよね?


しかし「少なくとも相談先が分かっている」「実際にどんな行動を取れば良いかイメージできている」なら、その不安が実際に訪れても、スグ安心を取り戻せるわけです♪


その為「転職サイト」も同じく「過労で倒れる」「ストレスが頂点に達する」「クビになる」など「不測の事態に備える為の保険」として利用できるのです♪

登録だけしておく利点



また、登録だけしておく利点も大きいです。



登録だけしておく利点

適職 不適職

  • 「希望業種・職種」に沿った求人情報を受け取れる&閲覧できるようになり「自分の市場価値が分かる」「転職先イメージが明確になる」
  • 転職エージェントに登録&相談すれば「具体的な応募書類添削&面接対策サポート」「転職相談先」が手に入る



このように「実際に登録しておくだけでも、今より確実に現実が良くなる」と言えるのです♪


しかも「無料で利用&情報収集できる」「市場価値&転職イメージが明確になる」為、とりあえず「今スグ登録」しておいて損はないですよ♪

【転職最大手】リクルートエージェント

リクルートエージェントがおすすめな理由

リクルートエージェント リクルートエージェント メリット



リクルートエージェント」は、転職サイト/エージェントの中でも求人数がダントツ!(非公開求人数21万件&公開求人30万件以上)


まだ転職意欲が低くても「会員登録だけしたい」「履歴書/職務経歴書のアドバイスが欲しい」など、幅広い要望に応えてくれる為、エージェント相談したい場合は、こちら一番おすすめです♪


\転職成功実績No,1&非公開求人数21万件以上!完全無料で相談する/




【全年齢+適職診断】リクナビネクスト

リクナビネクストがおすすめな理由

リクナビネクスト



リクナビネクスト」は、最大手の転職サイトであり、就活生なら誰もが利用した「リクナビ」の転職版情報媒体です。


こちらは「エージェント連絡が来ないから気楽」「適職診断がある」「経歴登録でDMを受け取れる」などのメリットがある為、とりあえず登録しておく価値がありますよ♪


\メルアド登録5分+職務経歴書10分でオファーをストック!/




【20代転職+適職診断】Re就活

Re就活がおすすめな理由

Re就活



Re就活」は20代専門転職サイトであり「フリーター/既卒/ニート」「就活失敗した若手の"第二新卒枠“就活再挑戦」「未経験職種転換」など、20代の転職をサポートしてくれるサイトです。


さらに「WEBセミナー」「累計1万社以上が参加+年間2万人が参加する転職博」「個性を明確にできる適職診断」なども利用できる為「20代なら必ず登録しておきたいサイト」と言えますよ♪


\20代が選ぶ、20代向け転職サイトNo.1!無料登録して求人を探す/




【転職方向性確認に最適】適職診断3選

適職診断

向いてる仕事 適職診断



適職診断」は、性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かるチェック方法です。


僕は様々な適職診断を利用してきましたが、その中でも「これは非常に役立った」という3つの適職診断がある為、以下のリンク先にて詳しい情報を紹介しています♪


\適職診断3選/




転職情報収集は複数利用がおすすめの理由

  1. 「多くの求人情報を確認できる」=「選択肢を増やせる」
  2. 「相性の良いサイトorアドバイザー」に出会える確率UP
  3. 「各サイトorエージェントの良い点」を網羅して利用できる

転職サイト/エージェントのおすすめ【PR】

  1. リクルートエージェント
    リクルートエージェント
    実績:
    非公開求人20万件以上!業界TOPクラスの実績+求人数♪
    対応4.5
    求人数5.0
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国公開求人30万件以上&非公開求人20万件以上!
    ★おすすめ理由=求人数・実績は業界TOP!転職を考えるなら必ず登録すべき♪

    もっと詳しく

    公式

  2. リクナビネクスト
    リクナビネクスト
    実績:
    転職最大手&全国TOPクラスの求人数!転職希望者は必ず登録すべき♪
    対応4.0
    実績5.0
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国8万件以上
    ★おすすめ理由=全国TOPレベルの求人サイト♪「18種類のタイプから5つの強み判定適職診断」も無料で利用できる♪

    もっと詳しく

    公式

  3. Re就活1
    Re就活
    実績:
    20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo,1」!未経験歓迎求人数は全国TOPクラス♪
    対応4.5
    実績4.5
    口コミ・評判4.5
    ★保有求人数=全国1万件以上(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)
    ★おすすめ理由=20代転職希望者向け情報が豊富+無料の「9種類のタイプ判定@適職診断」もアリ♪

    もっと詳しく

    公式

適職診断

  1. 向いてる仕事 適職診断
    適職診断3選
    料金:
    無料/2,420円/13,000円の3種類紹介♪
    ★診断メリット1=性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かる♪
    ★診断メリット2=自分に合う業種/職種/会社は?という疑問がクリアになる♪

    適職診断3選