年収550万 きつい

 

諒

「転職10回+3職種経験」&「転職サイト企業にて求人500社(1,000件)以上作成」した「強烈な影響力のある男」がまとめました♪

 

相談男性1

「年収550万生活はきつい可能性がある…今より豊かになるコツを知りたい!」

相談女性3

転職して年収ダウンしても「仕事が楽しくなる」「生活時間に余裕が出る」など、優先すべき入社基準は?

相談男性3

「目先の待遇・給料アップ」より「スキルアップ・キャリアの可能性」を模索すべき?

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

年収550万はきつい【一般知識】

目次

 

諒

ではまずはじめに、年収550万はきつい【一般知識】についてご紹介していきます。

 

年収割合データ

 

まず「日本の労働者年収比較」を知る為に、年収割合データからご紹介します。

 

年収割合データ

  • 年収500万円(500万〜600万)の全体割合=「男性13.8%」「女性5.9%」「全体10.5%」
  • 年収500万円(500万〜600万)の多い業種=「1位=情報通信業(IT)14.5%」「2位=複合サービス事業(郵便局/協同組合など)14.4%」「3位=建設業13.7%」

\年収割合データ/

年収割合データ 年収500万円

\業種別年収割合/

業種別年収割合

出典:令和3年分民間給与実態統計調査-調査報告書-

 

令和3年のデータに関しては、このような割合となっています。

 

手取り(税額)+生活スタイルイメージ

 

そして、実際の手取り(税額)+生活スタイルイメージは以下の通りです。

 

手取り(税額)

手取り(税額)

手取り(税額)1

手取り(税額) 年収550万

出典:セゾンカード

  1. 年収200万〜240万=「手取り率81%」
  2. 年収250万〜350万=「手取り率80%」
  3. 年収360万〜460万=「手取り率79%」
  4. 年収470万〜550万=「手取り率78%」
  5. 年収560万〜660万=「手取り率77%」
  6. 年収670万〜710万=「手取り率76%」
  7. 年収720万〜770万=「手取り率75%」
  8. 年収780万〜910万=「手取り率74%」
  9. 年収920万〜1,050万=「手取り率73%」
  10. 年収1,100万〜1,200万=「手取り率72%」

生活スタイルイメージ

目次 7

  1. 年収(手取り)=年収550万円=月収4,226,840円=「手取り約35万円(352,237円)」
  2. 家賃(手取りの30%以下が目安)=35万×0.3=「105,000円以下」
  3. 水道光熱費(1人当たり平均)=「男性15,000円」「女性10,000円」程度(個人差/住居により異なる)
  4. 通信費(格安SIM/固定回線)=「スマホ月額2,000円」「固定回線4,000円〜5,000円」
  5. 食費/エンゲル係数(手取りの15〜20%以下が目安)=「52,500円〜70,000円」
  6. 交際費(友人/会社の付き合い)=毎週飲みに行った場合「5,000円×4回=20,000円」
  7. 衣服/理容代=「衣服5,000円(15,000円/3ヶ月・30,000円/6ヶ月など)」「理容代5,000円」
  8. 雑費(自販機/コンビニ/喫茶代/寄付など)=1日500円×30日=15,000円

→35万-10万5千-1万5千-7千円-6万-2万-1万-1万5千=118,000円

 

あくまで「1人暮らし&平均値程度に生活費をコントロールできている場合の生活イメージ」ですが、このように10万円以上の貯金が月々貯められる感覚にはなります。

 

ただし、ボーナス込みでの計算式であり「118,000円×6ヶ月=708,000円」の為、夏&冬にこの辺りの金額を一気に受け取っているケースも多いです。

 

仕事 ミス 大損害

 

その為「国内or海外旅行」「趣味や推しに注ぎ込む」「子育て・家族サービス代」などで貯金が吹っ飛び「比較的節約しているのに、貯金できない…」という人も一定数いるでしょう。

 

車/一軒家/結婚/子育て例

 

また合わせて、車/一軒家/結婚/子育て例についても補足しておきます。

 

車/一軒家/結婚/子育て例

目次 4

  1. 車(年収の半分まで)=「275万円」までなら可能(普通自動車/中古車など)
  2. 一軒家(ローンは年収の5〜7倍)=「2,750万〜3,850万」(都市部で小さく買うor郊外で買うなど)
  3. 結婚=生活を共有するだけの為「対応可能」(但し相手がいる&承諾して貰えればの話)
  4. 子育て=「1人辺り月5万円以上」はかかる為、2人産み育てるレベルまでなら大丈夫

 

このように、年収550万円だと「結婚は相手がいればOK」「車/一軒家/子育てのどれか1つ+貯金できるor節約してどれか2つ」というライフスタイルになる可能性が高いです。

 

 

※なお「年収300万円のライフスタイル年収1,000万円のライフスタイル」に関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

年収別ライフスタイル

  1. 年収300万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  2. 年収400万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  3. 年収500万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  4. 年収800万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  5. 年収1,000万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら

年収550万はきつい【原因】

目次

 

諒

では次に、年収550万はきつい【原因】についてご紹介していきます。

 

家賃・ローン・車代が高すぎる

 

家賃・ローン・車代が高すぎるから、生活苦に陥っているケースは多いです。

 

例えばある人は「慶應大学卒→超有名広告会社勤務→20代で年収1,000万越え」した一方で「先輩達の圧で外車購入+長時間残業で都内一等地のスグ帰れるよう賃貸」に住んでたそうです。

 

その結果「年収も1,000万以上貰っていたが、借金も1,000万円を超えて自転車操業を続けていた」との事でした。

 

高級車

 

他にも「身の丈に合わない家賃50万円マンションに住んで、生活が毎月赤字」などに陥っていたケースの人もいます。

 

これ以外にも「仕事を頑張れるからという理由で、生活費を圧迫するローン返済計画で家を建てた」「高級車を買って複数持っているが、結果生活を圧迫している」というパターンもあります。

 

その為「異常な固定費支出があるから高年収でも生活が苦しい」という自覚があるなら、支出削減を本気で考えた方が良いでしょう!

 

飲食代・遊興費など生活費が高すぎる

 

固定費以外にも、飲食代・遊興費など生活費が高すぎるから生活苦に陥っているケースもあります。

 

例えば「キャバクラorホスト通いにどハマりして、毎月給料日前に金欠」「毎日のように居酒屋で友達・同僚と集まるなど、飲み食いに毎月何万〜何十円も使う」というケースの人もいました。

 

他にも、仕事がストレスフルすぎて「高級ブランドアイテムを買ってストレス発散=リボ払い漬け」など、ショッピング依存症などに陥っているケースの人もいます。

 

仕事 ミス 大損害

 

もちろん、それで頑張れている側面もあるかもしれませんが「そもそもストレスを溜め込んでは爆発して散財する悪循環を断つ努力」も考えた方が良いでしょう。

 

家庭の経済的依存が大きい

 

高収入なのに貧乏な人あるあるとして、家庭の経済的依存が大きいというケースもあります。

 

例えば「年収1,500万円以上貰っているのに、東京の一等地に住んで専業主婦の妻+子供を育てており、自分はボロボロの服しか持ってない&昼飯も節約している旦那」というケースがいました。

 

一族経営 やばい

 

勿論、専業主婦家庭が悪いという事は言いませんが、明らかに「経済的責任が偏りすぎ+稼いでいる側が冷遇されている」というケースもある為、家庭運営を見直すべきとも言えますよ!

 

子供が多いor育児に使いすぎ

 

家庭運営から派生しますが、子供が多いor育児に使いすぎというケースもあります。

 

「子供は3人=全員中学受験を想定してSAPIX通い」「色々なお稽古事や塾に行かせていて、1人毎月10万円以上払ってる」など、夫婦は節約してるのに子供にドバドバお金を使ってるケースです。

 

勿論「子供がやりたいと言っている事をやらせてあげる」のは大賛成ですが、そのお金の使い方のバランスが本当に良いのか?問い直した方が良い可能性もあります。

 

同族経営 やばい

 

「無理やり行かせているお稽古事が複数あった」「塾通い漬けにするより、自由時間を与えて有意義に育てるべきかも?」という方針転換も見えてくる可能性がある為、家族会議も一つの手ですよ♪

 

年収550万はきつい【問題点】

目次

 

諒

では次に、年収550万はきつい【問題点】についてご紹介していきます。

 

周りの人より劣ると感じる

 

やはり、年収は「人間的実力を図る指標の一つ」の為、コミュニティ内で低収入状態でいると周りの人より劣ると感じるリスクがあります。

 

本当は、仕事以外でもっと高年収の人より素晴らしい才能を持っていても「自分はダメな奴なんだ…だって低収入だから…。」と卑下して、どんどん自分を傷つけてしまうわけですね…。

 

その為、後ほど紹介している「収入UPの選択肢」のどれかを実践して、惨めな人生脱出挑戦がおすすめですよ♪

 

我慢・節約で自尊心が低下する

 

我慢・節約で自尊心が低下するというデメリットもあります。

 

そもそも自尊心が低下すると、以下のような“悪魔の囁き”が頭の中に響いてきます。

 

同僚 女性

どうせ自分なんていなくても良い…

同僚

仕事のできない自分は、なんて情けないんだ…

同僚 女性

周りと違って自分は出来損ないだなぁ…

 

このように「仕事ができない=生きている価値がない」という自己否定がドンドン強まってしまうので、要注意です。

 

 

逆に「独学でスキルUP」「尊敬できる先輩に学ぶ」「社外でメンター探し」などを実践し、自尊心を向上すれば以下のような“神の囁き”が聞こえてくるものです。

 

諒

自分はなんて価値ある存在なんだ♪大変立派だ♪

諒

仕事ができる自分を誇りに思う♪

諒

自分は最高傑作だ↑

 

このような、ポジティブな自尊心を育めていないのであれば「主体的に自分をレベルアップしていくチャンス」と思って、現実を変えるアクションを起こした方が良いですよ♪

 

幸福

 

欲しい物が買えない

 

経済的余裕が少ない状態のままだと、欲しい物が買えないというストレスが溜まります。

 

「1,000円ランチは高いから毎食500円以下」「服は節約してTシャツは2,000円まで&5,000円以上は絶対ムリ」「靴下は破れてても我慢して履く」といった節約で自分を追い込んでいくわけです…。

 

食事

 

しかし節約は大切ですが、同時に「収入UP」「不要支出削減」にも挑戦しない限り、いつまでも地獄生活を延々続けるだけになってしまいます。

 

その為「この生活から5年後にはオサラバするんだ!」「無駄な支払いはカット!」「今すぐ転職&年収UPも実践するぞ!」といった形で「悔しさのやる気変換」をおすすめしますよ♪

 

行きたい所に行けない

 

行きたい所に行けないというストレスも大きいです。

 

「学生時代の友達は、長期休暇のたびに海外旅行をSNSにアップしてる…」「タクシーは絶対ムリ!徒歩or電車移動で節約!」など、お金に余裕がないから楽しい経験を逃しているというわけです。

 

旅行

 

こういう「他人ができていて、自分はできていない楽しみ」を見せられた時、正直言って結構凹むので、どこかで「いつか自分も!」というやる気に変えた方が良いですよ♪

 

やりたい事を実現できない

 

やりたい事を実現できないというリスクもあります。

 

お金とは、言ってしまえば「現実を変える力」なので、自由に使えるお金が少ないほど「現実を変えられない」「現実は変わらない」という束縛に強く縛られています。

 

その為「学びたい事が学べない」「恋愛や人間関係が上手くいかない」など、我慢と節約人生をどんどん強化していってしまうのです。

 

ハイクラス転職

 

だからこそ、我慢・節約ばかりにフォーカスするのではなく、少しずつでも「お金を稼ぐ力」「無駄な支払いを拒絶する力」「現実を変える力」を育んでいった方が良いでしょう♪

 

 

※なお、以下のリンク先にて「即日退職+諸手続きをプロに依頼できる退職代行サービス」を紹介している為、必要に応じてご参考に♪

退職作法・手順

  1. 退職理由+作法・手順=具体的な退職知識が欲しい場合はこちら
  2. 退職事前告知の段取り=早めに宣言して円満退職したい場合はこちら

退職代行のおすすめ

  1. 退職代行ガーディアン=労働組合対応+安価で一番おすすめ♪
  2. 弁護士法人みやびの退職代行=「お金トラブル」がある場合におすすめ♪
  3. 退職代行ランキング=一括比較したい場合はこちら♪

年収550万はきつい【対策例】

目次

 

諒

では次に、年収550万はきつい【対策例】についてご紹介していきます。

 

昇進・出世を目指す

 

今の状況で定年まで勤め上げる予定であれば、昇進・出世を目指すのが賢明です。

 

当然ながら「出世して責任領域UP=年収UP」という好循環になる為、お金に余裕がない状況から余裕を増やす事が可能です。

 

 

ただし気をつけて欲しいのが「出世に伴って役職手当導入された一方で残業手当が無くなったり、労働時間が増えた結果、時給換算するとたいして増えていないケース」に陥ってしまうリスクです。

 

例えば「みなし残業などで、残業代がつかない正社員」として働いていた場合、アルバイト並みの時給で働いている人も結構います。

 

みなし残業で長時間勤務の場合

借金 リボ払い

  • 年収400万円の例(賞与・みなし残業代含む)
  • 年収400万円÷12ヶ月=月給約33万円
  • 33万円÷22日勤務(土曜日を2回出勤)=日給1万5,000円
  • 1万5,000円÷14時間勤務(残業4h/日)=時給1,071円

 

このように、たとえボーナスを貰って年収400万円でも「残業代なしで22時ごろまで働いている人」は、アルバイト並みの時給になっているのです。

 

そして出世していき「表面上は年収が上がった場合」でも、時給換算してみるとそれほど増えていないケースもあります。

 

みなし残業で長時間勤務の場合

否定 拒否 NO

  • 年収600万円の例(賞与・役職手当含む)
  • 年収600万円÷12ヶ月=月給約50万円
  • 50万円÷24日勤務(土曜日を4回出勤)=日給2万833円
  • 2万833円÷15時間勤務(残業5h/日)=時給1,388円

 

このように出世していても「一緒に働いている派遣社員の方が時給が高いor大して変わらない」という現実があるのです。

 

その為「役職手当がついて長時間残業する人」より「早めに帰って、副業などで稼ぐ努力をしたほうがコスパ・タイパが良い」と言えるのです♪

 

現状維持で固定費を下げる

 

同じく、今の状況で定年まで勤め上げる予定であれば、現状維持で固定費を下げるのもアリです。

 

なぜなら「少なくとも、現状から悪くなるリスクを回避できる」からです。

 

仕事 ミス 大損害

 

もちろん「長期的には、余剰資金で投資を始めたり、副業で所得向上を目指す」という考え方もアリでしょう。

 

しかし、そうで無いなら「クビにならない程度に“そこそこ今の現状”を継続して、バランス良く生きていく」のは、一つの立派な生存戦略と言えますよ♪

 

 

※なお「年功序列社会の問題点」などを、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

転職前後対策

  1. 年功序列組織から転職すべき理由=“若手を食い潰す”組織構造を知りたい場合はこちら
  2. 中途採用転職後に放置が長い時対策=自発的にやる事を見つけたい場合はこちら
  3. 東京or地元就職・転職の良悪比較=「成長の東京VS安心の地元」を比較したい場合はこちら

固定費節約例

 

なお参考として、固定費節約例も補足しておきます。

 

固定費節約例

減少

  • 「家賃が安い場所などに引っ越す」=家賃は月収30%以下(数万円以上)で節約できる
  • 「スマホをキャリアから格安SIMに移行」=数千円(3,000円〜5,000円)節約できる
  • 「スマホゲーム課金・不要なサブスク・過剰な保険代などを解約」=数千〜数万円節約できる
  • 「家計簿をつけて浪費を抑える」=無駄な買い食い・飲み代(1日数百円〜数千円=数万円)節約できる

 

このように「収支を可視化する」「無駄な消費・浪費を節約する」事で、手元に残るお金を増やせますよ♪

 

転職・副業で収入を増やす

 

ストレスフルな状況を変えるには、転職・副業で収入を増やす選択肢が一番現実的です。

 

例えば人によっては「毎日終電帰りの上場企業勤務→中小にダウンしたが残業は月20時間以内でプライベートを有意義に使えるようになった」などの成功例が複数いたりします(知人の例)

 

成長

 

もちろん、既に市場価値の高い人材だからこそ出来た決断ですが、その結果確実に彼らはQOL(クオリティオブライフ=生活の質)も向上していましたから♪

 

 

他にも「ブログを始めて稼げるようになった為、会社員から独立」「株式投資の勉強をしつつ資産を増やし続け、それ一本で独立」という副業からQOLを向上させたケースもいます。

 

その為「今の仕事の延長戦以外の選択肢を持つ」のもアリと言えますよ♪

 

 

※なお「失業保険」「職業訓練」に関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

失業保険の有効な使い方

  1. 失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方=退職不安がある場合はこちら
  2. 職業訓練のメリット・デメリット=職業訓練について知りたい場合はこちら
  3. 職業訓練に落ちた時対策=失業中のスキルUPテクを知りたい場合はこちら
  4.  

働きやすい企業に転職

 

働きやすい企業に転職するのはアリです。

 

例えば「創業間もないスタートアップの創業メンバーになり、上場すれば若くして数千万〜数億円配当がある」などのメリットがあり、若手が頑張っている組織も沢山あります。

 

 

他にも「今の環境が自分に合っていないだけで、年収が多少減っても生活が楽になり、支出が減ってQOLが向上するケース」もあります。

 

仕事 ミス 隠したことある

 

その為「●●の会社より、もうちょっと楽に働きたい!」「マネジメント業務より●●の仕事なら夢中になって働ける」という、今までと別の選択肢を見つけるのもおすすめですよ♪

 

 

※なお「幸福度の高い業種/職種/働き方が分かる適職診断」「WEBライターなど、僕が経験した職種のリアル」を以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

職種別体験談

  1. 適職診断@おすすめ3選=自分の個性を知りたい場合はこちら
  2. WEBライターの働き方リアル=WEB職を知りたい場合はこちら
  3. 営業の働き方リアル=営業職を知りたい場合はこちら
  4. 事務職の働き方リアル=事務職を知りたい場合はこちら

副業を始める

 

転職までは考えていないが、今の状況ではキツすぎるなら、別の選択肢を得るために副業を始めるのもおすすめです。

 

例えば、僕は「通信IT系営業時代」に副業ブログを独学で始めてから、結果的に2年経過後にWEB制作の道に転職しました。

 

しかも、副業は「確定申告で売上計上」出来るようになれば、副業禁止企業でもバレないように調整できますし、何より「自力で稼ぐ経験=大きな財産」になります♪

 

適職 不適職

 

※実際、僕が参加したブログ塾では「FX投資副業8年目に月収を超えて独立&その後FXブログで月収100万達成」という猛者もいた為、稼げる魅力大です♪

 

その為、このような経験を持つ僕が、以下のリンク先にて「ブログの始め方」「副業禁止の会社で稼ぐコツ」を紹介しているので、自尊心UPの参考にご活用ください♪

アフィリエイトブログの始め方!月収100万社長が教える初心者が月5万円を最速で稼ぐコツ

アフィリエイトブログを副業禁止企業で始めるコツ

 

僕の転職・退職体験談

適職 不適職

諒

では次に、僕の転職・退職体験談についてご紹介していきます。

将来に不安を感じて転職


僕は26歳の時に、将来に不安を感じて転職しました。

なぜなら、以下のような状況で働いていて「このままでは将来がダメになる…」と感じていたからです。

事務職で働いていて不安に感じていたこと

  • 「基礎的なオフィススキル」しか育たなかった為、万一クビになった時に転職できない不安を感じていた
  • 「月給20万+残業代+ボーナス少々」で生活に余裕がなく、昇進・昇給の見込みも薄かった
  • 単純に「上司や先輩で憧れる人」がおらず、数年後はここに居るつもりがなかった


その為「半年後に辞めると宣言→退職3ヶ月前からユルユルと転職活動を開始→ギリギリ退職3週間前に、何とか滑り込みで転職先が決定」という危うさで転職先決定しました(苦笑)

僕のヒーローアカデミア ゴミ掃除

出典:僕のヒーローアカデミア


そして、この経験から言えるのは「退職決断後に0から情報収集を始めた場合、最低3ヶ月以上は欲しい」という事です。

しかも、ストレスで疲れ切ったり「もうこんな人生イヤだ…」という無気力状態に陥ると、逃げる気力すら湧かず「うつ」「過労死」など、心や体が死んでしまうリスクがあるのです…。

転職サイト登録対策なしorありの例

呪術廻戦 最強

出典:呪術廻戦

  • ■対策なし=ストレス爆発して退職→転職活動開始→アルバイトor貯金を崩しながら転職
  • ■対策あり=気力がある内から情報収集→余裕を持って退職→転職


その為、スムーズな転職を実現する為には「当サイトで紹介しているような転職サイトに無料登録」して、不足の事態に備えておくのがおすすめですよ♪


【転職最大手】リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントは、非公開求人数21万件&公開求人30万件以上があり、幅広い要望に応えてくれる為「情報収集だけしたい」「履歴書/職務経歴書など、プロのアドバイスが欲しい」という転職初心者は、登録必須のサイトです♪

諒

備えあれば憂いなし♪

僕のヒーローアカデミア

出典:僕のヒーローアカデミア



リクルートエージェントの口コミ・評判!面談手順
リクルートエージェント公式サイト


【20代職種転換に最適】Re就活

Re就活1
Re就活は「全国1万件以上の求人アリ(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)」「未経験OK多数」など「20代の就活やり直しサポート」してくれるサイトの為、20代は登録必須のサイトと言えますよ♪

諒

若い頃の苦労は買ってでもしよう♪

呪術廻戦 誇れ

出典:呪術廻戦



Re就活の口コミ・評判
Re就活公式サイト


【転職方向性確認に最適】適職診断3選

向いてる仕事 適職診断
適職診断は「自分に合った快適な働き方が分かるチェック方法」であり、僕自身「非常に役立った3つの適職診断」がある為、以下のリンク先にて詳しく紹介しています♪

諒

自己の可能性の限界に挑戦するぜよ♪



るろうに剣心 答え

出典:るろうに剣心



適職診断@おすすめ3選


また、以下のリンク先にて「転職サイト・エージェントおすすめランキング〜利用失敗体験談」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

転職サイトおすすめランキング+利用失敗体験談


さらに、以下のリンク先にて「僕自身が転職10回+職種転換4回を達成してきたプロセス=大島諒一年表」を赤裸々に公開しているので、合わせて参考にご覧下さい♪

大島諒一の自尊心復興体験談

テニスの王子様 油断せずに行こう

出典:テニスの王子様