広告営業 きつい

 

諒さん諒さん

「事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

「広告営業職はきつい?」「広告営業マンは激務で大変?仕事内容やスキルアップのコツ、やりがいは?」

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も雑誌系の広告営業大手にほぼ未経験で転職した人間なので、あなたの気持ちが痛いほどよく分かります…。

 

 

だからこそ、そんな今のあなたと同じ時期を経験した僕が「広告営業がきつい理由とおすすめ転職方法・職種選択」を具体的に紹介します♪

 

転職変化

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

広告営業がきつい理由

上司 嫌い 細かい

 

では次に、広告営業がきつい理由についてご紹介していきます。

 

無形商品で現物がない

クラウド

 

無形商品で現物がないのが、広告営業がきつい原因です。

 

車や家電など、手に取って触れるものは五感に訴えることができるので説得力がありますが、広告の商品は形がないので「資料やデータ」でしか紹介できません。

 

もちろん「雑誌媒体やHP」を見せたり、通信であれば「スマホなどで実際の商品を見せながら伝える」ことが出来るケースもあります。

 

 

しかしそれでも商品を実際に見せられないケースも多いので、その場合は顧客への説得力が心細いと言えるのです。

 

サービスの変化が激しい

スマホ SNS

 

サービスの変化が激しいのも、広告営業がきつい原因です。

 

僕がいた雑誌の広告業界は「毎週or毎月発売の雑誌」を売る仕事だったので、かなりタイトな売り込みだったイメージです。

 

しかも幅広い雑誌を取り扱っていたので、各々の特徴やセールスポイントを覚えるのも大変でした…。

 

 

そのため若い世代の時は物覚えも良いので問題ないかもしれませんが、年齢を重ねていくと新商品について行き続けるのはキツいものがあるようです。

 

奥深い基礎知識の勉強が必要

本

 

奥深い基礎知識の勉強が必要なのも、広告営業がきつい原因です。

 

僕の場合は「有名ビジネス誌」の売り込みだったのですが、大学の経営・経済学部の先生向けセールスだったので、非常に大変でした…。

 

知識豊富な顧客は大変

仕事 覚えられない 怒られる

 

知識豊富な顧客が大変というきつさもあります。

 

なぜなら「経営学部」「経済学部」の教授へのプレゼンの場合、かなり理論や理屈を奥深くまで突っ込まれるので手に負えない時があるのです。

 

もちろんトレンドレベルの知識であれば太刀打ちできるのですが、その道で何十年も「経営を研究している人」を論破できるわけがないので、かなりキツイものがありました…。

 

購入意義を納得させるのが大変

仕事 辞めたい お金 ない

 

購入意義を納得させるのが大変なのも、広告営業がきつい原因です。

 

僕の場合はビジネス雑誌だったわけですが「新聞」「ネットニュース」などに目を通している人に「週or月の定額支払いでビジネス誌を購入する意義」を納得してもらうのは骨が折れました…。

 

 

ちなみにこれは「ビジネス誌という情報を有料で買ってもらう苦労」ではありましたが、広告掲載を依頼する営業でも同じ苦しみがあります。

 

なぜなら「求人掲載の広告営業では無料のハローワークよりメリットを伝えなければならない」など、無料との壁を突破しなければならないからです。

 

そのため「無料を上回るメリット」を有料商品・サービス購入に感じてもらわなければならない点で、広告営業のセールス能力は非常に高いと言えるのです。

 

ノルマのプレッシャーがきつい

ストレス

 

ノルマのプレッシャーがきついという面もありました。

 

幸い僕は売り上げが比較的上がっている担当だったのですが、それでも「どこを回っても怖い社長がピリピリしている現場」の繰り返しだったのです。

 

しかも取引先の近くに「ヤクザ屋さんの事務所」が何箇所かあったのもドキドキで、営業周りの運転が毎日ピリピリムードだったこともストレスでした…。

 

OJT主体で転職後激務なのがきつい

ストレス 我慢

 

配属後に関して言えば、OJT主体で転職後激務なのがきついです。

 

新卒入社や比較的大手は「入社後半年は研修で缶詰めになり、その後は先輩と当面独り立ちまで同伴」だと聞いています。

 

しかし僕はほぼ未経験の状態で広告営業マンの世界に入りましたが「入社1〜2週間は軽く研修を行い、その後はOJTで新規開拓を行いながら体で覚える」という強行OJTでした!

 

 

しかも広告はお金の話に直結していると言えるので、慣れるまでとにかく胃が痛かったことを覚えています…。

 

休日少なめがきつい

睡眠

 

休日少なめがきついという面もありました。

 

売り上げが上がっていなければ、残業や休日出勤もあったので、中途半端な1日休みしかなかったのです。

 

そのため休みの日も「翌日は仕事だ…」というイヤ感を感じながら休んでいたので、休み切れた感覚が少なくストレスが多かったです。

 

 

※ちなみに休みに関しては、以下のような取り決めが求人ルールに定められているので、転職する場合は参考にしてください。

 

休みに関する求人記載ルール

週休二日制=月に1回以上週2日休日取得できる(1ヶ月4〜5週の内、1回以上2日休みがあれば該当)

完全週休二日制=毎週必ず2日の休日をどこかで取得できる(週7日の内、各週どこかで2日休めば該当)

完全週休二日制(土日)=毎週必ず土日に休日を取得できる

完全週休二日制(土日祝)=毎週必ず土日に休日を取得+祝日も休める

休みに関する求人記載ルール補足

いずれの休日形態でも「年間休日日数●●日」という合計休日数が記載されているので、その日数により勤務日数の多さが分かる

最長=「年間休日125日」で、土日祝休み+夏季休暇・年末年始休暇などを含む

一般的=「年間休日110日」で、土日休み+祝日出勤or祝日休みで土曜に出勤変更

最短=「年間休日105日」で、労働基準法ギリギリの働き方

広告営業がきつい場合の職種転換

適職

 

では次に、広告営業がきつい場合の職種転換についてご紹介していきます。

 

なぜなら似た業種や職種では同じ転職原因にブチ当たる可能性が高いので、未経験から別職種にチャレンジするのもアリですよ♪(転職した結果、自分に合っていたりもしますから♪)

 

人前に立つ営業・販売職

営業 セールス

 

同じジャンルではありますが、人前に立つ営業・販売職がシフトする転職先としてあります。

 

改めて営業職を経験した立場から言わせてもらうと、職種を人前に立つ仕事に変えるメリット・デメリットは以下の通り。

 

人前に立つ仕事への職種転換メリット

コミュニケーション能力が確実に上がる

コミュニケーション能力は人間関係能力であり、時に言うべきことを言う力が付き、自尊心が高まる

インセンティブがあったり基本給が上がるなど、収入UPの可能性が高い

個人の仕事能力を上げることで、周りに合わせず早めに帰ったりも出来るようになる(営業)

人前に立つ仕事への職種転換デメリット

お金や商品のやり取りをベースとした人間関係で動くので、とにかくストレスが多い

面倒なことを言ってくる顧客に対してストレスが溜まる

上司や同僚に気が強い人間が増えるので、内勤職より人間関係問題のレベルが上がる

仕事ができないとかなり直球でダメ出しや悪口を言われる

 

このように良くも悪くも「人と関わる良い点と悪い点が思い切り表面化する」のが人前に立つ仕事の全貌です。

 

そのため離職率も高かったりするので「収入を上げたい!」「自分に自信をつけたい!」という確固とした目的がなければ、そもそも職種転換しない方が良いジャンルとも言えます。

 

経理・税務などの専門分野

役所

 

内勤の中でもより専門性の高い、経理・税務などの専門分野にステップアップしていくのもアリです。

 

とくに「他の人や機械に代替できる業務」は今後どんどんあなたの手を離れていくので、そうならない分野のスキルを蓄えるしかありません。

 

もちろん経理や税務が「人手のかかる作業からオフィスソフトに置き換わる懸念」もありますが、単純業務よりはもっと先の話です。

 

 

しかも「FP(ファイナンシャルプランナー)など、個人や企業のお金の悩みを解決する仕事」は、コミュニケーションして問題解決する必要性がある分、あなたにしか出来ない仕事になり得ます。

 

そのため「自分がずっと価値を提供できる誇りある仕事は何か?」という視点で、こういった内勤職のスペシャリストを目指すのもアリですよ♪

 

WEB系内勤職

SEO

 

個人的に営業や販売ほどストレスを抱えることなく、収入UPなどを目指せるWEB系内勤職がおすすめです。

 

WEB系内勤職

WEBライター・WEBディレクター

WEBデザイナー

WEBマーケター・WEBコンサルタント

プログラマー・システムエンジニア など

 

僕はこの中から「WEBライター」に独学・未経験で転職したのですが、物書きの仕事が非常に合っていたようで、とても働きやすくなりましたから♪

 

しかも強みとして「自分HPを持てるスキルを蓄えられる」ので、副業を始めるのに最適なジャンルだとも思っています。

 

 

HPを持つことができれば、自分が伝えたいことを発信する力や、お金を稼ぐ力も高めていけるので、選択肢として非常におすすめですよ♪

 

※ちなみに「WEBマーケターやWEBコンサルタント」は数値を用いた分析・解析で「プログラマー・システムエンジニア」はプログラミング言語と呼ばれる式を記述する仕事で、理系的業務です

 

 

※なお、以下のリンク先では、僕が「未経験でWEBライターに職種転換した体験談やノウハウ」を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

まとめ

 

以上が広告営業はきつい!業界経験者が語る圧倒的キツさや最終手段の転職術のご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

自分の適職・天職を知るメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

自分の適職・天職を知らないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

 

※そして以下のリンク先では、転職サイトに登録「だけ」でもしておくべきメリットを紹介しているので、合わせて参考にしてください♪

 

 

※また、以下のリンク先では、どうしても会社に行きたくない時の休む正当な理由を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

自分だけの適職・天職の見つけ方

向いてる仕事
振り返り



今の仕事が本当に合っているのか?

本当はもっとラクに楽しく働ける場所があるかもしれない…

自分では分からないけど、仕事に使える強みってあるのかな?

頑張って働いてるけど、ずっとこのままは苦しいから、いつかは転職したい…



そんな悩みをお持ちの方向けに、以下のリンク先にて「自分の強みを知り、適性のある仕事の見つけ方」をご紹介します。