正社員じゃない生き方

 

諒さん諒さん

「事務・営業・WEBライター」の三職種以上を経験し、さらに転職サイトのライターとして、500社・1000件以上の求人広告を作成した僕がまとめました♪

 

「正社員じゃない生き方は可能?向いてない人にはオワコンでデメリットしかない?正社員じゃなくてもいい生き方実現のコツを知りたい!」

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も東京に上京してから、正社員じゃない生き方をしている人に沢山出会い、色々な生き方をたくさん模索した経験があるので、あなたの悩みが痛いほど分かります…。

 

だからこそ、そんな今のあなたと同じ時期を経験した僕が「正社員じゃない生き方やライフスタイル構築法」を具体的に紹介しています♪

 

転職変化

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

目次

転職10回経験者が語る!意欲が少ない内から転職サイト登録が絶対必要な理由

今スグ転職サイト登録すべきただ1つの理由

転職サイト登録



最初に補足として、今スグ転職サイト登録すべきただ1つの理由についてご紹介していきます。





転職先が不明確な退職は死に直結

会社員 向いていない どうすれば



今スグ転職サイト登録すべきただ1つの理由は、転職先が不明確な退職は死に直結するからです。



なぜなら「勢いで退職した結果、非常に苦しい極貧生活を経験した僕」から言わせてもらうと「本当に退職したいタイミングで転職活動開始するのは、かなり遅い!」と断言できるからです!




もちろんかつての僕のように「失業保険を貰いながらで良いじゃないか…。」と思うかもしれませんが、以下のように「ダラダラ転職活動をしていられないケースのほうが多い」からです!



★1、自己都合退職扱いで3ヶ月間給付なしになる可能性も高く、バイトしながら転職活動はかなりキツい

★2、失業保険を貰えても月給の6割支給(月給20万なら12万支給)で、しかも支給中はバイトなどの小銭稼ぎも出来ないので、貯金がないとかなりキツい




だからこそ「将来自分が過労で倒れたり、会社が倒産・縮小になっても大丈夫な逃げ道(保険)を漠然とでも知っておくこと」はとても重要です!



さらに転職サイトに登録しておくことで、在職中でも以下のような4つのメリットを得られます。



★1、我慢が減る=逃げ道を確保できる

→逃げ道があるという心理状態を獲得できれば「自分を押し殺し過ぎなくて済む」メンタル状態にシフトできますよ♪

★2、心の余裕=将来の視野が広がる

→「年収が上がった」「残業激減できた」などの成功例も多数あり「職務経歴書登録によって優良求人情報をGET」することで、もしものチャンスやリスクに備えられるのです!

★3、見える化=無料で市場価値が分かる

→転職サイト登録及び職務経歴書を記載しておくことで「転職メリットが分かる情報」を受け取ることができ、今の会社よりホワイト企業に移れるチャンスが生まれる。

★4、自己適性が分かる=適職診断がある

→リクナビNEXTには「全8,568通りから5つの強みを診断」してくれる有料級テストがあり、自己分析や転職用履歴書に使える評価を受けられる。



このように、無料登録で得られるには十分すぎる利用メリットを提供してくれています♪



そのため「就職活動でリクナビに登録して情報収集」したように、不測の事態に備えて登録して情報収集しておくのがおすすめですよ♪




リクナビNEXT診断の正確性

診断

ちなみにリクナビNEXT診断の正確性が分かるように、僕自身の「キツかった仕事・楽しかった仕事との照らし合わせ」も紹介しておきます。



まず僕の診断結果では、「自立」「独創性」「高揚性」「自己信頼」「俊敏性」の5つの強みがあると分かりました。




日本の誇りの柱
★1、自立=意見の調和より自らが納得いく結論を求めるタイプ

★2、独創性=オリジナリティ・自分らしさを大切にするタイプ

★3、高揚性=変化や刺激を好むタイプ

★4、自己信頼=自己信頼を軸に周りを引っ張るリーダータイプ

★5、俊敏性=思い立ったら即行動タイプ



とくに「通信系営業マン時代」は、この強みと全く真逆で「毎日が苦痛でストレスフル」だったことからも、この診断の正確性に驚きました。



なぜならその会社は、以下のような仕事環境でしたから…。



ルート営業 怖い
★1、リーダーシップNG=平均年齢44歳で、周りは歳上ばかり

★2、自立NG=厳密な規律と手順書があり、周りとの協調最優先

★3、俊敏性NG=半年以上先の納期までじっくり計画を詰める



そのため当時は「死なないために毎日仕事を頑張る」というネガティブモチベーションで動いていたことも事実です…。




しかしその後転職したWEBライターでは「グッドポイント診断にて診断された個性を活用できる環境」だったので、毎日のストレスが激減しました♪





WEBライター 独学
★1、リーダーシップ=平均年齢30歳で、後輩を指導・育成する機会が多い

★2、自立=原則として責任者が顧客の方向性を元に執筆するので自由裁量が大きい

★3、俊敏性=誤字・脱字はNGだが、期日までの納期に向けてスピーディに対応



このように自分にとって働きやすい環境に変わったので、通信IT系営業職の時と比べたら「毎日のモチベーションやストレスが圧倒的に改善されました」から♪



このような「履歴書にも書ける強み診断が可能な贅沢診断サービス」「メールアドレス登録だけすれば、無料で受けられる」ので、ぜひ取り組んでみてくださいね♪





職務経歴書が絶対必要な理由

診断



また、職務経歴書も登録しておくことで、スカウトやオファーメールを受け取れる恩恵も増えるので、ぜひおトクに享受しておきましょう♪



なぜなら「元転職サイトのWEBライター」という立場から言わせてもらうと「せっかく転職サイトに登録したのに、オファーやスカウトメールを受けないのは、非常にもったいない」からです!



具体的には以下のような理由があるからです。



★1、オファーやスカウトは追加料金支払いケースが多いので、企業側の採用本気度が高い

★2、未経験採用への応募であってもオファーを出すほど採用・育成意欲が高いため、漠然と調べて応募した会社より採用確率+マッチ度が高い

★3、しつこい電話勧誘がない+メールを一方的に受け取るだけなのでストレスが少ない



そして無料登録+職務経歴書入力で、以下のようなメリットを享受できるので「職務経歴書を登録せずに放っておく人は、ハッキリ言ってアホ」ですよ!♪




★1、登録した職歴・経歴にマッチしたオファーやスカウトを受けられる

★2、自分の職歴・経歴でどのようなオファーが来るのか?漠然と自分の市場価値が分かる

★3、定期的にあなたにマッチした新規募集企業のおすすめメールを受け取れる

★4、理想の働き方5問回答があるので、自分の理想の働き方に近い会社を調べやすくなる



このように「自分で探す事なく、自動的にマッチした求人を受け取れる仕組み」を作れるため、忙しくて転職サイトを見る暇がない時でも、便利に活用できるメリットは大きいので、ぜひ登録しておいて下さいね♪



PS.職務経歴書の経験業務に、雇用形態(正社員/契約社員/派遣/パート/アルバイト)は関係ないので、安心して記入してくださいね♪




そして繰り返しますが「もうこんなクソ上司の部下は辞めてやらぁ!」「心が殺さ続けるブラック企業から、もういい加減逃げるぞ!」と退職が決まった後に、転職活動を始めるのは遅すぎます!」



※実際僕はこのパターンを何回もやって「日雇いバイト地獄」「前職以上のクズ会社へ飛び込み就職して短期離職」「転職先が見つからずに親から金銭的支援」という情けない現実を味わいましたからね…。




そのため僕と同じような苦い経験をあなたも味合わないように「事前の保険・防衛策」として「今の理不尽な現実からの脱出先」をイメージしておいたり、情報収集しておくことを強くおすすめするのです!



ぜひ「リクナビNEXTに登録+職務経歴書登録」で、今スグ「より快適な未来を作る準備」を始めておいてくださいね♪







【正社員に向いてない人の特徴】正社員じゃない生き方@正社員はオワコンでデメリット!

天職

 

ではまずはじめに、【正社員に向いてない人の特徴】正社員じゃない生き方@正社員はオワコンでデメリット!についてご紹介していきます。

 

マイペースで協調が嫌いな人

確信

 

マイペースで協調が嫌いな人は、正社員に向いてないタイプです。

 

正社員は「組織の歯車として、円滑に業務を遂行する一員」でなければならないので、自分勝手にやりたい人にとっては苦痛です。

 

そのため「自分親方」「一匹狼」「虎や猫のような性格」の人は、正社員以外か、正社員でも自由度の高い仕事を選んだ方が長続きします。

 

人間関係が面倒くさい人

自由

 

人間関係が面倒くさい人も、正社員に向いてないタイプです。

 

正社員は大抵の場合「40数年同じ仲間と、同じ会社という船で生活し続ける」わけなので、円滑な人間関係が築けない人は向いてないのです。

 

もちろんエンジニアなどで「必要最低限しか話さない」というタイプの職種もありますが、基本的には「イヤな人がいてもある程度目を瞑れる人」でなければストレスフルです。

 

指図されず自由に取り組みたい人

会社 休む理由 事前

 

指図されず自由に取り組みたい人も、正社員に向いてないタイプです。

 

世の中には「誰かに言ってもらった事を遂行するのが好きな人」と「自分で決めた事を遂行するのが好きな人」がいます。

 

そして「自分で決めた事を遂行するのが好きな人」は、上司や先輩の指示を受けて行動するのが嫌いなので、正社員は向いてないと言えるのです。

 

【正社員に向いてないわけではない人の特徴】正社員じゃない生き方@正社員はオワコンでデメリット!

オフィス 職場

 

では次に、【正社員に向いてないわけではない人の特徴】正社員じゃない生き方@正社員はオワコンでデメリット!についてご紹介していきます。

 

周りに合わせて生きるのが好きな人

社会人2年目 あるある

 

周りに合わせて生きるのが好きな人は、正社員に向いています。

 

正社員は「全社員一丸となって業績維持・向上に取り組む」ので、同じ生き方を周りと協調するのが好きな人にとっては天国と言えます。

 

逆に僕のように「派手好きで自分らしく生きたい」という人にとっては、地獄とも言えますが…。

 

ルールに守られるのが安心な人

法律

 

ルールに守られるのが安心な人にとっても、正社員は向いています。

 

なぜならすでに決められたレールがあるので、そこに沿っていくことができ「将来設計がしやすい」のです。

 

しかし僕のように「人生は思いもよらない波瀾万丈に満ちている」ようなギャンブラータイプには、それが合わないんですよね…。

 

人間関係にある程度妥協できる人

 

人間関係にある程度妥協できる人も、正社員に向いています。

 

先ほどお伝えした通り、正社員は「40数年同じ仲間と、同じ会社という船で生活し続ける」わけなので、円滑な人間関係が築けない人は向いていません。

 

そのため多少イラつく人間や肌に合わない人も、我慢・妥協して生きていける人にとっては、正社員はとても良い選択肢と言えます。

 

【正社員オワコンデメリット理由】正社員に向いてない人向け!正社員じゃない生き方

社会人2年目 あるある

 

では次に、【正社員オワコンデメリット理由】正社員に向いてない人向け!正社員じゃない生き方についてご紹介していきます。

 

正社員神話の崩壊

上司 無能 疲れた

 

正社員神話の崩壊が最も顕著なオワコン理由です。

 

正社員神話三種の神器といえば「年功序列・終身雇用・潤沢な老後年金」と言えます。

 

そもそも戦後の高度経済成長時代は「働き手も増えて国家は右肩上がり」「就活生は金の卵!高級寿司屋で接待」「24時間戦えますか?」「いつかはクラウン」といった信念で突き進めたでしょう。

 

 

その流れで正社員神話も強烈な基盤を確保していたと思いますが「バブル崩壊」「人口増から減へ反転」「平均年齢増による高齢者の増加」などで、崩壊が始まりました。

 

終身雇用・年功序列の崩壊

上司

 

まず「終身雇用・年功序列の崩壊」を知る上で、過去と現在の「企業寿命」を知っておいた方が良いでしょう。

 

1965年〜2030年の企業寿命推移

企業寿命

※出典:リクルートワークス研究所

 

このグラフから分かる通り、1980年頃のバブル崩壊前までに正社員になった僕たちの両親世代にとっては「企業寿命=30年〜40年」です。

 

つまり「20代に新卒入社して55歳以降に定年退職を迎える」のが成立していた世代では終身雇用・年功序列は機能していたわけです。

 

 

しかし一方でバブル崩壊後の21世紀(2000年)以降に社会に出た人にとっては「企業寿命=10年〜20年」です。

 

つまり「20代から働き始めて、60代でリタイアする場合」でも、平均2回〜4回は会社にいられなくなる危機が迫るということです(もしくは実際に倒産)

 

これが「正社員として入社できれば安泰で、後は年功序列と終身雇用が保証してくれる」という考えが、僕たちの世代に通用しない理由です(公務員などは違いますが)

 

会社員平均年収の低下

仕事 辞めたい お金 ない

 

会社員平均年収の低下もまた、正社員のオワコン原因となっています。

 

そしてこの事実を知るために、「約20年間の日本の平均年収推移」「日本と世界の賃金上昇率の比較」という二つの指標をご覧ください。

 

会社員平均年収の低下

平均年収

出典:年収ラボ

賃金上昇率

出典:全労連

 

このように、世界の主要先進国はこの20年間で「最低15%(アメリカ)〜最高38%(スウェーデン)程度賃金上昇した一方で、日本は11%低下した」のです。

 

つまりこのままいけば、何も打開策を実施しない限り、今後20年間で日本はさらに10%以上の収入低下が想定されるわけです。

 

 

そして原因は色々ありますが、僕が認識している限りで日本の賃金低下を引き起こしている諸悪の根源は以下の通りです。

 

会社員平均年収の低下原因

人材を「コスト(消耗品)扱い」し、内部留保(会社の貯金)を増やす一方で人件費をどんどん削ったツケ

非正規雇用の増加・派遣会社という「人を右から左に流すだけの中抜き組織の増加」

正規雇用に対してもみなし残業労働制などの「無給奉仕」を強いるワークライフバランス崩壊制度施行

変化の早い現代では創造性・想像性などが大切なのに、いまだに「暗記能力が高い=優秀」の教育を行なっているため、イノベーションが生まれない

お金や資産を蓄えるという「お金の教育」に関して全く触れていない為、収入UP・資産構築が他国よりショボい

戦後世代が全員「国を豊かにする」という一致団結行動を取った上で、その次の世代が「上の世代と同じことをしていれば良い」という信念で動き、時代が変わったのに僕たちの世代に「俺と同じやり方をやれ」と誤った指導をしている

 

これが僕たちの親世代と同じ価値観で仕事をしていても、先行きが悪くなる一方な要因となっており、「頑張って働いているのに、収入がどんどん先細る危険」を孕んでいるのです!

 

同一労働同一賃金で特権衰退

仕事 辞めたい お金 ない

 

同一労働同一賃金で特権衰退が始まっている点も見逃せません。

 

まず残業代に関しては「みなし残業などで、残業がつかない正社員」として働いていた場合、時給換算すると悲惨なケースがあるのです。

 

みなし残業で長時間勤務の場合

年収400万円の例(賞与・みなし残業代含む)

年収400万円÷12ヶ月=月給約33万円

33万円÷22日勤務(土曜日を2回出勤)=日給1万5,000円

1万5,000円÷14時間勤務(残業4h/日)=時給1,071円

 

このようにたとえボーナスを貰って年収400万円でも、残業代なしで22時ごろまで働いている人は、アルバイト並みの時給になっているということです。

 

もちろん月給制には安定して同額が入ってくるという安心感がありますが、時給換算で見ると時給制の方が良かったりする職場も多いのです。

 

年金制度の衰退

 

そして年金制度の衰退も、正社員のオワコン化に寄与しています。

 

そもそも「年金制度の発端」を知れば、現代の年金制度が如何に異常か?が良く分かります。

 

年金制度の発端

1889年=ドイツ帝国初代首相ビスマルクにより開始

当時の平均寿命は45歳ほどであり、65歳まで生きている人は少なかった

 

このように「年金制度は100年前にスタートした制度であり、当時は年金受給者がごく少数で、国の財政負担は少なかった」から機能していたのです。

 

にもかからわず、この100年で平均寿命が倍近く伸びたので、財政制度として破綻しかかっているのです。

 

そのため「正社員であれば老後は年金で安泰」ということはないので、年金頼りの正社員生活はオワコンと言えるのです。

 

【正社員オワコンデメリット】正社員に向いてない人向け!正社員じゃない生き方

不幸

 

では次に、【正社員オワコンデメリット】正社員に向いてない人向け!正社員じゃない生き方についてご紹介していきます。

 

本音が怖くて忖度し過ぎる

上司

 

本音が怖くて忖度し過ぎるというデメリットが大きいです。

 

正社員はどうしても「社内の歯車」になってしまうので、人間関係や上下関係が歪むことを恐れて、本音が言いにくくなってしまうのです。

 

このように馴れ合い文化に慣れてしまうと、自分の本音を伝える能力がドンドン退化していってしまうので「言われたままに動く操り人形」のようになる人も多いです。

 

茹でガエルになる可能性アリ

茹でガエル

 

茹でガエルになる可能性アリというデメリットもあります。

 

茹でガエルとは、最初は暖かい鍋で快適と思っているカエルが、段々温度が上がって高温になって「茹でガエル化して死ぬ」という例え話です。

 

つまり「正社員という快適鍋風呂に入っていたら、段々苦しくなってやがて死ぬ」という意味です。

 

 

実際「会社や上司の言うことを聞いているから大丈夫」と思って努力や自己研鑽をせず、いざ数年後〜数十年後に倒産やリストラにあって路頭に迷う人が続出しています。

 

とくに歴史ある会社や「終身雇用をなんとか維持している会社」ほど、こういった「視界にも入れたくないクソジジイ・クソババア」が多いという事実があります。

 

そのため正社員を辞める・転職するという気がなくても、こういった環境に染まり切らずに「自己投資・自己研鑽」をしていないと、悲惨な未来が待っています。

 

職場環境に生き方が左右される

オフィス 職場

 

職場環境に生き方が左右されるというデメリットもあります。

 

「職業病」とも言えるのものですが、人は「環境の生き物」なので、職場環境に自分の性格やクセが染まっていくのです。

 

職業病の例

人事などの評価職=人や物事を“点数評価”で見てしまいやすくなる

接客・販売職やルート営業=人間関係を重視するあまり本音が言いにくくなる

 

このような職業病もありますし、会社の風土によって「規律を重んじる性格」「ギスギスした体育会系」などに馴染んでいくこともあります。

 

もちろん「自分の個性に合っている職業病や企業風土」であれば大丈夫であれば、そうでなければ転職や職種転換を考えた方が良いでしょう。

 

将来がおおよそ決まってしまう

ブラック企業

 

将来がおおよそ決まってしまうというデメリットもあります。

 

例えば僕の場合「10年先輩が小遣い月3,000円(昼食代込み)」という自虐話を聞いた時に、余裕のない未来に絶望して退職した経験があります。

 

 

他にも僕の周りで、勤務後あまりに「会社にいる自分の将来性が絶望的」と思い、転職した例があります。

 

ブラック企業・環境から脱出した例

家族経営の会社で、社長の一存で社員の給料が決まり、自分は有能という自覚があるのに月給20万円以下な一方で、愛人兼秘書は月給60万貰ってた

転職で年収1.5倍(お菓子メーカー勤務で特許を何個も持っていたので、それを評価されて給料UP)

某大手IT企業の営業マンになったが、土日出勤が当たり前=月残業平均100時間越えで毎日フラフラ

→大企業なので、一定勤続経験を積んだ後に配置転換・異動願いを提出→承認されて埼玉の支店勤務へ

 

このように現状に甘んじることなく、転職したり異動願いを受理してもらうことによって、ドン底を脱出したケースもありますよ♪

 

適性×の仕事を数十年続ける可能性

転職

 

適性×の仕事を数十年続ける可能性というデメリットもあります。

 

なぜなら「せっかく正社員入社した仕事なんだから、我慢してでも続けていかなきゃ」という可能性があるからです。

 

そのため今の働き方が合っていないのであれば、自分のライフスタイルを見直した方が良いです。

 

 

じっさい僕も雇用形態に限らず「仕事=ムリして辛く苦しいことに取り組んだ対価」と思っていた頃の通信営業マン時代は、本当に毎日が「生きるのに必死」でした。

 

なぜなら「自分に向いてない仕事の極地」で働いていたので、ハンパじゃなく辛く苦しかったからです。

 

 

しかし適職診断や色々なアドバイスを貰って「自分に本当に向いている仕事」と分かった物書きに転職してから、ムリなく快適に仕事ができるようになったのです。

 

そのためあなたが「当時の僕」のように「仕事=辛く苦しんだ対価」と思って働いているのなら、仕事と人生の方向性を見直す時が来ているのかもしれません。

 

ちなみに僕の適職診断の指針の一つが、以下のリンク先にて紹介している「個性・適職診断」なので、ぜひ参考に使って下さい♪

 

【正社員メリット】正社員に向いてない人向け正社員じゃない生き方@正社員はオワコンでデメリット!

メリット

 

では次に、【正社員メリット】正社員に向いてない人向け正社員じゃない生き方@正社員はオワコンでデメリット!についてご紹介していきます。

 

雇用の安定度が高い

錬金術

 

雇用の安定度が高いのが、一番のメリットです。

 

正社員は非正規雇用より雇用の安定度が高いので、会社の倒産やリストラ対象にならない限り、原則働き続けられるメリットがあります。

 

そのため落ち着いて働き続けられるので、精神的な安定性は雇用形態の中で最も高いと言えます。

 

賞与・有給がしっかり出る

仕事 辞めたい お金 ない

 

賞与・有給がしっかり出るというメリットもあります。

 

賞与だけで年収が数十万円〜数百万円変わってくるので、同じ働き方をしている非正規雇用と比べても、これを貰えるのは大きなメリットと言えます。

 

さらに非正規雇用は「有給休暇=入社半年後に10日付与」なのが一般的な一方で、優良企業なら「10日〜20日を入社後付与」という所も多いです。

 

 

実際僕の知り合いで「某財閥系大手企業のシステムエンジニア」として入社した人は、有給が沢山付くので、年に1回2〜3週間休んで長期旅行していたと言います。

 

このように会社の業績に連動した豊かな働き方を実現しやすいのも、正社員のメリットと言えます。

 

福利厚生が充実している

お風呂

 

大手企業ほど良いとも言えますが、福利厚生が充実しているというメリットもあります。

 

「退職金」「会社の保養施設利用」「社割利用」など、勤める会社によってさまざまな制度があります。

 

僕の親父はトヨタグループの社員だったので、全国に何箇所か保養施設があり、幼少期に何回か連れて行ってもらいました。

 

 

このように「旅行などでメリットがある」などの特典があるのも、正社員のメリットと言えます(非正規でも派遣会社によってはありますが)

 

ローンが組みやすい

家 ローン

 

ローンが組みやすいというメリットもあります。

 

やはり正社員という肩書きはローン審査が通りやすいので、一軒家を35年ローンで買ったりしやすいです。

 

 

実際僕の知り合いで、年収1000万円超の人も「フリーランスはタワーマンションに住むのに審査が通らず、前年度所得が1000万円を安定して超えていたという収支報告が必要になった」と言っていました。

 

会社員であれば前年度所得報告は必要なかっただろうと言っていたので、同じ収入があったとしても、自営業と正社員ではローン審査の通り方が違うようです。

 

【正社員以外の生き方】正社員に向いてない人向け正社員じゃない生き方@正社員はオワコンでデメリット!

レベルアップ

 

では次に、【正社員以外の生き方】正社員に向いてない人向け正社員じゃない生き方@正社員はオワコンでデメリット!についてご紹介していきます。

 

手に職をつけてフリーランス

天職

 

手に職をつけてフリーランスが、選択肢として一番強力です。

 

「WEB系のデザイン・ライター」「システムエンジニア」「イラストレーターや物書き」など、フリーランスで生計を立てられる職種は増えています。

 

そのため「自分親方でやっていく方が楽」という自負があるのであれば、フリーランスを目指すために企業で修行して、独立を目指すというのもアリです。

 

 

もちろん正社員として勤めていれば「退職金」などのメリットも生まれますが、それを十分に払ってくる企業がドンドン減っているという事実もあります。

 

そのためフリーランスでは退職金こそもらえませんが「経費で節税対策ができる」などの強力なメリットも生まれるので、将来の選択肢にする価値はありますよ♪

 

派遣やバイトで仕事以外重視の人生

リゾート

 

派遣やバイトで仕事以外重視の人生というのもアリです。

 

僕の親族でも「モルディブに行ったら“ここで働かない?”とヘッドハントされて、事務職から転職した」ケースがあります。

 

このように「●●で生きていきたいから、そこで仕事を探して生活基盤を確立する」というケースはあります。

 

 

他に僕が工場のライン作業で働いていた時も「劇団がメインで仕事はサブ」「バンド趣味が生き甲斐で、仕事は最低限」という人もいました。

 

プライドさえ邪魔をしなければ「仕事よりも大事な生き方を優先する」という人も一定数いるので、正社員に固定されず風任せに生きるのも一興です。

 

主夫・主婦化で家事専業

主夫

 

相手を見つけなければなりませんが、主夫・主婦化で家事専業という生き方もアリです。

 

「高収入の結婚相手を探して、なおかつ家庭に入る許可を得る」必要があるので、ハードルは正直高いです。

 

しかし一定数この生き方を実践してる男性・女性はいるので「炊事・洗濯・家事・掃除を担う」必要はありますが、現状から脱却する選択肢の一つにはなります。

 

正社員+副業で収益安定

ボーナス

 

正社員じゃない生き方を紹介こそしていますが、個人的に一番おすすめなのは、正社員+副業で収益安定という生き方です。

 

もちろん「就業規定には副業禁止」としている会社も多いですが、今後も副業OKの会社は増加の一途を辿るでしょう。

 

 

とはいえ僕に仕事術やビジネスを教えてくれた師匠は、副業禁止の会社にいたにも関わらず月収20万円以上稼いでしまい、会社にバレて独立した経緯がありました。

 

つまり「副業が軌道に乗ってしまえば独立したり、副業OKの会社に転職してしまえば良い」という考えで、積極的に「自分で稼ぐ能力」を高めるもアリということです♪

 

※ただし年収20万円以上(月2〜3万円)稼げるようになってくると、場合によって会社と税金精査がズレてくる可能性があるので、副業に関しては事前に勉強しておきましょう

 

【必須信念】正社員に向いてない人向け正社員じゃない生き方@正社員はオワコンでデメリット!

錬金術

 

では次に、【必須信念】正社員に向いてない人向け正社員じゃない生き方@正社員はオワコンでデメリット!についてご紹介していきます。

 

周りの目を気にせず生きる

日本の誇りの柱

 

一番大切なことは、周りの目を気にせず生きる信念を持つことです。

 

20代で正社員、30代までに結婚、30代前半に子供を授かる、35歳頃にフラット35で家を買う、65歳頃に退職する」というモデルコースはあきらめましょう。

 

その代わり「世界で唯一オリジナルの、自分だけの人生を生きる」という覚悟と信念を持てば良いのです。

 

 

周りと違うことをするのは正直大変ですし、色んなヤジや批判も飛んでくるので、正直胸クソ悪くなる時もあります!

 

しかしそれを切り抜けるほど「自分だけが歩む唯一のグローリーロード(栄光の道)」が切り開かれていくという面もあります。

 

そのため「働き方・生き方が周りと違う=自分だけの価値ある人生」と思って、道を切り開いていけば良いのです。

 

 

※ちなみに僕は精神科で「ADHDの疑いアリ」と言われましたが、それ以降「社会不適合者=自分適合者」と名乗っています(笑)

 

人生に最優先事項を持つ

無職 不安

 

人生に最優先事項を持つのもおすすめです。

 

働き方は他とは異なりますが、言ってしまえば「自分らしい生き方の選択肢」を持てるチャンスとも言えるのです。

 

正社員以外でも幸福に生きている人

仕事=夢を追い続けて40代半ばでブレイクし、バイト生活から抜けたお笑い芸人

移住=島暮らしに憧れて、働き先が決まらないまま移住して、ホテルバイトで生活基盤を確立した人

趣味=劇団に所属しており、工場のライン作業でアルバイトをしながらオフの時間を大切にしている人

 

僕自身もこのような幸福に生きている人たちを沢山見てきました。

 

そのため「人生で一番大切にしたい価値観がある」という信念があれば、腹の座った覚悟で生きていくことができるのです。

 

生涯使えるスキルを育む

スキル

 

個人的に一番大切にしてほしい信念が、生涯使えるスキルを育むという覚悟です。

 

「飲食店でNo1の接客表彰を受けたことがある」「WEBライター・コピーライターで1件数万円の対価を貰える」など、使えるスキルを育むほど生活は楽になるからです。

 

 

アルバイトでも「底辺の使い捨て要員」以上の存在になることはできます。

 

そのため「自分は●●の分野で努力してきた誇りがある」というものを持てば、雇用形態に縛られなくても幸福に生きられますよ♪

 

【注意点】正社員に向いてない人向け正社員じゃない生き方@正社員はオワコンでデメリット!

錬金術

 

では次に、【注意点】正社員に向いてない人向け正社員じゃない生き方@正社員はオワコンでデメリット!についてご紹介していきます。

 

自由は雇用形態の問題ではない

自由

 

まず一番覚えておいて欲しいのが、自由は雇用形態の問題ではないという点です。

 

フリーランスでも毎日忙しく忙殺されている人がいる一方で、正社員でも毎日のんびり幸福に生きている人はいます。

 

 

そしてこの話で思い出すのが「ホリエモンこと堀江貴文さんの著書・ゼロ」に書かれていた実体験です。

 

 

堀江さんが刑務所に収監されている間、彼の元にはたくさんの「自由になるためにはどうすれば良いですか?」という質問が届いたそうです。

 

つまり「刑務所内の“不自由な人”に、実社会にいる“自由な人”が“自由になるには?”という質問をする」という、あべこべな相談が沢山寄せられていたわけです。

 

この話から分かるように「自由かどうか?は場所に依存するのではなく、心と考え方の問題だ」ということです。

 

 

そのためもしあなたも「正社員を辞めれば自由になれる」と思っていたら、堀江さんに相談した人と同じ問題に直面するだけです。

 

そのため雇用形態ではなく「自分が自分らしく生きるために手に入れなければならないもの?」を明確にした上で、生き方を考えた方が良いでしょう。

 

自己管理能力を上げる

筋トレ

 

自己管理能力を上げる必要もあります。

 

正社員であれば、育児や介護、自分が倒れてもある程度補償してくれるなど、様々なサポートを会社がしてくれます。

 

しかし正社員を外れる生き方を選ぶ場合は、「健康」「経済」「時間」などを自分で管理できるようにならなければ厳しいです。

 

 

よく言われるのが「タクシー会社勤務の人が独立して個人タクシーになった途端、時間管理がメチャクチャでスグ廃業する」という話です。

 

つまり甘ったれた考え方で自由を謳歌しようとすれば、自己責任能力が低くてスグ墜落するのです。

 

そのため料理や大工といった職人の世界でも「何年〜何十年も有能な方の元で修行をした上で独立する」という過程を辿るのです。

 

 

だからこそ「組織で守られている状態から外れても、しっかりと自己管理して基盤を維持する覚悟」がなければ、正社員を続けた方が良いですよ!

 

※とはいえ「男はつらいよの寅さん」みたいに、風任せプロアルバイターのように生きるなら、それはそれで良いと思いますけどね♪

 

ストック型の経済基盤を持つ

ストック型ビジネス

 

正社員じゃない生き方を選ぶ上で必須知識とも言えるのが、ストック型の経済基盤を持つという視点です。

 

一般的に「フロー型の経済基盤=年棒/月給/時給」であり「自分の労働時間に対する対価」としてお金を貰う働き方を、ほとんどの人がします。

 

しかし「ストック型の経済基盤」は、以下のような「増やせば増やすほど磐石な経済基盤となるもの」を指します。

 

ストック型経済基盤の例

家賃収入・不動産収入

出版や音楽などの著作権

写真などのストックフォト収入

アフィリエイト収入

Youtubeの広告収入

株や債券などのペーパーアセット

ビットコインなどの暗号通貨

アンティークコインなどの美術品

 

このような「持っているだけで定期的な収入がある」「購入価格よりも将来の売却価格が上がる可能性がある」もののことです。

 

 

他にも、今後の年金・老後問題に対抗する「ウェルスナビ」「NISA」などの「投資サービス」も増えています。(これらも株・債券の一種です)

 

これと同様に、正社員として会社に依存せず独立した生き方を構築するためには、「自分から積極的にストック型の経済基盤を持つ」のがおすすめなのです。

 

ストック型経済基盤のバイブル

感謝

 

 

そしてストック型経済基盤のバイブルとも言えるのが「金持ち父さん・貧乏父さん」です。

 

 

「ローンを用いた持家は負債である」「自分ビジネスを持て」「MBA取得より戦場に行ってリーダーシップを鍛えるべき」など、一般的に「タブーとされるような話」が満載です。

 

しかしこの本を読んだかどうか?で今後の人生設計が大きく変わってくることは間違いありませんし、正社員じゃない生き方を考える上で、大きな指針になると思いますよ♪

 

税金・節税の勉強をする

仕事 辞めたい お金 ない

 

税金・節税の勉強をする必要もあります。

 

とくに「源泉徴収ではなく、自分で確定申告を行う」ことで、節税対策という強力な武器が手に入ります。

 

これは「会社員=年収-税金=手取り(欲しいものを買う)」に対して「フリーランスなど=年収-経費(欲しいものを買う1)-税金=手取り(欲しいものを買う2)」になるのです。

 

会社員と自分社長の場合(年収500万円)

会社員=年収500万円-税金20%(100万円)手取り400万円(欲しいものを買う)

確定申告者=年収500万円-経費100万(仕事に必要な機材購入/遠征費など)=400万円-税金20%(80万円)手取り420万円(欲しいものを買う)

 

このように「経費」という選択肢が正社員以外のフリーランスなどでは使えるようになるので、同じ年収でも手取りが増えるのです。

 

※例えば知り合いのフリーランス社長は、賃貸の半額は経費落としにすることで、家賃倍のマンションに引っ越していました

 

とはいえ経費はあくまで「業務上必要で正当性があるもの」でなければならず、税務署に引っ掛かると追加徴税で後から四苦八苦する危険もあるのです。

 

 

そのため確定申告を含めた、税金・節税対策を学んでおくことで、税金面で有利な人生を構築できますよ♪

 

【実現ステップ】正社員に向いてない人向け正社員じゃない生き方@正社員はオワコンでデメリット!

退職

 

では次に、【実現ステップ】正社員に向いてない人向け正社員じゃない生き方@正社員はオワコンでデメリット!についてご紹介していきます

 

稼げるスキルを求めて転職

転職

 

副業・起業・フリーランス化を果たすなど、正社員以外で生きていくための下地作りとして、一定期間会社に勤めて能力を蓄えるため、稼げるスキルを求めて転職がおすすめです。

 

とはいえ転職10回経験した僕から言わせてもらうと「今の会社・今の働き方以外!」という考え方で、勢いのみで辞めてから転職活動を行うと手痛いことになります。

 

なぜなら「目的地が不明確なので、不満や“こんなはずじゃなかったという後悔”が生まれやすい」からです。

 

 

例えば旅行に行く前は、事前に「どこを観光するか?」「乗り物や移動手段は?」「どの程度のコストがかかるか?」などを調査してから行きますよね?

 

転職もそれと同じで「どんなスキルや能力なら自分に合っているか?」「どんな働き方なら生涯自分を守っていける力を蓄えられるか?」など、将来イメージを明確化しておく方が成功確率が上がります♪

 

さらに直前になって色々決めるよりも、今から転職サイトに登録しておいて「漠然でも転職先イメージを考え始めておく」ことで、本当に転職したい時に備えられるのです。

 

 

そのためあなたが就職活動でも利用したであろう「リクナビ」の転職版「リクナビNEXT」などに登録して情報収集しておくことは、非常にメリットが大きいですよ♪

 

例えば「フリーターで身を護れるスキルや経験がない」のであれば「職種未経験歓迎」「フリーターから正社員」で入社して、僕のように一定期間修行するのがおすすめです。

 

 

他にも「帰宅後にプログラミングの勉強をしたい」など、早めに帰って基盤作りをしたいのであれば「定時退社」「月残業時間平均20時間以内」などの会社で修行すれば良いのです♪

 

※リクナビNEXTには「職種未経験歓迎」「フリーターから正社員」「定時退社」「月残業時間平均20時間以内」という検索方法もあるので、願望に沿った会社を見つける選択肢を得られますよ♪

 

 

リクナビネクスト ニート フリーター用

リクナビネクスト 定時退社 残業少なめ

 

正社員じゃない生き方実現例

SEO

 

個人的に僕が取った選択肢で、正社員じゃない生き方実現例も補足しておきます。

 

繰り返しますが「会社員としての収入UPや安定が確保されにくくなっている現代」では、自分で稼ぐ力を蓄える必要があります。

 

 

そしてその上でおすすめなのが「数年間は副業・起業を見据えられる職種で働いて、そこからステップアップしていく」という方法です。

 

おすすめの方法

第一段階=派遣社員・契約社員・正社員で未経験職種転換でも良いので、副業・起業と親和性の高い職種で経験を積む

第二段階=ある程度経験を積んだら「長く安定して働ける会社で現状維持or昇進を目指す」「副業を開始する」

第三段階=副業が軌道に乗ったらフリーランス化したりしてもOKだし、勤務し続けて収入源を複数もつのもOK

※ただしお金最優先ではなく、自分が「生涯続けてもOKと感じる適職」にしておいたほうが良いです

 

このようなプロセスを僕は辿りましたし、あなたにもおすすめしておきます。

 

 

そして個人的におすすめな「副業・起業を見据えた職種」は主に以下の通りです。(とくに座り仕事の苦痛が少ない僕のようなタイプの方)

 

WEB系内勤職

WEBライター・WEBディレクター

WEBデザイナー

WEBマーケター・WEBコンサルタント

プログラマー・システムエンジニア など

 

僕はこの中から「WEBライター」に独学・未経験で転職したのですが、物書きの仕事が非常に合っていたようで、とても働きやすくなりましたから♪

 

しかも強みとして「自分HPを持てるスキルを蓄えられる」ので、副業を始めるのに最適なジャンルだとも思っています。

 

 

HPを持つことができれば、自分が伝えたいことを発信する力や、お金を稼ぐ力も高めていけるので、選択肢として非常におすすめですよ♪

 

※ちなみに「WEBマーケターやWEBコンサルタント」は数値を用いた分析・解析で「プログラマー・システムエンジニア」はプログラミング言語と呼ばれる式を記述する仕事で、理系的業務です

 

 

※なお、以下のリンク先では、僕が「未経験でWEBライターに職種転換した体験談やノウハウ」を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

【職種未経験からステップUP】正社員に向いてない人向け正社員じゃない生き方@正社員はオワコンでデメリット!

リモート

 

では次に、【職種未経験からステップUP】正社員に向いてない人向け正社員じゃない生き方@正社員はオワコンでデメリット!についてご紹介していきます。

 

独学で勉強する

天職

 

一番簡単に実践できるのは、独学で勉強するという方法です。

 

実際僕も、社会人就業中に独学で運営していたブログを元にして「営業マンからWEBライターに転職」を果たしました。

 

他にも「エステティシャンから独学で勉強してWEBデザイナーになった」という女の子もいましたし、プログラミング言語を学べばシステムエンジニアになれる道もあります。

 

 

もちろん「●●勤務経験1年以上」などの経歴が必要な中途採用求人には応募できませんが、時間がある内にスキルアップする上で、独学は必須とも言えますよ♪

 

職業訓練を受ける

役所

 

ヒューマンアカデミーなどの「資格取得・社会人学校」に行ったり、ハローワークなどで職業訓練を受けるのもアリです。

 

僕もヒューマンアカデミーには「WEBデザイナー」に関する資料請求と入校相談に行きましたが、数十万円払って専門スキルを学べる魅力があります。

 

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミー

出典:ヒューマンアカデミー

 

またハローワークでは、一定の条件を満たせば受講料無料で、なおかつお金をもらいながら受けられる制度があるのも魅力です。

 

支援制度の区分け

「失業保険を受給できない対象者=求職支援訓練(10万円程度の給付金を受け取りながら職業訓練が受けられる)」

「失業保険受給対象者=公共職業訓練(訓練期間中は失業保険延長給付対象になる)」

職業訓練の例

プログラミング言語

WEBアプリエンジニア

建築系CAD

保育士

介護福祉士

調理師

自動車整備

溶接技術

トラックドライバー

WEBデザイナー

電気設備

ネイリスト など

 

このように非常に幅広い訓練が用意されています。

 

ただしこの制度は以下のように、利用にあたって多くのボトルネックがあります。

 

職業訓練の問題点

応募者が多い為、人気講座ほどスグ埋まって受講しにくい

実家暮らしでもない限り、一定の受講期間(2ヶ月〜2年)がかかるので、ある程度貯金が必要

国や地域からの支援金で行われている訓練なので、社会で通用する「最低限レベル」のケースが多い

 

個人的にはこのような理由から、一度もこの制度を使ったことはありませんが、職種自体を変えたいのであれば、ハローワークで相談してみるのもアリでしょう。

 

職業訓練以外はハロワNG

役所

 

そして個人的には、職業訓練以外はハロワNGとお伝えしておきます。

 

なぜなら「失業保険の受給」など頼りになる面も多いですが、転職ライターという観点から言わせてもらうと、転職利用に関しては以下のデメリットがあるからです。

 

求人サイトや転職エージェントとハローワークの違い

求人サイトや転職エージェント=企業が「お金を払って求人依頼する」ので、売り上げをある程度確保しており、求人掲載依頼ができるレベルの優良企業が多い

ハローワーク=求人掲載料が無料であり、面接者or入社した人が「求人情報と実態が違う」とハローワークに後報告する対応で事前調査も甘く、変な会社も混じっている

 

ここでいう「変な会社」とは、犯罪という意味ではなく「零細企業・一族経営会社が、一般的に見て不思議なルールを社員に課しているケースがある」ということです。

 

ハローワーク経由の痛手体験

ミス 失敗

 

例えばハローワーク経由の痛手体験として、事務職時代の同僚に「ハローワークを利用して基本給8万円の正社員として勤務していた経験がある」という女性がいました。

 

当初は「額面で20万円」という話だったので、それを信じて入社したのですが、実態は「基本給8万円+独自の手当で上増しして合計20万円」だったとのこと。

 

そして働いていた時は分からなかったのですが、基本給が異常に低く設定されていたのは「諸々の諸手当などを安く済ませるためのセコい対策」だったとのこと。

 

 

その女性が勤めていたのは「東京の卸問屋街で有名な人形橋にある、小さな零細企業」だったそうですが、ある意味社長のやりたい放題だったようです。

 

このように、ハローワークを経由して転職する時は「求人掲載が無料」「変な零細企業も混じっている」というリスクを考えた方が良いでしょう。

 

そのため「リクナビNEXT」などの転職サイトを使ったほうが、しっかりとした会社に転職できる確率は高いと言えるのです。

 

職種未経験歓迎に応募・入社する

新人 放置 辞める

 

職種未経験歓迎に応募・入社するという方法もおすすめです。

 

なぜなら「1から成長していける環境だと会社側が提示している」ので、独学して学ぶより早いからです。

 

さらに「講座受講でお金を払いながら成長する」より「入社すればお金をもらいながら成長できる」ので、真剣に学んで習得できるメリットもあります。

 

 

ちなみに僕はこのパターンを使って転職したタイプであり、リクナビNEXTでは「職種未経験歓迎」という応募検索もできますよ♪

 

リクナビネクスト 職種未経験歓迎

 

まとめ

 

以上が正社員じゃない生き方は可能?向いてない人にはオワコンでデメリットしかない?正社員じゃなくてもいい生き方実現のコツのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

自分の適職・天職を知るメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

自分の適職・天職を知らないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

 

※そして以下のリンク先では、転職サイトに登録「だけ」でもしておくべきメリットを紹介しているので、合わせて参考にしてください♪

 

 

※また、以下のリンク先では、どうしても会社に行きたくない時の休む正当な理由を紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてください♪

 

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

転職サイト登録「だけ」でも今スグすべきただ1つの理由

転職サイト登録



最後に補足として、転職サイト登録「だけ」でも今スグすべきただ1つの理由についてご紹介していきます。





転職先が不明確な退職は死に直結

会社員 向いていない どうすれば



転職サイトに登録「だけ」でも今スグすべきただ1つの理由は、転職先が不明確な退職は死に直結するからです。



なぜなら「勢いで退職した結果、非常に苦しい極貧生活を経験した僕」から言わせてもらうと「本当に退職したいタイミングで転職活動開始するのは、かなり遅い!」と断言できるからです!



もちろんかつての僕のように「失業保険を貰いながらで良いじゃないか…。」と思うかもしれませんが、以下のように「ダラダラ転職活動をしていられないケースのほうが多い」からです!



退職前に何も準備していない人の転職活動が切羽詰まる理由


自己都合退職扱いで3ヶ月間給付なしになる可能性も高く、バイトしながら転職活動はかなりキツい(バイトも日雇いなどになることも多く、毎日勤務先が変わって精神的ストレスが大きい)

失業保険を貰えても月給の6割支給(月給20万なら12万支給)で、しかも支給中はバイトなどの小銭稼ぎも出来ないので、貯金がないとかなりキツい





だからこそ「将来自分が過労で倒れたり、会社が倒産・縮小になっても大丈夫な逃げ道(保険)を漠然とでも知っておくこと」はとても重要です!



転職サイト登録する4つのメリット

錬金術



また合わせて、転職サイト登録する4つのメリットもご紹介していきます。



我慢が減る=逃げ道を確保できる

天職



我慢が減る=逃げ道を確保できるのが一番のメリットです。



逃げ道と聞くとネガティブに聞こえるかもしれませんが「自分の将来設計が今の会社にいないと絶対成立しない」のでは、何かあった時非常に苦しくありませんか?



もちろんあなたが「終身雇用を保証されている公務員」や「今後も安泰の超大手優良企業」に勤めていれば、その人生設計でも行けるでしょう。




しかしそれでも、一つの会社・人生設計に固執し過ぎてしまうと「どんなパワハラもガマンしなければいけない…」「理不尽に耐えるしかない…」と自分を抑え込んでしまいます。



しかし実際に転職しなくても、逃げ道があるという心理状態を獲得できれば「時には会社や上司の理不尽にNOと言う」「自分を押し殺し過ぎなくて済む」メンタル状態にシフトできますよ♪





心の余裕=将来の視野が広がる





心の余裕=将来の視野が広がるというメリットもあります。



そもそもあなたが日々経験を積んでいる仕事のスキルには「今の会社でしか通用しないスキル」と「他の会社でも通用するスキル」の2種類があります。



2種類のスキル例


今の会社でしか通用しないスキル=社内専用システムの使い方、社内の人脈、他の会社にはない独自技術や能力など

他の会社でも通用するスキル=営業経験3年以上など「対象求人」に該当できるスキルや経験、仕事術など





そして「他の会社でも通用するスキル」がどのようなものか?は、実際の求人票を見る機会がないと、なかなか実感が持てないものです。




ちなみに僕自身が転職求人を作成した中には、転職者自身が驚くような年収UPやワークライフバランスUPを果たしたケースもあります♪



幸福が大きく向上した求人例


中国系新興ベンチャーで、年収が1.5倍〜2倍に上がったエンジニア

→中国人が主流の会社のため、中国語不要で国内企業と調整できる人材を募集していた。案件獲得後に日本語ができるスタッフ中心で対応

営業経験を生かして、同商材系を扱う企業の部長職にステップアップした営業マン

→仕事のコツや押さえておくべきツボは似ていたので、一般社員転職の予定が部長職待遇を逆提示された

年収・福利厚生のランクをそれほど下げず、残業時間を激減したWEBデザイナー

→自社サイト担当のため、外注対応のような激務にならず、ワークライフバランスを充実できた





このように自分が積み上げてきたスキルを軸として、より「ムリなくラクに生きられる環境」を手に入れた方が沢山います。




しかし転職市場においては、優良求人ほど「一定期間しか掲載されない水商売」の側面もあるのです。



そのため転職サイトに登録だけでもしておくことで「自分が受け取れるオファーの傾向が分かる」「漠然とでも希望転職先情報をストックしておくことで、もしものリスクに備えられる」のです!



その結果「今の会社以外ではどんな将来設計が描けるか?」「優良転職求人案件はどんなものか?」をチェックでき、将来の選択肢が広げられますよ♪





見える化=無料で市場価値が分かる

確信



見える化=無料で市場価値が分かるというメリットもあります。



なぜなら転職サイトに登録することで、「あなたが欲しい人材にマッチした人」に該当すると、スカウトメールが届いたりするからです。



もちろん「ある程度詳細な職務経歴などは登録」しておかなければなりませんが、スカウトメールを受け取ることで「自分のスキル・キャリアに合う企業」が分かるようになるメリットは大きいです!




さらに中には「こんな優良企業が僕に連絡をくれるの?」「福利厚生が今の会社より、すごく良いんだけど…」と驚くスカウトが届くこともあります。



なぜなら転職サイト側としても、一人でも多くの「求人企業にマッチした人材からの応募」を確保したい思惑があるからです。



そのため一つでも多くの「他企業と大きく差別化できる、求人掲載企業への転職メリット(残業少なめ/高年収/低離職率など)を提示する」からです♪




もちろんあなた自身は「スカウトメールを読んでポイしてOK」ですが、目を通すだけでも自分の市場価値が分かりますから、もらって損はないわけです。



ひょっとしたら将来受け取るスカウトメールの中には、思わず転職したくなるような優良企業スカウトが来る可能性もあるわけですからね♪



そのため「今スグ転職する」わけではなくても「思わぬ優良求人からのスカウトに備えて転職サイトに無料登録と職務経歴書記載だけしておく」のは大きなメリットになるのです!





自己適性が分かる=適職診断がある

リクナビネクスト



意外に侮れないのが、自己適性が分かる=適職診断があるというメリットです。



就職活動時には「自己分析・他己分析」で自分の長所短所を振り返ったと思いますが、社会に出てからそんな事をした経験がある人は少ないでしょう。



しかし社会に出てから多少なりとも荒波を乗り越えてきていると、学生時代より明確に「苦痛orラクな働き方」が分かってきていると思いますから、改めて自己分析に取り組むことで「将来設計がより明確化できる」というメリットがあります。




そしてそんな自己分析チャンスを、転職サイト大手のリクナビNEXTが「無料で」「スグに」「ネットで気軽に」受けられる「グッドポイント診断」というサービスとして提供してくれています。



しかも「天職占いのようにタロットを1枚引いて診断」といったショボいものではなく「最長約45分&約300問解答で、全8,568通りから5つの強みを診断」してくれる有料級テストです。





僕の診断例





例えば僕の診断例では、「自立」「独創性」「高揚性」「自己信頼」「俊敏性」の5つの強みがあると分かりました。



僕の診断例


日本の誇りの柱
自立=意見の調和より自らが納得いく結論を求めるタイプ

独創性=オリジナリティ・自分らしさを大切にするタイプ

高揚性=変化や刺激を好むタイプ

自己信頼=自己信頼を軸に周りを引っ張るリーダータイプ

俊敏性=思い立ったら即行動タイプ





このような結論を得ましたが、とくに「通信系営業マン」をしていた時は、この強みと全く真逆の仕事人生を歩んでおり「毎日が苦痛で非常にストレスフル」だったことからも、この診断の正確性に改めて驚きました。



なぜならその会社は、以下のような仕事環境でしたから…。



僕の強みに合わなかった仕事環境例


ルート営業 怖い
リーダーシップNG=平均年齢44歳で、周りは歳上ばかり

自立NG=厳密な規律と手順書があり、周りとの協調最優先

俊敏性NG=半年以上先の納期までじっくり計画を詰める





そのため当時は「死なないために毎日仕事を頑張る」というネガティブモチベーションで動いていたことも事実です…。



しかしその後転職したWEBライターでは「グッドポイント診断にて診断された個性を活用できる環境」だったので、毎日のストレスが激減しました♪




僕の強みに合った仕事環境例


WEBライター 独学
リーダーシップ=平均年齢30歳で、後輩を指導・育成する機会が多い

自立=原則として責任者が顧客の方向性を元に執筆するので自由裁量が大きい

俊敏性=誤字・脱字はNGだが、期日までの納期に向けてスピーディに対応





このように自分にとって働きやすい環境に変わったので、通信IT系営業職の時と比べたら「毎日のモチベーションやストレスが圧倒的に改善されました」から♪



このような「履歴書にも書ける強み診断が可能な贅沢診断サービス」「メールアドレス登録だけすれば、無料で受けられる」ので、ぜひ取り組んでみてくださいね♪



グッドポイント診断が無料でもキッチリしている理由

リクナビNEXT登録者数が増える→オファーなどを送れる数も増える→転職希望者の母数も増える→リクナビの価値向上





このようにリクナビNEXTが本気で作ったグッドポイント診断を受ければ、今後の人生の指針にできること間違いなしですよ♪!





職務経歴書が絶対必要な理由

診断



また、職務経歴書も登録しておくことで、スカウトやオファーメールを受け取れる恩恵も増えるので、ぜひおトクに享受しておきましょう♪



なぜなら「元転職サイトのWEBライター」という立場から言わせてもらうと「せっかく転職サイトに登録したのに、オファーやスカウトメールを受けないのは、非常にもったいない」からです!



具体的には以下のような理由があるからです。



職務経歴書を入力しておいた方が良い理由


オファーやスカウトは追加料金支払いケースが多いので、企業側の採用本気度が高い

未経験採用への応募であってもオファーを出すほど採用・育成意欲が高いため、漠然と調べて応募した会社より採用確率+マッチ度が高い

しつこい電話勧誘がない+メールを一方的に受け取るだけなのでストレスが少ない





そして無料登録+職務経歴書入力で、以下のようなメリットを享受できるので「職務経歴書を登録せずに放っておく人は、ハッキリ言ってアホ」ですよ!♪



職務経歴書入力メリット


登録した職歴・経歴にマッチしたオファーやスカウトを受けられる

自分の職歴・経歴でどのようなオファーが来るのか?漠然と自分の市場価値が分かる

定期的にあなたにマッチした新規募集企業のおすすめメールを受け取れる

理想の働き方5問回答があるので、自分の理想の働き方に近い会社を調べやすくなる

職務経歴書 メリット1 職務経歴書 メリット2 ■職務経歴書入力後にあなたがマッチしやすい求人紹介メール スカウトメール例1 スカウトメール例1 2 ■定期的に受け取れるオファー・スカウトメール例 スカウトメール例2 スカウトメール例3 スカウトメール例4 スカウトメール例5





このように「自分で探す事なく、自動的にマッチした求人を受け取れる仕組み」を作れるため、忙しくて転職サイトを見る暇がない時でも、便利に活用できるメリットは大きいので、ぜひ登録しておいて下さいね♪







PS.職務経歴書の経験業務に、雇用形態(正社員/契約社員/派遣/パート/アルバイト)は関係ないので、安心して記入してくださいね♪



※なお、以下の記事にて「グッドポイント診断をやってみた体験談+職務経歴書入力」を紹介しているので、不安解消の参考に使ってください♪







日本の誇りの柱の関連記事