10時間労働 きつい

 

諒

「転職10回+3職種経験」&「転職サイト企業にて求人500社(1,000件)以上作成」した「強烈な影響力のある男」がまとめました♪

 

相談男性1

「10時間労働でメッチャきつい環境もある?経験者が語る早帰りのコツを知りたい!」

相談女性3

「人手不足の仕事を退職する理由」が必要!転職をスムーズに成功させるコツを知りたい!

相談男性3

転職エージェントから「希望企業探し~求人応募~書類選考~面接活動~採用内定」までサポートを受けるべき?

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も「10時間労働でもマジできつい!」と悩んだ経験者の為、あなたの気持ちが痛いほどよく分かります…。

 

 

だからこそ、そんな僕が「10時間労働できつい状況の乗り越え方+今後の対処法」を具体的に紹介します♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

  • 「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心を取り戻し、誇りある人間になる
  • 辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る
  • 1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

転職情報収集は複数利用がおすすめの理由

  1. 「多くの求人情報を確認できる」=「選択肢を増やせる」
  2. 「相性の良いサイトorアドバイザー」に出会える確率UP
  3. 「各サイトorエージェントの良い点」を網羅して利用できる

補足

当記事はアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています

転職サイト/エージェントのおすすめ

  1. リクルートエージェント
    リクルートエージェント
    診断方法:
    非公開求人20万件以上!業界TOPクラスの実績+求人数♪
    ★保有求人数=全国公開求人30万件以上&非公開求人20万件以上
    ★おすすめ理由=求人数・実績は業界TOP!転職を考えるなら必ず登録すべき♪

    リクルートエージェント公式HPへ

  2. Re就活1
    Re就活
    実績:
    20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo.1」!未経験歓迎求人数は全国TOPクラス♪
    ★保有求人数=全国1万件以上(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)
    ★おすすめ理由=20代転職希望者向け情報が豊富+無料の「9種類のタイプ判定@適職診断」もアリ♪

    Re就活公式HPへ

適職診断

  1. 向いてる仕事 適職診断
    適職診断3選
    料金:
    無料/2,420円/13,000円の3種類紹介♪
    ★診断メリット1=性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かる♪
    ★診断メリット2=自分に合う業種/職種/会社は?という疑問がクリアになる♪

    適職診断3選へ

10時間労働はきつい【一般知識】

目次

 

諒

ではまずはじめに、10時間労働はきつい【一般知識】についてご紹介していきます。

 

残業に関する一般知識データ

 

まず参考として、残業に関する一般知識データをご紹介しておきます。

 

残業に関する一般知識データ

\下記データの事前結論/

  • 残業時間は「20代後半〜30代半ばまで」がピークで、その後減少傾向
  • 全体の約4割が「残業2h/日」以下
  • 年収が増えるほど残業時間も増加傾向(年収2,000万円がピークで、そこから再び下降)
  • 「コンサル/広告/建築系が残業多め(70h以上)」「メーカー/金融/IT系が残業少なめ(50h以下)」

残業時間データ1

残業時間データ2

残業時間データ3

残業時間データ4

残業時間データ5

残業時間データ6

残業時間データ7

出典:Open Work

 

このように「年収・業界・職種・年齢」などで残業時間イメージは異なる為、残業を減らしたいなら、逆に「業界・職種・年収などを見直す」のもアリですよ♪

 

 

※なお「年収300万円のライフスタイル年収1,000万円のライフスタイル」に関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

年収別ライフスタイル

  1. 年収300万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  2. 年収400万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  3. 年収500万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  4. 年収800万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  5. 年収1,000万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら

10時間労働はきつい【デメリット】

目次

 

諒

では次に、10時間労働はきつい【デメリット】についてご紹介していきます。

 

残業代追加なしは働き損

 

残業代追加なしは働き損というデメリットは大きいです。

 

具体的には「みなし残業制」「年棒制」で残業代が含まれていると、どれだけ長時間労働しても金銭的メリットがありません。

 

さらに、出世している場合「役職手当が入るラインから、残業代などの手当が除外されるケース」も多い為、長時間労働の会社ほどデメリットが大きくなったりします。

 

 

例えば「みなし残業などで、残業代がつかない正社員」として働いていた場合、責任を過剰に引き受けず、早めに帰らないと「時給換算で悲惨なケース」があるのです。

 

みなし残業で長時間勤務の場合

借金 リボ払い

  • 年収400万円の例(賞与・みなし残業代含む)
  • 年収400万円÷12ヶ月=月給約33万円
  • 33万円÷22日勤務(土曜日を2回出勤)=日給1万5,000円
  • 1万5,000円÷14時間勤務(残業4h/日)=時給1,071円

 

このように、たとえボーナスを貰って年収400万円でも「残業代なしで22時ごろまで働いている人」は、アルバイト並みの時給になっているのです。

 

もちろん月給制には「安定して同額が入ってくる安心感」がありますが、残業が多すぎる場合は「派遣社員のほう時給が高いケースも多い」のです。

 

 

そして出世していき「表面上は年収が上がった場合」でも、時給換算してみるとそれほど増えていないケースもあります。

 

みなし残業で長時間勤務の場合

否定 拒否 NO

  • 年収600万円の例(賞与・役職手当含む)
  • 年収600万円÷12ヶ月=月給約50万円
  • 50万円÷24日勤務(土曜日を4回出勤)=日給2万833円
  • 2万833円÷15時間勤務(残業5h/日)=時給1,388円

 

このように出世していても「一緒に働いている派遣社員の方が時給が高い」という現実があるのです。

 

その為「役職手当がついて長時間残業する人」より「残業代無しの会社なら、責任もそこそこに早めに帰って、副業などで稼ぐ努力をしたほうがコスパ・タイパが良い」と言えるのです♪

 

残業代アリでもストレスで散財

 

逆に、残業代アリでもストレスで散財してしまうというデメリットもあります。

 

実際、僕の知り合いには「毎日長時間労働のストレスで疲弊し、年収を下げてでも異動・転職した」という例は、何人もいました。

 

人生が楽になった例

リラックス

  1. 「上場企業の重工業系エンジニア」で、毎日終電までバリバリ働いた後、20代半ばで中小企業に転職し、ワークライフバランスが楽になった人
  2. 「本社勤務の営業マン」で基本給+残業代で2倍になる程オーバーワークした後、地方異動が叶ってゆとりある生活にシフトした人

 

このように「長時間労働で稼げても、結局ストレスで浪費してしまう為、どこかのタイミングで異動・転職を実践し、バランスを整えた方が良い」と言えますよ♪

 

退社後の時間的余裕がない

 

退社後の時間的余裕がないのも、大きなデメリットです。

 

一般的に夜遅い帰宅になると「お店が空いていない」「帰宅後の余裕がない=プライベートが潰れる」のが日常になります。

 

買い物など雑務がしにくい

 

帰る時間が遅くなるので、買い物など雑務がしにくいデメリットがあります。

 

そもそも、どれだけ早く帰れても、早いお店は閉まり始めてますし、21時以降は飲み屋や24時間営業のお店以外、どんどん閉店していきます。

 

必然的に「買い物は帰りがけのみ」「行けないお店は休日に行く」などの取捨選択が必要になるケースが多いのです。

 

宅急便受取などが難しい

 

宅急便受取などが難しいというデメリットもあります。

 

大抵の場合、荷物受け取りは「21時頃まで」の為、間に合えないケースが非常に多くなります。

 

 

その為「郵便局受け取り」「駅構内受け取り」「コンビニ受け取り」が出来なければ、週末まで伸ばすケースも出てきます。

 

リラックス

 

※実際僕は、郵便局まで徒歩15分位だった為、急ぎの荷物は帰ってから取りに行ってましたからね…。

 

諒

そこそこ大きな荷物を受け取りに行く場合には、結構ストレスなんだよなぁ…。

友達付き合いがしにくい

 

友達付き合いがしにくいというデメリットもあります。

 

具体的には、友人と帰宅時間がズレていて誘いにくい場合もありますし、帰ってスグ寝るのが日常化した結果、友人関係が希薄になっていくパターンもあります。

 

いずれにしても、他の会社よりリズムが遅くなる為、同じリズムで付き合える社外の友人か?社内関係だけに偏りやすいと言えるのです…。

 

家族とのリズムがずれやすい

 

夫婦関係や子供がいる場合には、家族とのリズムがずれやすいというデメリットもあります。

 

とくに子供は「朝8時30分通学〜夕方帰宅」が一般的の為、ヘタをすると「一日子供の顔を見ない」というケースも出てきます。

 

その為「子供との会話が減る」「子供の成長を見守れない」など、休みの日だけしかコミュニケーションが取りにくい状況に陥りやすいのです。

 

 

※なお「定時で帰るなど、プライベート時間を確保するコツ」に関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

プライベート時間を増やすコツ

  1. 定時で帰るコツ=効率よく仕事を終わらせたい場合はこちら
  2. 休日出勤を100%断るコツ=休日のプライベート時間を守りたい場合はこちら
  3. 会社をずる休みするコツ=時には有給を使ってマッタリしたい場合はこちら

10時間労働はきつい【ストレス対策】

目次

 

諒

では次に、10時間労働はきつい【ストレス対策】についてご紹介していきます。

 

リラックスする音楽を聴く

 

急いでメンタルを立て直す必要性があるなら、リラックスする音楽を聴くのがオススメです。

 

大好きなアーティストを聴くのもアリですが、Youtubeに上がっているリラックス音楽を聴く、瞑想を取り入れるのもオススメです。

 

メンタルバランス

 

実際僕も、昼休み時間に「瞑想CDを10分ほど聴き、心身を落ち着ける習慣」を取り入れていました。

 

その結果として、仕事前_仕事中もネガティブな気持ちに囚われないよう出来ましたから♪

 

諒

私は素晴らしい存在で、生きている価値の高い人間である♪

同僚 女性

私も、ずっと愛され続けている人間です♪

 

このように「ネガティブな気持ちに歯止めが効かない」なら、音楽の力を借りるのもオススメです♪

 

例えば、心のデトックスとして有名なハワイの秘術「オポノポノ」を聴き続けるのもオススメなので、以下に合わせて紹介しておきますね♪

 

■「(1時間バージョン)聞くだけ浄化☆オポノポノ☆」(1時間)

お風呂に入るor温泉に行く

 

継続的にメンタルを安定させたいなら、お風呂に入るor温泉に行くのもオススメです。

 

なぜなら「お風呂が好き・毎日入る人ほど幸福度が高い」という調査結果が出ているからです。

 

■「おふろ白書2017」〜おふろと幸福度〜

お風呂白書

出典:NORITZ

 

例えば、僕は昔「時間と水道代が勿体ない」という理由で、毎日シャワーのみの時期がありました。

 

営業職

 

しかし、お風呂が「緊張状態を緩和する・体をゆるませる・深呼吸する」という「リラックス効果が非常に高い」ことを知り、入浴を習慣化しました。

 

結果的に1週間のメリハリも付くようになったり、幸福エネルギーも増えて、やる気が維持できるようになったのです♪

 

諒

あ〜お風呂気持ち良い〜♪最高だぜ♪俺は自分を愛してるぜ♪

 

その為、かつての僕のように「忙しいからシャワーで済ます生活」を続けているなら、入浴習慣を取り入れて「安心感情を増やす」のがベターです♪

 

 

※なお「年収300万円のライフスタイル年収1,000万円のライフスタイル」に関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

年収別ライフスタイル

  1. 年収300万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  2. 年収400万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  3. 年収500万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  4. 年収800万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら
  5. 年収1,000万円の手取り/生活スタイル=具体的なイメージを知りたい場合はこちら

ランチやディナーを豪勢にする

 

ランチやディナーを豪勢にするという方法もあります。

 

例えば僕は「忙しくて頑張った日は、ステーキランチを食べたり、ちょっと豪華なお酒を買って夜に自分を労う」という事をしていました。

 

ステーキ

 

結果として「翌日にストレスを持ち越さないor減らす」事に成功したので、頑張った分を食事でご褒美にするのもありですよ♪

 

趣味や恋愛で心のバランスを取る

 

趣味や恋愛で心のバランスを取ることで、ON・OFFのバランスを取れたりします。

 

「この連勤で稼いだお金で、ホカンス(身近なホテルでバカンス)するんだ♪」「恋人とのデート代に使うぞ♪」など、出勤日数が増えた分だけ自分を労うわけです。

 

高級ホテル

 

このように「何のために仕事しているのか?」に対する答えを持つことで、ストレスを報酬に変えられる為、何とか乗り越えられたりしますよ♪

 

 

※なお「失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方」「職業訓練のメリット・デメリット」などに関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

失業保険の有効な使い方

  1. 失業保険の受給方法+お金の稼ぎ方=退職後の不安やモヤモヤがある場合はこちら
  2. 職業訓練のメリット・デメリット=ハローワーク経由で学ぶリスクを知りたい場合はこちら
  3. 職業訓練に落ちた時対策=失業中のスキルUPテクを知りたい場合はこちら
  4. 職業訓練途中退校デメリット=途中で辞めたい場合はこちら

10時間労働はきつい【効率対策】

目次

 

諒

では次に、10時間労働はきつい【効率対策】についてご紹介していきます。

 

作業効率を上げる

 

一番オーソドックスなものは、作業効率を上げるという方法です。

 

少なくとも「作業効率が早い=仕事がラクな状態」にもなれる為、対応して損はないですよ♪

 

仕事に優先順位を付ける

 

仕事をスムーズに完遂していく上で一番大切なことは、仕事に優先順位を付けることです。

 

そしてこの優先順位を付ける上で覚えておきたいのが「時間管理マトリックス」です。

 

■時間管理マトリックス

時間管理

出典;フランクリンプランナー

時間管理マトリックスの例

継続力

  • ■1,緊急+重要=必須(締め切りのある仕事/重要会議など)
  • ■2,NOT緊急+重要=優先順位高(計画や準備/後の業務に活かせる資料作りなど)
  • ■3,緊急+NOT重要=優先順位低(重要でない電話対応/上司や先輩との会話など)
  • ■4,NOT緊急+NOT重要=優先順位0(暇つぶし/指示を待っているだけの時間など)

 

そして一番拒否したいのが「3,緊急+NOT重要な仕事(上司や先輩との会話など)をなるべく手放す」という視点です。

 

 

つまり、ある程度重要でないことは「早めに切り上げる勇気」が必要です。

 

そして、優秀なタイプは「2,NOT緊急+重要な仕事(事前資料作りなど)をなるべく取り組む」ようにしているのです。

 

自己信頼

 

仕事ができない「無能な人」ほど、いつも「緊急の仕事のみ」に追い立てられて、落ち着くと「4,NOT緊急+NOT重要=優先順位0(雑談など)」をやっています。

 

※こういう人を一発で見分ける方法は「机や机の中が汚いかどうか?」です

 

これでは、いつまでも仕事が終わらない現実を続けるので、ある程度「自分がやらなくて良い仕事は除外する勇気」も必要です。

 

 

※なお「年功序列社会の問題点」などを、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

転職前後対策

  1. 年功序列組織から転職すべき理由=“若手を食い潰す”組織構造を知りたい場合はこちら
  2. 中途採用転職後に放置が長い時対策=自発的にやる事を見つけたい場合はこちら
  3. 東京or地元就職・転職の良悪比較=「成長の東京VS安心の地元」を比較したい場合はこちら

まずは「完遂」が最優先

 

そしてまずは「完遂」が最優先という点も覚えておきましょう。

 

時間膨張してしまいやすい仕事

減少

  • パワーポイントなどでの資料作成
  • 議事録の作成
  • 顧客への提出物・提出資料
  • メール文言の作成 など

 

学生時代のテストと違い、仕事において「100点の正解」はほぼないので、とにかく「完成して形を整える」ことさえできれば80点です。

 

その上で、上司や先輩に相談して「改善点を明確にする」ことで、100点に近い状態で仕事を完遂できます。

 

俊敏性

 

上司や先輩としても「まだ●●の仕事が終わってないのか?」という「タスク管理の曖昧さ」が一番イラッとくるのです。

 

周りもある程度の「完了想定時間」を把握しているので、それをあまりに膨張すると、それだけで怒られますよ…。

 

その為、早めに「完遂」した上で、残った時間で完璧を目指すのがオススメです。

 

ミスを減らす努力をする

 

余計な時間膨張を抑える為に、ミスを減らす努力をするのもおすすめです。

 

「1分の確認で防げたミスのせいで、1時間の時間膨張を生む」などは、良くある現象ですからね♪

 

メモをとって重要事項を見える化

 

メモをとって重要事項を見える化するのは、非常に大切です。

 

そもそも、人の記憶は非常に曖昧なので、会議や打ち合わせ・アポなどで「聞いたこと」は、記憶だけで残しておくのは非常に危険です。

 

 

実際、僕も「覚えておく」程度の裏付けで対応していた時は、良く上司や取引先と認識がズレてトラブルになることがありました。

 

申請

 

しかし、メモを取るようになってから「●●の時に●●と言っていましたよ?」という証拠にもなり、上司や取引先の方向性とズレなくなりました。

 

上司

大島!A社への再アプローチの件はどうなった?

諒

課長!その顧客へのアプローチは、来月まで保留にしようって仰ってましたよ?ほら、俺のスケジュールに書いてありますから♪

上司

おぉ?そうだったか…。すまんすまん。また、進捗があったら聞かせてくれ。

 

さらに上司や取引先が、過去に言っていたことと異なる発言・方針を示した場合にも「これ前と違いますけど、大丈夫ですか?」と逆提案できる武器にもなります。

 

その為「会議や打ち合わせ・アポにはメモを取る癖」を付けておくことで、自己防衛の手段にもできるのです♪

 

手順を明確にしてミスを防止

 

手順を明確にしてミスを防止するのもオススメです。

 

そもそも、ミスが多い人の特徴として「その場その場で手順や流れを変えるクセ」が強い傾向があります。

 

その為「具体的な手順を決めたマニュアル」を自分で持っておくことで、ミスを減らしたり、いつもと違う流れの違和感に気付けるのです。

 

手順を明確化してミスを防止する例

継続力

  • チェックシートを作って手順を見える化
  • 指差し確認して、冷静にチェックする など

Wチェックや相談を習慣化

 

Wチェックや相談を習慣化するのもオススメです。

 

取引先へのメールや仕事手順の流れなど「自分ではOKと思っていても、第三者から見ると足りない点や改善点が見える」ことがあるのです。

 

とくに「該当業務の経験値があなたより高い人」であれば、それが見えやすいものです。

 

現実思考

 

「忙しいから断られる」可能性も否定はできませんが、ミスしてチームに損害が出るより良いという場合もあるので、言うだけ言うのがオススメです♪

 

 

※なお「定時で帰れる位の有能仕事術」「会社をずる休みするコツ」などを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

プライベート時間を増やすコツ

  1. 定時で帰るコツ=効率よく仕事を終わらせたい場合はこちら
  2. 休日出勤を100%断るコツ=休日のプライベート時間を守りたい場合はこちら
  3. 会社をずる休みするコツ=時には有給を使ってマッタリしたい場合はこちら

AI/DX/外注で分散

 

「予算をある程度使える」なら、AI/DX/外注で分散するのもおすすめです。

 

一時凌ぎが出来るかもしれませんし「RPAなど、単純な事務作業を任せられるシステム」も増えてきていますから♪

 

成長

 

その為「自分が取り組んでいる業務で、他に外注できるもの・削れるものはないか?」を見直すのもアリですよ♪

 

 

※なお「仕事のミスの謝罪術」などを以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

仕事のミス対策

  1. 仕事のミスの隠し方&謝罪方法=ミスを隠し通したいor穏便に報告したい場合はこちら
  2. 試用期間でクビになる確率+対策=試用期間をキッチリ乗り切りたい場合はこちら
  3. 転職後自信喪失した時対策=早く一人前になりたい場合はこちら

上司・上役に直接交渉

 

あまりにも業務量が多すぎるなら、上司・上役に直接交渉するのもアリでしょう。

 

そもそも、仕事を溜め込まない人は「分からない所はドンドン聞いて完遂していくのが上手い」です。

 

その一方で、いつまでも仕事が終わらない人は、中々人を頼れずに「こんなに遅いのは自分だけだ…。」と、いつまでもグズグズして前に進めないのです。

 

親密性

 

その為「聞くことが迷惑」ではなく「聞かずに中々仕事を終えていない方がチームに迷惑」と開き直って、分からないことはドンドン聞いた方が良いのです♪

 

同僚

すみません、大島さん。一点だけ質問があるのですが?

諒

ちょっと待って……。ほい?何かな?

 

※ただし、何度も同じことを聞いていては、ただのメンドくさい奴になってしまうので、注意が必要です

 

嫌な案件はキッパリ断る練習

 

嫌な案件はキッパリ断る練習をするのもオススメです。

 

なぜなら「受け入れること」と「拒絶すべきこと」を分けれるようにならないと、上司に押しつぶされてしまうからです。

 

パワハラ上司 心理

 

ちなみに、普段から人に対してイヤミを言ったり、NOを言えない場合には、それを口に出すトレーニングを始めるのが一番です。

 

 

そこでオススメなのが「TVを見ている時にツッコミやイヤミを入れる」という練習がオススメです。

 

TVへのツッコミやイヤミ例

否定 拒否 NO

  • クロちゃん本当に気持ち悪いなぁ…。
  • こんな犯罪者、死刑にすれば良いのに…。
  • ギャル系芸能人ってノリばっかりでうるさいなぁ…。

 

こういったネガティブに感じた気持ちも、自然に吐き出すクセを付けていくわけですね。

 

そしてこれを3週間も続けると、人に対して自然とネガティブな事を言えるようになってきます。

 

諒

やめてください。今の言葉不愉快です

 

このようにイヤなことはイヤと言えないと、どんどんイヤな仕事や人を引き寄せますから、勇気を持って練習してみてください!

 

 

※なお「パワハラ上司を成敗するコツ」などに関して、以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

パワハラ上司の対応方法

  1. パワハラ上司の末路・弱点=心のモヤモヤを晴らしたい場合はこちら
  2. パワハラ上司を追い込む技=実際に退治したい場合はこちら
  3. パワハラ上司に退職で攻撃=退職嫌がらせしたい場合はこちら

人手不足状況を見限って転職する

 

今後も連勤が続きそうなら、人手不足状況を見限って転職するのもおすすめです。

 

世の中には「400万社以上の法人」がある為、驚くほど働きやすい転職先が見つかる可能性も十分ありますから♪

 

その為「自分にとって最適な働き方(適職)を見出す」「自分にとって最適な環境を探す(転職サイト/エージェント利用)」もおすすめですよ♪

 

 

※なお、以下のリンク先にて「退職作法・手順」「即日退職&諸手続きをプロに依頼できる退職代行サービス」を紹介している為、必要に応じてご参考に♪

退職作法・手順

  1. 退職理由+作法・手順=具体的な退職知識が欲しい場合はこちら
  2. 退職事前告知の段取り=早めに宣言して円満退職したい場合はこちら

退職代行のおすすめ

  1. 退職代行ガーディアン=合同労働組合対応で法的介入できる+29,800円と安価で一番おすすめ♪
  2. 弁護士法人みやびの退職代行=「残業代/退職金などお金トラブル」がある場合におすすめ♪
  3. 退職代行ランキング=退職代行を一括ランキング比較したい場合はこちら

10時間労働はきつい【脱出方法】

目次

 

諒

では次に、10時間労働はきつい【脱出方法】についてご紹介していきます。

 

自分のキャリア設計を明確化

 

現状がストレスと感じながら、現実を変えられないのは「目指したい未来が不明確」だからであり、自分のキャリア設計を明確化するのがおすすめです。

 

なぜなら「自分の5年後〜10年後にどうなりたいか?が明確になれば、転職活動に勇気を持って歩み出せる」からです。

 

 

例えば僕は、27歳の時に事務職から営業職に職種転換しましたが、以下のような目標があった為、転職しても辛い時期を乗り越えられました♪

 

僕が事務職→営業職に転職した時

日本景気の誇りの柱

  • 一流のビジネスマンになりたい
  • 営業コンプレックスを克服したい

 

シンプルにこの二つを掲げて転職した為「現職より会社知名度が上」「新規開拓もあるバキバキの営業会社」に入りました。

 

そして、シンドい時期も沢山ありましたが、転職前に覚悟した目標があったからこそ「トータル3年ほど営業職で働いた」後に再転職し、適職と分かったWEB系制作職にシフトしました♪

 

その為、あなたも「そもそも何の為に転職するのか?」「現状より内定先企業でどうメリットが生まれるか?」を明確にするのがおすすめです。

 

転職する理由例

適職 不適職

  • 現職が残業50h以上の為、プライベート時間に自由が欲しい(もっとオフを優先できる組織がないか?探す)
  • 体育会系の社風に馴染めず、もっとアットホームな職場で働きたい(アットホームな職場と銘打つ求人を探す)
  • 今の職種に疑問を感じており、職種転換/業種転換を含めて検討している(適職診断で自分の適正を見つめ直す)

 

このように「一生勤めるという考え方」ではなく「自分が短期/中期/長期でメリットを感じる会社か?」を明確にすれば、内定企業に入社すべきか?が明確になりますよ♪

 

適職診断で自己適正見極め

 

なお「どんな方向性で転職活動すれば良いか?」という悩みをスパッと解決したいなら、適職診断で自己適正見極めが一番おすすめです。

 

なぜなら「自分の性格傾向/好みの職場/働き方」が、質問回答形式で明確になるからです♪

 

チェックリスト

 

例えば僕は、適職診断結果を参考にして、以下のような企業は「自分に合ってないと判断=内定が仮に出ても断る」ようにしています。

 

大島諒一の不適職・職場例

日本復興の誇りの柱

  • 僕に合っていない職場例=ルール・規律重視で社員自由度が低い会社
  • 僕に合っていない働き方例=スピード感がなく、根回しなどでジックリと事を進める働き方

 

実はこの不適職にドンピシャな仕事を2年ほどしていましたが、何度も新橋で電車を待っている時「線路に飛び降りたら楽になるかな…。」と思うほど辛かったです(苦笑)

 

その為「適職診断結果によって、内定先企業が不適職・不適正職場と分かった」場合は、迷わずお断りした方が良いでしょう♪

 

 

※なお「幸福度の高い業種/職種/働き方が分かる適職診断」を以下のリンク先にて紹介している為、必要に応じてご参考に♪

職種別体験談

  1. 適職診断@おすすめ3選=適正職種・自分の個性を知りたい場合はこちら

10時間労働はきつい【情報収集】

目次

 

諒

では次に、10時間労働はきつい【情報収集】についてご紹介していきます。

 

職業訓練以外はハロワNG

 

転職サイト利用と比較した場合ですが、個人的には職業訓練以外はハロワNGとお伝えしておきます。

 

なぜならハローワーク転職利用に関しては、以下のデメリットがあるからです。

 

求人サイトや転職エージェントとハローワークの違い

役所

  • 転職サイト・エージェント=企業が「お金を払って求人依頼する」為「求人掲載依頼できる程度に稼げている優良企業」が多い
  • ハローワーク=「求人掲載料が無料」であり「面接者or入社した人がハローワークに問題点を事後報告する形式」の為、変な会社も混じっている

 

ここでいう「変な会社」とは、犯罪ではなく「零細企業・一族経営会社が、一般的に見て不思議なルールを社員に課しているケースがある」ということです。

 

ブラック企業のチェック体制問題

 

ブラック企業のチェック体制問題もあります。

 

ブラック企業のチェック問題

チェックリスト

  • ハローワーク=求人情報は基本的に企業から貰ったものを掲載し、就職者から「求人情報と違う!」問題があった!」と報告を受けてから是正勧告を行う
  • 転職サイト・エージェント=担当営業が企業視察しているケースが多く、ある程度ブラックを排除している

 

このように「後出しでブラック企業に注意喚起する」為、事前に就業状況を見ている転職サイト・エージェントに比べ、ブラック企業入社に陥ってしまうリスクが高いのです。

 

ハローワーク経由の痛手体験

 

例えばハローワーク経由の痛手体験として、事務職時代の同僚に「ハローワーク経由で転職した結果、基本給8万円の正社員になった」という女性がいました。

 

具体的には、当初は「額面20万円」という話だったので、それを信じて入社したのですが、実態は「基本給8万円+独自の手当で上増しして合計20万円」だったとのこと。

 

 

そして、退職後に発覚したのは「基本給が異常に低かったのは、諸手当を安く済ませる為のセコい対策」だったという事実です。

 

その為「失業保険は基本給×60%の為、失業保険が5万円程度しか貰えない」という緊急事態に直面し、失業保険頼みの転職活動を断念したそうです…。

 

同僚 女性

失業保険が月5万ですよ?それで3ヶ月生活しろって言われても無理な話よ!

諒

それは最悪でしたね…。

 

その女性が勤めていたのは「東京の卸問屋街で有名な人形橋にある、小さな零細企業」だったそうですが、ある意味「創業一族のやりたい放題」だったようです。

 

このように、ハローワークを経由して転職する時は「求人掲載が無料」「変な零細企業も混じっている」というリスクを考えた方が良いでしょう。

 

その為「リクルートエージェント」などの転職サイトを使ったほうが、しっかりした会社に転職できる確率は高いと言えるのです。

 

 

※なお「転職先相談相手=転職エージェント」などを以下のリンク先にて紹介している為、合わせてご参考に♪

正社員転職エージェントのおすすめ

  1. リクルートエージェント=非公開求人21万人以上!エージェント希望者に最有力候補のサイト♪
  2. マイナビエージェント=求人数5万件以上!丁寧なエージェント対応希望者におすすめ♪
  3. 転職エージェントがうざい時対策=担当者変更・体験談を知りたい場合はこちら

20代は第二新卒転職エージェント

 

20代は第二新卒転職エージェントがおすすめです。

 

なぜなら「過去・現在の職歴に関係なく、20代であれば転職先を斡旋・サポートしてくれる」からです。

 

そして「20代であれば現状(非正規/既卒/ニート/フリーター)に関わらず第二新卒転職エージェントを利用できる」為、以下のリンク先情報も合わせてご参考に♪

第二新卒/ニート/フリーター/既卒のおすすめ

  1. 第二新卒エージェントneo=未経験1万人以上&18〜28歳22,500人支援実績で一番おすすめ♪
  2. UZUZ=平均12時間サポートで手厚く支援!アドバイザーは全員第二新卒or既卒経験者♪
  3. 第二新卒転職エージェントランキング=エージェントを一括ランキング比較したい場合はこちら

転職サイトで数打ち

 

転職サイトで数打ちするのもおすすめです。

 

なぜなら「応募上限がない為、比較の意味を兼ねてたくさん応募できる」ので、良い転職先と出会いやすいからです。

 

このように「転職先情報収集を転職サイトでしておく」のもおすすめな為、以下のリンク先情報も合わせてご参考に♪

正社員転職サイトのおすすめ

  1. Re就活=20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo,1」!20代転職希望者は登録必須レベル♪
  2. リクナビネクスト=「職務経歴書登録してオファーDMチェック」で市場調査におすすめ♪
  3. 転職サイトランキング=サイトを一括ランキング比較したい場合はこちら

転職エージェントでジックリ相談

 

転職エージェントでジックリ相談するのもおすすめです。

 

やはり「対面orWEB面談で、自分の転職希望条件を伝えて求人を教えてもらう」「履歴書/職務経歴書の書き方や面接アドバイスをもらう」だけでも、転職成功率は激増しますから♪

 

※なお「転職先相談相手=転職エージェント」などを以下のリンク先にて紹介している為、合わせてご参考に♪

正社員転職エージェントのおすすめ

  1. リクルートエージェント=非公開求人21万人以上!エージェント希望者に最有力候補のサイト♪
  2. マイナビエージェント=求人数5万件以上!丁寧なエージェント対応希望者におすすめ♪
  3. 転職エージェントがうざい時対策=担当者変更・体験談を知りたい場合はこちら

まとめ

 

諒

以上が10時間労働でメッチャきつい環境もある!経験者が語る早帰りのコツのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

挑戦するメリット

  • チャレンジした経験や成功体験ができ、自分に自信がつく
  • 理想の自分を取り戻し、さらに自分が好きになる

挑戦しないデメリット

  • 今の自分から何も変わらず変化ナシ…
  • 何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたが自尊心を取り戻せるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

\【転職】関連記事はこちら/

低意欲からの転職サイト登録利点

目次


諒

なお最後に補足として、低意欲からの転職サイト登録利点についてご紹介していきます。




転職情報収集は複数利用がおすすめの理由

  1. 「多くの求人情報を確認できる」=「選択肢を増やせる」
  2. 「相性の良いサイトorアドバイザー」に出会える確率UP
  3. 「各サイトorエージェントの良い点」を網羅して利用できる

転職サイト/エージェントのおすすめ

  1. リクルートエージェント
    リクルートエージェント
    診断方法:
    非公開求人20万件以上!業界TOPクラスの実績+求人数♪
    ★保有求人数=全国公開求人30万件以上&非公開求人20万件以上
    ★おすすめ理由=求人数・実績は業界TOP!転職を考えるなら必ず登録すべき♪

    リクルートエージェント公式HPへ

  2. Re就活1
    Re就活
    実績:
    20代が選ぶ「20代向け転職サイトNo.1」!未経験歓迎求人数は全国TOPクラス♪
    ★保有求人数=全国1万件以上(※募集職種と勤務地の組み合わせで件数算出)
    ★おすすめ理由=20代転職希望者向け情報が豊富+無料の「9種類のタイプ判定@適職診断」もアリ♪

    Re就活公式HPへ

適職診断

  1. 向いてる仕事 適職診断
    適職診断3選
    料金:
    無料/2,420円/13,000円の3種類紹介♪
    ★診断メリット1=性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かる♪
    ★診断メリット2=自分に合う業種/職種/会社は?という疑問がクリアになる♪

    適職診断3選へ

辛い時は意欲が完全に0



辛い時は意欲が完全に0になってしまうのが「転職意欲が少ない内からサイト登録しておく、一番のメリット」です。


あなたもストレスで疲れ切ったり、深く悩む出来事があった時に「何もできず休みが終わってしまった…」という経験がありませんか?


涙 失業

それと同じ状況が「勤め先の会社」で起こってしまうと、逃げる気力すら湧かず、もっときつくなるリスクがあるのです。



転職サイト登録対策なしorありの例

退職

  • ■対策なし=ストレス爆発して退職→転職活動開始→アルバイトor貯金を崩しながら転職
  • ■対策あり=気力がある内から情報収集→余裕を持って退職→転職



このように、意欲が低い内から転職サイト登録しておけば「今の会社を辞めたくなった時の安全対策」が施せるのです♪

転職サイト登録は一種の保険



このように、転職サイト登録は一種の保険と言えます。


保険を利用する安心例

休むのも仕事

  • 転職保険=働き先の倒産リスクや、勤務継続不能リスクを回避
  • 自動車保険=事故や、慰謝料問題などのリスクを回避
  • 医療・がん保険=高額医療費が発生した時などのリスクを回避



例えば実際に「事故った時」「病気になった時」に「どこに相談すれば良いか分からない…。」「何をすれば安心を取り戻せるか不明…。」だと、メチャクチャ不安ですよね?


しかし「少なくとも相談先が分かっている」「実際にどんな行動を取れば良いかイメージできている」なら、その不安が実際に訪れても、スグ安心を取り戻せるわけです♪


その為「転職サイト」も同じく「過労で倒れる」「ストレスが頂点に達する」「クビになる」など「不測の事態に備える為の保険」として利用できるのです♪

登録だけしておく利点



また、登録だけしておく利点も大きいです。



登録だけしておく利点

適職 不適職

  • 「希望業種・職種」に沿った求人情報を受け取れる&閲覧できるようになり「自分の市場価値が分かる」「転職先イメージが明確になる」
  • 転職エージェントに登録&相談すれば「具体的な応募書類添削&面接対策サポート」「転職相談先」が手に入る



このように「実際に登録しておくだけでも、今より確実に現実が良くなる」と言えるのです♪


しかも「無料で利用&情報収集できる」「市場価値&転職イメージが明確になる」為、とりあえず「今スグ登録」しておいて損はないですよ♪

【転職最大手】リクルートエージェント

リクルートエージェントがおすすめな理由

リクルートエージェント リクルートエージェント メリット



リクルートエージェント」は、転職サイト/エージェントの中でも求人数がダントツ!(非公開求人数21万件&公開求人30万件以上)


まだ転職意欲が低くても「会員登録だけしたい」「履歴書/職務経歴書のアドバイスが欲しい」など、幅広い要望に応えてくれる為、エージェント相談したい場合は、こちら一番おすすめです♪


\転職成功実績No,1&非公開求人数21万件以上!完全無料で相談する/




【20代転職+適職診断】Re就活

Re就活がおすすめな理由

Re就活



Re就活」は20代専門転職サイトであり「フリーター/既卒/ニート」「就活失敗した若手の"第二新卒枠“就活再挑戦」「未経験職種転換」など、20代の転職をサポートしてくれるサイトです。


さらに「WEBセミナー」「累計1万社以上が参加+年間2万人が参加する転職博」「個性を明確にできる適職診断」なども利用できる為「20代なら必ず登録しておきたいサイト」と言えますよ♪


\20代が選ぶ、20代向け転職サイトNo.1!無料登録して求人を探す/




【転職方向性確認に最適】適職診断3選

適職診断

向いてる仕事 適職診断



適職診断」は、性格傾向/強み/価値観などを把握でき、快適な働き方が分かるチェック方法です。


僕は様々な適職診断を利用してきましたが、その中でも「これは非常に役立った」という3つの適職診断がある為、以下のリンク先にて詳しい情報を紹介しています♪


\適職診断3選/